B!

渓へ早春の花を撮りに行ってきました

解禁当初のあいさつ回り。



あそこの渓、あのポイントと解禁したら回りたい渓があるのです。
去年は初期から調子が良かったな、今年はどうだろう・・・なんて。
今年は去年と違い解禁日から釣れています。
いつもだったらもう少し季節が進んでから、と思う渓も
実はいいんじゃないか、などと思いつつ里川へ。

R6026526.jpg

しかし釣れない・・・
水温は7度と絶対いいはずなのに
ピクリともしないマーカーに移動を決意しました。

IMG_3047.jpg

すでに時間は午後遅く、心はボウズを覚悟していました。
花の写真でお茶を濁そうと当ブログのマスコットフラワーの
オオイヌノフグリを探しますがなかなか見つかりません。
しかし執念が実り日当たりのいいところでようやく発見。
こうなると動物園、水族館の亀の写真とともに
オオイヌノフグリの写真を撮ることは
ある意味ライフワークとも言えます(笑)

R6026534.jpg

ボウズの時のための気の早いふきのとうやたんぽぽなどを撮りつつ・・・

R6026536.jpg

移動先はもちろん前回実績のあるところ。
しかし時間も遅いためか、日が良くないのかマーカーが動きません。
動きは底やゴミばかり。

花の写真を撮っておいてよかったな、と思い始めたころ
沈み堰堤の下、日当たりもよく流れもゆっくりなアシ際を流すと
ようやくすっとマーカーが引き込まれました。

R6026542.jpg

ボウスを覚悟していただけに嬉しい一匹。
そう、ゼロとイチでは大きな開きがあるのです。

R6026540.jpg

気温が上がってきたから雪代が本格的に入り始めたのかな?
河原の氷が解け、もう少し雪が落ちれば
もっと調子が上がってくることでしょう。

R6026543.jpg

明日は渓流釣りの解禁日を迎える県が多いですね。
皆さん、良い釣りを!

前回の亀に今回のふぐり、上手につながるもんだなと思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!














蓼科アミューズメント水族館

水族館が好きなのです。



つい最近、11月には名古屋港水族館へも行きました。
水族館の大きな水槽をゆったりと泳ぐ魚を眺めていると
時間が経つのを忘れてしまうのです。

今回はわが家から一番近い蓼科アミューズメント水族館へ。

IMG_2978.jpg

一度経営が行き詰まり、1年ほどお休みしていたのですが
2年ほど前かな?営業を再開したと地元の新聞に出ていました。
近いだけあって何度か訪れているこの水族館、
再開してから初めて、久しぶりに行ってみました。
2月中は諏訪圏内に住んでいると大人500円になるという特典を活かして・・・

IMG_2985.jpg

一時休館する前からそうだったのですが
全体的になんともファンシーな内装です。

IMG_2981.jpg

そして海水の手配が大変な内陸、
標高1700mを超す場所にある水族館だけあって
飼育されている魚は全て淡水魚。

IMG_2991.jpg

鯉の数は驚くべきほど。
餌をあげるとすごい数の鯉が寄ってきてパクパクと・・・

IMG_2989.jpg

どんな魚でも水面に口を出す行為はついドキドキしてしまう(笑)
釣りをしているときにヒゲ族がフライをくわえると
それはそれでイマイチな気持ちになるんですけどね。

IMG_2980.jpg

鯉しかいない、ではお城のお堀とそう変わらない。
エンジェルフィッシュやネオンテトラ位だと熱帯魚屋さんとも変わりません。

IMG_2995.jpg

2メートルを超すピラルクー、ガーパイクにナイフフィッシュ、そしてアジアアロワナ。
熱帯魚屋では見ることが出来ないサイズのセルフィンプレコ。
やっぱり水族館なのです。

IMG_2993.jpg

水族館に行った記事を書くときは「亀の頭は伸びないと」などと
必ずブログに書かなくてはいけないという使命を持つボクのため
首が長く伸びる亀も飼育されていました、感心感心。
以前は屋外にペンギンを展示していましたが
それが無くなったのは寂しいことでした。

せっかくの土地柄、天竜川最上流に建つ水族館なのですから
最上流部から下流まで水槽を並べて展示を行ってもいいかな、と思います。
魚の捕獲でしたら協力を惜しみません(笑)
アクア・トトぎふだって淡水魚専門。
楽しい企画や展示方法で蓼科に行ったらここに寄らなきゃ!と思えるような、
そして年間パスポートを買わないと損だな、と地元の方が思ってしまうような
素敵な水族館になるといいな、と思っています。

IMG_3007.jpg

クリックしてくれないと次回釣行時にこのおちょぼ口に総攻撃されることでしょう。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
いつもはウグイですが今回は海釣りに行かれる方対策(笑)

  












小さくたっていいじゃないか

地元の川での解禁。
毎年解禁日はそうしたいと思っていたのですが
今年は山向こうへ行ってしまった(笑)
やっぱり地元の川でも解禁しておかないとね。

R6026515.jpg

できたら2河川。
そう決めていたのにすっかり出遅れてしまい、
1河川しか歩けない時間となってしまいました。
クルマを停め準備が終わると1時半、プライムタイム終了まであと少し・・・

出ない!ハイ移動。

R6026525.jpg

結果、計画通り2河川を歩くこととなりました。
気温は6度、水温は1本目の川で6度、こっちで7度。
解禁日の1度から比べるとお湯だ(爆)

R6026518.jpg

小さいながらもユスリカも飛んでいて雰囲気は最高。
これは1本目の川でも一緒だったのですが・・・
時間は2時半、ゆったりと流れる淵を流しきり、
マーカーは肩にさしかかります。
出ないだろうなぁ、とは思いつつ流しきると
ピックアップ寸前にマーカーがピコっと動きました。

R6026517.jpg

地元の川でも解禁、これで本当の解禁を迎えたような気がします。
写真を撮ってサイズアップを狙います。
前の魚が出たのが肩、割といい場所に付いているのか?と考え
瀬も流していくとさらに一匹。

R6026521.jpg

そして次の肩で更にもう一匹。

R6026520.jpg

移動してものの10分で3匹。
まさに爆釣ペースです。
しかしここからマーカーが動くのはフライが底にあたった時くらい。
まさにピクリともしなくなってしまいました。
時間、この時期は特に大切なんだよね。

小さくてもたくさん出ればいいじゃない、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
いや、持続力がね・・・

  













ミッレフィオーリ

芳香剤を置いて無くてもBMWやレクサスは新車から何年たってもいい匂い、
ボルボは芳香剤を置いても酸っぱいようないわゆるボルボ臭というのがある・・・
クルマの匂い、ボクはそこはかとなく漂ってくるブローバイ臭や
触媒のないクルマの排気ガスの臭いが好きだったりするのです。

昔から芳香剤のニオイがあまり好きではないのです。
空港の免税店やデパートの化粧品売り場に長時間いると
頭が痛くなってしまうくらいなので
いままで芳香剤のたぐいをほとんど使ったことがありませんでした。

たまに行く雑貨屋さん。
そこにおいてあった芳香剤をクンクンしてみるとなかなかいいニオイ。
今まで芳香剤としては嗅いだことのない香りでした。



それがMillefiori 、ミッレフィオーリでした。
香りはコールドウォーター。
スパイシーなこの香りがクセになってしまいつい購入しました。

IMG_3033.jpg

どういう構造なのか気になっていたこの芳香剤、
C型のアルミ板の間に匂いの元のゴムを差し込むだけでした。
組み立ては恐ろしく簡単、あっという間にセット完了。

IMG_3034.jpg

早速クルマに。

IMG_3035_201502202237128d4.jpg

甘さの中にスパイシーさが秘められた魅惑的な大人の香り、と
商品の説明に書いてありましたがまさにそんな感じ。
このコールドウォーターという香りをあえて言うなら
資生堂のヘアリキッドの香りに近い(笑)
やはり、と言うか新品のうちは香りが強すぎて
車内が暖かくなってくると頭が痛くなってきます(笑)
特にボクにはエアコンの吹き出し口はダメ、香りが強すぎるのです。
ビニールの袋をかぶせて、グローブボックスに入れてちょうどいいくらい。

早く香りが弱まるといいナ、なんて思うボクは
やはり芳香剤の香りを得意としないのでした・・・
いい匂いなんだけどね。

袋に入れてちょうどいいなんてどれだけ敏感なんだ、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

   




ツレタ

春の風物詩、2/16長野県内の渓流解禁日の腹痛。
今年も1週間ほど前から体調を整え無事に腹痛になることに成功しました。



去年のような解禁日間際の大雪には見舞われませんでしたが
年末に降った分がまだ解けていないので今年もかなりの雪の量です。
で、あっちは少ないかも、と山を越えてみるとやっぱりあっちも多かった(笑)

R6026466.jpg

この2年ほど諏訪地方はどこの雪国だろう、と思うほど雪が多いのです。
水温が少しでも上がってから、とまずは食事をしてから・・・

R6026467.jpg

渓の瀬音を聞きながら食べる温かい食事は最高。
とは言え味わう事もできないほどに心は急いてしまいます。
だって目の前は5ヶ月も遠ざかっていた川なんだもん。
そんな事もあろうかと使ったのは
火力も強く便利で片付けも簡単なSPのガスストーブ(笑)

R6026468.jpg

少なくてもスネまで、多い場所ではヒザまである雪をラッセルして
誰の手垢も付いていない、今年はじめて人が入るであろう場所へ。
食事の前に声を掛けた方は一番川で3匹良いサイズを釣ったとおっしゃっていました。
ボクは昼からだしやっぱり入りにくい場所、だよね。

気温は5度、水温は・・・

R6026480.jpg

この水温計壊れているんじゃないの?と思うほどの1度。
食堂のクラッシュドアイスのようなプカプカと流れてくる雪、
まあ、壊れていないんだろうね(笑)

R6026473.jpg

瀬は眼中にありません。狙うは淵、巻き返し。
マーカー下は50cmほど、ビースヘッド付きのアグリーニンフの上
30㎝のところにガン球をひとつ打ちます。
イワナでもいそうな巻き返しに
マーカーを漂わせていると唐突にツッと控えめのあたりが・・・
こんなにあっさりとあたりなんて無いだろ、という気持ちがあったため、
あまりの突然の出来事に合わせられませんでしたが
同じ場所を流すともう一度あたりが。
毎年苦労する初モノ、今年はあっさりと釣ることが出来ました。

R6026471.jpg

小さいしまだまだ盛期のように引きません。
そしてあたりだって明確ではありませんが
なんといっても今年初モノ、嬉しいのです。

R6026472.jpg

一匹釣れたし満足、ではあったのですが
またラッセルして登らなければいけない雪の壁、
仕方がないので釣り続けることに(笑)

川の状況だってあまり良くはないはず。
水温一度なんてここ数年で一番低いのです。

R6026478.jpg

それでも2匹目、3匹目と立て続けに。

R6026485.jpg

こんなに心に余裕のできた解禁日はいつ以来だろう!
地元の川のライズが調子良かった2009年以来だろうか・・・

R6026495.jpg

毎年解禁日はお祭りみたいなもの、
釣れはしないだろうけどとりあえず行くことに意義があると思っていたのですが
今年は5匹、そんな思いを良い方に裏切られました。

R6026491.jpg

身体は寒くないのですがつま先は恐ろしく冷たくて限界。
解けた雪が凍って道が悪くなる前に帰らないと、と2時半に終了としました。
でも身体は冷えたなぁ、今(6時)になってお腹が痛い(爆)

サイズはこれから伸びてくることでしょう。
なんといってもこれから7ヶ月弱、思い立ったらいつでも川に行けるのです。
今年の目標は「ウェーディングシューズは乾くことなく濡れたまま」
これです(笑)

2足目を買えよ、と思いつつも
濡れたまま、という言葉に敏感に反応してしまう方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  













スナップオンドライバー 修理

修理、と言うかシャフト交換。

IMG_2964.jpg

前日からラスペネをふいておいたにもかかわらず錆びたネジに負けて割れたドライバー。
スナップオンのドライバーを割ったのは初めての経験でした。
無期限保証、とは言えさすがに工具が壊れるとヘコみます・・・

IMG_2965.jpg

ググ、グッと回したらパキ!っといい音を立てて折れました。
折れた瞬間は気持ちがよくネジが緩んだと思いましたよ、マジで。

今までお世話になっていたスナップオンディーラーが変わりました。
ボクのは大昔からの黒くて小さい手帳でしたが今回、新しいものに。
あら、レシートまで出るように・・・(笑)

IMG_2966.jpg

ご存じの方も多いと思いますがこの手帳一冊で工具買い放題。
本来は足りない工具を持ってきてもらい車を修理、
その修理したクルマの売り上げから工具代を支払うというシステムです。
毎回の支払いは少額なのですが売上金の回収は毎週来ます。
バンが来る度に工具を次から次へと買ってしまうので
いつまで経っても残高が減らないという恐ろしいシステムなのです(笑)

お願いすると早速その場でシャフト交換を始めてくださいました。
待っている間にバンの中をチラ見していると
そういえばラチェットドライバーのビットを失くしななぁ、とか
スクレッパーの刃がもう無いなぁ、とか。

IMG_2972.jpg

新しいシャフトの先端はACR加工が施されていました。
もちろんグリップはお気に入りの旧グリップのままです。

IMG_2971.jpg

今回、スナップオンディーラーからも言われたのですが
無期限保証、とは言え摩耗は保証対象外なのです。
保証対象は通常使用での割れ、欠け、曲がり、メッキの剥がれなど。
もちろん摩耗したものでも有償で交換可、とのことです。
そして無期限保証、というのがミソで
保証をやめる、とメーカーが言えばそれでおしまいなのです。
でも工具は高い買い物。
一度買えばとりあえず「今」は失くすまで使えると言うのは
とてもありがたいシステムなのです。

シャフトはいつでも使えるようにメンテナンスを、と感じている方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  





ジムニーJA11 フロントバンパーレス

リアバンパー交換と平行してフロントバンパーを取り外しました。



この純正バンパーは悪くないのですが
試しに、と取ってみることに(笑)
新しいHIDに交換してフォグがなくても十分なくらい明るくなったしね。

フロントバンパーを外すにもまずはウィンカーから。
フォグの配線も外しておきましょう。
ウィンカーさえ外れればあとは両サイドの
クロスメンバーのボルトを4本緩めるだけです。
詳しくは他の方のサイトで・・・(笑)

IMG_2955.jpg

しかし4本だから簡単、とは行きませんでした。
リアバンパーを外す時と同様に前日にラスペネをしっかり吹いておいたのですが
ボルトは腐食によりクロスメンバーと同一部品となっていて2本折れました。

IMG_2956.jpg

クロスメンバーはやっぱりカットします。
戻せなくなるけど、どう考えてもこれは無い方がいいのです。
グラインダーで一気に、とも思いましたが車検の時などに戻すとなると
切断面が荒れないノコギリで切ったほうが間違いなくいい。
時間は掛かりますがゴリゴリ・・・
リアバンパーと同時作業だったので時間切れ、
結局フロントバンパーも次の日に(笑)

IMG_2958.jpg

ウィンカーはホームセンターで売っているペラペラのステーを適当に曲げて
ボルト・ナットで取り付けたあとステーごとタッピングビスで車体に取り付けます。
ナンバーは落としたら大変なのでしっかりとボルト・ナットで取り付け。
クロスメンバーの端は内径48mmの椅子の足用カバーを付けておきました。

バンバーレス仕様のジムニーはよく見かけるのですが
やっぱりスッキリとしてカッコいい。
しばらくこのまま乗ってみようと思っています。

外せるものは外して乗ったほうが気持ちがいい、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  








ジムニーJA11 リアバンパー交換

今回、車いじりに必須の新しいアイテムを導入しました。



そう、ディッキーズのカバーオールつなぎ。
車いじりは格好からなのです。

しばらく前にヤフオクで出品者様による自作と思われる
新品のリアバンパーを落札しました。

IMG_2953.jpg

あまりの寒さに、そして作業場所が雪に覆われていたので
倉庫の片隅に寝かしておいたのですが暖かく天気のいい日と
休みが重なったのでようやく重い腰を上げることが出来たのです。

IMG_2950.jpg

まずは純正のバンパーを取り外します。
テールランプは純正品を再利用するので最初に取り外します。
バンパーをとめるボルトが錆びていることは予想できたので外すボルトにラスペネを
しっかりと吹いておいたのですが予想以上にボディと一体化していて
2本ねじ切ってしまいました。

IMG_2964.jpg

そして悲しいことにマイナスアースを取っているネジを緩めようとして
ドライバーの先端を割ってしまった・・・

IMG_2952.jpg

ナンバーは購入した当時だから5年ほど前にテールゲートに移したのですが
ブラケット類やナンバー灯はそのままでした。

IMG_2954.jpg

それをグラインダーで綺麗に落とし、シャシブラックで錆止め塗装します。
グラインダーをボディに入れる、
これがやはりなんだかクルマがかわいそうな気がして
バンパー交換に踏み切れなかった部分ではあるのです。
まあ、チョット刃を入れちゃえばあとは勢いです(笑)

さて、この新品バンパー。
あてがってみるとあまりにも作りがひどいのです。
ステーが長くボディ後端よりバンパーまで30mmほどの隙間が空きます。
そのステーをサンダーで短く切り落とし、穴を開け直しあてがうと
幅が少し広くツライチに収まらないのです。

IMG_2962.jpg

IMG_2960.jpg

両端を少しづつ落とし逃がしを作ってあげてようやくツライチに。
やはり隙間があるのは、ねぇ。
ヤフオクに出品されているショップものではない新品バンパーは
加工する道具や技術に自身のない方はやめておいたほうがいいかもしれません。

IMG_2963.jpg

つや消し黒塗装、そして純正テールランプ流用の社外品バンパーは
どうも「変わった感」が少ないですね。
そしてボクのタンクガードは面積が小さいので外見にあまり変化がありません。
しかも純正と同じくクランクのあるタニグチのマフラー。
外見は乗っちゃえば自分からは見えないので実はあまり興味が無いのですが
それでもこのスカッと感がたまらない、と自己満足しております。

完成後の写真の地面の白いものが気になった方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

まだ若いからたくさんt・・・
いや、そのハナシじゃないのです(笑)
もちろん雪なのですがフロントバンパーと一緒に作業していたら
すっかり暗くなり日をまたいでしまいました。
そう、この時期の暖かい日の次の日は雪と相場が決まっているのです。

  

パロット

むかーしむかし、後にいわなたろうとなる若者が
信州で一番大きな湖のほとりに住んでおった。
その彼が初めて、そして最後の8番ロッドを買った頃のお話じゃ。

飛ばしたい、まあ、そんな気持ちで購入したロッドなのじゃが
高番手ロッドは大きなフライも飛ばせる、
彼がそんなことに気がつくのに時間は掛からなかったじゃよ。

最初はウェットフライ、そして流れでスペイフライ、
それから使わないはずのフルドレッシングサーモンフライへと
興味が移るのは自然の流れだった、とのことじゃ。

IMG_2947.jpg

ある日、腕の立つ商人に言いくるめられ
彼はひとつのフライにウィングファイバーを2本しか使わないと言う
高価なオウムの羽を購入したんじゃよ。
でもな、勿体無くてハサミを入れられない彼は
普段使いに、と短くカットしたものも購入することになったんじゃ。
そして羽ごとフライのウィングに使えるのもたくさん。

IMG_2948.jpg

今では帽子の飾りにしかならないこの羽たちは
いわなたろうに限らずリールの表面に蜂の巣があった頃に
フライフィッシングに夢中になった者のマテリアル入れには
ノガンやハイイロヤケイとともにひっそりと眠っている、とのことじゃ・・・

今回のエントリーはオウムにかこつけて飼い主の夜の営みを真似する
このオウムの動画を紹介したいだけだったりする(笑)


こちらのエロい洗濯機もオススメ(爆)


マコーのセンターテールは無駄で高い買い物だったけど
こうしてブログのネタに出来たからいいかな。
次はできたらセイラン辺りで・・・(笑)

太くないし長くない、高番手じゃないけどたくさん飛ばしたい、と
常々感じている方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

   
プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック