B!

源流釣行

いやぁ、暑い!

R6021381.jpg

とはいえここは信州、湿度は低めだし気温だって32度くらいなのです。
お盆を越すと暑いんだけどなんだか秋風が。。。
諏訪湖のほとりの夏は短いのです。

R6021360.jpg

短い夏を満喫するために天気の安定した日を狙って
天竜川水系某源流へ行って来ました。
そう、ウェットウェーディングで水遊び。

イワナとアマゴの混生域なのですが反応がいいのはイワナばかり。

R6021366.jpg

どのくらい釣れると爆釣と言うのだろう?
どのくらい釣れると飽きない程度って言うの?

R6021372.jpg

よく通っている川だからこの川の大体のストックは分かるのですが、
ホントにいい日はこの川はこんなもんじゃないのです。
この日は11時入渓4時脱渓で15匹ほど、ボクの中ではちょうど中間ってところかな。
15匹のうち、アマゴは2匹だけ。
アマゴがこれだけ釣れないってのも珍しい。

R6021390.jpg

2度、3度と複数回のフライに出るイワナのおおらかさもなく、
流れの中でライズするアマゴもいない。
まさにサマーパターン。
暑いですがこの時期を逃すとあっという間に涼しくなっちゃいますよ!

氷のベッドで眠りたい、と思っている方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
氷と言えばナインハーフ、と言う方もクリック。













実山椒

いつも釣りに行く川のほとりに生える山椒の木。
この時期になるとまだか?そろそろか?と通り過ぎるのです。
そう、この緑の小さな実を頂くために。

R6021309.jpg

現地で枝をはずしながら採っていくのですが
どこかで見たことのある、なんとも親近感のわく形になります。

R6021310.jpg

これを両手一杯分ほど持ち帰ります。
いつももう少し採って行こうと思うのですが
収穫、そしてこの枝外しはすごく根気がいるので断念するのです。

さて、自宅にて。
トイレに行く前には石鹸でしっかり手を洗わなくてはいけません。
石鹸を使わないで洗ったり洗い不足で敏感な部分を触ると
なんともいえない痺れ感に襲われます。
痛いわけじゃないんです、ピリピリ、ムズムズと(笑)
調べてみたら山椒って
古来より女性用の塗る媚薬の原料のひとつなのだとか、納得。
帰ってきてからちゃんと手、洗ったはずなんだけどなぁ・・・

鍋でさっと茹でて流水へ、アクを取ります。
鍋へ戻し、水と酒半々でひたひたになるようにして煮ていきます。
水分が飛んだら水をもう1度入れ、味を見ながら醤油を。
醤油は水の半分くらい、またひたひたになるようにします。
そこへ昆布と唐辛子。

R6021315.jpg

強火で水分が飛ぶまで煮れば出来上がり。

R6021317.jpg

ご飯のお供に、お酒のお供にも。
しかし旨いからといって調子に乗ってはいけません。

R6021318.jpg

旨いつまみは深夜に家族を起こすことなるな、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!


















ぎょさん、メイドインジャパンだぜ!

「ぎょさん」を買いました。



そう、いわゆる便所スリッパ(笑)
ぎょさんとは漁協で売っているサンダルの略、もしくは
漁業従事者用サンダルの略なのだとか。
水辺で滑りにくいとの評判なので
ボクら釣り人だってその恩恵を受けることが出来るはず。

茶色のイメージしかなかったこのサンダルも
ここ数年カラーリングが豊富になってちょっとカッコいいのです。
赤や白、ピンクや黄色なんかはもちろん蛍光色や夜光、
さらにはクリアピンクにラメなんて言う
ス○ベ椅子でしか見たことないような色も・・・

去年、店で見つけたら買おうと思いつつ買いそびれちゃった。
今年もサンダルの時期がやってきたので何かのついでがあるたびに靴屋、
ドンキなどでも探したのですがサイズ、好みのカラーがないのです。
仕方がないので商品代金と同じくらいの送料をかけてネットで購入しました。

燦然と誇り高く輝く「MADE IN JAPAN」

R6021357.jpg

今まで愛用していたウォルディーズのサンダルなんて
中華製でこのサンダルの4倍強のお値段・・・
いかすぜ!パール!

ボクは靴のサイズは25.5cm、コンバースでUS7
そしてレッドウィングではUS7.5なのですがこのぎょさんのサイズはLL。

R6021358.jpg

うわぁ!何だこの甲の高さは!
甲の高さはサンダルなので関係ありませんが
普段26cm位の靴を履いている方はLでは間違いなく小さいです。

それから鼻緒に「バリ」があります。
目の細かい紙やすりでバリを取ると鼻緒の痛さがマシになります。

やっぱりこのサンダルが一番似合うのは水辺。

R6021413.jpg

さすがにコケはちょっと滑る(笑)
でもちょっとだけなのです。
ウェーディングシューズに貼り付けてみる?

メイドインジャパン、日本頑張れ!と言う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
折しもオリンピックも開幕ですもんね!














暑い?

どうしちゃったんだろうね、信州は毎日涼しいのです。
夜は涼しくて寝やすいのですがやっぱり夏は暑くないと・・・
な~んて実際暑くなると暑い暑い、早く涼しくなれなんて言うのですが(笑)

R6021297.jpg

バックが曇り空だとこんな写真もなんだかねぇ・・・

R6021300.jpg

やはり夏は暑くないと。

R6021303.jpg

皆さんの住んでいる地域はもう暑い?
こんな写真で涼しくなったかな?
魚の写真でチリチリと暑くなったりして(笑)

R6021305.jpg

暑中お見舞い申し上げます
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!













かぶとムシ五郎とブルーベリー

カブトムシ カブトムシ
夏の主役だ カブトムシ
暑い夏 燃える夏
日本列島 なつなつなつなつ・・・

今年もムシの時期がやってまいりました。
そう、カブトムシ捕り。
今までは山梨に行っていましたが
ブログリンク先SKYさんに教えていただいた場所へ向かいました。
なんていったって近いもんね。

知らなかっただけで比較的近くでも捕れるんです。
幼馴染と先日カブトムシの話をした(←お子ちゃまw)のですが、
当時近所で捕れたら大騒ぎだったよなぁ、って。
ホントにボクの住む近所では取れなかったのです。

うろうろと歩き回ると樹液を出している木を発見。
お、このあたりだなと思い見回すとオオムラサキにキイロスズメバチ。

え!キミも樹液を食べるの?

R6021329.jpg

いやぁ知らなかった。
ヘビトンボも樹液の出る場所に結構たくさんいました。

そして彼ら。

R6021327.jpg

娘、コクワガタは完全無視(笑)
先日ヒラタクワガタを捕ったからなぁ・・・

いくつかの木をめぐってようやく見つけました。

R6021332.jpg

やっぱりこいつ、カブトムシでしょう。
ペアでゲット。
早速娘は名前をつけました。
そう、「かぶとムシ五郎」(笑)
Eテレ0655に登場するカブトムシから名前をもらったようです。
メスはなんと安易な「カブ子」・・・
だいたいアナタの友達で名前の最後に「子」の付く女の子はいないでしょ。

さて、次はブルーベリー。
よく釣りに行く川の近くにブルーベリー農園があるのです。
ここは1kg入るというバケツ一杯に入れて500円。

R6021323.jpg

ここでも蜂との戦い・・・(笑)
無農薬とのことなので虫はたくさんいます。
かなりの量を味見しつつ(爆)バケツに収穫していきます。

R6021319.jpg

我が家にもブルーベリーの木があるのですが
さすがにブルーベリー園はなり方がすごいのです。
これだけ鈴なりになるので市販品も
もっと安くてもいいのに、と思うのですが収穫が大変。
ほとんど手間賃ですね。
もう何度か行ってジャムを、そして冷凍しておこうかな。

ブルーベリーは梅干と一緒、
見るだけで口の奥がきゅんと痛くなるという方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
木で完熟してぽろっと落ちる寸前のは市販のものよりかなり甘いんですよ。



沼津深海魚水族館

去年の終わり頃でしたでしょうか?
TVで盛んにこの水族館がオープンするといろんな番組でやっていました。
釣りが好きなボクは魚が好きなのも間違いなく、
水族館も大好きなのです。

何かのついでに、と狙っていた沼津深海魚水族館へ行ってきました。



まだ新しくカーナビにも乗っていないこの水族館、
訪れる際には住所を入力したほうが良いようです。
沼津港八十三番地の中です。

さて、入館。

P7160166.jpg

早速入り口にダイオウグソクムシ!
いや、たまらん、すばらしい。
大きな水生のダンゴムシなのですが目がカッコいいんですよね。

ミドリフサアンコウ

P7160176.jpg

泳ぐことができず魚のクセに足があるのです。
なかなかキュートな魚です。

リンク先の正平さんの息子さんがお好きだったはずのチンアナゴ。

P7160171.jpg

この辺の展示から怪しくなってきます(笑)
ちょっと浅いんじゃないの・・・って。

当ブログのサブキャラクターのひとつ、サカサクラゲ。

P7160181.jpg

だから浅いんじゃないの?!

サカサクラゲは動物園の陸亀のアタマとともに
撮らないといけないと言う強迫観念に襲われます(笑)
ボクのブログだと三保の東海大学水族館上越水族館でも登場しています。

そしてシーラカンス。

P7160185.jpg

剥製と冷凍。
冷凍されたものは皮膚の油っぽい質感まで見て取れます。
しかし4億年も前から現在まで同じ外見で生き続けるってすごいね。
寿命も100年以上だそうです。

しばらく前にはラブカやメンダコがいたとのこと。
飼育の難しい深海魚なのでタイミングが合わないと難しいのでしょうか。
いやぁ、ぜひとも見たかった!

深海と銘打っているわりに深海魚の少ない水族館なんです。
淡水専門の蓼科の水族館だって4度、上越の水族館もこの数年で3度ほど、
そして三保の水族館なんて10回近く行っていますがここはどうだろう?
ヘラザメやこんなのこんなの
展示されるようになったらまた行ってみようかな。
これからに期待です。

ボクのお勧めは甲府のフィッシュランドイシハラ(笑)
水族館じゃないけど大規模な熱帯魚屋さんの水槽の数は
下手な水族館より多いのです。

最後にこちらで干物を買って山の中へ向かう道に付いたのでした。

P7160188.jpg

身近ですが金目鯛も深海魚ですもんね。
アンコウだってタカアシガニや甘エビも。

おいしいものは見た目が悪い、と知っている方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
シャコなんて、カニだって・・・ねぇ。











熱川バナナワニ園

熱川、といえばバナナワニ園。



これを外すわけにはいかないでしょう。

P7160132.jpg


ボクが小学校の頃の家族旅行でも何度か訪れていますし、
次女は初めてですが長女を連れて4年ほど前にも訪れています。
その頃に比べて少し綺麗になったかな。

P7160130.jpg

足元の金網の5cm向こうには巨大なワニのおくち。
まず間違いなくそんなことしませんが鼻先を触れそうです。

P7160142.jpg

バナナは毎朝熟れた物を職員の方が収穫しているとのこと。
売ってるのとか見たことないけど職員が食べるのか、
併設のフルーツパーラーで使うのか・・・
せっかくの日本産バナナ、味見させてくれるといいのにな。

熱帯の草花もここ、熱川バナナワニ園の魅力のひとつ。

P7160140.jpg

アンスリウム。
熱帯の花として有名ですが諏訪にも咲いています。
そう、フランス座の入り口に描かれているのです。
バナナワニ園と関係するハナシとしては友人がここへ遊びに行ったところ
いわゆる花電車で踊り子さんがバナナを切って飛ばしそれが顔に。。。
それがトラウマになりしばらく息子が言うことを聞かなかったそうな(笑)
先日まで知らなかったのですが閉館したのですね。

P7160157.jpg

蓮池は何度来ても大好きな場所。
なんだろう、清らかなボクの心がさらに研ぎ澄まされるような気がします。
おそらくボクは生まれ変わる前には蓮の花の上に乗っていたのだろう、と。
糸にすがり付いて上の蓮池を見ていたのではない、と確信しておりますが・・・

P7160163.jpg

ここでアイスクリームを頂きます。
このアイスクリームは300円なのですが、2玉なので非常にお得。
おいしいのは疑う余地もなくお勧めできます。

P7160160.jpg

残念だったのはこのオオオニバスの葉に娘たちを乗せてあげられなかったこと。
このオオオニバスの葉に乗ったりするのはこの7/25からのようです。
ワニに触ったりゾウガメに乗ったり・・・
蒸し焼きになりそうな温室を体験しに
あえて夏場と言うのもアリかもしれませんね。
それにしても暑かった(笑)

友人の話?と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
ボクのハナシは・・・







続きを読む

熱川飯 やっぱり魚が旨いぞ!

せっかく海の近くに行ったのだから、と
2日目、3日目の昼ごはんは刺身定食にしました。
実際、ホテルの朝ごはん、夕ご飯もお刺身が付くので6食連続(笑)
最終日の夕方の肉の食いたいこと!

園遊

P7150088.jpg

まずお通し。

P7150077.jpg

乾き物、良くて煮付け位かと思っていましたがこれはすごい。
お通しのはずなのに普通に前菜でした。

ここの刺身定食はなんといっても小鉢が3つ付くのです。
ぬた、風呂吹き大根、漬物。
刺身は2つの器に6種盛り、サザエ、イカのキモあえ、アジたたき、
カンパチに鯛、マグロだったかなぁ・・・
自信ないけど。

P7150087.jpg

お刺身はもちろんおいしゅうございました。
かつてはサービスで露天風呂に入れたのだそうですが、
土砂崩れで風呂が使えなくなったのだそうです。
各定食の価格設定はちょっと高めですが
内容を考えると非常にリーズナブルです。

熱川駅前のうめや

P7160165.jpg

刺身定食1100円、山盛りのアジのたたきを入れて5種、
アジのぷりぷりした感じ、海なし県の長野では味わえませんねぇ。
後はホタテ、マグロ、サワラ、カンパチかな。

どれも分厚いものでした。
お漬物のほかに小鉢も1つ付きます。

P7160164.jpg

うわぁ!
なんて斬新なグルメ記事なんだ!(笑)
おいしい証拠。

ちょっと本文から脱線。

生け簀のあるお店?ボクは行きたくないなぁ。
餌だってあげないだろうし、ストレスだって掛かっているだろうし・・・
釣り魚の沖絞めが一番おいしいのですよ。
鯛やヒラメは寝かせたほうが旨いのだから生け簀の鯛はちょっとねぇ。

しかしステマの評判が高い某何とかログに書き込む方々。
おいしく感じなかったら書かなきゃいいのですよ。
その日の体調や好みもあることだろうし・・・
お店の方の愛想が悪くたって上げ膳据え膳でしかも
お料理を作っていただく、それに対して感謝しないと、ネ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

刺身はやはりこれだよね、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
でもね、温まっちゃうし旨くないんだって。
だからこれのほうがきっといいよ。
しかし海草のツマは最初から置く場所が決まっちゃうなぁ(爆)










海なし県民の反乱

埼玉県、栃木県、群馬県、山梨県、岐阜県、滋賀県、奈良県
そして長野県のみなさん、今こそ蜂起するときです。

なぜ海には休日が設定され、
われわれ内陸県のための「山の日」がないのか!
そしてなぜ海の魚は旨いのか・・・
海の近くに住む人の食べる分を奪うため
海の日には海なし県のボクらがヤツらの住む場所の
旨いものを食べに行くしかないでしょう。

P7140021.jpg

今年の家族旅行は伊豆熱川。

P7140016.jpg

家族でここを訪れるのはこれで2回目。
この温泉街の雰囲気が満点の熱川はボクのお気に入りなのです。

P7150105.jpg

温泉やぐらがいたるところに立ち、
そこから立ち上る湯煙が町を包む・・・
諏訪も温泉街なのですがそんな雰囲気なんてまったくないんです。

極めつけはこれ。

P7140039.jpg

P7140038.jpg

射的、スマートボール。
スマートボールで大勝ちしたなんて話は聞かないなぁ。

P7150053.jpg

二泊三日なので中日は朝からビール。
ビールはビーチでの熱中症予防のクスリ、と言うことになっているのです(笑)
昼食、夕食のときの生ビールも含め3リットルのビール。。。
どこへ行ったのやら(爆)

P7150098.jpg

こんなこともしてみたけどかすりもしませんでした。
まあ、真昼間にビール飲みながらだしね。
ビールと言えば釣り場でこんなことでもあれば嬉しいのですがなかなか・・・
でも見ている最中にヒラメを釣った方がいたり、
バケツに大きなイセエビを入れている人がいたり。。。
キスは良く釣れていましたよ。

P7150067.jpg

関東甲信越ほかで梅雨が明けましたね。
暑中お見舞い申し上げます。
夏はあとひと月、今度はどこに行こうかな。

山にだって旨いものがたくさん、と知っている方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
今年はちょっとマジメにマツタケを狙いますよ!












雨が呼ぶもの

熊本、大分の「これまでに経験したことのないような大雨」
被害にあわれた方にはお見舞い申し上げます。
諏訪湖のほとりでも6年前に大きな水害がありました。
あれは大変だったなぁ・・・

さて。
連休初日、家族旅行へ出かけることになっていたのですが
その前に先日釣り逃がした大物を狙いに朝だけいつもの渓へ行ってきました。
水も増えて良い頃合なんじゃねぇの・・・なんて、無理やり(笑)



川へ向かう風景、里山そして田んぼ。
この景色があるからこの川に通う、
そう言っても言い過ぎではないほどのボクの好きな風景。
何気ない日常の日本は本当に美しいのです。

水が多い日を狙ってきたのは間違いないのですがちょっと多すぎた・・・(笑)

R60212781.jpg

先日の写真と見比べるとどうだろう、20cmほど多いかな。
普段より水量の多い渓では
この水深20cmアップは引き返そうか、と思わせるほどの流れに。
渡渉できるところはホントに少なくなるし。
実際、お尻までウェーディングしていたら
プカ~っと浮いてつま先立ちで5歩ほど下流へ。
久しぶりに釣りをしていて冷や汗が出ましたぜ・・・

そしてそう、雨に呼ばれたのはイワナ。

R6021268.jpg

もちろんボクも呼ばれて川に来たのだけどね。
フライが雨上がりの川ではご馳走に見えるのかい?

R6021288.jpg

8寸どまりだけどいろんなところでたくさんのイワナが
ボクのフライをおいしく食べてくれました。

R6021265.jpg

しかしこいつにフライを与えてはいけません。
かつて悪戯心で目の前にエルクヘアカディスをふわふわさせたところパクリ!
吐き出させるのに苦労し、やっと出してもらったフライはネトネト・・・(笑)

カエルにはゲームで我慢してもらいましょう。

最後、思ったとおりのオチですね。

R6021290.jpg

帰りがけの道沿いに咲いていたヤマホタルブクロ。
昔、この花の中に子供がホタルを入れて遊んだことが花の名前の由来と
言われていますがこの花の色にホタルのあの蛍光緑を入れると
子供の遊びには似ても似つかない色になりそうだ、と思うのは
ボクだけではないでしょう。。。

ホタルブクロから透ける薄いピンクの光は
ホテル街に通ず、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!









ハルピンラーメン

諏訪でラーメンと言えばハルピンラーメンでしょう。

R6021120.jpg

ハルピンラーメンと言えば昔は上諏訪駅近くの並木通りにあり
そのころはよく食べに行っていました。
諏訪インター近くに出店して以来
あまり食べに行かなくなってしまいましたがたまに食べたくなります。
並木通りにあった時、ボクがよく行っていた頃より前のハルピンラーメンでは
フック船長のようなご店主が厨房に立たれていたそうな・・・

で、先日久しぶりに行ってきました。

R6021112.jpg

相変わらずの混雑・・・
ちょっと待っていると回転が早いのですぐに座ることができます。

R6021119.jpg

メニューは簡単、ハルピンラーメン、ニンニクラーメン、
醤油ラーメンとそれらのチャーシューメン。
最近つけ麺を始めたとのことですが食べたことがありません。
そう、ボクは一途なのです。

今回は(もw)ハルピンラーメン

R6021114.jpg

そしてサービスのライス、奥はジャスミン茶。

R6021115.jpg

ジャスミン茶は並木通りにあった頃からのサービスです。
ボクは普段からジャスミン茶をよく飲むのですが、
ジャスミン茶が好きって言うルーツはもしかしたらここかも。

ラーメンの味はハルピンラーメンの味!としか言えない・・・
味噌系、とんこつ系と言えないうまさなのです。
スパイシーでしょっぱめの甘辛なにんにく味噌醤油味?うーん、分からん(笑)

そして今、なんと替え玉が無料なのです。

R6021117.jpg

昔は替え玉なんてなかったのになぁ、なんて言いません。
あっさりお願いしました。
無料は期間限定、松本店ができる予定の夏まで、とのことでした。
ああ、おかげでお腹は一杯。

ボクとしては飲んだ後に食べたい一杯なのですが場所的にここだと厳しい(笑)
そして個性のあるラーメンなので好みの分かれる味だとは思います。
諏訪にいらっしゃる機会があれば
もちろん蕎麦もいいけどハルピンラーメン、これも一度お試しあれ。

危険な時間帯にラーメンの記事を見てしまった・・・という方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
小腹のすく3時頃や夕食前ももちろんですが
夜中のラーメン写真の破壊力ってすごいですよね(笑)

 













尺上狙いなのだ

尺を越した魚が釣りたいのです。

この時期になるといつも数は満足、そろそろ大物を釣りたくなります。
やっぱり尺ものは彼女らが住んでいる渓に行かないと会えないのです。
前回の記事の「本流の砲弾アマゴ」もそんな魚を狙っていたため。
ご存知の通り空振りでしたけど。

とある渓へ。
ボクが準備しているとものすごい数の鈴をつけたビクを
腰に下げたままバイクに乗ってくるおじさんが。
話を聞くとキノコの様子を見にきた、とのこと。
名人の雰囲気を醸しだしているのこの方と一緒に登山道を歩いていくと
「○月ころ、あの森歩いてみろ」とか
「5m先のあの木の根元ナ、
手前のこの木の根元にシメジが生えていればいいキノコがあるぞ」
なんてキノコのシロまで教えてもらいました♪

R60212311.jpg

名人と別れ川へ。
ヒラキでライズする魚を発見しました。
早速まず1匹。

R6021221.jpg

さらに1匹。
この川でこんなことってないぞ!
マジですごく期待できます。
この後もポイントごととは言いませんがかなりのハイペースで魚が出ます。

R6021228.jpg

でも、20から25cmくらいまで。
まだまだ、この日のボクの鼻息は荒いのです!
脱渓点がそろそろだな、と思い出したころ、
なんでもない小さな巻き返しにフライを入れると、出た!

R6021241.jpg

上流の岩の隙間にもぐりこもうとする魚、
テンションをかけたまま移動してリールにラインを巻きとります。
グッと竿を立てると寄ってくる良型イワナ。。。

R6021244.jpg

何度計っても尺に1cm足りない!
ううむ、惜しい・・・

R6021236.jpg

帰りがけ、道の真ん中にとぐろを巻く蛇を見つけてしまいました。
どっちか端っこに寄っていてよ、動くなよ・・・
なんて思いつつしばらく観察。
蛇が動くのを見るのがイヤなので
そちらを見ないように小走りで駆け抜けます。

クルマへ戻って着替えていると
ボクの上流で釣っていたと言う2人組の釣り人が。
どうでした?なんて話をしていると
「兄さんが川から上がったあのあたり、
先々週大人の熊が俺のほうに向かってきたぞ」
なんて恐ろしいハナシを。。。
「何でボクがあがったところ知ってるの?」
と聞くとボクが小走りで蛇の横を通ったところを見ていた、と(笑)
そして死んでいた、とも。
イヤ、恥ずかしかった・・・そこで声を掛けてよ、ねぇ。

イワナが1cm大きくなるのってどのくらいの時間が掛かるんだろう?
秋には尺を超えるかな?
別の魚を狙ったほうが早いかなぁ。

クリック1回であの時リリースした岩魚が1mmづつ大きくなります。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!









本流の砲弾アマゴ

砲弾アマゴが釣りたいのです。
フナのような体型で顔の小さい、とびっきりの幅広アマゴを。



イブニングの時間帯に宮川の中流域へ入ってみることにしました。
入渓してすぐ、早めの瀬の肩からピチャっと小さい魚の反応。
とりあえずボウズ逃れのために釣っておきたい(笑)
で、#12だったエルクヘアカディスを#16に交換。

そして淵のメインの流れと緩流帯との境目にフライを入れるとピチッ!

R6021255.jpg

ハヤでした。
福井の海沿いの川では結構な源流域にまでいましたが
この辺ではもうちょっと上流に行けばもう会うことなんてないんです。
中下流で釣ることが最近なかったのでハヤを釣ったのは久しぶり。
ニゴイは良く釣るんですけどね(笑)

イワナのいそうな巻き返しにフライを入れて1.2.3・・・ピチャ!

R6021256.jpg

・・・

こりゃ砲弾じゃなくてBB弾だ、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
ガバッとかドブンとかのライズが良いなぁ、やっぱり。







いわなたろう3号 タイヤ交換

PAP_1755_20120703155640.jpg

ぴょん吉さんから頂いたこのBMX、頂いたときから
リアタイヤが減っていてそろそろ交換時期。
車体がボロければそのまま乗るところですが
かなり綺麗なのでタイヤを交換することにしました。

フロント

R6021139.jpg

リア

R6021138.jpg

もともと付いていたタイヤはフロント20"×2.25"、
リア20"×1.85"と言うサイズ。
ローテーションができないのです。
今回購入するに当たってローテーションできるように
同じサイズにすることにしました。

タイオガコンペティションX 20"×2.15"

R6021132.jpg

このタイヤにした理由?
本気でダウンヒルを走るわけじゃないし、カッコ重視で一番太いものを(笑)
もう大人だし、色つきタイヤってのもねぇ。

ナチュラムの送料無料キャンペーンを利用するために
一緒にC&Fのフロータントを注文しました。
しかしナチュラムは発送までが遅い上に納期まで変わる・・・

さて、早速交換。
このBMXのチューブは米式のバルブなので
クルマ用のムシ外しで空気を抜きます。
そしてタイヤを押さえてリムからビードを落としておきます。

R6021133.jpg

自転車用のタイヤレバーなんて使いません。
そう、クルマ用の内装はがし(笑)
一箇所こじれば後は指でビードを引っ掛けて外せます。

R6021134.jpg

チューブ、リムテープは問題がないので再利用。
タイヤを入れるときにはチューブに軽く空気を入れてから入れます。
ビードをリムに入れたら空気を抜いて軽く全体を揉んでおきます。
揉まないと空気を入れたらリムからビードが外れる、なんてことも・・・
↑今回経験済み(笑)

R6021135.jpg

両輪済ませてミシュラン君を使ってコンプレッサーで空気を入れます。
クルマと一緒のバルブだとこんなときに便利。
色気はないですがクルマのバルブキャップをつけておきました。
65Psiまで入れられますがとりあえずこのくらい。

R6021141.jpg

両輪脱着、交換して30分くらい。
変速機のないBMXは楽チンです。
リアはもちろんですが元のフロントタイヤ、
20"×2.25"よりなんだか大きく、そして太く感じますね。

オンロードで踏みが軽い、との評判で購入しましたがなんのなんの、重い!
まあ、もともとついていたタイヤよりはだいぶ軽く進むのですが。
太すぎ?それもありますねぇ。
娘とのポタリングで町乗りが多いしセミスリックタイヤでも良かったかな(笑)
まあ、見た目重視なので(爆)

ためしに、と釣りのついでに林道を走りに行きました。
登りはキツイけど下りは快適。
調子乗って飛ばしてコーナーに入るとフロントタイヤが逃げて
ハイサイド気味になりちょっとやばかった・・・
少し空気圧が高すぎたのかもしれません。
ん、乗り方?かも(笑)
いろんなタイヤを試してみたい今日このごろです。

男は黒くてやっぱり太くなきゃね、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  
















大きいのが釣りたいのだ

山の家に行ったりして記事が後先になりましたが
先週の天気の良い日を狙って
ボクがもうひとつのホームとしている川へ行ってきました。

R6021155.jpg

いつものお気に入りの区間。
魚はなかなか釣れないのですが出ればでかいのです。
地元でも大物が出ないことはないのですが
ここは渓相がいいので通っています。

R6021146.jpg

この川では珍しく開きに出ていたアマゴ。
9寸ないなぁ、メジャーすら出さず・・・
嬉しいけど会いに来たのは君じゃないんだ。

R6021156.jpg

君でもないんだよね、もっと大きくなってね。
上流へ向かうとともにいつも通りの釣りに。
ヒラキになんてまったく魚が着いていなくているのは対岸の巻き返しばかり。
そんな場所を狙ってけばりを打っていくとイワナが反応してくれます。

R6021158.jpg

狙うは尺上。
いつも実績のあるポイントにフライを入れると
フライにガバッと出た魚から竿先に伝わる間違いのない手ごたえ!
そしてふと軽くなる竿先・・・

ばらした(泣)

R6021165.jpg

先のアマゴ以外は小ぶりなイワナばかり。
尺上のイワナもアマゴもいるのは分かっているんだ、後はタイミングだけ。
まあ、ばらしたらダメだよね。

R6021169.jpg

この景色を見にまた。

クリックしてくれないと大物ばらし病があなたに伝染します。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!






伐採、まき割り、焚き火と釣り

夜の焚き火。
キャンプもいいけどこの時期の天気予報の信頼性のなさときたら・・・
そろそろ揺らぐ火を眺めたいと山の家に行くことにしました。
今回一緒にその火を見ていただいたのはSKYさんのご家族。

R6021172.jpg

今回の宿泊料は体で払ってもらいましょう(笑)
腐って倒れる方向が悪ければ家の屋根に当たる場所にある
立ち枯れのミズナラを伐採、玉切り、それを割って薪に。

R6021174.jpg

大量に増えた薪をひと夏乾かすために積んでおきました。
これでは体で払ってもらい過ぎなのでこの夏にBBQでもう一度、
そして冬になったらこの薪をストーブで消費してもらうために
ご家族でまた来ていただかなければいけません。

kako-vCq8grOE3NVXVYB6.jpg

さて、夕食。
子供たちはハンモックに並んでまずはとうもろこしを。
さすがに子供、あっという間にすっかり仲良しです。
SKYさんがうちの娘に
「こうして自然の中で過ごすために
おじさんたちは何時間も車に乗ってくるんだよ」
とおっしゃっていたのが印象的でした。
この環境が近いんだからもっと使わないとね。

R6021179.jpg

食事が終わり火を大きくしてまた眺める、これがしたかったのです。
完全に乾いた白樺の薪を投入。
このくらい火は大きくないとね。
その後、室内に移動してゆっくりと。

R6021206.jpg

ストーブからの光は今はまだこれで。
冬までにはなんとか形にしたいですね。
炉台、遮熱壁、煙突・・・
誰か材料を持って体で払いに来てくれないかなぁ(笑)

さて、次の日は雨。
SKYさんの奥さんにうちの娘たちを押し付け(笑)SKYさんと川へ。

R6021209.jpg

近場の川へ入ってみるもののまるで反応がありません。
一度脱渓、すぐ近くの支流へ。

早速1匹、でも写真を撮る前に逃げられちゃった。

R6021210.jpg

これはその後の1匹。

SKYさんはブログに書いている以外にも
こそっと釣りに行っているんじゃないの?ってくらいの上達ぶり。
でもこの日はなかなか渋くて流れの中のいい場所についているかと思えば
その魚を釣った後はそんな場所からは魚が出なかったり。

R6021213.jpg

ポイントを絞りきれずに百叩き。
まあ、雨だしこのくらいで勘弁してやるか・・・

R6021214.jpg

せっかくこの山の家の近くに住んでいるのに
なかなか来ないなんてホントにもったいない。
この夏はもう少し来ないといけないなぁ。

うちへ帰ると嫁さんが2歳の次女に
「楽しかった?なにして遊んだの?」と聞くと
次女「違うお母さんに抱っこしてもらっていた~」と。
そこでふとボクの目を見る嫁さん、そしてふき出すボクら。
別の家庭ではここでおかしな誤解が生まれるのでしょう・・・

普段の行いがよくて良かったね、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
自画自賛です(笑)








プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック