B!

薄暗くなってからがいいの

いい時期になりました。
暑いとはいえ真夏のように暑いわけじゃなく
木陰に入ればビールが欲しくなる気持ちの良さ。
そしていつまでも明るい空。

RIMG2057.jpg

この時期限定の仕事あがってからの渓流釣りのシーズンです。
7時まで明るいので頑張って川に向かえば
2時間は十分に川で遊べるのです。

RIMG2068.jpg

昼間は25度ほどあったこの日、夕方で20度近く。
水温もちょうどいい11度。
ここ最近の傾向として天気や時間関係なくいつ川に入っても反応がない(笑)
でもこの時期、時合的にはどんどん良くなるはず。
こんなことを思いながらココにいるんだったらイワナだろうなと思いつつ
巻き返しに浮かべたフライをピックアップすると魚が付いていました(爆)

RIMG2065.jpg

ときおりモンカゲロウがハッチするのも見えムシの気配は満々。

RIMG2058.jpg

光量も落ちてきたので#12の大きめのフライに交換しました。
そのフライを流れの肩から落ちる寸前まで流しきっちり合わせて一匹。

RIMG2073.jpg

先のイワナと違いドライフライの醍醐味であるフライに出る瞬間も見え
それを合わせるのも決まり気持ちよく釣れた一匹でした。
引きはこのサイズだから、ネ。

RIMG2079.jpg

同サイズを瀬から釣り、そろそろ脱渓点。
深い、うっそうとした渓はそろそろ薄暗くなってきました。
そんなこの渓の中でも比較的明るい場所で定位する一匹のアマゴ。
少し距離を取りフライを流すと一発でした。

RIMG2078.jpg

道に沿って流れるこの川、昼間来ると結構車が停まっているのを確認できます。
昼間はどこに隠れているのか、夕方に入るとどこにいたのか魚に会うことが出来ます。
今年もお盆あたりまで夕涼みを兼ねてこの川にたくさん通うことになりそうです。

男と女性ではきっと明るさの感じ方が違うんだ、感じたことのある方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  





渓の新緑を見に行ってきました

最近なかなかブログを書く時間が取れません。



皆さんのブログを見に行く時間も無くなってしまうので
コメントいただいてもなかなか訪問することもできず心苦しいのですが
何がいけないって十日以上も前に行った釣りの記事を思い出しながら書く事。
細かいことはとっくに忘れてしまっているのです。

RIMG2046.jpg

この日は確か昼ご飯を家で食べゆっくり出発、山を越え川に到着したのは1時半。
山の上の新緑はまだ生えそろっていませんでした、写真によると(笑)

IMG_7007.jpg

気温は15度ほど、水温は8度。
この時期だったらイヤっていうほど飛んでいるムシの気配がありません。

RIMG2052.jpg

とりあえず釣り始めますが魚の気配すらありません・・・
こりゃ参った。

RIMG2049.jpg

それでも30分を過ぎたころにピチャっとフライに出る魚。
柔らかい竿を曲げずに寄ってきたのは可愛いアマゴでした。
これでボウズはない。

RIMG2051.jpg

そう、ボウズはない。
でも反応すらないのです・・・
この一匹から30分ほど釣ってみましたが足元から走る魚も見えず
釣ってた時間より川への往復の時間の方が長いという矛盾を感じつつ
余りの魚の気配のなさにいつもの脱渓点のだいぶ前でやめることにしました。
余った時間で床屋さんに行き買い物をし・・・
早上がりも悪くないなぁと思ったのでした(爆)

チョロっと出るだけだといった気がしないという方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  










リバーピーク ウッドフライボックス

少し前になりますが当ブログ公式スポンサーのにしきたトレーディングさんより
ウッドフライボックスが届きました。



プラスチックのフライボックスは軽量だし防水。
機能性で言ったらプラスチックの方が絶対イイと思うんだけど
お気に入りのフライを天然木のフライボックス並べて
それを川に持っていてながめるというのは気持ちのいいものです。

IMG_6823.jpg

前回は竹製、今回は木製を送っていただきました。
その紹介記事はこちら
どちらも雰囲気のいいフライボックスです。

IMG_6817.jpg

開閉は開けやすいようにくぼみ付きで
ネオジム磁石で固定される方式です。

IMG_6819.jpg

そして内側はバンブーフライボックスと一緒でスリット式。
このタイプはハックルがつぶれなくてボクの好みです。
ウッドなのに90度以上に開く蝶番もいい感じ。

プラスチックは落として傷が付いても気にも留めないけど
擦り傷や落とした時の傷が思い出になるのが木製のいいところ。
傷がいわゆる味になりどんどん自分のものになっていくのです。
購入はこちら、にしきたトレーディングさんよりどうぞ。

フライボックスだって控えめに、でもガバっと開く方がいいと思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  













ひとりでイっちゃおう

ゴールデンウィークも終わり一段落したこの日。
どこへ行っても気持ちがいいはずなのですが
新緑の気持ちいいあの里川へと向かうことにしました。

IMG_6972.jpg

家を出たのが一時半。
最初に入ろうと思っていた川は濁りが入っていてイマイチな感じなのです。

RIMG2013.jpg

早速、すぐに移動。
ササっと動けるのが川を知り尽くした地元の良さです。



五月も中旬。
日記代わりのこのブログで自分の釣行記を見てみると
やっぱりドライフライを使っています。
いい加減ニンフなんて・・・ネ。

RIMG2043.jpg

いつもこの瀬から飛び出すんだよね、
この巻き返しから、なんて思いながら釣りあがりますが
まったく反応がありません。
上のこのフレーズ、今年は何度書いたことか(笑)

RIMG2022.jpg

気温15度、水温14度。
ムシの気配もムンムンとしていますがたまにピシャっと早い反応があるだけ。
ただ時間が夕方に近づくにつれ反応が良くなってきます。

RIMG2030.jpg

ピックアップとともに釣れちゃった(笑)
まあこれでボウズはない。
そう思いすぐ上のメインの流れの脇から
しっかりとフライに飛び出したアマゴをしっかり合わせ2匹目。

RIMG2042.jpg

その後同様に2匹追加し合計4つ。
2時間程度、あまり調子の上がってこない
今年の川の状況を考えるとまあ悪くないネ。

RIMG2040.jpg

花の写真から想像して頂けると思いますが
実はもう2週間ほど前の釣行記(笑)
結構たまっているのです・・・

たまっていたら一人で行っても気持ちいいと思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  









奥までガッツリ

タイイング合宿2日目。
さてどうしよう、と話をtroutriverさんとしたところ
夜まで時間をつぶさないと、とのこと。
じゃあ一緒に行きますか!



ガッツリでイイですよね、と言うハナシをしたのですが
まあそれなりのところで・・・とのご回答。
せっかくだからガッツリ行きましょうと近場の川へ向かいました。

RIMG1992.jpg

入渓すぐに竿を立てるtroutriverさん。
入り口でいきなり・・・あっという間に(笑)

RIMG1993.jpg

前日ご一緒した時は感じなかったのですが
troutriverさんの背中に違和感を感じます。
うーん、何とも言えないボクと同じ種類の匂い(笑)

RIMG2000.jpg

そうか!
ボクのネットが内径20cm、それより小さい(爆)
皆さん、彼の写真には注意してください・・・

RIMG1998.jpg

水温は8度、気温は18℃くらい。
ムシの気配もありドライにも反応するのですがどうもイマイチ。

RIMG1999.jpg

この川でこの時期釣りをしていると感じることがあるのですが 
どうも水面のムシに反応し始めたばかりの感じのフライへの出方なのです。
まあ、ニンフか(笑)

RIMG2011.jpg

いいサイズの魚はなかなか釣れない川なのですが
深さのある淵でスーッとニンフに寄ってきてズボッとマーカーを引き込んだ魚。
釣れなかったけどあれはいいサイズだった。

RIMG2006.jpg

troutriverさんも長くて黒いものがフライに反応した、と。
いないわけじゃないと思うんだけど
なかなかいいサイズの魚をこの川で釣ったことがないんです。
いつも途中でやめちゃうんだけど
奥まで、最後まで行ったらいい思い出来るのかな。

RIMG2008.jpg

今回も数は出ないし大物も出なかったけど
やっといい時期になってきました。
今年は出遅れた分、これからたくさん出しちゃうもんね!

ホントは入り口も奥もサイコーなんだろうなと思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  







タイイング合宿2017 初夏

去年は御柱合宿となりましたが今年は本来のタイイング合宿に戻りました。
その年によって人数が増えたり減ったりするのですが
ボク、ぴょん吉さん、てぃこまさん、troutriverさん。
そして今年はてぃこまさんのお子さんも含め6人となりました。



大人の乾杯はウコンドリンク(笑)
長丁場だからネ。

IMG_6940.jpg

まずはアヒージョを作り戴いた猪肉で猪鍋を作ります。
牡丹鍋にならないのは調理者のボクの腕が悪いから・・・(笑)
アクも取らない男の料理(爆)

そしててぃこまさんの持ってきてくれたコシアブラと
ボクが渓で採ってきたフキノトウで天ぷらを。
フキノトウなんて珍しくないけど
五月に入ってからのフキノトウには価値がありますネ。

IMG_6939.jpg

お酒も進み食事もそろそろ終わり・・・
今回新たに導入されたのはスペシャルな(笑)カラオケシステム。

IMG_6941.jpg

今まではどんな曲があるのか覚えちゃうくらい少ない曲数だったのが
通信で一気に10万曲(笑)
山の中なのにカラオケボックスと一緒なのです。

IMG_6944.jpg

夜も更け、いい感じに酔ったころに始まるタイイング・・・

ぴょん吉さん 瞬間接着剤先生、お願いします。
瞬間接着剤先生 うむ

IMG_6945.jpg

オーマイ!
瞬間接着剤だけに手にくっついちゃった瞬間!


IMG_6946.jpg

やってられないでござる。

IMG_6947.jpg

ボクもタイイングセットを持って行ったので2本だけ。
ボクはこの日、行き帰りのtroutriverさんのクルマの中で居眠りをし、
さらに河原でも寝るという釣り人とは思えない不埒な悪行三昧の末
なんと日付の変わるころにオネム・・・
先に失礼しましたが一部の方は丑三つ時を越えたらしい(笑)
そろそろタイイング合宿のネーミングをカラオケ合宿に変えなきゃダメかな(爆)

次の日のガッツリの釣りに続きます。

子どもがいるのに下ネタが出そうな危険な合宿だと思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  


渓は居酒屋

恒例のタイイング合宿。
初日はフライフィッシングと決まっています。
今回の釣りの部の参加者はボクにぴょん吉さん
そして最近プロのバンブーロッドビルダーになった、
もしかしたらボクの新しい
公式スポンサーになってくれるかもしれない(笑)troutriverさん

RIMG1979.jpg

ミィさんからの差し入れをとりあえず一本イっときます。

RIMG1960.jpg

クルマ3台で川へ向かうのもなんだし
troutriverさんのクルマに載せていただきボクはナビシートに。

IMG_6936.jpg

ナビシートのお楽しみはこれ。
我慢できずに昼ごはんの時に飲む分も飲んでさらに途中で追加(笑)
朝からガチ飲みの上に車内で居眠り・・・
troutriverさん、大変失礼いたしました。

RIMG1963.jpg

さて徹底した現場調査、そして情報収集により
近隣でまともに釣りができるのは先日行った川。

RIMG1964.jpg

水温8度、気温は・・・忘れちゃった。
20℃無かったと思うけど。
ほろ酔いのいい気分で川に入りますが
標高も高い上に太陽を雲に隠され肌寒い。
この時期には珍しくなったフキノトウを夜のために少し採りました。

RIMG1974.jpg

酔いが覚めてきたところで釣りも少し(笑)

RIMG1967.jpg

先日はドライで釣れていたのでドライを使っていましたが
渋いのでニンフに交換してまずは一匹。

RIMG1965.jpg

troutriverさんにも釣れガイド役としては一安心。
安心したからもう一本イっとこうか(笑)

RIMG1966.jpg

一人での釣行が多く普段は釣れる釣れないにかかわらず
むすっとした顔で釣りをしていることが多いボク。
この日は終始笑顔、おしゃべりしながら、
みんなで笑いながら釣りができるんだもん。

RIMG1980.jpg

たくさん釣れたら嬉しいけど
それよりいっぱいしゃべりながら釣りができるともっと嬉しいのです。

RIMG1984.jpg

連休のど真ん中だったので釣果自体は、ネ。
でも気持ちよく釣りができました。
ま、なんでも気持ちがいいのが一番だよね。

酔ってたからだ!と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  











毎年恒例の残業

前年に残業した時は釣れていたけど
今年はこのまま帰ると一日釣ったのに丸坊主。
もやもやした気持ちが残るのは必至です。



向かったのは去年と同じ川、同じ区間。
去年もこの時期にこの時間に入っていい思いをしているので
2匹目のドジョウ狙いです。

午後4時半で気温はすでに12度ほど、水温は5度。
ずっとニンフしか使ってこなかったのに
なぜか選んだフライはエルクヘアカディスでした。

いつも魚のついている方をひと流しするとあっさりと釣れるイワナ。

RIMG1947.jpg

思えばこの魚が今年初めてのドライフライでの釣果でした。
今年の春はなかなか苦労しました。

RIMG1952.jpg

ゆっくり釣ったら半日かかる流程を2時間で釣りあがるのですから大急ぎです。
いい場所で3流し、ちょっとした瀬だとほんのちょっと立ち止まってひと流しです。
まあ、イワナの釣り方じゃない(笑)

RIMG1953.jpg

昼間の絶不調が嘘みたい。
時合だとは思うのですが反応はすごく良いように感じます。
ずっと絶不調だったからネ。

RIMG1955.jpg

サイズは20cmまででしたが8匹。
すっかり暗くなるまで遊んでしまいました。
まあ暗くなるまで釣りをするのは予定通りでしたが(笑)

RIMG1959.jpg

今年はなんだか春の訪れが遅かったように感じます。
里で雪が少なかったので山も少ないのだろうな、と思っていたのですが
春先に気温が上がらなかったためかもしれませんが
思った以上に雪が降っていたようでまだ残っていました。

RIMG1958.jpg

標高の高い場所を流れるこの川、いたるところにフキノトウが。
この辺りはようやく春がきたばかりのようです。

春が、の変換が春画になるPCをお持ちの方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  







健脚班

ゆっくり過ごしたキャンプ場での朝。
雪シロの入らない山の川に入ろうということになり
気温の上がるころに移動を始めました。



沢割りし、いつも上流の方へ入る川の
下流側がかなりいいと言うハナシを聞いたので
mckeeさんとその区間に入ることにしました。

RIMG19314.jpg

クルマを停めたらすぐに釣り始める・・・
今回はラクだ(笑)

RIMG1941.jpg

気温20度、水温10度。
mckeeさんのルアーに一回反応があったっきり延々と反応がありません。
写真は撮らないし針から魚も外さない、
自然と渓を登る足も速くなります。

RIMG1935.jpg

さてどうしようか、と話をしましたがこのまま登ろう、と。
ここからはいつもの体育会系(笑)
結局いつも釣りをするあたりまで登ってしまいました。
途中でふと、あ!一緒にいるのはmckeeさんだ!
そりゃそーなるよなって気が付いたのでした(爆)
そして結局ボクも健脚班の一人なのです。

RIMG1936.jpg

ボクのフライに出たのは一度だけ。
いやー、いい運動になった、では終われないよね。

RIMG1943.jpg

集合場所へ戻り1時間ほど皆さんと話をしている間も
ウェーダーを脱がないボク・・・
川の中にいる時から残業するつもり満々だったのです(笑)

2回戦とは若い、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  















初夏キャンプ2017

初夏キャンプ、なんてタイトルを付けましたが今年の季節の進みは遅く
まだ春を引きずったままのゴールデンウィーク突入となりました。



釣りをご一緒したヤスさん、飛島さんに加え、
タケさん、けばりさん、NOBUさん、SHIGEさん、タケさん、ヤスさん、そしてMckeeさん。
夜になり自営業FFさんも加わりました。

チーズ、生ハムから始まり煮卵、そして馬刺し。

IMG_6908.jpg

そして今回は山菜のてんぷらをいただきました。

IMG_6905.jpg

タラの芽、コシアブラ、こごみ、ウドと春の味覚は絶品。
これは日本酒だな、と瓶が開きます
毎回作っていただいてばかりではアレなのでwボクも放っておける料理を一つ・・・

IMG_6899.jpg

オリーブオイルでニンニクを炒め、
レンコダイにを入れた鍋にアサリ、エビを放り込みトマト缶を一つ。
水を入れてコンソメと塩コショウを味を見ながら入れます。

IMG_6904.jpg

そう、ブイヤベース。
ワインによく合う、うまいうまいと言っていただきながら鍋は空に。
褒められて伸びるタイプだからネ、ボクは(笑)

IMG_6911.jpg

けばりさんの持ってきてくださった
猪肉と和牛を頂いてそろそろお腹いっぱい。

IMG_6903.jpg

気温も下がり焚火の近くが恋しくなります
今回初体験だったのはけばりさんが持ってきてくださったスウェーデントーチ。

IMG_6910.jpg

皆さんもCMで見たことあるでしょ?
割れ目が重要なんだ、なんてハナシに大きく反応し、
濡れてちゃダメなんてハナシにも大きく反応して着火(笑)

IMG_6912.jpg

スウェーデントーチ、これはいい!
まさに火を見るための焚火なのです。
安定して燃え続け、炎はちらちらと揺れ続ける。
ダッチオーブンを乗せていいですね。
いや、ブイヤベースをこれで作ればよかった(笑)

焚火のそばに椅子を動かすと襲ってくる睡魔。
うとうとし始めたらかなりの時間が経っていたようで
ボクの他2人を残して皆さんテントの中に移動したようでした。
次の日も釣り、さあ寝よう!

スウェーデントーチも割れ目が重要なんだ、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  












素敵なアナを探そう

お休みになり公私の「私」の方が忙しくなってまいりました。

毎回呼んでいただいている南信州FFの釣りキャンプに
今年も呼んでいただいたので尻尾をフリフリ行ってまいりました。
一応説明してくと腰でもオトコにだけある前側のしっぽでもなく、
犬のように尻尾を振って喜んで行ってきた、ということ。



今回はなんと憧れの軟弱者コース。
毎回このコースにあぶれ、びっくりするような距離を歩くことになるのですが
楽ちんな釣行をさせていただくことになりました。
ご一緒したのはヤスさんと飛島さん。

RIMG1922.jpg

先日は歩いて入渓し雪の中、厳しい釣りをしたばかり。
季節は進み雪はなくなり期待が持てます。
気温は20度近くあるものの水温は5度しかありません。
もちろん結ぶのは迷うことなくニンフ。

RIMG1928.jpg

イワナのいそうないい巻き返しやちょっとした穴を探っていきますが
入渓すぐに魚からの反応があったのは水深のある小さな瀬でした。

RIMG1927.jpg

ズボッと気持ちよくマーカーが引き込まれたので期待が持てます。
しかし天気予報通り晴天から怪しげな天気に、
巻く風に肌寒さまで感じるころにはポツリポツリと雨が・・・

RIMG1932.jpg

時間が経つとともに反応がなくなってしまいました。
というか反応は入渓すぐに釣ったあのイワナからのものだけ。
いつも思うけど釣れてよかった(笑)

RIMG1933.jpg

最後に何年か前に定点観測していた場所を見に行ってみましたが
すっかり渓相が変わっていました。
その後集合場所で皆さんと合流、楽しい夜の部の始まりです!

アナは一つに決めておかないと大変なことになると思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  












プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック