FC2ブログ

ドライシェイクスプレーのノズル改造

もう何年も前に卒業したドライシェイクスプレー。



先日藪こぎのときに粉のドライシェイクなくしてしまいました。
次回の釣りのために急いで購入する必要があり
某大手釣具店へ行きスプレーをつい購入してしまいました。
シムスのここのポケット、便利だけどいつの間にか物がなくなりません?

IMG_9868.jpg

なんで便利なドライシェイクスプレーを卒業したのかというと
一番の理由はなんと言ってもムダになるその量。
シュッとスプレーすると必要な部分以外にも飛び散り
あっという間になくなってしまいます。
かうては朝からイブニングまで、となると
予備も含めベストの中に3本入っていたりして・・・(笑)

以前からノズルを改造するといい、ということは知っていましたが
注射針なんて買うのはともかく捨てるのに面倒なものを使うのも、ねぇ。
細いパイプ・・・
クルマに使うケミカルにたくさん付いてるじゃん!

IMG_9865.jpg

最近はワコーズのメンテルーブを使うのであまり使っていない
クレのグリススプレーのノズルのチューブ。
今回はこれを使います。

IMG_9866.jpg

ニッパーで軽く挟んでチューブをくるくる回すと
潰れずにきれいに切ることができます。
もしパイプカッターをご存知だったらそのイメージです。

IMG_9864.jpg

グリススプレーのチューブはスプレーのノズル部には流石にちょっと太くて
入り口を濡らしてみても入りません。
セットのドリルの刃の一番小さいもの、1.5mmかな?
それで穴を少しゆるくして差し込み瞬間接着剤で接着して完成。

確かにピンポイントに出るようになり
無駄にならなくて使いやすくなりました。
ドライシェイクスプレー、これはこれでいいけど
やっぱり粉のドライシェイクには粉の良さがあるなぁ。

白いのが無駄に飛び散るのも良し悪し、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  











riverpeak FREE STYLE#2/3

テスターを務めさせていただいているriverpeakさんより
ウェイトフォワードのニューライン、FREE STYLE#2/3が届きました。



かつて、15年くらい前でしょうか?
低番手のウェイトフォワードラインを試したことがあります。
当時サセックスから出ていたそのラインは1万円ほど。
最近では定番手のウェイトフォワードラインは珍しくありませんが
riverpeakさんのラインはその1/3ほど、すっかり安くなりました。

IMG_9495.jpg

このライン、安いだけではなく工夫されていて
ランニングラインは緑、テーパー部がピンク、
ベリーとその先は白に色分けされています。

IMG_9498.jpg

フライラインをリールに巻いてみると「ひやむぎ」のよう・・・
なんだかかわいい(笑)

IMG_9516.jpg

リールエンド側とティップにはループが付いています。
このままループトゥループでラインとリーダーをつないでおきました。

IMG_9504.jpg

色付けされた場所をどこに持ってくるかで#2にも#3になるという仕組み。
今回提供していただいたラインの場合ですと#2/3なので
色のついたところをティップから出すと#3、仕舞うと#2になります。

IMG_9507.jpg

ロッドに合わせていろいろ試してみると
キャストして気持ちがいい場所が見つかると思います。
このロッド、ダグラス アップストリーム8.3ft#3ですと
ボクの場合はピンクをしまってキャストした方が気持ちが良かったです。

IMG_9503.jpg

キャストして一番気持ちが良かったのがシングルハンドでの
ラインを折り畳みキャストするスカジット「風」のキャスト。
特に堰堤などでバックスペースが取れない場所で
そこそこロングキャストしないといけない状況では最強のラインだと思います。
そして先端に重量があるラインなので
繊細なショートキャストでも使いやすいラインだと思います。

7/20に今回紹介した#2/3、#3/4そして#4/5のみ先行発売、
以降の上位番手は来期以降の発売予定です。
購入はこちら、にしきたトレーディングさんよりどうぞ。

ビシッと飛ぶと気持ちがいいよね~と途中からずっと思っていた方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!


KEYST ギガドライ・コーティングパッド

テスターを務めさせていただいているリバーピークさんより
フロータント、コーティングパットが届きました。



このフロータント、届いて試しに家でハケで塗って
グラスに浮かべてみた時にはあまりいい印象ではなかったのですが
ちゃんとした使い方をしてみたところこれが激浮き!
180度印象が変わりました。

これ、ちゃんとした使い方をしたら長持ちするので追加購入なし、
このフロータント一本で3年くらいフライ、ティペットが浮きっぱなしです(笑)

送っていただいたのはギガドライという粘度の高い液体フロータントと

IMG_9411.jpg

コーティングパッド。

IMG_9410.jpg

この2つで1セットです。
これ、何故セットで送ってくれたんだろうと思ったのですが
セットじゃないとダメなのです。

IMG_9441.jpg

早速ベストの中に入れて渓へ持っていき試してみました。
付属の筆でまずはひと塗り。
この塗り方は家でテストした方法。
これだと渓流でも予想以上に早く沈んでしまいます。
家ではジャム瓶に入れ蓋をして振るまでもなく沈んでしまったのです。



本来の使い方を公式サイトの動画で見てみると・・・
なるほど、それでセットなのか!と。
片手で写真を撮るためこんなふうに写していますが
フックポイントは指で隠してください。
じゃないとフックポイントも浮きます(笑)

IMG_9426.jpg

たっぷりコーティングパッドに染み込ませてフライをしごくように塗ると
水を入れたジャム瓶にフライを入れてガンガン振っても浮き続けます。
流れる川なんて問題にならない・・・
おそらくハケで塗ると量が多いんだんと思います。

で、1週間ほどコーティングパッドに染み込ませたまま
ベストにぶら下げておいてありますが乾く様子がありません。
乾かない、ちょとしか使わない。
ということは恐ろしくコスパが良いんです。

このフロータントはベストなどに入れて持ち歩かないほうがいいと思います。
一度パッドにフロータントを染み込ませたら
かなりの釣行回数でも追加しなくても大丈夫。
そして川でフロータントの蓋を開け閉めして手についたり
フライに手で塗ったりして不用意に手にたくさんつくと
帰りの車でハンドルなどに付くとハンドルがキシキシした感じになります。

ご存知かもしれませんがこのフロータント、KEYSTというメーカーのものです。
riverpeakさんではこれまでほとんど扱いのなかったフロータント、
最高のものをとのことで取扱を始めた、とのことです。

フライにもティペットにもフライラインにも。
購入は下部リンク、にしきたトレーディングさんよりどうぞ。
ギガドライ(フロータント)
コーティングパッド

パッドにはいつも騙される、という方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
いやいや、これはセットじゃないとダメです(笑)




リバーピーク ティペットソーター

当ブログの公式スポンサー、にしきたトレーディングさんより
リバーピーク ティペットソーターを送っていただきました。



ティムコのティペットにはスプールからティペットがほつれないように
女性が髪の毛をまとめるヘアゴム、「パイルリング」が付いています。

IMG_9273.jpg

そしてマキシマのティペットにはもっとまとも(笑)なティペットソーターが。

IMG_93014.jpg

ティムコ型はティペットの先端がどこに行ったのか分からなくなるし
マキシマ型はなぜか必ず緩んできて
ティペットがソーターの中に入ったりビロビロと長く出ていたり・・・
両方とも無いよりは「マシ」な程度。

IMG_9268.jpg

ご存知の方も多いと思いますがボクはティペットとして銀鱗0.6号を愛用しています。
一番は一般的な普通のティペットの半額以下という値段、
そしてホームセンターにも売っている便利さです。
ホームセンターに置いてあるということは
家族の買い物の時にコソッとかごに忍ばせることが出来る(笑)
それはともかく銀鱗はコシがありボクの釣りのスタイルにぴったりだし
さすがは天下の東レ、強さは折り紙付きです。

IMG_9269.jpg

一番のネックは糸が勝手に出ないようにするには
スプールの糸留めに掛けなければいけないこと。
もちろんそんなことしていられないのでパイルリングをスプールに入れていました。
今回、このパイルリングをリバーピークさんのティペットソーターに交換したのですが
これがとっても都合がいいのです。

IMG_9271.jpg

写真の通りティペットが、いやハリスなのですが(笑)
スプールから立っているので取り出しやすい。
そして色付きの糸の取り出し口のおかげで
どこからティペットが出ているのか一目瞭然です。

IMG_9272.jpg

スプールに対して少し緩かったらこんな風に縛ってもいいし

IMG_9303.jpg

軽く縫い付けて調整しても。
4色セットなのでティペットの太さに応じて色を変えられます。
ティペットを取り出す立ち上がり部分が高い、ここがポイントです。
このティペットソーターは使いやすいですよ!
購入はこちら、にしきたトレーディングさんよりどうぞ。

縛るの言葉に敏感に反応してしまった方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  











フライリール型のメジャーが欲しいのだ!

欲しい物があったらすぐには買わずに
一度「欲しいものリスト」というメモに書き込んで
しばらく悩むことにしています。

しばらく前から欲しかったのがコレ。



なにかのついでに、例えばアマゾンで送料がかかる小物を買うときに
その送料をなくすために購入しようかと思っていました。
そもそも高いくせに年に何度かしか使わない(爆)ってのが割に合わない。

ふと思い出したのが以前、当ブログの公式スポンサーの
にしきたトレーディングさん送っていただいたフライリール型のキーホルダー。



しばらくは喜んで携帯なんかに付けていたけど
外してタイイングディスクの飾りになっていました。
眺めているうちにふと頭にアイディアが。
これって、もしかしてメジャーになる?

RIMG2983.jpg

百均の裁縫用品コーナーで早速メジャーを買ってきました。
合わせてみると微妙に幅が太い。
リールキーホルダーの幅が6mmほど、メジャーの幅が8mmほど。

RIMG2985.jpg

税込み108円、失敗してももう一個買ったらいいかと思える値段に
有無を言わさず幅を1mmほどカットします。
長さは渓流中心のボクには60㎝もあれば十分。

RIMG2986.jpg

スプールの軸には両面テープでちょろっと貼り付けただけ。
60㎝も出すことないしね。
巻き取れば完成。
簡単な工作ですがとってもいい感じのフライリール型のメジャーの完成です。
キーホルダーの購入はこちら、にしきたトレーディングさんよりどうぞ。

メジャーを使うのは検診の時だけ、と言う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  











プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック