振りたい竿

今年の初夏は水が多い!
冬の雪も多かったし天候が安定するはずの今の時期に雨が多すぎるのです。
そしてその雨の一発がデカい・・・



渇水した川にショボショボ降る雨だったら大歓迎なのですが
増水しているところにドカッと振るとさすがに、ネ。

IMG_9146.jpg

こうなると高原を流れる源流域しか釣りになるところがありません。
しかし気温まで乱高下すると竿を振るだけになってしまいます、この時期。

IMG_9152.jpg

水位の低いところを探しさまよい続け
ようやく平水よりちょっと多めくらいの川にたどり着きました。

IMG_9155.jpg

標高1500mほどのこの川の気温は12度、水温6度。
里の気温が25度近くになっていたこの数日間から考えると
桜の頃の季節に戻ったような感じです。

IMG_9147.jpg

使いたい竿、そう、先日gaseさんからいただいたこのソリッドグラスの5ftの竿。
にしきたトレーディングさんの#0ラインを乗せてみましたが振りにくく
少しラインを出してようやくラインがロッドに乗ってくる感じがあったので
数年間待機中だったフルーガープログレスにDT3Fを巻いてセット。

IMG_9149.jpg

前回は市販テーパーリーダーの9ftにティペット30㎝ほどで使っていましたが
あまりにも長すぎたので今回はハンドメイドのノッテッドドリーダー。
ティペット含めて9ftほどにしました。

IMG_9156.jpg

これでもまだ長い・・・
結局バットとティペットを30㎝切りつめシステム全長7ftほどにしました。
だだこれだけ竿が短いと竿先を上げてドラグを回避する方法が難しいので
キャストしてからのメンディングの嵐となるのですがこれが楽しい(笑)
ということはほら、オチが予想できるでしょ?

18 27 05

竿先は上げるだけじゃなくて振りまくらないと楽しくないと思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
釣果?
まあ、あれです。
「高原の渓へ竿の調子を見に行ってきました」でした(笑)

  




土佐の皆様、科野国洲羽へ

「太郎ちゃん 五月に行く予定やで~」
2か月ほど前に某SNSで高知のgaseさんから連絡がありました。
思えば4年前、仁淀川冬季アメゴ釣り場でお会いして以来。
そのgaseさんが諏訪にいらっしゃるんだもん、どんなことをしても会いに行かなきゃ。



同じく高知からいらっしゃったHさんと富士山のふもとからいらっしゃったSさん、
そして先日のキャンプでもご一緒した飯田のけばりさん。

とても賑やかな飲み会となりました。
さて明けて次の日。
しっかり寝たはずなのになぜかまだ酔っぱらってるような気がする・・・(笑)

RIMG3026.jpg

二日酔いでもやっぱり休みだったら川に立ちたいじゃん。
約束していた通りSさんと近所の川へ向かうことにしました。

RIMG3014.jpg

gaseさんから面白い竿を頂きました。
5ftほどのソリッドグラスで金属フェルール、グリップはシガーケースです。
超藪沢使用(笑)
「太郎ちゃん、フライフィッシングはキャストしてこそフライフィッシングやで~
這いつくばってでも投げなあかん」
とgaseはおっしゃっていました。
とりあえずにしきたトレーディングさんのDT0Fを。

IMG_9132.jpg

素振りの感じだと#0がいいかな思っていましたがこれがなかなか、なのです。
少しラインを出さないとラインがロッドにノッてこない。
ということはボクにとっては少しラインが軽い。
後日#3を試してみたらいい感じでした。

IMG_9133.jpg

この日はドライフライに出るもののなかなか乗らない日でした。
キャストに苦労していたのでニンフを使いませんでしたが
ニンフだったらもう少し結果が良かったかな。
何とか釣ったこの1匹のみ。

RIMG3018.jpg

キャストしてこそフライフィッシング、
この一言はいろいろと考えさせられました。
確かにその通りでキャストしないのもテクニックの一つではあるのですが
キャストしないとフライフィッシングではないのです。
それにしてもすごい武器を手に入れてしまった・・・

夜の飲み会だけだった皆さん、釣りをご一緒させていただいたSさん
皆さんお疲れさまでした。
gaseさん、釣り復活して今度は一緒に釣りしましょうね!

  








GWキャンプの釣り 2日分www

すごーく楽しみにしていたいつものGW中のキャンプ。
1日目、2日目は釣りに行ってきました。
2日分を一緒にするということは・・・(笑)
いや、(泣)だった。



いい天気の1日目。
いつもの渓へタケさん、ヤスさんとNOBUさんと向かいました。
沢割りをしてボクとヤスさんは下流へ。

RIMG2991.jpg

入渓してすぐはいい日になる予感があったんです。
ドライフライに出ないまでも
フライをスッと見に来る魚が数匹いたりして期待は高まりました。

RIMG2989.jpg

しかしその後は走る魚の気配すら感じませんでした。
すぐ上流を歩く釣り人2組がいたこともありますが、
朝のうちにドライに反応があったのでそのままドライを使ったのもよくなかった。
上流側に入ったNOBUさんはニンフで尺上一本につ抜け・・・

RIMG2993.jpg

キャンプの様子は後日書くとして2日目はmckeeさんと。
マッキー沢と呼ばれているという沢へ連れて行っていただきました。

RIMG3000.jpg

この方、いつも思うんだけど川どころか今回キャンプした場所あたりだったら
道路の水たまりの場所まで全部知っているぞ・・・(笑)

RIMG3002.jpg

いくつかの堰堤に守られたこの沢、
竿は振りにくいけどいい魚が釣れると聞いていました。
この手の沢はボクが得意な渓相、
欲を言えば8.3ftのダグラスじゃなくてもう少し短い竿を使いたかったけど・・・

RIMG2997.jpg

小さいけど、確かにいい魚♪
もう一匹釣って別の川へ移動することにしました。

RIMG3004.jpg

一本目の川で釣れてよかった。
ボウズにならなくて本当によかった。
もし釣れていなかったら今年も残業しなければいけないところでした。
そういえば毎年この時期の釣りキャンは苦労してるなぁ。

泊り・・・
泊りでは苦労しないことが多いのに、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  












筆・・・いや竿おろし釣行

竿を買いました。
購入したのはダグラス アップストリーム8.3ft♯3 4pc。 
お世話になったのは伊那のアングラーズパラダイスさんです。
1年ほど前に何の気なしについ触ってしまったがために
欲しくなってしまったのです。



竿のインプレッションはまた改めて書くとして
購入したその足で川へと向かいました。
ホントはこの川に入りたかったのですが
なんとこの周辺のみ強風、本降り・・・

IMG_9038.jpg

スマホで雨雲を見てみると反対側の山はまだ降っていないみたい。
山を下りると確かに降っていない、
そしてその反対側の山の川は風も気になるほどではありませんでした。

IMG_9060.jpg

前日まで夏日でこの日は気温がかなり下がりました。
それでも雪の中で釣っていた頃に比べたら天国です。
今年の春の信州の川は全体的に水が多いのですが
この日もかなり多め。

IMG_9061.jpg

リーダーは少し短いかなと思いましたが9フィート、ティペットは矢引。
フライはもちろんドライ、エルクヘアカディスです。
五投目ほどで一発出ましたがスカ、まあ小さいしいいか(笑)
その後しばらくして入魂のアマゴを無事釣ることが出来ました。

IMG_9047.jpg

魚はすごくいいところにいるわけではなく
まだ淵の、比較的春先に着くような場所についています。
前日のような夏日だったらもしかしたら瀬の流れのはやい場所に出ていたのかもなぁ。

IMG_9056.jpg

淵のゆったりとした流れの場所を流すと
そこそこのサイズの魚が出ましたがフッキングミス、
アマゴ中心の場所なのでもう出ないだろうな、と思いましたが
違う魚がいるかもと同じ場所を数回流すとイワナが出てくれました。

IMG_9067.jpg

イワナだったらきっと同じ魚・・・(笑)
7寸以上の魚はこのイワナを含めて3匹のみ、
しかしこのサイズの魚はたくさん釣れます。

IMG_9063.jpg

小さいってわかっていても手が動いちゃうんだよね、ついフッキングしちゃう。
そしてこの竿、なかなか面白い竿でこのサイズでも結構引きを楽しめます。
まあもう少し使ってみないとダメだね。

IMG_9070.jpg

帰り道で少しだけタラの芽を。
今回量も少ないし収穫したのがタラの芽だけだったので
お好み焼き粉を水に溶いてフライパンを斜めにして天ぷらにしました。
なかなかいい感じでカラっと美味しく揚がりましたよ。

さて、ゴールデンウィーク突入です。
ボクはこの竿を使い倒してみることにします。
皆さんもよい釣りを。

竿なのか筆なのかどっちでもいいけど早く出てよかったね、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

 





二回戦は粉も出ないのだ

一年で一番気持ちのいい時期がやってきました。
山は茶色から萌黄色に変わり生命力にあふれ
ところどころに山桜の薄い桃色、
山梨の白い花がポツポツとちりばめられています。

IMG_9024.jpg

まあ、今年は場所によっては桜も梅も、花桃もみんな咲いているんだけどネ。
そして風に乗ってやってくる花の匂い・・・



そんな日にクルマで出かけちゃなんだかもったいない。
人類というものは男女問わず気持ちがいいのが好きで
またがるのも好きなのです。

IMG_9033.jpg

自宅ですべての準備を済ませて我が家から数十分の
ボクの渓流釣りの原点の川へ向かいました。
途中バイクにまたがるボクのほほを撫でる風の気持ちのいいこと!

IMG_8999.jpg

水位は少し多めで気温は25℃ほど、水温も14℃くらい。
この時期にしては少し暑いくらいですが
水に浸かって木陰に入れば快適な陽気です。

IMG_9020.jpg

一匹目の魚が出るまでいつでも不安なものです。
それが早いのか遅いのか、そしてその魚がどこにいるのか。
特にボクのように一日釣りしないものにとっては
早くその瞬間が来てほしいといつも願います。

IMG_9006.jpg

里の桜さえ散ればその瞬間はあっという間に来ることが多いのです。
小さいながらもこの日も比較的早く魚を手にすることが出来ました。

RIMG2969.jpg

今期、今まであまり感じなかったムシの気配がムンムンとしています。
こうしてブログを何年も書いているとこれが釣行メモ代わりになっていて
去年も今頃このくらいの気候の頃に同じようにムシの気配を感じていたようです。

IMG_9026.jpg

去年とは違うこと、今年はたくさん魚が出る!
今期初のイワナも顔を出してくれました。
ちょっとかわいいけど(笑)

RIMG2970.jpg

本当は少ーしだけ歩いて3時間コースへ入ろうと思っていました。
杣道とはいえかなりの急坂を登ったところで忘れ物に気が付きUターン。
もういいや、バイクを止めたところからで、となりました。

RIMG21971.jpg

急な坂なんて登らなくてもよかった。
7寸程度まででしたが1時間ほどでつ抜け、たくさん出ました。

RIMG2977.jpg

この渓は脱渓点が限られていてここで抜けないと次の脱渓点は3時間先。
時間はまだ3時ほどと早いしもう少し大きいのも釣りたい。
下流へ、いやとなりの川へ行ってみよう。

RIMG2980.jpg

規模は半分ほどの川ですが低い山を挟んだだけの同じ水系。
ここで、いやあそこでは・・・と思いフライを流しますが全く反応がありません。
そう、二回戦と思ったのですが何にも出なかったのです。

昔は・・・と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!








プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック