B!

山吹の咲く頃

IMG_3007_20150428231936602.jpg

山吹の花が咲けば渓流釣りは盛期を迎える。
金色のこの花は昔から釣り人の目安の花とされてきました。
山吹が咲くこの時期は何をするにもいい時期、釣りもしたいしバイクも乗りたい。
だからバイクでちょっと遠くに釣りに行こう、と思うのは自然な流れですよね。

IMG_3018.jpg

タイヤの皮むき、そしてブレーキのあたりを付けるために峠越え。
90ccだけにストレスなく峠を登っていきます。
しっかり寝かせて横の皮もむいていきます。
アタリの付いたブレーキは今まで無いほどの効き具合。
キャブのセッティングがどうもイマイチ、かもしれないんだけど
標高のせいかもしれないしキャブはエアクリーナーが届いてからです。

IMG_3020.jpg

小一時間のライディングの末到着したのは
今年解禁日からいい思いをしたあの川。

うっすら濁りが入っているなぁ、と思ったのですが気にせず準備し
川へ降り立ってみると道路から見た時より濁っているような気がする・・・
数投するとフッキングしないまでも比較的反応がいいのですが
みるみるうちに濁りがきつくなってきた、ような気がするのです。

IMG_3022.jpg

いや、気のせいじゃないぞ。
そういえばリコプテラさんがどこかで工事をしている、
そんなようなことをおっしゃっていたなぁ。
迷わず脱渓、上流へ向かいます。

IMG_3037_20150428231649981.jpg

少し走ってみると上流は見事なまでのカフェオレ色です。
工事現場の上流へ行くしか無いか、と思いカブを走らせると
濁水の原因は堰堤工事でした。
そこで去年から工事をしていた、ということを思い出したのでした。

IMG_3029_2015042823163130a.jpg

少しラインを出して釣りをしたかったのに堰堤工事の上は
かなり狭くなってしまいました。
7.6ftの竿を持て余すほどのリーダーキャストの川。
しかし魚の反応は絶好調です。

IMG_3030.jpg

ちょっといい場所からは必ず反応があります。
ポンポンに膨らんだお腹はクロカワゲラでいっぱいでした。
フライはアダムスパラシュート#14からエルクヘアカディス#16に、
アダムスだとフッキングがイマイチな感じだったので交換したのですが
エルクヘアカディスでもイマイチ(笑)

IMG_3032.jpg

フッキングしないのはフライの問題でも腕の問題(笑)でもなく
結構スレていたためだったようです。
定位してる魚を見つけ、フライをキャストしようとすると
その竿の動きだけで魚が散るのです。
ああ、腕のせいか・・・(笑)

IMG_3033_20150428231646ba9.jpg

ほんの少しでも距離を取ると出るんだけど上のブッシュが邪魔なのです。
まあ、キャストはともかくフッキングしようとすると竿が木に当たる(笑)
写真は数少ない開けたいい場所(爆)

IMG_3035_20150428231647052.jpg

それでも2時間ほどでアマゴイワナ合わせてツ抜けです。
サイズは8寸止まりでしたが川の規模を考えると久しぶりに満足できました。
なんて言ってもようやく、のドライフライでの釣果。
ようやく信州にも盛期が訪れました。

IMG_3039.jpg

しかし桜に山吹は一緒、梅もついこの間散ったばかり。
信州の春は初夏と一緒にやってきてあっという間に去っていくんです。

あっと言う間に・・・と言う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!








スーパーカブ リアタイヤ交換とブレーキオーバーホール

ボウズは嫌だね。

IMG_2984.jpg

釣りでも、タイヤでも・・・
カブのリアタイヤ、ヒビが凄いので交換しようと思ったのですが
それなりに溝もありませんでした(笑)

IMG_2989_201504262255096a4.jpg

いくつか部品を注文しているのですが
まずはタイヤを交換することにしました。
イノウエゴム、IRC NR6 2.50-17 4PR。
今まで履いていたタイヤも同じものです。
今回は値段で・・・(笑)
カブにグリップが必要なのかもわからないので、ネ。

まずはホイールを外します。

IMG_2983.jpg

おや、スリット入りのライニング。
リアブレーキの効きが良かったのはこれが原因かな。

ここまで10分・・・
チェーンを外す必要すらありません。
なんて整備性がいいんだろう。
まずはブレーキのオーバーホール。
ダストを飛ばし、その後ブレーキカムに薄く給脂。

リアはここからが本題、タイヤ交換です。

IMG_2987.jpg

スポークに引っ掛けるタイプの
短いタイヤレバー2本でツルンとむけました。

IMG_2988.jpg

リムテープを外してみると予想はしていましたが錆びていましたので
ワイヤーブラシでできるだけ落としておきました。
サビが剥がれるとパンクの原因になるようですね。

IMG_2991_201504262255329a0.jpg

タイヤワックスをビードにしっかり塗っておきます。
ビード片側を入れるのは簡単、
もう片方のビードもしっかりワックスが効いていたため
最後にちょっとだけタイヤレバーを使うだけでした。
ついでにチェーンの張りを調整して終了。

さて、フロント。
タイヤは溝もOK、ヒビもなし。
しかしブレーキの戻りがよくないのです。
フロントショックのOHと一緒にと思っていましたが
危ないのでブレーキだけ手を付けておくことにしました。

IMG_2992.jpg

フロントはここまで5分・・・
いや、本当に驚くほど整備性がいい。

ブレーキレバーを握って戻すと
レバーは戻ってくるんだけどアームが返ってきませんでした。

IMG_2993_20150426225520c91.jpg

やはりブレーキカムにサビやダストが付着していることと
油切れが原因でした。

IMG_2994.jpg

ワイヤーブラシで清掃し薄くグリスを。
アームを手で動かしてみると
ああ、こうじゃなきゃダメだなと思えるほど滑らかになりました。
シューとドラムのあたり面を軽く紙やすりで研磨して
パーツクリーナーで洗って組み付け。

IMG_2995_20150426225523fae.jpg

サスペンション・アームを揺すってみるとガタガタと動きます。
これがタイヤが斜めに付く原因ですね。
ここはオーバーホールの予定です。

IMG_2996.jpg

タイヤの皮むき、ブレーキのあたりを付けるために注意深く試運転。
まだグリップ感は薄いしブレーキもOH前より効きますがイマイチです。
次回の釣りはちょっと遠くに行こう。

皮むきはだいぶ前に済ませた方もそうじゃない方もクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  












マグネティックティペットスレッダー

にしきたトレーディングさんより提供して頂いた
マグネティックティペットスレッダー



フライのアイにティペットを通す道具です。
もちろん、老眼の進んだ方に便利な道具、ではあるのですが
まだまだ先の(だと思われるw)ボクだって使う機会がたくさんあります。
例えば春先の寒くて手がかじかんでいる時。
または夏、薄暗くなった頃にライズを狙っている時。

R6026715.jpg

使い方は簡単。
乗せるだけで磁石の力でベストポジションのくぼみにフライのアイが
必ず行くようになっているので置いたら溝に沿ってティペットを送るだけ。

R6026717.jpg

まさに百発百中です。
磁石の働きによって風などでスレッダーから
フライが飛んでしまう、なんてことはありません。

このクリップがなかなか秀逸なのです。

R6026719.jpg

プラスチックの弾性でグッと縮めると開きます。
離すと自動的に閉まる。

R6026720.jpg

このままベストのD環へ、それでも落とすのが心配だったら
スプリットリングとカールコードでベストにつないでしまいましょう。

欠点があるとしたらただひとつ、
#18より小さい針には使えません。
ミッジサイズにはC&Fデザインのティペットスレッダーを。

まだ先だ、と思っている方もきっともうすぐ。
春先やイブニングにだってきっと重宝しますよ。

購入はこちら、にしきたトレーディングさんよりどうぞ。


自分だけはきっと老眼にならないと思っている方、思っていた方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!



カブの林道走破性を確認しに行ってきました

R6026712.jpg

大増水していることがわかりきっていた週末。
カブをいじってその後はおとなしく家で休んでいようかとも思いましたが
天気をみるとやはり出かけたくなります。
カブの調子を見るために、
そして林道の走破性を確認する意味でも釣りに行くか・・・(笑)

R6026714.jpg

やはり白泡が多い渓。
水温は9℃、気温12℃。
予想できていたことですがフライを流す場所が余りありません。

R6026735.jpg

水にはあまり入らずに河原を歩き、
深さのある巻き返し中心にフライを入れていきます、ドライを(笑)
時期的に、やっぱりニンフよりドライを使いたいじゃない、ネ。
しかし反応なんてもちろんなく、あっさりとニンフに交換します。

R6026726.jpg

交換した直後、奥の巻き返しでツッとマーカーが動きました。
合わせてみるとボウズ逃れのこぶりなアマゴ。

R6026722.jpg

良くも無いけどそんなに悪くはなさそう。
ゆっくり巻き返す深い場所が良さそうだと予想を立てますが
そんな場所はほとんどないのです。

R6026739.jpg

林道に上がって歩き、良いポイントを見つけては川へ戻る。
そんなことを繰り返してようやく見つけたなかなかのポイント。

R6026733.jpg

写真の右側奥がいい感じに巻いています。
そこへニンフを入れるとマーカーがスッと上流へ動いたような気がしました。
気のせいか?と思いつつも再度フライを入れると
今度は水の流れに逆らって大きく動きました。

R6026729.jpg

思えば今年これが2匹目のイワナ。
更に歩いたのにもかかわらずタイトルから皆さんが想像するように
この一匹でこの日の釣りはひっそりと幕を閉じたのでした。

R6026743.jpg

それほど標高の高い場所ではないのですがまだまだ白いものがたくさん。
でもこれだけ暖かければそろそろ、いよいよ、絶対!

R6026737.jpg

カブの林道走破性?
ああ、そうだった。
車高が低いので握りこぶし程度の石でも
気を使わなければいけないし「走れる」程度です。
泥地をアクセル一定でゆっくり、まっすぐに走っている時に
ほぼ90度のテールスライドでフロントタイヤが川の方へ向いた時には
これでもうダメか、と思った・・・(笑)
それでも林道をトコトコ進むのも楽しいね!

白いものが減るのは寂しい、と思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  












スーパーカブ整備 その2

本格的に乗る前にもう少しだけ整備しました。
まずはキャブのアイドリング調整。
なかなか良い所が見つからずに
エアースクリューとスロットル ストップスクリューをぐるぐる・・・

R6026707.jpg

エアスクリューは締めて1回転と1/2戻しが標準らしいけど
そこだと回転の戻りがよくありません。
2つのネジをちょっとずつ締めたりゆるめたりして
ようやくいいところを発見、アイドリングは安定しました。

それから変速の度にガチャガチャうるさくて切れの悪かったクラッチの調整を。



右へ、次は左、そしてまた右へ・・・なんて
金庫のダイヤルのような動かし方で調整します。
このへんはボクより詳しい方がたくさんブログやサイトを作っているので
調整方法はそちらを参照(爆)
ガチャン!という音はカシャ、位になりギアの入りもよく
快適にギアチェンジできるようになりました。
新聞屋さんのカブはみんな調整不足だぞ・・・

そしてリアショックの給脂。

R6026710.jpg

ブッシュとカラーを外してシリコンオイルをひと塗り。
これで少しは動きが良くなるかな。

あとは後回しでも大丈夫か部品待ち。
バイクシーズンはまだこれから先です。
ゆっくりやっていこう。

潤滑油の大切さが身にしみている方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  




スーパーカブ整備 その1



とりあえずは動くボクのカブ。
動くんだけどいたるところサビだらけだし
オイルだっていつ交換したのかわからない。
その辺を軽く整備することにしました。

IMG_3267.jpg

まずはバッテリー。
せっかくのセルつきなのですがセルが使えないどころか
ウィンカーだってまともに点滅しません。
もちろん新品に交換。
YT4L-BS互換品のCT4L-BSです。

IMG_3269.jpg

それからプラグ。
悪くはないんだけど・・・
これはバッテリーと一緒に注文したので交換します。

IMG_3275.jpg

キャブのアイドリング調整がうまくいかなくてかぶっちゃった(笑)
まあ、新品に。

IMG_3268.jpg

エアクリーナーは圧縮エアにてとりあえず清掃。
これも後日交換です。
エアクリーナーボックスを外したついでに
土っぽいキャブをバラして見てみると大変なことになっていました。

IMG_3271.jpg

アイドリング調整がうまくいかないのはこれが原因が?
外してみてよかった。

IMG_3273.jpg

もちろんオーバーホールしました。

IMG_3274.jpg

譲り受けた当日、チェーンカバーから錆汁が出ました。
これじゃあ出るはずだ。
灯油に数時間漬けると動きも良くなりサビもほとんどなくなりましたので
メンテルーブを吹いておきました。
スプロケットは角も立っていて問題なさそうです。

IMG_3266.jpg

それから懸案のオイル交換。
今回はワコーズのプロステージS 0W30を使うことにしました。
このオイルはJASO MB規格なのでバイクにもOK。

追記2016 2/8
スーパーカブのようないい意味でいい加減なエンジンには
0W30のオイルは柔らかすぎてオイル食いが発生することがわかりました。
プロステージSの場合10W40の設定がありますのでそちらを使ってください。

古いオイルがあまりにもサラサラで真っ黒だったので
もったいないけど一度目はフラッシングとして、近所を一周してからもう一度交換。

IMG_3276.jpg

一番時間がかかるのがサビ落としです。
とりあえずホイールのリムをボンスターで磨き、
スポークをざっとワイヤーブラシで磨きました。
リアショックやマフラーなどはピカールで、これでだいぶ綺麗になりました。
時間ができたらスポークには亜鉛塗料でも塗ろうかな。

これでそれなりに、と思ったのですが
リアのウインカーの中がサビだらけで点灯はするのですが点滅しません。
残念だけどこれはアッセンブリー交換です。
一枚目の写真を見ていただくとわかりますがフロントタイヤが傾いています。
フロントショックのオーバーホールをしないとダメ、これが一番の問題。

穴のあいたシート、リアタイヤ交換、各リンク部の給脂、遠心クラッチの調整、
ブレーキのオーバーホールなども徐々にやっていこうと思っています。
しかし釣りシーズンとバイク整備が重なると困るんだよなぁ(笑)

困る、なんて言いつつ楽しそうだぞ、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  







Do you have a HONDA?

S660。

IMG_3211.jpg

久しぶりにホンダからワクワクする車が出ました。
販売が予想されるtypeRで100馬力超えとの噂・・・
そして第4期F1参戦。
今回はきっと活躍してくれるはずです。

ホンダはHマークもいいけどウィングマークも格別。
そんなホンダのバイクを手に入れました。

IMG_3258.jpg

そう、ご存知スーパーカブ。

IMG_3255_20150415224838088.jpg

9000万台生産されているというベストセラー、
90cc、セル付きの1992年式です。
3万キロほど走ってその後2年以上放置された車両を見つけ、
半年かけて持ち主さまを口説き譲っていただきました。

IMG_3226.jpg

海外ではこんな使い方をされるバイク、
3万キロ走っていてもまだまだこれからなのです。

レッグガードにツヤがあり一番目立つマフラーにサビがないので
遠目にみると綺麗なのですがそこは2年以上の放置車両。

IMG_3256.jpg

こんな感じだったりします。

IMG_3257.jpg

動くかの確認をしていない車両だったのと
鍵がみつからない、と言われていたので
最悪軽トラ運搬かと思っていましたが鍵は見つけて頂きました。
これだけでも有難かったのですがタンクからガソリンを抜き、
キャブの腐ったガソリンを抜いてキックすると
それほど苦労せずに再びエンジンに火が入りました。
走ってみるとなかなか快適。
はじめはクラッチレバーがないこととシフトアップで
ペダルを踏み込むことにすこし戸惑いましたがすぐに慣れました。
慣れないのはウインカー。
ついライトを消してしまう・・・(笑)

バッテリーはもちろん死亡。
シートは破れているしフロントサスペンションの
ブッシュが傷んでいるようでタイヤが垂直ではありません。
ギアが入りにくいのでオイル交換も必要ですが
とりあえず乗れるのでこれからゆっくりと手を入れ
いわなたろう4号車として頑張ってもらいたいと思います。

とりあえず乗れる、というのは大きな魅力と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  
















にしきたトレーディング 格安ロッドインプレッション

サブタイトルを付けるとすると
「渓へ新しい竿の調子を見に行ってきました」になります(泣)

IMG_32414.jpg

高遠での花見のあと向かったのは大田切川旧C&R区間の最下流部。

R6026703.jpg

先日にしきたトレーディングさんに提供して頂いた7.6ft、♯3指定の
格安のフライロッドをおろしてきました。



税、送料込みでなんと8,619円。
新品で一万円を切るこの価格にまず驚きです。
そのロッドがどんなものか早く試してみたかったのです。

R6026698.jpg

グリップは一般的な日本人の手には少し大きいですが
ロッドの長さが7.6ftなので狙う場所によって長く持ったり短く持ったりと
グリップ位置を変えて使うにはいい感じです。

早速DT3Fのラインを通して振ってみます。

R6026697.jpg

ショートレンジでは竿にラインが乗ってくる感じが全くありません。
10mほどラインを出してようやくラインのノリがわかってきます。
家での素振りの時に感じていたのですがやはり♯4のほうが良さそうです。
4番を乗せるとやはり快適、ラインのノリをしっかりと感じることができ、
ショートレンジからそこそこのロングキャストまでこなします。
少し硬めのこの竿、メンディングはしやすく
手元の小さな動きでフライラインを持ち上げることができます。

R6026701.jpg

ドライに全く反応がなかったのでガン球3つ、
空気抵抗の大きいヤーンマーカー付きニンフも使ったのですが
トラブルなくキャストでき非常に快適でした。

全体的なコスメ、ラッピング等は
高級感があるというと嘘になりますがまあ、悪くない作りです。

バックアップロッドとして、出先での急なライズ対策に
クルマのラゲッジに積みっぱなしにしておくのも悪くありません。
もちろん、♯3指定ですが♯4ロッドのメインロッドとして使うにもいいと思います。

購入はこちら、にしきたトレーディングさんよりどうぞ。

竿をおろすのはいつでもドキドキする、と思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

にしきたトレーディング

先日から右側カラム3段目に新しいバナーが出来たことに
気が付いた方もいらっしゃるとおもいますが
格安フライラインで有名なにしきたトレーディングさんに
当ブログのスポンサーとなって頂きました。

p1crogo131007.jpg

さて、今回提供していただいたのはこちら。

IMG_3230.jpg

7.6ft♯3ロッドにDT3F/DT4F、それにマグネティックティペットスレッダー。
実はDT3Fについては2013年に自腹にて購入
通算1年ほどみっちりと使っていました。

IMG_32138.jpg

なかなかいいラインだということが分かっているので
それはまた別記事で紹介していきます。
そもそもほら、使えないラインだったら
手入れしつつ1年半もリールに巻きっぱなしにすることなんてしないでしょ?

こうして商品を提供していただくことになったのですが
スポンサーになって頂いた、と宣言するということは
購入したふりをしてこっそりと提灯記事を書くようなことはしない、と
宣言するのと同じなわけで・・・
提供して頂いた商品をいわなたろう目線で
楽しく紹介していけたら、と思っています。

品揃えにろうそくやロープが増えるんじゃないかと思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
ピーコックのフリューむしりに山岳渓流釣りの確保用ロープ・・・
なにを言っているんだキミは!

渓で捻挫のリハビリをしてきました

最近川へ向かうクルマの中でブログのタイトルを考えてしまう・・・
釣れればまた違うタイトルになるのですが
それが変わらないところが悲しいのです。



陽気もいいし水温も9度と悪くない。
しかし先日の雨と雪シロのため川はすっかり増水していました。

R6026682.jpg

まあね、川を見た瞬間に分かるんだよね。
ダメそうだな、って。
流したい流速の場所が少ないんだもん。
でも一応川に降りて、河原の花の写真を撮って(笑)

R6026681.jpg

ちゃんとロッドを振っているんだけど反応なんて何ひとつ無いのです。
そんなことをしつつ移動を決めるまで小一時間。
30分ほど林道を走り、イワナの住む小渓流へ。

R6026683.jpg

水温は計っていませんがウェーダーを伝って来る水温は
さっきの川の9度よりかなり低そうです。
その川で使っていたニンフのシステムのまま釣り上がりますが
あまりにも釣りにくいのでドライに交換。
いるのは絶対にイワナだし水温が低くてもドライでもしかしたら・・・なんて。

IMG_3227_20150412001416ed5.jpg

なんと!
瀬からイワナが飛び出しましたがフッキングに失敗しました。
フックをくわえていた感覚があったのでさすがにこの魚はもう無理でしたが
ドライに反応するすることもわかり少しだけやる気アップ。

R6026693.jpg

上写真矢印の場所、10㎝四方ほどの
水の動かない深みの巻き返しがあるのですが
そこにフライを入れた時に魚がフライを見に来ました。
このチャンスを逃すとマジでボウズ・・・
何度かフライを入れ、ダメかと思った頃にようやくイワナがフライをくわえてくれました。

R6026690.jpg

今年はじめてのイワナ、小さいけどね。
このイワナが釣れなかったらボウズ、本当に危ないところでした。
いやまてよ、釣りに行ったんじゃなくてリハビリに行ったんだ・・・

小さくてもパクっとくわえてくれたらいいじゃないか、と思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

   








ナイキ ナイロンコルテッツ

先日、フォレスト・ガンプの小物として使用された
赤白のレザーコルテッツが復刻された、と友人との話の中で聞きました。

10代から20代前半にかけてボクもナイキは大好きでした。
エアモック3足、ワッフルソールやコルテッツは何足履きつぶしたか分かりません。
時にはジョーダンも・・・
それは購入してから何年かしてフライロッドに化けました。

そう、コルテッツ。
レザーコルテッツ復刻の話を聞いた直後に出会ったのが
ナイキが創業以来いまでも作り続けているナイロンコルテッツの紺でした。

IMG_3170.jpg

何年ぶりだろうか・・・
見かけた瞬間に懐かしさのあまりに手に取り、そのままレジへ向かいました。
サイズは足入れが狭いのでワンサイズ大きめのサイズ8、26cm。

IMG_3168.jpg

テストした時には26.5cmでもいいか、と思ったのですが・・・(笑)
それにしてもこの紺の靴紐は気に入りません。
キラキラした金具もいらない。
やはりナイロンコルテッツは白い靴紐でしょう。

IMG_3171.jpg

嬉しい事に同梱されていました。
もちろん、即交換。

IMG_3172.jpg

現在も持っている当時物のワッフルトレーナーカラーのコルテッツ。
ソールに問題があり履かなくなったものをそのまま持っていただけなのですが
これがワンサイズどころか2サイズくらい大きい26.5cm。
ナイキの靴って当時は今より小さめだったような気がします。
それにしても早くこんな雰囲気にならないかなぁ。

履くものが好きだったり嫌いだったり・・・と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  










テトラ バリューAXパワーフィルター VAX-30

何年か前に改造したGEX簡単ラクラクパワーフィルター
水漏れするようになってきました。



シールテープを巻いてみたけどダメ。
パッキンも純正品はともかく探せばあるだろうし
この外掛けフィルターの新しいものを購入して
もう一度改造しなおしていもいいんだけど外部フィルターも結構気になる・・・
クリックひとつの手間にはかなわず(笑)外部フィルターを購入しました。

IMG_3186.jpg

購入したのは、テトラ バリューAXパワーフィルターVAX-30。
必要な物は全て同梱されているしなんといっても安いのです。

フィルターの構成はこんな感じ。

IMG_3196.jpg

IMG_3187.jpg

既に水は出来上がり強い水になっているので活性炭はいらないし、
今までのフィルターで育った微生物がもったいない。
ひと月しか持たない上に限界を超えると有害物質を吐き出すという話の
活性炭の交換の手間を減らすため
上写真の手前2つの活性炭パックとウールは取り去り、
今まで使っていたセラミックリングと洗車スポンジを入れることにしました。

IMG_3190.jpg

2槽目のフィルターの順番は下から旧フィルターからの洗車スポンジ、
ブラックスポンジ、旧フィルターからのセラミックリング、
一番上にブラックスポンジの順。
全部入れてもまだ純正のリングもスポンジも2枚入ります。
濾過能力の向上が期待できますね。

IMG_3191.jpg

我が家ではレッドラムズホーンが爆殖している(笑)ため、
稚貝がフィルター内に入らないように
テトラ ストレーナーフィルターをセット。

IMG_3183.jpg

IMG_3184.jpg

さて、フィルターの下準備も終わったので水槽にセットしていきます。

IMG_3197.jpg

我が家の水槽は20cm×20cm×27cm。
5cmほど砂利を敷いてあるのですがその砂利を掘ってセットしなければ
水位最低線までが厳しくなってしまいます。
高さ23cmの水槽にも使えるようなのですが
蒸発による水位低下をシビアに管理していかないとダメなんじゃないかな?

IMG_3193.jpg

本体は水槽の裏に。
外掛け式に比べ水槽内に見える器具が減るのでスッキリした印象です。

IMG_3195.jpg

それにしても水中モーター部分も黒くしておけよ・・・
フィルターの能力はかなり上がっているので水はあっという間にピカピカに。

今はシャワーチューブを付けているので水流が結構ありますが
それを取り外し、ホースを直接水中に入れるようにすると水流がなくなります。
心配していた音もTVなど消して水槽に近づくとちょっと聞こえる程度。
気にならないレベルです。
それよりこの水槽、魚が水草の裏に隠れてあまり見えないということが目下の悩み。
ボクを癒してくれるのはレッドラムズホーンだけなのです(笑)

やっぱり赤い色の貝だよね、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  







春の風を渓で満喫してきました

そう、ご想像の通り魚の写真は出てきません・・・(泣)

所用で休暇を取り、用事を全て午前中に集中させ
なんとか時間を作り向かうはもちろん渓。
たいした用事なんてホントはないんだけどね(笑)



横岳の横しま模様が見えてきた八ヶ岳。
順調に雪が解けてきています。

R6026658.jpg

気温は18℃、水温12℃。
前回いい思いをしたので確信とも言える日取りでした。
まずはこの時期、毎年いい思いをしている渓へ。

R6026657.jpg

間違いなくライズしていると思ったのですが
そんな様子はどこにもありません。
「それでも今日は間違いがないだろ」と思い結ぶのはエルクヘアカディス。
しかし間違いないはずのポイントは沈黙。
渓を変えれば・・・そんな思いで30分ほどで移動を決意しました。

R6026665.jpg

向かうは前回いい思いをした区間の上流。
源頭も違うしここは絶対だと思ったのです。

R6026667.jpg

普段から水に軽い濁りの入るこの渓、
河原へ降りてみるとあれ!って思うくらい水の色がよくないのです。
軽く薄緑の乳白色に濁る水、雪代だなとは思いつつ
一度降りると脱渓が面倒なこの区間、
とりあえず釣り上がってみることにしましたが、ち~ん。

R6026660.jpg

ニンフ、ドライとめまぐるしく交換して釣り上がりましたが
岸際のイワナポイントからアマゴが2発フライに出ただけでした。
出る、ということはあの川だったらもしかして・・・
なんて悪い予想を立てこの日2回めの移動。

R6026669.jpg

初期から実績のある、例の里川へ。
ここでも最終ポイントで2度、同じ魚と思われるアタリがあっただけでした。
タイムアップ、でもなかったのですがもう嫌になって終了。

R6026670.jpg

状況が悪くなった要因として考えられるのは雪シロ。
あれだけあった八ヶ岳の雪が一気になくなってきています。
3河川とも源頭は違うとは言え同じ八ヶ岳が水源です。
次回は時間か場所をチョット考えないといけないなぁ。

この日履いていた靴下はいつも釣りに行く時に履く
厚手のものではなく薄手のお出掛け用のものでした。
そして靴紐の締め込みが甘いな、と思いつつ急いで渓を歩いたため
どこかで足をひねり、ウチへ帰ってきてから痛み出し
足首を捻挫していることに気が付きました。

IMG_3189.jpg

こんなところでネオプレーンに会うとは思わなかった・・・
日常生活に支障が出るほどでしたがようやく回復期に入ったようです。
足こしらえ、靴下だってとても重要なのです。
釣りは遊びなんだから皆様も気をつけて、ご安全にね。

一番重要なのは3本目の足の靴下だと実感したことのある方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
ボク?
遠い昔にドキドキしたことがあるくらい、穴は勘弁してほしいよね。

  








ブリジストン レグノGRV2

ジムニーに続き今年2セット目のタイヤ購入。
年に2セットって、走り屋じゃないんだからなんて思いつつ
いわなたろう一号車のタイヤを変えることにしました。

先シーズンまで履いていたのは同じくブリジストンのプレイズRV。

IMG_3088.jpg

新車購入時はダンロップ SP SPORT 270でした。
SP SPORTはうるさく、運転に気を使うタイヤだった、というのは
プレイズRVに履き替えた時にわかったのです。

IMG_3090.jpg

もうワンシーズン位はいけるかな、と思っていたのですが
去年スタッドレスタイヤに交換するときにサイドウォールのむしれを発見。

IMG_3089.jpg

これでは替えないというわけにはいきません。
そんなわけで今回いわなたろう一号車用に選んだタイヤはブリジストンのレグノ。
レグノと言えば乗り心地がよく静かなタイヤとして知られています。
高価なタイヤですがレグノを一度試して見たかったのです。

IMG_3122.jpg

タイヤカタログには転がり抵抗性能と
ウェットグリップ性能というのが載っています。

IMG_3177.jpg

今期レグノGRVシリーズはGRVからGRV2へマイナーチェンジしました。
転がり抵抗性能はCからAへ、ウェットグリップ性能はcからbへと性能アップ。
ウェットグリップ性能を実感できることは少ないかもしれませんが
転がり抵抗性能アップは燃費に大幅に貢献するはずです。
タイヤの値段の高さはガソリン代でペイできるかもしれないしね。

タイヤの表面の模様も面白い。
カタログをみると分銅繋ぎというらしいのですが縁起物のようです。

IMG_3123.jpg

トレッドパターンは驚くほどプレイズRVに似ています。

IMG_3124_20150331095059810.jpg

左右非対称で内側にある穴。
これを見てレグノGRV2はプレイズRVの
正常進化版だな、と感じて購入を決めたというのもあります。
ボクの中でのプレイズRVの印象はそれほどまでに良かったのです。

さて、発注は3月初旬。
納品は4月に入ってからとカタログに書いてありましたが
3月中旬には取り付けることが出来る状態になっていました。
それでも3月中は雪が心配なのが間違いのない諏訪湖周辺。
取り付けは3/29としました。
そして早速100kmほど高速で皮むきを。

IMG_3164_20150331095037163.jpg

静音タイヤに過度の期待は禁物。
クルマが動いている以上はタイヤも含めた風切音もあれば
路面との摩擦音も避けることは出来ないのです。
それでも期待以上の静かさです。
表現が難しいのですが高速道路での走行音が
「ゴ~」から「シャー」になった感じです。

特筆すべきは60km以下。
気にしていてもタイヤの音がわからないレベル、
まさに静寂そのもの・・・いや、それは言い過ぎか。
そしてとにかく運転が楽。
真っ直ぐ進む感じが以前のプレイズRVより強く、
高速のレーンチェンジでもふらつきが収まるのが早く車が安定します。

他メーカーのタイヤを同一条件で乗ってみれば
もっと違いが分かるのですがそんなことは出来ません。
しかしながら運転もしやすくなり静かで満足感の高いタイヤです。
燃費性能がわかってくるのはこれからですネ。

ゴム製品はタイヤくらいしか用事がない、という方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
理研のライケン、GT-RのOKマーク(笑)
わからないだろうなぁ・・・

  



プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック