FC2ブログ

ホワイティングコックネック グリズリー ハイ&ドライ

グリズリーハックル、持っていなかったわけじゃなかったんです。
ホフマンの#3、必要にして十分。
でも、ホワイティングのコックネックを使ってしまうと
歩留まりの悪さを感じてしまうのです。



先日、いつもお世話になっているプロショップ、
伊那のアングラーズパラダイスさんで天竜川の年券と
タイイングコームを購入したときにいいグリズリーがないかと聞くと
今なかなかホワイティングのハックルが入ってこない、と。
まあ、持ってないわけじゃないしゆっくり、見つかるまで
お小遣いを貯めていこうと思っていました。
しかし数日後、入荷したよ、との連絡が。

こんなこともあるんだねぇ、と山本さん。
いやいや、(手持ちのお金が減ってしまったタイミングだったので)恨むぜ〜とボク。
大笑いしながら購入してきたのですがやはり安いから、モノがあるからと
通信販売で買わない良さはこんなところにあると思うんです。
メーカー、問屋さんに聞いてくれたかもしれないってのも嬉しいし
同じものを買うんだったら楽しく買いたいじゃん。

さて。

th_IMG_5772.jpg

久しぶりの新しいハックル。
かれこれもう10年ぶりくらいだろうか・・・
ホワイティングのハックルには油取り?がついています。
ボクはいつもホッチキスの針を緩めて台紙からケープを外し、
このフカフカしたのを残して針を戻しておきます。

th_IMG_5775.jpg

メッツ#3と比べてみるともう段違いの厚さです。
確か購入金額にはあまり差がなかったはず。
農場の進歩だと思うんだけど凄いことです。
さて1本、#14くらいのものを引き抜いて比べてみます。

th_IMG_5777.jpg

もうハックルプライヤーいらないねw
実際、エルクヘアカディスでも、と思いハックルを巻いてみると
ストークが丈夫で切れにくい。

th_IMG_5782.jpg

スレッドボディということもありますが
アイ側に傾斜してカッコよく巻けます。
スレッドボディでこのくらいの感覚で巻いてハックル1本で
フライ3本から4本にハックリングできます。

th_IMG_5784_202102240005283ed.jpg

先日のコームの記事でもエルクヘアカディスでしたが
一番わかりやすいので再登場w
ハックルの下側をカットして使うとロングリーダーでも回転しにくくなります。
せっかくいいハックルなのに(爆)

新しいマテリアル、新しいツールが増えて
たくさんフライ巻いた、と思うでしょ?
それが10本ほどw
昔からケツに火がつかないとフライを巻けないのです。

実は生え方は薄いほうがいいという方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

   

川に生えるふきのとうの写真を撮りに行って来ました

約10ヶ月間待っていた事がありまして・・・
(子供の出産ではないw)
それがあと10日ほど、ということになりました。

th_IMG_6031.jpg

その準備をしているうちにあっという間に昼過ぎ。
午後も遅い時間にやっと川に立てました。
一番最初に向かった川はどうも反応が薄く
ワクワクすらしてこない。
どうしたもんだろうと思いましたが
脱渓して別の川に向かうことにしました。

th_IMG_6033.jpg

この間と同じ川っていうのもなぁ、と思い
別の川に向かいましたが各駐車スペースのは釣り人の車が。
結局先日きた川と同じ川へ到着しました。
到着したのはなんと3時w

th_IMG_6035.jpg

1時間半ほど釣りをして3発ニンフに出ましたが全部バラしました。
それは後ろに葦や木の枝があり大きく合わせられないところだったという
言い訳をしておきますw

th_IMG_6039.jpg

ショートロッドを使わなければいけないような春の渓では
スローアクションのロッドはマーカーニンフに向かないなぁ。
それでもそんなところにニンフをキャストした自分を褒めてあげたいw

th_IMG_6042.jpg

用水路にも水が引かれ始めました。
錯覚でなければ2度ほどライズしているのを見かけたので
次週はそろそろドライでいけそうだな思っています。
そして毎年のことですが寒い寒いと思っていても
あっという間にあっつい、なんですよね。

フライじゃなければドライよりウェットが良いという方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  








川の中にも春がきた、かも

御神渡りこそなかったものの全面結氷した諏訪湖のほとりの我が家のあたりも
だいぶ春めいてきて暖かくなって来ました。



ちょっと暖かすぎるような気もしていて
いつもだったら桜と一緒に花の咲く梅の花がほころんできました。
梅の花の咲く頃、と言えばそろそろニンフにだけど魚の反応が良くなる頃です。

th_IMG_5992.jpg

しかし土曜日は雨、日曜日は午前中半日は
子供の学校の行事で潰れるという
釣り人には困ってしまうような週末w
大至急ウチに帰りお昼ご飯、そう言えばニンフの在庫が全くなくなっていた・・・

th_IMG_5994.jpg

フライを巻いて家を出たのは12時半過ぎ、
途中でスマホを忘れたことに気がつき
家に戻って川に到着したのはもう午後も遅い2時近くでした。

th_IMG_5993.jpg

気温は14度ほど、水温は9度。
この川は解禁当初から水温が高い川なのですが期待が持てます。
解禁当初に入ろうと思っていた区間にこの日はラフタークレーンはなく
そこに入ることにしました。

入渓すぐのゆったり流れるバブルライン、そこでマーカーが引き込まれます。
お、と思い竿を立てると一瞬の掛かった感覚のあと、
ギラギラとヒラを打ちながら下流へくだる魚。
全く同じ状況がもう一度あり、これは魚は瀬に出ている、と分かった頃に
脱渓点についてしまいました。

うーん、もうちょっと釣りたい。
魚の顔を見たいじゃん。

th_IMG_5998.jpg


クルマで少しだけ上流の、
いつも入る区間より少しだけ下の里川区間へ移動しました。

th_IMG_5996.jpg

まずは低めの堰堤で1匹。

th_IMG_6001.jpg

狙い通りのゆっくり流れるバブルラインです。
さらに別の淵のバブルラインでももう1匹。
春は川の中にも来ているようで午後遅い時間でも反応があり
結局4時過ぎに脱渓しました。

th_IMG_6006.jpg

まだまだ反応は少なく釣れてくる魚も小ぶりですが
この日もマーカーに反応する魚がいたり
大型のメイフライが流れて来たりとワクワクする時期に突入しました。
あとは天気とお休みのタイミングです。

タイミングは失敗が怖い、という方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  







川へ向かう道の福寿草の成長を確認してきました

解禁から3週間。
魚の顔を見ることが出来たのでなんだか安心して
1週間釣行を飛ばしました。



昔はこんなことはなかったのに
ボクが大人になってしまったからなのでしょうか・・・

th_IMG_5953.jpg

土曜日は用事があり釣行日は日曜日となりました。
その土曜は暖かく、日曜日は寒の戻りで肌寒い日となりましたが
それでも数週間前には考えられない気温10度ほど。

th_IMG_5957.jpg

お日様はさんさんと降り注ぎ気持ちがいいくらい。
水温だって6度ほどあります。
期待しないわけがない。

th_IMG_5955.jpg

実際のところ、福寿草の様子を見に来たわけではなく
リバーピークの新しい竿を振れる場所、
そしてこの時期に魚の反応が良かった場所と思い
この川を選んだのですがこの日は全くの不発でした。

th_IMG_5959.jpg

前回番手を間違えて#3を乗せたのも悪くはなかったのですが
やはり#2には抜群の相性でした。
しかし「クン」とマーカーが横に動き合わせ切れをしたのがこの日のハイライト。
それ以外は魚の走る様子も見えませんでした。

th_IMG_5961.jpg

あまりの釣れなさ具合に延々と歩いてしまい
脱渓したのは釣れなくなる時間をとっくに過ぎた
4時を回っていました。

th_IMG_5969.jpg

その頃にはお日様も陰り、
水につかりっぱなしの足元から体も冷え切る、という・・・
ウェーダーを脱ぐときに魚は釣れないのに足がつりました。
結局大人になりきれていないw

th_IMG_5965.jpg

いつも思うのですが行かずに行けば良かったって後悔するくらいだったら
行ってああ、ダメだったって後悔する方がよっぽどいい。

th_IMG_5964.jpg

川を歩けばいい運動にもなるし
ストレス解消になって次の週もまた頑張れるからね。

イって後悔、ということもあると思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  










C&Fデザイン ステンレスタイイングコーム 

ボクがよく行く川でドライフライを結ぶのなんて
3月後半から4月の声を聞く頃になってから。
まだいらないんだけど、ニンフばかり巻いていたら飽きちゃう。
いや待てよ、そのニンフだって1ダースも巻いていなかったw

ドライでも、と思って取り出したエルク。
少し前に新しいものをおろしたのですが今回のは冬毛のブルエルクかな。

th_IMG_5740.jpg

以前使っていたエルクは夏毛のカウエルク、だったと思う。
それに比べ今回のはすごくアンダーファーが濃いのです。
(ファー、ねw)

th_IMG_5741.jpg

指で引っ張りながら何度か持ち変えつつ抜けばいいのですが
以前、タイイングコームを使っていたことをふと思い出しました。
それがいくら探しても見つからない・・・
ボクがタイイングコームとして以前購入、使っていたものをネットで探してみると
なんとそれは毛じらみの卵を取るためのクシとほぼ同じものでしたwww
しかしなんでタイイングコームで検索すると
毛じらみ用のコームが出てくるかね・・・

 

別にこれをあらためて購入してもいいんだけど
やっぱりそれじゃぁ、ね。



という訳で専用、ちょっと高級品w
C&Fデザイン ステンレスタイイングコームを購入しました。

th_IMG_5739.jpg

以前のコームはプラスチック製だったので
何度かクシを通すと静電気が起きてファーがなかなか外れませんでしたが
これはステンレス製なのでスッと外れてくれます。
これってなかなかストレスフリー。

th_IMG_5742.jpg

使い方は説明する必要もないけど
カットしたエルクにクシを通すだけ。

th_IMG_5743.jpg

2、3回繰り返してスタッカーで毛先を揃えれば、ほら、綺麗。

th_IMG_5744.jpg

で、もちろんなのですがエルクヘアカディスを巻きます。

th_IMG_5784.jpg

ところで、なのですが皆さんはエルクへアカディスにフロータントを使います?
ボクは塗らずに軽く沈めて水面直下を流すことも多いのですが
そんな時は上のフライ。

th_IMG_5779.jpg

液体フロータントに漬けて、ドライシェイクなどで
しっかり浮かしたい時はアンダーファーを一緒に巻きます。
その時はアンダーファーを少しずつ毛先に持ってくるようにつまみ直します。
しかし実際に使うには問題ないけど写真に撮ると
あのファイバーをカットしておけば、なんてアラが見えちゃうw

それにしても道具一つでテンションが上がって
フライをたくさん巻くようになるものですね。

アンダーファー、危ないところだったと思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  






プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック