FC2ブログ

リバーピーク ショートスタイルDWF2F

「荒らさず、散らさず、気づかれずに一発でライズポイントまでフライを送り込む」
今までなかったDWFラインをリバーピークが開発し発売されました。



発売されたのはDWF2FとDWF3Fの2種類。
例えばフラットな水面の、バックスペースのない10m先のスレ切った散発ライズ。
ロールキャストを繰り返してラインを伸ばしていきたいけど
そのラインの影だけでライズが止んでしまうような状況ではこのラインの出番です。

th_IMG_4043.jpg

重く短いそのヘッド、なんと5mしかありません。
この短いヘッドにギュッと重さが凝縮されていて
ワンキャストでポイントへフライを送り届ける能力を持っています。

th_IMG_4045.jpg

テスト用にとボクのところに届いたのはDWF2F。
これを手持ちの竿に片っ端から通して振ってみます。

th_IMG_4046.jpg

ヘッドとランニングの境目で色を変えてあります。
この部分をロッドティップから出して相性の良い硬めの竿に乗せ、
一発でロールキャストを決めるようにすると
面白いようにラインが飛んでいきます。

th_IMG_4122.jpg

柔らかめの#3ロッドでショートキャストすると
間違えて5番のラインを乗せたような感覚にw
リバーピークJP6 7ft#2とティムコJストリームN +8.2ft #3に
このラインを乗せ3釣行ほどフィールドテストをしてみました。

th_IMG_4125.jpg

この写真奥、木の下でライズします。
近づくとライズが止むしバックには葦が茂っています。
こんな場所での相性は抜群。

th_IMG_4121.jpg

リーダーキャストの谷。
そんな場所でも使えますがこのラインを使う意味がありません。
2〜3mのキャストが一番使い難いレンジ、
5m〜15mのキャストを一発で決める、それが快適なキャストレンジです。

こんなラインを探していた、そんな方は多いはずですし
ロッドが負ける、テイリングするなど逆に全く合わないという方もいるはず。
万人受けするラインではないと思いますが
状況、使い方によってはどんなロッド、どんなラインより
それは「武器」になるはずです。

先端が太いのはある意味憧れ、と思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!






コメント

DWF2Fのラインを#2と#3のロッドで使った様ですが、違いはどんな、感じでした?
#3ロッドで使うのにDWF2FかDWF3Fのどっちを購入しようか迷ってます。

GBさん こんばんは

#2で先端から9mの重量は#1.5ほどの重量とのことですが
ボクの感覚だとかなり重たく感じました。
ダグラスアップストリームに乗せると#5位にw
硬めの竿やグラスにマッチしやすいと思います。
ボク的には1番手下げが、#3ロッドに#2ラインくらいが良いかなと思います。

変わり種

これはボクが行く川なら使えるかも。
西から流れるヤマメの川や
一山越えてアマゴが釣れる川など。
ただ、ボクが持っているロッドに合うのがあるか?
流石に沢では使えないですよね。

てぃこまさん こんばんは

おお、是非とも使ってみてください。
コツはとにかく一発でキャストを終結させることです。
このラインの#2に3番グラスなんて相性がいいですが
エアーライトストリームだと難しいかも。

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック