B!

雑誌「fam」の付録の焚火台

9月の中旬にふと入った本屋さんで手に取ったこの雑誌、fam。



880円なのに焚火台がついているのです。
悩むことしばし、使うかどうか考えましたがきっとあまり使わない。
その時はそんなことを思い購入するのをやめました。

直後売り切れ続出の大人気雑誌だったことがわかり、
本屋さんを数軒回るも時すでに遅し・・・
欲しい、と思ったときには手に入らない状況となっていました。

そんなことをすっかり忘れていた今日、10/29。
某SNSで友人とやり取りをしているとなんと再販しているとのこと。
仕事が終わるのももどかしく本屋さんに駆け込み、1冊購入。
再販にもかかわらずもうすでに数冊しかありませんでした。

IMG_4117.jpg

親子でのキャンプ、LLビーンのビーンブーツトートバッグの特集など
雑誌のほうも気になるもののやはり本命は焚火台なのです。

IMG_4119.jpg

ColumbiaとSOTOのダブルネームのこの焚火台、
実は触るのは初めてではありません。
てぃこまさんと釣りに行ったときに見せてもらっていたのですが
なんとこれがいまどき日本製。

IMG_4118.jpg

早速組み立ててみました。
厚みのあるステンレス製をしっかり組み合わせるこの焚火台、
そこそこ重量のあるものを乗せてもぐらつくようなことはないと思います。

IMG_4121.jpg

焚火台なのですが五徳として使うことも。
固形燃料を入れて室内でチーズフォンデュ、チョコマシュマロなど。
空き缶ストーブを入れるのも良いみたいです。

さて、実際にフィールドで使うのはいつになるのか。
それが問題なのです。

次に使うのはいつになるだろうといつも思っている方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
え?
トイレでしか、って?(爆)

  






鯛の子、生かんずりとかんずり酒盗

先日のこと。
雪山市に住むぴょん吉さんより小包が届きました。

17019_824251037683967_3066915493206604876_n.jpg

中身は鯛の子、妙高名物の生かんずりにかんずり酒盗でした。

鯛の子はたらこの塩辛。
これはアツアツご飯に乗せると絶品、もちろんクラッカーに乗せても。
ぴょん吉さんはキャンプの時にポテトサラダに入れて
タラモサラダ風にしていました。

かんずり酒盗はカツオの内臓の塩辛なのですが
それにかんずりが入っているというもの。
これは名前の通り日本酒の肴にするのがやっぱり一番。

IMG_4087.jpg

お酒が盗まれたかのようになくなるとか
お酒を盗んでまで飲みたくなるとか言われる酒盗。
まさにその通りです(笑)

かんずりはボクがぴょん吉さんと知り合うまで
食べたことがなかったのですが今では大のお気に入り。
今では鍋に欠かせない薬味のひとつです。
今回頂いたのはそのかんずりの中でも高級品の6年熟成”生”かんずり。

IMG_4084_20151024011133ffc.jpg

小瓶に入ったこのかんずり、麹の姿がそのまま残っています。
いつものように鍋の具材のタラや豆腐にちょびっと付けて食べてみたら
普通のかんずりに比べしょっぱく、ゆずと唐辛子の風味もしっかりしているのです。
もしかしてこれは・・・

IMG_4088.jpg

むぅ、絶品。
鍋の薬味には少し強いのですが白ご飯のお供として最高でした。
これは「飯盗」だな(笑)
お酒をちびっと飲んでかんずりをひと舐め、これもまたいい。
恐ろしいことにこの生かんずり、酒盗じゃないのに
お酒を盗み、さらにはご飯まで盗んでいくのです・・・

ビールでもかんずりでも、なんでも生がいいと思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  




ちっちゃな漁師

禁漁から約ひと月、
そろそろ釣りをしたくなってきたボク。
娘たちを連れて日本海に豆アジを狙いに行きました。

家を遅く出たこの日はまずは直江津の
らーめん ヒグマ上越分店で腹ごしらえ。



ボクの思い出の味の長岡系ラーメンをオマージュしたこのお店、
ブログ本文ではなかなか書けないのですが
コメント欄などで何度かエピソードをお話しています。
しょっぱくてしょうがの味が効いていて、
思い出も相まってとてもおいしかった。

IMG_4106.jpg

お腹がいっぱいになったところで長野県民だったらよく知っている、
釣り具の本間で仕掛けやえさを買って本日のポイントへ。

高速道路を走っていた時から、
いや我が家を出るときから強風が吹き荒れていました。
海へ来てみると想像を絶する波風。

IMG_41107.jpg

風裏になって釣りになりそうなところはここしかないのです。
特にチビ2匹がいるからね。
もちろん、小さい方にはライフジャケットを。

準備を始めますが重りをつけない仕掛けが真横に走るほどの風。
ブログのタイトルを潮風にあたりに行ったとかにしないと、などと考えつつ
サビキ仕掛けを入れて5分ほど、想像もしていない大きなアタリが!

IMG_4108.jpg

豆アジを釣りに行ったのですが釣れるアジはこのサイズばかり。
コマセひとつが終わる3時間ほどで中アジが8匹、さらにコノシロが3匹。
いつも川へ釣りにっても何も持って帰らないボクに
食べられる魚を釣ってこいと言うチビどものためにキープしました。

アジは叩きに。

IMG_4111.jpg

釣ったその日に刺身にするとイマイチだね。
まあ、おいしかったけど(笑)

コノシロは熟成中・・・

IMG_4109.jpg

刺身でちょっとだけ味見してみましたが恐ろしく生臭いのです。
セオリー通り新鮮なうちに捌いて塩じめ、そして酢でしめました。
焼くと臭く、刺身でも生臭くて食べられないというコノシロ。
酢〆だけがおいしく食べられる方法なのだとか。
酢から上げた段階で味見してみると歯ごたえ、味ともに絶品。
明日が楽しみです。

時にはじらすことも必要、と思う方はクリック
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

   



LLBEAN トートバッグラージ

長年憧れていたLLビーンのトートバッグを購入しました。



それにしても昔はもっと安かったはずなのですが結構高かった・・・(笑)

たまたま行った御殿場のアウトレット、そこにあったのがこれ。
店内にあった一番大きいもの、ラージのレギュラーハンドルを購入したのですが
本当に欲しかったエキストララージはありませんでした。
イニシャルの刺繍も入れたらよかったかなぁ、なんて思うし
まあ、また欲しいものリストの長期版の方に入れておこうか、と(爆)

IMG_4071.jpg

それでも大きさはカタログ値で高さ38㎝、幅も43㎝、奥行きだって19cmもあります。
そして驚きのいまだにアメリカ製。
24オンスの帆布で作られるこのバッグはとにかく硬いのです。
ハンドル、取っ手だって何もしていないのに立ちっぱなし。
メーカーの公式アナウンスでは洗濯ドライクリーニングですらダメなのですが
洗濯OK、それ以上に何度もした方がいいと言うハナシもあり迷っていたのですが・・・

IMG_4077.jpg

一度も使っていないのに洗濯しちゃった(爆)
で、どうなったかと言うと

IMG_4073.jpg

IMG_4083.jpg

まったく変わらない(笑)
シワが少し増えたくらいです。
乾いてから揉んだら少しだけ柔らかくなったかな、っていう程度。

昔は海外通販のカタログでしか買えませんでしたね。
そのころから20年以上思い焦がれていたこのバッグはおそらく一生もの。
片思いしていた年月以上に使うつもりです。

何もしないのに硬くて立ちっぱなしなんて中学以来・・・と言う方はクリック
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  




にしきたトレーディング フライパッチ

当ブログ公式スポンサーのにしきたトレーディングさん。
先日はフライパッチを送ってくださいました。



ボクは長年フライトラップをメインのベストのフライパッチとして、
夏用のストラップベストではフォーム材を張り付け
フックを刺せるようにしたむしかごくんを愛用しています。

IMG_4082.jpg

この二つのフライパッチの問題は重いこと。
ラニヤードには向かないのです。
そしてむしかごくんを改造してあることでわかる方も多いと思うのですが
フォームに刺せるタイプじゃないとハックルがつぶれてしまうのです。
磁石タイプはダメ、ムートンもダメ。
その点このにしきたトレーディングさんのフォームパッチは
ラニヤード用として使うにはバッチリ。

IMG_3685.jpg

早速取り付け、今年の夏のチョイ釣りに愛用していました。
タイムラグがあることは置いておいて・・・(爆)

IMG_3687.jpg

チョイ釣りにカバンを使う方も多いと思います。
問題は取り付けのこのクリップ。
上の写真の向きだとくるくる回してもカバンに取り付けられないのですが・・・

IMG_3696.jpg

ホックを外して向きを変えることができます。
ちょっとしたことですがこれって案外重要なことなのです。

IMG_3698.jpg

クリップのバネも強くしっかりとした滑り止めで
ちょっとやそっとでは外れません。

IMG_3686.jpg

2つセットで1,300円ほど、スペアやバックアップにも、
または釣り用カバンとラニヤードにつけっぱなしに出来ますネ。

購入はこちら、にしきたトレーディングさんよりどうぞ。

ホックの外れやすさは時と場合によると思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!









プチツー



信州の朝晩はそろそろ寒くなってきました。
バイクの時期もそろそろ終わり、ボクにとっては。
カブはスノータイヤにタイヤチェーンまであるけど
寒い中、そこまでして乗らなくてもいいかな、って。

IMG_4004.jpg

まだ乗り納めってわけではないけど全国からライダーが集まる
ビーナスラインを走りに行ってきました。

IMG_4015.jpg

この時期なのでもちろん紅葉を見に行くのが目的。
車で走っても気持ちがいいんだけどバイクだと格別なのです。

IMG_4013.jpg

夏の間も暑さから逃げるために何度も走っています。
いつものルートではあるのですが四季折々見せる表情が違うのを
全身が外に出ているバイクだと感じやすいんだと思います。

IMG_4009.jpg

ビーナスラインをこんなに走った年は久しぶりかもしれません。

IMG_4005.jpg

全国からライダーが集まるこのワインディングロード、
近いんだから行かなきゃもったいないもんね。

IMG_4021.jpg

茅野市内から白樺湖、そして車山。
さらには霧ヶ峰へと回りわが町が誇るビッグトラウトレイク、蓼の海へ。

IMG_4028_20151017201337842.jpg

数人の方が竿を出していましたのでぼんやりと眺めていましたが
竿が曲がる気配はありませんでした。
うん、通常営業(笑)
2時間、70kmほどのプチツーリングでしたが
秋を満喫することができました。

バイクより乗りたいのは・・・と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  



今年の旅行

渓流釣りもオフシーズンになったので満を持して家族旅行に(笑)
そうなのです。
ボクら釣り人は旅行も引っ越しも転勤も
すべてオフシーズンにしておかなければならないのです。

いや、例年だと海水浴を兼ねて夏に海に旅行に行くのですが
今年は諸事情で行けなかったのでこの時期になっただけ。

IMG_38813.jpg

今年は山中湖から熱海に。
山中湖は諏訪湖のほとりの我が家から近すぎるんだよね。
まずは驚くほど早い時間に河口湖畔の宝石博物館へ。
ゆっくり見て近くの石ころ館にて天然石ストラップを制作。

IMG_3893.jpg

吉田のうどんを「蔵ノ介」にていただき忍野八海。

IMG_3895.jpg

飛び交う外国のことば、まるで海外旅行のようです。
ニジマスとイワナの見分け方を家族にレクチャーしましたが
この時期に池や桂川を見ていると具合が悪くなる(爆)

備忘なので駆け足で、もうホテルに到着(笑)

IMG_3924.jpg

お楽しみの夕ご飯は中華料理。
パクチーは全部ボクが独り占め。

IMG_3918.jpg

ビールを飲みつつフカヒレの姿煮にオマールエビ、
和牛ローストビーフなどなど。
最後は麻婆豆腐にご飯。
子供用の料理が足りないという娘に追加で頼んだ焼きそばは
途中からお腹がいっぱいになって結局ボクら親が食べることに。
デザートを食べたらもう何もお腹に入らないと思っていたのですが
部屋に帰ってから追加でビールを2缶、おかしいなぁ(笑)

さて、2日目は御殿場のアウトレットへ。

IMG_3927.jpg

NHK教育の0655を見て覚えたようなのですが
アウトレットってコンセントのことじゃないの?って言う娘に
いや、本当は最初にファクトリーが付くから
工場直売って意味だよ、って説明をしつつ
もう20年ほど前から欲しいと思っていたLLビーンの特大トートバッグを購入。

IMG_31988.jpg

思い焦がれていた年数と同じだけ、いやそれ以上に愛用するつもりです。
このトートバッグはあまりにも嬉しいのでまた別稿で。
とにかく広いので足早で一周、いくつか買い物をして熱海へ向かいます。

IMG_3949.jpg

ゆっくり温泉に入ってから和食の夕食。
金目鯛?もちろん。
ハタ、サザエ、カンパチは刺身だったり炊きものだったり。
中華と違って和食はお腹に楽ちんなのです。

IMG_3959.jpg

熱海は日本のモナコ。
よく言われることなのですがヨットハーバーがあって
高層ホテルやマンションが連なるこの姿を見ると確かにそんな気もしますネ。

IMG_3952.jpg

以前泊ったことのあるホテルがなくなっていたり
一番いい場所だと思われる場所が新築廃墟だったり。

IMG_3960.jpg

寂しい部分もありますがそこそこの温泉街に住むボクでも
やはり熱海は日本一の温泉街なのだと思います。
ボクの住む温泉街にはない裏通りのピンク色の看板も含めて(爆)

信州へ向かう帰り道に娘たちにここは外せないと
強く言われていた富士サファリパークに寄りました。

IMG_3980.jpg

先日、富士サファリクラブに入会したのですが
これが紙の割引券だと300円しか割り引かれないのに
700円も引かれるというお徳な会員券。
さらに当日行くと毎回必ず売り切れている
ジャングルバスまでウェブで予約できるのです。
しかし!旅行に行く日までに届かなかった(泣)

IMG_3987.jpg

なので元を取るためこの日は2周めを(笑)
冗談はともかく、昼に比べ夕方のほうが
動物の動きが活発になり楽しいのです。
キリンにはサンルーフから車内をのぞき込まれ
ライオンはクルマに体をこすりつけ、臭いをつけていきました。
そんな時に娘の乗る席の窓を開けようとしてみたり、ロックを解除したり。
ちょっと怖い思いをした方が子供の記憶に残ったりするんだよね。

秋の旅行も悪くありません。
富士山の初冠雪の日に当たったり里ではまだまだの紅葉も。
ちょっとだけ早く秋、いや初冬の足音を感じることができました。

温泉街のピンクの看板が何なのか気になる方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
あの街の看板は直接的過ぎて驚きました。
家族がいなければ皆さんのために写真を撮ったのに(爆)

  






タイロッドエンドプーラー

ボクらプライベーターが持っていてもほぼ使わないけど
あれば作業が一瞬で終わる工具というものが存在します。
そのひとつがタイロッドエンドプーラー。



5年ほど前に購入、それっきり一度も使っていませんでしたが
今回、友人が軽自動車のユーザー車検へ行くと聞き、
車検に落ちる原因No.1(?)のタイロッドエンドブーツを
試しに、と見てみたら見事に割れていました。
そこでどれどれ、と工具箱の奥底から引きずり出したのです。

IMG_3461.jpg


交換したのは第三ラウンドの予約の車検当日の朝(爆)
ブーツ交換自体は簡単な作業なのですが
タイロッドエンドのを外すのがこの工具がないと大変なのです。

IMG_3462_2015071722341195d.jpg

そう、使い方も簡単。

IMG_3463.jpg

閉め込んでハンマーで軽く叩くと外れます。
今回は静かに外れましたが大きな音が出ることもあるので注意です。

IMG_3464.jpg

タガネや貫通ドライバーでタイロッドエンドブーツを取り外し
古いグリスを綺麗に拭き取って新しいグリスを入れ、
新品のブーツを取り付けます。
この車は鉄製のリングが付いていましたので
ウォーターポンププライヤーで少しずつ入れて行きました。

IMG_3459.jpg

まあ、これで陸事に行こうと思うほうがおかしい・・・(笑)

この車のタイロッドエンドのボルトはロックナットでした。
これがなかなか締まらず苦労しました。
クラウンナットと割りピンのほうがいいナ。

油だらけの手になってしまって写真を撮らずにいたら
完成写真を撮る前に陸事に向かってしまいました。
一度不合格、サイドスリップを近くの整備工場で調整してもらったそうですが
無事に車検に合格したという連絡を受けるひと安心。
ハンマーでひっぱたいたりしているヒマがあるんだったら
工具を買っておいたほうが楽で早いのです。

工具はともかくゴムと潤滑油の話だったと思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  










ダサさを追求するとカッコよくなるという不思議

ようやく初期化が済んだボクのカブ。
初期化と言ってもざっと錆びを取って消耗品の交換をし、
動く部分をOHしたくらいですが。

カブはノーマルが一番、そんな風に思っています。
もしガッツリとカスタムするんだったらボバー
カブのアイデンティティであるレッグガードは取りたくないのです。
そんなノーマルの雰囲気を残したまま簡単に出来るカスタムと言えば
荷台に箱をつけること。



ボクの中でのカブのイメージはダサければダサいほどカッコいいのです。
今回、とりあえず取り付けたのは職場に転がっていた
通い箱だったと思われる社名の入った黄色い箱。

IMG_3827.jpg

薄すぎて荷物を縛らずに載せて舗装状態の悪いところを走ると
荷物が飛び出してしまうのですが
このかっこ悪さがたまらなくかっこいいのです。

IMG_38126.jpg

いろんな荷物を積んで走ることの多いカブなのですが
ボクのカブは前かごを外してしまったので本当に荷物が載りません。
こんなに小さくて薄い箱でも載せた荷物をゴムなどで縛ればかなり使えます。

黄色が目を引くこの通い箱。
カスタムとは言いにくいんですがかなり気に入っています。
欲を言えばもう少し深さがあると最高なんですけどね。


縛られるのは荷物でよかった、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  







毎年必ずお腹が痛くなる日

9月30日そして2月16日。
この日は必ずお腹が痛くなってしまいます。
なんでだろう・・・(笑)

この腹痛を治すには天竜川病院が一番なのです。



秋。
ここ数年この時期はイワナを釣りに行きます。
天竜川の上流の各河川ではアマゴはもうすでにペアリングしていて
フライに反応しないことが多いのです。
逆にイワナはこれがいわゆる秋の荒食いなのか?と思うくらい
反応がいいことが多いのです。

RIMG0854.jpg

今年の夏にNOBUさんと行った渓

最終日はこの川を選びました。
アクセスが悪い川のほうがいい釣りができるような気がして・・・(笑)

RIMG0887.jpg

車止めに10時、今回は歩いて入渓点に向かいます。
その入渓点に到着したのが11時ちょっと過ぎ。
早速釣り始めますがフライを見に来るだけでフライをくわえてくれません。
それでもボウズ解除の一匹を釣り一安心。

RIMG0847.jpg

お昼ご飯を食べたころから一気に反応が良くなってきました。
特に大場所の巻き返しなどいい所からいい魚が、
そこそこの場所からはそこそこの魚が。
皆さんによく教育されていたようで1発勝負、
イワナのくせに2度目はありません。

RIMG0879.jpg

それでも一気につ抜け、さらに数を伸ばします。

RIMG0851.jpg

日差しは強くても風は秋。
そして深い渓に差し込む日は早い時間に無くなります。
長い禁漁期、そしてシーズン初期の寒い中の釣りのことを思い
気持ちは寂しくなってくるのですが釣り自体はもう絶好調。

IMG_3835.jpg

7寸イワナは思った場所から、9寸も時折交じり
大場所の巻き返しからは尺上が飛び出しました。

RIMG0896.jpg

釣り自体は大満足、目標としていた脱渓点が見えてきました。
そろそろ最後の一匹だな、と思いその一匹を釣り脱渓点に到着するまでに5匹(笑)

RIMG0890.jpg

さらに入渓点付近の気になっていた淵で小型ながらも泣きの1匹。
これから4ヶ月半渓流で釣りができないからね。

RIMG0897.jpg

結果として釣りをしたのは半日ほどでしたが
尺1匹を含め自分の年齢ほどの数のイワナが釣れ
今年の渓流釣りの納竿としました。

上の写真を見ていただくとわかると思うのですが
竿をしまったのが5時、もう薄暗かったのです。
ここから歩いて1時間、車に到着するころにはかなり暗くなってしまいました。
川通しもなく山肌をトラバースしなければいけない山道もない、
足元がしっかりした退渓路なのを入渓時にきっちり確認しておいたので
一人でこんな時間まで釣りをしましたが
ホントはもう少し早く上がらなければいけませんね。

これで2015シーズンの渓流釣りはおしまい。
新たな出会いもあり、いつもの仲間との楽しい釣りもあり・・・
足首の捻挫はしたけど大きな事故もなく無事に過ごせたことに感謝しています。
今年も楽しかった!

一人でイクときには逆につい早くなってしまうという方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  








旧パラ、ニューパラ

パラダイス、と呼ばれる釣り場があるという。

先日のキャンプの時にかんりさんと
シーズン最終の週末の土曜に休みが取れたら行こうと話をしていました。
前日の悪天候、そしてかんりさんの休みが取れずに
また来年という話になったところでてぃこまさんからお誘いがありました。
もちろん、二つ返事。

デイキャンプをしつつ釣りをしよう、そんな話をしながら釣り場へ向かいます。
現場到着すぐに腐るといけないので缶ビールの封を切りました。



山賊焼きを食べつつ先日のキャンプの話なども含め近況報告。

IMG_3814.jpg

そしててぃこまさんが新しく買ったというホットサンドメーカーで
焼いたホットサンド、これが最高。

IMG_3813.jpg

このホットサンドメーカー、及源というメーカーの鋳物のもの。
メーカー名を教えてもらう時の話なのですが釣り人らしく及川の「及」でも
ミッチー、及川光博の「及」でもなく及川奈央の「及」だと(笑)
一瞬でわかるいい説明でした(爆)

IMG_3816.jpg

締めにコーヒーをいただき出発。
しかしこの場所、てぃこまさんから道中で教えてもらっていた通り
釣り目的ではないけど来たことがある場所だぞ・・・

RIMG08316.jpg

こちらは旧パラ、ニューパラの入渓点は帰りがけに発見しました(笑)

魚はしっかり名手たちに調教されているようで
じっくりとフライを見に来る魚たちばかり。
それでも反応はすごく良く、あっと言う間にボウズはなくなりました。

RIMG0834.jpg

入った区間は堰堤だらけ、そして茶色い岩に透明感の少ない水。
この川、お世辞にも魅力的な川とは言えないのです。
しかしそんな思いは一気に打ち砕かれるのでした。

IMG_3817.jpg

堰堤下のそれほど大きくない淵でまずは小さい、と言っても
25㎝ほどありますがイワナがヒット。
そのイワナをネットにストックしたまま釣ったら
さらに大物、あっさり尺イワナでした。
自分のネットには魚が入っているので
てぃこまさんにランディングしてもらいました(笑)

RIMG0818.jpg

アベレージは7寸ほどですがかなりの割合で8寸、
そして9寸、泣き尺から尺の確率も高いのです。
渓相があまり良くないから釣り人に敬遠されるのかな・・・

RIMG0835.jpg

尺のいる川と尺の確率の高い川では大変な違いがあります。
この川は後者なのです。
堰堤の水の落ち口の裏でギリ尺をもう一匹。

RIMG0829.jpg

川通しで戻らないといけない区間に入りしばらく行くと
時間的に渓が目に見えて暗くなってきました。
イブは今まで釣った場所なのでフレッシュではないけど
戻りやすい場所をやろうということになりました。

一度目に岩のすき間の穴にイワナが入っていることがわかっていた場所。
そんな穴にフライを入れてみたところ
つっとフライを見に来て沈んでしまいました。
もう一度、今度は少しだけ誘ってみると疑いつつもフライをくわえるイワナ。
岩や枝に巻かれないように一気にランディングしました。

RIMG0842.jpg

惜しい、泣き尺。
でもこれだけ大きな魚がたくさん釣れれば文句なし、
まさにパラダイスなのです。
今期はもう終わっていますが来期はもしかしたら通ってしまうかも。
諏訪湖のほとりからだとちょっと遠いのがネックだけどね。

2015シーズンはこれで終わり、ではないのです。
最終日にもう一回。
お疲れさまでしたはまだもう少し待ってね。

どちらかと言うと
「え~!もう終わり?」と言われることが多いという方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

   








ムーンソードの渓は寛容な川なのか

朝の時間をゆっくりと過ごした今回のキャンプ。
始動10時、現着はなんと11時。
まあ、フライフィッシングだから早く始めても釣れないし(笑)



準備を終わらせると何となくみんなが竿を一か所に集めます。
今回は8人、竿も8本、いや16本(笑)

RIMG0795.jpg

これだけ並ぶと壮観なのです。

「商売道具のカメラを持った?」なんて声を掛けつつ・・・
そう、この8人中7人がブロガー。
同じような写真でもやはり個性が出ますよね。

RIMG0799.jpg

そしてみんな使っているシューズも違いここにも個性が。
恒例のタケさんの足の集合写真を撮り出発しました。
支流にぴょん吉さん

RIMG0810121.jpg

かんりさん

RIMG0801.jpg

ボク。

RIMG0805.jpg

本流の上流に正平さんいぶきちさん
そして本流下流にチュンさん、、タケさん、Doumtakaさん。
さすがに8人同じ場所には入れませんが
これだけの人数が一緒に釣りができる、これはすごいことです。

するとさっそく、小型ですがイワナが。
サイズは大きくないですが次々とイワナが反応し、
あっという間につ抜けしました。

RIMG0810.jpg

渡りにくい水量の多い川でのあと釣りや
先行者が予想される時は左岸側から釣るのが好きなボク。
そんなひねくれた(笑)釣りをするとよく釣れることが多いのですが
この日は時折反応が悪くなることがあるのです。
かんりさんに追いつき話を聞くと「右岸側を釣ると思って左岸を釣った」と。
さすがに川のギャングと呼ばれるかんりさんにそんなことをされると、ねぇ(笑)

RIMG0807.jpg

お昼ご飯はぴょん吉さんのストーブをお借りしてカップラーメン。
そういえばそんな釣りをすることも最近は少なくなったなぁ、と反省。
来期はもう少しストーブを持っていこう。

しばらく釣るとボクにもかんりさんにもすっかり反応がなくなってしまいました。
おかしいと思いつつも上流へ行くと先行している餌釣りの方が・・・
下流の岩の上で昼寝をしているぴょん吉さんを呼びに行きいったん脱渓しました。

RIMG0815.jpg

集合時間まであと30分ほど時間があります。
本流を釣ってみると反応はあるんだけどまったくフライを触りません。
支流は絶好調でしたが本流ではようやく1匹釣り脱渓しました。

RIMG0813.jpg

今回のキャンプ釣行も本当に楽しかった!
こうして趣味の合うみんなと話し、酒を飲み、魚を釣る。
また来年も行きたいなぁ。

IMG_38012.jpg

最後に今回参加できなかったてぃこまさん
高速のサービスエリアで会い、今回のキャンプ釣行の報告。
広島帰りの彼からソース屋さんのところのサニーソースを受け取り無事帰宅しました。
しかし一升瓶を2本並べて高速のサービスエリアで話をしていると
通る人通る人みんな振り返るなぁ(笑)

16本の竿・・・
実は一本足りなくなるんだ、とここで告白しようと思っている参加者はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
いや、いないよね…(爆)

  





プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック