FC2ブログ

筆・・・いや竿おろし釣行

竿を買いました。
購入したのはダグラス アップストリーム8.3ft♯3 4pc。 
お世話になったのは伊那のアングラーズパラダイスさんです。
1年ほど前に何の気なしについ触ってしまったがために
欲しくなってしまったのです。



竿のインプレッションはまた改めて書くとして
購入したその足で川へと向かいました。
ホントはこの川に入りたかったのですが
なんとこの周辺のみ強風、本降り・・・

IMG_9038.jpg

スマホで雨雲を見てみると反対側の山はまだ降っていないみたい。
山を下りると確かに降っていない、
そしてその反対側の山の川は風も気になるほどではありませんでした。

IMG_9060.jpg

前日まで夏日でこの日は気温がかなり下がりました。
それでも雪の中で釣っていた頃に比べたら天国です。
今年の春の信州の川は全体的に水が多いのですが
この日もかなり多め。

IMG_9061.jpg

リーダーは少し短いかなと思いましたが9フィート、ティペットは矢引。
フライはもちろんドライ、エルクヘアカディスです。
五投目ほどで一発出ましたがスカ、まあ小さいしいいか(笑)
その後しばらくして入魂のアマゴを無事釣ることが出来ました。

IMG_9047.jpg

魚はすごくいいところにいるわけではなく
まだ淵の、比較的春先に着くような場所についています。
前日のような夏日だったらもしかしたら瀬の流れのはやい場所に出ていたのかもなぁ。

IMG_9056.jpg

淵のゆったりとした流れの場所を流すと
そこそこのサイズの魚が出ましたがフッキングミス、
アマゴ中心の場所なのでもう出ないだろうな、と思いましたが
違う魚がいるかもと同じ場所を数回流すとイワナが出てくれました。

IMG_9067.jpg

イワナだったらきっと同じ魚・・・(笑)
7寸以上の魚はこのイワナを含めて3匹のみ、
しかしこのサイズの魚はたくさん釣れます。

IMG_9063.jpg

小さいってわかっていても手が動いちゃうんだよね、ついフッキングしちゃう。
そしてこの竿、なかなか面白い竿でこのサイズでも結構引きを楽しめます。
まあもう少し使ってみないとダメだね。

IMG_9070.jpg

帰り道で少しだけタラの芽を。
今回量も少ないし収穫したのがタラの芽だけだったので
お好み焼き粉を水に溶いてフライパンを斜めにして天ぷらにしました。
なかなかいい感じでカラっと美味しく揚がりましたよ。

さて、ゴールデンウィーク突入です。
ボクはこの竿を使い倒してみることにします。
皆さんもよい釣りを。

竿なのか筆なのかどっちでもいいけど早く出てよかったね、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

 





二回戦は粉も出ないのだ

一年で一番気持ちのいい時期がやってきました。
山は茶色から萌黄色に変わり生命力にあふれ
ところどころに山桜の薄い桃色、
山梨の白い花がポツポツとちりばめられています。

IMG_9024.jpg

まあ、今年は場所によっては桜も梅も、花桃もみんな咲いているんだけどネ。
そして風に乗ってやってくる花の匂い・・・



そんな日にクルマで出かけちゃなんだかもったいない。
人類というものは男女問わず気持ちがいいのが好きで
またがるのも好きなのです。

IMG_9033.jpg

自宅ですべての準備を済ませて我が家から数十分の
ボクの渓流釣りの原点の川へ向かいました。
途中バイクにまたがるボクのほほを撫でる風の気持ちのいいこと!

IMG_8999.jpg

水位は少し多めで気温は25℃ほど、水温も14℃くらい。
この時期にしては少し暑いくらいですが
水に浸かって木陰に入れば快適な陽気です。

IMG_9020.jpg

一匹目の魚が出るまでいつでも不安なものです。
それが早いのか遅いのか、そしてその魚がどこにいるのか。
特にボクのように一日釣りしないものにとっては
早くその瞬間が来てほしいといつも願います。

IMG_9006.jpg

里の桜さえ散ればその瞬間はあっという間に来ることが多いのです。
小さいながらもこの日も比較的早く魚を手にすることが出来ました。

RIMG2969.jpg

今期、今まであまり感じなかったムシの気配がムンムンとしています。
こうしてブログを何年も書いているとこれが釣行メモ代わりになっていて
去年も今頃このくらいの気候の頃に同じようにムシの気配を感じていたようです。

IMG_9026.jpg

去年とは違うこと、今年はたくさん魚が出る!
今期初のイワナも顔を出してくれました。
ちょっとかわいいけど(笑)

RIMG2970.jpg

本当は少ーしだけ歩いて3時間コースへ入ろうと思っていました。
杣道とはいえかなりの急坂を登ったところで忘れ物に気が付きUターン。
もういいや、バイクを止めたところからで、となりました。

RIMG21971.jpg

急な坂なんて登らなくてもよかった。
7寸程度まででしたが1時間ほどでつ抜け、たくさん出ました。

RIMG2977.jpg

この渓は脱渓点が限られていてここで抜けないと次の脱渓点は3時間先。
時間はまだ3時ほどと早いしもう少し大きいのも釣りたい。
下流へ、いやとなりの川へ行ってみよう。

RIMG2980.jpg

規模は半分ほどの川ですが低い山を挟んだだけの同じ水系。
ここで、いやあそこでは・・・と思いフライを流しますが全く反応がありません。
そう、二回戦と思ったのですが何にも出なかったのです。

昔は・・・と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!








ジムニーJA11 サンバイザー垂れさがり対策

天井が垂れたりサンバイザーが垂れてきたり・・・

IMG_8943.jpg

生産されてから年数が経つと
いろんなところが重力に負けるのは仕方がないことなのですが
クルマの場合それが危なかったりうっとおしく感じたりするのです。

サンバイザーの垂れにはここ数年悩まされてきました。
中古を買っても同じことが起きるだろうし新品を買うほどのことはない。
垂れてくるたびに手で押し戻しドライブ。
結構イライラするんですよね。

ダイソーでちょっと買い物をしていた時の事。
ネオジム磁石がひとつ100円・・・
これだ!

IMG_8933.jpg

バイザーに埋め込んでみましたが磁力が弱まって保持力がイマイチ。
外に出してクリップで留めてみるとこれが快適でした。

IMG_8932.jpg

素晴らしい、まったく動かない。
これでストレスなく渓へ向かう道も林道も走ることが出来ます。

重力に負けそうなのを持ち上げるのもまた・・・と思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  










SIMMS ヘッドウォーターウェーダー

去年の夏に購入したSIMMS FSウェーダー
お手頃で足さばきもよく快適なウェーダーでした。
夏の間は汗をかくので気が付かなかったのですが
汗をかかないはずの冬場に左足の靴下の小指側だけ
じっとりと濡れてくる気がしました。
気のせいかと思いましたが春先の釣りで毎回左足だけ冷たい。
これはうわさに聞くシーム不良だ、きっと。



検証の結果交換していただけるとのことだったので
そのタイミングで追い金をして
ヘッドウォーターにアップグレードしていただきました。

IMG_8806.jpg

FSとヘッドウォーターとの大きな違いは
素材が東レのクワドララムかゴアテックスか。
ちょっとだけ薄くて動きやすく、かなり涼しいのが値段の差。

IMG_8808.jpg

FSは暑いけど我慢できない暑さではありません。
しかし気温が高くなってくるとその差は顕著で
ヘッドウォーターのベルトより上は快適そのもの。
春先の今はまだ少し寒いくらい(笑)

たたむとFSより小さくなる、これはバックパックにパッキングして
川に出かける方にとっては利点ですね。
おそらく仕舞寸法はシムスのウェーダーの中で一番ではないでしょうか?

それからヘッドウォーターの方が少し細身かもしれません。

IMG_8807.jpg

ハンドウォーマーはFSの方が暖かくていい、と思ったのですが
フリース付きのものは転んで濡れるときっとなかなか乾かない。
いつまでも濡れているとお腹が冷えちゃわないかなぁ。
お腹が冷えるとベスト脱いでベルト取ってサスペンダー外してさらに・・・
想像するだけで恐怖だ(笑)

IMG_8818.jpg

胸元のポケットにはそれほど差がありませんが
小物を吊り下げておけるベルトが付いています。
GORE-TEXのレターが入っている場所はベルクロのメスが付いているので
純正のフライパッチを取り付けることが出来ます。
ベストでもそうなんだけどフライパッチを取り付けない方は
大きなジャンピングトラウトなどにしておいてほしいんだよな。
SIMMSのロゴばっかりでくどくなっちゃう(笑)
別売りでベルクロ付きのジャンピングトラウトのワッペンがあってもいいですね。
胸元のポケットにティペット入れてクリッパーを吊り下げたら
ベスト着なくてもウェーダーだけでちょっとした釣りはできそうです。

G3は履いたことないけどやっぱりウェーダーは値段が高くなるとよくなりますネ。
機能面でも充実しますがゴアテックスになることで一番変化したのは涼しさでした。
新品で2種類のウェーダーを履き比べることなんて普通はできません。
機会をくださったマーヴェリックさん、
そして伊那のアングラーズパラダイスさんに感謝します。

3本目の足用のウェーダーの漏れは致命的、と落ちを読んだ方はクリック(笑)
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  







桜咲く

先日にしきたトレーディングさんのDT0Fをおろしてきました。
その時の川の状況は、というと・・・



とってもよかった♪
桜が咲いているときは苦労することが多いのですが
今年は4月に入ってから平年よりすごく暖かく、
季節の進みが早いためかすごく良かったのです。

RIMG2936.jpg

おっと、この方たちも桜が咲いたみたい・・・

RIMG2947.jpg

気温15度、水温7度、微風晴れ。
雪シロの影響か水位は少しだけ平水より高く若干の濁りが入っていましたが
春のコンディションとしては最高です。

RIMG2939.jpg

最初の一匹はすぐに。

RIMG2940.jpg

次の一匹も、その次もじゃんじゃんフライに出ます。。
こんなにいい釣りができたのはいつ以来だろう・・・

RIMG2943.jpg

とある一跨ぎで越せる堰堤。
いつもは帰りがけ、ちょっと暗くなるころに
最後の一匹狙いで釣りをすることが多いのですが
この日はフラッとそのままの流れで釣ってみるとあっけなくフライに出ました。
そこそこいいサイズですが引きを楽しみランディング。
写真を撮るため流れが緩やかな場所に移動する途中で
ネットの中で口元から外れるフライ・・・
皮一枚だったみたい。

IMG_8964.jpg

9寸弱のこの魚を筆頭に今年初のつ抜け、
反応だけだったら倍はあったでしょう
バラしまくった(笑)

IMG_8976.jpg

桜が咲いているときにこんなの調子が良かったのが初めてなので
ただ単に川の状況が良かっただけなのか
普段反応のない場所からも反応があったので
ラインのおかげもあったのかはわからないのですがいい釣りができました。

ムシがうらやましく思えた方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  










RIVER PEAK DT0F これすごいよ!

まず初めに・・・
このライン、細いけど、軽いけどちゃんと振れます!

当ブログの公式スポンサー、にしきたトレーディングさんより
ちょっと特殊なライン、DT0Fを送っていただきました。

IMG_8937.jpg



箱から出してラインの細さを確認してびっくりしました。
普段使っているDT3Fの半分ほどの細さ。

IMG_8938.jpg

リーダーのバット部とほとんど変わりません。
ラインとリーダーはいつもはネイルノットなどで接続するのですが
フライラインが細い分、接続部が大きくなり
扱いにくそうなのでスプライスにしました。
というよりラインが細すぎて結べない・・・(笑)

IMG_8954.jpg

細ければ水はがれが良くなり
メンディングがしやすく、ドラグが掛かりにくい。
そして水面へのインパクトが段違いに少ない。
その引きかえにある程度キャストはしにくいはず・・・
まあ使ってみよう!

IMG_8973.jpg

手持ちの一番柔らかい竿、
アキスコ エアーライトストリーム6.9ft #3の10本継ぎにセットして
軽く振ってみると普通に振れます(笑)
リーダーキャストもまあ、普通に。
なんとラインが竿に乗っている感じもちゃんとあります。
微風くらいだったら問題ありません。
なんだか拍子抜けです(爆)
#3のラインを乗せている時と全く同じかというとそれは違って
自分でもよくわからないのですが軽く手首を使うとか
ロッドを止める意識を強くしていたり
竿の初速を早くしていたりしていたんだと思います。

IMG_8960.jpg

さて、釣ってみると魚の反応が圧倒的に多いのです。
反応が多いだけじゃなくて出方が自然、
まるでムシにライズするときのように魚がフライに出るのです。

ドラグが掛かりにくい、これは体感できます。
ライン先端がリーダーのバットと同じ太さだもん、
そりゃドラグ掛かんないよね。
驚いたのはリーダーキャストでも同じように魚の反応が良いこと。
これは垂れさがったラインの重量がフライを引っ張らないためだと思います。

IMG_8964.jpg

ドラグを回避するためフライライン先端あたりを
水面に突き刺すようにキャストすると#3だと水面を荒らすのがわかるのに
#0だとラインが水面にふんわりと、クシャっと浮かぶイメージ。
キャストしたとたんに魚が散るってのも少なくなるんじゃないかな。

田舎のほとんどフライフィッシャーの入らない川でこれだけ体感できるんだもん。
超人気河川だったら・・・えらいことだと思います(笑)
税込み2800円ほど、
キャストできるか試しに買ってみるってのもいいと思います。
RIOから#0、いや#000なんていうラインも出てきますが
値段はその1/3ほどです。
キャストさえできれば#0は大きな「武器」です。

購入はこちら、にしきたトレーディングさんよりどうぞ。

細いのが好きな人もいると知っている方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  









手前?それとも奥がいいの?

ブログは基本個人の日記のようなもの。
釣れない釣行記も記録として残していこうと思っているのですが
アタリもかすりもしないと何を書いていいのかわからなくなってくるのです。



釣れているときは次から次へとあふれ出てくる、
皆さんが読んでも面白いだろうなと思う文章・・・
釣れてないときなんて下ネタすら出てこない。

RIMG2904.jpg

ん?
そんなことないって?
あれは皆さんの脳内でボクの意図と違った変換が行われているのです。

RIMG2885.jpg

さて。
里川に釣りに行ってきました(笑)
これがね、また釣れなかった、かすりもしなかったって言うブログを
書かなきゃいけないな、と思うような天候(泣)
昼過ぎに家を出るときは穏やかだった空に
一気に雲が広がり始め強風が吹き始める。

RIMG2896.jpg

いつものようにボウズ時のブログに使う花の写真を撮りながら数百メートル。
一度魚の影らしきものを見かけますが
そこは状況が悪くても必ず魚が出る場所・・・
そうこうしているうちに雨が降り始めました。

RIMG2892.jpg

もうダメだな、と思い一度クルマに戻り
ウェーダーを脱ぐと風が収まりました。
時間はまだ3時半。
釣らないまでも今季初めて来たこの川、
ちょっと上流の様子を見に行ってみよう。

RIMG2916.jpg

まあね、川を見たら釣ってみたくなるじゃん。
せっかく脱いだウェーダーを履きもう一度竿を継ぎ再入渓。
倒木が増えるか減るかで
あとは何年も川の雰囲気が変わらないなぁ、と思いつつ
十数メートル進むとドライフライにあっさりと、バシッと出ました。

RIMG2912.jpg

いや、バシッとはちょっと言いすぎ、ピチャっとくらいかな。
それでもうれしい一匹です。
だってさ、どれだけ長い間ボウズだった?

RIMG2920.jpg

手のひらサイズを数匹釣ったころにようやくサイズアップ。
7寸ほどでしたがまあ竿を曲げてくれるサイズです。

RIMG2933.jpg

水温は7℃、気温15℃。
風が吹いていた下流ではきっとボウズと思い気温計すら見ないという・・・(笑)
里川にいたころはどうなることかと思いましたが
上流に入って小一時間で8匹、サイズはともかく大釣りになりました。

RIMG2930.jpg

季節的に里川の方がよさそうなのに
上流側がいいなんてイマイチよくわかんないんです。
上流側はともかく下流の里川なんてボクぐらいしか入らない場所。
みんながルールさえ守っていれば抜かれていることも考えられないし。
日によって、時間によって、状況によっては
入り口が良かったり奥が良かったりするんだろうなと納得しておこう。

抜かれ過ぎると出ないのは釣りも一緒と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  









タイミングもよくないんだよなぁ

今年の春は釣れない。
川選びもよくないんだろうど特にタイミングが良くありません。
良かったのは一度だけ、あとは寒かったり水位が一気に上がった後だったり。
まあ言い訳なんだけどネ(笑)



この日は後輩のT君と。
彼はこの釣行の後、半年間も長野県を離れ今年の渓流シーズンを
棒に振るというかわいそうな目に合うことになっています。

RIMG2880.jpg

この川へT君が行くのは初めて。
今後、来年以降に一人でも、T君が彼の友達とでも行けるようにと
下調べ半分の釣行ということになりました。

RIMG2863.jpg

この川のこの時期、ボク今までいい思いをしたことがありません。
そして何よりよくないのは数日間暑いくらいだった陽気が
この日のみ一気に10℃近く気温が下がったこと。

RIMG2870.jpg

水温は5度、気温10度ほどなのは仕方がない。
良くない予想は覚悟の上で突入です。

RIMG2878.jpg

覚悟はしていました。
そして彼にも今日は苦労するよ、
釣れないよと言っておきましたがその予感は的中しました。

RIMG2874.jpg

彼のルアーを追う魚もいないしボクのマーカーもピクリとも動かない。
まあいいじゃん、T君が川を知ることが今回の一番の目的。
でも今年は・・・
かわいそうで涙が出る(笑)

RIMG2883.jpg

この雪がなくなって山が緑になればまたチャンスがある。
T君、この半年の間にも時々長野に帰っておいで。
いい時にまた一緒に行こうな!

タイミングだけに頼ると大変なことになると知っている方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!













プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック