B!

ミッジング

県外の川に通う方々から届くドライフライでの釣果。
三重の友達なんか3月初旬から
「男は解禁直後からドライだ!」なんてメールを送り付けてくる始末。
解禁直後はやっぱりニンフに頼らないと釣れないのが諏訪湖周辺の各河川なのです。

諏訪湖のほとりではようやく梅が咲き始めました。
東京の桜がそろそろ散りそうだ、という声がニュースで聞こえてくるのに
この川の脇の林には雪が残っていて地面がまだコチコチに凍っていて驚きました。
昼の時点で気温は15度もあったのに!

R6022831.jpg

日の当たる場所とそうではない場所には雲泥の差があります。
すっかりとうが立っているもの、取り頃のもの。
今年は長い期間ふきのとうが採れそうなな感じです。

R6022817.jpg

ボクの通う川でもそろそろライズの季節本番。
この時期この川のライズの対象は過去のデータから間違いなくミッジです。
水温は9度、そろそろメイフライが飛び始めてもいい頃なんだけどな。



とりあえず#18のグリフィスナットを結びます。
そう、フライサイズは小さいもののなんといってもドライフライなのです。
護岸にキスしそうな場所でライズをするアマゴをまず1匹。

R6022837.jpg

元気がいいのはこのサイズ。
2匹追加すると徐々にグリフィスナットへの反応が悪くなって来ました。
#18のユスリカピューパ、そしてこんなフライに交換。

R6022822.jpg

しかしサイズアップせず。
まあ、わかっているのですが一応ストマックを取ってみました。

R6022814.jpg

ね。
ライズも一段落、瀬をニンフで叩き上がることにします。
しかしたるみでクルージングしながらライズしているのはなかなかいいサイズ。

R6022835.jpg

#28なんてねぇ。
もう一度グリフィスナットにして1投、無視・・・
2投目で完璧な出方、フッキング。

R6022824.jpg

7寸弱かな。
いつも使っているネットだったらいっぱいいっぱいのサイズだったのに(笑)
早くネットを編まなくては・・・

R6022842.jpg

サイズはともかく今年初のツ抜け。
早く7X、#18以下なんて言う釣りから開放されたいなんて贅沢?

R6022833.jpg

早くもリールの縁にかなりの傷がついてしまった。
いつも通りかなり気を使って使っていたのにいつの間にか。
でも悔しくないのはなぜだろう?
油性マジックで塗っておこうか(笑)

しかしカディスやメイフライが早く飛ばないかなぁ。

ライズの釣りってフライパッチに行列ができるよね。
そのフライパッチを見て努力した自分を褒めてあげたくなる方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!











またやってしまった・・・

もう買うものはない、と思いつつ乗ってしまうスナップオンバン。
買うものはない、なんていつも思うのだけど
「ああ、そういえば」なんてつい手にとると最後、
「それ半端品だから割引しますよ」なんて言われるのです。



今回買ったのはスナップオンウォブルエクステンションバー。
長いのから短いのまで6本セットになったものは持っているので
今回購入したのは一番使い勝手のよさそうな長さのものを1本だけです。

R6022643.jpg

ソケットの先が動かないとあれも外しこれも外し・・・
なんてことになってしまうことが多いのです。
ちょっとの差で手間が激減、なんて。
こんなのがあるなんて知らなければ文句を言いながら色々外すのですが
あるのを知っちゃうと「それ」は探し求めていた「魔法の鍵」
まあ、本職じゃないし遊びながらなので時間がかかっても構わないんですけどね。

ユニバーサルジョイントだと動き過ぎてダメ(笑)

R6022641.jpg

ほんのちょっと首を振ってくれるだけでいいんです。
そしてユニバーサルの長さ、厚みが邪魔したりして・・・
整備性の悪いクルマ、キライ!

このウォブルエクステンション、通常はこうなのですが、

IMG_0630.jpg

奥までしっかり差し込むと動かなくなるんです。

IMG_0629.jpg

とりあえず片手で工具を持てるだけ持って整備、なんて時にもこれは便利。
こんなふうにラウンドスイベルラチェットにセットすると最強(笑)

IMG_0631.jpg

さて、使ってみたいのだけどこれといって弄る場所が・・・
ミッションの油漏れ、これを直すとなるとおおごとです。
せっかく工具は買ったけど見なかったことにしておきます(笑)
そう、あれは夏は垂れるけど冬は止まる「滲み」なのです。

釣具の移動販売車があったら大変なことになるぞ、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!






ヌルヌルするのはイヤ!

春本番・・・
ニュースからこの言葉が流れてくるとウズウズします。
こんなに空が青いと心ここにあらず。

R6022726.jpg

こんな日に向かうのは川ですよね。

R6022791.jpg

昼から上川、いつもの場所。

ナミヒラタとシロハラのハッチ。
ライズを探しますがピシャリともしません。
しかしお約束のAVのパッケージがありました。
内容もちょっときつ目・・・
パッケージに書いてある内容をまじまじと確認してしまった(笑)
これはボクは全く興味のない世界。
気になる方は現地で確認を(爆)

本流の瀬を軽く叩いて支流へ移動します。

R6022799.jpg

先日結構たくさんの雨が降ったのに川底は洗われていなくてヌルヌル。
岩にはもずくのようなコケがたくさん付いていて流れに揺られてゆらゆら。
これが滑るんだよなぁ、ウェーダーに臭いも付くし。

フライもちょっと大きいよね、と思いつつ
本流で使ったそのままのナミヒラタを意識したCDCソラックスダン#13。
沈んだそのフライで瀬を流すとギラッと翻る魚の影が見えました。
お!ともう一度流すと更に追ってくる。
ちょっと待ってからフロータントを塗ってしっかり浮かすと・・・出た!

R6022795.jpg

イワナかと思いましたが放流アマゴでした。
入渓してすぐの反応だったので期待しましたがこの魚だけ。
時間は3時ちょっと過ぎ、大きく移動してイワナのいる川にウェーダーを洗いに行こう!

R6022802.jpg

4時到着。
30分ほど探ってみますがドライはもちろん、マーカーもぴくりともしません。
いいのです、ウェーダーの臭いを落としたかったのです。

R6022800.jpg

ようやく諏訪湖のほとりでもたくさん見かけるようになった
当ブログのマスコットフラワー、オオイヌノフグリ。
梅がちらほら咲き始めていますが桜なんてまだまだ。
桜はきっと4月中旬だな、今年も。

ヌルヌルも時と場合によるよね、と思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

















シェラカップの蓋を探せ!

ペンストーブを頂いたりるびわーくすさん。
空き缶の底を加工してスノーピークのマグカップの蓋を作っていました。
もちろんスノーピークの純正品でプラスチックの蓋は出ていますが
マグカップなどでお湯を沸かす時にはやはり金属製じゃないとね。
ボクのブログで紹介させていただいていますがあの蓋、
チタンマグ300cc用とされていますが雪峰にもフィットします。

そこでぜひともシェラカップの蓋も探して!と依頼しました。

売ってるって?


ハロキャップね、そうだね、おっしゃるとおり・・・

しかし果たしてそれが正義なのか!
そう、代用や作ることに意義があるのです!!

言い出しっぺなのでボクも探さないと・・・

R6022785.jpg

スノーピークのシェラカップの直径は12cmほど。
12cm・・・何処かで見たことのある数字だな。

R6022788.jpg

ああ、CD-Rね。
ぴったりなんだけど素材がこれじゃね。
空き缶にこのCD-Rを乗せていくんだけどなかなかピッタリ来るものがありません。
そもそもシェラカップって取っ手が一番上にあるのでいわゆる「蓋型」
リブが付いているものだとしっかり乗らないんですよね。
あ、取っ手の部分に切り欠きを入れればいいのか。

さて、家中をグルグル回って見つけた、ほぼぴったりの丸い缶は・・・

R6022787.jpg

蚊取り線香の線香皿!

R6022789.jpg

でも中古品だと臭いがねぇ。
加工も空き缶の底を使うものに比べて難しそうです。

都会にお住みの皆さん、週末には必ず缶詰屋さんに行きますでしょ?
そこにCDを一枚持って行って下さい。
缶詰の底にCDがぴったり入るものを見つけたらぜひとも教えて下さいネ。

ベルモントのシェラカップ用の蓋、1000円ほどなんですよね。
買っちゃおうかな(笑)

クリッククリックぅ!と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
なんだかそうなりそう・・・(爆)

















アマゴを瀬から引きずり出しました♪

月曜の夜半から屋根を叩く音で目が覚めるほどの雨が降った諏訪湖のほとり。
国交省のテレメータを見るとすっかり水位が増えています。
いつものライズポイントを見てみると太刀打ち出来ないほどの水位。
先日平水に戻って、この雨で更に30cmほど増えたんじゃないかな?

R6022776.jpg

標高を上げて支流へ、雪はほぼありません。
いつもの駐車スペースにはクルマが停まっていました。
皆さん水位が増えた時でも釣りができる川をよくご存知なのですね。
準備を終えると上流からそのクルマのオーナーと思われる餌釣りの方が。
状況を聞くと全くダメだったと。

うーん・・・

まあ、その方が入っていないという区間に入ることにしました。

R6022769.jpg

濁りはなくて水は少し多いくらい。
でも、上流からは葉っぱがたくさん流れてきます。
水温9度、気温15度。もちろんニンフ。

しばらくは反応がありませんでしたが日の当たる、淵の脇の緩流帯を流すと
マーカーがズバッと水中に気持ちよく引きこまれました。

R6022762.jpg

7寸ほど、柔らかい竿と増水した流れのお陰で
今年一番引きを楽しませてもらいました。
ちょっと失礼してストマックポンプを。

R6022764.jpg

まあ、予想通りです。
アグリーニンフ#14での釣果ですがなんでもよさそうな雰囲気。
ミミズも食べているしトラウトガムでもいいんじゃない?

更に追加、というか釣れちゃったに近い(笑)

R6022771.jpg

ニンフの叩き上がりのピックアップは合わせるように、ちょっと強めにネ。
サイズは6寸弱と小さいですが瀬から出てくれたので満足です。
いい場所に出ている魚はサビもなくてほんとに綺麗でした。

ここから日陰区間。
日の差さないところに入ると一気に反応が薄くなりました。
魚も岩にベッタリ付いていて岩のすぐ際を流さないと反応しません。
そしてそんな魚は合わせても釣れないのです。

やーめた!

帰る途中に熊棚を発見。

R6022782.jpg

ま、いるよね。
そろそろ目が覚めて出てくる頃、
次から熊鈴をつけて歩かないといけないなぁ。

冬眠明けの熊より寝起きの熊田曜子に・・・と思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!









アマゴが瀬に出始めているのを確認して来ました

結論を先にお話しましょう。
そう、タイトルからも想像できるように
今回の記事には魚の写真はありません。



お天気もよく気温も上がり、嫁さんと娘は図書館と買い物に。
これは行かないわけには行かないでしょう、と川へ。
現場2時、先日の雨で渇水から回復した川は平水で水温8.5度、気温15度。
期待十分ですよね。

しかも!



魚は堰堤に定位してライズまでします。
ただ定位する位置が深く、ライズは間隔が広いシッピングライズ。

R6022747.jpg

一番の問題は前回はたくさん飛んでいたユスリカが見えないこと。
水面下だよね、と思いつつ前回釣れたユスリカアダルトをティペットに結びます。
するとあっさりとフライに、しかしフッキングしません。
ラーバ、ピューパとミッジパターンをとっかえひっかえし
次に魚が出たフライはグリフィスナット#18。
これもフッキングしないのです。

R6022744.jpg

次の日当たりの良い堰堤へ移動します。
定位しているもののやはり深く、ここはライズもしません。
グリフィスナットで狙うと、やはりフッキングミス!
2Bのガン玉を打って護岸からそーっとアウトリガーで
深みを狙ってみるもののアタリすらなく・・・
魚はたくさん見えるのになぁ。

更に上の屈曲部、観察すると極小ミッジにライズしました。
では、と#26のユスリカピューパを。
しかしまた乗らないのです。

#14のアグリーニンフに交換、ルースニングで瀬を叩いていくことにしました。

R6022753.jpg

画面中心少し上の肩にフライを入れて流し、
ちょっと早いけどピックアップ・・・と思ったらゆらっと動く影。
ああ、ピックアップが少し早かった!
でも瀬に出て来始めたのが確認できました。
あと1週間だな。

さて、と川から上がると何やら動く黒いものが!
ボクからの距離は約5m、熊か?と思い身構えましたがカモシカでした。

R6022751.jpg

人懐っこい、とは言いませんが人を恐れないんですよね。
すぐ上には民家もあるような里川なのでびっくりしました。
水でも飲みに来たのかな?

4時までの2時間、そこそこの数の魚がフライに出たのに結局ボウズ。
釣ってストレスを与えるのではなく今のうちにたくさん食べて
大きくなってほしいと祈るいわなたろうなのでした。

R6022752.jpg

見るだけで目が痒くなる人はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!











オンナってヤツは・・・

春。
出会いと別れの季節ですね。
2年生の娘の学級でも御多分に洩れず転校する児童がいるとのこと。
で、学級みんなでその子に手紙を書くことになり、今日書いていたものがこれ。



これを見てちょっとだけ感動したボク、
「こんなの見たら○○くん、泣いちゃうんじゃない?」
って言ったら娘「泣かしておいたらいいんじゃない」って。

おいおい・・・2年生だろ?

行く末が心配、と人ごとながら心配してくれる方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
下にもう1匹3歳児の娘が控えているんです・・・














ホタルイカ

昔から初物を食べると寿命が延びると言われています。
今回、その寿命を延ばすものを持ってきてくれたのはJUNさん
ありがとう!



ちょうど一回分、おすそわけとして頂きました。
実は刺身以外で生のホタルイカを見るのは初めて。
ボイルされているものはプリンと丸々していて可愛らしいのですが
ちゃんとイカの形(笑)をしているんですね。

JUNさんに教えていただいたとおり、
沸騰しないお湯でとりあえず数匹ボイルしました。

R6022729.jpg

なぜ一気に入れないかというと熱々のものを食べたかったから。
それが一番うまいよ、と教えていただいていました。

R6022731.jpg

徐々に売っているホタルイカの形になっていきます。

R6022739.jpg

おお、美味そう!
醤油も付けずに鍋から箸で摘んだアツアツをそのまま口に・・・旨い!
売っているものと違い、カニ味噌を食べているような風味が口に広がります。
JUNさんに教えて頂いたのですが、季節初めての新月のホタルイカが一番うまい、
地元の方はそのホタルイカしか食べない、という方もいらっしゃるのだとか。

うーん、これはボクも捕りに行かないといけないか?
問題は家族の中でボクしかホタルイカを食べない、ということ。
30杯ほど頂いたのですがこのくらいで十分なのです。

諏訪ではホタルイカの素干しとふきを一緒に炊いた煮物を食べます。
素干し素干しを作るのはいいんだけど軽く炙って酒のつまみにしたら・・・
きっと飲み過ぎちゃうナ(笑)

飲み過ぎで寿命が縮むのか
初物で寿命が延びるのかわからなくなった方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!











屋内の子供の遊び場@茅野

パワーの有り余る子どもたち。
雨が降ったり雪の日は子供を遊ばせるのは大変なんですよね。
買い物途中に偶然見つけた茅野市の施設、「茅野市こども館

IMG_0729.jpg

3歳児まで、幼稚園や保育園に通う前の子供達のための遊び場なのですが
ここはもっと利用したら良かった!
うちの子は下はギリギリ、上の子なんてダブルスコア以上です(笑)

場所は茅野市駅ビルベルビアの3階です。
利用料は初回にカード代100円かかるだけ、無料です。
そして観光で訪れた方はそのカード代さえ必要無いようです。

遊具は・・・

IMG_0735.jpg

IMG_0734.jpg

IMG_0739.jpg

IMG_0732.jpg

などなど。
保育園入園以前の子どもたちだったらおもいっきり遊ぶことができます。
そして充実している絵本コーナー。

IMG_0738.jpg

持参したお弁当などを食べることができるコーナーも有り、
子供が疲れるまで遊ばせることができます。

ボクとしては・・・

IMG_0740.jpg

いや、繁華街のほうがいいな(笑)
おむつかえコーナーじゃないですよ(爆)
しかし一緒にされてしまうとお父さんと子供だけで行くと困ることも多いのです。

基本は保育園、幼稚園入園前まで、というのが残念ですが
雨の日、寒い日に諏訪地方で子供を遊ばせる施設は貴重なんです。
早く知っていたら良かった、と思ったいわなたろうなのでした。

繁華街・・・同感!と感じた方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!












雪シロが入る前に早く出してネ

それにしてもいつまでも雪が解けない。



里川でラッセルしてから入渓なんていつ以来だろ。
くるぶしくらいまでだったらなんてことないんだけど
膝まであるとさすがに・・・
そして日陰の水面に張る氷は厚くカチカチ、乗っても割れないのです。
そう、カチカチ・・・

「ダメだったらぁ・・・」
「でもカチカチなんだもん。
それに早くしないと"生"のアレを使うあいつらが来ちゃうよ」

「じゃあ、ちょっとだけくわえてあげる」
「ん、出る!」

R6022713.jpg

ようやく、今年初釣果。

R6022710.jpg

十分な水深のある堰堤、上から観察した時には魚影は確認できませんでしたが
中央の岩の右側、そしてコンクリート護岸の脇で定位している魚が見えました。
ユスリカがちらほらと流れてくるのも見えます。
ライズはありませんがドライで行けるかも、と#18のユスリカアダルトを
ティペットに結び岩の脇で先の写真のアマゴを1匹。

更に右コンクリート護岸の脇で1匹追加。

R6022716.jpg

サイズアップ、と思ったのに。
定位していた奴はもう少し大きかったのですが出たのはこのサイズ。

更に真ん中のバブルライン、岩に当たる筋を流すと・・・

R6022720.jpg

鼻先だけを出してフライに出るという気持ちいい出方。

フライに出た魚はキャッチした魚の2倍強。
フッキングミスもたくさんありました。
ストマックを見るとユスリカイマージャーばかりでしたので
流下物とフライがしっかりマッチしていなかったのね。
でもドライに出るんだもん、ドライで釣りたいよね!

入渓時、1時半には水温は8度でしたが1時間ほどの間に1度下がりました。
他の淵でも魚の影もなく、ニンフへの反応もなく。
これだけの雪だからね、雪シロも入っちゃうよね。
プライムタイムは短いのです。

スッキリ出来たのね、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
そう、短時間で出さないとダメなのです。













いわなたろうの料理 サービングポット編

新しい道具はいいね!
創作意欲が沸きます。

さて、サービングポットで最近作ったものは・・・

IMG_0707.jpg

まずは角煮。
大根と卵入りです。
肉ももちろん、大根が美味しかった!

IMG_0712.jpg

それからおでん。
一本の大根はここにも使われたのでした。

IMG_0717.jpg

それから・・・
手羽元のさっぱり煮。
ほろっと骨から外れる鶏肉は酢の酸味が最高です。
柔らかくなった軟骨が美味しいんですよね。

しかし鉄鍋ってなんでこんなに卵を入れてしまうのだろう・・・

他にカレー、ビーフシチュー。
どれも普段より具材が柔らかく美味しく出来ました。

茶色い物ばかりだね、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
鋳物の鍋だけに茶色「鋳物」なのです。
あ、でもこれだと黄色いものでも・・・(笑)













モノクロの世界はもうたくさんだ!

今年の諏訪湖周辺の累積積雪量は2月中旬で132cm。
これは平年の200%なのだそうです。
寒いけど晴天率が70%とも90%とも言われる当地ではこんな年は久しぶり。



里で132cmだから山手はもっと降ったんだろうなぁ。
里でも寒い諏訪、一度雪が降ると解けないのです。
川だってみっちりと雪に覆われていて・・・
今年は川に行くたびに股下90cmほどのボクのタマ辺りを
雪で白くしながらをラッセルするのです。

昼を過ぎると川は青白く濁ります。
ボクの信条は昼からのちょい釣りなのですが
この日は雪シロが入る前の朝から影響が少ないと思われる
支流へ行って見ることにしました。

R6022704.jpg

しか~し!
釣れないのはもちろんかすりもしない。
水温は5℃、イワナとアマゴの混生域なので
イワナの反応くらいはあってもいいのになぁ・・・
もちろんマーカーが沈んちゃうくらいガン玉を追加したニンフなのです。

R6022702.jpg

一番のハイライトはゆっくり流れに乗ってマーカーを追った魚。
しかし何度か同じ場所を流しているうちに
魚だと思ったそれは上流から流れて来た雪の塊だと気がつくのでした。

新しいリールを下ろしたのにいわゆる入魂は果たせず。
まあ、慣らし運転も必要なのですよ、機械モノだからね。

ま、こんな年もあるさ。

早く魚の写真が撮れるといいね、と応援してくださる方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

























床の色が変わっていると期待できるね

先日行ったきまはち商店
機会があれば安曇野の本店、きまぐれ八兵衛にもと狙っていました。

IMG_0689.jpg

安曇野インターのほど近く、白馬からの帰りの方たちなのか
スキーウェアを着たお客さんもたくさんいます。
ちょっとの待ち時間の後テーブルへ。

IMG_0679.jpg

店内は古民家のような雰囲気。
床は黒、だと思っていたのですが実は白、
どうやらコンクリートの打ちっぱなしだったようなのです。

IMG_0683.jpg

脂で人が通るところだけ黒くなっていました。
これは、美味しいラーメン屋さんの証(笑)です。
まあ、床材の選択と掃除次第だと思うのです。

IMG_0681.jpg

今回は長浜らー麺に「きまはちのせ」をトッピング。
150円でチャーシュー二枚、味付け卵、のり1枚とリーズナブルです。

支店のきまはち商店もそうでしたが
博多ラーメン屋にしては長めの待ち時間です
替玉のタイミングを考えないといけません。

IMG_0684.jpg

早速・・・
ちょっとスープがぬるいけど濃厚なスープです。
麺も博多ラーメンらしいツルプリの歯ごたえ。
うーん、旨い。

IMG_0685.jpg

当然替玉を。
ここで辛子高菜とにんにくの生搾りを投入しました。
にんにくは博多ラーメンと本当に相性がいいね。
一気に二玉をやっつけてしまったのですがなにか物足りないのです。
博多ラーメンって一玉の量が少ないのかなぁ・・・

IMG_0686.jpg

しかたがないので(笑)めし小を。
このめし小、普通のどんぶり飯だぞ!
なんて思っていたのにあっさりとお腹の中へ(笑)
スープがしょっぱいとなかなかこうはいかないのです。

最後に紅しょうがをちょっと食べて完食。

IMG_0688.jpg

きまぐれ八兵衛には「きま八郎」という
ラーメン二郎をインスパイアしたものがあるのです。
次回はそれだな。

ラーメンにご飯・・・
お腹のお肉の良い肥料だ、と実感されている方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!














プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック