B!

犀川にランチを食べに行ってきました

とある平日の休み、昼ころからこの時期実績のある川に
イワナでも釣りに行ってみようかと思っていたのですが
安曇野に行く用事ができてしまいました。

ん?安曇野?
確かてぃこまさんが休み、とボクのブログにコメントしてくれていたな・・・
9時半頃に釣り道具を準備し、その写真をメールすると
川に到着した、と彼からの返信が。
さて、出発。

IMG_1864.jpg

松本はニュースなどで諏訪湖のほとりより雪が降った、と言っていたのですが
ここまで多いとは思わなかった・・・
ここ数日、気温が低いためまったく雪解けが進んでいませんでした。
11時半頃、てぃこまさんが片付け終わったところに鼻息の荒いボクが到着。
撤収なんて許しません、もちろん(笑)

とりあえずご飯でも、と向かったのは明科、中村の「やさい畑のとんとん」
ボクは写真を撮るの忘れちゃった。
580円でサラダとメインの大皿プラス小鉢3つ、更にはコーヒー付きという
大満足のランチの写真はこちら、てぃこまさんのブログへ。

1時、満腹になったところで川へ。

R6024866.jpg

3日前はもっと歩きにくかったという、
雪の影響でとても歩きにくい河原への道を通ります。
それでも先人の方々のお陰でラッセルがないだけ楽です。

R6024864.jpg

なんと水温10℃、ユスリカのみならずフタバコカゲロウ、
シロハラコカゲロウまでハッチしています。
メイフライの姿を見ると興奮してしまう・・・(笑)

R6024868.jpg

ドロッパーにスペイフライ、リードフライに
小さめのシルバーマーチブラウンを結び
キャスト、メンディング、ターン・・・ゴツン!

R6024863.jpg

と来たのは少し上流で釣っていた餌釣り師の竿に、でした(笑)
この方、お会いしてから2時間ほどで2匹の釣果、更に数回の当たりもあったとか。
ううむ、いないわけじゃないんだ。

R6024862.jpg

一度だけモゾモゾとしたような気がしたけどそれっきり。
まあ、そんなもんか。
しかしこれで犀川のボウズ記録をまた伸ばしてしまった・・・

人が釣った魚とはいえ魚の写真があるとやっぱりいいね、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

帰宅すると仕事から返って来た嫁さんと鉢合わせ。
アルミのロッドチューブを抱えたボクを見て
「あれ?安曇野は用事じゃなかったの?どこ行ってきたの?」と。
「いや、安曇野や松本には熊やイノシシがたくさん出るって聞いてるし
いざというときの護身用の武器としてwww」
「・・・」

実際はそんなにたくさんは出ません(笑)

  





渓の雪の量を見に行ってきました



記録的な大雪からもうすぐ1週間。
もう少し雪解けが進むまでおとなしくしているつもりだったけど
もう我慢できない、川へ行きたいんだ!

IMG_1852.jpg

釣り道具一式をクルマに乗せてとりあえず川へ・・・
数ヶ所回ってみますがもちろん河原の雪原に足あとなんてひとつもなく
雪で駐車スペースがない、そして川に降りる場所がないのです。
そもそも川の近くの道は雪かきされていないため
ジムニーでもスタックしそうなほどの深さの雪。

R6024830.jpg

まあ、わかっていたことだけどね。
それでもなんとか川に入れそうな場所を見つけ
股までのラッセルの末、今期初の入渓。

R6024832.jpg

気温は予報で最高気温1度、しかし水温は6度と思ったより高めです。
何かの間違いでライズでもないか、と水面を見つめますが
風が水面を揺らすだけ。

R6024837.jpg

結ぶフライはもちろんニンフ。
川へ向かう寸前に急いで3本だけ巻いた金玉フライを結びます。
思えば今期初タイイング(笑)

R6024831.jpg

流れの緩やかな淵や深みのアシ周りを中心に、
活性の高い個体がいるかも、と瀬も打っていきますが
マーカーを動かすのは岩や沈んだ枝だけ。
まあ、それでもこうして釣りができるんだもん。

R6024835.jpg

雪で車道のクルマの音も消され、
聞こえるのはサラサラと流れる川の音だけ。
ときおり水面近くをカワガラスが駆け抜ける。

R6024838.jpg

長いシーズンは始まったばかり。
そのうちイヤというほど釣ってやる。
そう、今日は雪の量を確認しに来たのだから・・・

R6024828.jpg

こんな寒くて雪のある時にはわざわざ釣りなんかせず
魚は暖かい、家の水槽で見ればいいのです。
娘がなぜか欲しがっていたオトシンクルスを購入して帰宅。

R6024841.jpg

しまった!
コイツには脂ビレがない!!

クリックしていただかないと皆様の初釣果は脂ビレなしの魚となるでしょう。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

   









冬にしか出来ない夏の準備

ウェットウェーディングにはソックス別体のウェットゲーターを使っているボク。
去年の夏頃からそろそろネオプレーンソックスを
交換しないといけないなぁ、と思っていました。



足の裏の穴はボクが排水用に空けたものです。
劣化して空いた穴もあるのですが・・・

R6024823.jpg

常に水の中で使うものなので穴が空いているのは別に問題はないのですが
全体に生地が薄くなってきました。
特に足の裏なんておそらく新品の1/3ほどの薄さ。
ウェットウェーディング用の専用のソックスは夏でも売っていますが
試してみたかったのはこれ。

R6024826.jpg

なんといってもホームセンターに売っているし専用品の1/3ほどの値段。
去年の冬に買おうと思っていたのですが厳しい寒さだったため、
そして安売りを待っているうちに売り切れてしまいました。
構想2年、ようやく購入。

R6024825.jpg

防寒用ネオプレーンソックスって穴が空いているので
排水性もあって代用品としてちょうどいいかな、と。

R6024827.jpg

普段の靴のサイズは25.5cmなのですが
試着してみたところ小さめのMがちょうど良さそうです。
裸足で履くことは想定していなくて厚めの靴下を履いて
このネオプレーンソックスを履くんだから大きめに作ってあるのでしょう。

しかし実戦投入は5ヶ月ほど先・・・
長い道のりです(笑)

最近真ん中の足用の靴下の実戦投入が無いという方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
積極的意味でも、消極的意味でも(笑)

  









祝!解禁のはずが・・・

このブログのこの時期の風物詩、木の札の年券。

P2161050.jpg

上川、宮川などを管轄する諏訪東部漁協の年券です。
腕章やカードの年券に比べ味のあるこの年券ですが
昔は焼き印を押してあったのです。

P2161051.jpg

当ブログのコアな読者の皆様はまたか、と思うこの写真。
そう、諏訪の民は焼き印が好きなのです。

P2161059.jpg

諏訪大社の勝栗守り(写真は御柱守り)も
ボクがいつも鞄につけている近所の神社のお守りも。
何度も書きますがぜひ来年は焼き印の年券の復活を希望します。

さて、長野県の渓流釣りの解禁は今日、2/16。
しかしみなさんご存知の通り、その日を狙ったかのように大雪が。

IMG_1843_20140216223155a0d.jpg

諏訪湖のほとりの我が家で公表52cm、累積で108cm。
去年もこの時期に雪が多いなぁ、と思っていましたが
なんと平年比169%の積雪量です。
写真の年券を使える上川周辺での積雪深は1m超と聞いています。

IMG_1847.jpg

もう何年も解禁日当日にはお腹が痛くなったりして渓に立ってきましたが
今年は渓に思いを馳せながら暖かい部屋の中で
リールをカリカリと巻きつつ雪解けを待つことにします。

リールを部屋で巻くよりフライを巻かないと、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
あ、ボクがまずクリックしてしまった。
そう言えば今年用のフライ、まだ一本も巻いてないや・・・

  

 





燕三条系ラーメン 煮干らあめん燕黒(つばくろ)

先日の大雪の翌日、松本に用事があって行ったのですが
松本はその日全国二位の積雪量、49cm。
見た感じもっとあったけどなぁ。

そんな日、てぃこまさんに急な電話をしてランチを付き合っていただきました。
松本市下新の煮干らあめん燕黒。

IMG_1839_20140214085448361.jpg

燕三条系ラーメン、新潟にお住まいの友達たちが
食べているのを見てボクも食べてみたいと思っていました。
まあ、なかなか本家は食べに行くことが出来ないので
こうして近場で食べることができるというのはありがたいものです。

IMG_1834.jpg

カウンターには山盛りのチャーシュー。
千と千尋の神隠しのお父さんたちが豚になる原因となった
台湾の九份をモデルとした屋台じゃないですが
こう言った置き方は冬場限定で(笑)食欲がわきますね。

注文したのはスタンダードな燕黒らあめん。

IMG_1835_201402140854514af.jpg

麺の硬さも普通、背脂も普通に。
背脂の量は鬼脂なんて言う恐ろしい物もあります・・・
いや、ボクにはそんな恐ろしいまでの背脂は無理だ。
トッピングは岩のり、チャーシュー2枚、メンマ、刻みタマネギ。
麺は平打ちの乱切りでした。

IMG_1838_20140214085446910.jpg

煮干し系醤油味の後から広がる背脂の甘味。
もちもちした太麺は乱切りのため食感が違い楽しいです。
スープにしゃりっとした辛味の無い玉ねぎの食感、いや、美味い!
松本のお気に入りのラーメン店の一つになりそうです。

ところでこの日、財布を忘れていました。
もちろん免許証も。
てぃこまさんにすっかりごちそうになってしまったのですが
鞄から何から全部探って財布のない瞬間ってほんとに焦るよね。

焦るといえば・・・
女の子の中でなぜか破けてしまい、それに気が付かず
最後まで走りきってしまったということを経験したことがある方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
ああ、記念すべき1000回目の投稿も下ネタで締めてしまった・・・

  







直ったぁ!

ボクのジムニー、JA11のトランスミッションメインシャフトベアリング交換と
アウトプットシャフトのオイルシール交換、
そしてトランスファーインプットシャフトのオイルシール交換が終了しました。
トランスミッションの記事はこちらこちら、トランスファーはこちら

R6024812.jpg

しかしどこまで洗浄したのか分かりやすい写真だな(笑)

さて、これを元に戻していきます。
しかしこれを単品で持つと大したことはないのですが
腹ばいになって持ち上げるなるとなかなか重い・・・
ミッションの方はガレージジャッキで持ち上げ、エンジンとドッキング。
今回クラッチは外していないので芯出しの必要がありません。
フライホイールをちょいっと回してやったらあっさりと乗りました。
しかしトランスファー。
ミッションより凝縮された中身の詰まり方なので重い!
プロペラシャフトは邪魔だしフロントパイプも邪魔。
知恵の輪、とは言いませんが隙間を通して乗せます。
まあ、フロントパイプもペラシャも付いた状態でおろしたんだから乗るよね。

R6024814.jpg

せっかく買ったギアレンチはあまり役に立たず・・・(笑)
やはりヘッドの小さいスイベルなしのモノも買わないとダメか。
いや、しばらくミッションはおろさないからいらないはず、なのですが
クラッチの厚みを見たら案外近いタイミングでおろさないとダメそうです(泣)

無事にボルトも余らず車の下での作業は終わりました。
次はシフトレバーの修理。

R6024811.jpg

シリコンスプレーを吹いて潤滑を良くし、
レバーに付いているゴムのブーツを取り外し各パーツを組付けます。
普通は潤滑が良くなった頃合いを見て
ゴムのブーツを取り付けるんだと思うんだけど・・・(笑)
部品とともに届いた説明書通りに組めばOKでした。

各部を増し締めしたらギアオイルを入れます。
今回使ったのはワコーズRG7590LSD。
そう、潤滑油は非常に重要なのです。

R6024820.jpg

サクションガンの先っぽの透明なホースが見つかりません。
仕方がないので内径4mmのシリコンホースを無理やり取り付けました。
しかしさすがに細すぎ、硬いギアオイルは温めても
なかなかサクションガンに入りませんし注入も出来ないのです。
サクションガン用のホースは作業が終わって片付ける時、
グリスガンと一緒にしまってあったのを見つけてしまいました(笑)

R6024819.jpg

最後にシフトノブを取り付け完成。
半日がかりでしたがなんとか無事にミッションとトランスファーが乗りました。

さて試運転。
ぐにゃぐにゃしていたシフトはシャキッとした手応えに、
5速でガラガラゴロゴロ言う音は綺麗さっぱり消えました。
そしてニュートラルで鳴り、クラッチを踏むと音が止まっていた
「シャー」という音も消えました。
この音の原因はレリーズべアリングかな?と思っていたのですが
よく考えたらレリーズベアリングは「クラッチを踏むと鳴る」んですよね。
ミッション、トランスファーの油漏れが止まったかどうかはまだこれから。
まあ、止まっているでしょう。

おろしで半日、修理に半日、搭載で半日と3日がかりでしたが大満足。
ミッションは静かになりましたがどこからか聞こえる、
傷んだべアリングの音で消されていたと思われる、小さな「ゴー」という音。
まあジムニーだしこんなものなのかもね(爆)

次?
オイルクーラーからの油漏れ、クラッチ、そしてキングピンベアリングと
フロントドライブシャフトのオイルシール交換。
まだまだたくさん・・・(泣)

潤滑油は重要、と身にしみている方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
いや、ない状況で、ってのが想像できません。
もちろんクルマのハナシ。

   















諏訪湖のほとり ラーメンくじら家

諏訪湖のほとり、原田泰治美術館や
教会の向かいのラーメン屋「くじら家」に行ってきました。

IMG_1809.jpg

「家」が店名に入っていることでも分かる通り家系ラーメン。
半年ほど前に出来たお店なのですが初めての訪問です。
今回は初めてなので横浜とんこつ醤油、そしてご飯を注文しました。

IMG_1814.jpg

カウンターで待つこと10分ほど、その間にトッピングのチェック。

IMG_1810.jpg

おろしにんにくは家系ラーメンには鉄板、間違いなく入れよう、と心に決めます。
そうして待ちきれなくなった頃に到着しました。

IMG_1811_2014020821443540f.jpg

普通のラーメンなのですが色々と具が乗っています。
キャベツは絶対だよね。
さて、一口。

IMG_1812.jpg

この麺だもん、茹でるのに時間がかかるはずだ。
しょっぱい目のさらっとしたとんこつしょうゆ味。
動物系の透明な脂がギラギラと光り心を揺り動かします(笑)
にんにくはやはり鉄板、豆板醤はスープ自体がしょっぱいので
ボクの口にはいまいちだったかな。
最後におろししょうがを入れて完食。

二郎系も家系も本家を食べたことはないけど田舎にいながら
こうして地方のラーメンを食べられるってのはこれはこれでいいものです。

「食欲の秋」という言葉は間違えている、と感じる方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
一年中食欲が落ちないんだもん、参っちゃう・・・

  
















ジムニーJA11 トランスミッションセミオーバーホール その2

ベアリングの音がひどかったためおろしたボクのジムニーのミッション。
1週間弱かけてようやく部品が揃いました。
※ミッションベアリングの様子の記事はこちら
  トランスファーオイル漏れ修理の記事はこちら



ベアリング、オイルシール、スナップリング。
右上オイルシール、左下ナットはトランスファー用、
そしてヤフオクで購入したシフトレバーのカラーセット。

R6024787.jpg

驚いたことに波ワッシャーまで入っていました。
一番欲しいのはシフトノブ下部の丸い玉の上につけるカラー、
これだけ単品で出してくれるとありがたいのです。
しかしジムニーっておかしなところまで単品で部品が供給されているのに
こういう壊れやすいところはアッセンブリーなんです。

オイルシール、ベアリング交換する前に
まずはシフトレバーのバネを交換します。

R6024794.jpg

この22mmのボルトが恐ろしく締まっています。
写真では外してありますがエクステンションケースを
ミッションにつけた状態で交換すると力が入りやすく楽です。

R6024797.jpg

上が新品、下が交換したバネ。
両サイドとも折れてはいませんでしたが
ヘタっていたのか新品が対策品なのかだいぶ長さが違います。
シフトノブのカラーの取り付けはクルマにミッションを載せてからです。

R6024803.jpg

シールプーラーが届かなかったので
古来よりの伝統の工具(笑)ドライバーでこじて外します。
外し方の簡単な説明はトランスファーのオイルシール交換の記事へ。
オイルシールインストーラーもプレスもないので
似たようなサイズのガラス瓶をシールに当ててプラハンで。
瓶の縁がシールの縁に当たるようにずらしながら叩き入れます。
プラハンで優しく、というのは絶対!
ガラスだからネ、割ったら面倒くさいですよ。

R6024808.jpg

ベアリングはこれまた伝統の工具、エンビ管とプラハンで。
シャフトに入れるときにはベアリングのインナーレースを叩きます。
スナップリングを入れられるところまでベアリングを叩き入れたら完了。

R6024809.jpg

エクステンションケースに液体ガスケットを塗ってミッションケースに取り付け、
軽くプラハンでなじませてからボルトを締めていきます。

元通り組み直したら完成。
あとは車に乗せるだけ、なのですがそれが大変なのです。
トランスファーも乗せないといけないもんなぁ。

大変大変って言っているけど楽しそうだなぁ、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
そして全てが終わってから届くオイルシールプーラー・・・(泣)

IMG_1817.jpg


  

















ジムニーJA11 トランスミッションセミオーバーホール その1

購入した時から5速に入れるとアクセルオンの時にだけ
シャーと言う音がしたボクのジムニー。
シフトノブを少し押してあげると、
そしてアクセルをオフにすると音が止まります。

アクセルオフで音がでないのは一緒なのですが
ここ1年ほど音がひどく、シャーと言う音に加え
ガラガラゴロゴロと言う音まで聞こえるようになりました。

トドメはミッションオイルを交換した時に出てきた
メインシャフトベアリングを留めるCクリップのかけら。
これで覚悟が決まりました。
ミッションをおろそう!



シフトレバーを外すとやはりカラーが割れて粘土状になっていました。
シフトがビシッとしないのはやはりこのせいか・・・
カラーが単品で出ず、シフトレバーごとの交換になるため
これはヤフオクで購入予定。
ミッションのアウトプットオイルシールも交換しないと。

R6024765.jpg

オイルを抜くときに失敗してしまいツナギは油まみれ。
プロペラシャフトがトランスファーに引っかかってなかなか抜けなかったため
先にトランスファーを下ろしてからミッションを下ろしました。
トランスファーのインプットシャフトの油漏れも確認していたため
オイルシールも交換しようと思っていたので手間は一緒なのです。

ケースを軽く、本当に軽く洗浄し、トランスミッションの
5速の入っているエクステンションケースを分解すると
メインシャフトベアリングが現れました。
と言うかプラハンでケースをコンコンと叩き上げると
そのケースにベアリングが(笑)
Cクリップ崩壊のためシャフトについてこなかったのです。

R6024771.jpg

今回、分解するのはここまで。
調子のいいところはバラすな、とNASAの格言にありますね。
いや、JAXA?それともロシア航空宇宙局だったか?

そしてそのベアリングは、というと・・・

R6024779.jpg

ボール表面、リテーナーは傷だらけ、
指で回してみると鈴のような音がします。

R6024775.jpg

こんなに垂れ下がるほどのガタが。
5速だけジャージャー言っていた原因は
やはりこのメインシャフトベアリングでした。
ミッションケースの中でばらばらになる前で本当に良かった!

R6024780.jpg

近くの工作機械屋さんにベアリングを買いに行き、
自動車部品屋さんにトランスミッションメインシャフトのCクリップ、
ミッションメインシャフトオイルシール、
トランスファインプットシャフトオイルシール、
トランスファフランジロックナットを注文。
そしてギアオイルはワコーズRG7590を。

今回クラッチは交換しません。
手間はかかるものの自分で作業するんだし
また調子が悪くなったら交換すればいいだけなのです。
クラッチ交換の楽しみはまた今度に残しておこう(笑)

さて、発注した部品待ち。
作業は次の、またはその次の休みになるけど
長野県の渓流釣り解禁日くらいには乗れるようになっているかな。

修理をすると部品代より工具代の方が高くなるという方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
ボクもラチェットレンチを買いにホームセンターに走りました。
プロシャを外すのに12mmのボルト・ナットが4ヶ所、計12ヶ所。
しかもそこ、ソケットレンチが入らないんだもん!
メガネレンチ2丁掛けじゃ日が暮れる・・・(笑)

   

今回ここまで特殊工具は必要ありませんでしたが
組むときに液体ガスケットは必須です。
また、ボクのミッションのようにベアリングが
ケースに残った場合はエクステンションを付けたソケット、
またはパイプなどで叩けば抜けますが通常、シャフトに残るはずですので
その場合はアームの長いプーラーなどが必要、かも知れません(笑)

 
プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック