FC2ブログ

またまた中アなのだ

「玉」でも「股」でもありません、またまた。

ひと月に満たない短い期間のうちに既に3回、
すっかりこの川のことを気に入ってしまったのです。
我が家から片道50km、この距離で遠いなんて言ってたら
300kmも400kmも走って釣りに行く人たちに笑われてしまうけど
いつもは家から15分などの川に入るボクにとっては遠征に近いのです。
午前中に用事を済ませてから出かけても午後からこの川で釣りが出来る幸せ♪

駐車スペースで先にいらっしゃっていた方と沢割りをしました。
ボクらでも名前をよく知っているとってもお上手な方が
今回も入ろうと思っていた区間に1時間ほど前に入られた、との事。
持参していた地図を眺め一人で作戦会議を開きました。
うーん、考えていてもしょうがないのでその上に行こうか、と思い立ちます。
しかし気持ちはすごく消極的なのです。
地図を見ると入渓までに結構歩かないといけないのです。

ダラダラとした登りに歩くのがいやになる頃、川へ降りる道を発見。



さすがに上流部なので少し狭い感じですが
ロングリーダーでもぜんぜん問題ありません。
とにかく竿を振り回したいのです(笑)

R6021745.jpg

まずは向かって左側の川へ、そして早速。
魚の出方は渋いのですが、流れの中のイワナに
1発でフライを入れるとあっさりと反応します。
何度も見に来るような魚は・・・最終的にフライに出ない(泣)
そしてそんなイワナばっかり。

R6021746.jpg

そんな思いばかりしているのに
この川に通ってしまうのはボクが『M』だから?
もちろん違いますよ、我が家の近くの川には無い
この水の透明感、そして開放感があるからじゃないかな。

R6021747.jpg

魚だって贅沢言わなければそこそこ釣れますし、
なんだか分からないのですがこの川では
釣れなくてもあまりイライラしないのです。
もちろん良く知らない川なので緊張している、
と言うこともあると思うのですが
きっと透明度抜群のこの清らかな流れに心が自然に癒されているのだな。

R6021750.jpg

最初の目安と思っていた堰堤が見えました。
そしてその堰堤を巻いて堰堤上を釣って登山道から帰ろうと思い、
2段堰堤の上の堰堤真上まで来て見たらそこから先はなんと崖!
そこまでも60度とは言わないけどかなりの坂だったのに(泣)
もっと大きく巻かないとダメなのかな?
もちろん写真を撮るような余裕なんてありませんでした。

這々の体でもと来た道を引き返し、林道を帰ります。
滑ったらやばい、と思う心が体を緊張させ、いつもより力が入ります。
そんな日の次の日は見事に筋肉痛。
川歩きくらいでは筋肉痛になんてならないのですが
巻くのを失敗した堰堤はすごく疲れます・・・
釣りに来て上半身の筋肉痛はありえないです。

途中、巻けそうな道を発見しましたが既に心は折れています。
堰堤を巻くのはもういいや、ともう1本の川へ入ることに。

R6021774.jpg

水量は先ほどの川2/3くらいかな。
とはいえ上も横も開けているので竿を振り回すことができ快適でした。
魚もちょっとサイズアップ。
もっと大きいのもいるはずなんだけどな。

R6021758.jpg

9月も中旬ですがこの日もウェットウェーディング。

R6021760.jpg

今日は玉までは入らん!と心に決めていたのに
ここはどうやっても竿上まで水に浸かってしまう。
今後のため、水位の低い日になんとしても上の堰堤まで見ておきたいのです。
まあ、苦痛な水温ではないので行くかぁ、と。

R6021761.jpg

堰堤のちょっと下の流れの中から
この日最後のイワナが飛び出してきてくれました。

R6021766.jpg

堰堤は・・・反応なし。
ここで引き返すことに。
向かって左側の川の堰堤もそうだけど、これって巻けるの?

R6021776.jpg

なにやら有名らしい、ホルスタイン柄の岩。
砂さえついていなければシューズのグリップも良好、
アクアステルスなんかでもいけそうな感じです。
来年あたり導入しようかな。

九十九折を登り、舗装道路へ。

R6021779.jpg

やっぱり舗装されていると歩きやすいのです。
しかし九十九折というのは歩いても歩いても
同じところが見えるので進んでいないように感じ、精神的にきついのです。

R6021793.jpg

九十九折をショートカットして真っ直ぐ登れ、と言われても
それはとんでもない坂で階段でもないと登れるわけが無いのだけど・・・
今シーズン中、もう1度くらい来ようかな、来れるだろうか?
雨で水位が回復したらもう1度くらいは考えよう。

R6021794.jpg

今回は久しぶりに地図だけを頼りに新規開拓をしました。
まあ、有名河川なので足跡はたくさんありますが(笑)
地図を見ながら「このカーブを曲がったあたりに堰堤があるはず」
なんて予想を立てながら遡行するのもなかなか楽しいものです。
一人も良いけど次回は誰かと来たいなぁ。
話をしながらの歩きは「ワープ」なのです。

股には玉が、と言う方はクリック。
もちろんない方もクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!










コメント

No title

どもども。
心ときめく、お気に入りの川。
その景色なら当然でしょうね~

玉?股?のときめくお気に入りの・・・
人魚が釣れるといいね。ガハハ

No title

それほど 凄いところには行っていませんが、釣りに行くと よく上半身の筋肉痛になりますよ・・・
大きい石が多いポイントに行くと 結構よじ登ることが多くて・・・

No title

玉だの股だの、本文中の、とにかく竿を振り回したい・・・って、
下半身が暴れん坊将軍かと思っちまいました。
新規開拓、夢が膨らみますよね、股間も!?

No title

とにかく竿を振り回したい・・・っていうのに
激しく同意です(笑)
それでも鶯谷、大塚の嬢達に凄いね、って言ってもらえたのは
今や遠い昔・・・^^;)

まァ、最近は上流から撒きフンをするのにこってますが^^)

オイラが撒くと下流じゃいいのが釣れるみたいですよ~
任せといてね~♪

No title

職場の同僚の餌師に付き合うと、必ず上半身筋肉痛の漁場に連れて行かれたものです。
最近は、お互い歳をとったので、無理はしなくなりました。
でも、その界隈、70歳位のじっちゃんが餌釣りしたり、キノコ採ったりしてるんですよ。
自分らの年代が、一番根性無しのように思えてきます・・・・・(泣)
でも、部分的に気合の入ってるところは負けないつもりです!

凡人代表さん こんばんは

なんといっても水の色が綺麗で気持ちがいいのです。
大きな岩があったりして景色も良いですし。
お気に入りの川が増えました。

人魚?
10年ほど前に嫁さんを釣ってそれっきりです、ハイ。

チュンさん こんばんは

岩をよじ登るくらいだと大丈夫なのですが、堰堤を巻くのはさすがにきつかったです。
しかも巻けずに戻らないといけないとなると疲労度も倍増・・・
続けて釣りに行くと肩は痛くなります(笑)

the-kingfisherさん こんばんは

夜のブンブン丸、池山ですな?
しかしアレは振り回すんじゃなくてレシプロエンジンよろしくピスト(ry

今買っている年券、天竜川と諏訪東部では
だんだん行ったことのない川が少なくなってきました。
もちろん、やったことの無い区間がまだまだたくさん。
これからそんなところを攻めていかないといけません。

カバさん こんばんは

おや、大塚とは新しい地名が・・・
鶯渓とともにそこもお気に入りの川なのですネ。

しかし「まく」が違~う!
お願いなので下流で撒いてください。
そして川通しのときはどこで撒くことも禁止します(笑)

SHIGEZOさん こんばんは

上半身筋肉痛・・・
堰堤がなければどんと来い!です。
知らない堰堤はせっかくもうチョイ、といったところまで行っても降りられなかったりして
アレはマジで精神的にきついです・

じっちゃん達は経験が多いぶん、楽な歩き方や力の入れ方を知っているのでしょうね。
80も半ばのウチの爺様、40kgほどの鉄の塊を一人でかなりの距離を移動させていました。
どうやって動かしたのか・・・根性無しのボクには分からないのです。
気合ね、そうそう、年寄りにはあの気合は負けるわけないのですよ。

No title

岩と水がキレイですねー!
最近、こういうところで釣りしてないので、写真みるだけてわ癒されます。
次回は脱渓点にチャリデポですね。

No title

良い魚ですね!!
今年ももう少しですね。
禁漁になったら遊びましょう~

50kmは直ぐそこでしょ(笑)

えむやまさん こんにちは

岩と水、そうなんですよね。
ボクが行く八ヶ岳の水系は水は綺麗だとしても岩が黒っぽいので
こんな開放感がないんです。
エメラルドグリーンの水、やっぱりこれです。

チャリデポ・・・
どの川なのかなんとなく想像していただいているとは思いますが
バス、タクシー以外のクルマの通行が規制されているんです。
なので行きたい所まで歩くかチャリに乗っていくか、と言うか押して行くか(笑)

しろさぶろうさん こんにちは

いつも梅雨頃まではまだまだ、と思っているのですが、
お盆を越す頃から焦りが出てきます(笑)
今年は雨が降らず水が少なくてここ最近思うような釣りが出来ていません。

そろそろ鮭釣りで笑っちゃうくらい走らないといけない時期ですネ。
片道500km?700km?
ジムニーでは無理です(笑)

地図を片手に

新規開拓。
行ったことのない渓や、いつもの渓とは違う景色って、後ろ髪を引かれる思いがしますね。
ついつい2回戦に及んでしまうのもさもありなん。

ところで、いわなたろうさんは地図を読むのが上手いんですね。
僕はよく現在位値を見失ってしまうので、ハンディGPSを使う事が多いです。
危うくビバークしそうになったところを助けられたこともあって、今では手放せないツールになりました。
キノコ取りにもイイかもですよ。

愛知のチュンさん こんにちは

>新規開拓・2回戦・・・
なにやら他意のありそうな(笑)

GPS、実は持っているんです。
10年以上前に買ったガーミンの一番安い黄色いやつ。
これ、地図が入っていないので現在地の座標や標高しか分からないので使うことはありませんが・・・
キノコ採り、特にマツタケには良いかもしれません。
去年採ったところの景色なんてすっかり忘れてしまってどこだったか、と悩んでいます。
大体の場所は分かるんですがね。

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック