B!

最終釣行

一雨降ったので里川とその上流の峪へ。



写真では足が短く見えますが、実際はもっと長いんです。
ヒップウェーダーのせいか、それともレンズの特性でしょうか・・・

この写真を撮った直後、岩を使った護岸より川に下りようとしたところすべり、
まるで子供のような十円玉大の擦り傷をひじに作ってしまいました。
岩に乗るときにはフェルトを水で濡らし、土、砂をしっかり落としてからにしましょう(泣)

川は雨が降ったとはいえあまり水量は増えていませんでした。
とても良いことに緑のダムに取水された模様です。
とはいえちょっと回復していたので期待したのですが反応はイマイチ。
盛期の様に流れの中に入っているのは来年お会いしたい魚ばかり。

CA390504_20090930111849.jpg

鋭角で紅い挿し色の入った尾。
小さいながらもきれいな魚です。
この分だと来期も期待できそうです。

下流での反応がイマイチのため30分ほど釣って上流へ移動。
もちろんキノコを探しながら釣り上がります。

ヌメリスギタケ。

CA390487.jpg

同じようなキノコでも地上に生えるものはスギタケと言い種類が違います。
写真のヌメリスギタケは大丈夫ですがスギタケはそのまま食べると中毒するようです。

エノキダケ。

CA390489.jpg

柄に細かい繊毛が生えていれば天然のエノキダケに間違いありません。
採る時に確認しないと繊毛がなくなってしまいますので注意。

地面に生えるキノコは絶不調ですが倒木のキノコは良く採れます。
この雨で状況が一転するかもしれませんので期待しています。

上流での魚はこの1匹だけ。

CA390491.jpg

写真では全体が真っ黒に見えますが、ランディング寸前は側線周辺だけが黒く見え、
この色合いからウグイが釣れたのかと思いました。
ひれの先が白く縁取られています。
メスかな、だとすればウェディングドレスでしょうか・・・
いい子孫を残してネ。

このアマゴを釣りこの渓では釣りをするのを止めました。
また来年!

高価な写真を補正するソフトは足の長さも実際の長さに補正できるのでしょうか?
「写真は事実を写し撮るもんだ!」とお怒りの方、クリックを・・・
日々ランキングが上がればいわなたろうは反省し始めることでしょうw
当ブログより面白いブログを探すのにも便利ですよ!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます。
皆様の一日が素敵な一日になりますように・・・



コメント

今年の締めくくり

 いわなたろうさん こんばんわ

 私も今日行ってきちゃいました。
 最終渓流釣行ということでクラクラしながら行って来ました。
 雨に煙る山々を眺めながらゆったりと釣ってきました。
 これで今年の渓流が終わりかと思うとさびしい半面、来年は今年の反省をして釣りまくるぞなんて、3月のことを考えてしまいました。

ヌメリスギタケはどう見ても毒キノコですね
食べてはいけません(笑)

そうですよね、、、
明日から来年の二月いっぱい、、、
禁漁なんですね~

終わってしまいましたか。

お別れ告げてきたのですね。

ぴょん吉さん同様ヌメリスギタケ、チョーやばそうに見えます・・・。大丈夫なのですか?

jetpapaさん こんにちは

他の渓ではまだ禁漁になっていないところもありますが毎年9月30日は寂しく感じます。
ボクも今年、何かを掴めた感じはあるのですが、
もう少し、というところで終わってしまいました。

全体的に見るとまだまだなんですがネ。

ぴょん吉さん こんにちは

そうなんです、どうみても毒キノコなのですが
そのまま食べることができないのは同じ顔をしていて地上に生える「スギタケ」。
木に生えるヌメリスギタケ、ヌメリスギタケモドキともにおいしいキノコですよ。

長野は2月16日解禁です。
今から楽しみ(笑)

むつみ屋さん こんにちは

ヌメリスギタケ、毒々しい色とササクレですがおいしいキノコなんですよ。

すでに人体実験済みですから自信を持って大丈夫です。

お疲れ様

最終釣行お疲れ様です。
これからはキノコを楽しまれるのですか?
私も、少しだけですが、キノコを採りに行くことがあるので、もしかしたら、ブログにアップするかもしれません。

blue wing oliveさん こんばんは

キノコの写真、期待しています。

倒木系のキノコはそこそこ豊作のようなのですが、
諏訪周辺でジコウボウと呼ばれるハナイグチは今年はあまり採れません。
キノコ狩りをする家族や友人に聞いても今年はダメだ、と言いますので
まあ、ボクは今年はムキタケやエノキ、あわよくばナメコを・・・といったところです。

小さな渓ですね

いやー、正平には竿を出せないですよ。
この渓の小ささは・・・

こういう渓流を攻めていくと尺に出会えるのかもしれませんね。
来シーズンの課題かなぁ。

正平さん こんにちは

今年は尺上を2匹釣ることができましたが両方とも大場所です。
尺アマゴは滝つぼでハーフラインを出した先で、イワナは茅野市内の上川です。

この手の細い谷で僕が使うタックルは7ft.以下で3~4番、リーダーティペット計9ft.です。
そして諏訪周辺の細い谷でボクに釣れる魚は25cm程までです。

何かの本で読んだのですが、ヤマメ、アマゴは自らの成長ホルモンで
成長できるのが25cmまで、それ以上に大きくなるには他の生物から
成長ホルモンをもらわないと大きくなれないとか。
ボクは3、4年で寿命を迎えると考えられているヤマメ、アマゴは
餌の豊富な場所じゃないと大きくなれないんじゃないかなと、
で、大きな魚が世代交代を繰り返す場所、例えばC&R区間では
大きくなるDNAが受け継がれ大物が生まれると考えています。

イワナの寿命は長いと思われるのでまた別ですが、
やはり餌の多いところでの方が大きな魚がいるんじゃないかなと勝手に思っています。

こういう風にたくさん考えて尺上の魚が釣れれば
もっとボクにも尺アマゴがたくさん釣れていると思うんですがネw

ウェーダーとゴム長には、足短効果がありますね

クロスリバーの欠片さん こんばんは

実際は地面に足がめり込んでいたり、
長いはずなんですが「そう見えてしまう」ことになっています。

http://foolsbar.blog105.fc2.com/blog-entry-352.html
ウェーダーがそういう模様、ということにも。。。

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック