FC2ブログ

ランディングネット ヒートンの自作

ランディングネットを自作する際、皆さんはヒートンをどうしています?
今までは購入したヒートンを使っていたのですが、
手持ちのものが在庫切れのため今回から自作することにしました。

そもそも田舎のためネット用のヒートン売ってないんですよね・・・

必要なものはセンターポンチ、ドリル、金ノコ、
大き目のニッパーかワイヤーカッター。
それにサンドペーパーやコンパウンド。

材料はコレ。

          ヒートン1

ホームセンターで手に入る吊り金具の真鍮洋折 #6×50mm。
直径は5mmで一個138円。これでも3個くらいは作れそうです。
もちろん、大量生産には真鍮の丸棒の5mmでも。

          ヒートン2

センターポンチでこの金具の真ん中にマーキングします。
一発目からドリルで、と思うと失敗します。

          ヒートン3


そしてまず、1.5~2mmくらいのドリルの刃で貫通させます。
この穴をガイドにし3mmの刃で一回り大きくします。
ボール盤だったら別ですが最初から太い刃は使わないほうが良いでしょう。

          ヒートン4

ニッパー、もしくはワイヤーカッターで
接着剤のからみが良くなるように傷をつけます。
かなり深めに付けておいたほうが接着した時に抜けにくくなります。
そして金ノコやワイヤーカッターで2cm位にカット。
ネットのフレームの柄の部分に入り接着する分を考え長めにカットします。
カットした部分がガタガタでも大丈夫、そこは柄の中に入り接着シロとなります。
この金具の場合、ベンド部の寸前くらいでカットしました。

          ヒートン5

ドリルのチャックにカットした材料をくわえさせます。
回転の遅いドリルのほうが安全です。
回転させながらサンドペーパーなどで形を整え、
1000番くらいまで徐々に番手を上げます。

          ヒートン6

コンパウンドで納得がいくまで磨きましょう。
真鍮は加工性が良いのであっという間に出来上がります。
錆の心配も無いですしね。

旋盤があればもっといろんなものも作れるんですけどね。
欲しいなぁ、卓上旋盤・・・

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック