fc2ブログ

穴の奥



おっと、写真が出落ちだった・・・w

キャンプの朝は早い。
出発しこの写真を撮ったのが7時半でした。
まだ早いよねーなんて言いながら待ちきれなくなってしまって
入渓点に向かうことになりました。

th_IMG_0166.jpg

そしてこの日は朝までコルクの保護シートのかかっていた
てぃこまさんのロッド、リバーピークのスーパーグラスの
記念すべき初おろしの日となりました。

th_IMG_0161.jpg

いい釣りになるといいな、と思っていましたがこれがなかなか・・・
水温10度ほど、気温もウェーダーを履いてちょうどいいくらいと低めです。
しばらくすると前回もこの川で釣れてしまったアマゴがフライに出てくれました。

th_IMG_0163.jpg

本当はこの川にいちゃいけないはずなんだけどね。
でもこれでボウズなしの有難い魚でした。
てぃこまさんも鱗付けの一匹を釣りボクはもう一匹アマゴを追加。
しかしそこから修行の時間に入りました。

th_IMG_0187.jpg

ニンフにしたり黒いフライにしてみたり。
先行者もいない、多分予想通り時間が早いw
お昼ご飯を食べた頃にようやく狙いのイワナが出ました。

th_IMG_0185.jpg

こんな状況の時にはいつも思うんだけど
今までなんで出なかったんだろうと思うくらい
いい場所からあっさり出る。
そして魚はどこにいたんだろう・・・

th_IMG_0168.jpg

釣れ始めるとそんなことも思わなくなるw
でも本当にどこにいるんだろうね。
走る魚すら見れなかったのに。

th_IMG_0176.jpg

結局フライはなんでも良くてやっぱり時間が早かった。
てぃこまさんの竿も曲がり時折ダブルヒット、なんてことも。

th_IMG_0171.jpg

川を見ながら帰ると釣りをしながら歩いた瀬にイワナが浮いています。
この辺りは標高も高いしまだ時期的に
時間が遅くならないと魚が上を向かないのかもしれません。

th_IMG_0172.jpg

ガンガン出てバンバン釣れる状況ではなかったけど
判で押したように8寸9寸ばかりのイワナばかりで満足することができました。
早出したから早くうちに戻れたのも良かったw

穴の奥は凸凹しているんだなぁと思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  











熱いラブコールの末

去年の秋口からキャンプをしようとお誘いしていたてぃこまさん。
お互いなかなか忙しく、ようやく予定を合わせていただき
キャンプをすることになりました。



本当は土曜日の昼間から日曜にかけて遊びたいのですが
お会いしたのは金曜日の晩、仕事が終わってから。
走りながら無線でどこにいるか、どこで合流するか打ち合わせてアイボールw
大先輩のてぃこまさんのおかげで少しだけ、無線での話し方も慣れたかな。
しかし金曜日から遊ぶと3連休の気分だね。

th_IMG_0150.jpg

乾杯もそこそこに大きなクルマからギアを下ろし
新しい、ボクの知らない道具についての話を聞く。
それもてぃこまさんと遊ぶ楽しみのひとつ。
ギアについてよく知っているし研究の結果である
面白そうなものを色々持っていますw

th_IMG_0152.jpg

分厚い鉄板でとってもいい焼き具合で焼いてくれたステーキ、
3種類のスパイスをつけて食べ比べ。

th_IMG_0153.jpg

ボクは肉には「マキシマム」が一番美味しく感じました。
そのスパイスの中の「黒瀬」をちょっとお借りして
アヒージョを作りましたがスパイスのおかげで絶品。
でも少しだけ油が重く感じるお年頃・・・w

th_IMG_0151.jpg

初めてお会いしたのは10年以上前のこと。
その頃はお互いこんなに目が悪くなることなんて
想像できなかったね、なんてw
暗いところではフライのアイに糸は通らないし
ボクなんてこの1年くらいそろそろ沢山になってきた自分の歳が
一つ少ないって思っていたwww
オカモトや中島科学産業の話も出たりと
楽しくお酒を飲んでゆっくり話して、
テントを張る時間がもったいなかったので今回は車中泊。

th_IMG_0154.jpg

朝起きてまずはてぃこまさんの淹れてくれたコーヒーをいただき
これもいつか大笑いした及川奈央の「及」の字の入る
及源ホットサンドメーカーで作ってくれたホットサンド。

th_IMG_0155.jpg

そしてこの日、てぃこまさんが下ろす竿のコルクの保護被覆を外しました。
発売されたばかりのリバーピーク スーパーグラス。

th_IMG_0158.jpg

まだ7時半とちょっと時間は早いけどおじさんたちは待ちきれない。
色違い、お揃いの竿でのコラボ釣行へと向かいます。

お誘いも断られてばかり、という方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

   











一人でこそっと

良さそうな日の良さそうな時間に
一人で近場の足場のいい川に数時間、これがボクの本来のスタイル。
最近は子供が遊んでくれなくなったので1日川にいる事も多いけどw

さて、そろそろみなさんの手元にもリバーピークのニューロッド、
「SUPER GLASS」が届く頃じゃないかと思います。
かけた時の曲がり具合やキャストフィールなどはグラスらしく
カーボンから持ち替えても違和感なく振れる扱いやすさを併せ持つこのロッド、
届くのを楽しみにしていてください。

ファーストロットは色によっては予約分完売とのこと、
買いそびれた皆さんはもう少し待ってね。



そのスーパーグラスを持っていそいそと出かけたのですが
あまりにもいそいそと出かけ過ぎてリールを忘れちゃったw
こんなこと初めて。

th_FullSizeRender.jpg

のんびりアリンコなんて撮っている場合じゃなかった。
リールを取りに家まで戻り30分のロス。
4時に入渓しました。

th_IMG_0031.jpg

去年ボクの地元は大雨で人的被害こそありませんでしたが
大きな被害が出ています。
そこかしこで崖が崩れたり道が抜けたり。
この川の下流も3mほど川底が掘れたところがあります。

th_IMG_0023.jpg

渓魚たちは大丈夫かな、なんて思っていましたが
流心脇のいい場所からあっさりとアマゴが飛び出しました。

th_IMG_0028.jpg

春先に入った時は上流もダメ、下流もイマイチだったので心配していましたが
いい感じでフライに反応してきます。
小さな巻き返しからはイワナが飛び出します。

th_IMG_00314.jpg

この日は日曜日。
日曜日の夕方にこれだけ釣れれば満足だな。
最後に一匹釣って終わりにしよう。

th_IMG_0041.jpg

そんなふうに思った直後に
ゆったり流れる瀬の中からゆっくりと飛び出しました。

th_IMG_0039.jpg

1時間半ほどで反応自体は10回ほど、
サイズは8寸ほどまででしたがイワナ一匹含む6匹の釣果でした。

th_IMG_0043.jpg

年に何度か会社帰りによるこの川、
この感じだったら今年のちょい釣りもそこそこ楽しめそうです。
どうしようもなく釣りがしたいとき、
そんな時にちょっとだけ振って少しだけ出ればそれで満足なのです。

一人でこそっとイってたくさん出したな、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  







一人じゃイキたくないの・・・

今年は週末のスケジュールがタイトで少しだけ疲れが溜まってきています。
毎週末、2日で4万歩オーバーのため治りかけてきた膝が少し痛む。
体調に自信がないワケじゃないけど
なんとなく誰かと釣りに行きたい、そんな気分でした。



そんな週末、健康のお二人に声をかけさせていただき
ご一緒させていただくことになりました。
今年初めてのいつもの渓へ降りてみるとピタピタに減水していました。
気温は20度ちょっと、水温10度と少し。

th_IMG_0103.jpg

歩くと暑いけど川に降りるとひやっと気持ちが良い、良い時期です。
虫の気配もたっぷりあり、歩きながら瀬にフライを落とすと
あっさりと坊主ノガレのイワナを釣ることができました。
イイ感じ。

th_IMG_0090.jpg

巻き返しからは良いサイズのイワナが飛び出します。
この川でこの感じは間違いなく尺の釣れるパターンです。

th_IMG_0096.jpg

暑い日で仲間と丸々1日川にいる日のお楽しみはやっぱりこれです。
喉を潤して午後に備えます。

そして今回使ってみてとっても便利だった、というか
ずっと便利なんだろうなと想像していたのが無線機。

th_IMG_0097.jpg

お二人とも局長の先輩でいつも無線機を持って釣りをしていました。
その仲間に入れていただいたのですが
声が沢音でかき消されることを気にして大きな声を出さなくていいし
ちょっとした会話も聞き取りやすくちゃんと理解できます。
これは本当に便利でした。

th_IMG_0101.jpg

そして喉を潤して殺気が減るのか
キャストする腕の力みが取れるのが良いのか
昼ごはんを食べてからしばらく絶好調となりました。

th_IMG_0115.jpg

まずはギリで尺を一匹。
その後しっかり尺をもう一匹。

th_IMG_0105.jpg

そしてタケさんのリバーピークJP6が大きく曲がりました。
これはデカい!

th_IMG_0111.jpg

ネットインしたその魚はボクの写真の撮り方が良くなくて
小さく見えてしまいますが36cmの大イワナでした。
ここから少し反応が悪くなりましたが
尺2本を含めしっかりつ抜けし終了としました。

th_IMG_0113.jpg

みんなで釣ってみんなで喜び合って。
一人で釣ればポイントも全部自分のものだけど
こうして仲間と釣るのはやはり良いものですネ。

毎回一緒にイキたい、たくさん出したいと思っている方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  








寡黙でしゃべらない人の例えでよく「あの人は貝だ」なんて言われます。
少なくてもそれはボクには当てはまらないのですが
ある意味ボクのことでもあります。
ほら、砂出し中のアサリ、あれがボク。
放っておかれると口が開くけどちょっといじられると固く口を閉じちゃう。
ビデオは特に、留守電の吹き込みですら超苦手・・・



そんなボクですが、今回リバーピークより発売される
グラスロッド、「スーパーグラス7.6ft#3・4」の
プロモーションビデオの撮影に参加させていただきました。
そしてそんなボクの性格を知ってか「BQイッチー」として
リバーピーク含めほかの各メーカーでもテスター活躍されている
腕はA級の市村さんとも一緒に撮影していただくことになりました。

th_IMG_0024.jpg

撮影はボクの地元の川。
ここだったら、と言う川をいくつか考えていました。
そしてもしその川がダメだったら移動が簡単にできる場所。
しかしこれがなかなか・・・
イッチーさんがアマゴを一匹釣ったところで
先行されている方に追いついてしまいました。
食事をし、移動。
その川には先行者もなくいい感じ、なのですがやはり厳しい。

th_IMG_0038.jpg

途中、イッチーさんが写真を撮る。
いつもSNSなどで見させていただいている
カッコいい写真はこうして撮るんだ、と勉強になります。
その構図を使って写真を撮るとボクの写真もカッコいい(爆)

th_IMG_0035.jpg

そのイッチーさんの動画を撮影していたリバーピーク代表のモリモトさん。
ボクは撮られていないのでプレッシャーもかからず
上の写真の白泡の奥、こんなところにフライ入れるのは
そんなに難しくないんですよね〜なんてお気楽に話しかけるw
そうなんですか、なんてイッチーさんの撮影に集中している
モリモトさんの隣でダッピング、ちょうちん釣りでフライを入れるとガバっ!

th_IMG_0034.jpg

慌ててボクの方にカメラを向けてくれましたが時は遅く・・・
ボクの今日イチの魚はそんなタイミングで出てくれました。

イッチーさんは信州にお泊まりとのこと。
翌日も信州の川をご案内することにしました。

th_IMG_0047.jpg

朝から川の虫はたっぷり。
瀬で数投させていただくと瀬尻、
二つの流心脇からと3つ飛び出しました。
しかしフッキングしない・・・
そんな状況が続き、これは前日の感じと一緒だと
水系を変えるため移動することにしました。

th_IMG_0053.jpg

移動してしばらく釣るとイッチーさんにまずイワナが、
そしてボクにも小さいながらもアマゴが出ました。
しかしその後が続かない。

th_IMG_0054.jpg

この日は柳の綿が飛んでいました。
ふわふわ飛ぶ柳の綿を川で見ると
なぜか苦労することが多かった記憶があります。

th_IMG_0065.jpg

ふとキャストした穴の中。
黒いドライフライに出たのはこの水系に住むイワナらしい、
カッコいい黒いイワナでした。

th_IMG_0012.jpg

2日間ガッツリと新しいグラスロッドを使いました。
76gとグラスの中では軽く、反発力の強いSグラスを使っているので
カーボンから持ち替えても違和感があまりありません。
ボクが感じたのは9ftリーダーに3ftほどのティペットのシステムだと
メンディングがすごく簡単にできます。
魚を釣った時はグラスらしく竿がしっかり曲がり気持ちいい。
そしてグラスロッドは枝に引っかかったフライが外れやすいです。
このグラスは釣りを楽しくする、そんなふうに感じました。
もうすぐ発売です。

赤貝かアワビの話になるかとヒヤヒヤした方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  







プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック