B!

新しい竿

7ft前後、3、4番。

この辺りがボクの竿のオーソドックスなラインナップです。
ここ数年、近所の狭い川を釣る機会が多く
フィッシングスタイルも変えずにいたので
新しい竿を買う機会なんてありませんでした。

しかし最近は上が開けた川に行き、ロングリーダーを使う機会が増えてきました。
手持ちの一番長い竿を持っていくことになるのですが
その竿は8.3ft#3ながらビンビンに固いウエダののマッシモ。
この竿、いつも4番を乗せて使っているのですが、
ラインスピードを上げないとループをコントロール出来ないのです、ボクには。
そしてラインにスラックを入れようとするとラインスピードが早いので忙しい。
さらにはメンディングすると有り余るロッドのパワーでフライまで動く・・・
手持ちの竿でロングリーダーを使いたかったけど、
違う竿だったらもっと楽に釣りができるんじゃないか?

はい、ここまでが新しい竿を買ったことに対する言い訳(笑)

ある日、嫁さんと娘のプレゼント用に本屋さんに絵本を見に行きました。
ある程度決まりブラブラといつものように釣り雑誌のコーナーへ向かう足。
ふと手にとったフライロッダーズの裏表紙に載っていたモーリスのロッド。

VARIVAS フライロッド iD

それはロングリーダーの雄、岩井渓一郎氏の
シグネチャーモデルなのに2万円を切る定価・・・
ううむ、この竿がもしかしたらボクの悩みを解消してくれるんじゃないか?

うちへ帰るとボクの意識ではない何かに突き動かされて
勝手に、自然に指が動き、気がつくとポチっと(笑)

R6024159.jpg

はい、到着。
雑誌に載っていた写真のコスメがいまいちだったら
悩むだけで済んだのですがこれが悪くない。
グリーンに塗装されたブランク、杢は浅いものの何かの銘木のリールシート。

R6024161.jpg

金メッキだったら困るなぁ、と思っていた金具も
比較的品のいいシャンパンゴールド。
コルクも硬く、グリップも日本人の手のサイズに合った
太さ、大きさのショートハーフウェルです。
ブランクの塗装のムラもありますがまあこの値段、気にならない程度です。

R6024162.jpg

早速開封。
新しい竿のグリップカバーを剥がす時が一番ワクワクするよね。
そして着せ替え・・・

R6024163.jpg

リールシートが薄い色だからハーディライトウェイトがいいかなぁ。

R6024199.jpg

ビルバランなどのバーミンガムスタイルもいい感じ。
岩井渓一郎氏のシグネチャーモデルだからコヒノールも・・・

R6024200.jpg

小さいリールたちはダメ、
リールシートのねじ切り部が長いのでこの竿には似合いません。

早速庭で手持ちの#3ラインを乗せて5mほどラインを出してみましたが
想像通りゆっくりのラインスピードでもナローループが作れる。
そして魚を掛けても楽しそうな柔らかいアクション。
これはいいぞ!

後は長いリーダーティペットを付けて川で試してみるだけです。
早く釣りに行きたいなぁ

竿はやっぱりビンビンに固くなきゃ、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

 
















広島の地ソース サニーソース

ブログで仲良くさせていただいている広島のペンキ屋さん、もといソース屋さん。
先日ソースを送ってほしいとお願いしたら快く送っていただきました。

お願いして1周間、なかなか届かないなぁと思っていたら
運送中の事故で信州から広島に戻った、との連絡が入りました。
ろくろっ首になった頃届いたのは2本の瓶。



輸送中に割れたと聞きもしや一升瓶では、と心配しましたが
小振りな瓶で安心しました。

IMG_4751.jpg

しかしこのトレードマーク、どっかで見たことがあるぞ・・・(笑)

サニー

早速味見。
目玉焼きに特選ソースをかけていただきます。

IMG_4754.jpg

そして豚肉の素焼きにウスターソースを焼き絡めてみました。

R6024158.jpg

豚肉との相性はやっぱり最高。
爽やかな甘みと酸味の中にピリッとしたスパイスの辛味。
普通のウスターソースって酢の味がツンツンしますけど
このウスターソース、そのまま飲めます(笑)
特選のほうが少し辛味が強いかな?

さすが大阪と双璧をなす広島の地ソース。
これでソース焼きそばを作ったら美味いだろうな、と思わせる味です。
そして焼きそばが入る広島風お好み焼きにはソースはこの味なのだろう、と。

9月7日にこのソースがTX系のアド街ック天国で紹介されるそうです。
放送後に生産が間に合わなくなる?そんなこともあるかも。
そうなる前にぜひとも味わって下さい。
スーパーで買う市販のソースより圧倒的に美味いですよ!

ホームページなどはありませんので問い合わせはこちら、
ソース屋さんのブログからどうぞ。
道楽おやじの道楽日記
http://50551174.at.webry.info/

お祭りの屋台の焦げるソースの匂い
お腹がいっぱいでもつい焼きそばを買ってしまう、という方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

 










どこからでも遡行できる楽しみを噛み締めてきました

ハイシーズンを迎えたこの渓。
魚の活性を考えると、そして実績から考えるとやはり7月頃がベストなのですが
その頃は水量が多く胸まで水に入らないと
上流のホントに釣りたいところまで辿りつけないのです。



8月初旬以来の入渓。
早く引け、と思っていた水もすっかり引いて既に減水気味。
川底にはうっすらと苔が生え、標高の高い渓なのになんだか沼のにおい。
ううむ、10日ほど遅かったか?

さて、ティペットを・・・と思ったら
先日6Xのティペット切らしていたことを忘ていました。
6Xのリーダーの先に結ぶ5Xのティペット(笑)
そして#4のラインを使うとボクにとって使いやすいロッドなのに#3のライン(爆)

R6024150.jpg

入渓すぐにルアー釣りの方が下ってきました。
お話を伺うと下流は良かったけどこの区間はまったく釣れない、
そして濡れた足跡があるのですぐそこから引き返してきた、と。
せっかくここまで来たし広い川なので竿抜けを狙って行こう、と考え
ボクはそのまま釣り上がることにしました。

どこでも歩けるこの幸せ・・・
いつもだったら右岸中心に釣り上がるんだけど
ちょっと通りにくい、竿抜けになりそうな左岸側を中心に歩き釣り上がります。

R60241411.jpg

広いプールでクルージングしているイワナ。
写真では3匹ほどしか見えませんが少なくても6~7匹はいます。
#18のグリフィスナットを軽く沈ませてようやく1匹釣ることが出来ました。

R6024142.jpg

しかしこれはヤバいパターン。
このポイントを見切ってフライを見やすいものに交換し釣り上がります。
イワナ釣りに#18なんてねぇ。

ティペットが水面に触れないようにして釣ると
時折イワナ鼻先で突っつきに来ます。
でも、まあ反応はあるし・・・
そんなことを思っていると先行されていた方が下ってきました。
その方も同様に突付きには来るものの上の堰堤で1匹しか釣れなかったって。
しかもその方の前に先行されていた方がもう一人いた、と(泣)

R6024143.jpg

今年はじめてこのゴルジュを抜けることに成功しました。
この水位だったら余裕です。
さあ、上流へ!

R6024145.jpg

去年何度かいい思いをしているこの淵。
流れはほとんどありませんがいい魚がいつもクルージングしているんです。
しっかり写っているイワナで25cmクラス、その右上に写っているのはもちろん尺超え。
EHC、アントなどは完全に無視。
交換するのは先ほど1匹釣ったグリフィスナット、だよね。

R6024147.jpg

ヤツは浮いているグリフィスナットをちらっと見て悠々とクルージングを続けます。
キャストしているうちに水を含みグリフィスナットは沈みはじめました。
大きい方のイワナがフライに近づいた時に軽く誘いを入れるとエラが動きました。
合わせを入れるとガツンと竿のバットに乗る重み、デカイ!
ガンガン引くイワナ、足場が悪くこのサイズでは抜きあげるのも無理なので
リールにラインを巻きとり移動しようと思っている最中に左側の岩にラインが擦れます。
その瞬間にふっと軽くなる竿先、ああ、フックアウト・・・
いいのさ、どうせリリースするんだし。

しかしどんなに自分を慰めても足が震えます。
こんな感じって久しぶり。
バットに乗った感触はそれほど強烈だったのです。

少し時間を置きもう一度淵を覗きこんでみると
25cmクラスのイワナがまだ浮いています。
もう一度キャストすると猛然とフライに突進するイワナ。
バッチリのタイミングでフッキング、と思ったら今度はプツリ。
アワセ切れしちゃった(泣)

R6024152.jpg

小さなフライを沈めるといい、とわかっても
この時期のイワナ釣りにそんな小さなフライを使いたくないじゃない?
#12のスノーシューカディスに交換して釣り上がりますが
反応はあるもののイワナがフライをくわえることはありませんでした。

R6024148.jpg

途中、ニンフに交換し6寸ほどのイワナを追加しましたがそれっきり。
川通しでクルマに戻りながら違う区間を釣り下ってみましたが竿が曲がることはなく・・・

R6024156.jpg

ま、ボウズじゃないしね。
どの位の期間で水が減るのか確認できただけでもヨシとするか。
敗因はおそらく太いティペット、けして腕のせいではないのです。
贅沢なのかもしれないけどイワナ釣りは
おおらかに太いティペット、大きなフライで楽しみたいよね。

太くて硬いは男女共通の憧れ、と思っている方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
いや、違った。
太いティペットそして大きいフライで、だから硬いは関係なかった・・・










肘が痛むのです。

テニス部だった高校時代にもなったことのないテニス肘になってしまった・・・

しばらく前から肘を何かに乗せるだけでビリっとしびれ、
物を持ち上げるとズキッと痛むのです。
原因はおそらく竿の振りすぎ。
去年までも8月頃になると肘に違和感を感じていたのですが
今年はしっかりテニス肘になってしまったようです。
ううむ、不覚・・・

お盆休みの間あまり釣り竿を持つ機会に恵まれなかったため
少し和らいできましたがそんな肘の痛む連休最終日、
どこへ行こうか迷った挙句に近場の渓に向かうことにしました。
動かさずに早く治せって話?
いいの、オフシーズンにしっかり治すから。

R6024078.jpg

入渓点に到着すると午前中の遅い時間にもかかわらず
予想していた先行者のクルマがない・・・
ヨシ、と思う反面こんな日のこの時間に先行者のクルマがないということは
釣れていないのか?と不安になります(笑)

早速入渓するもののいつも反応の良い一級ポイントに魚がいません。
これは、予想通りってやつか(泣)
時折反応するのはおチビちゃんだけ。
今日は合わせてあげない(笑)

ようやく7寸ほどのアマゴを釣り、昼ごはん。
これはちょっとピンチだぞ。

R6024077.jpg

たまに定位している魚を見かけるようになりましたが
流れがゆっくりの場所にいてじっくりとフライを見てそのまま引き返すって感じ。
何度かフライを交換、ニンフも使ってみますがいまいちなんだよなぁ。

R6024094.jpg

時間は2時半、もうそろそろ最初の脱渓点というところで
ようやくいい魚が出ました。

R6024080.jpg

9寸弱の尻ビレの大きいアマゴ、これで4匹目。
でもこの魚を釣って結構満足してしまいました。
近くの脱渓点で上がろう、そう思っていましたが最後の一匹を釣りたい。
そう思っているうちに遠のく脱渓点(笑)
しかし日が傾くに連れて反応も良くなってきました。

R6024132.jpg

アベレージサイズを数匹追加してなんてことはない瀬。
フライを落とすとひったくるようにして出たのは鼻の尖った雄アマゴでした。

R6024095.jpg

尺物も釣りたいけどこういうカッコいいオスアマゴも
年に一度は釣りたいですよね。
痛む肘を押して来た甲斐があったというものです。

R6024134.jpg

脱渓点まであと少し、ここからが絶好調。
サイズは上がりませんでしたが
一気につ抜けにまで持っていくことが出来ました。
やっぱり時間だったのかな?
始めにたくさん釣ったり大物が出るより
終盤に調子が出る方が満足できるってもんです。
そう、終わりよければ全て良し!です。

振り過ぎた竿って釣り竿だよね、と疑問に感じた方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
待て待て、
高校生じゃあるまいし振るなら腰だろ、と思った方は明日もクリック。
















ウサギのぴょんさん、そしてピンクのイワナと純粋なイワナ

とある日のこと。

pureiwanaさんのブログを見るとボクのテリトリー(笑)に
キャンプにいらっしゃると記事にされていました。
詳しく聞くとクルマで一時間ほどの山の向こうのキャンプ場。
山向こうはボクのテリトリーではないけど
これは会いに行かなきゃいけないでしょ!

pureiwanaさんとメールをしていた時にpureiwanaさんともリンクされている
ぴょん吉さんから「どこに行けばいいの?」とメールが。
これは楽しくなりそうだ!

何時頃に出る、という話だけ聞き、待ち合わせ場所も決めずになんとなく出発。
携帯電話のない時代には考えられないですね。
でも「◯◯で待っています」とメールを入れた瞬間に
ぴょん吉さんの姿を発見しました。


IMG_1264.jpg

車の中で近況の報告、そして釣りの話、釣り道具の話に・・・

いわなたろう「なにか新しい道具買いました?」
ぴょん吉さん「いや、最近は買ってないよ。いいな、と思う竿はあるんだけど・・・
       えーっと、なんだっけ?どっかのショップの白い竿」
いわなたろう「あ、わかる!なんだっけ」
ぴょん吉さん「ほら、キラクじゃなくて・・・」
いわなたろう「えーっと、あ、ノリエ!あの竿振らしてもらったことがありますが
       ペナペナの柔らかい難しい竿ですよ」
ぴょん吉さん「白い竿、フライロッドっぽくなくていいと思うんだよね」
いわなたろう「いやいや、オトコは黒くて硬い竿じゃなきゃ」
ぴょん吉さん .( ꒪⌓꒪).

口を滑らせないように気をつけつつ(笑)pureiwanaさんのキャンプサイトへ。

IMG_1263.jpg

可愛い奥様と更に可愛い娘さん二人とあいさつもそこそこに
設営のお手伝いをしながら色んな話をしました。
ボクが行く川、pureiwanaさん、ぴょん吉さんの行く川やクルマの話。

R6024052.jpg

ふと見ると上の娘さんがキラキラ光る小さな石を拾っていました。

いわなたろう「それ、黒曜石だよ。大昔の人たちが矢じりを作った石だよ」
上の娘さん 「そうなの?たくさんあるよ」
いわなたろう「言っておいてくれたら大きな石を持ってきたのに
       あ、初めて会ったんだし無理か、ガハハ!」

次回必ず一緒に釣りを、と約束してpureiwanaさんと別れました。

ブログで何度もコメントのやり取りをしている方と
お会いするといつも感じるのですが、はじめましての挨拶を済ませると
数年来の友達に久しぶりに会ったような感じになります。
釣具屋さんで仲良くなって一緒に釣りに行く、という事が少なくなった今、
SNSでの「今」を象徴する出会いに感謝・・・
そう、次はアナタです。

いわなたろうを奥さんに会わせるとは
pureiwanaさんは度胸があるな、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
いやいや、会った人はみんな言います。
いわなたろうは驚くほどの好青年だと・・・
















いわなたろう動向

暑い夏休み、みなさんどう過ごしていますか?

ボク?
水辺になんて近寄っていない・・・いや、そうでもないのです。

IMG_12281.jpg

あまりの暑さに娘とプールへ、これが13日。
ところで最近皆さん着ているラッシュガード、
アレって水着の上から着るものですよね?
ふと見かけたスタイルのいい綺麗な女性、
彼女は素肌にラッシュガードを着ているのが丸わかり・・・
濡れてピッタリと素肌に張り付くラッシュガードは
ビキニより、どんな水着よりセクシーでした。

IMG_1232.jpg

14日はBBQ用の炉を作るためにレンガを積んでいました。
今までは軽石ブロックで作った炉だったのですが、
熱すると爆発するという話だし何よりもう既にボロボロ・・・
モルタルで固めてはいませんが、これで十分。

昨日になりますが15日は諏訪湖の花火大会。

IMG_1240.jpg

例年桝席を取って湖畔で見るのですが
今年は席は最高だったのに天候が最悪でした。

IMG_1244.jpg

わずか数セットの花火を打ち上げたところで大粒の雨、雷、そして強風・・・
雷が身の危険を感じるほど近くに落ちる頃にはもうみんな帰り始めました。
そしてボクらも帰る準備をすると中止のアナウンス。

IMG_1257_20130816010622d34.jpg

水路は氾濫寸前、道路は川のようになりますがそれでもまだ叩きつけるような雨。
濡れそぼった浴衣、気の毒だけどこれもセクシーですね。
高校の頃、お付き合いしていた女の子を送る途中に降った雨。
そんなことを思いもしなかったあの頃は純粋だったなぁ。

全身ずぶ濡れで帰宅したら風呂に入ってやけ酒でしょ。

IMG_1259_20130816004234eb4.jpg

ボクもパンツまでびしょ濡れ、もちろん財布も。
ニュースで言っていましたが1時間に74mmの雨って
諏訪の時間雨量の最高記録だったみたいです。
何もこんな日に降らなくてもいいのにね。

さて、連休後半。
釣りに行けるといいな、いや、行くとも!

まさに水難の相、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
いや、プールは難じゃなかった(笑)
















暑いものは暑いんだ!

各地で連日気温40度越えの声を聞く今日このごろ・・・
皆様お元気でしょうか。
いわなたろうの住まう信州諏訪も標高が760mほどあるのに暑いのです。
最高気温32度、でも暑いものは暑いのだ!

IMG_1222.jpg

標高をあげようと思えばここは信州、あっという間。
1500m付近まで行けば・・・暑いじゃないか!

IMG_1198.jpg

里よりはマシだし40度を観測しているところとは
比較にならないくらい涼しい、のですが
さすがに川を遡行すると暑いのです。

IMG_1205.jpg

暑くても魚は元気、のはず。
なんといっても冷たい水の中にいるのだから・・・

IMG_1207.jpg

避暑に来ている本流の大物はいないのだろうか。
サイズは最大で25cmほど。
チビも含めポツポツと反応します。

IMG_1214.jpg

正味30分ほど、涼みに行ったはずの川なのに勢い良く遡行したため
更に暑くなってしまったのでした。

クルマに戻ると車内にヤツがいました。

IMG_1217.jpg

数は少ないのですが八ヶ岳の麓にもいます。
昔、八ヶ岳主峰の赤岳に行った時にはサポートタイツの上から
ボコボコにやられたことがあります。
数匹摘んで窓の外にお引取り願いました。

海へ、山へ、田舎へ!待ちに待ったお盆休みです。
出先でもいわなたろうの動向が気になりますでしょ?
首相は新聞に動向が載りますがいわなたろうはこのブログ。
皆さん、出先からもこのブログを覗いてみてくださいね。

30度前後の信州で暑いとは何事か!と怒りたくなった方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
先日甲府で40.7度を記録したまさにその日、
ボクはその熱風を現地で感じていました。









どうしても里川に行きたいんだ!

暑い盛りの今日。
どこへ行こうか散々悩んだ挙句、とある里川に行くことにしました。
こういう選択を世の人は「修行」と言います(笑)

R6024020.jpg

そりゃそうだよね、夏の炎天下に誰が好んで里川に行くのだろう・・・
普通は涼を求めて笹薮をかき分け山の中に入りたいよね。
だがしかし、ボクは生い茂る葦をかき分け里川に入渓したのです。

R6024019.jpg

チクチクする腕を川の水で洗ってからティペットにフライを結びます。
上流域では夕立でもあるのか水位は高め、魚の反応はよくあっという間につ抜け。

R6024024.jpg

こんな魚ばかりだけど(泣)
時折良いサイズのアマゴが掛かりますがすべて写真撮影前に逃亡されます。
まあ反応もいいしまた釣れるだろ、と思って釣り上がりますが
手元でばらしてしまう魚も多いのです。
そしてバットまでグッと曲げた魚は2、3秒ファイトを楽しむとスッと軽くなる・・・
さすがに残念で声が出ちゃう、ああ!って。
フライは#16のEHC、フライがあっていないのかな?

R6024022.jpg

サイズはまずまず、数釣りも楽しめたのですがなんだろうね、この満たされない気持ち。
いわゆる「ブログ的ボウズ」に近いってのがその根源かな。

R6024026.jpg

保険的に撮ったチビアマゴの写真しかないって、
これは景色や花の写真だらけになるパターン・・・

R6024018.jpg

釣った、釣ったのブログじゃつまんないしね。
たまには季節を感じることのできるこんな記事も悪くない、なんてね。

強がりだな、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
そう、お山にはクルマがたくさん・・・(泣)

原点回帰

ボクの原点。

R6023956.jpg

苔むした高度差のある渓、ショートロッド、ショートリーダーシステム。
ラインはほとんどロッドテップから出ることなく常にリーダーキャスト・・・

最近でこそ長いリーダーを使いますが初めて思い通りに魚を釣ったのは
こんな川、そしてこんなラインシステムでした。

R6023978.jpg

今でこそこの川、年に何度も来ませんが
毎週のように通ったこの渓、久しぶりに行ってみるか!

R6024017.jpg

反応は比較的よく、各ポイントとは言いませんが
そこそこのペースで魚が飛び出します。
そう、飛び出すだけ・・・
ヘッドアンドテイルで飛び出す魚なんていなくてピシャ、っとか(笑)

R6023985.jpg

サイズは上がらずフッキング率6割くらい。
そんなせこい出方の魚を釣っていると手が動いちゃうんだよね。

R6023970.jpg

今期最小サイズ更新か?
しかしこの幅・・・来期期待できる!

R6023966.jpg

昼ごはんを食べ、さらに釣り上がります。

R6023999.jpg

ベストを夏仕様にして水温計を持ち歩かなくなりましたが
ウェットゲーターを通して伝わってくる水温は結構低めです。
その水温も昼過ぎてようやく上がってきたかな?

R6023986.jpg

それとともに魚も上向きに。
本日一番のアマゴが出ました。
尺上はこの川で釣ったことがないのです。
いると思うんだけどね。

上流へ向かうとポツポツとこんなアマゴが。

R6023996.jpg

まさか、まさかと思うけどサビじゃないよね?
まだ8月入ったばかり、もう少しそんな色合いになるのは待ってよ・・・

脱渓点が見えた所で最後の一匹、と心に決めます。
いつもは最後の一匹、と思っていから数匹釣ってからやめる(笑)のですが
この川はその脱渓点を逃すとなかなか上がれなくなっちゃう。

イワナらしい場所にフライを落とすと反転する魚、でも乗らない。
もう一度・・・

R60240071.jpg

出たのは綺麗な天竜ヤマトでした。

R6024006.jpg

そう、この川がボクの原点。
長いリーダーを振り回したりしても結局帰ってくるのはこの川なのです。
そう、鮭のように・・・

原点となった川に今週末あたり行って見ようかな、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!












あの岩を越したいんだ!

どこからかのフォースがボクを一日川にいさせないでおこうとする・・・

IMG_1162.jpg

今回は地区の神社の夏祭り。
あちこち走りまくって準備完了、神事そして片付け・・・
直会は、ゴメン!

R60239521.jpg

急げ、急げよぉ!
前のクルマのスピードももどかしく
到着した駐車スペースには3台のクルマ・・・(泣)
そりゃそうだ。

2週間ぶりのこの川。
さて、水は減ったかな。

R6023927.jpg

ううむ、若干減ったか。
去年から通い始めたこの川、水位がどのくらいで減るのか
見ておきたいということもあって足繁く通っています。
雨があまり降っていないにもかかわらず減ったのは2週間で5cmくらいかな。

R6023946.jpg

汗をかきかき入渓点へ。
既に完全夏仕様の足を水に浸けると一気にクールダウンします。

早速入渓点付近の瀬で数匹。

R6023928.jpg

あれ?3台のクルマは?
朝早かったのか、それとももっと上流に行ったのか・・・

ここ、何だか崩れて去年と景色が変わってる。
今年はじめてこの岩場の上を通りましたが何だか火薬の臭いがします。
これって確かやばいんだよな、と出来るだけ早く通り過ぎます。

R6023933.jpg

水が多い、ということは流れも早い。
そして良い魚が付いている場所も早いところ。
20ft超のリーダーティペットで激流の向こうの流れの脇から
イワナがポツポツと飛び出しますが出るのはフライの横。
泳力の弱いイワナはフライを咥えきれないのです。
分かった、これは竿が悪いな・・・(爆)

R6023932.jpg

丸わかりのイワナポイントからアベレージサイズを数匹追加。
もう少しサイズが欲しいな、と思いつつ上流へ向かい、問題の場所へ。

R6023931.jpg

ここを対岸に渡りたいのですが足場になる岩はまだ泡の中でした。
右の木の掛かってる場所は高さ3mほどのオーバーハング。
大岩を回り込んだ先の深みは胸まで水があります。
今回もここで敗退することになりました。
ここ、水位が多い時ってどうやって上流へ向かうの?

ここまでで6匹。
下流へ向かいながら1匹追加して7匹。
時間も早いので入渓点の瀬でキャス練しながらさらに追加。
ファイト中に手繰ったラインをリールにしまおうとしたら絡んじゃった(笑)

R6023936.jpg

無事に絡みを解いてからランディングして9匹め。

R6023943.jpg

ここまで来たらツ抜けして帰りたいじゃない?
でもここからが遠いのです。
なんと言っても1度自分が攻めた場所、反応はあるもののフッキングしません。
定位している魚もフライを流すとちょっと見に来てそのままいなくなっちゃう。

あまり遅くなると水に浸かった体が冷えてきちゃう。
まあ、今日はこのくらいでかんべんしてやるか。

R6023950.jpg

暑い日が続きます。
皆さんご自愛下さいね。

暑いなぁ、と思ったらその言葉は胸にしまって代わりにクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!








お舟祭 宵祭り

諏訪の平の夏祭りとしては諏訪湖の花火大会、
そしてよいてこなどもありますがやはりお舟祭でしょう。
詳しくはリンク先を見ていただくとして
半年に一度の神様の引越し、そんなイメージです。

IMG_1173.jpg

御柱は7年に一度、6年ごとなのですが神様、八坂刀売神の乗り物である
柴舟の曳航の担当は10年に1度しか回って来ません。
諏訪の祭りはなかなか、というよりかなり待ち遠しい祭りばかりなのです。

この柴舟、お神輿や山車ではないのです。
木のそりの上に乗った何トンもある「舟」を担ぐわけでもなく
コロやタイヤ無しで引きずり回すのです。
我ながら諏訪の民族というのは
どうしてこう重たいものを引っ張るの好きなのだろう・・・

IMG_1171.jpg

毎年7/31宵祭り、8/1柴舟曳航と決まっているので行くのは宵祭りくらいです。
毎年雨、と言われているお舟祭の宵祭りですが今年は天気も持ちそう、
夕涼みがてら諏訪大社秋宮にお参りに行って来ました。

__.jpg

ビールを飲みながら参道の屋台を冷やかしつつ空に上る花火を眺める。
そして杖で地面を叩く音に耳を傾ければ長持ちが振り込まれる・・・

IMG_1180.jpg

姉さぁどこだい
山浦かい!
商売なんだい
炭焼きかい!
どおりでお顔がまっくろけっ
オマケにア○コもまっくろけっ!

写真と長持ち甚句は全く関係ありません。
関係あるのはこちら、お借りしたYOUTUBE動画1分10秒程から。



ああ、有名な替え歌をつい入れてしまった・・・
この動画の最初の方の甚句はお上手ですね。

諏訪大社と言えば勝守り。
クリックしていただくと大きな魚との勝負に勝てるかもしれません。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!











プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック