B!

歩け、歩けぇ!

SHIGEさんとの釣り。
一緒に釣りに行った場所で外れの場所はありません。
前回ご一緒した川は当日は雨と低気温でダメでしたが
別の状況が良い日に行って爆釣。

そう、きっとこの場所も!



メールでやりとりしている時に予定の川の名前、
入渓点を教えてもらったのですが
いや、ここはとんでもない所だぞ・・・
ボクが文句言わずに歩くと思ってすごい所へ連れて行こうとしているな!

R6026363.jpg

1時間
え?まだ?

R6026364.jpg

1時間半
そろそろいいでしょ?
まだダメ?

R6026365.jpg

着いたぁ!
登山道を利用して行ったのですがコースタイムは2時間半、
空荷とは言え1時間40分で到着(笑)
暑くなったこの日、秋だからそろそろウェーダー、と思っていましたが
ウェットゲーターで来てホントによかった。

R6026368.jpg

早速交互に釣り上がります。
魚からのコンタクトはたくさん。
各ポイントごと、とは言いませんが
ショートバイトながらそれなりに反応があります。

R6026380.jpg

ここ最近いい釣りをしていただけに感覚が麻痺しているボク。
普通に考えたら恐ろしいまでの魚影の濃さなのです。

R6026377.jpg

瀬で、巻き返しで。
そう、次から次へと。

R6026383.jpg

先日の新聞に標高の高い山の稜線は
すでにすっかり紅葉している、と書いてありました。
見上げた稜線はすっかり錦模様。
日差しは強いものの秋風が吹き抜け快適に釣り上がります。

R6026378.jpg

前回ここまでやったんだよね、
とSHIGEさんがおっしゃった場所の上流側。
少し水が細くなりましたがいないはずはない。
しかしまったく釣れません、と言うか反応すらない、
いや、走る魚すらいない・・・
下流へ戻ることにしました。

R6026364.jpg

入渓した辺りに見える青いモノ。
SHIGEさんとあの辺りを通ったはずだけどあんなのなかったよね、と話しつつ近づくと
ブルーシートをテントにした渓泊の準備をされていた方がいらっしゃいました。
ちょっとお話をしてその辺りから再入渓することに。
そこからが凄かった!

IMG_2414.jpg

まさにほぼワンキャストワンフィッシュ。
同じ場所を数時間前に釣ったとは思えないほどの反応の良さです。

R6026395.jpg

しかもサイズが一回り以上いいのです。
もちろん太さも。
その区間でSHIGEさんが尺イワナを。

R6026394.jpg

考えられるのはやはり時間。
イブニングになったら恐ろしい釣れ方になるんじゃないか、と思うのは自然な気持ちです。
今年はもういい(笑)ですが来年は絶対にテントを背負って来よう、と決意するのでした。

R6026398.jpg

帰りは1時間10分。
これもコースタイムを大幅に上回る記録でした。
SHIGEさんは本当に健脚、でもそのペースでちゃんと歩いた自分を褒めてあげたい(笑)

駐車スペースまで戻ると近くまでいらっしゃっている、と
SHIGEさんのもとに連絡のあったヤスさんからのメモがありました。
そして下へ降りるとヤスさんが片付けをしています。
ちょっとだけだけどお話しできて嬉しかったなぁ。

で、SHIGEさんとの釣りはキツイからイヤかって?
渓相もいいしたくさん釣れるんだもん。
もちろん、大好き!

関係を疑ってしまう、という方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
いや実際、下流で見かけた人のことを同じタイミングで考えていて・・・
電話掛けようと思っていたんだ、って言うアレと同じ。
でもボクは女性のほうがいいナ(爆)



それから・・・
この日、御嶽山が噴火しました。
同じ自然を愛する者として犠牲になられた方の冥福を心から祈ります。
そして一人でも多くの方が救出されますように。





一瞬だけのパラダイス

R6026360.jpg

クルマで1時間半、歩いてそこから30分・・・
以前のボクだったら大遠征だったのですが
最近は通うのに何でもなく感じてしまう。
一度いい釣りをすると、そして渓相がいいとやはり、ネ。

R6026328.jpg

そんな渓は天気が悪くても行ってしまうという魔力すら持っています。
そう、台風が近づいてきていても、
天気予報で100%雨が降ると言っていても。

R6026326.jpg

林道を歩いていると足元に柔らかい感触が。
ヘビ嫌いのボク、ヤツかと思い
叫び声と共に飛び跳ね、その場所を確認すると・・・

R6026325.jpg

ごめんね、土下座したいのはこっちだよ。

薄日も指す中、渓に到着。

R6026333.jpg

そして早速。

R6026334.jpg

前回ほどではありませんが反応も良く、
いいペースでイワナが釣れてきます。

R6026340.jpg

高原を流れるこの川、
山の上の方を見上げると気の早い木々の葉はもう色づいてきていたりして・・・
信州では標高の高い場所の紅葉が始まる頃に禁漁になるので
釣りをしていてもなんだか寂しさを感じてしまいます。

R6026345.jpg

予定は昼から3時間、その間だけ落ちてくるなよ、と思っていたのに
その思いも虚しく大粒の雨が。
ウェーダーとレインウェアでまさに完全防備。

R6026343.jpg

その頃から一気にイワナの活性が上がりました。
立ち位置を変えずに瀬から、巻き返しから2匹、3匹目・・・
まさに爆釣。

R6026350.jpg

雨が降り出して30分位経った頃かな?
ふと水を見ると軽い濁りが。
そこから一気に濁ってきました。

R6026354.jpg

この程度の雨で濁るはずはないんだけど
もしかしたら上流でかなりの雨が降っているのかも・・・
そして強めの濁りが入ったことによって一気に魚も沈黙。
一人だし、雨だしそして更にこの濁りはさすがにこのボクでも
帰ろうと思うのに十分な理由となってしまいました。

R6026359.jpg

雨が降るまでも悪くないペースで魚が出てくれていたのですが
降った途端にどこからでもイワナが出るという状態に。
結局釣りができたのは2時間半ほどでしたが
サイズも良く前回同じ区間に入った時と同じ位の魚を釣ることが出来ました。
それにしても濁りが悔やまれる、そんな日となりました。
まあ、この時期だから釣れなくても秋空のもとで釣りをしたいよね。

いい思いをするには濡れてから竿を出さないと、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  









ひらがなで書いてはいけない渓



キャンプサイトの撤収をゆっくり済ませ向かったのはちんk・・・
いや、漢字で書かないとちょっと危険な「鎮魂の渓」
前日の曇空から一転、素晴らしい青空でした。

朝起きてすぐ、そして朝食の時にすでに飲んでいるにもかかわらずまたプシュ!

R6026289.jpg

あまりの気持ちの良さに飲まずにいられない(爆)
普段はこんなことしませんがこの日は特別、ネ。

R6026291.jpg

TAKEさん恒例の足の写真を撮り、
日も高くなった頃にようやく出発しました。

R6026295.jpg

クマも寄り付きたく無いだろうな、というほど騒がしく歩を進めます。
半分居酒屋で飲んでいるような5人のトークに足も軽く入渓点に到着。
遠征組のボクとしてはどこから入っても良さそうに見えるこの渓、
やはり実績があるところから、ということなのです。

R6026300.jpg

ボクはちょっと下流から一人で、広めのプールでロングキャストすると
早速フライにイワナが出ました。
しかし乗らず・・・
そしてみんなに追い付きました。
小鱒遊さんに尺一寸のイワナが、ボクももちろんそのサイズを狙っていきます。
この川、それだけのポテンシャルがあるのです!

R6026304.jpg

各堰堤ではみんなにそれなりに反応があり
一人で入っていればもちろん爆釣ペース。
こうして手に持って写真を撮っていますが9寸弱。

R6026305.jpg

そしてチャンスはボクにもやって来ました。
小さなゴルジュ状になった一気に川幅が狭まる岩陰から
ツッと良型のイワナが出てきましたが見切られてしまいました。
状況的に急がないといけなかったのでそのまま通過、
活性の高い良い奴もいるはず、それを狙っていこうか、と。

R6026308.jpg

途中ちょっと超すのが大変な堰堤でKIDさんに
「五点保持ね~」なんて声をかけてみたり。
そう、「渓のエロス撮影会」でしたね。
作為的ではありますが・・・(笑)

R6026307.jpg

とある堰堤。
堰堤の直下に橋がかかっていて
上から見ているみんなからは魚が丸見えになっているようです。
ボクはそこを攻めさせていただくことになりました。
まずはとりあえず一匹。
そしてもう一匹。
3匹釣ったら写真を撮ろう、そう決めていました。
しかしその一匹はそう簡単ではありませんでした。
右側でライズするイワナ・・・モンカゲにライズしているようです。
アントからホワイトウルフ#12に交換、出た!

R6026312.jpg

ギャラリーがたくさんいると緊張するね。
でも上から聞こえる「出た!」という声、
その声の嬉しさときたらもう・・・

R6026313.jpg

更に上流、最終ポイントで9寸ちょっとのイワナで締めくくることが出来ました。

皆さんは酔っ払って終電を微妙に逃した時、
一時間ほどのタクシーに乗る程でもない距離を歩くことってありません?
ほろ酔いで歩くと結構な距離をあっという間に歩けちゃいますよね。
この日はまさにそれ。
下りなのに酔いから覚めて歩いた距離の長いこと!
行きはあっという間だったのに(笑)

IMG_2405_201409252251017e8.jpg

シメはラーメン。
TAKEさん、美味そうに食べるネ!

だけどその時はどうしてもやってきます。
ラーメンを食べ終わりTAKEさんとKIDさんが、
そしてぴょん吉さんのおうちの最寄りのインターでぴょん吉さんとお別れ。
さらには長野で小鱒遊さんとも・・・
一人、またひとりといなくなる度に寂しさがつのるのです。
そういえばここで小鱒遊さんと合流した時にコーヒーを買ったな、
あの時まで時が戻ればいいのに、なんて。

いや、次。
そう、だから次の約束をするんだ!
みんな、またね。
そう、また!

股では・・・と思ってしまう方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
これはアナタが悪いのではなくきっとボクが悪いのです(笑)
なかなか綺麗に締められないなぁ・・・

  













リストランテ・ぴょん吉

R6026277.jpg

ムーンソード・リバーでの釣りを早めに切り上げ向かったのはとある河原。
暗くなる前に、といそいそと準備を始めましたが
腐るといけないから、とまずはビールを。
これ、当然の流れ(笑)

R6026272.jpg


テント、チュンさんからお借りしたシェルター型テントを設営し
腰を落ち着けるとまずは、と突き出しのぴょん玉。

R6026276.jpg

本当に全部美味かったのですがくどくなるのでもう美味いって書きませんが・・・

更に美人と評判のフライフィッシャーてるっちさん、
凄腕フライフィッシャーのくらっちさんからの差し入れ、コロナビール。
コロナビールにはライム・・・おお、一緒に送っていただいたのですね!

R6026275.jpg

これは素敵な気遣いでした。
早速くし形に切ってこうして並べると・・・
あれ?ここって山の中だよね?

R6026279.jpg

ウェーダーも脱がずに次から次へと料理を振る舞うぴょん吉さん。
釣りに行く時は前の日にウェーダーを履いてそのまま寝る、と言う
ウワサの方はぴょん吉さんではありません。

R6026281.jpg

ぴょん吉さんのブログからお品書きをお借りすると

鶏モモ肉のグリル パプリカのオリーブ炒め添え
タラぴょんサラダ
ぴょん煮込み

R6026280.jpg

などなど・・・
そして飲み物

R6026278.jpg

大量のビール、そして地酒各種、ワイン。
だんだん寒くなりダウンの上下、
チュンさんに貸していただいたシェルターの、
シェルター入り口で焚いていたランタンの暖かさの
ありがたみが身にしむ頃にこれらの日本酒をチビリ、と。

R6026283.jpg

もちろん釣りの話にちょっと下ネタ、アウトドアグッズの話や
そして次の日の川のハナシ。
まだまだ飲み足りない、そして話し足りないのですが
止まらないあくび、自然に落ちてくるまぶた・・・
もうダメ、お休みなさいを言い外に出てふと見上げると
そこには満天の星空、ちょっと全員、外へ出ろぉ!
天の川につぅっと流れる流れ星・・・
次の日の好釣果をお祈りして早めではありましたが就寝しました。

R6026287.jpg

朝は5時半にスカッと起きてコーヒー・・・いや、ビールも(笑)

e0147226_23233117.jpg

夜まで運転もしないし2本、気つけ薬代わりね。
合流したTAKEさんも2本一気飲み(爆)
朝6時からキャンプサイトは居酒屋と化したのでした。

さて、ほろ酔いで鎮魂の渓へ向かいます。
次回第3部は釣りの話、大物を狙っていきますよ!

下ネタはちょっとではなかったかも、と思ってしまった方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

それから・・・
チュンさん、シェルターは次回から預けずに持参でお願いします(笑)
ありがとう!
そしててるっちさん、くらっちさん。
ごちそうさまでした。
次回はぜひお会いしたいです。

  




ムーンソード・リバーで会いましょう

楽しみにしていた釣りキャン。

R6026234.jpg

朝3時45分に目覚め4時出発しました。
こんなに早く起きなきゃいけないのに前の晩、寝たのは12時半・・・
準備も早く終わっていたのに寝られませんでした。
まさにお子ちゃま(笑)

R6026235.jpg

5時半に小鱒遊さんの待つ須坂中野インターに。
そこで小鱒遊さんの静かで快適な現代の車(笑)に乗り換え一路雪国市へ!
7時少し過ぎに今回の釣りキャン主催者のぴょん吉さんと合流しました。
ここで更に乗り換え。

fc2blog_20140922205036b69_20140922205251533.jpg

すべての荷物をぴょん吉壱号へ移動させます。
積載量の大きいこの車にまさに満載。

途中のサービスエリアでプーさんとも合流し一路ムーンソード・リバーへ!

R6026237.jpg

ゆっくり準備して9時半に入渓出来ました。
左からプーさん、小鱒遊さん、そしてぴょん吉さん。
後からいらっしゃる予定のKIDさんを待ちつつ
まずはこの4人で釣り上がります。

R6026240.jpg

時折イワナからの反応はあるもののフッキングに至りません。
写真のような穴の中をなんども、10回ほど流すとようやく反応があるといった感じ。

R6026243.jpg

しかし釣果は気になりません。
話をしながら4人で上になったり下になったり・・・
小鱒遊さんの竿にボクの竿が当たって「ゴメン!」と言った直後、
「この手のビデオあるよね~」なんて。
二人で一致した意見は「あれは無理!」(爆)

R6026246.jpg

昼ごろ、ようやく釣果があったのはなんと瀬。
しかし瀬から反応があるということは今後の展開に期待ができますよね。

R6026247.jpg

この辺りからようやく釣れ始めます。
気温が上がり水温が上がってきたというのも好条件、かな。

R6026254.jpg

渓相は抜群、そしてこの水の透明感。
さらにはキャストするときに気になるような木がないので
本当に気持ちがよく釣りができるのです。

R6026251.jpg

ぴょん吉さんのお住まいの近くには
ちょっと走ればいい川がたくさんあるのですがなぜこの川に来るのか、
そしてなぜボクらを連れてきてくれたのか分かるような気がしました。

R6026252.jpg

M字開脚のぴょん吉さん、もちろん被写体はイワナ。

これだけ広い川だと後ろから竿を入れても釣れるのです。
この人の歩いたあとはペンペン草も生えない、とみんなに言わしめるKIDさんと
人がフライを流した後から釣っては「後ろから釣るのが趣味だから・・・」
「性格悪いよねぇ~」なんて笑い合ったり・・・

R6026266.jpg

午後も遅くなるに連れ徐々に渓の活性が上がってきて
これだけの人数で入っているにもかかわらずつ抜けることが出来ました。

R6026256.jpg

もちろん、ゲストとして行ったボクらに皆さんが気を使ってくれて
先頭を歩かせていただく時間が一番多かった、ってのが一番の理由。

R6026261.jpg

そしてみんなで釣りをしていると
みんなの釣りを眺める時間も多くなります。
勉強になることが多いのはもちろんなのですが
魚のついていそうな場所にフライが入り、
「おお、そこ!出る・・・」なんてつい言うと
ちゃんと突っ込んでくれる(笑)誰かがいる。
趣味である以上釣りってやっぱり楽しいのですが
こうして話しながら釣ると楽しさは2倍、3倍。

R6026259.jpg

数も大きさも追求したい、やっぱり釣り人だからね。
でもそんなのは一人でもできるじゃん。
友との釣りってそういうことなんだと思います。

第2部、キャンプ編へと続きます。

何がどこから出るのか気になって眠れない人はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
もちろんイワナが、岩の隙間から・・・

  













帰り道の方が時間が早く感じる渓



先日SHIGEさん、飛島さんと行った川
その時は状況が良くなかったため釣果に恵まれませんでした。
しかしあの渓相は大物もいるだろうし魚はたくさんいるはず!
とにかく水が引いて天気が良い日にもう一度・・・

R6026196.jpg

そんな間違いがないだろうな、という日に一人でその川へ向かいました。
一人だと釣り場を独り占めできる反面、
山道を歩くのに時間がかかるんだよね・・・
時間を計ってみたらそれでも30分ほどでした。
許容範囲、ネ。

R6026198.jpg

さて、入渓、と思ったところに敷いてある鉄板には驚くほどの足あと。
これは期待できないかな、なんて思いつつ入渓。

R6026213.jpg

今回入った場所は先日の少し上流側で、もちろん初めての区間。
時間はすでに11時半(笑)
入渓ししばらく遡行すると早速の一匹。

R6026199.jpg

しかもなかなかのサイズでした。
駐車スペースに一台だけ車があったのですが
道すがら気になっていたのはそのクルマのオーナーが
どこから川に入ったか、と言うこと。

R6026201.jpg

瀬から出たこの魚はもしかしたら一番川なのでは?
という期待を持たせるのに十分な一匹なのでした。

イワナ釣りは穴釣り。
しかしこの日は違いました。
巻き返しはもちろん、瀬からも勢い良く飛び出すイワナ・・・

R6026217.jpg

先行者がいたらこんなところからは出ないだろ、という場所から出るイワナに
いよいよ一番川を確信しました。

R6026205.jpg

そしてアベレージで8寸ほどとサイズも悪くないのです。

R6026219.jpg

一時的に出ない場所もあり、先行されている方は
あそこから入ったのかな、と思った区間もあったのですが
しばらく行くとまた釣れ始めます。
その頃から出ないんだったらこのポイントには魚はいない、と思うほどに・・・

R6026224.jpg

この日の最大魚の9寸強のイワナは強い流れに入り
柔らかいこの竿を引き絞ってくれました。

R6026230.jpg

日が傾き西側の山に日が入った頃からはまさに爆釣・・・
ワンキャストワンフィッシュはちょっと大げさですが
瀬から、巻き返しからイワナが飛び出します。

R6026227.jpg

脱渓3時までに節分に食べる豆の数ほどのイワナを釣り大満足。
最後の一匹を釣ってから3匹釣って(笑)やめました。
もちろん大物も狙って行ったのですが
そればっかりは運とタイミングだからね。

時間の進み方は一緒のはずなのに早く感じるよね、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  












渓で会いましょう

※しばらくこの記事を一番上に来るようにしておきます。
最新記事は下↓へ。



来たる9/20・21の予定で雪国市のぴょん吉さん主催、いわなたろう共催の
「渓のエロス」撮影会が開催されます。
場所は上越からほど近い北陸、ムーンソードリバー
夜はテント泊による大宴会が予定されています。

撮影会なんて言っていますがもちろんメインは釣りと宴会(笑)。
参加表明はコメント欄でもメールフォームからでもOKです。

こうしてブログで参加を募るのは始めて・・・
誰も来ないと本当にさみしいのです。
だから、わかるよね?(笑)

ぴょん吉さんがどうやって渓で愛を育むのか気になる方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
  






足底筋膜炎にはちょっといいインソールを

大きな病気こそしませんがチョコチョコと色んな所が痛くなったり悪くなったり・・・
今年は足底筋膜炎になってしまいました。
座骨神経痛とはもう長いお付き合い。
去年はテニス肘、おととしはお尻にお豆ちゃん。
今年は本厄だからね、年齢的にもまあ仕方がないのです。

R6026194.jpg

足底筋膜炎、ボクの場合指でさしている部分が一番痛いのです。
かかとから土踏まずにかけて立つ瞬間に足の裏がに一瞬激痛が、
立ってしまえばそれほど痛くないのですが・・・

シップを貼ったりして経過観察するしか無いらしいのですが
足の裏に負担をかけないようにインソールを入れるといいらしい。

R6026175.jpg


ボクのダナーライトにはスーパーフィートのグリーンをもう何年も入れていました。
これを普段履きに、そしてスーパーフィートと人気を二分するシダスをダナーに。
いや、インソールは一度に2種類使えないのです。
入れ替えればいいんじゃない?と思いつつ(笑)

R6026172.jpg

購入したのはもちろんアウトドア3D。
全面が硬いスーパーフィートと考え方が違うらしく
シダスにはクッション性のあるジェルがかかとに入っています。

R6026174.jpg

某アウトドア専門店で購入したのですが
購入するときにテストとしておしりの上に後ろ手にした手を組んで
何も敷かない状態、そしてシダスを敷いた状態で強く下へ押してもらうと
何も敷かない時にはよろけたのがシダスを敷いた時には
更に強い力で押してもらってもよろけなかったのです。
かかとや土踏まずへのサポートでバランスが改善されたのかな?

R6026176.jpg

計画通りシダスはダナーに、そしてスーパーフィートは普段履きに。
例えば嫁さんの買い物のお付き合いでこれらのインソールの入った靴を
一日中履いて歩くと足の状態がまったく違うのです。
不健康なボクの足、ガッツリサポートされ矯正されている土踏まずは
確かに少し痛くなるのですがかかとは柔らかいままあまり痛くなりません。
そして何が違うって腰も座骨神経痛も痛くならないのです。
やっぱり足の裏が痛いなぁ、と思ってインソールを抜くと
「あれ?これはダメだ!」って思う、これって結構凄いことですよ。

スーパーフィートは表面がつるつるしているので靴の中で足が軽く滑ります。
あまり大きな靴に入れるとサポートする場所が変わりあまり良くないような気がします。
サイズがジャストよリ大きな靴にはシダスのほうがいいと思います。

痛くなったのが3本目の足じゃなくてよかったね、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  

すぐに足が楽になるのはシダスの方。
スーパーフィートは足が慣れまで時間が少しだけ掛かります。
逆に通気性がいいのはスーパーフィートです。








長くなったり短くなったり

長くて硬い竿を使ったあとは柔らかくて短い竿。
そう、ボクが常に持ち歩くのは柔らかくて短い竿なのです。

R6026116.jpg

この日もちょっとだけ時間ができたので
そんな竿で谷間のショートコースで楽しんできました。

いつも反応のある場所、
ここで反応がないとその日は期待できないって場所、ありますよね?
やっぱりこの渓にもそういう場所があって
この日はそんな場所から魚が飛び出さない日でした。

R6026125.jpg

そしてそんな日はアマゴとイワナの混生区間だと
イワナのいるような場所にアマゴがいることが多いのです。
せっかくの混生区間、本当は両方釣りたいのだけどね。

R6026113.jpg

じわっと迫る秋の、禁漁の気配。
夏のトンボがいなくなりキノコが目立ち始めます。
何より日があまり差し込まないこの渓ではアマゴのサビるのが早いのです。

R6026119.jpg

そんなサビたアマゴの小さいのを釣るといないはずの場所なのですが
カワムツを釣ったのか、と思ってしまう。
居付きの腹の赤いイワナはよくウグイと間違えます(笑)

R6026123.jpg

水が多い、水温がこの時期としては低いということくらいしか
原因は考えられないのだけれど反応がイマイチなのです。

R60261218.jpg

いや、ちょっと待てよ・・・
束釣りとはいかないもののそれに近い釣りを何度もしているこの渓、
もしかしたら感覚がおかしくなっているだけなのかも。
2時間半で6匹、悪くないのかもね。

R6026149.jpg

オオイヌノフグリから始まってキノコで終わる・・・
その終わりももうすぐです。

谷間に分け入って穴に入れる、釣りの話だよね?と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  

タイトルからのオマケのコピペ。

ある大学で教授が女生徒Aに、
「適当な条件下で、大きさが通常の6倍になる体の器官を挙げてください。
その時の条件も言って下さい」と質問をした。

指名された女生徒Aは、顔を真っ赤にしながら冷ややかに
「これは適切な質問ではありません。この件は学校に告発します。」
と答えた。しかし教授は平然としたまま、別の生徒に同じ質問を繰り返した。

次の女生徒Bは落ち着いて答えた。
「目の中の瞳です。暗いと大きくなります」

「正解です。それからAさんには言いたいことが3つあります」と教授は続ける。

「1つ、授業は真面目に聞きなさい」
「2つ、あなたの心は汚れています」
「3つ、6倍になるなんて思っていたらいつの日か本当にがっかりする日が来ます」



ああ、ボクなんてもう汚れきってしまった(笑)


あたらない本流

悪い囁きをボクにするヒトたちがいるんです。

R60261610.jpg

てぃこまさんとしろさぶろうさんご夫妻。
本流師のみなさんに誘われていったのは当然犀川本流。

R6026170.jpg

この日のボクは子連れだったのでゆっくり起きて
少し遅い時間に合流させていただきました。

R6026165.jpg

もちろんボクの最長、最高番手の9ft、8番ロッドでは
厳しいことは分かっているのです。
まさに太平洋に爪楊枝・・・
あれ?これって使う状況が決まっていたっけ?

まあ、それでもかけ上がりの少し先にキャストしスイング。
しかし朝の早い時間から釣りをしている
てぃこまさんにも数回しかアタリがなかったのに
日の高くなったこの時間、人気ポイントのこの場所でアタリがあるはずもなく・・・
もちろん、もしかしたら、と思ってキャストを続けるのです。
お陰で1時間半という短時間で左上腕二頭筋、
右上腕三頭筋が痛くなってしまった(笑)

R6026167.jpg

最後はしろさぶろうさんのシングルハンドキャスト講座。
ボクのロッドはSAGE890SP+。
お渡しすると「なんでこんな凄いロッド買ったの??」って。
「いや、つい弾みで・・・」とボク。
「弾み、は大切だよね~」と
200本以上竿を持つしろさぶろうさんはおっしゃるのでした。

「いわなたろうさん、このラインだと竿が曲がらないよ~」
なんておっしゃいながら見事なキャスト。
写真でもうっすらと見えるフライラインで分かる通り本当にお上手なのです。
なんといってもホールがボクより圧倒的に長い(笑)

しかしながらやっぱりそろそろツーハンド導入を考えないといけないかなぁ・・・
と本流で釣りをするたびに思わせる3人はまさに悪魔なのです。

犀川まで近いんだからそろそろ買っちゃえ、と言う悪魔は(笑)クリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  
















パラダイスを求めて2

パラダイスは1600m地点にあるらしい・・・
この一文から始まったとある日のブログ
その時はゲートに阻まれ目的の場所へたどり着けませんでした。
そろそろ工事も終わっているかなぁ、とけばりさんと別れこの川へ向かったのは
もう少し釣りがしたい、ということだけでなく帰り道のことを考えてのこと。
そのまま帰れば一番早く家に帰ることができるという矛盾は置いておいて・・・(笑)

IMG_2357.jpg

しかしながら今回は1200m付近でゲートに阻まれたのでした(泣)
しかたがないので少し下流へ降りてから入渓、4時。

R6026089.jpg

水位は少し高め、渓相的には悪くありませんが
堰堤直上は堰堤再生工事?で川が荒れています。
まあ、時間も無いし仕方がないね、と思って
釣り上がりますが全く反応がありません。
しばらく釣り上がると上でも工事をしているのです。
一度脱渓、下の区間へ。

再入渓後しばらく釣り上がるととりあえずの1匹。
これでこの川の坊主はなくなりました。
写真を、と思ってネットに寝かせたイワナは元気よくジャンプ一発、
逃げられちゃった。

R6026098.jpg

左上岩の左脇で追加、これも写真撮影寸前に逃げられる(泣)
そして真ん中でようやく写真を撮らせてもらえました。

R6026097.jpg

サイズはここまですべて6~7寸ほど、でも元気はいいのです。
そう、写真撮影させてくれないくらい(笑)。
よく引くイワナたちで楽しむことが出来ました。

R6026091.jpg

もう一匹釣り、6時前にさすがにフライが見えなくなり始め終了。
脱渓しやすそうな場所から林道へ出ました。
夕焼け空を見ながら長かった一日を思い出しつつクルマへ戻ると
あれ?クルマの真後ろへと続く大きい足あとが!

R6026102.jpg

入渓時にこの足あとは絶対になかったなぁ・・・
木が覆いかぶさり薄暗い林道、そして夕方という時間帯。
こういうところは気を付けないとね。

今年は釣り人が少なかっただろうこの川、
きっと来年はパラダイスになることでしょう。

夕方になると元気になるのは獣だけではない、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
夜になると獣になると言う方もクリック。

クマの雰囲気が濃厚な場所で釣りをしているにもかかわらず
一度もクマに会ったことがないボクが愛用する南部熊鈴。
オススメです。
  







8月最後の日は夏空だった

R6026086.jpg

なんと青空が恋しく、そして懐かしく感じる年なんだろう!
カラッと晴れた夏空がすくなかったなぁ、っていう記憶に残る年になりそうです。

キャンプの後向かったのは天竜川を挟んだ向こう側。
魚影も濃くお気に入りの川のひとつです。

R6026060.jpg

この川に一緒に向かったのはけばりさんとSHIGEさん。
しかしこれだけ毎日SHIGEさんと一緒にいると関係を怪しまれそうだ・・・(笑)

R6026062.jpg

準備を終えるとけばりさんは少し下流へ、
ボクはSHIGEさんと同じ場所へ(笑)
前日の雨の影響で川は少し増水、ささ濁り。
ドライを結びますがイマイチ反応がよくありません・・・ニンフだな。
しかしこの時期のささ濁り、マーカーに出る魚が多いのです。
ドライには出ないくせに。

R6026065.jpg

ニンフで一匹ばらし、マーカーに出る魚が数匹。
やっぱりドライか・・・

R6026066.jpg

ドライに交換してしばらく、イワナのいそうな場所からようやくの一匹。
そこそこの反応もあるしまあ、こんなもんかな、なんて。
SHIGEさんもアマゴをキャッチし渋滞が始まる前の時間に、とここでお別れ。
そして追いついたけばりさんと一緒に釣り上がります。

R6026079.jpg

けばりさんもアマゴをキャッチし一安心。
ボクも追加。

R6026075.jpg

時間が経つに釣れ水温が上がったのかようやくちょっとだけ調子が出てきました。
サイズは大きくなりませんが飽きない程度に釣れてきます。
川が二股に別れるところでボクは支流へ。
そこでイワナをキャッチ。

R6026085.jpg

堰堤まで50mほどの支流で3発、しかしながらキャッチ出来たのはこの1匹だけ・・・
全体に低調な感じは否めません。
とはいえ昼前から3時ころまででアマゴ6、イワナ1と悪くない釣果でした。

R6026088.jpg

時間はまだ早いものの上がろうか、ということになり
入渓点の車まで戻りますがボクはもうちょっと釣りたい感がムクムクと(笑)
ここで後片付けをするけばりさんとお別れし、
ボクはウェーディングシューズを履いたままジムニーに乗り
ひと山越えた向こうの川へ向かったのでした。
つづく。

ムクムクとしたのが釣りたい気持ちでよかったね、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  







釣りを終え風呂に入り到着したのは
堰堤脇のキャンプサイトではなく駒ヶ根キャンプセンター。
濡れるとタープやテントをしまうのが大変だからね。

R6026042.jpg

この日のボクらのお家、これがなかなか快適でした。
施設の様子はまた後日にでも。
荷物を運びまあまあ、と勧められるがままに
けばりさん、タケさんヤスさんと共に缶ビールを。
けばりさん差し入れのブロックベーコンのあぶり、これが最高。
しかし今回も料理はみんな美味しくその度に最高、と思うのです。

IMG_2346.jpg

みんなが集まったところで自営業FFさんが持ってきてくださる生ビールへ。

R6026045.jpg

缶ビールも美味いけど生ビールは格別。
そうこうするうちに夜の帳が下り・・・
前回5つ(笑)もあったランタンが今回は2つ。
明かりはあるんじゃないか?という予想だったのですが
サイト周辺は真っ暗だったのです。

そして止んでいた雨も降り始めたのでした。

R6026051.jpg

ビニールハウスのようなタープの下でいただいたのは
アヒージョ、ラタトゥイユ、ゴーヤとツナの和え物、枝豆に水餃子などなど。

R6026057.jpg

それから長野県名物?の塩イカのきゅうりもみ。

R6026053.jpg

メインはけばりさん差し入れの馬刺し。

R6026055.jpg

この馬刺し、赤身で厚切りなのに柔らかくほんとうに美味しいのです。
それから和牛、それも信州牛の霜降り!

R6026054.jpg

更にジンギスカン。

R6026056.jpg

油を吸ったナスが最高。
お腹いっぱい~

本降りの雨の中、なんとすでに出来上がった(笑)mackeeさんが到着。
けばりさん、タケさんヤスさん、SHIGEさん、飛島さん、
自営業FFさん、NOBUさんの総勢8人の大宴会となりました。

途中抜け出しテントの中で数件電話をかけ、
ちょっと休憩、と思って横になると何かが泳いできました
そう、スイマー・・・(爆)
皆さんおやすみなさいも言えず申し訳ありませんでした。

IMG_2353.jpg

翌朝、ちょっと散歩にいくと土手に赤いものがチラホラと。
お、と思い近づくとタマゴタケでした。
鷹の爪、にんにくと塩コショウで炒めたり
スパゲッティに入れてもらったりして美味しくいただきました。

さて、2日めの釣り。
けばりさんとSHIGEさんと一緒に東側の山の渓へ!
3部作かと思いきや4回に分かれるというなかなかハードな1日の始まりです。

しっとり濡れるのもまた悪くないよね、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
いや、激しくてびしょ濡れ・・・
あ、雨で。

  











その上へ!

今回は釣りキャン。
前回SHIGEさん、mckeeさんとご一緒した時に行った川の上流へ
連れて行っていただきました。

R6026024.jpg

知らないとは恐ろしいもので何の気なしによく通っていた道沿いに
その川への登り口があったのでした。
今回ご一緒したのはSHIGEさん、飛島さん、タケさんヤスさん。
重量級クロカン車2台を追う超軽量のジムニー。
追いついたタケさんヤスさんの乗る車に挟まれ4台で山奥へ。

R6026040.jpg

どこかで見たような風景を見つつ(笑)5人で川へ向かいます。
タケさんヤスさんは上流へ、ボクら3人は下流へ。
ルアーの飛島さんはSHIGEさんとボクが入渓した場所から更に下流へ向かいました。

この渓相!
たまりません。

R6026027.jpg

回復した天気はなんとか小康状態。
早速ウェットウェーディングで水に入るとさすがに水が冷たい!
しかし暑くなった体を冷やすには・・・
いや、それ以上に冷たいのです。

入渓してしばらく、待望の1匹目が。

R6026031.jpg

その後も間は開くもののたまに反応があり、
ここは間違いのない、と言う場所で大物の反応が!
グイグイと竿を引き絞りますがブルン、とフックオフ・・・

いやぁ、いるんだね。

R6026028.jpg

SHIGEさんと上になったり下になったりしつつ上流へ向かいます。
しかし反応は徐々に薄くなり・・・
時折定位している魚を見かけますがなかなかフライに反応しません。

R6026034.jpg

そんな中なんとか追加。
そうこうしているうちに下流から釣ってきた飛島さんがいらっしゃいました。

R6026036.jpg

ここで情報を交換しつつお昼ごはん。
飛島さんは更に上流へ向かいました。

R6026032.jpg

ボクらは釣り上がります。
しかし午後になってからは更にアタリは遠く・・・
夏は水温計を持ち歩かないボク、
後から知ったのですが入渓時は一番水温が高く
時間が進むにつれ水温が下がったようです。

8ftロッドでももちろん振れる渓相なのですが
今回のボクのタックルは7.6ftのロッドに
リーダーティペット12ftのショートシステム。
このシステムで間違いなく竿抜けになりそうな場所まで狙っていきますが
なかなか魚からの反応はありませんでした。

R6026039.jpg

そんな中、貴重なイワナが出たのは竿の刺さる場所の右側、
浅い小さな巻き返しでした。

R6026038.jpg

サイズはおそらくこの日一番ですが羨ましいことに(笑)痩せているイワナ。
このイワナに小指サイズをもう一匹。

時折パラパラと落ちてきていた雨がここで本降りに。
SHIGEさんとそろそろ上がろうか、と予定の脱渓点を前に上がることにしました。

そう、里に戻ってからが本番。
キャンプという名の外での飲み会です(笑)

本番と言われるとやはり気になる、という方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  




プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック