FC2ブログ

lovell(ラベル)カスク

例えば釣り帰りの林道で自転車を乗る時。
特にボクのBMXはリアブレーキしかないこともあり
ダートでハイサイド気味になりヒヤッとすることがありました。

今回手に入れたミニベロ、イディオム1は
プラプラとゆっくり街を乗る分にはいいのですが
調子に乗ってスピードを出した時に細いタイヤが道路の溝などにはまると
転ぶ寸前まではいかないもののやはり怖い思いをしました。

やっぱりいるか、ヘルメット。



本気印のヘルメットはこの自転車にはボクのイメージじゃない。
ロードバイクにはかっこいいと思うんだけどね。
で、写真のカスクにしました。

th_IMG_3301.jpg

まるでガキデカの帽子のようなこのカスク。
カスクと言っても昔のカスクと違いしっかりとしています。
手のひらでギュッと押し縮めてもほとんど形は変わりません。

th_IMG_3304.jpg

サイズはLMSの3サイズですがボクが購入したのはMサイズ。
ある程度は後ろのベルクロで調整できます。
鉢回り58cmのボクはほぼピッタリ、いじらずにそのままでした。

th_IMG_3299.jpg

便利なのはこのバックル。
磁石内蔵で近づけるだけでパチンと締まります。

th_IMG_3300.jpg

外す時は横にずらすだけ。
外れにくくて他のバックルのように顎の肉を挟まない構造です。

th_IMG_3303.jpg

肌に触れる部分はこんな感じ。
柔らかく優しい肌触りです。

娘たちには自転車乗る時にはヘルメットをかぶりなさいって言ってるのに
親のボクがかぶらないのはやっぱりおかしいもんね。
自転車事故での頭部の損傷率が64%、ちょっとした街乗り、ポタリングでも
やっぱりかぶるのが安心ですね。

カメさんの頭のヘルメットもかぶるのが安心、と思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  
ああ、つい見栄を・・・w












今期初アマゴ

世間は3連休。
ボクも何とか人並みにお休みで
ちょっと買い物、そして夏タイヤへの交換、
それから娘の相手などしていました。
英語の塾の課題をやっていたこの春から5年生の娘が
「ヘア」って何?って聞いてきました。
流石に知っているだろと思いつつ髪の毛じゃないの?と答えると
ウサギの絵が書いてある、と。
おお!とすぐに気がつきました。

ヘアは耳の部分の毛をむしって沈むフライに、
ラビットはスキンをテープ状にして小魚みたいなフライにするんだよ。
もちろん、バニーは教えられない・・・w

th_IMG_3480.jpg

そんなわけはなく、ヘアは穴ウサギ、
ラビットは野ウサギでバニーは子ウサギ。
こんな事まで教えるんだ・・・と驚いたのですが
何で違うの?と尋ねる娘。
その言葉を使う人たちにとって大事なものは言葉が増える、
日本語での水とお湯、
ウォーターとボイルドウォーターの例をあげて説明しました。
しかしこれは危険だ、釣りに行こうw



向かったのは今年2回目に行った川。
ここは水温が1℃とかでも反応がある川なのに
前回は全く反応がありませんでした。

11時で気温10℃で水温6℃、
もちろん使うフライはヘアーズマスクのファーを使った
ビーズヘッド付きのアグリーニンフです。
相当な距離を歩いてみましたが
アタリもないし走る魚もいません。

th_IMG_3482.jpg

川で食べようと思っていたお弁当を食べながら移動、
30分ほどかけて反対側の山に向かいました。
クルマを止めすぐ下の堰堤にニンフを入れると大きくマーカーが動きます。
一度目スカ、2度目も。
同じ場所を3回流すとマーカーは動きません。
しっかり深い場所だったしアタリだったな、と思いつつ上流へ。

th_IMG_3489.jpg

2本目の川の水温はさっき測った時の足の冷たさの感覚からすると
6度はないと思う・・・
瀬も流してみますが反応はなく、上写真の中心の巻き返しに
ニンフを何度か入れるとスッとマーカーが引き込まれました。

th_IMG_3487.jpg

フライに出てくれたのは小ぶりだけど今年初のアマゴでした。

ようやくこの日の1匹目が出たのですが
天気が怪しく今にも雨が降りそうです。
そしてどうやら魚は深みにしかいない。
瀬は飛ばし巻き返しと深み狙いでガンガン上がります。

th_IMG_3490.jpg

作戦が功を奏して合わせが強ければ
飛んできそうなイワナを追加しました。

th_IMG_3502.jpg

その後もう1匹釣って計3匹としたところで
予想通りというか残念ながら雨が。
この川に移動して1時間経ってないのに・・・
釣れたことだしこの時期から濡れて釣りをすることもないので
脱渓しやすい橋であがることにしました。

例年通りの釣りをしているのに全く反応がないという日が続いたので
ちょっと自分の釣り方に自信をなくしかけていました。
今回移動後にあっさり釣れて少しわかったことは
去年の台風の出水の影響で今年は南アルプスと
八ヶ岳が水源の川は少し厳しかもしれない、ということ。
もしかしたら先行者の影響や天気、
気温の乱高下などの要素もあるかもしれないので
もう少し釣れなかった川での釣りもしてみようと思っています。

英語でのウサギは3つとも、特にバニーには夢があると思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  




川からの山の写真を撮りに行ってきました。

学校のイベントのシーズン。
我が家でも参加の年となり1日休むことにしました。
子供は勝手に遊びにいくのでボクは半日暇に。
そりゃ川に行くよね。



3日前の週末は寒く雪が降っていたので釣行をスキップしたのですが
山にはその雪が残っていました。
雪代の入る前の早い時間に川に入りたかったのですが
流石にそんな訳にもいかないのです。

th_IMG_3440.jpg

まずはこの時期よく入る川の隣の川。
その隣の川に入ってその後に入ると比較的いい釣りができることが多いので
入渓時間の遅くなったこの日でもいいのではないかと思いましたが不発。

th_IMG_3446.jpg

ではでは、と車を走らせこれまたいつもこの時期に入り、
釣り終わる頃にたどり着く堰堤でライズする場所へ。

th_IMG_3441.jpg

この時点で2時半。
暖かい日で手元の気温計で15度、水温は9度。
絶対に魚は動いているはずです。

th_IMG_3443.jpg

夏になるとイワナ釣りに行くことが多いのでこの時期はアマゴを釣りたい。
いつもそう思って里川を中心に釣りに行きます。
その里川の日陰部分にはまだ雪が残っています。
ううむ、こいつが暖かい気温で川に流れ込んでいるのかも。

th_IMG_3442.jpg

川の中を歩いても魚が動くようなこともなく・・・
一度だけ、そこはないだろうと思っていた岩陰から
そこそこの影がすすっと上流に向かって泳ぎましたが
それがこの日のハイライトでした。

th_IMG_3444.jpg

雪も少ないし解禁当初から暖かい年だから
早い時期から絶好調になるのではなんて予想をしていましたが
まだアマゴに会うことができていません。
3月半ばすぎに魚影を見たのがいちばんの魚の反応なんて、ちょっと低調すぎる。

th_IMG_3456.jpg

クルマへ戻るとクルマのすぐキワで蚊柱が立っていたりして・・・
この日は川面でパタパタと虫が羽ばたいていたりして
ライズしていてもおかしくないくらいだったんだけどね。

th_IMG_3455.jpg

立てば何でもいいと言うものではない、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  















熊除けスプレー ポリスマグナムB-609

渓流中心で釣りをするようになって20年近く。
その間にクマに会ったことは一度しかなく、
しかもかなり遠くにいるのを見かけただけ、というのが
ボクの自慢の一つです。

おそらくそれは長年愛用していて今は2代目となった
南部熊鈴のおかげということもあるのでしょうが
一番はきっと運がよかった、ということだと思います。

しかしその見かけた、たった一度だけのクマは
かなり里に近い場所で見かけました。
運に頼るだけじゃ怖くなってきたってことが一つ。

それから今年は少し遠征をしてみようと思っているのですが
そこは熊も多いらしい、ということが二つ目の理由。



長年の懸案であったクマ避けスプレーを購入しました。
購入したのはポリスマグナムB-609、
この厨二病っぽい名前もいいですがこれにした1番の理由はこの大きさ。

th_IMG_3146.jpg

大きい、というより一般的な熊除けスプレーの
カウンターアソールトと比べるとかなり小さいのです。
カウンターアソールトは230gに対し163gと軽く、
腰につけっぱなしにしてもかさばらず動きを妨げないだろうと思います。
そして値段は半分w

th_IMG_3137.jpg

ポケットに入れておくわけにもいかないので
ホルスターもセットで購入しました。
今、ボクのウェーダーのベルトはシムス純正ではなく
ホームセンターに売っている腰袋用の太めのものを使っています。
バックルに通すのも十分問題のないホルスターのベルトループです。

th_IMG_3135.jpg

カウンターアソールトが噴射時間7秒、噴射距離約9mに対し
ポリスマグナムは噴射時間連続2〜2.5秒、噴射距離約5mです。
しっかり引き寄せて、なんて書いてありますが度胸がいるなぁ。

th_IMG_3147.jpg

使用期限は3年以上と公式アナウンスされていますので
3年半以上の使用期限があれば問題ありません。
きっと遣う機会もなく5年位腰につけっぱなしになると思うけどそれでいいの。

th_IMG_3139.jpg

このタイラップも切る必要がないんじゃないか、とも思いますが
そういう訳にもいきません。
カットして腰ベルトに取り付け、フィールドへ。

th_IMG_3343.jpg

熊鈴に熊除けスプレー、ウェーディングスタッフ。
ベルトはどんどん重くなるけど
これでちょっとだけ安心して山の中に入っていくことができます。
使いたくないし使うような機会にも恵まれたくないけどね。

自分のマグナムはできたら使いたい、と思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  













それでも乗っていきたいんだ

ジムニーがなくなった今、ボクが乗るのはスバルのSUVかスズキの軽トラ。
ふだん通勤などは軽トラなのですが
納車1年経っていないんだから新しいクルマにも乗りたいじゃない。

実は先日もこの川に来ていました。
その時は橋をくぐったことをすっかり忘れていて
右岸にあった林道はいつの間にか逆になり、
見えている左岸の林道はきっと別の山から回ってくる林道なんだろう。
そして最悪スリットを通った堰堤を通り川どおしで帰ろうと思っていました。
もちろんそのまま林道をくだったら車に到着できたんだけど・・・w



で、帰り道。
ヌタヌタの泥を避けようとしたときにズリズリと木の枝にこする嫌な音が。
洗車し確認してみるとキズにはなっていないけどすれた跡がありました。
メンテナンスキットできれいに消えましたが気を遣うしあの音は心臓に悪い。
やっぱり林道を走るには軽規格のクルマがいいなぁ。

そう、同じ川。
先日は大急ぎで釣りをして早い時間に上がったのですが
その先はなんだかさらに渓相が良さそうな感じでした。
先週も釣れているし行ってみよう。

th_IMG_3346.jpg

入渓2時の時点で気温6度、水温3度。
先週より水温で2度、気温は4度も低い。
できたら11時から3時くらいで釣りをしたいんだけど
昼ごはんを家で食べたらすっかり遅くなっちゃった。

th_IMG_3339.jpg

2時でこの気温水温だと厳しいかな、と思ったのですが
入渓してすぐ、写真左の岩のキワの小さな巻き返しに
ニンフをアウトリガーで入れたらググッと当たりがありました。

th_IMG_3337.jpg

そんなに大きくないけどせっかくだから
新しいリバーピークのネットを濡らすことにしようw
この時期特になのですがクレモナのネットは濡れたら乾かない。
水切れのいいラバーネットはベストの背中を濡らすことなく快適です。

さて、車から降りてすぐという比喩はよく聞くのですが
今回は驚くほど近かったのです。

th_IMG_3338.jpg

いつもこんな感じで釣れるといいのにな。

ところでここ最近、去年の禁漁間際も含めて
ずっと軽いカーボンロッドを使っていました。
この日は気分でアキスコの10本継のグラスロッド。
竿がこんなに重たく感じたのは久しぶりでした。
トルクがあるからニンフには使いやすいんだけどね。

先日は瀬っぽい場所にも魚が出ていましたが
さすがにこの水温だといい場所に魚が出ていません。
ドライだったらループを狭くしてなんとかねじ込める場所でも
ニンフだと引っかかっちゃう。
こうなると次のポイントが遠いw

th_IMG_3342.jpg

白い泡の向こう側にフライを流すと
なんだかマーカーが動いたような気がしました。
さらにもう一度、そして何度か打ち返えすと
スッとマーカーが沈みました。
川底の岩に当たったのか、と思ったのですが
そこは十分深くて岩はない。

th_IMG_3340.jpg

サイズはともかくしっかりと太くてよく引くいいイワナでした。
この先4時まで釣りをしましたが一回だけアタリがあっただけ。
この時期の谷のプライムタイムは短いのです。
本当は11時頃から3時頃までで釣りをしたいですね。

乗られていくのも好きだ、という方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  








ミニベロ ジャイアントイディオム1

先日のこと。
親戚が「ねえ、たろうちゃん。
こんな自転車があるんだけどもらってくれない?」
ってスマホで写真を見せてくれました。
ちょっとピンボケで写っていたのは
白い自転車でGIANTのレターが入っていました。
ん?マウンテンバイク?
ボクの愛車は超絶にかっこいいBMX、しかしこれは変速がなく
林道ではヒーヒー言いながら坂を登らないといけない。
MTB、いや、もしかしたらクロスバイクかな。
もちろんもらわないわけがありません。

数日後、ボクの家まで届けてくれました。



あれ?ミニベロだぞ、これ。
フレーム、タイヤのバランスから写真では
マウンテンバイクかと思っていましたが実車は想像以上に小さい。
サドルとハンドルを下げて撮ると写真ではサイズ感がおかしくなるのね。

さて、ボクのものになったミニベロは
GIANT「ジャイアント」 IDIOM 1(イディオム1) 。
0、1、2と3種類のラインナップがあり、0はカーボンフォークにドロップハンドル、
2はフロントシングルの8段。
その真ん中の18段、バーハンドルのモデルです。

th_IMG_3220.jpg

タイオガコンペティションX 20"×2.15"のBMXと比べ
20x1-1/8のイディオムのタイヤの細さときたら!
パンパンに空気を詰めて乗ってみると笑っちゃうくらい前に進みます。

th_IMG_3219.jpg

シンプルなハンドル周りのBMXに比べフル装備wのミニベロ。
ゴチャゴチャしていますが変速付きの自転車がこんなに楽だなんて、
久しぶりに乗って改めて気がつきました。

th_IMG_3218.jpg

元々こんなに小さい自転車なのに
さらに小さくできるように両輪クイックリリースがついています。

th_IMG_3216.jpg

20インチの自転車から買い換えなかった理由。
それはJA11の車内に乗せられないということが一番でした。
オレンジのBMXもフロントタイヤを外さないとJA11には乗りません。
今となっては、なのですがミニベロはすごくコンパクトになります。
まずはフロントリアのクイックリリース、
そしてシートポストクランプもクイックリリース。

th_IMG_3217.jpg

さらにはハンドルポストも折りたたむことができ、
フレームの小ささも相まって超コンパクトになります。
JA 11を手放した今、そしてボクの愛車が軽トラになった今となっては
フルサイズの自転車でも良かったけど
スバルに乗せるにしても別の荷物が詰めるからね。
小さい自転車は正義なのかもしれません。

th_IMG_3225.jpg

フル装備でもらったこの自転車、まずは反射板を外しちゃおう。
そして回転の悪いペダルをOH、
それからしばらく乗ると手のひらが痛くなるグリップを交換して
ヘルメットも買わないとね。

それから・・・
キャラメルブロックタイヤかグラベルタイヤ、付けられる?
林道に持っていければ最高なんだけどな♪

乗るのもいいけどたまには乗られたい、と思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  





 

ようやくの初イワナ

気温の高かった2月。
今年は2月中に魚が釣れるのではないかと思っていましたが
例年通りの丸ボウズの2月となってしまいました。

こうなるとどこへ行こうか本当に迷う。
地元がダメで初期に水温が1度くらいしかない時でも反応がある川でもダメ。
消去法で初期に行くことのない川へ向かうことにしました。

th_IMG_3305.jpg

車を停める場所は最初から決めていました。
しかしそこにはインプレッサが・・・
では、と上に。
するとそこには軽トラ、さらに上にはスイフトが。
どんどん上流に追いやられ、
結局入ったことのない場所に入ることになってしまいました。
そこは谷が深く日差しが届きにくい、イワナが釣れそうな場所。
でもまあ、寒い時期は低水温を好むイワナの方が釣れやすいもんね。

th_IMG_3315.jpg

水温5度、気温10度。
入渓はなんと2時w
入渓すぐ、ゆっくり流れるいい感じの淵でピクッとマーカーが動きました。
間違いない、待ちに待ったアタリ。
ビシッと合わせるとそのまま後ろへ飛んで行く魚・・・
そしてカツオの一本釣りみたいにそのままフックアウト。
5ヶ月の間に感覚が少し狂ったみたい。
でも、この感じはいい感じ。

th_IMG_3310.jpg

今度はあわせもバッチリ、慎重に取り込むことができました。
きっとサイズはバラした魚と一緒だけどね。

th_IMG_3309.jpg

しかしあそこにみんなが車を止めない理由はすぐにわかりました。
ドドーンとそびえるスリット堰堤、越すのはイヤだしスリットを通ろう。
スリット堰堤の間を通るのはみんな苦手だと思うけどボクも苦手。
通ってみると案外楽に越せました。

th_IMG_3314.jpg

瀬はパス。
流速の緩い淵に狙いを絞り遡行します。
ドライだったらなんとか流せるけどニンフじゃなぁ、って場所では
魚がすすっと走っていきます。
あとは場所。

ここでやめようと思っていた淵で動かなくなったマーカー。
ピックアップのつもりでふっと竿を立てるとブルブルと魚信が!
ネットを、と思ったところでまたもフックアウト。
ああ、と仰ぎ見ると青い空にスッと伸びる飛行機雲。

th_IMG_3312.jpg

あの感触、7寸はあったなぁ。
これが禁漁間際だったらもう少し粘るところだけど
今日はこのくらいで勘弁してやろう。
まだ始まったばかりだからね。

スリットは怖い、確かに怖いと思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  










プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック