B!

ひらがなで書いてはいけない渓



キャンプサイトの撤収をゆっくり済ませ向かったのはちんk・・・
いや、漢字で書かないとちょっと危険な「鎮魂の渓」
前日の曇空から一転、素晴らしい青空でした。

朝起きてすぐ、そして朝食の時にすでに飲んでいるにもかかわらずまたプシュ!

R6026289.jpg

あまりの気持ちの良さに飲まずにいられない(爆)
普段はこんなことしませんがこの日は特別、ネ。

R6026291.jpg

TAKEさん恒例の足の写真を撮り、
日も高くなった頃にようやく出発しました。

R6026295.jpg

クマも寄り付きたく無いだろうな、というほど騒がしく歩を進めます。
半分居酒屋で飲んでいるような5人のトークに足も軽く入渓点に到着。
遠征組のボクとしてはどこから入っても良さそうに見えるこの渓、
やはり実績があるところから、ということなのです。

R6026300.jpg

ボクはちょっと下流から一人で、広めのプールでロングキャストすると
早速フライにイワナが出ました。
しかし乗らず・・・
そしてみんなに追い付きました。
小鱒遊さんに尺一寸のイワナが、ボクももちろんそのサイズを狙っていきます。
この川、それだけのポテンシャルがあるのです!

R6026304.jpg

各堰堤ではみんなにそれなりに反応があり
一人で入っていればもちろん爆釣ペース。
こうして手に持って写真を撮っていますが9寸弱。

R6026305.jpg

そしてチャンスはボクにもやって来ました。
小さなゴルジュ状になった一気に川幅が狭まる岩陰から
ツッと良型のイワナが出てきましたが見切られてしまいました。
状況的に急がないといけなかったのでそのまま通過、
活性の高い良い奴もいるはず、それを狙っていこうか、と。

R6026308.jpg

途中ちょっと超すのが大変な堰堤でKIDさんに
「五点保持ね~」なんて声をかけてみたり。
そう、「渓のエロス撮影会」でしたね。
作為的ではありますが・・・(笑)

R6026307.jpg

とある堰堤。
堰堤の直下に橋がかかっていて
上から見ているみんなからは魚が丸見えになっているようです。
ボクはそこを攻めさせていただくことになりました。
まずはとりあえず一匹。
そしてもう一匹。
3匹釣ったら写真を撮ろう、そう決めていました。
しかしその一匹はそう簡単ではありませんでした。
右側でライズするイワナ・・・モンカゲにライズしているようです。
アントからホワイトウルフ#12に交換、出た!

R6026312.jpg

ギャラリーがたくさんいると緊張するね。
でも上から聞こえる「出た!」という声、
その声の嬉しさときたらもう・・・

R6026313.jpg

更に上流、最終ポイントで9寸ちょっとのイワナで締めくくることが出来ました。

皆さんは酔っ払って終電を微妙に逃した時、
一時間ほどのタクシーに乗る程でもない距離を歩くことってありません?
ほろ酔いで歩くと結構な距離をあっという間に歩けちゃいますよね。
この日はまさにそれ。
下りなのに酔いから覚めて歩いた距離の長いこと!
行きはあっという間だったのに(笑)

IMG_2405_201409252251017e8.jpg

シメはラーメン。
TAKEさん、美味そうに食べるネ!

だけどその時はどうしてもやってきます。
ラーメンを食べ終わりTAKEさんとKIDさんが、
そしてぴょん吉さんのおうちの最寄りのインターでぴょん吉さんとお別れ。
さらには長野で小鱒遊さんとも・・・
一人、またひとりといなくなる度に寂しさがつのるのです。
そういえばここで小鱒遊さんと合流した時にコーヒーを買ったな、
あの時まで時が戻ればいいのに、なんて。

いや、次。
そう、だから次の約束をするんだ!
みんな、またね。
そう、また!

股では・・・と思ってしまう方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
これはアナタが悪いのではなくきっとボクが悪いのです(笑)
なかなか綺麗に締められないなぁ・・・

  













コメント

酔っていても漢字で

こんばんはー。

確かにひらがなはヤバイ(笑)

釣りがメインか飲みがメインかわからないけど(いやいやエロス撮影がメインでしたっけ?)、楽しい釣り旅だったみたいですね。

ほれぼれする渓相ですね。そして、ひれピンの岩魚たち。
ついこの間、きのこ狩りの時にのぞいた沢が砂で埋まった砂防堰堤の連続で、これから先日本の川はどんどんダメになっていっちゃうんだろうな、と思ったばかり。でも、まだまだ良い川もたくさんありますね!

三尾のイワナの画は抜群ですね 一番上のはイッちゃてる気がするのはぼくだけ?

No title

堰堤で粘って3匹も出す姿は圧巻でした。

私ならあのプレッシャーの中ではすぐに移動しちゃいます(笑)


魚の集合写真、撮りたいと思うときに限って釣れません・・・

No title

朝から飲んでちゃダメですよ~~~(笑)

No title

ひらがなだとやばい事を今気づきました。
さすがですね。
僕の発想力はまだまだだ。

(命名者も気づいてなかったんじゃないですか?)

No title

9寸ちょっと・・・・・SHIGEZOの一割の誤差の定理?によれば、立派な尺イワナです。羨ましいな~。釣果も飲み会も。

田舎の一本道だと、ほろ酔いでも遠く感じますっけよ。いや、飲みすぎだったけか?

No title

ジャッキーチェンの酔拳、大好きだったなぁ・・・
酔えば酔うほど強くなるってやつね。
朝から飲んだのはその極意なのすか?
きっと、夜もさらに強いんだべね(笑)

画像の中の直瀑が絵になりますねぇ。
私が時々行く沢も途中に滝があるんですが渓のコンディションバロメーターみたいな感じで見ています。


あぁ、早くも渓流が恋しい<(_ _*)>



No title

大丈夫、次回は松本まで一緒だから
きっと
たぶん

あ゛ぁ行きたかった。

さぁ~ってシーズン最後の悪あがきに行ってこよう。

リコプテラさん こんにちは

いや、釣りがメインです(笑)

砂で埋まるのが分かっているのになんで作るんでしょうね。
メンテナンスメインにしたらいいのに。
それにしても良い川は知らないだけでたくさんあります。
この川の次の次に行った川
(釣りに行きすぎでブログが追いつかない(笑)もいい川でした。

ぴょん吉さん こんにちは

皆さんをおまたせした甲斐があってあそこではいい釣りが出来ました。
一番上のイワナね、間違いなくイッちゃっています(笑)

小鱒遊さん こんにちは

いや、皆さんをお待たせしてまで
釣りができるということは図太いんです(笑)

2匹だと写真としていまいち、3匹目をといつも思うのですがなかなか・・・
ボクも久しぶりでした。

チュンさん こんにちは

あの状況ではチュンさんも絶対飲みます(笑)

正平さん こんにちは

正平さんもどこかの渓を
「ロマン高原の渓」みたいに名づけちゃったら?(爆)

いい渓ですよね。
次回は正平さんも交え釣りをしたいです。

SHIGEZOさん こんにちは

誤差で尺、とするにはちょっと足りない魚でした。
晩は飲み足りず寝てしまったのですが朝取り戻した感じ。
こんな釣りキャンいづれにしても初めてでした。

こちらもそうですがあとひと駅、ってところで終着駅だと
駅の間隔の長い田舎の電車、1時間じゃきかないところばかりです。

the-kingfisherさん こんにちは

少林寺拳法、酔拳、ジャッキーチェンにかかわらずたくさん見ました。
面白い映画でしたよね。
ジャッキーチェンのどれかの映画のNG集、
土手を滑る女の人のスカートがめくれるシーンが未だに目に焼き付いています(笑)
うーん、プロジェクトAだったかなぁ。

かずきさん こんにちは

もう禁漁?自主禁漁?
ボクはあともう一回。
そしてブログ上では今日現在で2つ釣行記が溜まっています。

ボクの行く渓はナメ滝が多いですね。
いずれにしても水量が分かりやすいですよね、堰堤も。

てぃこまさん こんにちは

そうなんだよね、松本まで一緒だと気持ちも楽なんだけど。
帰りは結局今回も菅平から白樺を抜けて車山から帰りました。
てぃこまさんと一緒だったら山麓線で帰ることができたのに!

No title

7枚目の堰堤上に僕が立つ写真。上から釣っているように誤解を招くな~(苦笑)
いくら渓流の掃除屋でもそこまで図々しくないですから…
しつこいようですが釣りの前日、ウエーダー履いて寝ませんから…(笑)
それにしても1枚1枚写真を見るにつけ、楽しかった釣行の思い出が蘇りますね。
来年も是非、信越ミーティングでこの渓に集いましょうね!

No title

いやはや今回の釣行は強烈に楽しかったです!
takeさんはどうやらこれがラストの渓流釣行になりそうですが、
シーズンの締め括りとしてとっても良い思い出になりました♪

今度はフライタイイング合宿!?
管釣りにもまた一緒に行きましょ♪

KIDさん こんばんは

いやいや、お掃除もそこまではしないでしょ(笑)
でもお互い後ろから釣るのが趣味ですもんね(爆)

ホント、自分の写真、みんなの写真を見ると
思い出が目に浮かびます。
来年もぜひ行きたいと思っています。
合宿、そして釣りでもこちらにも、ぜひ!

TAKEさん こんばんは

居酒屋で飲んでいるテンションそのままで渓に立ちましたからね。
本当に強烈に楽しかったです。

タイイング合宿、TAKEさんの予定に合わせるのが一番大変なのかな?
早めに企画して連絡差し上げます♪

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック