B!

モバイルバッテリーとケーブル

スマホのバッテリー大食い。

普通に使っている分には問題ないのですが
さすがに不便を感じるようになってきました。
アプリのマップやDIYGPS(当ブログ該当記事リンク)などディスプレイを
付けっぱなしにしていると目に見えてバッテリーが減っていくのです。

やはり足りない、ということで・・・

IMG_1576.jpg

まず一つ目、下の円柱型のエレコムの2200mAhのバッテリーを電器店で購入。
外出、出勤前に「あ、電池が足りない!」と気がついた時にはコレで十分。
1500mAhほどのバッテリーを搭載するiphone5を完全に充電して更に余裕があります。
鞄の中に入れておいても軽いしね。

そう、問題は屋外の電源がない場所でGPSアプリなどを使って
地図で現在地を確認しながらトラックログを取り続けるような時。
このような使い方をするとiphone5本体の1500mAhとモバイルバッテリーの
2200mAhと合わせた3700mAhだと1日持ちません。

で、上のGSKモバイルバッテリーを購入しました。
これ、エレコムのモバイルバッテリーと同じくらいの値段なのになんと12000mAh!

IMG_1577.jpg

なんとiphone5に8回も満充電できるのです。
さすがに大容量モバイルバッテリー、結構な重量があります。
実測220gほどとエレコムの70gの実に3倍。
しかしながら一番上の写真を見ていただくと分かるように
USB出力端子が2つ付いています。
ですのでスマホの充電をしながらコンデジの電池も一緒に充電できます。
軽さを取るか、重いけど2つの出力端子を持つ便利さ・大容量を取るか・・・
使い分けられる喜び(笑)

ボクの購入したモバイルバッテリーには付いていませんがハンディウォーマー、
LEDライト付きなんていうニッチなモバイルバッテリーもあります(笑)

GSIのモバイルバッテリー付属のケーブル、これがまたなんとも言えない・・・
何にでも使えるのだけど無くしそうなのです。
さらにダメな所、それはデータのやり取りが出来ないこと。

IMG_1578.jpg

そしてモバイルバッテリー側のハナシなのですが大きな欠点がありました。
それは入力側がミニUSB、出力側がマイクロUSBということ。
ケーブルや変換コネクタをたくさん持ち歩きたく無いじゃない?

IMG_1580.jpg

ひとつのケーブルでミニUSB、マイクロUSBが使えるものを購入しました。
ipadはwi-fi専用機なのでうちから持ち出しません。
DOCKコネクタを外しミニ、マイクロUSBだけに。

IMG_1581.jpg

真ん中黒はマイクロUSBのみ、右はサードパーティのライトニングケーブル。
なんでこんなにたくさんのケーブルを
持ち歩かないといけないんだろう、なんて怒ってはいけません。
こうしていくつかのケーブルを使い分ける喜びを味わうことができるのです。
パラレルケーブルやファイヤーワイヤーなど乱立していた頃に比べ
だいぶ統一が進んだとは言えそろそろ端子の統一をして欲しいよね。

ミニ、マイクロ・・・
スカートの話が良かったと思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  








多摩動物園は坂だらけ



今年も多摩動物園へ行ってきました。

毎年何度も行く甲府の遊亀公園の動物園は手頃な規模、
そして坂がないので大人にはありがたいのですが
何度も行っているのでそろそろ飽きてしまったのです。

名古屋の東山動物園、そして長野の茶臼山動物園とどこにしようか悩みましたが
東山動物園は諏訪湖のほとりの我が家から200km先、
そして茶臼山動物園は山の中腹にあるため坂がキツいうえにおそらく寒い。
茶臼山動物園は100kmほど、
そして多摩動物園は130kmほどとあまり変わらないので
今回も結局多摩動物園に向かうことにしました。

おととしも行ったのに忘れていたこと、
そう、それは多摩動物園も坂がキツイってこと。

IMG_4943.jpg

無料のシャトルバスで一番上まで行けるのですがなんとなく歩いてしまった(笑)
バスでオランウータンの展示舎など坂の上まで行って
入口に向かって坂を下りながら見るのがオススメです。
見逃した場所はもう一度バスに乗って上まで登ればいいのです。

IMG_4911.jpg

ゾウは甲府や茶臼山にもいるけどサイはいないんだよね。
トラは結構どこにでもいるのですがここ多摩動物園は柵越しじゃないし
2頭一緒なのでじゃれあっているのを見ることができるのです。
最近は旭山動物園のような展示方法が増えましたね。

IMG_4952.jpg

実際見に行ったボクらだってこの展示方法のほうが面白いよね。
檻の中でウロウロしているトラを見ても楽しくないもん。

そして多摩動物園で一番見たかったのはライオン。
ライオンもどこにでもいますがここはバスに乗って
驚くほど近くで見られるらしい・・・
多摩動物園は2回めなのに「らしい」と言うのは
前回来た時は入園したのが2時頃だったため
ライオンバスの最終バスの時間に間に合わなかったのです。
今回到着したのは10時前、オランウータンを見ても
モルモットを抱っこしてもまだ最終バスには十分時間がありました。

いつもの様に娘たちにはオープンカーに乗っていくんだよ、と
期待をふくらませるようにオハナシをしておきますが
下の娘にはちょっと効き過ぎたらしく怖くて泣き出す始末・・・

IMG_4953.jpg

うおぉ!近い!!
ガラス一枚隔てた先にはライオンの鼻先。
バスのガラス付近に餌の肉が付いているためそれを取りに来るのです。
ガラスがあることで安心した娘たちも楽しんだようです。

IMG_4905.jpg

フライフィッシャーとしてはやはり気になるのは鳥。
首筋の羽がほしい、と思ったり・・・

IMG_4935.jpg

放し飼いの孔雀を捕まえて羽をむしったら
一羽からクイルが何枚取れるのだろうと想像してみたり。

そしてどの動物園でも探してしまうのは脂ビレ。

IMG_4908.jpg

しかしおなじみのウグイ、ハヤくらい。
脂の気配も感じませんでした。

ありがたいのは爬虫類がほとんどいないこと。
シマヘビやアオダイショウが少しいましたが
この手の蛇はもしかしたら展示水槽の中より
園内の森のなかにいくらでもいるのではないだろうか。
そう想像すると鳥肌が(笑)

亡くなった須坂動物園のハッチが有名でしたが
カンガルーのようなヒトは結構見かけるものです。

IMG_4949.jpg

そんな立派なモノを隠しもせず・・・
諏訪湖畔の片倉館でよく見かける光景であります(笑)
さすがに動物園でよく見かけるお楽しみの真っ最中のヒトは
お風呂にはいませんが(爆)

園内での食事は軽食程度、ボクらはスパゲティナポリタンを食べましたが
お弁当を持参するか近くのコンビニなどで購入していくことをおすすめします。

こうしてシーズン中に釣りに行かせてもらうために
この時期は良い子ポイントを荒稼ぎしておくのです。
まあ、すぐ近くのワイルドワンには寄りますけどそれは完全にオマケなのです。

IMG_1563.jpg

ついオマケのはずの釣具屋や
アウトドアショップがメインになる、という方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
ボクが年に何度も甲府の遊亀公園附属動物園に行くのも
甲府の上州屋、キャンベルに寄るため・・・?

  

















ナメコが出たのだ

某育成系ゲームの話ではありません(笑)



原木を購入して苦節4年・・・
我が家の原木からようやくナメコが発生しました。

秋口にひっくり返してみたところやっと菌が回ってきたらしく
原木の下側が白っぽくなっていました。
今年ナメコを出さなかったら薪にして焚いてしまうぞ・・・
なんてさるかに合戦のようなコトを思いつつ原木をハンマーで叩くこと数回。
その後もたまに乾燥させないように水をかけていました。
しかしキノコの時期が到来してもまったく生えません。
今年もダメか、と思いかけた頃の発生でした。

しかし原木の下側からしか発生しない・・・
調べてみると樹皮が分厚い木の場合、なた目を入れるといいみたい。

R6024697.jpg

早速。
ぐるりと鉈目を入れておきました。

そしてキノコの敵といえばやはりナメクジ。

R6024701.jpg

原木をひっくり返してみるとやはりいました。
ナメクジはカフェインが嫌いなので鉢皿の周りに
ぐるりと出がらしのコーヒーの粉を撒いておきました。

しかしこうしてキノコが生えてくると
薪にしてしまおうと思っていた原木も可愛く見えてくるものです。
今までそんな事したこともないのに数回に分けての水やり(笑)

R6024699.jpg

しっかり水を含ませて豊作に期待です。
鍋、味噌汁、大根おろしと一緒に・・・
そばやうどんに、それもいいね。
今年はキノコをあまり食べていないからたくさんできると嬉しいな。

キノコはやはり大きくならないと、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
あ、失礼。
みなさまのはマツタケでしたね・・・

  











ペンドルトン ウールシャツが縮んだ!

R6024688.jpg

長いこと愛用しているウールシャツを縮めてしまいました。
素材がウール100%なので普通に洗濯していても多少縮みます。
普通に洗濯する分にはほとんど縮まないのですが、
乾燥機攻撃で子供用くらいのサイズに(泣)

ペンドルトンのシャツは温かいうえに
ウールのくせにチクチクしないという素晴らしいシャツです。
そしてこのチェックが欲しくて探したほどのお気に入りなので何とかしたい。
ネットで調べてみると髪の毛用のリンスで伸びる、と。
驚きました。
なんでも成分のひとつ、シリコンが効くのだとか。

R6024694.jpg

まあ、ダメで元々なので試してみることにします。
まずは普通ドライコースで洗濯。

R6024693.jpg

その間にぬるま湯を張った洗面器にリンス5~6回プッシュ。
しっかり溶かしておきます。
濡れたままのシャツをその水溶液に浸して待つこと5分ほど。
軽くすすいで脱水します。

R6024695.jpg

湿っているうちに中温で引っ張りながら伸ばしつつアイロンがけをします。
ある程度伸びたらハンガーに吊って乾かします。

ボクのペンドルトンの場合これでかなり伸びましたが
一度ではしっかり伸びませんでした。
で、同じことをもう一度。

R6024689.jpg

購入した時と同じ程度のサイズまで復活!
ごわついた風合いもふっくらとした優しい手触りに戻りました。
アメリカ製のシャツだから手荒に扱って大丈夫、と思っていたのが間違いでした。
そもそもウールシャツなどは年に1度ほどの洗濯で十分、
普段はブラッシングしておけば問題ないみたいです。

R6024690.jpg

今更ながらケアタグを見てみると洗濯機で、またはドライクリーニング・手洗い。
やはり乾燥機での高温乾燥がまずかったかな。
濡れたまま動かしたためフェルト化、そのまま熱で固定されてしまったのでしょう。
同じ方法でフィルソンマッキーノコートを小さくしたのに
学習しない、とはこのことですね。

伸びたり縮んだり・・・
シャツの話でよかったと思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

   











モンベル メリノウールトレールシャツ

補修部品を探しにブラリと寄った諏訪インター近くのモンベル直営店。
その日は目当ての物を見つけブラブラと店内を物色していました。
シュラフ、ストーブ、クッカーやナイフにランタン。
いつもだったらこの辺りで帰るのですが
この日はついウェアコーナーへと向かってしまいました。

そういえばペンドルトンのウールシャツを乾燥にかけたら
すっかり縮んで着られなくなったな・・・
そんなことを思いつつこのシャツを手に取りました。
しかしそのシャツには磁石のようなものが仕込まれていたらしく
一度手にしたらシャツが手から離れない(笑)

R6024681.jpg

そんな感じでメリノウールトレールシャツを購入。
手触りは細い糸でしっかり編みこんだフランネルのシャツといった感じ。
ウールの独特のふんわり、チクチクとした風合いを感じません。
しかし洗濯して濡れるとウール独特のあのニオイ、間違いなく毛なのです。

R6024687.jpg

トレールシャツはペンドルトンと並べてみるとグッと生地が詰まった感じ。
冬用のスーツの生地に近いです。
重量もトレールシャツのほうが重いように感じます。

R6024685.jpg



アップで生地を見てみると生地の材料が毛糸と糸くらいの違いがあります。
実際着てみるとペンドルトンはセーターの風合いに近く、
モンベルのシャツはやはりネルシャツに近いですね。

R6024682.jpg

袖口とえりは柔らかいふかふかした布が付いています。
シャツ自体の生地よりここが先に痛みそうな気が・・・

R6024691.jpg

やはりある程度縮むのね。
乾燥機禁止、今度は守るよ(笑)
165cm、70kgのボクには新品時のサイズLでほんの少し大きめです。
最新の素材なので縮んでちょうどよくなるようなことはないと思うけど・・・

オヤジには嬉しい防臭抗菌加工が施されているうえUVカット素材。
そしてウールの一番のよさは濡れても暖かいしすぐに乾くこと。
川で転んで何度も体験してるけどこれがありがたいよね。
諏訪の郷土の作家、新田次郎氏の小説、聖職の碑でも
遭難して助かった人はウールのシャツ、いや、下着だったかな?を着ていました。
新しいボクの相棒、これから何年も頑張って欲しいと思っています。

縮れた毛には秘密があるコトを知っている方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

   

















フライラインにフッ素コート

この時期まとめてするのがフライラインのメンテナンス。
年に数度、洗面器にお湯を張って中性洗剤でクリーニングします。
その後、フッ素コーティングを。

IMG_1519.jpg

エギングのPEライン用に購入したのですが、
海が遠くなりなかなか行かなくなってしまいました。
フライラインに使ったらどうなの?
と使い始めたのですがこれがなかなかいいのです。
真ん中のものは泡状に出るのでティシュに出してラインに塗りますが、
スプレー状のものはリールのラインに向けて4箇所ほどシュッと吹き付けます。

IMG_1523.jpg

リールのスプールなどに余分に呼び散った分もティシュでリールに塗り塗り。
リールの汚れ防止になるので一石二鳥なのです。

この常温フッ素コートスプレーを一本持っていると本当に役立ちます。
竿はもちろん、ヘルメットのシールドの汚れ防止にも。
一番オススメなのがスマホの画面。

R6024675.jpg

しっかり水を弾くという感じではないのですが、
汚れが付きにくく、ツルツルの手触りになります。
そして指紋がついてもひと拭きでピカピカになります。

そう、フライラインのハナシ。
常温フッ素コート剤が乾いてからシリコングリスを塗っておきます。

R6024676.jpg

塗らなくても大丈夫なほどツルツル、浮力もアップしますが気分で(笑)
シーズン中の忙しい時は汚れも落とさずそのままスプレーするだけです。

実際、フライライン専用のシリコンオイルって高いよね。
いろいろ試してみました。

R6024679.jpg

どれもそう変わらないのです。
シリコンオイルスプレーは持続力が低いのでこまめにスプレーしないとダメですが。
ソニー防水カメラのオマケについてきたOリンググリスもなかなかいいですよ。
触った感じ、ニオイ(笑)ともにフライトップそっくり。
jetpapaさんはフロータントに
ヨコモのショックオイルがいいとおっしゃっていました。
シリコンスプレーは岩手のkingfisherさんに教えていただいた方法で
小さな容器につめ替えてベストの中に入れています。
黄色の缶のシリコンスプレー、ロングリーダーティペットを使うようになったら
コレがないとダメな体になってしまった・・・(笑)

こうしていろいろ試すのも楽しいのですが
注意しなければいけないのは無溶剤タイプであることです。
高価なワコーズのシリコングリススプレーはフライライン用として
わざわざ買うことは無いと思いますが、
フッ素コーティング剤、コレは試す価値アリですよ。

ミューシリンで十分!と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
そう思っていたボクがオススメするPEにシュッ!、
フライの事前コーティングにもいいですよ。

  














寒い夜はグリューワイン

諏訪湖周辺も夜はグッと気温が下がるようになってきました。
寒くなるとビールはお腹を冷やしちゃう。
熱燗?それもいいね。
でも、ボクのオススメはグリューワイン、いわゆるホットワインです。



カップ2杯分で・・・
店に売っている一番安いワインで構いません。
それによく洗ったみかんを半分、それを絞ってそのまま皮ごと投入。
粉のシナモンを3振り、はちみつを大さじ1杯。
オレンジと棒状のシナモンを使ったほうが美味しいです。
好みでクローブを少し。

R6024673.jpg

これを超とろ火で熱燗ほどの温度に。
沸騰させるとアルコールが飛んで飲みやすくなります。
ボク?細心の注意を払って沸騰させません(笑)

R6024674.jpg

ゆるゆるとした火を見つつ温かく美味しいグリューワインをいただく。
キャンプ向きの気候ではなくなってしまった今、
こうしてアウトドア用品を家の中で使うってのも慰みとしてはいいものです。

軟弱者め、冬でもキャンプでしょ!と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  






紅葉を見に

行こうよう・・・
この時期何度も目にし、そして耳にしたと思いますが書いちゃった(笑)

長野県には海はありませんが海という名のつく場所がかなりあります。
例えば大町の海の口、佐久の小海町。
長野県内でも一番海に遠いこの諏訪市の山の中にもあるのです。

蓼の海(たてのうみ)。

IMG_1507.jpg

なんでも海の語源は「う」が大きな、「み」が水なのだとか。
だから山の中にも海があるのね。
この蓼の海、「今、会いに行きます」のロケ地で有名ですが、
周辺は公園として整備されていて散策をするのに最適です。

IMG_1510.jpg

手軽に登れて諏訪湖が一望できる大見山もこの時期一番きれいなはず。
その登山口がこの蓼の海です。
冬にボクが行った様子はこちらから
そして蓼の海は諏訪市内から一番近い管理釣り場でもあるのです。

IMG_1503.jpg

うぉぉぉ~!
射程圏内でライズが・・・結構大きそうだぞ。
この管理釣り場、ちょっとゆるい釣り堀で管理事務所に人がいません。

IMG_1504.jpg

日釣り2500円、半日2000円。
ボクの記憶だと午前と午後に一度ずつ集金に来るはずです。
あと二週間で禁漁か・・・
一度来てもいいんだけど釣れないんだよな(笑)
しばらく眺めていましたが5人ほどの釣り人の竿が曲がる様子はありませんでした。
ルアーでは、そして6月くらいにセミのフライでいい思いをしたことがありますが。

IMG_1505.jpg

今年春まで蓼の海は改修工事をしていました。
その改修工事前はマーカー下1.5mのマラブークロノミド、
もしくはウーリーバガーなどのリトリーブが良かったと記憶しています。

IMG_1506_201311081203391b8.jpg

管理事務所の横には上越の某P氏がお好きそうな松が・・・
この手の木は女性が多いのですが男は珍しい(笑)
いや、何かが刺さった女性なのか?

いや、管理釣り場の紹介じゃなかった。
もちろん下ネタの写真をアップするためでも。
諏訪湖のほとりでは紅葉が里まで降りてきています。

IMG_1501.jpg

標高1280mの蓼の海周辺の紅葉は終盤を迎えています。
カラマツの黄色、桜やモミジの赤、松の緑。
まさに錦のよう。

IMG_1512.jpg

諏訪市内から立石公園、この辺りがちょうどこの週末の紅葉の見頃。
今年は山が色鮮やか、そんな気がします。
葉が落ちるともう冬、白いペンキ屋さんのやってくる時期ですね。
今年はあまり雪が降らないといいな。

オヤジギャグでブラウザを閉じようかと思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

   
















スナップオン ツールショー

工具、買うものはもう無いのです。
無いって言っているのにツールショーへの招待チラシをくれるバンセリング。
困るんだよね(笑)



とは言えどんなもんなのか行ってみたいじゃない?
という訳で長野まで高速で1時間、友人のクルマで。
するとそこにあったのは宝の山でした。

IMG_1496.jpg

クラクラする・・・(笑)
まあ、このへんはグリップ違いのモノを持っているのであまり惹かれないのです。

IMG_1497.jpg

ロールキャブ、どこに置くんだ?と思いつつも引き出しを出したり閉めたり。
手前の黒い工具箱も工具箱だけで100万円ほど、
そして上に乗っている黒い鉄の台だけで10万円♪
いや、笑うしかないのですがかなりの工具箱に売約済みの書類が・・・
そう、定価よりかなり安いのです。
今の工具箱にパンパンに工具が入っているボクのハンドツールを
このロールキャブに入れると二段、いや一段で済んでしまいそうな収納力です。
物置に入れてあるタップやダイス、プーラーまで入れられるなぁ、と軽く妄想・・・
しかし買えるわけがない(泣)
いや、現実問題として置く場所が(笑)

お昼は友人に運転をお願いしてビールとサンズバーガー
シトロエンのHバンで移動販売されているところが
工具好き、車好きの心を震わせます。

IMG_1495.jpg

ハンバーガは1人ひとつ無料、ビールは飲み放題なのです。
このハンバーガー、バンズもパティも旨いのですが、
最後の一口、重力で落ちた肉汁の染み込んだバンズの旨さときたら・・・

IMG_1494.jpg

いつものスナップオンバンで見ることのできない工具箱、そしてツール類。
トルクレンチとタイヤゲージのセットで片方だけの値段の長野限定というセット。
そして600ニュートン〈60kgf!)まで対応しているバカでかいトルクレンチや
1.5mほど長さ、見たことのない太さのの貫通プライバー。
いや、買うものはないのです・・・

そう。
買うものはない。

IMG_1498.jpg

しかしこの日、紆余曲折を経て無反動ボールピンハンマーが
ボクのところにやってきたのです。
取っ手付きのボクの工具箱にはもう入らないくらいパンパン、、
そしてこんな重いものがいくつも入っていたらもう持ち上がらないのです。
いや、ハンマーが重いなんて文句を言うまい、ハンマーはこれで4つ目だ(爆)

無料のビールは気を大きくさせるための策略、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  











サギ師 いわなたろう

最近渓を歩くことがなくなり運動不足のボク。
釣り場までそんなに遠くないし暑くも寒くもない素晴らしい陽気なので
自転車でワカサギ釣りに出かけることにしました。



街路樹もだんだん色づき、そろそろ諏訪湖のほとりも晩秋。
季節の移ろいはとても早く、そしてとても腹が減るのです。

いつもの場所へ2時。

IMG_1485.jpg

前回釣行時の写真を見ていただくと分かるのですが、濁りが取れています。
ん?わからない?取れてるの!

風が吹いているけど微風、そして濁りなし。
こんな時はなにかの要素がプラスされないと釣りにくいのです。
一時間ほど釣ってこれだけ・・・

IMG_1474.jpg

餌を変えるとパタパタっと釣れますがすぐに止まっちゃう。
1時間でこれだけ、まあ、渓流釣りだったら爆釣か(笑)
歩く時間がないからね、
ワカサギ釣りでこれしか釣れないとつい暇を持て余しちゃうのです。

そのうち空がだんだん暗くなっていきました。
風上側の山肌は煙っているし何だか雨が降りそう・・・
下り坂の空模様と相反してだんだん調子が上がってきました。

IMG_1488.jpg

調子が上がってきたところでポツリ、ポツリと落ちてくる雨、
何かの要素がプラスされました・・・
そしてユスリカのハッチ。
ワカサギの活性は恐ろしく上がってきました。
まさにワンキャストワンヒット。
まあ、掛かるまで竿を上げないというウワサも(笑)
ダブル・トリプルもあり一気に数を伸ばします。

しかしだんだん本降りに。
あと一匹、と思って釣りますがなかなかやめられません。
では、とあと10匹と心に決めます。
そこから15匹釣って(爆)4時前に納竿、
その頃にはすっかり雨足が強くなってしまいました。

IMG_1476_2013110320233238c.jpg

これ以上雨が強くならないうちに、とペダルを踏み続けます。
おかげで運動不足はすっかり解消できるほどに。
ゴアテックスの上着のお陰で上半身は濡れませんでしたが
フェンダーレスのバイクのためお尻はびしょびしょ。
男のびしょびしょなんて、ねぇ。

ウチへ帰り計ってみると前回より少し多い位、70匹ほどでした。
今回はこれを南蛮漬けに。

IMG_1479.jpg

開高健氏が「私の釣魚大全」で絶賛した真澄。
氏は魔法瓶に入れた熱燗を氷上で味わったと記憶していますが
ボクはこたつで、冷やで。
こうしてアルコールの摂取量も増えてしまうのです。

秋空のように移り変わるのもビショビショも、
やっぱり女性のハナシに限ると思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  


 









2013 諏訪湖ワカサギ岸釣りの開幕戦

今年も開幕しました。
まあ、9月中旬から釣れているようなのですが・・・

R6024651.jpg

天気もよく風も適度で理想的な向かい風。
これはいいんじゃないの?と仕掛けを投入すると早速良型の1匹目が。
すぐに釣れないとここにはいないんじゃないの?と思ってしまうのです。

R6024655.jpg

2号針5本、おもり0.6号、3.6m竿という仕掛け。
いつも書きますがセットの2号くらいのおもりでは重すぎます。
扱いにくいということの以前にボチャンボチャン言わせていたら
魚が逃げる、様な気がしません?

時折トリプル、今年の諏訪湖のワカサギはサイズがいいので
3匹でも竿が重くなり非常に面白いのです。

R6024665.jpg

この日釣っていた場所の水深は1m弱。
一番上の針は水の中に入りません。
それでも魚はうわずっていて下から2番め、3番めの針に掛かってきます。
しかも活性の高い時に掛かると言われている下顎。
これがバレにくいのですが針から外しにくいのです。

R6024658.jpg

ワカサギは小さいくせにガンガンとアタリますがモゾモゾと当たるのはコイツ。
綺麗だし可愛いから飼いたいんだけどね、スジエビなんかと一緒で肉食なので
我が家の小型の熱帯魚がいる水槽に入れられないのです。
コイツだけでつ抜け(笑)

5本針にパーフェクトか?と思ったら・・・

R6024661.jpg

君か。
今年初のウーさん、こうしてみると尾も尖っていてカッコいいんだけど
どの釣りをしていても外道扱い。
しかもワカサギ釣りでは仕掛けが絡むので嫌われ者なのです。
フライフィッシングでもけばりがネトネトになるし・・・

R6024662.jpg

昼頃まで天気もよくとても暖かかったので
パーカー一枚で出かけてしまいました。
それが失敗、気温は比較的高めだったのですが
どんどん風が強くなり体温を奪っていきました。
アタリが少なくなった3時半に耐えられなくなり強制終了。

R6024668.jpg

1:30~3:30までの2時間でちょうど60匹、250gでした。

R6024671.jpg

おととしのデータだと1匹1.4g、今年は今回釣ったワカサギの平均が4.2g。
何年か前に大型になるワカサギを北海道の湖から移入したと聞いています。
その成果が出て大きくなったようなのですが
公式アナウンスでは今年孵化したワカサギが食べるはずの餌を
二年魚が食べてしまい、一年魚が生き残れなくて
諏訪湖のワカサギの総資源量が減った、とのこと。
なんでも今年湖にいるのは1億匹いた去年の4分の1なのだそうです。
10/1から始まった一日に釣っても良いという規制量が
去年は1000匹だったものが今年は1000g。
1kgなんてこれだけ大きかったらあっという間だよね。

___20131031105921b2b.jpg

大きくなった分釣った時の引きは強くて楽しいのですが
火が通るのに時間が掛かるし骨も硬いし・・・
ボクは小さいワカサギのほうが嬉しいな。

ともかく開幕、今年も美味しいワカサギをたくさん釣りに行くぞ!
と言いたいところなのですが、
250gあれば家族で一回食べるには十分な量なのですよ。
とにかくよく釣れる諏訪湖、岸釣りでの短期決戦、
その後は温泉や観光がオススメです。

クリックしてくれないとアナタの針にも
ウグイが総攻撃を仕掛けるおまじないをしておきました。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  
















プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック