FC2ブログ

苦手な状況

秋口、大増水で濁りなしのアマゴ釣り。
この状況のイワナ釣りもあまり得意ではないのですが
アマゴは特に苦手です。



もしかすると地元から離れたらいい釣りができるのかもしれないのですが
もし遠征して釣れなかったら・・・と思うと
最近少し重くなってしまった腰がさらに重くなるのです。
IMG_9900.jpg

おっと、釣れなかった言い訳を先に書いてしまった。
そう、今回は魚の写真はありません(泣)

IMG_9901.jpg

釣りに行こうかどうしようか散々迷って出掛けたのが2時。
この時間からだとそう遠くの渓に行くことはできません。
川は苦手な状況なのは予想が付きます。
行くなら近場でいいやなんて考えていつも以上に遅い出発でした。

IMG_9902.jpg

1本目の川は予想以上に水が多い。
フライに反応する魚もなくあっさりと移動を決心。
ここはいるだろってところで反応がないと、ねぇ。

IMG_9910.jpg

移動するため車に乗ってからも相当悩みましたが
とりあえず一匹釣れればと思い
増水したときに比較的早く水の澄む川へ向かうことにしました。

IMG_9903.jpg

この川は5年くらい前までは春から夏場まで本当によく通った川です。
何年か前の台風のときに川岸がえぐられるほどの増水のあと釣りにくくなってしまい
それ以来なかなか足が向かなくなってしまいました。

IMG_9905.jpg

そして何年かに一度ガイドブックに載る、このあたりの川では人気河川。
短い区間に人が入れ代わり立ち代わり・・・
ボクが勝手に「妖怪アタマハタキ」と名付けたおじさんが出るのもこの川です。

IMG_9904.jpg

一度だけフライの下でギラッと光ったような気もしましたがそれっきり。
フライをロストしたのが増水していると
遡行が大変な場所だったのでそのまま終了となりました。

禁漁まであと休みは3日。
お互いいい釣りを、安全に楽しみましょう。

腰は重くなったけど動きのキレはまだまだ、という方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  








たくさん水が出たなぁ

渓流釣りもいよいよ終盤戦。
残り少ない今シーズン、
毎日でも川に刺さっていたいのですがそうもいかない。
会社勤めというのは大変なものです。



今年の秋の川は例年になく水が多いのです。
どの川に行っても水は澄んではいるのですが絶賛増水中。
秋雨前線と日本に近づいた、そして上陸していった台風の影響が大きいですね。

IMG_9878.jpg

水が多い、そうなると行ってどうにもならない水位だと
ショックが大きいのであまり遠くに行きたくない。
そして水が少しでも少ない場所となると源流になってしまいます。
いつの間にかホームリバーのようになってしまった
いつものあの川へ急々と出掛けました。

IMG_9876.jpg

急々と、とは書きますが昼ごはんを家で食べてからの重役出勤。
到着は2時過ぎ、いくらなんでも遅すぎ(笑)
曇り空で気温が上がらなかったこの日のプライムタイムを逃しちゃったかな。

IMG_9873.jpg

岸辺の草は増水でなぎ倒され、
川幅が広がった穏やかな流れのあたりで水位は5cmほど高い。
いつものように巻きから流れまで百叩きで釣りをはじめたのですが
この日イワナがついていたのはいかにもいそうな巻き返しではなく
ガンガンの白泡の切れ目で少し流速が落ちた場所。

IMG_9875.jpg

反応が少し薄いのでニンフも使ってみますが
ニンフには全く反応がありませんでした。
この時期のニンフフィッシングはマーカーが派手に動くので楽しいのですが
手返しも良くないし30分ほどでドライに戻しました。

IMG_9884.jpg

ボウズはなんとか逃れ、その後も何匹かフライに反応してくれて
イワナが釣れますがイマイチサイズが伸びません。
先日いい魚を掛けてバラしたポイントもこの写真のサイズのイワナが入っていました。

IMG_9877.jpg

入渓の時間が遅くニンフを使っていて
時間がかかったこともあり
そろそろ急いで脱渓点へ向かわないと、と思った頃に
ベイトロッドを持ったひとりのルアーマンにお会いしました。


IMG_9879.jpg

何気なく年券の住所を見たらご近所さんでした。
話をするとかなり登りにくい場所からもう脱渓するとのこと。
そんなところから上がるんだったら
もう少し一緒に釣って登りやすい場所から
上がりましょうとお誘いしました。

IMG_9887.jpg

やっぱり水が多い時の深み、淵はルアーは強い。
いつもルアーだったらここは、と思うところから見事に魚を出し
その後も何度かチェイスがあったとのことでした。

IMG_9883.jpg

予定していた場所から脱渓し、その彼が上流側に停めていたクルマに
乗せていただいて帰りは楽チンでした♪

それにしてもよく降りますね。
渓流シーズンもあと2度の週末を残すのみとなりました。
今日、金曜日も雨で今週末も増水決定な感じ。
お互い安全だいいで残り短くなった今シーズンの釣りを楽しみましょう!

映像では見たことあるけど水が出るのは都市伝説だと思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
水が出るという方からのコメント、お待ちしております(爆)









行かずに後悔するんだったら行って後悔しよう

各地に甚大な爪痕を残していった台風21号。
諏訪地方は被害こそなかったもののかなりの量の雨が降りました。
台風の雨量だけだったら釣りにならないほどの雨ではなかったと思うのですが
週末を狙ったかのような大雨。



川を金曜日に見た感じでは大したことなかったのですが
山のほうは土曜にしっかり降ったのね。
想像以上の大増水(泣)。

IMG_9843.jpg

歩けないほどではないのですがかなりギリギリ、遡行が面倒くさい(笑)
これで魚の反応が良ければこの川で釣りを続けるのですが
指サイズがピチッとフライに出ただけでちょっと厳しい感じです。

IMG_9845.jpg

ニンフも使ってみますが反応もないので少し上流の
大雨のあとでも比較的釣りになる川へ移動してみることにしました。
この時期のニンフはズボッと一気にマーカーが
水中に引き込まれるから楽しいんだけどな・・・

IMG_9848.jpg

この川も濁りは大したことがないのですが
水量が多くここも遡行するのが面倒くさい。
河原があれば良いんだけど谷が細くなる場所なんて岸の岩まで水だもんなぁ。
一時は平水より50cmほど水が増えたみたい。
活性が高くなるのはきっと明日か明後日かな。
まあ、行けないんだけどネ。

IMG_9847.jpg

結構長い事この釣りをしていると
こんな日は釣れないって予想がつくようになってきます。
それでもタイトルの通り、行かずに後悔するんだったら
行って後悔したほうが良いのです。
ただヤバイと感じたら引き返す、辞める勇気、これが一番大事ですよね。

イかずに後悔するんだったら、とカタカナで書くと
なんだか背徳的な感じになるなぁ、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

ところで先日行ったパスタ屋さん。

IMG_9840.jpg

そんなふうに「ペ」の端っこをはね上げて書いたら
ボクがなんか変なものを注文したのかと勘違いされてしまうじゃないか!
しかも「大」って・・・(笑)

  


台風21号、そして北海道の地震で亡くなられた方の
ご冥福をお祈りするとともに復興を願います。

茂みは薄い方がいいネ

先日大物を逃したのはご報告の通り。
そんなことがあると寝ても覚めても尺モノが目の前をちらつき
さらにはフックアウトの瞬間の感覚がよみがえり
仕事にも影響が出てしまいます。

IMG_9775.jpg

大物が釣れる大きの要素としてはやっぱり川選び。
ボクを裏切らない川がいくつかあるのですが
その中でも一番期待の持てる川へ向かおうと思っていました。



そこまでボクの住む諏訪湖のほとりから2時間チョイ、
大物が期待できる比較的近い川に行くのもそれほど時間は変わりません。
行く道すがら、かんりさんに連絡を取って水の量だけでも聞いておきたい。
そんなことを思い某SNSにコメントを書き込むと一緒に行ってくれる、と。
それはありがたい。
なんと言ってもそのあたりの川を知り尽くしているんだもん。

IMG_9778.jpg

到着で昼といういつも通りのスロースタートです。
待ち合わせ場所から僕のクルマに乗っていただき
近況を話しつつ川へ向かいます。

IMG_9788.jpg

ボクは初めてのその川、なんでもとってもいい思いをしたとのことでしたが
その日は不発、かんりさんも苦労しています。
なんといっても気温も暑い、
そして水温も渓魚のいる水温とは思えないぬるさ。

IMG_9777.jpg

反応すらない、まあそんな日もあります。
そうは言っても近場のチョイ釣りと違って結構焦るんだけどネ。

IMG_9782.jpg

川を変えましょうとのことで背丈以上のやぶを通り、クルマへ。
写真のやぶはまだ薄い。
久しぶりにこんなに濃い茂みをかき分けました(笑)

IMG_9786.jpg

時間は15時。
いい時間に差し掛かりました。
ここを降りましょうと言われたところの傾斜は崖寸前、そしてすごいやぶ・・・
まあ、やぶがなければきっと降りることができません。

IMG_9783.jpg

ヒーヒー言いながら降りてまったく期待せずにキャスト。
まあここはないかな、と思いつつフライを入れた瀬から
そこそこの大物が飛び出しました。
いや、そこそこどころじゃない、間違いなく尺越えのいいイワナ。
やっとネットに入れてフックを外し、
サイズを測ろうとメジャーを出したところで逃げられました・・・
写真も撮っていないのに。

そのすぐあと、やっぱり瀬。
今度も大きい!

IMG_9785.jpg

しっかりサイズを測るとこれも尺。
さっき逃げられたのはこの魚よりまだひと回り大きかったのです。
そのあとがいけなかった。
せっかくかんりさんに譲ってもらったいい場所で合わせ切れ2回。
逃がした魚は大きいと言いますが
この魚はどう考えても釣った2匹より大きかったな。

それでも尺2本、無事に前回の釣りのリベンジを果たすことが出来ました。
そして年に一匹くらいは尺上の魚を釣りたいと思い釣りをしていますが
今年もその目標を達成することが出来ました。

茂みをかき分ければそこはパラダイス、と思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!



  







早くイッちゃダメ!

例年通りなのですが暑かった夏も諏訪湖の花火が終わると
すっかり秋の空気に入れ替わりました。
しかしの涼しさもここしばらくのこと。
まだきっとこれからもしばらく暑いんですけどね。



一気に涼しくなった2日め。
暑くなり始めた時間帯に家を出て川へ向かいました。
駐車スペースに近づくとその駐車スペースに向かって下るお二人が。

IMG_9750.jpg

ちょっと話をすると朝6時にガタガタ震えながら
川に入り今上がってきたところだと。
小さいのしか釣れなかった、とおっしゃっていました。
ボクが到着したのが1時、計算すると7時間ほど経っています。
気温、水温も上がりいい感じかも、ネ。

IMG_9749.jpg

早速、ではないけどアベレージサイズのイワナが。
二番川だけど時間が経ってるし、予想通りこれはいい感じかも。

IMG_9752.jpg

きっと朝イチは気温が低すぎたんだ。
水温気温も上がってきたこの時間からがきっとベストタイミングだなんて
ちょっとではないくらいのボクのいつものプラス思考(笑)

IMG_9753.jpg

あながちそれも間違っていなかったようで
集中力が落ちてくる寸前にボクのフライをパクっと食べにに来てくれます。
二人歩いたあとだし爆釣ってワケではないけど予想以上のデキです。

IMG_9757.jpg

昼から川に入って一番水温の上がる頃。
そしてさっきお会いした二人組が歩いて5時間ほど経っているので
影響がまだそれほどないだろうと思われる頃。

IMG_9756.jpg

そういえばいつだったか
ここで大きな魚をばらしたなーなんて思いつつキャストすると
ダバン!っゴンゴン!!スカ!
超いいサイズの魚をばらした・・・(泣)

IMG_9760.jpg

間違いなく尺超え、太くていいイワナだったなー
その魚を釣ってからも何匹かイワナを釣りましたが
しばらく立ち直れませんでした。

IMG_9763.jpg

そう、ハイライトはその大きなイワナをばらしたとき。
昼に入ったときには7時間も間が空いていましたが
夕方になるとその差は3時間ほどとなります。
水温も下がってきたのか反応もイマイチ、脱渓点へ急ぐことにしました。

IMG_9765.jpg

大物を釣った日も逃した日もしっかり記憶に残ります。
今回のショックは結構大きかったなぁ。

早くイっちゃいたくはないんだけど・・・と常々思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  














プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック