FC2ブログ

その上へ!

今回は釣りキャン。
前回SHIGEさん、mckeeさんとご一緒した時に行った川の上流へ
連れて行っていただきました。

R6026024.jpg

知らないとは恐ろしいもので何の気なしによく通っていた道沿いに
その川への登り口があったのでした。
今回ご一緒したのはSHIGEさん、飛島さん、タケさんヤスさん。
重量級クロカン車2台を追う超軽量のジムニー。
追いついたタケさんヤスさんの乗る車に挟まれ4台で山奥へ。

R6026040.jpg

どこかで見たような風景を見つつ(笑)5人で川へ向かいます。
タケさんヤスさんは上流へ、ボクら3人は下流へ。
ルアーの飛島さんはSHIGEさんとボクが入渓した場所から更に下流へ向かいました。

この渓相!
たまりません。

R6026027.jpg

回復した天気はなんとか小康状態。
早速ウェットウェーディングで水に入るとさすがに水が冷たい!
しかし暑くなった体を冷やすには・・・
いや、それ以上に冷たいのです。

入渓してしばらく、待望の1匹目が。

R6026031.jpg

その後も間は開くもののたまに反応があり、
ここは間違いのない、と言う場所で大物の反応が!
グイグイと竿を引き絞りますがブルン、とフックオフ・・・

いやぁ、いるんだね。

R6026028.jpg

SHIGEさんと上になったり下になったりしつつ上流へ向かいます。
しかし反応は徐々に薄くなり・・・
時折定位している魚を見かけますがなかなかフライに反応しません。

R6026034.jpg

そんな中なんとか追加。
そうこうしているうちに下流から釣ってきた飛島さんがいらっしゃいました。

R6026036.jpg

ここで情報を交換しつつお昼ごはん。
飛島さんは更に上流へ向かいました。

R6026032.jpg

ボクらは釣り上がります。
しかし午後になってからは更にアタリは遠く・・・
夏は水温計を持ち歩かないボク、
後から知ったのですが入渓時は一番水温が高く
時間が進むにつれ水温が下がったようです。

8ftロッドでももちろん振れる渓相なのですが
今回のボクのタックルは7.6ftのロッドに
リーダーティペット12ftのショートシステム。
このシステムで間違いなく竿抜けになりそうな場所まで狙っていきますが
なかなか魚からの反応はありませんでした。

R6026039.jpg

そんな中、貴重なイワナが出たのは竿の刺さる場所の右側、
浅い小さな巻き返しでした。

R6026038.jpg

サイズはおそらくこの日一番ですが羨ましいことに(笑)痩せているイワナ。
このイワナに小指サイズをもう一匹。

時折パラパラと落ちてきていた雨がここで本降りに。
SHIGEさんとそろそろ上がろうか、と予定の脱渓点を前に上がることにしました。

そう、里に戻ってからが本番。
キャンプという名の外での飲み会です(笑)

本番と言われるとやはり気になる、という方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  




コメント

No title

この石の具合からして南の方だな、なんて
なかなか天気に恵まれない週末ですが
釣りより夜会の方が重要だったりして。
何となく、ヤマトが出てきそうな渓相ですが
純血種はいませんでしたか?
残りわずか、ラストスパートですね。

No title

こんにちは。

お世話になりました。またご一緒出来る事を楽しみにしてます。

「高天」「本金」美味しかったです。

ではでは。

楽しかった~

こんにちは。

2日間お付き合い頂きありがとうございました。
釣りの方は今一でしたがとても楽しかったです。
歳のせいか、年々みんな寝るのが早くなるなぁ~。

今月あとMin2回行けるように調整中、、、。

No title

上になったり下になったり・・・w
あらぬ想像を掻き立てられますw
しかし、このブルーな水、白い底石・・・
こういうところが、うちの近くにも一つぐらい欲しいですよねぇ~
ああ、残りの一ヶ月どこに行こう・・・
今週末はちょびっと去年のリベンジへ違う水系へ行く予定っ
リベンジできるかなぁ・・・

宴たけなわ

こんばんはー。

雰囲気最高の渓相ですね!
私の場合「雰囲気最高!これは釣れるぞ!」って場所ほど、気合いが空回りして釣れなかったりしますが(苦笑)

>キャンプという名の外での飲み会です(笑)

魚を釣ることがメインじゃない釣り、それも楽しいですよね。
その楽しげな宴の写真はアップしないんでしょーか(笑)

No title

しかしまあ随分と小さいポイントを狙ったもんですね。
自分だったら間違いなく『ボ』ですよ~。

本番ね・・・・・昔はドキドキしましたね。やっぱり練習よっか緊張しますよね、卒業式。

No title

釣人ならトキメク渓壮ですね、V字の下に見える渓に降りる時はワクワクしますよね!

こっちには無い渓色なので画像を見る度に行きたくなって
南信の渓に今年行くぞ~と気合入れていたのですが結局行きませんでした、来年は案内お願いします(笑)

No title

今シーズン、私個人的には巻き返しからイワナのヒットが少ないんです。フライを巻き返しでぐるぐる回してたらヤマメが釣れたり・・・そこはイワナの居る場所だろって(ーー゛)女性の男性化ではないですがヤマメのイワナ化が流行っているのでしょうか(笑)

No title

いい渓相ですね~♪
たまには大人数での渓流も面白いですよね!
オレは昨日、コケて頭までウェットウェーディングしちゃいました(笑)

てぃこまさん こんばんは

そう、南の方。
この水系でヤマトに、ヤマトらしいイワナに会ったことがありません。
大蛇も一緒なのですが。。。

週末のたびに雨ですね。
記録的日照不足なのだとか。

ラストスパートですよ。
夜会ももう一度・・・(笑)

自営業FFさん こんにちは

こちらこそお世話になりました。
持参はあると思うのですが酒屋さんに生ビールを届けていただけるキャンプなんて
ここくらいじゃないでしょうか?

高天辛口通は諏訪の酒飲みが普段のみとして飲む酒、
そして本金太一は値段の割に美味しいお酒です。
本業の方にそう言っていただけると諏訪の人間として鼻が高いです。
リップサービス(別の意味ではないwww)だとしても。

SHIGEさん こんにちは

こちらこそ2日間、またまたお世話になりました。
タケさんヤスさんとともにいつも美味しいお料理ありがとう。

いくつか電話してちょっと休憩して、と思ったらそのまま落ちてしまいました。
お休みもいえずに失礼しました。

ひと月弱で2回・・・
僕らには大した回数ではないですが遠征される方にはかなりの回数ですよね。
ご一緒できるといいな、と思っています。

しゅやさん こんばんは

いつも書きますけど悪いのはボクではないのです。
想像力豊かなアナタなのですよ。

おっしゃるっとおりでこちらは基本黒い石に光の届かないブッシュの谷ですからねぇ。
花崗岩の川は遡行が大変なところが多いですがこちらにも一つ欲しいです。


去年のリベンジ、一年越しの思いの丈をぶつけてきてくださいませっ!

リコプテラさん こんにちは

宴会の様子、と言うか料理の幾つかはアップの予定です。

雰囲気の良い川、みんながそう思うわけで・・・
よほど行きにくい場所でなければ尺が爆釣!とはなりにくいですよね。
この日も先行者がクルマで4台分(泣)

SHIGEZOさん こんにちは

いい場所からはいいイワナが反応していたんです。
午後になるとどこからも反応がなくなって試しに、と入れていったこんな場所で釣れました。

練習ね、そんなものに緊張感なぞない!
しかしながら練習にはイメージトレーニングも含まれますからねぇ。
卒業のイメージトレーニング・・・(爆)

小鱒遊さん こんにちは

SHIGEさんの写っている写真のところからではまだ渓は見えないんです。
この日は日が差すときも午前中にあったのですが
まさにエメラルドグリーン!
この岩の白さとのコントラストが最高です。

ぜひ来て下さいね~

かずきさん こんにちは

ヤマメのイワナ化・・・
そうですね、状況が良くない時ってそんなことが多いように感じます。
ボクもお前はイワナか!なんてアマゴにツッコミを入れていますよ。

マツコ・デラックスのようなイワナアマゴだったら大歓迎ですが
「笑ってはいけない」でのマツコ・デラックスと
ココリコ遠藤の絡みみたいになったら・・・
トラウマ級です(笑)

camelさん こんにちは

大人数、と言っても基本ずっとSHIGEさんと二人なんです。
でも杣道を歩くときは大人数だと本当にあっという間に到着しますよね。
今回はすごく歩くのが楽しかったです。

頭までウェットウェーディング、この時期ならではの楽しみですね(爆)

No title

どうもです こんばんは
天気はギリギリ持ってくれましたが、ちょっと厳しい釣りでしたね
またよろしくお願いします

No title

こん○○は(昼夜兼用)

あの時点で、ベストな渓をご案内したつもりですが、厳しい釣果でスミマセン。
来シーズンこそ、その時のベストな渓をご案内します。その渓に一緒に行って下さい。

飛島さん こんばんは

お疲れ様でした。

ギリギリ、まさにそうでしたね。
昼も夜も楽しかったです。
またご一緒させて下さい。

お会いした方は勝手にリンクさせていただくシステムになっています(笑)
ご迷惑でしたらご連絡を・・・

mckeeさん こんばんは

いや、素敵な谷でした。
毎日あの谷のことを考えています。
もう一度行きたいなぁ、って。

>その渓に一緒に行って下さい。
そういうひと言、涙が出そうなくらい嬉しいのです。

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック