FC2ブログ

御神渡り観光

5季ぶりに出現した御神渡り。
寒い諏訪湖周辺に住むボクらは
どうせ寒いんだったら御神渡りを見たいと毎年思うのです。

某SNSでみんなで話をしているとミィさんtroutriverさんが見てみたい、って。
誘われればもちろん諏訪の見どころも含めてご案内いたしますとも!

IMG_8663.jpg

まずは一本イっときます。
竹竿職人のtroutriverさんと一緒に歩いていると
なんだかニチャニチャという音が聞こえます。
なんでだろうと思っていたら靴に細工をしてありました。
詳しくは彼のブログで・・・



いくつかの神社を回り高島城ヘ。
諏訪の郷土の作家、新田次郎氏の風林火山や聖職の碑の話、
越後高田藩主だった松平忠輝公が高島城南の丸に幽閉されていたけど
裏口の鍵がかかっておらず自由に諏訪の地でお遊びになった話
(誰だったか忘れていたので今調べましたw)などをしつつ目的の御神渡りへ。

IMG_8676.jpg

今年の御神渡りはとても規模の大きいものでした。
諏訪市のポスターの御神渡りは数十年前の写真だと聞きます。
今年あたりその写真が更新されるかもね。

御神渡り、諏訪大社についての詳しいことは
グーグル先生に聞いていただくとして諏訪大社上社の祭神、
男神の建御名方彦神が下社の祭神、
女神の八坂刀売神に会いに行った跡だということです。
八剱神社の総代により3つの御神渡りが認定されるのですが
そのうち佐久の御神渡りは子供が会いに来た跡とも
佐久に住む浮気相手の神との間の子供に会いに行った跡とも言われています。
後者の方が神様なのに人間臭くて好き(笑)

さて、お昼ご飯。

信州諏訪と言えば蕎麦かウナギ。
ミィさんに何がいい?って聞くと
troutriverさんがご馳走してくれるから何でもって
じゃあウナギだよね!
どのウナギを食べさせてくれるの?なんて言われても
何の話なのかボクにはよくわかんない・・・

IMG_8678.jpg

ご案内したのは岡谷川岸の観光荘。
昔はここに簗場があったので地元では「やなのウナギ」と呼ばれています。
皆さんはビールで、運転手のボクはノンアルコールビール。
まあ、アルコール入っていてもいなくても一緒のテンションなんだけどネ。

IMG_8679.jpg

ここのウナギは珍しくて開き方は関東風の背開きで
焼き方は蒸さずにそのまま炭火で焼く関西風。
せっかくきてくれたんだから
あまり食べたことのないものを食べてもらいたいじゃない?

IMG_8685.jpg

にぎやかなお舟祭りにくらべ厳かに行われるため
こっそり祭りとも呼ばれる春の遷座祭が行われ、
秋宮から春宮に御霊代が移されました。
ですので諏訪大社春宮にお参りをして
ミィさんお気に入りのおんばしら館よいさへ。

IMG_8686.jpg

それから秋宮へ。

IMG_86817.jpg

どこの神社でもそうですが
お祭りや初詣の日はにぎやかで心が躍りますが
人がいない季節、時間は厳かな雰囲気があり
心が洗われる気がします。

IMG_8689.jpg

先日、秋宮境内のホテル山王閣が廃業し、
取り壊され諏訪大社に土地が返納され諏訪大社の駐車場となりました。
秋宮からの諏訪湖が良く見えここも気持ちがイイ。
天気が良ければ富士山も見えるかな。

IMG_8701.jpg

諏訪の酒蔵五蔵のうち3か所をご案内し、
温泉に浸かりお疲れ様会に突入。
諏訪の地物の料理が比較的置いてある
上諏訪駅前の蛍さんで乾杯、そして馬刺し、ワカサギなどを頂きます。
せっかく蜂の子やイナゴ置いてあるのに・・・いらないの?

IMG_8702.jpg

締めは蕎麦で、美味しく頂きました。
バレンタインデー前ということで
ミィさんからいただいたチョコの
包み紙をドキドキしながら開いてみると・・・

IMG_8708.jpg

ボクは知らなかったのですが嫁さんに聞いてみると
今年超話題のチョコのようですね。
家族でおいしく頂いております♪

お二人のお陰でボクも楽しく過ごせました。
ありがとう。

諏訪だけで一日観光ができるのだろうか、と思いましたが
美術館や博物館、資料館などよく考えたら
まだまだたくさん見どころがあります。
たまにこうして自分の住む街の観光をしてみると
気が付かない魅力を再発見できますね。
皆さんも、地元観光、ぜひ。

ミィさんがどのウナギを食べたのか気になった方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  






竹島水族館

話題沸騰中の竹島水族館に行ってきました。



下調べ通りの古びた小さな水族館。
ボクは水族館が好きでことあるごとに水族館に行くのですが
その中でもおそらく一番の古さ(笑)
古くて小さな水族館だけどとにかく面白い、そんな評判の水族館なのです。

IMG_7316.jpg

入館してすぐにアシカショーの時間。
立ち見席はすでにいっぱい、脇から子供を肩車しての見学となりました。
いうことを聞かないことで有名なこのアシカ、
この日はちゃんと言うことを聞いていました。

IMG_7322.jpg

アシカショーが終わると水槽の見学。
小さな水族館なのにすごい人。
人気も納得、展示がいちいち面白いのです。

IMG_7324.jpg

面白いPOPをみんな読むので時間がかかります。
で、列が進まない(笑)

IMG_7321.jpg

魚を見るんだったら他の水族館の方がいいです。
この水族館の魅力はこのいい加減な(爆)POP。

IMG_7325.jpg

ウミブドウのPOPの、なんだよ少ししか食べないって・・・
各所でゆっくり読んでひとつづつツッコミを入れつつ進みます。

IMG_7327.jpg

食べる系のハナシも多い。
グソクムシやウミグモを食べた報告書も張ってあってすごく楽しいのです。

IMG_7328.jpg

嫁さんと水族館でタカアシガニなどの展示を見ると必ず
正月まえに足が一本減る、なんて話をするのですが
皆さんスーパーで買ってるのね(笑)

そう、タカアシガニとグソクムシ。

IMG_73210.jpg

いろんなところでタカアシガニは、
そしてグソクムシも見る機会は多いのですが触れるのはここくらいでしょう。

IMG_7334.jpg

グソクムシ、水から上げたら「水から上げないでくださいネ~」って飼育員さん(笑)
あ、すみませんと水に戻すと「あ、ほら見て、あの白いのゲロ。吐いたよ」って。
飼育員さんが超フレンドリーなんです。

そして・・・下ネタ(笑)

IMG_7329.jpg

普通さ、一文字は○とか使って伏字にするだろ(爆)
だいたいうらやましいって、2本もあってもどうやって使うんだよ。
あ!前に一本目を入れておしr(以下自主規制

IMG_7330.jpg

有名なトイレのPOP。
ウツボとは太さはともかく長さは勝てねーな、なんて
小声でぼそっと言ってちょっとだけ見栄を張ってみたり・・・
いや、しません(笑)

水温の下がる冬場のタッチプールは深海魚を触れるそうです。
冬場の平日などにもっとゆっくり見に行ってみたいものです。
近かったら年間パスポート買うのにな、と思わせる水族館でした。

女子トイレの注意書きのPOPは赤貝かアワビ?と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  













目の保養

今年も恒例の海水浴、家族旅行に行ってきました。
毎年海の日を使った三連休で旅行に行くのですが
梅雨が明けるか明けないか微妙な日程。
今年はしっかり梅雨明けし良すぎるくらいの天気でした。



今回お世話になったホテルはTHE BEACH KUROTAKE(ザ ビーチ クロタケ)さん。
諏訪湖のほとりの我が家よりオール高速道路で3時間チョイでした。
伊豆もいいんだけど距離はともかく時間がかかるんだよね。
それに比べ南知多は時間的に近くて運転手としては楽ちんなのです。

IMG_7269.jpg

海が目の前というホテルにはたくさん泊まってきましたが
ここはその中でもかなりの近さ。
そして海を眺める椅子はとってもいい雰囲気。

IMG_7303.jpg

お茶うけのお供はビール(笑)
伊勢湾を行きかう船を眺めていると本当に飽きません。
ずっとこうしていたいけど子供たちは夕方なのに海に入りたいと・・・

IMG_7273.jpg

アサヒビールの回し者のようだ(笑)

IMG_7271.jpg

お湯は自噴でかけ流し。
しかし初日の夕方から子供たちの海に付き合ったため
このとってもいいお湯のお風呂にゆっくりとつかることもできず夕食となりました。
次の日の朝も夕方もあるからお風呂はあとのお楽しみです。
もうひとつのお楽しみの夕食。

IMG_7280.jpg

一日目、連泊の二日目と食事は本当によかった!

IMG_7283.jpg

食事をサーブしてくれる男衆の方もすごく感じが良くて
ついついたくさんお酒を飲んでしまう(笑)

IMG_7306.jpg

お寿司の実演やアワビの貝がらごと揚げたコロッケなど
凝った料理が多くて楽しかったです。

IMG_7307.jpg

さて、2日目は海水浴。
今回はホテルより車で数分の内海海水浴場に行きました。
もちろん熱中症にならないために朝からのビールは必須。
クーラーボックスに結構な量のビールを持って行ったはずなのに
帰りにはほとんど缶だけになるという(笑)

IMG_7287.jpg

東海地区最大の海水浴場と言われるこの海水浴場。
関東で言えば江の島かな、江の島の海にはもう長い間行ってないけど。
ということは・・・

IMG_72910.jpg

水着ってさ、布の量は下着と一緒なのに
なんであんな大胆な恰好ができるんだろう。
体育すわりなんてまぶしすぎて直視できない、
いやチャンスがあればもちろんするけど(爆)

例年穴場と言われるような海水浴場や
家族向きの海水浴場にばかり行っていましたが
今回の海水浴場はお父さん向きでした。
いやぁ、いい目の保養になりました(爆)

3日目は今、超話題の竹島水族館へ。

IMG_7314.jpg

とっても楽しいこの水族館はまた別の日に紹介します。

上の子はもう中学生。
今年もクラブ活動を2日間休んで旅行へついてきてくれました。
いつまで一緒に行けるかわかんないけど
また来年も行きたいと言ってくれているので行ける間は一緒に行きたいな。

水着の布の量に税金を掛ければいいのに、と思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  





諏訪湖ダックツアー

何年か前から諏訪湖のほとりの我が家の近くをぐるぐる回っている不思議なバス。



そう水陸両用車。
もともとは軍事目的で開発されたと聞きます。
クルマ好き、そしておこちゃまなボクいつか乗ってみたいとは思っていたけど
2800円と代金が少し高いこともあり、なかなかそんな機会が訪れずはや数年。
ようやくその諏訪湖ダックツアーに乗る機会が訪れました。

IMG_7100.jpg

SUWAガラスの里で乗車手続き、そして乗車。
んー、陸地にいるときは車で湖に入ったら船か。
ややこしい(笑)

どのシートに乗るのが楽しいですか?とガイドさんに聞くと
後ろの方が揺れて楽しいですよ、と。
じゃ、一番後ろだね。

IMG_71015.jpg

走り始めると窓がないので吹き抜ける風がとても気持ちがいい。
諏訪湖に沿ってしばらく走った後スプラッシュイン!
この瞬間が一番楽しい、と思っていましたがそうでもないのです。

IMG_71110.jpg

ヨットハーバーから初島の脇まで、しばらくは安定したクルーズです。
湖上を進む船はほとんど揺れませんが
遊覧船の引き波でちょっとだけ揺れました。
少しくらいは揺れた方が楽しい(爆)

IMG_7116.jpg

後ろの方が揺れて楽しいですよ、と教えてくれたガイドさん。
揺れるのは水上ではなくそう、陸上でのバスの間。
そして後ろの方が少しだけシート位置が高いのです。

IMG_7117.jpg

日本の道路交通法では通常、最高車高は3.8mまでとのこと。
このバスの後部シートは日本の自動車の中で
一番高い位置にありますとガイドさんのお話の中にありました。
信号の位置が、電線が近い!

IMG_7119.jpg

ぐるっと一周あっという間の1時間弱。
ガイドさんの素敵な話術もありすごく楽しかった。
諏訪湖にいらっしゃったらダックツアーにはぜひとも乗るべきです。

乗ってみたら楽しいことって結構あるよね、って思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  


この時期に渓流魚のいないところへ・・・

タイトルの通りなのですが渓流魚のいないとされている千葉へ、
釣りに忙しくなるはずのこの時期に行ってきました。

毎年娘の夏休み帳などとともに鴨川シーワールドの割引券が
この長野県の小学校の全児童に配られるのです。
行きたいとは思いつつもなんといっても問題はその距離。
ディズニーリゾートくらいだと日帰り可なのですが外房は信州からは遠いのです。



泊りでどこかへ行こうと言うハナシになった時に
ふと思いついたのが鴨川シーワールド。
草津や伊香保も行きたいけど子供達にはそれじゃあ、ネ。

初めてのアクアラインを通り休憩をはさみつつ
5時間ほどかけまずはマザー牧場へ。

IMG_6671.jpg

動物などとふれあい各種ショーを見て目的地の鴨川へ。
今回お世話になったホテルは鴨川シーワールドホテルさん。
シーワールドの公式ホテルです。
設備は古いものの手入れも行き届いていて綺麗です。
そして入退場自由のパスポートが2日分もらえるのです。
ツアーの存在をホテルに着いてから知ったのですが
チェックインの時にナイトツアーを予約、そして優待整理券の抽選に申し込み
残り営業時間1時間ほどの園内へ向かいます。
急いで回りますがもう閉園、1時間くらいじゃショーがなくても見きれません。

IMG_6677.jpg

部屋へ戻り食事をして夜7時からのナイトツアーへ。
フロントで優先整理券の当選番号が5番めということを知りました。
若い番号の整理券、どのツアーにでも参加できそうです。

夜のガイドツアー、これが素晴らしい。

IMG_6689.jpg

寝静まった海獣、ペンギンの寝方などを説明してもらいながら園内を回ります。
次の日には活動的な姿を見られることを期待し部屋へ、風呂、そして就寝。

IMG_6696.jpg

翌日、アシカショーの後は有名な笑うアシカとの写真撮影、
コレはホテルの予約時に宿泊とセットで確定させていたものです。

シャチショー、イルカショーにベルーガショー。
合間に常設展示の水槽のある棟を見学。
ボクだけ歩くのが遅い、親のボクが一番水族館好きなのです(笑)

IMG_6680.jpg

おっと、いないはずの渓魚、しかもアマゴw
そんなことを思いつつ体験型ツアーの時間を待ちます。
今回整理券を使い体験したのは
大水槽の魚たちへの餌やりとバックヤードツアー。

IMG_6714.jpg

バックヤードツアーにはベルーガタッチも含まれます。
ベルーガは本当にかわいい!

IMG_6703.jpg

振るとプルプル揺れるし丸くて白くて柔らかく、触ると気持ちがいい・・・
ベルーガの頭って。
余りの可愛さそして頭の良さに
帰りがけに水槽越しに思わず手を振っちゃった(笑)

IMG_6720.jpg

鴨川シーワールドにいるのは半日くらいじゃない?と思っていたのですが
朝からしっかりと4時過ぎまで遊んでしまいました。
鴨川シーワールドに泊りがけで行くんだったら公式ホテル、
これ絶対おススメです!

IMG_6709.jpg

クリックしてくれないと始まったばかりの渓流シーズン、
あなたのフックに掛かるのは上の写真の魚ばかりになるでしょう。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  

プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック