B!

ムーンソード支流 スタンディングソードの渓

さて、釣りキャン2日目の釣り。
正平さんとてぃこまさんにかんりさん、troutriverさんとミィさん、
それからプーさんとTAKEさんとムーンソードの渓へ。

みんなは準備をキャンプ場で済ませていました。
足の写真撮るんじゃないの?なんて
みんなにあおられて大急ぎで準備をするTAKEさん。
ベストを着て前かがみになると
液体フロータントのビンが転げ落ちて割れました。
「ああ!まだ数回しか使っていないのに!!」と言いながら
割れたビンの破片を拾おうとした瞬間にズボンがビリッ!



冒頭からとんでもない写真で申し訳ない・・・
念のためモザイクを入れておきました(笑)
いやぁ、TAKEさんやっぱり持ってるなぁ。

RIMG2710.jpg

大爆笑のもと足の写真を撮り沢割り、入渓。

正平さんはどうやらボクらが入渓直後に東京へ向け出発、
TAKEさんとプーさんはちんk・・・いや鎮魂の渓に戻ったようです。

ボクは一昨年いい思いをした支流へ。
そしてこの日もご一緒したのはてぃこまさん。

RIMG2715.jpg

そして北信のギャングの異名をとるかんりさん。

RIMG2716.jpg

この方の後ろを釣り歩いても魚なんていないのはもちろん、
ぺんぺん草すら抜かれてしまうという恐ろしい方です。

気温水温がまだ上がり始める前からの入渓ですので渋いのは覚悟の上。
しかしボクが忘れ物をクルマに取りに戻っている間に
てぃこまさんがさっそく釣っていました。
これはイケるんじゃねぇの・・・

RIMG2719.jpg

水位はおそらく平水から20cmほど高め、フライを置く場所があまりなく
何度かフライに魚が出ますがフッキングしません。

これは、まずい。
日当たりのいい大きな瀬を先行しているとき、
ちょっと長めにキャストして流すといい感じでフライに出ました。
写真を撮ろうとしているとバシャバシャ!
あっという間に水の中に・・・
そんなことをしているとかんりさんがあっという間に釣り上げる。
マジでギャングだ(笑)

IMG_7911.jpg

次の堰堤でやめよう、そう話してカーブを曲がると日陰区間に。
今までよかったのは日の当たっている場所ばかり。
これはまずいぞ、マジで。
ボウズはないけど遠くまで来ているのにブログ的ボウズになってしまう。
そんなことを思い始めた堰堤近くの巻き返し。
フライを入れるとツッと魚が浮いてきました。
時間を置くためにティペット、フライを交換。
魚がいることはわかってる。
数回目のキャストで、でた!

RIMG2722.jpg

これを逃がすと写真は撮れない。
フライが付きっぱなしの写真はあまり好きじゃないけどとりあえず一枚。
フックを外して、と思ったら案の定逃げられました(笑)

RIMG2723.jpg

これで心おきなく帰れる。

早く帰らないと、というてぃこまさんの車の助手席で
やれ富山ブラックだの鱒ずしはマストだの大騒ぎをしながら帰ってきました。
神岡鉱山、通りがけに初めて見たけどゆっくりと見に行ってみたいなぁ。

RIMG2724.jpg

てぃこまさんの運転のお陰で
自分のクルマに乗り込んだのはまだ明るい時間でした。
2日間運転ありがとうね。

今回の釣りキャンも充実した楽しい2日間でした。
次回の目標・・・
遅くまで起きていたい(爆)

鎮魂の渓の話題では毎回ワザとらしい失敗をするなぁ、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  







昼飲み

早い時間にキャンプ場に戻ってきました。

IMG_7901.jpg

まずは宴会場、寝床の準備。
かんりさんのタープを張ってから自分のテントも・・・いやいや(笑)
しっかりビンビンに張ります、張り綱で。

この日はくしくも諏訪は五蔵飲み歩きの日。
真昼間から酒蔵をめぐり飲んでいる人たちを見て
毎回昼間から何をやってんだという気持ちとうらやましいような気持が(笑)



何時から始めたのかは覚えていないけど
写真のデータを見るとこの写真を撮ったのは3時ちょっと過ぎ。
盆と正月、そして旅行にキャンプの時くらいしか
明るいうちから飲むようなことはないけど・・・
まずは乾杯。

本日のお品書き、いぶりがっこのクリームチーズ乗せ、
串揚げ、枝豆、チョリソーなどなど。

IMG_7900.jpg

Doumtakaさんがこの時期に珍しい天然なめこを採ってきてくれました。
寒くなってきた時間に正平さんが作ってくれた、
そのなめこも入ったキノコ汁、美味しかったなー

ミィさん企画の200円で一度、千円で6回引ける外れナシのくじ。

IMG_7896.jpg

なんと各地の一番搾り。
一気には飲めないけどお土産に・・・

IMG_7902.jpg

仕事の都合で参加できなかったぴょん吉さんからなんとなんとドンペリニョン。
オーマイ!
アイミスユーだぜ、ぴょん吉さん。

そのまま夜は更けTAKEさんをお出迎え、のはずだったのですが
プーさんにお会いしたころに椅子の上で舟を漕ぐボク。
おそらく9時は回っていなかったと思う。
今回も次の日に備え今回のキャンプも早く寝ることになったのでした・・・

IMG_7905.jpg

朝。

かんりさんにコーヒーを淹れてもらったり
troutriverさんとミィさんが作ってくれるパクチー入り焼きそばに
パクチー入り水餃子を食べているうちにTAKEさん起床。
そう、前日の晩にいらっしゃっていたはずだったのですが
ボクは寝てたのでここで「久しぶり!」

IMG_7907.jpg

いわなたろう「少し太ったんじゃない?」
TAKEさん「またそんなこと言う~」
い「ベルトやばくない?」
T「この間ひとつ弾けて壊しちゃったんだよね~」
www

IMG_7908.jpg

夜露に濡れたため帰宅後に干すというので
適当にたたんだかんりさんのタープを袋にしまうとき、
これで入る?と聞かれたので濡らしたら入るよ、なんて言うと
誰だか覚えていない、ということにしておきますがもう濡れてるよ!と声が(笑)
んー、飲んでる時より調子いいかも・・・

IMG_7910.jpg

ここでいぶきちさんとDoumtakaさんとはお別れ、
今回はちょっと早めに8時半にキャンプ場を出て
例年通りムーンソードの渓へ向かいます。

テントいつもビンビンに張っておかないとネ、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  











ひらがなで書いてはいけない渓、鎮魂の渓へ!

去年はお祭りで行くことが出来なかったちんk・・・
いや、鎮魂の渓へキャンプ釣行に行ってきました。



今年はてぃこまさんのクルマに乗せて行っていただくことになっていたので
ジムニーをドライブするのは松本まで。
8時に集合、ということは3時に自宅出発、起床2:30。
んー、ヘタするとまだ飲んでる時間だ(笑)

IMG_7882.jpg

途中買い物など済ませ7時半にキャンプ場最寄りのコンビニへ到着しました。
そこでいぶきちさんとDoumtakaさんに偶然合流して
正平さんの待つキャンプ場へ。

IMG_7884.jpg

朝食中の正平さんを襲撃、挨拶もそこそこに前日の様子などを聞いているうちに
小康状態だった雨が降り出しました。

タープで雨宿りをしていると
かんりさん夫婦、そしてtroutriverさんとミィさんも到着しました。
これでこの日参加される皆さんが揃いました。
雨雲レーダーを見るとあとちょっとで雨雲が抜ける・・・
まあゆっくり準備しようかね。

RIMG2682.jpg

この写真をいつも撮るのは夜合流予定のTAKEさん。
ボクが代理で撮っておきました(笑)

RIMG2684.jpg

沢割りをしてボクはぴょん吉さんの釣り友達が良かったと言っていたという区間へ。
その区間は人も入らなそうで絶対いいんだろなと思っていました。
一見すると入渓点がないんだもん。
ズルズルと下り渓に降りると
そこには2年ぶりの流れがいつものようにありました。

IMG_7887.jpg

崖のようなトコロを一緒に降りたのはかんりさん。

RIMG2685.jpg

そしててぃこまさん。
しばらく3人で釣りあがりますがイマイチ反応がよくありません。
川がカーブするところでショートカットし上流へ。
あれ?堰堤だ。
この区間ってこんなに短かったか…

倒木の影から堰堤の右端から狙います。
数投目でフライに出ますがスカ、
同じラインをフライを変えて流すと明らかに違う魚がフッキング。

ん、まだいる。

ちょっと溜めて写真を撮ってみるかな。
2匹目、ちょっといいサイズ。

RIMG2696.jpg

3匹目を釣った後に一番いい場所を流すと
尺がらみのいいサイズがフライを追いました。
追わしちゃダメだよな・・・

その一番いい場所からアベレージサイズの4匹目を釣ると
てぃこまさん、かんりさんがやってきました。
ボクの溜めていた魚を見てかんりさんがひと言、「何やってんですかw」
たまにはいいじゃん、ネ。

RIMG2690.jpg

左側半分はフライを流していないしまだ出るはず、
2人にその場所は譲り写真を撮って堰堤を越しますが
そこからまた反応がなくなりました。

RIMG2701.jpg

さて、このへんから上流へ向かった方たちが入っているはず。
下流へ下ることにしました。
クルマを停めたあたりから再入渓、するとtroutriverさんとミィさんが(笑)

RIMG2708.jpg

支流側の堰堤、かんりさんがいいサイズのイワナを釣りました。
その左奥、流れと段の違う場所をボクが流すといいサイズのイワナ。

IMG_7889.jpg

かんりさんの魚の方がでかいよ、なんて
この写真を撮ってから隣に並べてみるとまったく同じサイズ・・・
人の魚の方が大きく見えるもんだな(笑)

時間は2時前とまだ早いけどビールが腐りそうで心配なので
脱渓しやすいこの先で終わりにしました。
さて、夜・・・いや、昼の宴会へと続きます。

冒頭からワザとらしいワンパターンに付き合ってしまったと言う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  


あと何度行けるかな・・・

今シーズンの渓流釣りも残り日数が少なくなってきました。
長い禁漁期間に悔いを残さないようにあの川にも、あっちの川にも行きたい。
休み予定の日と週間天気予報が気になる時期でもあります。



今年の釣行予定回数はこの日を入れて、多く見積もってあと5日。
出来たら数も出て大きい魚が釣れた実績のある所へ行きたい。
そんな川のひとつへジムニーに自転車を積んで行ってきました。

RIMG2646.jpg

この日はウェットウェーディング。
薄着でショートパンツなのに自転車に乗ると暑いこと!
でも水の中に入るとびっくりするほどに冷たい。

RIMG2648.jpg

今年は水温が下がるのが早いなぁ。

RIMG2668.jpg

通いなれた渓だとここで反応がないと
その日はイマイチ、という場所があると思います。

RIMG2652.jpg

この日はそんないわゆる一級ポイントからの反応が全くないのです。
かと思うと時折瀬から、淵からの反応がある。

RIMG2654.jpg

大物を、と思うのですが釣れてくる魚は手のひらサイズのみ・・・
んー、とりあえず昼ご飯だな。

RIMG2657.jpg

尺モノを釣ったらお祝いで、と思って
最近いつもコンビニで買うお赤飯のおにぎり。
毎回空振りで食べるこの悲しさ(笑)

RIMG2662.jpg

お祝いできないほどの貧果ではないのですが
出来たらお赤飯は尺を越す魚を釣ってから食べたいよね。

RIMG2659.jpg

コピペしてもわかんないくらいのサイズの魚が4時間ほどで9匹。
林道を歩いて下って行く人達を見たけど
もしかしたらその人たちの直後を釣っていたのかもしれません。
まあ、悪くなかったんだけどもう少し大きいのが釣りたいな。

RIMG2681.jpg

今年も行けてあと4日間。
そのうち2日間は遠征です。
(9/25現在、その2回は済ませてきました♪)
地元でも遠征でも、いい魚が釣れるといいなぁ。

何度もイけたのは遠い昔の話、という方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!











図らずもリベンジを果たす

後輩のT君と今年3回目の釣行。
本当は伊那谷へ行こうと思っていました。
しかし折しも台風直撃の日、天気予報を見ると北へ行くほど天気が持つ・・・

天気予報の当たる確率が上がってきた前日にかんりさんに相談し
前回、2日前に行った川へ行こうと思っていました。
しかし先日も書いたように魅力的な渓とは言えないのです。
そしてT君はルアーマン、ちょっと狭いんだよね。



川へ曲がる道の寸前まで迷い、川の入脱渓点をぴょん吉さんに聞き突入したのは
7年前にぴょん吉さんに案内していただきボウズに終わったあの渓
アーカイブを調べてびっくりしました。
ついこの間のような気がしていたのに・・・
そんなわけで台風の影響で7年前の雪辱を晴らすこととなりました。

RIMG2628.jpg

前回はもっと下流だったけど取水されている区間だから
もっと水量が少なくて釣りやすかったのか・・・
釣れない水量ってわけじゃないけどボクはもっと水が少ない方が好き。
ルアーの彼は釣りやすいとニコニコしながら釣っていますが反応がよくないらしい。

RIMG2626.jpg

ボクはルアーじゃ手が出ないようなしょぼい(笑)流れをピチピチと叩いていきます。
時折反応があり竿を曲げてくれますが大きいのは釣れません。

IMG_7851.jpg

この日、いいやつはきっと淵の底。
でもフライにもルアーにも反応しない・・・
小さいのはそれなりに反応があるのにネ。

RIMG2636.jpg

もしかしたら最初に行こうと思っていた渓は
もっと反応が良かったかもしれない。
大物も出たかもしれない。

IMG_7846.jpg

でも、それなりに魚は釣れてくるしなんといってもこの渓相が最高。
半日も釣るとそれなりに水量も減ってきて
ボク好みのいい感じのポイントも増えてきました。

IMG_7850.jpg

釣りくだるテンカラ師、そこかしこに残る足跡、
入渓しやすい場所に停めてある自転車。
これだけいい渓相だからたくさんの釣り人が入っているんだね。

RIMG2642.jpg

時折さす日差しに蒸し暑い空気。
きっと今ごろ地元も行こうと思っていた伊那谷も雨降りだろう。

IMG_7847.jpg

予報通り雨にも降られずいい渓でいい釣りができました。
片道100㎞の道のり、そこから歩きが40分ほど、
岩は大きくて遡行もきついけどこんな渓だったらまた来たいな。

RIMG2637.jpg

ふと腰を下ろした大きな岩に羽アリがいました。
気にしてみると大小、たくさん・・・
この日ボクが使っていたのは#14の四畳半アント。
もう少し小さいフライがあればもっと反応が良かったかもしれません。
とはいえつ抜け寸前の9匹、リベンジは何とか成功しました。

小さいのがいい、と言われることもあると思いたい方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  






プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック