FC2ブログ

まる1日はなんと今年初めてだった

今年の梅雨は雨の降らない週末がとても貴重かもしれない・・・



次の週末は降るかも。
そんな風に話をして一緒に釣りに行ったのは風邪気味のSHIGEさん。
あまり大変じゃないところに行こうね、ということになり
林道沿いのクルマから降りてすぐの場所にしました。

th_IMG_1471.jpg

いつもSHIGEさんたちとキャンプをした後に僕が残業をする区間。
ボクはお馴染みなのですがSHIGEさんは初めてとのことでした。
水位は平水、お日様も出ていて気温も少し暑いくらいでの釣り初めです。
まずはとりあえずの一匹。

th_IMG_1469.jpg

反応も良くすごく活性も高くてフライにはバンバン反応するし
淵の中をクルージングする魚がいたり
縄張りに入った魚を追う様子、だと思うのですがそんな魚がいたり。
これは今日は爆釣かも・・・

th_IMG_1478.jpg

そんなことを思ったのも釣り始めて数十メートル進むまででした。
後から考えるとその頃から日がかげり始め少し肌寒くなってきました。
一気に沈黙・・・

th_IMG_1479.jpg

時折反応もあり魚も釣れてくるのですが
釣り初めの頃のあの反応はありません。

th_IMG_1480.jpg

それでも反応は上向きになってきて
このままもう少し釣り上がってもいいな、と思いましたが
支流へ移動することにしました。

th_IMG_1489.jpg

移動してすぐの瀬、それほど魅力的なポイントではなかったので
何気なしにフライをキャストすると流れの中からもっさりと出ました。
掛けてみたら想像以上にでかい!

th_IMG_1486.jpg

小規模なこの沢に似つかわしくない、
顔の大きな9寸岩魚でした。

th_IMG_1495.jpg

この後もいいペースで釣れ続け、終わってみればトリプルつ抜け。
ここ最近、小一時間で数匹という釣りが続いていたので
1日釣りができた事も、釣果も満足できる結果となりました。

たくさん出ると満足なのは何が出るかによる、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!







雨のやんだ日は川で残業しよう!

信州の今年の梅雨は梅雨らしい、というか
夕方、毎日雷雨になるという不思議な梅雨です。
梅雨って毎日毎日、シトシトと弱い雨が降りつづけるイメージなんだけどなぁ。



雨が降り続く、と言ってもやっぱりやみ間はあるもので
晴れた日の夕方にちょっとだけ川に行って来ました。
この日の釣りからしばらく時間が経っていますが
今年のこの時期の夕方の晴れ間は本当に貴重。

th_IMG_1455.jpg

会社から15分、その日に終わらせなければならないことだけ終わらせ
次の日のことを考えずに速攻で退社すれば5時半には川に立てます。
今日は早く帰る、と決めていてもそんな日に限って忙しくて
なかなか定時に帰ることができないんだけどね。
定時に帰れる、天気がいい。
こんな日は本当に貴重です。

th_IMG_1452.jpg

川の規模としては本当だったら7ftくらいの竿がちょうどいいと思うのですが
少し長めの7半のダート、どうしても使いたい(笑)
そして使いたいから釣りに行ってしまうのです。

th_IMG_1445.jpg

雨だと肌寒い夕方も天気がいい日の夕方は
冷たい水も心地よく感じます。
急ぐ釣りじゃないけど夕方からなので終わりの時間が近い。

th_IMG_1448.jpg

バタバタと釣り上るともう一匹追加できました。
盛期のアマゴはサイズ以上によく引きます。

th_IMG_1458.jpg

ほんの少しの間しか釣りができない平日のイブですが
新しい道具ということもあり今はすごく釣りに行きたい、釣りが楽しい。
この気持ちを大事にしてしっかり釣りに行きたいと思います(爆)

何度もいけるとは若い、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!






雨やどり

朝から雨が降っていれば、一日かかる用事があれば諦めもつく。
でもね、暇になると、降ったり止んだりだと迷うんです。
釣りに行こうかどうしようか。



雨雲レーダー、これも梅雨時の釣りには便利ですね。
30分後には降るとか、雨の隙間を探すのにとか。
この日は後1時間くらいは降らない、みたい。

th_IMG_1415.jpg

3時に釣り場に到着しました。
降らない時間はどうやらあと30分ほど。
準備をしたらあと25分だ(笑)

th_IMG_1414.jpg

ピチッと小さい魚は反応してきますが
それなりのサイズの魚はなかなか・・・
最近のいつものパターン(笑)

th_IMG_1417.jpg

枝のオーバーハングの下を流した時にまずは一匹。
いいサイズではないけどそれまで反応してきたチビちゃん達よりはだいぶマシです。
そうこうしているうちに雨が降ってきました。

th_IMG_1422.jpg

みるみるうちに辺りは真っ白、
木の下でしばらく雨やどりしているうちに小降りになってきました。
脱渓点まであと少し。
釣りながら行こう、と瀬にフライを落とすと8寸ほどのアマゴが出ました。

th_IMG_1431.jpg

写真を、と思いましたが歩けるのは川の中だけの
岸辺の砂地なんかない葦の中。
やっと見つけた場所で写真を撮る準備をしているうちに逃げてしまいました。

しかし釣り終わって片付けると見えてくる青空。
何だろうね、そんなに悪い行いもしていないはずなんだけどな(笑)
きっとボク以外の、同じ時間帯に
この辺りで釣りをしていた別の人の行いが悪かったんだろう(爆)

チラッと見えるのは何色がいいだろう、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  





下ろすのは筆だったか、それとも竿だっけ?

梅雨入りして十日ほど。
毎年感じるのですが平日天気が良くて
週末のたびに雨が降るのはなんでだろう・・・



先日購入したセージ ダート。
公私の公の方はともかく私の方がとんでもなく忙しい今年。
なんとか無理やりにでも時間を作らないと釣りになんていけません。
雨が降りそうだなんて言ってられないのです。

th_IMG_1372.jpg

濡らすのはともかく濡れるのは嫌いなので
降ってきたらすぐにやめられるように
近場の里川に行くことにしました。

th_IMG_1378.jpg

いつもこの時期に使う空気抵抗の大きめのフライを結びました。
まあ、悪くない。
ちゃんとターンするんだけど
イメージよりラインスピードが上がり竿がヒュンヒュン鳴ります。
そりゃそうだ、1番ラインだもん。
あっさりと巻いたフライに交換するとゆっくり振れるようになり超快適♪

th_IMG_1377.jpg

この川は先日、指サイズが爆釣した川です。
そんなはずはないので再チャレンジだったのですが
やっぱり反応するのは指サイズ(笑)
この竿一匹目の魚はチビちゃんになってしまった。
ボウズは嫌だから焦って合わせちゃう(爆)

th_IMG_1375.jpg

少しだけ流れの速い合流点にフライを入れると
ようやく納得できるサイズのアマゴが釣れました。
これで本当にひと安心。

th_IMG_1387.jpg

護岸のきわに岩があって流れが深くなっている場所。
キャストしたフライは沈みかけていますがそのまま流すと
ギラッと水中でそこそこの魚が翻りました。
フッキングしなかったその魚、
ゆらゆらと元いた場所へ戻ったような気がする。
そんな時、よくやる方法なのですが浮き方を変えるために
ドライシェイクをパラシュートのポストに塗りつけ、再度キャスト。
すると、出た!

th_IMG_1382.jpg

今度は完璧。
盛期のアマゴの引きをしっかり楽しみました。

th_IMG_1390.jpg

やわらかいロッドって魚が掛かると
竿が曲がって確かに楽しいんだけどボヨンボヨンするだけで
魚の引きイマイチがわかんないような気がします。
セージのダートは固い、ではなくシャープなので
フッキング後に竿に感覚を集中したらアマゴだったら
ローリングまで手に取るようにわかるんじゃないかなぁ。
キャスト能力はとにかくすごいの一言。
せっかく下ろしたふ・・・いや、竿。
もう少し使ってみないとね。

筆でも竿でも下ろせば気持ちいいから
どっちでもいいじゃないかと思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  

セージ ダート

とある日。
伊那のアングラーズパラダイスさんで
7半くらいの竿、何がいいですかねぇなんて話をしていたら
セージのパルスが入ってくるから触ってみたら?なんてオススメされました。

んー、セージかぁ。
硬くて扱いにくい印象が強いんだよなぁ。

th_th_IMG_1395.jpg

曲がらない、ラインが乗った感じがしない、
グリップが太くて長い。
今まで使ったことのあるセージの竿ってそんな感じ。
ただ、ちょっと借りて振ってみたサーカはちょっと違っていました。
スカスカした感じはあるもののすごく扱いやすかったのです。

th_IMG_1394.jpg

10年ほど前までは竿なんて折ったことありませんでした。
写真はこの10年ほどで折った竿一覧(爆)
特にティムコの竿は修理、というかトップピースの交換だけで
かなりの費用がかかりました。
セージは折っても手数料2500円で新品交換なのです。

ちょっと調べてみるとサーカの後継はダート。
ちなみにダートはあります?なんて聞いてみたところ
アンパラの店長の山本さんがボクの竿を振ってみて、なんて。

パルスとダート、持ってみただけで段違い。
知らないうちに口が勝手に
ダートを注文してくださいと言っていました(笑)
あの店の商品は触れてはいけない・・・(爆)



今回購入したロッドは7フィート6インチの1番、
試し振りした日は結構な風が吹いていたのに
全く問題なくまっすぐにラインが伸びていきました。
これだったら1番ロッドも使えるなぁ、と驚き
試し振りをさせていただいた1番のまま注文しました。

th_IMG_1361.jpg

シュリンクを外す瞬間、やっぱりこの時が一番ワクワクします。
竿から余計な覆い外してる使える、ボクのモノになったなぁと実感できます。
ラインはもちろんリバーピークライン。

th_IMG_1396.jpg

とりあえず空きリールにDT1Fを巻いて使うことにしますが
いつものお楽しみ、着せ替え人形ならぬ取り替えリール。

th_IMG_1362.jpg

この竿、51.4グラムしかありません。
リバーピーク サーカスは軽いとはいえ130g。
サイズ感はボクのイメージ通りですがちょっと重量バランスがボクには合わない。
このリールは違う竿に使いたいのです。

th_IMG_1363.jpg

オービスCFOⅢ、これもいい感じですが3番を巻いておきたい。
ちょっとリールシートの余りも気になります。

th_IMG_1364.jpg

ハーディフライウェイト、これはネジが余りすぎ。

アップロックシートってネジの余りの少なさもかっこよさの一つだと思うんです。
手持ちのリールだとちょっとボクのイメージに合わなくて・・・
リールをちょっと検討中です。

th_IMG_1392.jpg

グリップはやっぱり少し太いけど短くていい感じ。
これからメインロッドの一本として大活躍する予定です。

いくら薄くても竿には何も被せないのがいい、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!












プラグチェックとシリンダー内ベルハンマー注入

以前からやろうと思っていましたが
なかなか時間が取れずに後回しになっていたプラグチェック。
釣りに行けないタイミングでささっと済ませることにしました。

th_IMG_1294.jpg

ウォブルエクステンションを使うと簡単です。
スーパーカブは全く問題なし。



今回プラグチェックとともに試してみたかったのが
スズキ機工のベルハンマーをシリンダー内に噴射してみる実験。
すごくいい、と言う噂とイマイチ、と言う人がいるので
自分で試してみたかったのです。

th_IMG_1292.jpg

プラグホールにシューっとひと吹き。
で、数回キックスターターを手で動かしなじませます。

th_IMG_1293.jpg

ボクのカブはデラックスだからセル回してもいいんだけどね(笑)
プラグを復旧してエンジンをかけ、試乗。
低回転では少し静かになったかな、程度であまり変化を感じませんが
3速、高回転でどこまでも伸びていく感覚。
しばらくすると馴れちゃう程度の変化ですがこれはいいね。

さて、ジムニー。

th_IMG_1295.jpg

デンソーのイリジウムタフ、寿命は10万kmとのことです。
かなりの距離数を乗っていますが全く問題ありません。
無鉛ガソリンの今、4stのプラグの焼け具合は白で正解です。

さて、ベルハンマーを、と思ったのですがスプレーのノズルが届きません。
延長することにしました。

th_IMG_1296.jpg

ベルハンマーのノズルは金属ノズル。
これにパーツクリーナなどに付いている
プラノズルを付けたいのですが少し穴が狭いのです。
濡らしても入らないので1.5mmのドリルで拡張します。

th_IMG_1297.jpg

これだけ長くなればプラグホールまで十分に届きます。
こちらもシューっと1気筒に2秒くらいずつスプレーし
プラグをつけずにクランキング、そして復旧、試乗。

th_IMG_1298.jpg

アイドリング時の音は超静かになりました。
しかし期待した高回転時の変化を感じられません。
んー、ジムニーの場合ターボで無理やり空気を押し込んでいるし
走行抵抗も大きいから変化を感じにくいのかな。
と思っていたのですが燃料が減らない(笑)
想像以上にアクセルを踏む量が減っていたようです。
気が向いたときや遠出の前にまた再施工することにします。

筒の中の抵抗は大きい時がいい時もある、と思う方はクリック
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

















小さくても反応がいいネ

ちょっとしたことでびしょ濡れになってしまう梅雨の時期がやってきました。



渓流釣りには一番いい時期なのですが
例年週末が忙しくなかなか釣りに行く時間が取れません。
今年のこの時期は特に忙しくこの日もやっと出かけたのが3時半、
しかももうすぐ川というところで
ウェーディングシューズを忘れたことに気がつきました。

th_IMG_1344.jpg

川についたのが4時半。
小雨でしたが降っていた雨も上がりいい感じです。
ライズがあり、ちょっと狙ってみるとチビちゃんからの反応がありました。

th_IMG_1346.jpg

一応合わせてはみましたがあまりにも小さく乗りません。
まあ、反応があるということはいいこと。
そのうちいい魚が出るだろうと思っていました。
直後そこそこのサイズの魚が出ましたが乗らず・・・
今思えばこの日のハイライトはここでした。

th_IMG_1345.jpg

しかしそこから爆釣、このサイズが(笑)
合わせなくても乗ってきてしまいます。

th_IMG_1349.jpg

途中からニンフに変えてみたり
大きなフライに交換したりしてみますが
釣れる魚のサイズは変わりません。
それでもこれだけ魚がいれば来シーズンが楽しみです。

th_IMG_1350.jpg

6時頃に終了としましたがその頃に雨が本降りとなり
男の子なのに予想以上に濡れてしまいました。

ところで・・・

th_IMG_1325.jpg

「バックで注射してください。」と脳内変換してしまった方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!










コールマン 2wayキャプテンチェア

「毎週のようにパパの荷物が届く!
何をそんなに買っているの?」
そんなことを言われるのはボクだけではないはず。



まあね、確かに買っているものも多いけど
今回は某社のポイントを”仕方がないから”有効利用したのです。
そんな訳でコールマン2wayキャプテンチェアが届きました。

th_IMG_1145.jpg

5年ほどロゴスのミッキーマウスワイドバケットチェアをメインで使っていました。
これも包まれるような感覚が気持ちが良かったのですが
少し痛んできていてその影響なのか太ももに当たる部分だけが張ってしまい
お尻だけが沈み太ももに食い込むようになってしまいました。

th_IMG_1146.jpg

これは引退させることにして早速開梱。

th_IMG_1149.jpg

ほぼクルマで移動するときしか使わないので
重たいのはともかく収納時のサイズが20cm×20cm×66cmと太くて短い。
ジムニーだと縦に置くか横に置くか悩むサイズでした。

th_IMG_1150.jpg

さて、2ウェイのまず一つ、座面が低いバージョン。
低くしてゆっくりと焚き火を弄りながら
ゆったりと過すにはいい高さですね。

th_IMG_1151.jpg

そしてテーブルで食事するのにいい座面の高さ。
手触りのいい木製のアームレストがいい感じです。
この高さ、座面の硬さ、そしてアームレストが立ち上がる時に楽なんです。
椅子って結構大事。
座っていて楽な椅子は疲れないもん。

th_IMG_1155.jpg

背もたれにはちょっとした小物や収納袋を入れておけるポケットがついています。
これ、結構便利でボクはスマホなど
よく使うけどテーブルに出しておきたくないものを入れています。

キャンプのときだけでなく娘の通う学校では観戦は椅子だし
海に持って行ったり自宅でBBQをする時に出したり。
フォールディングチェアは結構使う機会があります。
ポイント併用で、勢いで、でしたがいい買い物ができました。

ぶら下げるんだったら長くて太い方がいいなと思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!











ある程度の減水は好きなんだけどな

例年この時期になると釣行回数が減ってしまいます。
子供の運動会やPTA行事、そして家族サービスなどの予定が毎週目白押し。
こればっかりは仕方がありません。

th_IMG_1301.jpg

この時期に釣りに行っている回数が多い年を見てみると
用事を済ませた昼過ぎに出かけていることが多い。
この日も家を出たのが2時過ぎでした。

th_IMG_1303.jpg

出来るだけ川までの距離が近いところがいい。
5月の連休に行った相性の良くない川へ行ってみることにしました。
渓相もよく水量も多いので悪くないはず、なのですがまたも敗北・・・

移動しないつもりでしたが30分ほどでその上流へと移動しました。
この川はもっと上流は釣ったことがあるのですがここは初めて。

th_IMG_1306.jpg

この日のタックルは8ft#3です。
基本その川がダメでも移動しない主義なので
控えのタックルを持ってくることはまずありません。

th_IMG_1316.jpg

ちょっと厳しいけど釣りにならないほどの狭さではありません。
釣りにはなる、のですがまた反応がない。
ここも30分ほどで移動し結局いつもの実績のある区間へと行きました。

th_IMG_1307.jpg

ここも8ftでは少し長いんだけど
さっきの川よりは開けていてマシ、なのですが
普段より3割ほど水が少ないのです。
ボクは少し減水気味の方が釣りやすくて好きなのですが
これはちょっとさすがに減り過ぎじゃない?

th_IMG_1308.jpg

釣り始めて20分くらいした頃にすごく神経質な感じで出た
まだサビの残るアマゴをなんとか釣りましたが
その後はピチ!とか合わせられない、
合わせてもきっと飛んでくるような魚が数度出ただけ。
危なかった(笑)

もしかして今までの2河川も水が少なくて反応が良くなかった?
状況が良くない時に水系を変えるのがセオリーだと思いますが
探釣の時はこうして同じ水系を釣ってみると
もしかしてこうだったのかも、っていう予想が立てやすくなってイイかも。
まあ、失敗の理由を増やすだけです(爆)

水が少なければ足す派だという方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!













プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック