渓の氷の芸術を見に行ってきました

いやぁ、解禁が早いだけで寒いと釣れないネ。
この日も気温が上がるのを待ってから出かけましたが
きっとイマイチだなぁ、と思うことが2つ。



気温は変わらないものの前日は晴れていたこと。
前日に比べ風が強かったこと。
この時期はできたら前の日と気温も天気も
あまり変わらない日の方が魚の反応が良いような気がします。

RIMG2763.jpg

地元の魚が動くのが比較的早い川へ到着したのが1時半ころ。
良くない予感も川に着いちゃえば関係ありません。
気温6度、水温8度。
水温の方が高いってどういうことだ?
まあ、早速ニンフを結び、瀬の脇の緩流帯へキャストします。

RIMG2764.jpg

その次の深み、次の巻き返し。
まあ、タイトルの通り反応がないんですよね。
マーカーが動くのは底石に触った時くらい、走る魚も見えない。
立派なつららからは滴り落ちる水滴に・・・

RIMG2766.jpg

川岸には足跡がたくさん。

RIMG2769.jpg

前の日だったら、なんて思いますが
釣りに行ける休みに天気を合わせることはできないもんね。
おっと、氷の芸術を見に行ってきたんだった・・・(笑)

二回戦めも出なかったのね、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  















早春の渓の空気を思いっきり胸に入れてきました

長いようで短い禁漁期。
年々禁漁期が苦ではなくなり、短く感じるようになってきました。



それでも4ヶ月半待ちわびた解禁日ですので
もちろん無事にお腹が痛くなり(笑)
今年も2/16に川に立つことが出来ました。

IMG_8718.jpg

毎年行く場所が一緒だと解禁日の刺激が少なくなってしまうので
今年は伊那のアングラーズパラダイスさんに
解禁日はどこへ行ったらいいか相談していました。
候補はふたつ、一か所は何年もかけて連敗中の場所。
もう一か所は毎回釣りをするとたくさん人がいるので
目立ちそうでいやだなと思ってしまう場所。
今年の解禁日はその連敗中の場所としました。
しかしそこは水はないし川にモズクが生えているし・・・(笑)

第二候補、だな。

RIMG2757.jpg

いつもたくさん人がいる場所ですが季節外れのためいい感じに誰もいません。
ササっと入渓、期待満々でニンフを投入していきます。

RIMG2758.jpg

新調したシムスのガイドベストもいい感じ。
家でフライボックスなど入れ試着した時にプラスして
カメラ、スマホやその他にもたくさんいろいろ入れてみましたが
やはり今まで使っていたフェアリーグッドフィッシャーのベストより軽く感じます。

それにしてもベストが軽くなったのに
ニンフにドラグが掛からないように腕を上げていると
こわばった感じですぐに肩が重くだるくなるのはなんでだろう・・・

IMG_8726.jpg

そしてウェーダーの素材。
ゴアテックスでもエントラントでも毎年冬の間に縮むのはなぜ?

疑問はたくさん。
いいところにフライを入れているはずなのにマーカーがピクリとも動きません。
水温4度、気温8度。
よくもないけど悪くもないはずなんだけど。

IMG_8722.jpg

そうこうしているうちに脱渓の目安にしていた堰堤についてしまいました。
今年の解禁日は結構集中して釣りをしてきましたが
まったくいいところがなく終わってしまいました。

IMG_8723.jpg

これから7ヶ月半、いつでも釣りに行けるしきっといい日もある。
今日は最初から魚を釣ろうと思っていたんじゃなくって
川に深呼吸をしに行くつもりだったし。

まあいずれにしても祝解禁!なのです。

釣れることなんかより早くイクことが一番気持ちがいいのだと思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

 











2018渓流シーズンの準備 その3

ベスト、買っちゃった♪



思えば去年の8月。
そろそろベストの更新を、と思い
いくつかの候補から絞ったシムスガイドベスト。
アングラーズパラダイスさんに行ってみると
ボクにちょうどいいMサイズは売り切れていました。
マーベリックさんが輸入し
それを春先に各店舗に卸した分しかないということでした。
ということはその春先まで待たねば・・・
いや、待たずにウェーダーとブーツを買ったんだった(笑)

IMG_8624.jpg

今まで使っていたフェアリーグッドフィッシャーコンプリートリー1。
着やすく、使いやすい丈夫なベストです。
おそらく10年ほど使っているはずなので実に400釣行以上共にしてきました。
ティペットを収めていたポケットのベルクロは破れていますが
生地は何かに引っ掛けた時に破けたところ以外は問題ありません。

IMG_81167.jpg

ネットの染色が落ちて汚れた背中も「味」です。
でも、そろそろ新しいベストを着たいじゃん、ネ。

IMG_8622.jpg

このベストにした理由はいろいろ、
インプレッションでの収納量の多さ、
道具を全部納めて着たときの軽さ、丈夫さなどたくさんありますが
一番の決め手はこの作り付けのリトラクター。
何を付けるにしてもきっと物を落とさない構造が気に入りました。
とりあえずはクリッパーとフォーセップを。
また使いながら考えます。

IMG_8621.jpg

芸が細かくてボクのココロをガッツリとつかむのが
ジッパータブのシムスのマーク。
着ているときは絶対見ないし気にもしないと思うんだけど(笑)

IMG_8625.jpg

フライボックスやいろんなものを収納して着てみると軽い!
重さは一緒、でもその重さを肩全体で受け止めるんだと思います。
一日中釣りをするときなんかきっとこれは楽だぞ!
シムスで上下お揃いってのはやっぱり
フライフィッシャーマンの「制服」感が否めないけどいいの。
どうせ人に会うような場所で釣りなんかしないんだから・・・

フルックスのフライパッチを付けてみましたが
やっぱりシムス純正のボックス型フライパッチがイイかな。

解禁日が楽しみになってきました。
今年の解禁日は金曜日。
え?
当然お腹が痛くなる予定です。

新品・・・
痛いところがないか、窮屈なのか緩めなのか
使ってみるまで分かんないなぁと言う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  








2018渓流シーズンの準備 その2

木札がズラっと並んだ写真、
これを見て春の訪れが近いことを感じる方もいるのではないでしょうか?
当ブログの春の風物詩、今年もこの記事をアップする時期がやって来ました。
そう、諏訪東部漁協の木札の年券。
解禁日に買おうなんて思っていても気が急いて買い忘れたりするから、
そう、早めにネ。



例年通りの諏訪東部漁協と天竜川(上流)漁協。
今年もこれで一年間渓で大手を振って遊ぶことが出来ます。

IMG_8541.jpg

木札も平成18年の分から13枚連続。
探せばもう少しあると思うけど・・・

来年は平成最後の年になる予定ですね。

IMG_8543.jpg

諏訪湖漁協さんはきっと①~⑳の焼き印を持っているはず。
再来年から経費削減のためゴム版を頼むのをやめて
焼き印に戻したらいいのに。
こんな味のある焼き印を押した木札の年券だったら
諏訪東部漁協さんの年券の精いっぱい宣伝するのにな。

去年、長野県内共通遊漁券の噂をチラッと聞きました。
共通券があれば行ってみたい川はたくさんあります。
木曽だって手軽に行けるようになるし・・・
いろんな問題はあるだろうけど
現場売りの日釣り券をすごく高くするなど工夫して
県内共通券、水系共通券でもいいので作ってもらいたいと思います。
人が動くからお金も動くだろうしネ。


早いことをなじられたい・・・と思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

   









2018渓流シーズンの準備 その1

少し前になるのですが当ブログの公式スポンサー、
にしきたトレーディングさんにDT3F、ピンクのラインを送っていただきました。

IMG_8522.jpg

送っていただいたときにはまだまだ交換するには
ちょっともったいないくらいだったのでそのまま昨シーズンが終わるまで使い
シーズンインが見えてきたのでちょっと気が早いけど交換しておくことにしました。

IMG_8525.jpg

これで30釣行くらいかな。
普通の方だったら1年以上十分持つ耐久性なのではないでしょうか・・・
さて、半切りの儀。

IMG_8530.jpg

今でこそこうしてはさみを入れられるようになってきましたが
昔は半分に切るのは何とも言えない罪悪感に近いものを感じたなぁ(笑)
ところで皆さんはリールにフルライン巻いています?



ボクは#3まではどのリールでもハーフカットです。
堰堤などであとちょっとだけキャストしたい、
そんな時のためにランニングラインを足しています。
ウェイトフォワードのランニング部を使うのもいいのですが
ランニングラインを使うものおススメです。

IMG_8529.jpg

DT3Fの先端部より少しだけ細い0.6mm。
100ft、30mチョイですがこれも2本に分けて使うのがおすすめ。
全長で25mほどでよければ10mずつ3本に分けても。

IMG_8531.jpg

DT3だったらフルラインなんか出さないもんね。
さて、古いライン。
ボクは捨てずにこのように使っています。

IMG_7179_20180122152601558.jpg

値段にかかわらず物を無くしたら悲しいからね。
例えば水温計などは長め、2mくらいのフライラインでベストにつなぎ
水温を測り終えて忘れそうになっても自動的に持ち主と一緒に動く仕組みです。

メインで使うリールのライン交換をしてこれで安心、
スッキリとした気持ちで2018渓流シーズンを迎えられそうです。

購入はこちら、にしきたトレーディングさん、もしくはアマゾンリンクよりどうぞ。

  





プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック