FC2ブログ

ミニベロペダル MKS(三ヶ島) プロムナード

先日手に入れたジャイアント イディオム1。
試乗してみるとちょっとペダルが重たく感じました。
このくらいのオーバーホールはおてのもの。
分解し、組み立ててみますが内側の玉押しのナットを押さえられない。
外側のナットを締めていくと「とも回り」して内側も締まってしまいます。
ネットで調べてみると専用工具が必要みたい・・・
薄い板を隙間に入れて玉押しを押さえて締めましたが
ちゃんとトルクがかかっているかわからないし
乗っている間にペダルが外れたら最悪。



しかもこの純正のペダルには地味に裏表があるらしくて
この向きの表で漕ぐ時は快適なのですが
裏向きになると足の裏に変な違和感があります。
もういいや、交換しちゃえ!

th_IMG_3282.jpg

注文したのはMKS プロムナード。
日本製でネットでの口コミではとっても評判の良いペダルです。

th_IMG_3286.jpg

色は金、と言うかチタンカラーにしたのですが
他の色より少しお安かったためw
自転車自体のペイントとも色が合うし。

th_IMG_3287.jpg

もちろんペダルには左右があって
左ペダルは逆ネジ。
外す時は特に気をつけなければいけません。

th_IMG_32184.jpg

専用のスパナかガタのない薄手のモンキーを使うと失敗しません。
先日買った工具がこんなところで役に立つとは・・・

th_IMG_3288.jpg

チャチャッと交換、試乗。
裏表がないのでこぎはじめの違和感がなくなり快適です。
ペダルがちょっと小さいのでなんだか頼りない感じがしましたが
普通にしっかり力が掛かります。
そして流石に新品、すごくよく回るw
だからと言って楽になるってほどじゃないけどwww
ペダルはなんでも良かったので純正でもよかったのですが
色も変わりちょっとしたカスタムになりました。

自分好みに染まっていってくれたら最高、と思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  







lovell(ラベル)カスク

例えば釣り帰りの林道で自転車を乗る時。
特にボクのBMXはリアブレーキしかないこともあり
ダートでハイサイド気味になりヒヤッとすることがありました。

今回手に入れたミニベロ、イディオム1は
プラプラとゆっくり街を乗る分にはいいのですが
調子に乗ってスピードを出した時に細いタイヤが道路の溝などにはまると
転ぶ寸前まではいかないもののやはり怖い思いをしました。

やっぱりいるか、ヘルメット。



本気印のヘルメットはこの自転車にはボクのイメージじゃない。
ロードバイクにはかっこいいと思うんだけどね。
で、写真のカスクにしました。

th_IMG_3301.jpg

まるでガキデカの帽子のようなこのカスク。
カスクと言っても昔のカスクと違いしっかりとしています。
手のひらでギュッと押し縮めてもほとんど形は変わりません。

th_IMG_3304.jpg

サイズはLMSの3サイズですがボクが購入したのはMサイズ。
ある程度は後ろのベルクロで調整できます。
鉢回り58cmのボクはほぼピッタリ、いじらずにそのままでした。

th_IMG_3299.jpg

便利なのはこのバックル。
磁石内蔵で近づけるだけでパチンと締まります。

th_IMG_3300.jpg

外す時は横にずらすだけ。
外れにくくて他のバックルのように顎の肉を挟まない構造です。

th_IMG_3303.jpg

肌に触れる部分はこんな感じ。
柔らかく優しい肌触りです。

娘たちには自転車乗る時にはヘルメットをかぶりなさいって言ってるのに
親のボクがかぶらないのはやっぱりおかしいもんね。
自転車事故での頭部の損傷率が64%、ちょっとした街乗り、ポタリングでも
やっぱりかぶるのが安心ですね。

カメさんの頭のヘルメットもかぶるのが安心、と思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  
ああ、つい見栄を・・・w












熊除けスプレー ポリスマグナムB-609

渓流中心で釣りをするようになって20年近く。
その間にクマに会ったことは一度しかなく、
しかもかなり遠くにいるのを見かけただけ、というのが
ボクの自慢の一つです。

おそらくそれは長年愛用していて今は2代目となった
南部熊鈴のおかげということもあるのでしょうが
一番はきっと運がよかった、ということだと思います。

しかしその見かけた、たった一度だけのクマは
かなり里に近い場所で見かけました。
運に頼るだけじゃ怖くなってきたってことが一つ。

それから今年は少し遠征をしてみようと思っているのですが
そこは熊も多いらしい、ということが二つ目の理由。



長年の懸案であったクマ避けスプレーを購入しました。
購入したのはポリスマグナムB-609、
この厨二病っぽい名前もいいですがこれにした1番の理由はこの大きさ。

th_IMG_3146.jpg

大きい、というより一般的な熊除けスプレーの
カウンターアソールトと比べるとかなり小さいのです。
カウンターアソールトは230gに対し163gと軽く、
腰につけっぱなしにしてもかさばらず動きを妨げないだろうと思います。
そして値段は半分w

th_IMG_3137.jpg

ポケットに入れておくわけにもいかないので
ホルスターもセットで購入しました。
今、ボクのウェーダーのベルトはシムス純正ではなく
ホームセンターに売っている腰袋用の太めのものを使っています。
バックルに通すのも十分問題のないホルスターのベルトループです。

th_IMG_3135.jpg

カウンターアソールトが噴射時間7秒、噴射距離約9mに対し
ポリスマグナムは噴射時間連続2〜2.5秒、噴射距離約5mです。
しっかり引き寄せて、なんて書いてありますが度胸がいるなぁ。

th_IMG_3147.jpg

使用期限は3年以上と公式アナウンスされていますので
3年半以上の使用期限があれば問題ありません。
きっと遣う機会もなく5年位腰につけっぱなしになると思うけどそれでいいの。

th_IMG_3139.jpg

このタイラップも切る必要がないんじゃないか、とも思いますが
そういう訳にもいきません。
カットして腰ベルトに取り付け、フィールドへ。

th_IMG_3343.jpg

熊鈴に熊除けスプレー、ウェーディングスタッフ。
ベルトはどんどん重くなるけど
これでちょっとだけ安心して山の中に入っていくことができます。
使いたくないし使うような機会にも恵まれたくないけどね。

自分のマグナムはできたら使いたい、と思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  













メレル ジャングルモックとコロニル ナノプロ

秋から冬、そして春まではブーツがある。
でもオールシーズン履けるアウトドアなシューズがないなぁ。

th_IMG_2267.jpg

そんなふうに思って靴屋さんへ。
そしてメレルのジャングルモックを買いました。
カメレオンのローカットの黄色やオレンジもいいなと思っていましたが
そのお店には置いていませんでした。



モックシューズは好きな靴でナイキのエアモックを3足履き潰していますし
メレルのジャングルモックはこれで2足目です。
嫁さんいわく、いつも同じ靴ばかり買うって。
スニーカーもオールスターやニューバランスの574、
ナイキのナイロンコルテッツを何年かに一度、
同じ色を買い換えてるからそう思っても仕方がないか。
今回久しぶりにそのローテーションから外れましたw

ジャングルモックは脱ぎ履きは楽だし何と言っても履き心地が最高。

th_IMG_2264.jpg

スリップオンタイプなのになんでこんなにフィットするんだろう・・・
デニムでもカーゴパンツでも服を選ばないってのも最高。
今どきはゴアテックスを使った
ジャングルモックもありますがボクのは通常モデルです。
だからすごく評判のいいコロニル ナノプロで
汚れ防止とともに防水加工しておきます。

th_IMG_2272.jpg

小さなデコボコを作って水の設置面積を小さくして
水や汚れを染み込みにくくする、らしい。
防水スプレーは新品のうちに使っておくのがコツです。

th_IMG_2274.jpg

しっかりスプレーして乾かして、
ちょっと実験してみると、おお!すごい!!
水を弾く、とかそういう問題じゃないです。
これは水の中に入っても大丈夫なんじゃないかな。

今持っている靴の中で一番古いものが28年前のもの。
流石にそんなに長持ちするとは思っていませんが
これから長い間ボクの足を優しく包んでもらいたいと思っています。

3本目の足も優しく包んでもらいたいと思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!












ANHO No.100 ケロシンストーブ

訳あってここ数ヶ月で自宅にあるお蔵を片付けています。
旧家ではないのでほとんどがゴミになってしまい
古くていいものというのは出てこないのですが
見つけると嬉しい昭和の遺品がたまに出てきます。
ナイフのようなものとか、
鯉口シャツに使えそうな浴衣の生地とか昔の法被とか。



おお、これいいんじゃない?なんて思ったのがこれ、
ANHOのケロシンストーブです。
2バーナーでも出てくると良かったのに(爆)

th_IMG_5259.jpg

なんとすごいことに元箱付き。
売ったりしないから別になくてもいいんだけどねw

th_IMG_1273.jpg

ドイツ製と書いてあるけどきっと造られたのは西ドイツ。
歴史を感じます。
説明書は付いていなかったけどきっと使い方はマナスルなんかと一緒のはず。
まずはなんとなくで組み立ててみます。

th_IMG_1260.jpg

チェックバルブが少し怪しいのでリュブリカントを少し。
革製のポンプカップもオイルを馴染ませ少しだけポンピングします。
ん、いい感じ。

燃料、もちろん灯油を入れ圧力調整用のネジを緩めて
アルコールでしっかりプレヒートしてネジをしめ、ちょびっとポンピング。
そして点火。
おお、いい感じで青い火が出ます。

th_IMG_1266.jpg

20分ほどテスト燃焼して燃料を抜いて元箱にしまいました。
燃料が灯油というのはともかくシングルバーナーにしてはちょっと大きいのです。
また箱から出して組み立ててスベアの隣にでも飾っておこうかな。

たまには使わないといけないと思う道具が足の間にも、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!












プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック