B!

割れた!

5歳の娘がお尻を打って泣いてきた時、
必ず言うボクのお気に入りの一言があります。
「ちょっと見せてみろ、あ!大変だ、痛いはずだよ、2つに割れている!」と。
娘はお約束のように
「こんなふうになってるの!」と更に泣き、怒る。
「そうだっけ?」なんて笑ってるといつの間にか娘も泣き止み笑顔に・・・

最初から割れているものはともかく割れると悲しい物はたくさんあります。
それが新しければ新しいほど・・・

IMG_2527.jpg

iphone6のガラスフィルムが割れました(泣)
auショップでお店の方に貼り付けてもらってなんと10日、これは悲しい。
心当たりもなく、ふと触ってみたら違和感を覚え、見ると欠けていました。
ガラスじゃなければそのまま使い続けますが
さすがに指先を怪我したりしたら大変、そして手触りが悪い。

またauショップで?
いや、3,000円は高過ぎるでしょ。



次の日には我が家に届くアマゾンで。
ついでに背面保護フィルムも購入しました。
合わせて2,000円くらい。

IMG_2526_201410281139179ee.jpg

アルミバンパーもアマゾンでは1,000円位なので
auショップで購入するフィルム一枚分の値段で
この3点セットが購入できることになります。

早速貼り付け。

R6026456.jpg

R60264571.jpg

フィルムが高価になればなるほど貼り付ける時に緊張します。
しかし気泡も入らず、埃もなし。
満足の行く貼り付けが出来ました。
背面保護フィルムは予想していた全面貼付けタイプではなく
Dラインと呼ばれる樹脂を避けて貼る3分割でした。
まあ、それはそれでいいんだけどね。
こうやって見るとiphone5は、
そして背面ガラスパネルの4sのは本当にカッコよかったですね。

大きさは正義、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
もちろん画面のハナシなのですが
こういう注意書きをまさに蛇足というのでしょう(笑)

  














竿の修理

母さん、僕のあの竿どうしたでせうね
ええ、夏、信州から米国へ行くみちで
米国の道ばたへ落としたあの竿ですよ…

どこかで聞いたような始まり方ですが
今でこそ笑って話せる、そんなハナシです。
ちなみにSAGEの竿に関しては
上記リンク先のmitoさんのブログが非常に参考になります。
このブログを読んだからこそボクも修理しようと思い立ったのですが・・・

IMG_2180.jpg

Thomas&Thomas、
トーマスアンドトーマスの#3、6ft11incのショートロッドです。
この竿を折ったのは多分この日
忘れもしません、川を横断する導水管を支持するワイヤーに
竿を当ててしまいティップを折ってしまったのです。

まあ、ファーストオーナーには生涯保障が付いているし
買うときに聞いた話では国内送料別で免責7千円。
サクッと治そうと購入した某ショップのHPを見てみると
この年から一気に免責金額が値上げされていました。
その額なんと国内送料別で18900円!
ティムコインファンテ、モーリスiDあたりが新品で買えるぞ・・・

まあ、そんなわけで修理をためらい数年寝かしておいたのですが
アメリカに住む親戚が久しぶりに帰ってきました。

《アノサオヲ アメリカニ モッテカエッテモラエバ ベイコクナイソウリョウダケデ シュウリデキル・・・》

T&TのHPを見てみると免責55ドル。
米国内送料が20ドル位か・・・
よし、持って行ってもらおう!

持って行ってもらったのが7/5、T&Tに送ってもらったのが7/10。
8月に入った頃に親戚からメールが来ました。
トラッキングが止まった、と・・・

お盆の頃にアメリカの郵便局にメールを送ってみましたが梨のつぶて。
9月に入りその親戚に連絡し、保険を掛けてくれたか確認すると掛けてあった、と。
その保険で降りたお金とこちらから送金するお金でなにか違う竿を買おう、
そんなことを決め送金しました。

今思えばT&Tにメールしてみればよかったのですが・・・
そんなことになるとは思わずにシリアルナンバーを控えておかなかったのです。

9/17、その親戚から信じられないメールが来ました。
なんと修理が終わって親戚の手元に竿が届いた、と。
次回日本に来る時に持って来てもらおうと思いましたが
いてもたってもいられない(笑)
大至急、一番早い方法で発送してもらいました。
なんといっても禁漁間近だったからね。

IMG_2411.jpg

通関、開封の印。
そしてアメリカからの送料。

IMG_2410.jpg

15000円ほどで修理完了。
メーカーから直送してもらえばもう少し安いかもしれません。
そしてmitoさんのようにフェルールだけ送れれば更に・・・

IMG_2408_20141023164156a1d.jpg

チューブには長旅の勲章が付いていました。
このくらいは許容範囲。
なくなったと思っていたことを思えばなんでもないのです。

そしてようやく修理が終わりボクの手元に戻ってきた竿。

IMG_2498.jpg

グリップの汚れや傷はそのまま、ティップだけ新品。
銀色のシリアルのレターの色は微妙に違いますが大満足です。
久しぶりに素振りしてみると胴に乗ったアクション、
もっとファストアクションだと思っていたけどこんな感じだったかなぁ(笑)
そりゃ3年も振っていなかったんだもん、忘れるよね。

再入魂はこの日

IMG_2413.jpg

金色のイワナがボクを、そしてこの竿を歓迎してくれました。
そしてその次の、最終釣行では尺イワナが。
修理してよかった!

そう、米国の道ばたで落としたと思っていたボクの竿は
風に乗ってボクのもとに戻ってきたのでした。
思い出の詰まった竿はまさに釣り人の証明なのです。

違う竿を買うためにと送金したお金?そのまま。
来年のシーズンインの頃に何か新しい竿が手元に届くかもしれませんネ。

折れた竿なんてダメ、竿先は常に高く!と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
そう、"Keep tip high!"なのです。





ワコーズ クーラントブースター

ワコーズ製品。
4CT-Sというエンジンオイルを使って衝撃を受けて以来大ファンなのです。

ボクのジムニーは強制空冷の1型。
電動ファンに改造してあるのですが夏場の高速道路など
高負荷の時に水温が厳しくなることがあるのです。



キャビテーションと言われる泡立ち、これが水温を上げる原因かも・・・
LLCが古くなってくるとキャビテーションが起こりやすくなるのですが
交換してからあまり日にちが経っているわけでもないし
そもそも入れたLLCの性能が良くなかったのかも。

IMG_2450_20141023144650d01.jpg

クーラントブースターには性能復活、寿命延長、
そしてオーバーヒート防止と書いてあります。
これは・・・
入れてみるしかない(笑)

入れ方は簡単、リザーバータンクに入れるだけ。
乗っているうちに循環してラジエターに入っていきます。
クーラントブースターの内容量は300ml、
水温が下がっている時にリザーバータンクに
冷却水がたくさんあるようでしたら抜いてから入れましょう。

IMG_2449.jpg

ついでに色もチェック。
濁っていたり色が変わっていたら
クーラントブースターを入れてもダメ、交換です。
サビの色がわかるようにいわなたろうは緑色のクーラントを推奨します。

入れたのは9月中旬、まだ暑い日がある頃でした。
あまり高速道路に乗る機会があるわけではないボクのジムニー。
遠征、そして時間の厳しくなった時に
何度か高速に乗る機会があったのですが
いままではオーバーヒートの赤い目盛り付近まで上がっていた水温が
かなり下の方で安定するようになりました。

しかしラジエターの大きいJA11は
基本オーバークール気味なんですよね。
クーラントブースターで冬場の水温の立ち上がりも
早くならないものだろうか・・・(笑)

とりあえず入れてみる、ということが重要だと思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  













金色のシェラカップ

前回のキャンプの少し前に
ぴょん吉さんから真鍮のシェラカップの話を聞きました。

「真鍮のシェラカップを持って行こうと思うんだ。
緑青が浮いているけど、あれってたしか毒だったよね?」って。

子供の頃、近くに銅葺きの立派な家が建ちました。
父親に「あのウチの屋根は銅だからつららは絶来食べちゃダメだぞ」
と言われました。
そう、銅のサビの緑青には強い毒があるから、と。
しかし父はなぜボクが
つららを食べまくってたことを知っていたんだろう・・・(笑)

「シェラカップの緑青は落としたら大丈夫じゃないですかね?」
なんて話をしたのですがキャンプ当日に
「はい、これ、あげる」って!



聞くと電池を入れていたら液漏れして緑青が浮いた、と。
ううむ、そこ以外はいい感じなんだけど落とさないと・・・
緑青の落とし方を調べているうちに
緑青の毒性についても検索結果に出てきます。
毒は・・・いつの間にか無くなったらしい(笑)
いや、ボクが生まれた頃から緑青に毒はない、とわかっていたようなのです。
銅葺きの屋根に出来ていた立派なつらら、食べたかったのに!

IMG_2473.jpg

緑青は塩を溶かした酢で簡単に落ちるみたい。
やってみると5分ほどで綺麗になくなりました。

IMG_2474.jpg

このままでもいいかな、と思いましたが赤いシミはなんだろう?
やっぱり磨きたい・・・そう、真鍮だもん。

IMG_2476.jpg

こんな時はやっぱりピカール。
布に少し出して軽くこするとあっという間に金色の輝きに。

IMG_2483.jpg

映り込みが凄い、ちょっと磨きすぎた(笑)
やっぱり食器なのでこれを綺麗に洗剤で洗います。
きれいな布でちゃんと拭きとったはずなのですが
洗剤で洗うと泡が黒くなります。
白い泡になるまで洗い、
ガスコンロで一度焼くと少し落ち着いた色になりました。

IMG_2484_2014101923280371d.jpg

これで準備完了。
早くくすんだ色にするためには肥溜めに吊るすといいらしいのですが
食器なので、何よりもうウチにも近くの家にも肥溜めなんてありません。
使っているうちにいい色になることでしょう。

つららの美味しさを知っている方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  
















iphone6

使い始めてそろそろ2年のボクのiphone5。
2年を過ぎると割引が少なくなり実質的な値上げとなるという
恐ろしいシステムのため買い替えを検討していました。

もちろん「6」に、なのですがいつ買うか。
実質無料という名の下の残債が残っていても
どう計算しても下取りが32000円と7千円高く
そして1万円のクーポンが使える10月中の方がいいのです。



ウェブ予約から店舗で引き取り。
予約から5日間ほどでの入荷でした。

PA151468.jpg

スクリーン保護シートだけauにて購入。
お客さんのシートを何度も貼っているお店のスタッフは
驚くほど上手に貼ってくれるのです。
普通のフィルムが2000円ほど、ガラスフィルムが3000円ほど。
そりゃガラスフィルムでしょ。
ちょっと厚めだけど手触り最高。

PA151471.jpg

ボクはあっさりとしたバンパーフレームが好きなのです。
アルマイトかな?こちらはネットで購入しました。

いい点、悪い点を。

もちろんタッチIDは本当に便利。
指を置くだけでパスコードを入れなくていいのは楽ですよ。
しかしいつものクセでパスコード入力画面が出てしまう、という・・・(笑)

PA151474.jpg

評判通りレンズが結構出っ張っています。
ジョブズが生きていたら許さなかっただろうと言われていますね。
しかしこのレンズ、CMでご覧になった方も多いでしょうが
中でレンズが動くのを見ることが出来ます。
デザインよリ機能、なのでしょう。

そして画面が大きくなったため、そして解像度が上がったため
本当に見やすく綺麗なのです。
上の方に指が届かない、これはホームボタンを
軽く2度タップすると画面が降りてきます。

しかし予想できたことですが重く、やはり手のひらサイズではない4.7インチ、
あまり手の大きくないボクには片手では使いにくいかな。

PA151476.jpg

電池の持ちはボクが一日iphone5と同じように使って
20%ほど多く残ります。
長持ちするのはいいことだ(笑)

うれしいのは4G回線が届きやすくなっていること。
職場はiphone5では3Gと4Gのはざま、たまに1x・・・
これがなかなかイライラしていたのですが4G固定となりました。

困ったのが今までの防水ケース、シールラインのiシリーズが
iphone6には少しキツイこと。
キツイこともいいこと、のはずなのですがこればっかりはネ。

PA151466.jpg

ムリヤリ押しこめば使えないこともないのですが
カメラにはケースが掛かってしまって厳しい感じ。

PA151465.jpg

ガサッと袋状のケースに入れて水場で使い、
普段はバンパーだけで使いたいのです。
しばらくはこのまま使えそうですが
早くサイズの合ったモノがシールラインから出ることを期待するばかりです。

iphone5を手に入れた時の感動はさすがにありません。
サイズが大きくなって
処理スピードが早くなったくらいっていうのが実感できる部分なのです。
確かに快適になったけど
今回はガラケーからスマホに変わったわけじゃないからね。

今回は落とさないように、大事に使うぞ!

そんな大きいのを無理やり押し込まないで!なんて言われてみたい方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  










JA11 点火時期進角など

もともとボクのJA11はハイオク仕様。
サブコンのHKS PAC(パワーアシストキット)とEVCにより
最大ブースト圧1.2kg/cm2(約120kPa)まで掛けることができるため
本来だったらハイオクを入れないといけません。
でも常用0.8kg/cm2なのでレギュラーを入れていました。
しかしこれだけガソリンが高いと
レギュラーとハイオクの「差」がほとんど無い、ということになります。
レギュラー100円の時のハイオク110円は1割、
170円時代の今はハイオク180円だと0.5割なのです。

そのままハイオクを入れるのも、ネ。
だから点火時期を7°進角からもう少し進めてみよう。
(標準は5°、実はもうすでに少し進めてある・・・w)

R60261180.jpg

1番ピストン圧縮上死点にはクランクプーリーに切り欠きがあります。
しかしボクのジムニーには
何やらマーキングのペンキがこぼれたような痕があります。
タイミングライトを当ててみますが
このペンキを取らないとまったくわからないぞ!

そのままゴソゴソと取ろうとしますがうまくいかないのです。
写真ではもう外してありますが結局Vベルトを外すことに。

R6026186.jpg

ワイヤーブラシで清掃して新たにマーキングしました。

R6026183.jpg

ついでにデスビキャップとローターの清掃。

R6026184.jpg

それからプラグのチェック。
イリジウムプラグなので清掃すらしません。
更にVベルトを外したのでクーラー、オルタネータのベルトの張りなおし。

R6026187.jpg

すべて復旧してディスビに念のためマーキングします。

IMG_2446.jpg

運転席側バルクヘッド、バッテリー付近にある
ダイアグノーシス用カプラを抜け防止を上にして
上側が右、下側を左で短絡(JA11 1型の場合)

IMG_12447.jpg

信頼のナショナル製(笑)のタイミングライトでピカピカさせながらディスビを回し
イニシャル点火時期をBTDC(圧縮上死点前)7°からBTDC11°に。

R6026188.jpg

青空整備の場合、夕方など少し暗くならないと
クランクプーリーの切り欠きが見えません。
明るい日中の外で、なんてまず絶対見えないです。

ダイアグ端子を短絡したついでにイニシャルアイドルを950rpm前後に、
そしてダイアグノーシスコードを点検。

12 正常
13 O2センサ異常

21 スロットルセンサ異常
22     〃
23 吸気温センサ異常
24 車速センサ異常

31 圧力センサ異常

41 イグナイタ信号異常
42 クランク角度センサ異常
43 ノックセンサ異常
44 スロットルセンサ異常

56 A/C信号(正常)

備忘、ネ。

R6026189.jpg

チカ、チカチカ・・・
12、よしOK!

早速試乗、下からモリモリトルクが出ます。
が、坂道を下っている途中にスロットルを少し踏むと
そして40km/hくらいでチョビっとアクセルを踏んでいるようなときに
ボソボソと失火したような感じに。

IMG_2451.jpg

JA11にはCO調整レジスタというものが付いています。
それを応用した空燃比コントローラというものが存在します。
ボクも昔取り付けたのですがこれが効果を感じるほどのものではなく・・・

もしかしたらアイドル付近の燃料が薄過ぎるのか?と思い
これをリッチ側にガバっと回してみると見事に失火しなくなりました!

上までしっかり回り更に低速のトルクが出たためか
燃費も0.5km/lほど向上。
レギュラーではブースト1.2kg/cm2ではチリチリとノッキングしましたが
やはりハイオク、ノッキングしなくなりました。
と言うか1.2kg/cm2だと早すぎてちょっと怖い・・・(笑)
やはり常用では0.8kg/cm2、だな(爆)

早過ぎると嫌われるのだ、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  










スポークのネオプレーンケース



ライト・マイ・ファイアーのスポーク。
2本購入したことはご報告のとおりなのですが
先日、セールしているのを発見してしまいました。
2本あるしいらないよね、なんて思いつつ
2つも持って店内をウロウロ(笑)
いらないな、と戻しに行ったらケースもセールしているのを発見・・・

IMG_2457.jpg

まあ、両方買うよね(爆)
基本、使って仕舞い、またケースから出すなんてことはせず
使い始めたらお皿の上に乗せっぱなし、ケースに戻すのは移動の時だけだから
ストレージの中でガラガラと色んな所に行かなければいいのです。
だからケースはひとつだけ。

IMG_2461.jpg

紐は首から下げた時に過度な力が掛かったら
外れるようになっているのですがスノーピークの和武器にしても
実際にキャンプ場で首から下げている人を見たことってある?
ないよね~

IMG_2463.jpg

外側の縫い目を見ると想像できますがひっくり返すと縫い目が荒く
フォークを先に入れると引っかかります。
もちろん1本でも。
ですのでスプーンを先に入れましょう。
そして伸びるネオプレーン素材のケーズは少しキツ目ながら4本は余裕です。

少しキツ目のほうが・・・なんて思っちゃった方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  










ジムニーの収納スペース

買った時はプラスチックの収納がついていたボクのジムニー。

IMG_2139.jpg

そのプラスチック製の箱も経年劣化で割れたりして
100均のワイヤーネットで自作したものに交換してあります。
しかしこの写真だけで器用なヒトはどうやったら作れるか分かりそうだ・・・

このパイプはプラスチック製の箱がついていた時のものを流用したのですが
振動で上下に揺れ、金属疲労で折れちゃった。
今回はこのパイプだけを交換します。

IMG_2238.jpg

ジムニーの天井部の幅は1050mm。
それに立ち上がりの部分を左右50mmほどずつ取るので
1150mmほどのパイプが必要です。
今回使ったのは長さ1820mm、径12.7mmのパイプ、ホームセンターで600円ほどでした。
新設するにはこの規格の長さのものでしたら前後分として2本必要です。
採寸してパイプカッターでカット、そしてハンマーで両端を潰します。
ドリルで穴をあけ、車内に取り付け。

IMG_2240.jpg

パイプをボディへ取り付けるのは鉄板ビスで、
ワイヤーネットはタイラップで取り付けています。

高さ10cm程しかないこのネットの収納ですが
収納力はなかなかのものなのです。

IMG_2241.jpg

ロープ、牽引ロープ、ブースターケーブル、スコップ。
ほとんど使わないけど無いと不安なもの、そんなものが入っています。
それにテーブルに椅子、それから着替え一式。

IMG_2242.jpg

後部座席に人を載せないのでしたらいいのですが
吊り下げる高さをあまり取り過ぎると
段差で車がはねた時に後部座席の方が頭をぶつけます(笑)

こんな狭い収納スペースですが
あると無いのでは大違い、狭い車内を広く使えるので本当に便利なのです。

少し狭いくらいが・・・と思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

   















最後に尺をもう一匹



もう一度行ったことがみんなにバレていた最終釣行。
そう、ここで最終って書いておかないと
まだ行ったんじゃないかという疑いが持たれるようなのです。

R6026415.jpg

最近いい思いをしているこの川を最終日に選びました。
諏訪湖のほとりから60kmのドライブ、
クルマがないといいな、と思っていた駐車スペースには
各地から集った同じ思いの同志たちのクルマが8台・・・

そこにいらっしゃった方と沢割をさせてもらってボクは堰堤の上に。
それでも2番川、3番川は当たり前の車の台数。これは厳しいぞ!

R6026405.jpg

しかしその思いとは裏腹にあっさりと一匹目が飛び出しました。
そして2匹目。

R6026412.jpg

瀬から飛び出すイワナ、もしかしたらこの区間には人が入っていないのかな?
サイズもまあまあ、そして太いイワナはグイグイと竿を引き絞ります。

R6026427.jpg

この日も気温が高くなりました。
入渓時は肌寒かったのでウェーダーを、と思いましたが
空の青さを見てウェットウェーディングの装備に。
これが正解、入ってヒザまでの水位のこの川の冷たい水は
まだまだ気持ちよく感じるほど。

R6026416.jpg

前回、前々回ほどの反応はありませんが
ここは、という場所からは必ずイワナが飛び出します。
一番川?いや、あの車の台数だしそんなことはないと思うんだけど・・・

R6026442.jpg

渓はすっかり秋の装いでした。
北海道くらいでしか紅葉の中で釣りはできないんだろうな、と思っていましたが
少し早いもののこれだけ色付いた渓で釣りをするのは初めて・・・
これだけでも気持ちが良いのです。

R6026420.jpg

夕方に家族との約束のあったこの日、
まあ、こんな日にボクに用事を頼むな、と思いつつ脱渓の時間を逆算します。
2時に上がれば余裕、2時半でちょっと厳しい・・・

R6026438.jpg

そろそろだな、と思いつつ堰堤をひとつ越し、そしてまたもう一つ。
いい加減上がらないと、と思いながらも
ふとフライを入れた小さな巻き返し、でた!

ヒラキに寄せてくるとこれはいいサイズだ、とひと目見て分かるイワナ。
しかしあまりにもあっさりと寄ってきます。
拍子抜けするほど簡単にネットインした魚は
深海魚のフクロウナギを連想させるほど細く、
そして顔の大きい33cmのイワナでした。

R6026433.jpg

これで満足、有終の美を飾ることも出来たし
このイワナが最後の一匹でもいいナ、と思いつつ
本当の最後の一匹を釣るために釣り上がります。

R6026436.jpg

最後の一匹、これが最後の一匹、いやこれが・・・ 

R6026437.jpg

これが本当の最後の一匹(爆)

R6026439.jpg

もちろん後ろ髪を引かれつつ脱渓しました。
まだ2時半・・・あれ?計算が合わない!
そうだ、歩いてから入渓したんだった・・・(笑)

R6026449.jpg

今年は本当に良い釣りが出来ました。
もちろんいいタイミングで川には入れたってこともありますが
良い出会いがあり良い友、先輩との釣りができたこと。
これに尽きます。
数やサイズももちろん大事、釣り人だもん。
でも、釣りをしながら話し笑う時間はかけがえの無いものです。
その「良い」は多分その時間なのです。

みんな、ありがとう!
そして来期もよろしくネ。

いわなたろうのオフに期待していただける方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
さて、何をしようかな。

  












プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック