B!

入笠山

紅葉最盛期の入笠山を登ってきました。
思い立ったのは9時頃、家を10時に出発。



忘れていた・・・
マイカー規制中なんですよね。

IMG_3077.jpg

デジイチ、MSRウィスパーライト、水1リットル、
鍋焼きうどんと生卵に別乗せのかき揚げの昼ご飯、
雨具上下など40リットル近いバックバックにフル装備(笑)
マナスル山荘のところにクルマを止めて30分くらい登ったら山頂、と思っていたのに。
もちろん、ゴンドラに乗って湿原のすぐ近くまで行くこともできます。
でも今回は沢入登山口から標高差500mほどを歩くことにしました。
ただ時期的にこれがよかったのです。

IMG_3046.jpg

登山口付近は紅葉のまさに見ごろ。
上に登るにつれだんだん葉が落ちていました。
登山道の道はカラマツ林なので青い空に黄色い葉が綺麗です。

IMG_3070.jpg

登山道はよく整備されていますがボクの嫌いな歩幅、高さの階段の九十九折。
一歩半で一段、タイミングが掴みにくく一気に登れない。
これね、マジでしんどいんです。

IMG_3076.jpg

赤い葉は少ないのですが、綺麗に色づいた葉を見ながら入笠湿原へ向かいます。
1時間ほどで到着。

IMG_3053.jpg

気持ちのいい湿原でした。
今度はリンドウかすずらんの時期に来よう。

そして本来クルマを止めようと思っていたマナスル山荘を通り越し入笠山山頂へ。
マナスル山荘から30分ほどで到着。
途中八ヶ岳の眺望がよい場所が何箇所かありましたが、
山頂はもっと、そして噂どおりの360度すばらしい展望でした。

IMG_3037.jpg

蓼科山から南八ヶ岳まで。
赤岳から硫黄まで歩いたことを思い出します。

IMG_3024.jpg

南アルプス、富士山も。
日本第二の高峰北岳は見えませんが、その北岳に登ったときに
ついでに、と行った間ノ岳も見えます。
写真では見切れちゃったけど・・・
こうして登った山を見ると登っていない山より綺麗に見えるので不思議です。
富士山は来年以降にぜひとも行きたいですね。

IMG_3035.jpg

槍も遠くに。
北アルプスも登りたいのですが、
登山に適した時期は釣りに忙しくて・・・(笑)

団体のパーティーが下山すると静かになり
鍋焼きうどん、そしてコーヒーを飲んで1時間ほどゆっくり過ごしました。
そのための重い荷物・・・(笑)

IMG_3063.jpg

山頂付近の紅葉はちょっと時期的に遅いものの
黄色中心の紅葉、そして360度の眺望・・・
満足のトレッキングでした。

IMG_30561.jpg

入笠山のひょっとこ出現に驚いた方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ
Everybody Tight Lines !
バナーがイマイチ本文と合わないなぁ・・・



ぬるぬるの湯 高遠温泉さくらの湯

久しぶりに温泉ネタ。
まあ、早い話ネタが無いのです。

高遠に行ったついで高遠温泉さくらの湯に初めて寄ってきました。
ここは有名なつるつるぬるぬるのお湯なのです。

CA390707_20111027173305.jpg

時期的にはもちろん桜なんて咲かないのですが、
なんだか花見の雰囲気満点(笑)

CA390705_20111027173305.jpg

赤ちょうちんもそうだけどちょうちんがあると
なんだかビールよりお酒が、なんて気分に・・・
もちろん、クルマなので飲むことなんて出来ません。
高遠駅って場所はあるのですがバスの停留所であり電車では行かれないのです。

CA390708_20111027173305.jpg

この入り口のすりガラスの部分が凝っています。
当地では有名な高遠城址公園の桜のデザイン。
何年か前に高遠城址公園の桜を見に行きましたが
ここの桜はピンク色が濃く綺麗なんです。
ごらんになったことの無い方は是非、来年。
時期的に渓流釣りにもちょうどいい頃なので
大田切川、ボクのブログにも書いてあるように
駒ヶ根のソースカツ丼などとセットにするといいかもしれませんね。
ただ、毎年大渋滞になるのでボクが行った日は朝6時に諏訪を出発しました。
それでもちょっとだけ混んでいるんですよ・・・

なぜか受付でもらったティッシュ。

CA390712.jpg

ううむ、顔を見て渡すのだろうか・・・
このヒトはなんだかたくさん使いそう、とか。
もちろん、風邪のとき鼻をかむため。

CA390709.jpg

ここ、浴室に入った途端に臭うほどのすごい塩素臭。
まるでプールに入ったような気分になります。
しかし塩素の臭いを差し引いてもこのヌルヌルしたお湯は最高!

ボクの個人的な意見なんですが、温泉ってまず色が付いているイメージ。
そしてぬるぬるする、泡がまとわり付く、硫黄などの香りがすると最高ですよね。
すわっこランド、片倉館に代表される一般的な諏訪のお湯って無色透明、無味無臭なんです。
諏訪の旅館は独自源泉を持っていて色付きのお湯のところもあるようですね。
温まるのはそう変わらないような気がするのですがなんともずるい・・・(笑)

紅葉のこの時期、分杭峠や大鹿村騒動記で有名になった大鹿村へ、、
それからこのお湯を目的にドライブをするのはもちろん、
関西、名古屋方面から諏訪にいらっしゃる方は伊那インターで降りて杖突峠へ、
途中で寄るルートを考えるのもいいと思いますよ。

ぬるぬるは温泉専門、そしてティッシュは最近鼻をかむ専門と言う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ
Everybody Tight Lines !









将来のための努力を怠らないのだ

2日連続。
お出かけしていた嫁さんが帰ってきてから諏訪湖に向かいました。
もちろんわかさぎ釣り。

CA391541.jpg

今回は娘を連れていきました。
そうなのです、ボクは将来一緒に遊んでもらうための努力を惜しまないのです。
竿を2本出して釣ろうか、とも思ったのですが、
トラブル多発警報が発表されたので1回釣ったら交代、と言う約束で。
次回から竿を1本持たせても大丈夫そうです♪

CA391540.jpg

今年の諏訪湖のわかさぎは去年よりひと周りサイズが大きいのです。
もちろんこれは2年魚の大公、15cm近くあるのでもしかしたら3年魚かも。
ウワサではどこか別の湖のわかさぎの卵を入れたのだとか。
出来たらこのサイズで鈴なりに・・・

CA391542.jpg

4時から暗くなるまでで100g。
釣れても釣れなくてもいい、と思って出かけましたが(大嘘、笑)
娘の面倒を見ながら交代で釣っていましたので満足の釣果でした。

PAP_1543.jpg

綺麗なうろこ雲でした。
もうすぐ寒くなりますね。

寒くなると人肌恋しく、
誰かに乗ってもらいたいって方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ
Everybody Tight Lines !
ボクは毎日。
最近2歳の娘が朝4時くらいに寝ているボクに乗ってくるんです・・・





わかさぎ釣りシーズン開幕なのだ!

今年もわかさぎ釣りを禁漁にしない、との決定があった諏訪湖漁協。

CA391536.jpg

それさえ分かれば今年も年券購入。
しかしこの漁協、わかさぎの卵を売るのが儲かるのか
釣り人のことをあまり考えてくれないのですよね。
釣り場に仮設トイレひとつないし、たくさん釣れる場所はどんどん禁漁にするし。
ふな寿司、諏訪湖産シジミなんて言ってないで
釣り人を増やす努力をするともっと儲かると思うのに。

今期、新川下流は禁漁となりました
そもそもどこが禁漁になるのか、わかさぎ釣りは全面釣り禁止にするのか
年券更新の4月にアナウンスがあるべきですよね。
土曜日、ムキタケを採った足でそのまま釣具屋へ、エサを買い諏訪湖へ。
3時頃に到着しました。

CA391529.jpg

毎年おなじみのこの写真。
今年も代わり映えのない、この構成でいきたいと思います(笑)
15尺の鮒竿のトップから3本、3mほど。
上州屋の3枚パックで300円くらいの3号針、7本針の仕掛けにベニサシの半切りです。
上手な方は赤虫を使っているようですね。

この日はポツリポツリとアタリはあるものの1匹づつとちょっと寂しい釣果。
それでも3匹鈴なり・・・

CA391531.jpg

3匹じゃ鈴なりとは言わないか。
これが2回だけ。
アタリのない時間も多くまだまだって感じなのかな。

おなじみの計量。

CA391533.jpg

3時から5時までで85g・・・
ちょっと寂しいなぁ。
一昨日はよかった、なんて常連らしきおじさんが教えてくれました。
よく聞く話(笑)

今回は量が少なかったので数えてみました。
55匹、ということは1匹1.5gほどです。
去年一番釣れた時の1/10の量なのです。
でも、このくらいのほうが美味しく頂ける・・・なんて(笑)

CA391534.jpg

から揚げなどにするとたくさんのわかさぎは
数日に分けて食べないと食べ切れません。
去年の経験で言うと200gくらいがちょうどよさそうです。
でも、200g釣れたところで止められるかって言うと、無理なのです(爆)
わかさぎたろうの道は険しい道なのです。

アジのサビキ釣りのように毛鉤を巻いてみたら?と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ
Everybody Tight Lines !
今年はそれも考えているんですよね。
赤いマラブーだよな、間違いなく。
でも巻くのが面倒くさいのだ!









ムキタケ専門

雨上がりの午後。
ウチにいても仕方がないので
ちょっと出かけてくる、と言い残し山へ向かいました。

CA391527.jpg

シーズン中は何度もお世話になるこの川。
もう紅葉の最盛期でした。
そろそろ里も黄色、赤に染まりますね。

例年だと禁漁直前にムキタケが採れ始める倒木があるのです。
問題はムキタケしかない、と言うこと。
時間も時間だし、軽く見に行こうか、と。

CA391524.jpg

期待通りのムキタケ。
でもちょっと出る時期が遅いかな。
この倒木、その気になればレジ袋2杯くらい簡単に採れるのです。
ハマグリ大のいいものだけを選んで採っていきます。
それでも小さいビニール袋一杯の収穫。
この木は毎年はずれません。

CA391532.jpg

プリプリむちむちと癖のないおいしいキノコです。
味噌汁に入れていただきました。
ちょっと寒い晩にキノコから出るとろみはもう最高!
不作の今年でもちゃんと出ている、ムキタケは裏切らないなぁ。

プリプリむちむち、トロっはキノコじゃないほうが・・・と言う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!




キノコは不作だなぁ・・・

少し時間が取れたのでキノコを見に山へ。



赤松林、赤松まじりの雑木林、そしてカラマツ林へ。
カラマツ林なんて綺麗なものです、何にもないのです。
赤松林には1本だけコムソウ(ショウゲンジ)が。

CA391521.jpg

食べ頃のいいコムソウなのですが、1本だけって・・・
うーん、参るなぁ。

そして雑木林。

CA391518.jpg

地なめこ(チャナメツムタケ)が4本(泣)
どうなってるんだろ?
いつもだったらクリタケもムキタケも、ナラタケだってたくさんあるはずなのに。
今年はそういえば林道に止まっている車がありません。
やはりこの辺が今年のキノコの不作を物語っているのでしょうね。

なんて思っていると・・・

CA391519.jpg

ケロウジ?なんて思ってよく見てみると真ん中に穴が開いています。
ささくれも大きいのでこれはコウタケだな、1週間遅かったなぁ。
来年のきのこたろうへ。
川沿いの林道を上がったT字路を左へ、最初のヘアピンカーブの先っぽ松の根元だぞ!

CA391516.jpg

ぴょん吉さんが最近芋掘り名人となっています。
キノコが不作だしボクも・・・なんて思って軽く掘ってみましたが
どうやら違う草だったみたい。
同じ場所から葉っぱは生えているし、ハートのかたちに近い葉だし。
違うんだね。

そんなことしていたらこんなのを見つけてしまった。

CA391522.jpg

たっぷり、そして新鮮な雰囲気(笑)これは退散だな。

キノコ狩り・・・女の子が言うとなんだか問題が、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
考えすぎ?
狩られたい人はもちろんクリック。





海通い

小学校のお姉ちゃんと2歳になったばかりの娘二人と共に今週末も海へ。
嫁さんはこの日も休日。。。
そう、シーズンオフのポイント荒稼ぎなのです(笑)

朝早く出ようと思っていたのにこの日は市内一斉清掃の日。
そう、いわゆる出払い・・・って言うのボクらだけ?

バッカンを忘れたりして取りに戻ったりしながら
10時から高速に乗り海へ向かいました。



FM長野で釣り情報を教えてくださる本間釣具店
ボクら長野県民には一番名前が知られている新潟の釣具屋さんかもしれません。
豆アジ用のサビキの仕掛け、オキアミなどを購入し埠頭へ・・・

風が!
体を押すほどの強風なのです。
天気予報で風が強いことは分かっていましたがこれはなかなかの荒れ模様。
もちろん波も強いのです。

チビたちは・・・
お利口に遊んでくれています。
ではでは。

7年ほど前に購入したサビキ用の竿にサビキ仕掛けを付け、アジ狙い。
アタリなし・・・満を持してサヨリを狙います。

CA391509_20111017095737.jpg

強風、波立つ海面とアタリは取りにくいもののポツポツと釣れ続け、25匹ほど。
これ以上釣ると大変な目にあうのは前回で実証済みです。
隣の方にアジが掛かり始めています。
では、ボクも。

CA391510.jpg

同じ竿を使って釣るのですが、サヨリよりアジのほうが
アタリも明確で引きも強く楽しいですね。
わかさぎのように鈴なりを狙いますが、欲をかくと落ちちゃう(笑)
この日はサヨリは表層・近場、アジは少し遠め・底でした。

CA391513.jpg

サヨリ25匹、アジ20匹ほどの釣果です。
しかしアジの下処理はあっという間に終わるのにサヨリの下処理の面倒くさいこと!
サヨリはこれだけを処理するのに1時間ほど掛かってしまった。
アジは南蛮漬けに、サヨリは一夜干しにして網焼きかな。

あわよくばテトラで穴釣り、アオリイカも、と思っていましたが
子供二人を見ながらですのでまったく出来ませんでした。
アオリイカ釣りなんて考えるような波、風ではありません。

CA391511.jpg

帰りに寄ったWEST上越店
ここは危険だ・・・
フライ用品は少ないもののアウトドア用品の品揃えが豊富。
展示の仕方もおしゃれだし。
普通の、いつも行く店だったら
「これは2台目、買い足すだけになるからいらない~」ってなるだけなのに
ここはボクの心の隙間を狙い撃ちするものが・・・
ボクのウチの近くに無くて良かった(笑)

こんなに円高なのにガソリンは何で安くならないんだろ、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
代理店を通すものに関しては円高の恩恵を受けていないんだよね。







久しぶりの渓流釣り

3連休の中日、久しぶりに渓流に行って来ました。

CA391506.jpg

時期が時期だけに産卵床に注意して歩いてきます。
なんとも久しぶりの渓歩き。
やっぱり川が好きなんだなぁ、って思い知らされます。
今回は竹竿を持っていきました。

CA3915050.jpg


竹の延べ竿を1mほどに切って、針はルアー用シングルフック、
エサは切ったドバミミズで道糸は3cm・・・
そう、狙うのはカジカ。

この川でフライフィッシングをしていた、6月頃だったでしょうか?
さて、虫はどんな感じかな・・・と、石をひっくり返してみたところ
その石の裏には黄色い卵がびっしり。
何の卵だろう、と調べてみたらカジカしか当てはまらないのです。
シーズン中も気に掛けてはいたのですが、アマゴを狙うのに忙しくて。
オフになったのでようやく調査に取り掛かりました。

CA391504.jpg

穴という穴にそぉっと竿を突っ込んでピクピクするのを待ちます。
おっと!(笑)まずいまずい。

1時間半ほどこうして過ごしてみますがピクリともしない。
そもそもこの川にカジカはいるのか?と言う疑問に変わり、嫌になっちゃった。
待つ釣りはイマイチ、釣れないとねぇ。

仕方がない、キノコだ、と山へ。

CA391509.jpg

今年はどのキノコも本当に不作なのです。
それでもこの日は今年一番たくさん採れました。
茶色いのから時計回りにジコウボウ(ハナイグチ)、
ハナビラタケ、ノボリリュウタケ、キシメジ。
香り、歯ごたえもよくおいしいハナビラタケはこのサイズが1個あれば満足、
ハナイグチはいいものばかり40本ほど、ノボリリュウタケも10本ほど。
キシメジが3本と寂しかったですが、ちょっと苦いこのキノコはボクしか食べません。

日が悪かったのか、本当にいないのか・・・
卵があったってことはいるって事だと思うし
この川の資料を見ても子供が捕まえた、とあります。
いるとは思うんだ。
また日を改めて、今度はエサをイクラにして再挑戦です。

このブログで穴釣りの話題は危険、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
カサゴでも釣りに行こうかな・・・

Extreme Fly Fishing・・・フライが違う!



釣りの経験はないけどこんなフライフィッシングだったらしてもいいな、と思った方、
そしてこのフライフィッシングに転向しようかと考えた方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
laugh out loud!



ジムニーの調子

ボクのジムニーの仕様を軽く書いていくと・・・

HKSキノコ型エアクリーナー
ORSタニグチ フロントパイプ、マフラー
HKS EVC(普段0.8kg/cm2最大1.2kg/cm2)
HKS PAC(サブコン:燃調、フュエルリミッターカット)
HKSブローオフバルブ
電動ファン
自作金属製ターボパイプ
ウルトラCDI 9200
マロリー製点火コイル 29217番
4×4エンジニアリング 2インチアップリーフスプリング
フロント不明オイル3段調整式、リアモンロー製 ショックアブソーバー
トーヨトランパス195R16
その他諸々・・・

  
 
シルビアだったら、スカイラインだったらまずまずの仕様(笑)
無駄だと思うでしょ?
でもね、燃費に好影響が出ているのです。

本当はハイオク仕様なのですが、諸事情でレギュラーガソリン(笑)
でも、街乗りちょっとと海へ向かう信号の少ない一般道で燃費は
14.6km/リットルと、この世代のジムニーでは破格の燃費です。
もうちょっと速くなれば・・・と始めたことが結果としてファインチューンとなり
燃費の向上につながったようです。
バンパーなどは外観はほぼノーマル、釣りのための林道を走るのに
デパーチャーアングルが・・・とか、あんまり意味がない、かなぁ。
でも、そのうち、ね。

それから、このくらいの排気量のクルマでは
燃料との相性があるようなな気がします。
ボクのジムニーの場合、経営が宇佐美鉱油ではない
「出光」が一番いいような気がするのです。

で、ブーストメーター。
ボクの車も漏れなく付いているのですが、
過給圧の管理の目安に使っていますがこれがなかなか面白いのです。

CA391501.jpg

写真はエンジン停止中のもの。
中のばねが痛み、ちょっと0から下をさしていますが問題ありません。
残念なことになってしまった大森メーター製です。
どうもね、オートメーターはちょっとね、ボクには・・・

これ(ゼロ値)を踏まえ、諏訪湖周辺(760mほど)でのアイドリング指針。

CA391491.jpg

-440mmHgってところでしょうか。
そして、海、標高0mでの指針。

CA391499.jpg

480mmHgくらい?
当然、同一日、完全暖気後電装系を使わない条件での数値です。
もちろん、精密計器ではないのである程度の目安にしかならないのですが、
圧縮ばっちり、2次エアも吸っていない、という絶好調の証なのです。

この日のエンジンオイルはいつものワコーズではなくは夏前、
4ヶ月ほど前に夏だから固め、と思いいれた
3700km走行のカストロールRS(10W-50)でした。
硬いオイルも燃焼室内部のすき間を埋めて
圧縮漏れを防いでいるということもあると思います。

CA391488.jpg

5速アクセル全開吹け切り、タコメーターはレッドにちょっと入っています。
でもまだまだ回りそう・・・
実測では120から130km/hといったところでしょうか。
おそらく、他のジムニーオーナーが乗ったら驚くほど
絶好調のボクのジムニーなのです。

  

糸魚川 食堂新宿にそばを食べに行ってきました

いや、アオリイカ釣りに行ってきました(笑)

散々悩んだんです。
嫁さんが帰省したためプチ独身、せっかく勝手の出来る3日間。
先日の釣行で本命のアオリイカ丸ボウズ、このままでは、という気持ちと
遠いのに一人で行ってまたボウズでは、と。

朝早く起きたら行こう、と2時に就寝。
そりゃ起きれないよね。
8時におきてダラダラと朝食、でも悩む。

よし、やっぱり行こう!と思い立ったのが10時・・・遅すぎ。
まあ、昼飯でも食べてゆっくりと。
豊科まで高速、そこから大町白馬、小谷を抜け一路海へ。
小谷のトンネル、洞門区間はあまり好きではありませんが
この道、ボクの大好きな道なんです。
仁科三湖のあたりなど最高。
この時期、金木犀も香り、窓をあけて走ると気持ちいい!
途中、カメムシの香りが漂う場所数箇所・・・(笑)

リンク先上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常で紹介されていた
糸魚川市内の新宿食堂(リンク先はtakeさんのブログ当該記事)
諏訪湖の縁の我が家を出るときから心は決まっていました。
なんといってもアサツキ、これが食べてみたい。



昼過ぎに到着。

CA391493.jpg

もりそばを頼んで、ふとテーブルを見ると、これだな、アサツキ。
皮をむいてボリボリと食べると辛味と共に口に広がるネギの香り。
こんな食べ方をしたことがないのですが、これは旨い。
そばに合う味ですね。

さて、そばが運ばれてきました。

CA391494.jpg

盛りがよい、とtakeさんもおっしゃっていますが、さすがに。
そばって長野で注文すると10本ほど(ボクのイメージ 笑)が上品に並べられていて
昼ごはんに食べると3時頃にはお腹がすいてしまうんです。
ここのはそんなことなく、豪快、男らしい。
香りはそれほど感じませんが、腰も強く旨い。
アサツキとの相性も抜群でした。

いやいや、釣りに行ったんだった。

CA391495.jpg

某漁港、1時半。
長野新潟との県境までは風なんてそよとも吹いていなかったのに
糸魚川市内に入った途端に暴風、海もウサギさんが飛んでいます。
まいったなぁ・・・

港内、なんとなくエギを投げつつ堤防先端へ。
しばし投げ、タコジグをテクトロしながら戻る。
そして違う堤防へ。

CA391496.jpg

濃い墨跡もあって雰囲気抜群なんだけどなぁ。
PEラインが風で飛ばされエギが浮いてきちゃう。
これは、ダメだ。
4時前に終了。
そこでお会いした方は午前中は3杯釣った、と。
きっとその3杯が今年の日本海の最後のイカだったんだ!
はあ、マジで次はイソメとブラクリ、それからサビキにアミエビを持っていこう・・・

CA391502.jpg

清酒 謙信・・・
一部が電柱などで隠れると鎌首に見える、という蛇嫌いな方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!


アオリイカってこんなに長細かったっけ?

上越へ、てぃこまさんと。
現地にてチュンさんtakeさんと合流しました。

CA391468.jpg

そう、海!
今回はアオリイカ釣り。
いつものようにメバルやカサゴなんかも釣れたら、
なんて思いメバル竿やワーム類は持って行きました。

朝6時過ぎに到着、もうチュンさんは着いていました。
挨拶もそこそこに、早速某漁港内へ行きますが
うねり、風も強く釣りにくい!
あたりもなく・・・

そうこうしている内にtakeさん到着。
30分ほど釣りをして嵐のように去っていきました(笑)

その後も秋のこの時期、数釣りを楽しめるはずのアオリイカは
追いかけてくることもありません。
潮が濁っているし、風も強いし、うねりも高い。
ここで言い訳をしておきます。

気分も変わるだろうし某有名ポイントに場所を移動。
チュンさんがここでナブラを発見し、メタルジグを投げるものの届かず・・・
ボクもアタリなんてまったくありません。
でも、ここでてぃこまさんの竿が曲がる!

CA391469.jpg

ダツ。
こんなときの、この1匹はうらやましくて仕方がない(笑)
でもね、長いものが「くねる」とボクは近くに寄れないのです・・・

あまりの魚信のなさにもう一度移動します。
チュンさん案内による、ファミリー釣り場と呼ばれる場所へ。
チュンさんはフライフィッシャーの鏡、3番ロッドでサヨリを狙いますが
咥えはするもののヒットには至らない、という楽しそうな釣りを(笑)
みんなで、エサ釣りの仕掛けを買いに行こう!と盛り上がります。
一人で海に釣りに行ったらまずこんなこと、思いつきもしないなぁ・・・

ここで釣具屋&昼ごはん。
釣具屋ではもちろんサヨリ狙いのエサ、釣り仕掛けを。
そしてtakeさんお勧めの直江津港の近く上越屋へ。

CA391473.jpg

前がチュンさん、後ろがてぃこまさん。

takeさんのブログ、「上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常」では
上越を中心としたグルメ情報が充実しています。
上越方面へ釣り、ドライブに行かれる際には
こちらのブログをチェックされてから出かけるといいでしょう。

CA391474.jpg

ラーメン並、のりモヤシトッピング。
さすがtakeさん紹介のお店、旨い。

サヨリ釣りの仕掛けをメバル竿に結んで・・・

CA391475.jpg

実はサヨリ釣り始めてなのです。
海のエサ釣りなんて嫁さんとアジのサビキ釣りに行って以来だから
長女の生まれる前、かれこれ7年ぶりか?

5~6匹までは順調。
その後はポツポツと釣れるだけに。
サヨリって、猪木系(笑)

CA391477.jpg

ここでKIDさんから連絡があり、お会いすることが出来ました。
再開を祝してこの手で握手を求めたのですが、断られました(笑)
いつも、ありがとう!

海釣りでは隣の方と仲良くなったりすることってありますよね、今回も。
やめる、というその方からあまったコマセを頂き
まき始めると群れをその場に集めておくことが出来るようになりました。
そしてコマセをまくとサヨリは狂って針に付いたエサを食べるんです。
それからは爆釣。

CA391479.jpg

3人で100匹、いや、もっとか?
その位は間違いなく釣れていますね。
ボクはこの中から25匹ほど、残りはてぃこまさんが。

行きも帰りも運転してくれたてぃこまさんと別れ、夕飯も実は家系ラーメン(笑)
てぃこまさんに教えてもらった松本市内から少し外れた「寸八」へ。

CA391481.jpg

豚骨醤油らあめん、並。
ウチへ帰ってからサヨリを食べなければいけないんだもん、
軽めで・・・

CA391480.jpg

なんて、軽めなはずありません。
どっしりとしたスープに硬めにオーダーした麺、どっしり。
旨い。

さて、サヨリ。
はさみで頭を落とし、腹を開きワタを取り
手で骨を外しながら開いて水洗い、布巾で水気を取ります。。
開いて、塩を一振りしてしばらく待って、浮いてくる水分を軽くふいて・・・

CA391483.jpg

CA391484.jpg

塩焼きとてんぷら。

CA391485.jpg

日本酒で・・・

もっと海まで近ければね、ボウズでもあきらめて帰るんだけど
今回は手を変え仕掛けを変えて豊饒な海の恵みの恩恵を受けることが出来ました。
渓流釣りだと場所を変えるくらいでこうは行かないのです。

それよりも、みんなでわいわい言いながら釣りをする、これが一番面白い。
渓流釣りだとどうしてもしゃべることより釣るほうに集中してしまいますが
竿を並べて釣るとバカな話をしながら釣りができる。
これがなんだかとても「遊んだ!」という気持ちになります。

次はいつ行こうかなぁ・・・

サヨリのエサはアミエビ、例えばさゆり、さおりのエサはなんだろう?
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
上越の某T氏は、例として、自分の松茸が一番では・・・と(笑)




ダイソーエギをヨーズリタコやん風に改造するのだ

上州屋へ買い物に。
今まで使っていたよつあみのラインは柔らかすぎてガイドに絡むので
新しいラインが欲しかったのです。
購入したのは以前から気になっていたシマノパワープロ。

CA391467.jpg

なんといっても安い、そして腰があるので使いやすそうだな、と。
もうひとつ、気になっていたもの、ヨーズリタコやん
これがあったら買って試してみようと思っていたのですが、売り切れていました。
オーナーのタコスピンも・・・

明石海峡でイカの外道としてエギで釣れたタコを食べて以来、
海へ行くたびに毎回タコを釣りたいと思っているのですが、
一度タコジグに掛かっただけでなかなか釣れないのです。

じゃ、作ろうか、と。

CA391462.jpg

ダイソーの3号エギ、100円。
これの錘をむしりとります。

CA391463.jpg

カッターで綺麗に整形、その一番前側にドリル、ピンバイスで穴を明けます。

CA391464.jpg

今回はピンバイスで・・・結構大変でした。
ちょっとの作業だけど電動ドリルを出したらよかった。

CA391465.jpg

ここにスイベルのリングをニッパで片方切ったものをエポキシで接着。
そして錘を太目のラインで結んでしまいます。

CA391466.jpg

はい、出来上がり。
本当は買って、本物を試したかった・・・
海の近くだと売ってるのでしょうか?
さて、早く寝ないと明日は3時起きだ!

わくわくして寝られなくなっている、ボクの今晩の気持ちを読める方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
イカ、タコ、メバル、ガシラ・・・
釣れるかなぁ?

 








ハバネロ・・・これは兵器だ!

今年も我が家の家庭菜園は楽しませてもらえました。
なす、トマト、ピーマン、などなど。
そんな中、思いつきで植えたハバネロ。
他の作物に比べ少し遅れて苗を買ってきて植えたのでようやく熟し始めました。



まずは一個。
小さなピーマンといったところです。
これはオレンジ色なのでかわいらしいですね。
熟すと黒くなる種類もあるそうですが、
黒い唐辛子は邪悪な雰囲気がぷんぷんします・・・

今回はにんにくと共にオイル漬けに。

CA391455.jpg

ネットで調べると手袋をして切らないと汁が指に付くだけで
その手が次の日まで痛いなど恐ろしいことを書いてあります。
ビニール袋で手を覆い、切ることに。

汁が付いたことを忘れトイレになど行った日には・・・
後のこと、医者に説明しなければならないことなど忘れ
勢いで救急車を呼んでしまいそうだ。

ゲホゲホ!
切ったことにより立ち上る香気だけでむせる・・・(笑)
かわいらしいオレンジ色にだまされてはいけません。
これは「兵器」だ。
このまま3週間、辛味をオイルに移してからいただくことにします。

状況を医者に説明するいわなたろうを想像した方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
鷹の爪を触った手でコンタクトレンズを入れて大変な目にあったことでしたらあります(笑)







まつたけたろうのマツタケ狩り

先日釣りに行ったときにおじさんに教えてもらった国有林内のマツタケの出る場所。
そのときはホンシメジを片手一杯採って来ましたが今回狙うのはそう、マツタケ。
その某国有林に日曜日の朝早くから向かいました。

おじさんと会った場所から300mの場所は先日見たので
今回向かうのはおじさんと会った場所から1km先の
林道から少し山に入った場所にあると思われる赤松林へ向かいます。
上を見ながら赤松林を探すとここら辺かな?という場所を発見しました。

CA391452.jpg

写真のような山へ入る道はあるけど通り越して、
何とか登れそうな場所からムリヤリ山の中へ。
人が行きにくい場所のほうがあるような気がしません?
そうして山へ入ってみるとこんな場所。

CA391451.jpg

写真では分かりにくいけど・・・かなりの急坂です。
こんな場所なのに歩いたあとの小道が出来ています。
ここだな、間違いない。

お、クリタケ。

CA391448.jpg

今日の目的はこれじゃないのと、まだ小さいのでパス。
今年はそれにしても雑キノコが少ないなぁ・・・
雨が降らないので山はカラカラ、
毒キノコすらないのです。

狙うマツタケを探し上へ下へ、登ったり降りたりしますが見つかりません。
今年はマツタケも不作って言っていたからなぁ・・・

落ち葉の掛かっている怪しそうな場所は手で探ったり、枝で払ってみたり。
プロは土の盛り上がりで分かるという・・・
わからんね、これは。
そろそろタイムリミット、山を降りながらある場所でふかふかした松の葉をどかすと・・・

CA391449.jpg

あった!

もちろん、行って探さない採ることは出来ませんが
今回に限ってはまさに運、偶然・・・そんな感じです。
採りたてはふわふわの産毛があり香りもそんなにしません。
少し時間がたつとあの香りがしてきますが、スーパーの中国産のマツタケのように
一歩間違えると臭いニオイってこともありません。

CA391453.jpg

もうちょっと大きかったらもっと嬉しかったけど、まあ、こんなもんでしょう。
先日のおじさんが持っていたのもこのくらいの大きさだったし。

あることが確認できれば今回の目的はほぼ達成、
後は雨、風などマツタケの生えるスイッチを待つだけです。
なんて思っていたら、降ってきたぞ!

いわなたろうはまた早起きをしなければいけなくなるなぁ、なんて思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
なお、このマツタケといわなたろうのマツタケについてはまったく関連ありません。



松本市四賀化石館

渓流禁漁になっていつまでも腑抜けていても
仕方がないので娘達とちょっとドライブ。
そう、解禁中にたくさん釣りに行かせてもらったので嫁さんの休日。

さて、どこへ行こうか。
昼ごはんは外食しなさい、との指令でとりあえず外出。
お店でラーメンを食べながら悩み、思いついたのは松本市四賀化石館。



リンク先のhajihaduさんが娘さんを連れて行き
化石をもらった、ということを思い出しました。
化石好きなボクとしては、行っておかないといけないだろう、と。
高速を使って諏訪から1時間、娘の昼寝にちょうどいい時間でした。

IMG_2999.jpg

メインはシガマッコウクジラの化石。
写真に写っているのはなんだっけな、今生きているクジラの骨格標本だそうな。

IMG_3000.jpg

フライフィッシャーとしては、ね。
センターテイル、1本抜いてもバレないかな?
う~ん、悪いことをするより買ったほうか確実か(笑)

IMG_3001.jpg

これも。
触れる位置にありますが触ってはいけません。
どうしても触りたい方はボクの不良在庫を
ボクが購入した金額に何割か乗せてお譲りします(笑)
これだけどこでも剥製を見かけると本当に絶滅危惧種なのか、悩みます。
2階にはパンダの剥製などもあり、なんだか怪しさ満点。
ここは本当に化石館なのか・・・?

これは嫌いではない(笑)

IMG_3004.jpg

丸々とした見事なイワナ、39cm。
でも、どこで、いつ釣ったのか詳しく書いておいて欲しいのです。
ボクが作るとき?絶対書きませんが(爆)

いただいたのは魚のうろこの化石。
ボクのコレクションに加えることにしました。

IMG_3009.jpg

アンモナイト、虫入りコハク、魚、恐竜の歯、三葉虫・・・
こういう施設に行くたびに買い足しているのですが、
今回は無料でいただきました。
子供連れ、各家族1個だそうですがうれしいですね。

芳名帳に娘さんのhajihaduさんの娘さんと思われるお名前を発見。
ウチの娘?もちろん書かせてきましたよ。

ところでもうすぐ10万ヒット。
何か、プレゼントとかイベントを企画したほうがいい?
賛成の方はクリック&コメントを。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!


いわなたろうの最終釣行はイワナ釣り

禁漁になってしまいましたね。
寂しいのはもちろんですが、これで少し落ち着くなぁ、なんて。
しかし禁漁直後の週末はまさに「腑抜け」(笑)

PAP_1434.jpg

最終日の夕方5時過ぎ、小雨。
カメラをナイトビジョンモードにして撮ったので
なんだか明るく見えますがもう真っ暗寸前(笑)
去年もこんな天気の中、最終日に釣りしたなぁ、と思い出します。
しかも同じ川でした。

PAP_1438.jpg

狭い川ですが、お気に入りの川。
時間のないときにちょっと釣るのにいい川なんです。

早速・・・

PAP_1440.jpg

20cmくらいのイワナですが、スレ掛かりかと思うほどの引き。
この1匹を釣って満足。
でも、もうちょっと、なんて。

PAP_1436.jpg

まともなサイズは最初の1匹だけで後は15cmくらい。

PAP_1437.jpg

すっかり暗いのでフライが良く見えませんでした。
でも派手な出方、とは言いませんが、モコッと水面に変化が出るのをみて
なんとか合わせることが出来ました。
前日のような水中でギラッとするだけ、だったら釣れなかったな。

20分、もう真っ暗。
この3匹で今年は終了です。
いわなたろうだもんね、シメくらいはイワナを釣っておかないとね。

あーあ、終わっちゃった。
これからはキノコ、わかさぎ釣り。
忙しいのは一緒か(笑)

まつたけたろうにしておけばきっとマツタケが・・・と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
実際はえのきたろうです(笑)






プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック