B!

帰り道の方が時間が早く感じる渓



先日SHIGEさん、飛島さんと行った川
その時は状況が良くなかったため釣果に恵まれませんでした。
しかしあの渓相は大物もいるだろうし魚はたくさんいるはず!
とにかく水が引いて天気が良い日にもう一度・・・

R6026196.jpg

そんな間違いがないだろうな、という日に一人でその川へ向かいました。
一人だと釣り場を独り占めできる反面、
山道を歩くのに時間がかかるんだよね・・・
時間を計ってみたらそれでも30分ほどでした。
許容範囲、ネ。

R6026198.jpg

さて、入渓、と思ったところに敷いてある鉄板には驚くほどの足あと。
これは期待できないかな、なんて思いつつ入渓。

R6026213.jpg

今回入った場所は先日の少し上流側で、もちろん初めての区間。
時間はすでに11時半(笑)
入渓ししばらく遡行すると早速の一匹。

R6026199.jpg

しかもなかなかのサイズでした。
駐車スペースに一台だけ車があったのですが
道すがら気になっていたのはそのクルマのオーナーが
どこから川に入ったか、と言うこと。

R6026201.jpg

瀬から出たこの魚はもしかしたら一番川なのでは?
という期待を持たせるのに十分な一匹なのでした。

イワナ釣りは穴釣り。
しかしこの日は違いました。
巻き返しはもちろん、瀬からも勢い良く飛び出すイワナ・・・

R6026217.jpg

先行者がいたらこんなところからは出ないだろ、という場所から出るイワナに
いよいよ一番川を確信しました。

R6026205.jpg

そしてアベレージで8寸ほどとサイズも悪くないのです。

R6026219.jpg

一時的に出ない場所もあり、先行されている方は
あそこから入ったのかな、と思った区間もあったのですが
しばらく行くとまた釣れ始めます。
その頃から出ないんだったらこのポイントには魚はいない、と思うほどに・・・

R6026224.jpg

この日の最大魚の9寸強のイワナは強い流れに入り
柔らかいこの竿を引き絞ってくれました。

R6026230.jpg

日が傾き西側の山に日が入った頃からはまさに爆釣・・・
ワンキャストワンフィッシュはちょっと大げさですが
瀬から、巻き返しからイワナが飛び出します。

R6026227.jpg

脱渓3時までに節分に食べる豆の数ほどのイワナを釣り大満足。
最後の一匹を釣ってから3匹釣って(笑)やめました。
もちろん大物も狙って行ったのですが
そればっかりは運とタイミングだからね。

時間の進み方は一緒のはずなのに早く感じるよね、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  












長くなったり短くなったり

長くて硬い竿を使ったあとは柔らかくて短い竿。
そう、ボクが常に持ち歩くのは柔らかくて短い竿なのです。

R6026116.jpg

この日もちょっとだけ時間ができたので
そんな竿で谷間のショートコースで楽しんできました。

いつも反応のある場所、
ここで反応がないとその日は期待できないって場所、ありますよね?
やっぱりこの渓にもそういう場所があって
この日はそんな場所から魚が飛び出さない日でした。

R6026125.jpg

そしてそんな日はアマゴとイワナの混生区間だと
イワナのいるような場所にアマゴがいることが多いのです。
せっかくの混生区間、本当は両方釣りたいのだけどね。

R6026113.jpg

じわっと迫る秋の、禁漁の気配。
夏のトンボがいなくなりキノコが目立ち始めます。
何より日があまり差し込まないこの渓ではアマゴのサビるのが早いのです。

R6026119.jpg

そんなサビたアマゴの小さいのを釣るといないはずの場所なのですが
カワムツを釣ったのか、と思ってしまう。
居付きの腹の赤いイワナはよくウグイと間違えます(笑)

R6026123.jpg

水が多い、水温がこの時期としては低いということくらいしか
原因は考えられないのだけれど反応がイマイチなのです。

R60261218.jpg

いや、ちょっと待てよ・・・
束釣りとはいかないもののそれに近い釣りを何度もしているこの渓、
もしかしたら感覚がおかしくなっているだけなのかも。
2時間半で6匹、悪くないのかもね。

R6026149.jpg

オオイヌノフグリから始まってキノコで終わる・・・
その終わりももうすぐです。

谷間に分け入って穴に入れる、釣りの話だよね?と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  

タイトルからのオマケのコピペ。

ある大学で教授が女生徒Aに、
「適当な条件下で、大きさが通常の6倍になる体の器官を挙げてください。
その時の条件も言って下さい」と質問をした。

指名された女生徒Aは、顔を真っ赤にしながら冷ややかに
「これは適切な質問ではありません。この件は学校に告発します。」
と答えた。しかし教授は平然としたまま、別の生徒に同じ質問を繰り返した。

次の女生徒Bは落ち着いて答えた。
「目の中の瞳です。暗いと大きくなります」

「正解です。それからAさんには言いたいことが3つあります」と教授は続ける。

「1つ、授業は真面目に聞きなさい」
「2つ、あなたの心は汚れています」
「3つ、6倍になるなんて思っていたらいつの日か本当にがっかりする日が来ます」



ああ、ボクなんてもう汚れきってしまった(笑)


あたらない本流

悪い囁きをボクにするヒトたちがいるんです。

R60261610.jpg

てぃこまさんとしろさぶろうさんご夫妻。
本流師のみなさんに誘われていったのは当然犀川本流。

R6026170.jpg

この日のボクは子連れだったのでゆっくり起きて
少し遅い時間に合流させていただきました。

R6026165.jpg

もちろんボクの最長、最高番手の9ft、8番ロッドでは
厳しいことは分かっているのです。
まさに太平洋に爪楊枝・・・
あれ?これって使う状況が決まっていたっけ?

まあ、それでもかけ上がりの少し先にキャストしスイング。
しかし朝の早い時間から釣りをしている
てぃこまさんにも数回しかアタリがなかったのに
日の高くなったこの時間、人気ポイントのこの場所でアタリがあるはずもなく・・・
もちろん、もしかしたら、と思ってキャストを続けるのです。
お陰で1時間半という短時間で左上腕二頭筋、
右上腕三頭筋が痛くなってしまった(笑)

R6026167.jpg

最後はしろさぶろうさんのシングルハンドキャスト講座。
ボクのロッドはSAGE890SP+。
お渡しすると「なんでこんな凄いロッド買ったの??」って。
「いや、つい弾みで・・・」とボク。
「弾み、は大切だよね~」と
200本以上竿を持つしろさぶろうさんはおっしゃるのでした。

「いわなたろうさん、このラインだと竿が曲がらないよ~」
なんておっしゃいながら見事なキャスト。
写真でもうっすらと見えるフライラインで分かる通り本当にお上手なのです。
なんといってもホールがボクより圧倒的に長い(笑)

しかしながらやっぱりそろそろツーハンド導入を考えないといけないかなぁ・・・
と本流で釣りをするたびに思わせる3人はまさに悪魔なのです。

犀川まで近いんだからそろそろ買っちゃえ、と言う悪魔は(笑)クリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  
















パラダイスを求めて2

パラダイスは1600m地点にあるらしい・・・
この一文から始まったとある日のブログ
その時はゲートに阻まれ目的の場所へたどり着けませんでした。
そろそろ工事も終わっているかなぁ、とけばりさんと別れこの川へ向かったのは
もう少し釣りがしたい、ということだけでなく帰り道のことを考えてのこと。
そのまま帰れば一番早く家に帰ることができるという矛盾は置いておいて・・・(笑)

IMG_2357.jpg

しかしながら今回は1200m付近でゲートに阻まれたのでした(泣)
しかたがないので少し下流へ降りてから入渓、4時。

R6026089.jpg

水位は少し高め、渓相的には悪くありませんが
堰堤直上は堰堤再生工事?で川が荒れています。
まあ、時間も無いし仕方がないね、と思って
釣り上がりますが全く反応がありません。
しばらく釣り上がると上でも工事をしているのです。
一度脱渓、下の区間へ。

再入渓後しばらく釣り上がるととりあえずの1匹。
これでこの川の坊主はなくなりました。
写真を、と思ってネットに寝かせたイワナは元気よくジャンプ一発、
逃げられちゃった。

R6026098.jpg

左上岩の左脇で追加、これも写真撮影寸前に逃げられる(泣)
そして真ん中でようやく写真を撮らせてもらえました。

R6026097.jpg

サイズはここまですべて6~7寸ほど、でも元気はいいのです。
そう、写真撮影させてくれないくらい(笑)。
よく引くイワナたちで楽しむことが出来ました。

R6026091.jpg

もう一匹釣り、6時前にさすがにフライが見えなくなり始め終了。
脱渓しやすそうな場所から林道へ出ました。
夕焼け空を見ながら長かった一日を思い出しつつクルマへ戻ると
あれ?クルマの真後ろへと続く大きい足あとが!

R6026102.jpg

入渓時にこの足あとは絶対になかったなぁ・・・
木が覆いかぶさり薄暗い林道、そして夕方という時間帯。
こういうところは気を付けないとね。

今年は釣り人が少なかっただろうこの川、
きっと来年はパラダイスになることでしょう。

夕方になると元気になるのは獣だけではない、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
夜になると獣になると言う方もクリック。

クマの雰囲気が濃厚な場所で釣りをしているにもかかわらず
一度もクマに会ったことがないボクが愛用する南部熊鈴。
オススメです。
  







8月最後の日は夏空だった

R6026086.jpg

なんと青空が恋しく、そして懐かしく感じる年なんだろう!
カラッと晴れた夏空がすくなかったなぁ、っていう記憶に残る年になりそうです。

キャンプの後向かったのは天竜川を挟んだ向こう側。
魚影も濃くお気に入りの川のひとつです。

R6026060.jpg

この川に一緒に向かったのはけばりさんとSHIGEさん。
しかしこれだけ毎日SHIGEさんと一緒にいると関係を怪しまれそうだ・・・(笑)

R6026062.jpg

準備を終えるとけばりさんは少し下流へ、
ボクはSHIGEさんと同じ場所へ(笑)
前日の雨の影響で川は少し増水、ささ濁り。
ドライを結びますがイマイチ反応がよくありません・・・ニンフだな。
しかしこの時期のささ濁り、マーカーに出る魚が多いのです。
ドライには出ないくせに。

R6026065.jpg

ニンフで一匹ばらし、マーカーに出る魚が数匹。
やっぱりドライか・・・

R6026066.jpg

ドライに交換してしばらく、イワナのいそうな場所からようやくの一匹。
そこそこの反応もあるしまあ、こんなもんかな、なんて。
SHIGEさんもアマゴをキャッチし渋滞が始まる前の時間に、とここでお別れ。
そして追いついたけばりさんと一緒に釣り上がります。

R6026079.jpg

けばりさんもアマゴをキャッチし一安心。
ボクも追加。

R6026075.jpg

時間が経つに釣れ水温が上がったのかようやくちょっとだけ調子が出てきました。
サイズは大きくなりませんが飽きない程度に釣れてきます。
川が二股に別れるところでボクは支流へ。
そこでイワナをキャッチ。

R6026085.jpg

堰堤まで50mほどの支流で3発、しかしながらキャッチ出来たのはこの1匹だけ・・・
全体に低調な感じは否めません。
とはいえ昼前から3時ころまででアマゴ6、イワナ1と悪くない釣果でした。

R6026088.jpg

時間はまだ早いものの上がろうか、ということになり
入渓点の車まで戻りますがボクはもうちょっと釣りたい感がムクムクと(笑)
ここで後片付けをするけばりさんとお別れし、
ボクはウェーディングシューズを履いたままジムニーに乗り
ひと山越えた向こうの川へ向かったのでした。
つづく。

ムクムクとしたのが釣りたい気持ちでよかったね、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  







プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック