FC2ブログ

リバーピーク DTライン

リバーピークと言えばライン。
最近ではリバーピークの話をすると
「ああ、いいラインだよね」なんて言われることも増えてきました。
耐久性、浮力もよく聞かれることが多いのですが
例えばボクの#1のライン、昨シーズンはかなりのヘビーローテーションで
15日以上使っているのですがまだ前後をひっくり返してもいません。
浮力についてはリバーピークのラインで使われているダクロンコア、
高価なラインでも軒並み採用しているコアなのですが
これって構造上浮力が高いんです。

硬くなってきた高価なラインを大事に3年使うより
毎年交換した方が浮力も高いまま維持できるし
釣りにストレスを感じなくなる、と思うのですがどうでしょう?

さて。

th_IMG_2956.jpg

こんなふうにラインがキンクしたり
ティップとベリーの色が変わってきたら交換です。
ちょっと遅いくらいだねw



スプールのないラインはおろし方に少しだけコツがあって
このままドバッと床に落とすと解くだけで1時間かかりますw

th_IMG_2957.jpg

ベストはラインストッカー。
丸めた雑誌とかはよく言われますが一番簡単なのは
ラインの真ん中にこうして手に入れ、
巻き戻しながらゆっくり床に落としていくこと。
たまに向きをひっくり返すと「よれ」がでません。

th_IMG_2958.jpg

あと5分の1ほどのところで面倒くさくなって
後端をつまんで投げたらやっぱりからまっちゃった(爆)

th_IMG_2977.jpg

クラシックなリールだと芯が細く巻きぐせがついちゃうので
ボクはDT#4まではハーフカットしてリールに巻くことが多いです。
#4だと微妙に足りないことがあるのでランニングラインを継ぎ足します
そして切った方にこうして目印を付け直して保管しておきます。

長野県内のほとんどの渓流の解禁は2/16。
いつも長く感じる禁漁期も残りひと月を切りました。
ラインも巻き替え、ティペットも付け直して
準備は年券を買うくらいになってきました。
今年もいい釣りがたくさんできるといいな。

新品よりある程度使ったくらいがちょうどいいのかもと思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  









アキスコ ラインコネクター

ラインの接続をスプライスに変え、
リーダースプライサーを購入したことを先日ご報告しました。
普通の針でフライラインに穴を開けていたことも書いたのですが
楽にできれば、と思い先に購入したのがこのラインコネクター。
某アウトドアショップのワゴンセールの中にお安く入っていたので
リーダーのスプライス用にと思い購入してきました。



結果から言うとラインとリーダーの接続用としては失敗でしたw
あれ?これって針は横に抜けないし
普通の針を使うのと一緒じゃん、って。
買う前に気が付けよ、って言う・・・

#4以下のラインだとボクは半分に切ってリールに巻きます。
#3くらいまでだったら問題ないのですが
8ftロッドで#4を使うと半切りのラインだと
ほんのちょっと足りないと言う場面がたまに出てきます。
その時のためにラインより細いシューティングラインなどを
継ぎ足しておくことが多いのですがユニノット、電車結びなど
どうしても結びコブが気になります。
道具も買ったしwここをスプライスで接続しよう。

th_IMG_2960.jpg

まずはラインに付属のチューブや熱収縮チューブを通しておきます。
付属のチューブでも十分段差は小さくなりますが
なくてもいい様な気もしますが熱収縮チューブだともっと小さくなります。
写真の熱収縮チューブだと少し太いので収縮前で1.5mmくらいがいいかな。

th_IMG_3003.jpg

それからラインを治具に挟んで針を刺します。
これはスプライサーと一緒。
で、そのまま引き抜きます。

th_IMG_2961.jpg

ラインに空けた穴にリーダーのバット側、モノフィラを2cmくらいに切っておいて
どのあたりまで入るか試しに入れてみます。
継ぎ目がなくなる程度までにモノフィラをカットして調整しておき、
そこに瞬間接着剤を塗って差し込む。
少し揉んでチューブを接続部へ。

th_IMG_2962.jpg

ギュッと引っ張ってみて抜けなければOK。
かなりの力で引っ張っても抜けることはありませんでした。

この接続部までラインを出して
やっぱりスプライスはストレスないなぁ、なんて思うことは
きっと年に何度かしかありません。
はい、皆様想像の通りティムコのリーダースプライサーだけで
ラインの接続とリーダースプライスの両方できますw
気持ちとしては成功ですが買い物としては失敗、そんな道具の紹介でした。

最近穴に何かを差し込む記事ばかりだな、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  






ティムコ シマザキリーダースプライサー

フライラインとリーダーの接続はいつでも悩ましく
リーダーリンクから始まりそれを卒業するとブレイデッドループと
ネイルノットの併用の時期を経て今ではスプライスで接続しています。
スプライスを使う様になったのは長めのリーダーを使うことが多くなり
結びコブやループトゥループの接続部が
ガイドに引っかかるのが気になる様になったためです。



スプライスの一番の問題点はラインの中心に針を通すところ、
そしてその穴にリーダーを通すところでしょう。
今まで普通の針を使っていたのですが専用品はやっぱりいいんだろうと
ティムコ シマザキリーダースプライサーを購入しました。

th_IMG_2990.jpg

ミシン針でもいいのですがロレット加工されたグリップ部、
そして溝のついた透明のプラスチックの治具。
これが想像以上に使いやすいものでした。

th_IMG_2965.jpg

治具の溝に合わせラインの先端が出るか出ないか位でセットし、
グリグリと針を押していくと簡単にセンターに穴が開き、
曲がったとことから針先が出ます。

ここから何度かラインが変わりますw

th_IMG_2969.jpg

この針先の穴にリーダーの細い、ティペット部を入れます。
試しに太い方を針の穴に入れようとしたのですが斜めにカットしても、
どうやっても入れることはできませんでしたw

th_IMG_2970.jpg

グーっと引き抜いて残り5cmくらいの所で一度だけ縛ります。
で、さらに引き抜いてしっかり食い込むくらいに締め込んで完成。

th_IMG_2966.jpg

ボクはこのまま、接着剤は塗りません。
もちろん、縛らずに抜け切る寸前にリーダーに瞬間接着剤を塗って
先端をラインの中に入れてしまえば段差の全くない接続部になります。

お分かりのとおり、今回2つのラインのリーダーを交換しました。
白い方が#4、緑が#1です。
#4は問題ないのですがさすがに#1は溝に対して緩く、
そのままでは針が刺さって行きませんでした。
今回はバッキングラインを切って溝に入れ動かない様にしましたが
緩くても何かを挟めば問題なく使用することができます。

th_IMG_2968.jpg

しかし細かい作業が苦手になったなぁ・・・w
眼鏡もですが道具を使うと面倒な作業が簡単になります。
そんなことを実感し始めた年の初め、でした。

いい道具は使っているところを見るだけで楽しい、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  













リバーピーク テーパードリーダー

フライフィッシングの消耗品として代表的なものの一つがリーダー。



この釣りを始めたばかりの頃はキャストごとにウィンドノットができたり
そうじゃなくてもなぜかくしゃくしゃになったり。
そんな状態で後ろの木に引っ掛けるとテーパー部で切れる。
1釣行で3回交換なんてこともかつてはありました。
今でこそ毎釣行ごと交換することすらなくなりましたが
昔はたくさんリーダーを買っていたなぁ。

そんなわけでいろんなリーダーを使いましたが
自作のノッテッドリーダーやロングティペット用じゃなければ
どれもそんなに変わりがない、ような気がします。
それはボクがリーダーに合わせることができる様になったためなのか、
それともただ鈍感なのか・・・(笑)

th_IMG_2926.jpg

いつだったかリバーピーク代表の森本さんと話をしてたとき、
リーダーって出していましたっけ?なんて話をすると
やだなぁ、ありますよ。次回送りますね、なんて・・・
知らなかったwww

th_59879978038485.jpg

禁漁中の今は使えませんがとりあえず開封、伸ばしてみます。
伸ばしてみると少し柔らかい感じかな。
テーパーが公表されていないので使ってみないと分からないのですが
ターンのしやすさは標準くらいでドラグがかかりにくいはず。

th_IMG_2923.jpg

ギュッと引っ張ってみますが伸びるけど伸びは少ない印象です。
当然切れる気配すらありません。
試しにと瞬間的に力をかけてみますがそれでも大丈夫。
計器を持っているワケではないので感覚的なものですが。

th_IMG_2925.jpg

このリーダー、何が驚きかって
市販のよく見かけるリーダー1本分の値段で2本入っていること。
さらにびっくりなのは2月末まで、50セット限定なのですが
合計8本を880円で特価販売しているってこと。

th_0700_3k.jpg

販売サイトへ

この記事も来期に川で使ってみて加筆していこうと思っていますが
皆さんも試しに使ってみてください。
ボクが思うに特に短いテーパードリーダーは
高くても安くてもびっくりするほどの差はないですよ。

思っていたより柔らかくて、あれ?って思う時があるという方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

リーダーウォレットもぜひ。
  









上越市立水族博物館うみがたり

祝!上信越道全線四車線化!!

海水浴や美味しい魚料理を食べにいく時、
そして友達に会いにいく時に使う上信越道。
時々追い越し車線があり遅い車をパスできるのですが
交通集中する時などはそこがボトルネックになり大渋滞を引き起こしていました。

今回この辺りから、ここら辺だったっけなと思いつつ
片側一車線区間を待ちましたがおかしい、無いなぁと。
そう、全車線四車線化されていたのでした。
海水浴シーズンの朝の新井の渋滞もきっと今は懐かしい過去の記憶・・・

さて。



ここでは何度も書いていますがボクは水族館が大好き。
今回も下の子と出かけてきました。
水族館なんて一人で出かけるのもなかなか・・・
今、下の子は4年生。
タイムリミットは近いのです。

th_IMG_2762.jpg

我が家を出発したのは娘の宿題が終わった10時頃でした。
これが結果として功を奏して比較的水族館が空いた時間に到着しました。
空いた水槽の前でゆっくり過ごしたいじゃない?
他の場所にはあまり寄れなくなっちゃうけど。

th_IMG_2765.jpg

まずはイルカショー。
発情期でうまくいくか分からないとの説明がありましたが
水が掛かるか掛からないギリの場所でのジャンプは
最高に楽しいショーでした。

th_IMG_7920.jpg

昔の上越の水族館って夏しかイルカショーをやらなかったと思うんだけど
今は通年だから嬉しいです。

さて、次はペンギンの餌やり見学。

th_IMG_2780.jpg

短い足でピコピコと歩く姿には親近感を持つのですが
水の中での彼らの動きはすごい。
ペンギンって可愛いようでそうでもないのです。

th_IMG_2778.jpg

まさに水の中を飛ぶ鳥です。
最近の水族館や動物園って展示を本当に工夫していて
本来の生態を楽しく知ることができるようになっています。

th_IMG_2781.jpg

夕方遅く、空いている時間帯の1番の利点はなんといっても
こんな人気のスポットを独り占めできること。
こんな大きな水槽の前に寝袋で泊まれたら最高だなぁ。
どこかの水族館のお泊まりイベントに応募してみようかな。

th_IMG_2782.jpg

夕方の楽しみの一つ、水槽の手入れw
この後この手の「主」が現れ、楽しくお話ができました。

th_IMG_2783.jpg

イワナの水槽、いつもこんなところにいるんだな、なんて思って見てしまう。
水槽での魚の行動の観察を突き詰めるときっともっとたくさん釣れるのかなw

次回は日帰りで長岡の青島食堂のラーメン、
そして柏崎のサバの串焼きとセットで行きたいな。
そのためには娘を煽ってなんとか金曜日の晩までに
週末の宿題、習い事の課題を全部終らせるようにさせないとw

車はともかく早くいく事はいいことばかりではないと思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  






プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック