FC2ブログ

年に一度くらいはアイツを釣りたいんだ!

そう、釣りたいのは上川のノボリ。

そろそろ釣れてはいるらしいのですがまともな雨が降らない諏訪地方、
しかし先日、期待していた川を濁らせ増水するほどの雨が降りました。
濁りが取れたころを狙っていつもの場所へ。



去年は何度か通いましたがなんと1匹のみ
おととしは1時間半で36cmを頭に2匹なんて日も。
そんなおととしは通っていた回数も多かったけど結構たくさん釣った年でした。

3時頃に川へ。
軽く流しながら上流へと向かいます。
そして実績のある瀬へと到着。
そこでコツっと何かがルアーに当たる感じがしました。
フックを確認してみると

CA391958.jpg

アイツだ・・・
危ないところでした(笑)

いや、釣りたいのはこの黒い「アイツ」ではなく、そう、銀色の「アイツ」
気を取り直して対岸ぎりぎり、とは言いませんが
割りと近く(笑)にキャストを繰り返します。

すると、もあっとしたアタリ・・・

CA391959.jpg

当たった瞬間にすぐ分かる黒いアイツ。
だからね、この「アイツ」じゃないんだってば!
でもこれがなかなかのファイターで久しぶりに釣るとなかなか面白い(笑)
ハンドランディング、フックを外しましたが年券を忘れたことに気づき・・・
小一時間で撤収しました。

あいつとララバイ・・・
懐かしい方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
シャコタンブギも好きだった方は明日もクリック。
実は湾岸ミッドナイトも、と言う方は毎日クリックの義務があります。

ボクは稲中、工業哀歌バレーボーイズも好きだったなぁ(笑)








またも豆アジ釣り

今回は嫁さん、娘たちのリクエストで上越へ行ってきました。
まあボクはどっちでもよかったんです(笑)



水族館に前回来たのは9月、まだ暑かった頃です。
諏訪湖のほとりはもうそろそろ寒くなってきましたが
さすがに標高760mほどから0mまで降りると暖かいですね。

CA391547.jpg

1ヵ月半で2回・・・
年間パスポートが2500円、後一回でパスポートにしておけば元がとれちゃう。
これは渓流の年券よりお得だ(笑)

CA391552.jpg

イルカショーを開催している夏も使えるとのこと。
水族館はボクも家族も好きだし次回行ったときには年間パスポート、買っちゃおうかな。
まあ、それだけじゃなくて口実にも(笑)
上越に行かないと水族館のパスポートがもったいないよ、なんて。
ここまで片道170km、もうちょっと近ければなぁ・・・

CA391553.jpg

本来の目的は水族館だったのですが乗り気だったのは嫁さん。
ボクが一人で娘二人を連れて行って釣りが出来ていることを聞き
手間が掛からないんだったら自分もたまには釣りたい、って思ったみたい。

娘たちはクルマのカーゴスペースで遊ぶのが好きらしく、
釣りをしている間、海にも近づかず2人で遊んでいます。
ボクらが作って遊んだダンボールの秘密基地の感覚なんだろうな。

釣具屋で買ったアミコマセ、お店のおじさんに
「半分解けた柔らかいヤツね」って言って買ったのにコチコチ(泣)
海水を入れて解かしますがなかなか柔らかくならない。
解かしている間にコマセまき用のスプーンの柄が折れちゃった。
電子レンジで解凍チンしろってぇの!

釣り始めますがなかなか渋い感じ。
回りも釣れていません。
なかなか釣れないので偵察に出かけると1組だけ釣れている人たちを発見。
その隣に入らせてもらいました。
でも釣れないんだよね。

置き竿で釣れているその人たち。
観察するとコマセかごは仕掛けの上にありしかもデカイ!
どうやらコマセをまく量だな、と気が付きますが
ボクのコマセかごは仕掛けの下専用、小さいのです。
では、とバケツから直接海へドバッと(笑)
そこから釣れ出しました。
こませスプーンが折れなければもっと楽だったのに。

CA391554.jpg

コマセが海に散って落ちていくのにあわせて仕掛けを下げる。
釣り方を教えると嫁さんは刺身にも出来そうな中アジを釣り上げご満悦。
数では僕に及ばないものの重量では間違いなく勝った、とおっしゃる。
そうだね、ボクが負けておいたほうが次も機嫌よく一緒に海に来られる、と言うものです。
ボウズを覚悟しましたが暗くなる寸前30分ほどで2人で15匹ほどでした。

スプーンが折れなければ、もっとコマセが早く解けていれば、
それよりもうちょっと時間があれば。。。
チョイ釣りながら渋いときは技術、道具の選択も重要なのですね。
せわしない釣りでしたが楽しく遊ぶことが出来ました。

CA391546.jpg

水族館にいたウグイ。
クリックしないと来期の渓流釣りはウグイ大釣りの年になります。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ
Everybody Tight Lines !
わかさぎを釣る方もクリックしないと
ウグイが掛かって仕掛けがくちゃくちゃになります。





海通い

小学校のお姉ちゃんと2歳になったばかりの娘二人と共に今週末も海へ。
嫁さんはこの日も休日。。。
そう、シーズンオフのポイント荒稼ぎなのです(笑)

朝早く出ようと思っていたのにこの日は市内一斉清掃の日。
そう、いわゆる出払い・・・って言うのボクらだけ?

バッカンを忘れたりして取りに戻ったりしながら
10時から高速に乗り海へ向かいました。



FM長野で釣り情報を教えてくださる本間釣具店
ボクら長野県民には一番名前が知られている新潟の釣具屋さんかもしれません。
豆アジ用のサビキの仕掛け、オキアミなどを購入し埠頭へ・・・

風が!
体を押すほどの強風なのです。
天気予報で風が強いことは分かっていましたがこれはなかなかの荒れ模様。
もちろん波も強いのです。

チビたちは・・・
お利口に遊んでくれています。
ではでは。

7年ほど前に購入したサビキ用の竿にサビキ仕掛けを付け、アジ狙い。
アタリなし・・・満を持してサヨリを狙います。

CA391509_20111017095737.jpg

強風、波立つ海面とアタリは取りにくいもののポツポツと釣れ続け、25匹ほど。
これ以上釣ると大変な目にあうのは前回で実証済みです。
隣の方にアジが掛かり始めています。
では、ボクも。

CA391510.jpg

同じ竿を使って釣るのですが、サヨリよりアジのほうが
アタリも明確で引きも強く楽しいですね。
わかさぎのように鈴なりを狙いますが、欲をかくと落ちちゃう(笑)
この日はサヨリは表層・近場、アジは少し遠め・底でした。

CA391513.jpg

サヨリ25匹、アジ20匹ほどの釣果です。
しかしアジの下処理はあっという間に終わるのにサヨリの下処理の面倒くさいこと!
サヨリはこれだけを処理するのに1時間ほど掛かってしまった。
アジは南蛮漬けに、サヨリは一夜干しにして網焼きかな。

あわよくばテトラで穴釣り、アオリイカも、と思っていましたが
子供二人を見ながらですのでまったく出来ませんでした。
アオリイカ釣りなんて考えるような波、風ではありません。

CA391511.jpg

帰りに寄ったWEST上越店
ここは危険だ・・・
フライ用品は少ないもののアウトドア用品の品揃えが豊富。
展示の仕方もおしゃれだし。
普通の、いつも行く店だったら
「これは2台目、買い足すだけになるからいらない~」ってなるだけなのに
ここはボクの心の隙間を狙い撃ちするものが・・・
ボクのウチの近くに無くて良かった(笑)

こんなに円高なのにガソリンは何で安くならないんだろ、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
代理店を通すものに関しては円高の恩恵を受けていないんだよね。







久しぶりの渓流釣り

3連休の中日、久しぶりに渓流に行って来ました。

CA391506.jpg

時期が時期だけに産卵床に注意して歩いてきます。
なんとも久しぶりの渓歩き。
やっぱり川が好きなんだなぁ、って思い知らされます。
今回は竹竿を持っていきました。

CA3915050.jpg


竹の延べ竿を1mほどに切って、針はルアー用シングルフック、
エサは切ったドバミミズで道糸は3cm・・・
そう、狙うのはカジカ。

この川でフライフィッシングをしていた、6月頃だったでしょうか?
さて、虫はどんな感じかな・・・と、石をひっくり返してみたところ
その石の裏には黄色い卵がびっしり。
何の卵だろう、と調べてみたらカジカしか当てはまらないのです。
シーズン中も気に掛けてはいたのですが、アマゴを狙うのに忙しくて。
オフになったのでようやく調査に取り掛かりました。

CA391504.jpg

穴という穴にそぉっと竿を突っ込んでピクピクするのを待ちます。
おっと!(笑)まずいまずい。

1時間半ほどこうして過ごしてみますがピクリともしない。
そもそもこの川にカジカはいるのか?と言う疑問に変わり、嫌になっちゃった。
待つ釣りはイマイチ、釣れないとねぇ。

仕方がない、キノコだ、と山へ。

CA391509.jpg

今年はどのキノコも本当に不作なのです。
それでもこの日は今年一番たくさん採れました。
茶色いのから時計回りにジコウボウ(ハナイグチ)、
ハナビラタケ、ノボリリュウタケ、キシメジ。
香り、歯ごたえもよくおいしいハナビラタケはこのサイズが1個あれば満足、
ハナイグチはいいものばかり40本ほど、ノボリリュウタケも10本ほど。
キシメジが3本と寂しかったですが、ちょっと苦いこのキノコはボクしか食べません。

日が悪かったのか、本当にいないのか・・・
卵があったってことはいるって事だと思うし
この川の資料を見ても子供が捕まえた、とあります。
いるとは思うんだ。
また日を改めて、今度はエサをイクラにして再挑戦です。

このブログで穴釣りの話題は危険、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
カサゴでも釣りに行こうかな・・・

糸魚川 食堂新宿にそばを食べに行ってきました

いや、アオリイカ釣りに行ってきました(笑)

散々悩んだんです。
嫁さんが帰省したためプチ独身、せっかく勝手の出来る3日間。
先日の釣行で本命のアオリイカ丸ボウズ、このままでは、という気持ちと
遠いのに一人で行ってまたボウズでは、と。

朝早く起きたら行こう、と2時に就寝。
そりゃ起きれないよね。
8時におきてダラダラと朝食、でも悩む。

よし、やっぱり行こう!と思い立ったのが10時・・・遅すぎ。
まあ、昼飯でも食べてゆっくりと。
豊科まで高速、そこから大町白馬、小谷を抜け一路海へ。
小谷のトンネル、洞門区間はあまり好きではありませんが
この道、ボクの大好きな道なんです。
仁科三湖のあたりなど最高。
この時期、金木犀も香り、窓をあけて走ると気持ちいい!
途中、カメムシの香りが漂う場所数箇所・・・(笑)

リンク先上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常で紹介されていた
糸魚川市内の新宿食堂(リンク先はtakeさんのブログ当該記事)
諏訪湖の縁の我が家を出るときから心は決まっていました。
なんといってもアサツキ、これが食べてみたい。



昼過ぎに到着。

CA391493.jpg

もりそばを頼んで、ふとテーブルを見ると、これだな、アサツキ。
皮をむいてボリボリと食べると辛味と共に口に広がるネギの香り。
こんな食べ方をしたことがないのですが、これは旨い。
そばに合う味ですね。

さて、そばが運ばれてきました。

CA391494.jpg

盛りがよい、とtakeさんもおっしゃっていますが、さすがに。
そばって長野で注文すると10本ほど(ボクのイメージ 笑)が上品に並べられていて
昼ごはんに食べると3時頃にはお腹がすいてしまうんです。
ここのはそんなことなく、豪快、男らしい。
香りはそれほど感じませんが、腰も強く旨い。
アサツキとの相性も抜群でした。

いやいや、釣りに行ったんだった。

CA391495.jpg

某漁港、1時半。
長野新潟との県境までは風なんてそよとも吹いていなかったのに
糸魚川市内に入った途端に暴風、海もウサギさんが飛んでいます。
まいったなぁ・・・

港内、なんとなくエギを投げつつ堤防先端へ。
しばし投げ、タコジグをテクトロしながら戻る。
そして違う堤防へ。

CA391496.jpg

濃い墨跡もあって雰囲気抜群なんだけどなぁ。
PEラインが風で飛ばされエギが浮いてきちゃう。
これは、ダメだ。
4時前に終了。
そこでお会いした方は午前中は3杯釣った、と。
きっとその3杯が今年の日本海の最後のイカだったんだ!
はあ、マジで次はイソメとブラクリ、それからサビキにアミエビを持っていこう・・・

CA391502.jpg

清酒 謙信・・・
一部が電柱などで隠れると鎌首に見える、という蛇嫌いな方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!


プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック