B!

大きな買い物

そろそろベストの更新時期。



大物は購入した時にブログにアップしているのですが
その記録がないということはこのベストを購入したのは2008年以前。
飽きもせず実に10年近く使っていることになります。
実際フェアリーグッドフィッシャーのコンプリートリー1は
丈夫で着心地もよくポケットの配置もよくて使いやすい。
ダメになってきた部分と言えばベルクロが少し甘くなってきたくらいなのです。

IMG_76169.jpg

先日ふとアマゾンからの入金のあるヘソクリ用の通帳を見てみると
先日折った竿、JSTREAM N+を購入して以来手を付けていないので
ベストを買っても余りあるほどの残高があることがわかりました。
このお金はアフィリエイト始めるときに
釣りやアウトドア関連のモノしか買わないと自分の中で決め、
皆様にも約束したことです。

よし、ベストを買おう!

フェアリーグッドフィッシャーのコンプリートリー1、
そのまま更新するかそれとも別のベストにするか・・・
すごく楽しい何を買おうか悩む時間。
そのまま更新するのも芸がないしコンプリートリー1はまだ使える。

先日シムスのニッパーを購入しました。
シムスのベストを一回着てみるのもいいな・・・
決めた、シムスのガイドベストにしよう。

IMG_7493.jpg

釣りに行った帰り道、
伊那のアングラーズパラダイスさんに寄って購入していこう、
そう思って寄ってみるとグレーのちょうどいいサイズのMは売り切れ、
そして来年まで入ってこないとのこと。

んー

そういえばウェーダー・・・
シムスのFSウェーダー、サイズあるのか。

履いてみるか。

しゃがんだ時の楽さは今まで経験したことのないモノでした。
そして店長の山本さんの数年履いたシムズのウェーダーを見せてもらうと
一番傷むソックス部がまるで傷んでない。

一晩悩んで次の日に店に伺って・・・
買っちゃった(笑)

レジにウェーダーを置いたままウェーディングシューズのコーナーへ。

んー

そういえばフェルトソールのウェーディングシューズ・・・
いわなたろう「デビルズキャニオン、これこんなに固くて滑りません?」
山本さん「滑ります~(笑)本流向きですね」
い「レッドサイド、これは少し柔らかいですね」
山「ボクはこれを渓流用に使ってます、数年使ったの見ます?」
い「もちろん!」

店長の山本さんの数年履いたコーカーズのレッドサイドを見せてもらうと
一番傷む内側の縫製部がまるで傷んでない。

コーカーズのレッドサイド、サイズあるのか。
買ったばっかりのウェーダーもあるし合わせて履いてみるか。

買っちゃった(笑)

IMG_7576.jpg

信州のフライフィッシングプロショップは本当に少なくなりました。

釣具屋さんに限らず固くしまった財布の紐を
気持ちよく緩ませてくれるお店って少ないと思うんです。
アングラーズパラダイスさんでその紐が緩んだ理由、
ガッツリと使ったウェーダーなど見せてもらったことももちろんですが
一番の理由はもう4年ほど前だと思うのですがフラッと寄って
リーダー数枚を購入しただけでボクが行きたかった川の詳しい入渓方法などを
細かく地図まで書いてくれて説明してくれたこと。

そして通販で買えるもの、通販でしか買えないものはいいのですが
ウェーダーやシューズは履いてみないと自分に合うかわかんない。
大きな買い物だから試してみないと怖いんですよね。

さて、ウェーダー。

IMG_75715.jpg

別ブランドのウェストハイウェーダーと迷いました。
金額的にもそう変わらないのですが
そのメーカーの物より長持ちする、それが決め手。

そしてウェーディングシューズ。

IMG_7574.jpg

フェルトソールの張替えが結構面倒なんです。
コーカーズはベリベリ、パンパンパン!でソール交換終了。
林道用のラバーソールのラインナップがあるというところもいい。

RIMG2377.jpg

インプレッションはもうちょっと使ってみてから、ネ。

真ん中の足のウェーダーに限らず
ウェーダーを履くときはドキドキする、という方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  












モンベル ネオプレンソックス

数年前からウェットウェーディングに使っていた
防寒用のネオプレーンソックス
薄いもののこれが絶品で安く、壊れないし水はけもいい。
まだまだ使えるのですが気分で専用品を使ってみることにしました。



今回購入したのはネオプレーン製のソックスを検索すると必ずヒットする
モンベルのネオプレンソックスのMサイズ。
グラベルガードが付いているのに他社製品と比べ安い(笑)
その辺が購入理由です。

IMG_7405.jpg

モンベルのサワートレッカーに合わせ試し履きしてみると
少しグラベルガードが短いかな、といった印象ですが
なかなかいい感じのフィット感です。

IMG_7430.jpg

早速実践投入。
やはり思った以上にグラベルガードが短く
ほんの少しですがシューズ内に細かい砂が入ってきます。
そして水抜き穴がないので一度入った水が抜けません。
それ以外は快適♪

IMG_7421.jpg

このソックスを購入した一番の理由は長いゲーターを卒業するため。
ゲーターって水に浸かっていない間は結構暑いし
濡れるとなかなか乾かないですよね。
水はけが悪いのはポンチで穴を空けちゃおう。

IMG_7579.jpg

穴をあけたら軽くライターであぶってほつれを止めておきます。

IMG_7580.jpg

ゲーター付きなのでソックスだけあれば快適にウェットウェーディングができます。
新品なのでネオプレーンがまだヘタっていないのでフカフカとクッションもいい。
それほど高いモノじゃないしたまには交換しないとネ。

股から延びる黒くて固い、長いものが素敵な写真だと思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
このソックスを皮切りにいわなたろうの数年に一度の散財が始まるのでした・・・

  




雨雲はもう飽きた!



この日も降ると思ったんです。

RIMG2376.jpg

近くて脱渓しやすい川、と思っていたのですが結局遠くまで来ちゃった。
諏訪湖のほとりから1時間半掛けて来てるのに降ってたらどうすんの。

雲行きを見る限り出来たらクルマ横付け、林道沿い・・・
降ってきたらササっとクルマに帰れる場所がいいな、と思っていましたが
どんよりとした曇り空だけど降らなそうなので
いつも入る川の下流側へ入ることにしました。
山の上は降ってるかもしれないしね。

RIMG2391.jpg

入渓して堰堤をひとつ越すまで指サイズが一つだけと結構ヤバい状況。
ブログ用に指イワナの写真ももちろん撮りましたが・・・(笑)
堰堤を越してすぐの枝のオーバーハングの下から
ようやく写真を撮れるサイズのイワナを釣りました。

RIMG2387.jpg

反応はイマイチですが同じくらいのイワナをひとつ追加。
沢通しで帰るのは面倒なので遡行を続けます。
脱渓点の堰堤がそろそろという淵にイワナが浮いていました。

RIMG2403.jpg

キャストするとふわっとフライは左方向へ・・・
いや、そっちじゃないと思っていると魚は一瞬フライを見て
定位している場所へ戻りました。
次のキャストはラインの形もフライの落ち方もバッチリ!
ガバっと気持ちよくフライに出ました。

RIMG2401.jpg

昔尺イワナを釣った堰堤。
しばらくぶりに来てみたらいい感じに並んでいた岩がなくなっていました。
ここでひとまず脱渓します。

RIMG2410.jpg

時間はまだ4時前、数十分車を走らせないといけないけど
昔キャンプした朝に釣って丸ボウズだったあの川へ行ってみよう。

RIMG2417.jpg

ブログアーカイブを調べてみると実に8年ぶり。
入脱渓しやすそうで初めての区間へ入りました。

RIMG2418.jpg

釣り荒れているのもあると思うけど水量が少し多くて
瀬は流れが早いし巻きもフライを置いておくところが少ない。
一級ポイントからいいサイズの魚が出たけどバラしちゃった。

まあ、魚がいるのは確か。
堰堤を越えひとつめの橋をくぐり
ふたつめの橋が見えて来たところで一匹目。

IMG_7601.jpg

すぐに2匹、3匹目が。
コレはイブの時合だな。
橋でやめようと思っていましたがそうもいかなくなってきました。
その橋の直下で1匹追加しさらに上へ。

ん?
アレ??
そんなバカな・・・

IMG_7602.jpg

魚の気配すらなくなっちゃった。
時合じゃなくってたまたま竿抜けになったんだな。

IMG_7605.jpg

数十メートルでもいい釣りができたしヨシとしよう。
雨も降らなかったしね。

キノコがそそり立つ時期だなぁと思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
時期は関係なくてキノコは刺激でそそり立つ、という方もクリック。












リバーピーク レザーネットバンド

当ブログ公式スポンサーのにしきたトレーディングさん。
今回はランディングネット用レザーバンドを送っていただきました。



現在誠意制作中の(笑)ランディングネット。
写真のネットバンドの以前のモデルを新しくできたネットに付けようと思い
にしきたトレーディングさんに依頼したところ人気があり品切れ中とのことでした。
その時のやり取りを覚えていてくださり
新製品が出たところで送っていただきました。

IMG_7469.jpg

ラインナップはブラック、ブラウン、チョコ、ベージュの4色、
そのうちのブラックとベージュを。

IMG_7470.jpg

ハンドメイドのこのレザーバンド、金具は磁石に付かないように真鍮製で
レザーは上質な厚いものを使っています。

IMG_7472.jpg

ホントはこの新しいフレームに付けたいんだけど
まだ完成までは時間がかかりそう・・・(爆)

IMG_7473.jpg


現在使用中のネットバンドは自作のマジック編みのもの。
何度も水に浸かりヨレてノビノビになっているので早速交換しました。

IMG_7474.jpg

色の薄れたネットはもういい加減交換する予定・・・
しかし長い相棒となる予定のネットバンドはこれからたくさん水に浸かって
どんどんいい味が出てくるはずです。
購入はこちら、にしきたトレーディングさんリンクからどうぞ。

革、では特に何も感じないけど
レザーと言われると途端にドキッとする方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  







3人でイこう!

いつもこの時期にキャンプに行くのですが
今年は都合が合わずに釣りだけ行くことになりました。



今回ご一緒したのはNOBUさん、

RIMG2358.jpg


そしてヤスさん。

RIMG2357.jpg

梅雨どきに降らずに夏休みになって毎日降る雨。
この日は雨は降らないものの
この時期としてはおかしいくらいの涼しさの日でした。

RIMG2364.jpg

8時に集合、入渓は9時頃だったかな。
入渓点からそーっと川を見ると浮いているイワナ、
そのイワナを掛けますが合わせ切れしてしまいました。
そういえばリーダーを交換しようと思っていたんだ、と
入渓すぐにごそごそと交換・・・
長持ちしないなぁ、某V社の一番安いwリーダー。

さて、交換も終わり釣り始めます。
早速1匹目を釣りますが写真を撮る前に逃げられてしまいました。
ブログ的ボウズが怖いので一匹目は必ず写真を撮りたいのですが仕方がない。

RIMG2360.jpg

そうこうするうちに2匹目、写真を撮ってひと安心。
3人で声を掛けるでもなく上になったり下から攻めたり。
反応が良いわけじゃないけど飽きない程度に釣れます。

IMG_7476.jpg

そしてお昼ご飯。
きっとヤスさんはリールや竿を忘れても
釣りの日のお昼ご飯用のビールだけは忘れない。
そう思っていました。

RIMG2367.jpg

毎日飲んでるから守りに入っちゃったというヤスさん。
みんなでビール分けよう。
柿の種と物々交換だね(笑)

IMG_7478.jpg

天気はあまりよくないもののピカピカの水でした。
それがお昼ご飯を食べたあたりからなんだか水がうっすらと濁ってきました。
それでも水が増えてきたり
浮遊物が流れてきたりってことはないので釣りを続けます。

IMG_7485.jpg

朝からドライにすごく反応が良かったわけじゃないけど
それでも反応が良くないのでニンフに交換します。
しばらく釣るとズボッと気持ちよくマーカーが引き込まれました。

IMG_7480.jpg

この魚を釣ってリールに糸を巻きウロウロ・・・(笑)
さて、そろそろ少し釣るか、とラインを出そうとすると
入渓時に交換したリーダーがロッドティップに絡んでいます。
この日は昼ごはんを食べたあたりから
リーダーにクセが付きはじめティップ付近で何度も、ややこしく絡まる。
しょうがないなぁ、と
ティップ付近に手をやるとプチンというなんだか嫌な感触・・・

IMG_7486.jpg

あ!
折れちゃった!
無理な角度になるような引っ張り方をしたわけではないのです。
ショートキャストの時にバックキャストで真上にラインをあげ、
かなり水平に近い場所でフライをリリースするクセがあり
ロッドが岩に当たることが結構ありました。
きっとブランクに傷が入っていたんだな・・・

修理を依頼しましたが新品定価の4割プラス送料と
高額な修理費用を聞き驚いているところです(泣)
Jstream N+、すっごく使いやすくていい竿なのですが
ティムコの竿は修理費用を考えるとこれから考えなきゃいけないな。
折るなよ、大事に使えよって話なのですけどネ。

自分の竿と違い中折れしてもお金で直るじゃん、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
おっと、「中」じゃなかった(笑)

  







夕方のチョイ釣り

暗くなるのが早くなってきました。



夕方のお楽しみのチョイ釣りもそろそろ終わり、
と言っても今年はあまり行けてないけど・・・
この日は朝から絶対行くと決めていました。
しかし行こうと思っている川の山の方を見ると真っ黒な雨雲、霞む稜線。
まあ、とりあえず行ってみるかと川へ到着してみると真っ茶っちゃに濁る川。

IMG_7464.jpg

んー、
これはダメだ、と濁りの引くのが早い上流の支流へ向かいましたが
その川もカフェオレ色でした。
でもその川に行って良かったのはそこで帰省中の友達に会えたこと。
少し話をして山向こうの川へ向かいました。

IMG_7445.jpg

トンネルを抜け山をひとつ変えるだけで乾いている道、そして強い日差し。
流れる水も澄み渡っています。
1時間も釣りができればいいので履いたのはヒップウェーダーです。
あっという間に準備を終え川の中に入りました。

IMG_7446.jpg

水量は毎日の夕立で多めです。
雨雲は近い。
あまり時間がないのでアマゴ向きのいい場所を流していきますが反応なし。
試しに、と思ってイワナのいそうな場所を流すとピチッとチビのアタリが。
同様の場所を流すとバラしてしまいましたが5寸ほどのアマゴが掛かりました。

IMG_7453.jpg

チビばかりですがアタリはあるのです。
小さいから乗らないのかスレているのか、それとも水が多いとかほかの原因か。
堰堤下の巻き返しでいいサイズのアマゴがフライに反応しましたが
一度出たらもう終わり、若ければ、きっと・・・(笑)

IMG_7450.jpg

逆光でエルクヘアカディスが見難い場所。
出るんだったらこの辺りだろうな、と思う場所で
カラ合わせすると竿先が曲がりました。
この魚を逃すときっとこの日はボウズ、場所的にも時間的にも。
慎重に手元まで寄せると小ぶりながら綺麗な夏アマゴでした。

IMG_7455.jpg

もうじきアマゴは黒く、もっと釣りにくくなってくるはずです。
この魚のお兄さんくらいのサイズでいい、
今シーズン中にもう一度アマゴを釣りたいな。

昔は抜か2とか平気だったのにと懐かしく思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  
赤マムシくらいじゃどう考えても足りないと思った方もクリックw








スーパーフィート インソール

もう何年前になるでしょうか。
朝起きた時などしばらく足の裏に体重が乗らなかった後に
足の裏に激痛が走りるようになりました。
足底筋膜炎という症状なのですがそれを比較的マシにしてくれたのが
ストレッチとこのインソール、スーパーフィート



購入したのはおそらく10年近く前、ほぼ毎日履く靴に使うようなったのが3年前。
機能はおそらくほとんど劣化していませんが人前で脱げないほど色が変わってきました。
変色さえ気にならなければこのまま使い続けることが出来るはずですがそろそろ替え時。
もちろん迷うことなくスーパーフィート。

IMG_7213.jpg

今回は緑ではなくオレンジ。
オレンジは緑と同じ機能を持ちながら快適性が上がっているそうです。

IMG_7215.jpg

その部分が足の前部分の低反発素材のクッションです。
確かに固いグレーのスポンジより柔らかく厚みがあります。
この前の部分のクッションがかなり楽で
足に来る衝撃を確かに減らしてくれています。

IMG_7216.jpg

何が一番効果があるってやっぱりかかとの固いカップ部と
土踏まずをしっかりサポートしてくれるアーチでしょう。
他のインソールと考え方が違うらしく、
このインソールは足の本来持つ機能を最大限に引き出してくれるそうです。

使い始めて1週間ほどは足が痛いのです。
これは悪い形になっていた自分の足が矯正され始めている証。
それを過ぎると本当に足が楽になります。

IMG_7217.jpg

ボクはシダスとスーパーフィート、インソールの二大巨頭を使っていますが
普段履く靴にはスーパーフィート、たまにしか履かない靴にはシダスをお勧めします。

3本目の足は痛くないよね?と心配してくれる方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  



谷間の白い・・・イワナ

記事の冒頭で何度か書いていますがタイトルが先に決まるとブログを書くのが楽。
逆に言うとタイトルやブログ村バナー前のひと言を考えるのが一番大変なんです。
タイトルがこうだからきっとバナー前のひと言は・・・
なんて皆さんが考えているのを裏切ったり予想通りの言葉を書いてみたり。
今回はそう、楽ちん(笑)

さて。
白いイワナの釣れるあの渓に後輩のT君と行ってきました。



NOBUさんに最近の状況を聞くと
前に車を停めた場所より少し下から歩かないといけないと・・・
まあ、歩くのは道だしね。

RIMG2339.jpg

15分ほど歩いて昔の車止め、そこから40分ほどだったかな。
たまにパラパラと雨が降る蒸し暑い中歩いて入渓しました。
すぐにT君に反応がありイワナを釣り上げガイド役としてはひと安心。
その後ボクにも。

RIMG2337.jpg

このあたりの山を流れる川で天気が良くない日はあまりいい思いをしたことがない。
釣り始めてすぐに出たこのイワナ、
この日は実はいいんじゃないか?と思わせる一匹目でしたが
いつもの天気が良くない日と同じように反応が薄い(笑)

RIMG2340.jpg

大きな淵はルアーのT君にやってもらいます。
先輩風をビュービューと吹かせ
「ここで釣らなかったら昼飯抜きな~」なんて(笑)
反応が少ない中、そんなことを言った時だけきっちり釣りやがる(爆)

IMG_7431.jpg

昼ご飯を食べたころからようやく日が差してきました。
飽きない程度に反応がありますがイマイチ調子が上がりません。
でも日差しの中釣りをする方が気持ちがいいのは間違いないですよね。

RIMG21343.jpg

そんな話をしながらT君とガンガン釣りあがります。
便利な世の中になったもので皆さんお使いだと思いますが
圏外でもGPSの信号さえとれていれば山の中でもスマホで現在地が分かります。

RIMG2346.jpg

勾配がきつく大きな岩を巻いたり太い流れを渡渉したり。
ガンガン釣りあがっているような気がしていましたが
距離的にはたいして釣りあがっていません。

IMG_7420.jpg

電波のあるところで取っておいた地図のログを見ながら
出来たらこの辺まで釣りあがりたいんだよね、なんて話をしつつ
いつもの脱渓点を越し、堰堤をひとつ、ふたつ・・・

RIMG2347.jpg

ボク的にはまだまだ釣れる狭さの渓なのですが、
というかいつも釣っているくらいの広さではあるのですが
ルアーのT君は釣りにくそう。
杣道に上がりやすい場所で4時くらいに脱渓しました。

RIMG2349.jpg

ボクが8寸までで6匹、T君が4匹。
ルアーを追ってくる魚は結構多かったみたいです。
この渓に住む白いイワナを釣らせてあげることが出来てよかった。
来月もう一度一緒に行けるといいな。

深い谷間で白いヤツを出したいと思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  







リバーピーク ノットタイヤー

当ブログ公式スポンサー、にしきたトレーディングさん。
今回はノットタイヤー、パイプノットが簡単にできるツールを送っていただきました。

IMG_7371.jpg

リーダーリンク・リーダーコネクターは大物がかかった時に外れることがあり
ブレイデッドループは沈みやすい気がする・・・
最近はリーダーとライン直結、オルブライトノットなどで結んでいました。
落ち着かない川の中でリーダー交換すると
何度結んでもすっぽ抜けたりおかしなところに結び目が出来たりして
フライラインの大事な先端の部分があっという間になくなってしまいます。
スプライスネイルノットは交換時にフライラインを切る部分が多くさらに面倒くさい(笑)
まあ、ネイルノットなんだよね。

IMG_7374.jpg

このノットタイヤー、何がいいって使い方が簡単。
リーダーのバット側をタイヤーの先端側に出し、グルグルと持ち手側に5回ほど。
スリット部を使いタイヤーの先端へ通しておいてからフライラインをスリットに挿入。

IMG_7377.jpg

指の腹でしっかり押さえてタイヤーを取り外し、
指に力を入れたままリーダーを両側から引きます。
ボクはバット側を引くのに口を使います。

IMG_7381.jpg

できるだけフライラインの先端に結び目を動かしてしっかりと引き締めて完成です。

IMG_7379.jpg

綺麗な結び目の接続は強い。
ラインの端っこを短く切ることが出来るのでガイドに引っかかりにくくなります。
説明書もついていますが使い方がよくわからない方はこの動画を(笑)



にしきたトレーディングさんのラインナップにはクリッパーにタイヤー、
シャープナーもついたこんなマルチツールもあります。

IMG_7384.jpg

アルマイト仕上げのこのノットタイヤー、所有欲も満たしてくれるカッコ良さがあります。
購入はこちら、にしきたトレーディングノットタイヤーよりどうぞ。

縛られているのを見ると結び目の場所が気になる方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  


プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック