B!

iPhone5 本体とライトニングケーブル交換

しばらく前にiPhone5のスリープボタンが効かなくなる個体がある、と
Appleよりアナウンスが有りました。

iPhone 5 スリープ/スリープ解除ボタン交換プログラム
(公式サイトへ)

特に問題もなく使用していたのですっかり忘れていたのですが
そういえば、と思いだしボクのiPhone5が対象なのか、とチェックすると・・・

R6025928.jpg

対象の個体でしたので早速交換の手続き。
電話番号、シリアルナンバーなどをフォームに入力し送信するとAppleの担当者からすぐに電話がかかってきました。
え?引き換え交換?
リフレッシュ中古に、だよね・・・

R6025929.jpg

その時についでにライトニングケーブルの皮膜が破れていたので
それも交換を依頼しました。

PCにiPhoneをバックアップし、iPhoneを探すを解除。
電話した2日後にはもう新しいiPhone5が手元に来ました。

R6025933.jpg

手違いで手元にiPhone5が2つ・・・(笑)
これを返さないとしっかり代金を請求される、らしい。
そのためにクレジットカードナンバーを聞かれました。

これは・・・リフレッシュ中古じゃないぞ。
いや、中身はどうなのかわからないけど(笑)
買って数日で落とした傷が綺麗になってそれが一番嬉しいのです。

さて、ライトニングケーブルは・・・

R6026021.jpg

こちらは完全に新品。
Applecareに入っているかどうかは関係がないみたいです。
本体はともかく、いやしかし買ってから1年半も経っての交換には驚きましたが
ライトニングケーブルも本体も交換の費用は送料も含めすべて無料。
これに一番びっくりしました。
こういう対応もApple製品への満足度が高い理由なのでしょう。

使い始めてもうじき2年、そろそろ発表されるはずのiPhone6が気になっています。
中古品として引き取ってもらうにしてもWi-Fi専用として
iPod touch風にして子供にあげるにしてもガワがきれいな方がいいはず。
何よりバッテリーがリフレッシュされているってのが一番の収穫なのです。

iPhone 5 バッテリー交換プログラム
(公式サイトへ)と言うものもあります。
とりあえず調子が悪くなくてもシリアルナンバーを入れるだけだし
調べて対象の個体だったら交換してもらっておくのがいいのでは?と思います。
もちろん、ボクの交換後のiPhone5は
バッテリーの交換プログラム対象の個体ではありませんでした(笑)

R6026020.jpg

いたるところに充電プラグがあると嬉しいのでついでに購入。

R6026022.jpg

モバイルバッテリーにApple認証のロングライトニングケーブル、
そしてそうじゃないものも・・・(笑)
純正品に比べ長いケーブル、寝る前に充電しつつゴロゴロしながら
iPhoneをいじるのにひとつあると便利ですよ。

破れた皮膜は危険だ、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  












三回転はキモチがイイのか

毎日雨。

ジメジメと湿度は高いのに夏とは思えないくらいに涼しいのです。
家庭菜園の野菜は育たないし、なんといっても釣りに行けない。
あと1週間もすると梅雨明けの発表があるんじゃないか?と思う今日この頃です。

昼から上がった雨。
上がったと思っていましたがクルマに乗っていると
フロントグラスに時折ポツ、ポツと雨が当たります。
まあ、多分大丈夫じゃないの?なんて上流へ向かいます。

R6025964.jpg

山の中は湿度は高いとは言うものの肌寒く、
長袖を着てきたらよかったかな?と思うくらい。
この川でこの時期ウェーダーを履かないといけない夏なんて
こんな年は記憶にありません。

R6025972.jpg

1時半、心配していた雨も止んでいていい感じ。
早速瀬にキャストすると渓魚がツッとフライを見に来ました。
フライに触りもしませんでしたがいい感じ。
その後、イワナのいそうな巻き返しでとりあえずの一匹。

R6025971.jpg

モミジも赤いものがあるし
カツラの葉も黄色くなってカラメルの匂いを漂わせています。
まあ、それは毎年のことなのですが
色の濃くなり始めたアマゴ、ちょっと早すぎない?

R6025980.jpg

やはり巻き返しで出た8寸アマゴ。
その後も絶好調とはいいませんが反応もよく、順調に数を伸ばしていきます。

R6025985.jpg

気が付くとポツポツとハットの縁に落ちる雨。
みるみるうちに雨足は強くなり木の下でも濡れるほどになってきました。

R6025992.jpg

カッパを着て続けようかとも思いましたが
調度良く脱渓点も近づきここで撤収することにしました。

クルマまで戻るとシャツがビショ濡れになるほどでもなく・・・
2時半、とりあえずウェーダーは脱がずにクルマへ。
行ったことのない気になる渓を見に行くか、それとも下流へ行こうか。

R6026008.jpg

クルマに乗り少し山を下ると雨なんて降ったの?って思うくらいでした。
そのままおなじみのクリの川へ。

R6025994.jpg

とりあえす取水堰堤上に入ってみますがさすがに水が多く遡行すら苦労します。
これは堰堤下だったな、と思いつつ釣り上がると反応は悪くありません。

R6025997.jpg

そう、反応はするものの針にさわらない(泣)
それでもようやく一匹。
3月頃はそういえばこのサイズでもネットを出していたなぁなんて思いつつ・・・

R60259991.jpg

やっぱりちょっと水が多すぎ。
4時、下流の取水されている部分へ移動することにしました。

R6026007.jpg

ボクは一度入るとダメでもその川にいることが多いのですが
同じ河川ながら短時間で移動2回、こんなことは珍しいのです。
さて、この区間は・・・

R6026009.jpg

ちょうどいい水量ながらいい場所には蜘蛛の巣(泣)
ここも反応はいいもののフッキングする魚は少ないのです。

R6026012.jpg

最後におみやげにワサビを一本。
鼻に突き抜ける美味しいワサビでした。

R6026019.jpg

最後にスパッと気持ちよく釣ってやめたいのですが
見に来るだけでなかなか出てくれないのです。
5時に時間切れで終了。
なかなか気持ちよくやめられない、そんな半日でした。

2度も移動する3回転は気持ちが良い釣りができるのか。
それはやはりその日の状況や釣り人のテクニックによるのですね。

時間をかければ、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
イブの時間まで待てば、ネ。

  










びしょ濡れの気持ちの良さ

もう何日竿を出していないだろう・・・



いや、小用を足すためには日に何度も、
しかし竿をはそれにしか使わない、という悲しさ(泣)

R6025961.jpg

出していないのはその竿ではなくもちろん釣り竿。
竿を出すためにビショビショに濡れに行ってきました。
もちろんビショビショに濡れたから竿を出す、ではないのです。
そう、物事を正確に伝えるためには言葉って順番がとても大事(笑)

R6025950.jpg

この川は水量が多いと目的の場所まで行けないし
入渓点付近の瀬はともかく上は魚の反応が極端に悪いという超渇水期向きの川。
前日、近くにお住まいのNOBUさんに聞いてみると水量が多い、と。
地元の川に行くか迷いましたがこのピーカン、心は一気に50km先へ(笑)

R6025956.jpg

水は多くはないけど少なくもない・・・
そう、渇水していない。
これは目的の場所までは無理そうだな、とすぐに気が付きます。

でも、いいの。

いつものこの瀬で数匹フライを見に来ますが
くわえる寸前で見切るというスレっぷり。
誰だよ、こんなに教育したのは。

瀬の終わり付近でようやく1匹。

R6025936.jpg

竿が竿だからね、このサイズでも
すっかり満月になるまで曲がってとっても楽しい♪

その上の淵尻の岩の上に定位していたイワナは
フライが通り過ぎてから猛ダッシュでアタック。

R6025939.jpg

淵の一番奥の大岩の脇の巻き返しにフライを送り込んで更に追加。

R6025941.jpg

ここまで30分。
普通だったら絶好調の予感ですがこの水量だとこの上に行ってもイマイチ。
その予想はすぐに確信に変わりました。
やはり叩けど流せどまったく姿を見せないイワナ・・・

まあ、メシだね。

R6025947.jpg

ウェットゲーターに速乾パンツでおしりまで水に浸かってのランチタイム。
里は33度、谷間は天国。
もちろん濡れるから気持ちがいいのであって
気持ちがいいから濡れたのではありません。

R6025948.jpg

今年はなかなか上へ行かせてもらえない。
これだけ焦らされて行ったらきっと天国なんだろうな・・・
まさに寸止め(爆)

R6025958.jpg

できたらシーズン終わるまでに上まで行きたいなぁ。

今シーズンも残り少なくなってきました。
みなさんも良い釣りを。

    

蚊にもメマトイにもパーフェクトポーション

この時期の外遊びで悩まされる虫、メマトイ。
ミントスプレー、カトリスと試してきましたが
カトリスはメマトイにはイマイチ、そしてミントスプレーは効果は一瞬。
どうも決定打に欠けるのです。

先日、何を買おうと言うわけでもなかったのですが
ぶらりと寄ったアウトドアショップで見つけたのがこれ。

パーフェクトポーション アウトドアボディスプレー



値段もサイズの小さいもので700円ほどと手頃。
もし効果がなくても頭に来ないじゃない?(笑)
早速釣りの時に使ってみました。

IMG_2268.jpg

ミントスプレーの時に効果のあった帽子のツバにシュッとスプレー。
材料は天然素材のみですので直接肌にスプレーしても問題ありません。
もちろんお子さんの敏感な肌にも大丈夫。

それにしてもうーん、いい匂い。
虫除けとは思えません。
時間が経っても匂いが残ります、これはいいかも。

川に降りてみると
いつもだったら常にまとわりついてくるメマトイがまったく来ない!
しかし問題点は釣り開始前に帽子にシュッとスプレーしてしまったこと。
そうなのです。
そもそもこの日は虫がいなかったのかも・・・(笑)

R6025909.jpg

ベストに入れて釣りに持って行けるようにアトマイザーに分けておきました。

しかしちょっとボクには考えがあります。
持続力が短いとはいえミントのパワーは強烈です。
このアウトドアボディスプレーに
ミントを混ぜてみたらどうなんだろう・・・

R6025910.jpg

とりあえずそのまま使ってみるつもりですがそんな悪戯心が。
ただミントは時間が経つと匂いが良くないのです。
それについても、そしてブユについての効果も含めまたここに追記する予定です。

そういえば悪い虫だったなぁ、と自身の過去を振り返った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  







水郷の町 諏訪

R6022968.jpg
(諏訪湖百景園 3月)

水郷の町としては近江八幡や佐原が頭に浮かぶのものと思いますが
諏訪湖に流入する河川はなんと31河川、一説では39河川あるといいます。
なかなか意識できませんがボクら諏訪湖のほとりに住む者は
水とともに暮らしているのですネ。

R6023745.jpg
(武井田川県道50号付近 7月)

上の写真の船は諏訪では「泥船」と言います。
泥で出来ているわけでもないのに泥船・・・
なぜ?と漁師さんに聞いたら「これで漁をすると泥だらけになるから」と(笑)
四つ手網、そして泥船は諏訪湖特有の風景です。

R6025149.jpg
(高島城 4月下旬)

大亀の上に建てたという高島城、
ピンチになると亀が動くため不落の城だったといいます。
しかしお姫様が井戸がないと不便、と
みんなの反対を押し切って井戸を掘ったら赤い血が吹き出し
それ以来現在の場所から動かなくなったといいます。
お侍さんが闊歩していた頃このあたりは諏訪湖、さもありなん。

R6025179.jpg
(中門川三の丸橋より 4月下旬)

水が豊かな諏訪界隈には造り酒屋が5軒、諏訪エリアでは9軒あります。
そして味噌蔵は山高、竹屋など諏訪市内だけで8軒もあります。
かつてはさらに亀源という醤油味噌蔵がありました。

R6025877.jpg
(衣之渡川丸高味噌蔵付近 8月上旬)

養老醤油に万年味噌、懐かしいですネ。
諏訪エリアだけで味噌蔵は恐らく40軒以上。
まさに諏訪は信州味噌天国なのです。

R6025888.jpg
(中門川中門橋 7月)

そう、こんな橋もいたるところで現役。
季節にはアヤメやツツジが咲きほこります。
片倉館や美術館めぐりもちろんお勧めですし
もちろんビーナスラインも気持ちが良いのですが
市内の水路を歩いて見て回るというのもきっと素敵な思い出となるはずです。

こんな川にも脂ビレがいればいいのに、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
実はたまに紛れ込んでいるんです。
たまに、ネ。

 








大森ブースト計修理

先日のナイトドライブの際、超お気に入りの
大森のブースト計の電球が点いていないことに気が付きました。



おや、接触不良か?と思いブースト計のコードを
ツ、と引っ張ってみるとほとんど抵抗もなくプチッ!

IMG_2117.jpg

球切れなのか、それとも接触不良だったのか・・・
サーキットテスターで調べる間もなく分解決定(泣)

分解の工程については先人の皆様のほうが詳しいので細かくは書きませんが
アルミのリングのカシメをドライバーなどでこじっていくだけです。
ガラスが外れたらバキュームホースをつなぐタケノコのナットを外せば完全分解完了。

IMG_2125.jpg

メーター裏のゼンマイ、ギア、クルッと丸まった銅製の感知部を触らないように!
ここを触るとすご~く楽しいのですが
ギアと扇状のピニオンギアが外れると非常に面倒です。
(経験者は語るwww)

まずは切れたコードの残骸を外すためハンダこてで温め
ハンダ吸取線で吸引。
その後切れたコードをハンダでつなぎ直します。

IMG_21a33.jpg

簡単な基板ですが片方の球が切れても
もう一つの電球に電気を供給するようになっています。
取り付けたコードから、そして球の端子で抵抗をチェック、OK!
最後に12Vで通電、点灯を確認して修理完了です。

IMG_2135.jpg

近くに電気部品屋があれば球切れまでの寿命の長い
LEDに交換するところですが今回はこのまま。
松本まで行くのが面倒だったから(笑)
いや、それよりアノードだの抵抗値だのを考えたくない(爆)

リングがガタガタなのは友人から譲り受けた時から。
今回のボクの施工が悪いわけではありません。

IMG_2142.jpg

全面のガラスを磨いて修理完了。
もし電球が切れたら麦球と交換、なんてことはぜずにLEDに交換します。
それまではこのまま。
「調子のいい部分はバラすな」これがボクの座右の銘なのです。

電球色のメーターイルミネーションも
ジムニーのインパネ照明と合っていて気に入ってるんです。
ぼんやりと目立たなく、ちらっと目をやればちゃんと見える。
そう、まるでボクのようだ・・・

バラすとネジが余る、と言う経験をしたことがある方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  















諏訪湖の花火 穴場の駐車場

諏訪湖のほとりに住むボクにはあまり関係ないのですが
新作花火大会も含め諏訪湖の花火大会で皆さん閉口されるのが帰り道の渋滞。
城下町ゆえの市外に出る道が少ないことが
主な原因だと思いますが我が家の辺りでは
夜中の1時ころまで渋滞が続くということもザラなのです。

IMG_2278.jpg

先日届いた交通規制図を眺めているとあることに気が付きました。
大型駐車場のヨットハーバーは有料で会場までの直線距離が1.2km、
停めることができる台数は少ないものの
無料駐車場の上諏訪中学校校庭は会場まで0.8km・・・

上中

無料でしかも近いのです。
※注
無料駐車場はどこも午前中の早い時間に一杯になります。
3時くらいに到着・・・などとゆめゆめ思いませんように!
追記20148/15
朝6時に上諏訪中は満車、7時には近場の無料駐車場はほぼ満車のようです。

しかしもっとも重要なのは会場までの近さででも無料ということでもありません。
上諏訪中学校の校庭は早く帰ることができるのです!

諏訪湖から少し離れた山の手のこの学校の付近は
渋滞する要素がまず少ないのです。
そして規制図を見ていただくとわかると思いますが
当日は桜ヶ丘から市内へは進入禁止、
立石公園付近は登りの一方通行となります。

すわ

道を間違えないように・・・
必ずこの道で立石公園の方へ登って下さい。
とにかく登る、坂を降りるとそこは一番渋滞する場所です。
分岐がたくさんあるように見えますが大丈夫、
一番最初の鋭角に曲がる部分さえ間違えなければあとはみちなりです。

きりがみね

あとは上の地図に書いてあるとおり。
佐久から上信越道に乗って関越へ抜けても、
諏訪南ICから中央道で東京方面へ向かっても。

断言します。
松本、上田、佐久、そして東京方面には
間違いなくこの上諏訪中学校校庭駐車場が早い!

あれ?
近隣の他の学校の校庭は?と思った方もいらっしゃるでしょう。

IMG_2282.jpg

高島小学校校庭は一方通行などの規制から
元町交差点に出るまで一番時間の掛かるときで恐らく2時間、
城北小学校も一番混む場所を抜けなければいけないのでダメなのです。

名古屋方面ね・・・

なごや

早く帰ることができる駐車場がないんですよね。
強いて言えば有賀峠の登り口の豊田小学校に停めて
自転車で会場近くまで・・・
しかし自転車でも歩行者天国内へ乗り入れることはできません。
このくらいしかないかな。

まあ、駐車場の片隅で手持ち花火でもしてから仮眠、
渋滞のなくなる日の替わる頃に動き始めるのも、
そしてビールを飲んで車内泊からの翌日の信州観光もいいと思いますよ。

お盆が終わるとすぐに夏休みも終わる長野県、
花火大会はサザエさん症候群の強烈なやつだったんだろうな、と
想像できる方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

   





大物なんていないじゃないか~!

謎の情報屋(笑)が
先日うなされそうなサイズの魚を取り逃がしたらしい・・・

R6025914.jpg

ふむふむ、あそこかぁ。
時間ができたら行ってみようか、と早速半休(笑)
午後イチで用事を済ませてからその川と向かいました。



しかしこの川、我が家から片道30km。
大蛇の川も35kmほどなのですが
このくらいからボクにとっては軽い遠征(爆)

R6025918.jpg

入渓し数投でまず一匹。

R6025916.jpg

その後数匹釣り、さらにフッキングしないものの反応はよく
瀬の脇でライズする魚すらいてこれは今日はイイんじゃないの?
なんて思い始めました。
しかしあまりのフッキングの悪さにフライを交換しようかな、
なんて思い始めた頃から魚がフライに出なくなってきてしまいました。

そう、さっぱり。

R6025926.jpg

時間帯?
場所?
新しい足あとがあるし先行者?
苔がめくれるほど水位が上がった夕立のせい?

魚に聞かないとわかんないネ。

R6025923.jpg

いや、大物どころの話じゃない。
このサイズでさえ苦労する日となりました。

先週は良かったのに、なんてハナシをよく聞く方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

   









ちょっと増水

※朝ではありません(笑)



週末の一日。
所用を済ませ、今日はもう釣りをしない!との決意のもと
釣具屋など数カ所寄り道をして川に到着したのは17時(笑)
寄り道からの帰り道にどの川のどの区間に入ったら目一杯楽しめるか・・・
もっと他のことに使ったらいいのに容量の少ない頭はフル活動していました。
熟考の末到着したのはボクがローテーションする川のひとつ。

R6025862.jpg

夕立の影響なのか水位はちょっとだけ増水していました。

R6025859.jpg

笹濁り、そしてイブの時間帯、これはいいんじゃないの?ってやつ。
しかし瀬で数投しましたが反応がありません。
その瀬でリールにラインを綺麗に巻き取るために
更にラインを伸ばすとバシャバシャ!
もうリールへの巻取りの体制に入っていたから合わせられないよ・・・

R6025861.jpg

その後、逆光の中でフライに出たらしく、
それが分からずにピックアップ。
同時にブルブルとしばらく竿を震わせましたが直後にフックアウトしました。

曇り空ながら結構日が傾いてきたのがわかります。
そろそろ終わりだな、と思っていた時にようやくピチャッとフライに出る渓魚。

R6025858.jpg

どう考えたって前の2匹のほうが大きかった(泣)
まあ、そんなもんだよね。
その後、堰堤下でフライの下でギラッと光る魚が2匹、もちろん釣れず。。。

R6025869.jpg

真っ暗になる前にやめました。

そういえばあんな時間だったのにもかかわらず入渓点にクルマが3台、
釣り終わったと見えて林道を歩いて下流へ向かう方1人。
ボウスじゃないってだけで十分だったのかな。

  

暑い夏、ダジャレに少し涼しさを感じたという方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!







木曽のリベンジ、なるか!



先日せっかく信州まで来ていただいたのに
大雨の影響で竿を出すこともなく撤収されたSHIGEさん
梅雨の明けた頃の平日にどこかに行きましょう、と約束をして別れました。
しかしSHIGEさん、今年信州でお会いするのは4回め。
こっちに住んでしまったら?(笑)

R6025845.jpg

そして向かったのは最近ボクが良い釣りをしている、自転車で行くあの渓。

R6025816.jpg

一気に林道を駆け上がり、なにわともあれ冷たい水に浸かります。
入渓直ぐのポイントでSHIGEさんに
ここはいつも魚が付いているんです、なんて話をしてやってもらうと
SHIGEさんのロッドに早速の9寸イワナ。

R6025842.jpg

直後ボクにも、これは期待できるんじゃない?

R6025823.jpg

ちょっとセコいところにいるものの魚の反応はすごく良く、
先行させていただくと高確率で反応があります。
時折1級ポイントでの反応もありなかなか楽しいのです。

R6025839.jpg

そう、イワナらしい場所。
巻きやたるみからゆっくりとした反応があると楽しいですよね。
そしてイワナらしい出方。
ケチなアマゴと違って2回め、3回めがある。

R6025829.jpg

この魚も岩盤の際から2回めの反応でフッキング。
それほど大きくないと思ってそのままリリースしました。
しかしボクのラミグラスには尺の位置にメジャリングラップがしてあるのです。
自宅で写真を見ながらメジャリングラップと
竿尻の幅とイワナの大きさを比べてみると・・・
あれ?尺あるんじゃない?
あるよね。

R6025824.jpg

きっとお腹いっぱいで動きにくかったんだ。
触ったお腹はゴツゴツ、きっと胃の中身はカメムシだね。
いやぁ、楽しかった!

数もたくさん、そしてサイズにも恵まれいい釣りになりました。
次回もSHIGEさん、よろしくお願いします!

次回の予定はすぐなのかも、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
そう、すぐなのです(笑)
もう引っ越しちゃえ!(爆)

  







プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック