B!

ジムニー スターターリレー

ボクのジムニーは平成2年車。
あちこち痛んでいますが皆様ご存知の通りそれを直しながら乗っています。

CA390914.jpg

半年ほど前からリモコンエンジンスターターでエンジンが掛かりにくくなり、
(マニュアル車なのになぜ付いているの?と言う突っ込みはナシで・・・)
さらにここ2週間ほどキーをひねってもカチカチ、と言ってエンジンが掛かりにくくなりました。
バッテリーを交換することでここ数年この状況に対処してきましたが
JASOさんのこちらを参考にスターターセルにリレーをかますことにしました。

CA390913.jpg

色別に・・・
赤 ヒューズを入れてバッテリープラスに
青 スターターセルへ行っていた配線を外し延長してつなぐ
黄 スターターセルに(平型端子メス)
黒 アース

リレーは20A、ヒューズは10Aです。
基本、汎用コネクタの配線色は一緒だと思いますがちゃんと調べてから使ってくださいネ。

これでバッチリ、リモコンエンジンスターターが使えます。
夏場はあまり使わないんだけどネ。
実際、冬場は寒いから外でこういう作業したくないんですよ・・・

ところで、電工ペンチなのですが、ボクもはじめは
たくさんの端子の入ったセットの安いやつを使っていました。
これがかしめる時にちゃんと圧着してくれません。
いい工具、たとえばボクはマーベルの電工ペンチを使っているのですが、
安いものとは使い勝手がまるで違います。
配線関係をいじる方は是非。
ギボシ端子のメス側はバッテリープラスに近いほう、これも基本。

CA390915.jpg

最近アイドリングやちょっとだけアクセルを踏んでいるときに
ぼそぼそと失火するようになっていました。
ですのでデスビキャップとローターの清掃をついでに。

終わったあたりでちょうど雨。
終了としました。
急いで復旧し試運転、うんうん、ばっちり。

クリックでエンジンが掛かる、かもしれません。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

 


週末の嬉しいことと悲しい発見

我が家にもついに。。。



釣りに行くのが忙しく、いつ、何に使うの?といった感じではありますがipad2を導入。
ブログのアップなどは圧倒的にPCのほうが楽ではありますがこれはこれで面白い。
アプリしだい?これからちょこちょとこ遊んでいきたいと思っています。
これが嬉しいこと。

悲しい発見。
乾いたウェーディングシューズをしまおうか、と思ったら・・・
なんだこりゃ!

DSC01481.jpg

今年の解禁前に張り替えたばかり。
フェルト交換してからヒップウェーダーもあまり使わず、
もう1足のウェーディングシューズも1回しか使っていません。
3ヵ月半、公表22回、実際にはもうチョイ(笑)・・・釣りに行きすぎ?
うーん、前回張り替えたときの写真のほうがフェルト、残ってるぞ!

仕方がない。

DSC01483.jpg

これ以上履くととミッドソールが痛みそうなので
家族で竜王のラザウォークへ行ったついでにフェルト購入。
ついでじゃないって?
そんなことを思ったアナタは山梨の地理に詳しいのですね、クソッ!
遊亀公園の動物園に行く予定だったのに雨が降っちゃったのだ。

DSC01487.jpg

ここまでくれば8割がた終わったも同然、なのですが
前回自分で張ったときにちょっと接着剤を使いすぎちゃったみたい。
フェルトはがしに両方で30分強、慣れたせいか今回は早いなぁと思ったのですが、
接着剤をソールに大量に残してしまい熱で溶けた接着剤が
ランダムサンダーのペーパーにねっとりと絡み付いてしまいます。
古い接着剤をカッターで削り取るのに2時間(笑)
カッターで指を切ってしまったのはもちろん、手首やおかしな筋肉が痛い・・・

前回迷いに迷い、見送ったピンを今回は打つつもりです。
つま先とかかとは重点的に、後はちょっとだけ。
さて、接着だ。

アナタのクリックでいわなたろうのフェルトの減りが遅くなります。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!




チタンケトルのアチチ!対策

先日いつもお世話になっている
しろさぶろうさんのブログを見ていたときのこと。
いつもボクが使う6.3ftなんて短竿と違い
長~い竿を見事に操り本流を攻めまくるしろさぶろうさん、
チューブフライのフックの固定にシリコンチューブを使う、
なんて記事を読みました。

数年前にチタンケトルの取っ手に
シリコンチューブをかぶせると熱くなくていい、と
こちらの方のブログで見つけ、そのときにシリコンチューブを探しに
熱帯魚屋さん、ホームセンターなどを徘徊・・・
内径4mmのものはよく見つけるのですが2mm程度のものは皆無でした。
ちょっとしか使わないのに1ロットが多いんですよね。

そのまま忘れていたのですが、この記事を読みはた、と思い出し
すこしいただけません?とお願いすると2種類、快く送っていただきました。
しろさぶろうさん、ありがとうございます!

で、取り付ける前に耐熱チェック。

DSC01473.jpg

と言ってもライターであぶるだけ。
ケトルはストーブに乗せるのでちょっとでも熱に強いほうがいいのです。
左の白っぽいほうに決定です。



ユニフレームのチタンケトルの取っ手にこれをかぶせていくのですが・・・
まるで滑ってくれない!
せっけん水を塗り塗り、すべりをよくして、と思い入れますが途中で止まっちゃう。

しかしシリコンの感触。
舞の海の頭はこんな感じだったのか・・・
まあ、想像したものはちょっと違いますが(笑)

もう一度、今度はたっぷり。
シリコンチューブは布で持って滑らないように、と。
おお、入った!

DSC01479.jpg

軍手や手ぬぐいで持てばいいのですが、
こうしておくとちょっとだけ触る、などというときにも便利です。
副次的な効果として滑らなくなった取っ手が重なり鍋肌に近寄らず、
火にあぶられることもありません。

ここ、いつも熱くて持てないんです。

DSC01474.jpg

スノーピークのソロセット焚チタンの蓋のつまみにも。
ちょっとづつ、他のクッカー類にも付けて行こうかなと思っています。

やっぱり濡らさないと入らないよねぇ、と共感した方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!


ユニフレームのチタンケトルは廃盤、残念です・・・
  







銀毛のちパーマーク

休みにしてしまった月曜日、もちろん向かうは川!
10時頃から、雨が降り出す前にまずノボリ狙い。



いつもの入渓点からまずアップで。
釣りあがっていくと今日も浅瀬でバシャバシャと
ニゴイ様が戯れていらっしゃいます。
そんな場所を避けているんだけど、その奥に本命のノボリがいるんじゃないかとキャスト。
するとついニゴイの背びれにフッキング。

さらに間違いなくニゴイ、という魚がルアーをくわえるところの一部始終を目撃。
これはボクの判断でラインを緩めフッキングせずお帰りいただきました。
足場が高いから見えるんだよなぁ・・・
ギンギンの40cm近い魚もチェイスしますがルアーを触りません。

そうこうしている内にUターンポイント。
今度はルアーをガラッと変えダウンクロスで。

今年実績のある場所に差し掛かり、ウェーディングしながら下るとガツン!
場所が場所だけにヒットの瞬間に確信の1匹。

CA390921.jpg

パーマークも残る、小ぶりのノボリですが今年初の銀毛。
背中側は藤色に輝いています。
ですがこのサイズだとニゴイの背掛りのほうがドラグも鳴くし楽しい?なんて。
まあ、満足です、と言うか精神的にようやく落ち着いたような気がします。

昼ごはんをはさみ渓流へ。

CA390935.jpg

昼ごはんを食べ終わった頃から降り出した雨。
霧で煙る里山は柔らかい緑色。

CA390924.jpg

何度も書いていますがこの時期はボクが大好きな2週間。

CA390939.jpg

花も、緑も、匂いも。
ニセアカシアの匂いなんて大好き。

CA390932.jpg

クルマの屋根を叩く音雨がうるさいようだと期待できませんが
シトシトと降る雨でしたら魚の活性は上がる一方。

CA390925.jpg

突然の豪雨になってもすぐやめられるように里川へ。
水もちょっとしか増えていないし濁りもない。
さて、カッパを着て、と。

早速。 

CA390929.jpg

すばらしい。
渓のアマゴのサイズが今年は良いのもあり
先ほどのノボリとそう変わらないサイズ(笑)

CA390927.jpg

こんな魚ばかりでつ抜け。
出たけど掛けられなかった魚はその2倍(笑)
アマゴの語源を楽しく確認させられた一日となりました。

今年もようやく瀬のいいところに入り始めましたね。
肩や速い流れの合流点、流心脇。
いよいよ盛期です。


嫁さんに「○○川に行ってくるね」、と言うと
「じゃあ帰ってこないときは△△川へ行ったようです、って言っておくね」
と言われるいわなたろうでした(泣)
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
保険金はどうするんだろ・・・いらないのかなぁ。







雨上がり

日曜日。
午前中にクルマの気になっていた部分をいじり(後日アップします)
娘たちと遊んでもらっているうちに昼ごはん。
その後かなりの雨降り、昼寝・・・
と、釣り人とは遠い世界の一日を過ごしていました。

でも。。。
昼寝から起きたら道路も乾いている!
4時からちょっと、いつもの場所へ。

CA390916.jpg

濁りも入ってやはり増水しています。
気温もかなり下がった感じ。
でも糸をたらしておかないと魚は掛からないのだ!
と、早速ルアーをキャスト。
キャスト、キャスト・・・

一度だけモアン!と重くなりましたがウロコも付いてきません。
根だったかな、と思いつつ・・・
それ以外は異常なし。
明日、濁りが取れてからかな。

なんて、本当はブログをアップするつもりはありませんでした。
でも・・・

CA390917.jpg

自然の摂理の中で鳥が捕ったのでしたらいいのですが、
外道、この言葉はボクは嫌いなのですが、として釣れた魚を
こうしてリリースもせずに陸に捨ててしまう行為に頭にきています。

ニゴイでもアナタに彼らの生死を決める権利はありません。

キャッチアンドリリースについてはご挨拶のところに書いてある通りです。
日本には渓魚を釣って食べる文化があります。
それを否定しませんが、食べない魚、余分な魚はリリースしてください。

CA390919.jpg

夕日に癒され・・・
また明日から。

フライフィッシングはどうした?と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!








山菜採り

娘とお山へ山菜採りに行ってきました。

CA39 0909

コシアブラのある場所はこんな写真の中のような杉林の中。
ここは我が家からクルマで20分ほどの場所。
きのこを採ったり釣りをしたり。
一年中この山で遊んでいるなぁ・・・

CA3909 07

毎年ボクが採る木を巡回。
数本の木を回り今回はこのくらい採ってきました。

CA39 0911

てんぷら1回分。
その日にウチで食べられるだけ採る、
きのこもですがボクが心の中で決めているルールです。

200mほど上のコシアブラの木はまだ芽吹きが始まったばかりでした。
また来週も採りにいかないと。
釣りはしないといけない、山菜は採りに行かないといけない。。。

おまけ。

CA390 888

現在の蓼の海。
灌漑用の池の水を2年間も干しても下流の田んぼに
問題が出ないんだったら池なんて要らないんじゃないか?
な~んて。
ここは釣りが出来るので大事な池・・・

週末は山にいます。

山梨県のコピーのパクリじゃないか!と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
知らなかった方ももちろんクリック。




アブ カーディナル33のラインローラー、ベール調整

最近、と言うか例年この時期限定で夢中になるルアーフィッシング。
ダイワのイグニスやちょっと古いもののシマノのステラなど、
そこそこ新しく使いやすいと思われるリールも持っているのですが
使いたいリールはここ数年、カーディナル33です。
ボクの持っているのは'03カーディナル。
上州屋の福袋に入っていたものです。

平行巻きにした時の記事はこちら

そのときのベールの状況はこんな感じ。

DSC19597.jpg

ご他聞に漏れずすっかり垂れています・・・
平行巻きにしたためこのままでもトラブルはほとんど起きないのですが美しくない。
気になってはいたんですが、去年はそのままオフシーズンに。
ここ数回使ってみてやはり調整しようと思い立ちました。

ベールを外し、力技・・・
ラインローラーのほうをスプール上側に向け曲げていきます。
その後、ローラー側のベールの曲がっているところに力を込め、調整していきます。
何度もリールに仮組みしながら、ちょっとづつ曲げていきます。

DSC01466.jpg

で、こんな感じ。
メーカー側でこのくらいまで調整しておいて欲しいものです。
ボクとしては飾って置くのではなく使いたいのだから・・・

その後、回りにくかったラインローラーの調整。
このローターを外すときにブッシングが飛んでいってしまいました。
広いところで気をつけて外さないと・・・

ラインローラーも外してローラー軸をピカールで磨きます。
削りカスを洗浄し、オイルを数滴。



その後タコ糸をラインローラーに掛けラインローラーをまわします。

DSC01468.jpg

軽いテンションで回るようになればOK。
もう一度洗浄、オイルを垂らしてから
ラインローラーのナットにねじロックを塗って組み立て。
ねじロック、重要です!

さて、いつでも出撃可能です。
まあ、毎日出勤しているのですが(笑)
次は銀色のあいつを釣りたいなぁ・・・

  

黒い三連星だったらかっこいいのに、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
黒い追星しか釣れないんだもん・・・
銀色のアイツと言うことでシルバーアローがいいけど、
スズキ車に乗るボクとしては田嶋伸博を応援したい!


強烈な引き

今期2回目、2日連続のノボリ狙い。

CA390あ897

今日は完全武装、と言ってもいつも渓流で履いているウェーダーを
ちゃんと履いていただけですが・・・
ちょっと気がついたことがありまして、
それを試すにはウェーダーがどうしても必要になる。
でもヒップウェーダーで十分だったのでした。

さて、いつもの入渓点から入り上流へ行きますが無反応。
上の瀬ではバシャバシャとニゴイが・・・
どうかかかりませんように、とそこを外してキャストしますが・・・

CA390896_20110518202052.jpg

背びれへのスレ掛かり。
これがよく引く!
マジで50cm級の本命かと思いました。

その後、フックセットが甘くジャンプ時ばらした銀色×1

2回セットのトウィッチの1回目であたり、
そのまま2回目のトウィッチでラインが緩んだ瞬間に外れたヤツ×1

流心を横切らせているときにコツン!とあたったヤツ×1

ばらした魚は全部自分の中ではニゴイ。


しかしこうしてルアーの釣りをしていて思うのですが、
ルアーをなくすと実に痛い。。。
フライはお金がかかる、なんていわれますが
1個1500円のルアーを年間10個購入するとしてたとえば5年間。
7万5千円あればちょっとしたタイイングツールと
ハックル数枚とかなりまともなマテリアルを購入でき、それで10年以上は安泰です。

物足りなくなりいろいろ買い足したり買い換えたり・・・
それを「泥沼」と言いますが(笑)

どっぷり泥沼にはまっているかたはクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
まずボクがクリックしなきゃ・・・



今期初の遡上魚狙い

わかさぎ採卵用の網も取れ、いよいよノボリシーズン開幕。
先日の雨の増水もようやく落ち着いてきました。

CA390900.jpg

鮎放流のため毛ばり釣りのみ竿止め・・・うーん、恨めしい。
このひと月半、雨上がりにはフライロッドからルアーロッドへと持ち替えるのです。
フライロッドは上流や他の川に行って振ればいいのです。

CA390897.jpg

いつもどおり、葦の中の道をとおり川へ。
今年ももうちゃんと道が出来上がっている(笑)
好きねぇ、皆さん。

早速、小ぶりの魚が追ってくるのが見えます。
俄然やる気がアップします。

そして毎年実績のあるポイントでヒット!
ゴンゴンッと首を振られフックアウトしました・・・
魚体は銀色、間違いない、あいつだ。

その後もう一回チェイス。
うーん、なかなかいいじゃない。

道のなくなるあたりでUターン、
ルアーを交換し今度は同じ場所を釣りくだります。

ダウンクロスへキャスト。

そしてついに・・・

バシャバシャ!
弾ける水沫!

よし、フッキングもばっちり。
尾は下流、ちゃんと口にフッキングしているぞ!

ノボリの口は硬いからなぁ。
追い合わせ。

ネットネット、柄の長いリリースネットを準備、と。

ドラグがチリチリ泣きます。
ああ、そんなに引くな!
ラインは4ポンド、切れるなよ・・・

渓流の尺未満のヤマメ相手だとあっという間に寄せてしまうので
こんなことを考える時間もありません。




でもニゴイだったら、
え?ニゴイ!

CA390896.jpg

ああ、今年も君かぁ・・・
即リリース。

そしてさらに釣りくだり、手元に来るコツ、と言うアタリ。
華麗にフィッシュオン!

ん?小さい?
重いけどすっと寄ってくるぞ。
小型のニゴイ?
ニゴイだったらばれてくれないかぁ・・・
なんて、今回も想像が頭の中をめぐります。






でも。
なんだよ、フィッシュオン、って、魚じゃないじゃん!

CA390898.jpg

漫画みたいだ、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
ボクが釣れて一番驚いたのは「コウモリ」でした。






心の目

芽吹きの季節。

DSC01429.jpg

ボクはこの時期が一番好きなのです。

DSC01459.jpg

夏の目にしみるような緑や色とりどりの秋より
このぼんやりとした山の色が好き。
貴重な、二週間。

クルマで山の中の道を走るだけで気持ちがいいのだ。
こんなときはやはり川へ、なんて思うのは釣りをするボクらだけか・・・

先週の雨で諏訪湖周辺もかなりの雨が降りました。
通常この時期渇水となるので恵みの雨だぞ、コリャ・・・
な~んて思っていたら水位はどんどん上がりました。

日曜日の昼さがり、雨がやんで4日もたつのにいつもの3割増し。

DSC01449.jpg

水はピカピカ、入渓点付近では魚の反応もムチャクチャよかったのです。

DSC01425.jpg

20mほどの間に5匹ほどの反応がありますがなかなかフッキングしません。
ようやくかけたこの魚は瀬のいわゆる「アマゴポイント」から
5回も同じフライに出てようやくフッキング。
イワナか、お前は!なんてつい声をかけちゃった。

ここまでの出方でパターンをつかんだかな、と思いました。
でもここまで。
数匹追加しますが反応まで薄くなって来ました。

DSC01431.jpg

濁りもなくこんなに水がピカピカなのに走る魚も見えません。
水位も高いしニンフに換えたら、なんて思いましたが
ドライに反応があるのに漁師じゃないんだからニンフに変えてもなぁ、
なんて思いそのまま釣りあがってしまいました。
そのままドライでサイズを変えたりパターンを変えたりしますがいまいち。

一緒に釣りをしたことがある方はご存知かと思いますが、
ボクののエルクヘアーカディスは沈んでいることが多いのです。
「心の目」で合わせてる、なんてボクはいいかげんなことを言ってますが、
ティペットの先端を見て反転する魚を見てあわせたり、
手元にくるココッというあたりであわせたり。
フライが沈んでもいい場所だったらそのまま流し、からあわせ。
これでいい思いをしたことは数回どころの話ではありません。

沈む毛ばりの釣りあがり・・・
職漁師の釣り、テンカラと一緒だっ。
前言撤回です(笑)

イブニングでフライがまったく見えなくなる時間帯の釣りでも
フライがあるだろうな、と想像できる場所でライズしたらとりあえずあわせる、
最終的には音であわせる(爆)
クルマに戻る頃にはフレックスライトの明かりだけが頼り。
最近していないなぁ、そんな釣り・・・

閑話休題。

水面直下では反応がいい。
ここでふと気がつきました。
魚が瀬から走るのが見えない、ってことはドライに出る魚は瀬にいない?
フライを大きくし、しっかりフライを浮かせて
いわゆる「イワナポイント」にフライを落とすと・・・

DSC01437.jpg

気がついたのが4時半、そこから絶好調。
もっと早く気がつくべきでした。
増水して押しの強い流れに翻弄され、ふらふらと魚がでるからフッキングしないのでした。
ためしに、と思い計ってみた水温も9度、これも一因でしょうか。

帰り道、熊の爪あとポイントを見てみると

DSC01447.jpg

うーん、増えているじゃないか!

前回の記事が前振りのようだ、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
雄同士(だよね?)、決して値札に隠された部分が前振りなのではありません。
あえて言うなら「前張り」です(笑)


プーさん、そこはダメェ・・・

c984b202.jpg

悪いのは値札ではなく想像力、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

4連発だったのだ!

いわなたろう、若いなぁ・・・と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ




違~う!
このままではピンク記事になってしまう・・・
分かってたって?
そう、4連発になったのは釣り。

連休終わりの8日、待ちに待った(笑)嫁さん、子供が帰ってきたものの
やはり疲れているということで。。。
仕方がないので、そう、仕方がなく午前中だけ
先日当たりをつけておいたイワナがいそうだな、と思っていた川へ。

CA390871.jpg

いないはずはないんです。
水温11度、陽気もいいしドライフライな感じ。
でも釣っても釣っても反応がありません。

仕方がない、ビーズヘッド付きのMSCニンフをルースニング。
オオクマが、アカマダラが・・・なんて言って
上川の中流域で釣りをしていた自分がうそみたいなフライ(笑)

するとあっさりヒット。

CA390869.jpg

やっぱりね。
この日はこの川、探釣のつもりだったのでいることが分かればいいのです。
ガッツリ釣るのはまた後日、なんて思っていても反応があれば釣ってしまう(笑)
もう1匹釣って別の渓へ。

この川、お気に入りの川のひとつなんですが今年初めて。
他の川のアマゴのサイズがいいのでこの川はどうだろう、なんて思っていたんです。

さて、と思って入渓点に到着すると餌釣り師が準備をされていました。
「これから?」と聞くと「そう!」と悲しいお返事。
でも駐車スペース近くを釣ってコゴミを採るつもりだというので
「堰堤数基分上ってから入ります」というと
「そんなに上がらなくていいよ」と嬉しい答え。
では、と3基分ほど登ってから入渓しました。

早速・・・

CA390873.jpg

いいねぇ、アマゴは。

この渓は他の渓ほどは魚が大きくないみたい。
反応は悪くないんですが、やはり渇水気味のため
ストーキングしないと魚が走るのが見えます。

数匹釣って写真の脱渓点。

CA390877.jpg

ここで川が二股に分かれるのですが、いつもここで終了としています。
この先、いつか行こうと思っているんですが、下流があまりにも魅力的で・・・(笑)
やっぱり自転車作戦か?

ここで濃厚な獣の臭い!
下流側からの風、これはまずいぞ・・・
熊鈴はもちろんつけていますが、笛を吹き吹き川から上がります。
ピィピィ、チリンチリンさせながら帰ってきました。

CA390878.jpg

実際、いるんだよなぁ・・・
熊も人間に会いたい、なんて思っていないんですよね。
だから「人間がいますよ~!」と強くアピールしながら歩く。
遠くにいるのを見た、とか臭いだけ、足跡だけという気配を感じるくらいで十分。
そう、動物園以外では。

皆さんも気をつけてネ。

4連続、釣りだとしても若いなぁ、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!



上川情報

5月8日に鮎が放流されたそうです。
それに伴いフライフィッシングは
諏訪東部漁協管内の上川は鬼場橋まで竿止めとなりました。
もちろんその上流はフライフィッシングOK。
例年ですと宮川も一部竿止めとなります。

また、遡上するわかさぎを捕獲するための網が外れたのを確認しました。
去年からルアーは全面解禁、ノボリシーズン開幕ですネ。
この雨の濁りが薄くなる頃、チャンスですよ!
今年は試しにストリーマーで、と思っていたのに
ちょっとタイミングが悪かったなぁ。

しかしこの2日間、ちょっと降りすぎ・・・
写真はインターの取付け道路の橋。

CA390882.jpg

写真がなく寂しかったので追記しました。

あなたの1クリックでこの雨の水が少しだけ早く引きます。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

芽吹きの谷へ

宣言どおり、このGWはほぼ毎日釣り。

しかーし!
嫁さんたちが1日早く繰り上げて土曜日の晩、諏訪湖の縁の我が家に戻ってくるとのこと。
プチ独身、どうやらこの日が最後です。
嬉しいような悲しいような・・・

3日連続、行っちゃえ!



ようやく山間のこの渓も芽吹きが始まりました。
里は風が強かったのですが読みどおり谷間のこの川は微風、
時折青空がのぞくものの生暖かい曇り空と最高のコンディション。



水は冷たいんですが、魚の反応は上々。



林道の車止めには車が止まっていますがここから入らなかったのかな?
入渓点直後からまず1匹。
サイズはたいしたことないのですがこの日の調子がなんとなくこれで分かります。



前日、前々日のようなせこい所にも魚は入っていますが
いい場所にはそこそこのサイズの魚が入っています。
これは気持ちがいいぞ!

途中コゴミを発見。



晩のおかず用に巻きのしっかりしたものを少しいただきます。

コゴミのような地面から直接生えるような山菜は
採る場所を気をつけないと鹿のおトイレだったりします・・・
実際、去年採ったものには鹿の御小水の香りがするものが混じり、
袋の中のコゴミすべて食べられなくなったことが(泣)



おやつは隣のおばちゃんの手作りの草もち。
1つ残してもしものときのリザーブにしておこうと思っていたのに
あまりのおいしさに2つとも食べてしまいました。
うーん、意味ないじゃん。

本日の最大魚は8寸のこの魚。



今日はEHCには反応がいいんだけど
アダムスパラシュートにはまったく反応しませんでした。
試しに、と思ってアダムスを流したあとにEHCを流すとパシャッと出る。
ライズの釣りじゃないこととEHCへの反応がよかったので
ストマックは取りませんでしたがおそらく胃の中はカディスだらけなのでしょう。

最後、この淵だけやってやって終わり、と思っていたところで
小さいながらも1匹釣れ、この日は終了。
昼過ぎに家を出て5時前に脱渓、十分につ抜けでした。

今年はやはり魚たちのサイズが少しだけいい。
これは秋が楽しみですね。

谷間で釣りより谷間に挟まれたい方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!



釣りのち酒 時々タイイング

連休。

なんとボクはプチ独身なのです。
この静かな環境が寂しくもあり、嬉しくもあり・・・
嬉しさをパーセントで?公表では20%。
(ホントは80%くらい(笑)

何をするかって?
もちろん釣りなのだ!

IMG_2318.jpg

やはりこの写真がないと落ち着きません。
うーん、わかさぎ釣りのときのマンネリ写真と変わらんぞ、これじゃ・・・

IMG_2314.jpg

いつもの上川、ボクのお気に入りのライズポイントへ今回お迎えしたのは
上越のぴょん吉さんと近頃松本へ越したてぃこまさん

9時頃から入渓、下流堰堤付近を叩きあがりこの場所へ。
その堰堤下でもライズがあり否が応でも期待が膨らみます。

散発ではありますがライズしていました、最高!
しかしフライには出るもののなかなかフッキングせず、いたるところから
「あ!」、「ああ!」、「うわ!」
連休中にだいぶいじめられたのね。

それでも・・・

IMG_2316.jpg

メタボなニジマスちゃん。
その後アマゴを追加し昼ごはん。
なんだかんだ言って2時間近くこの場所にいました。

こんどは小規模な里川に。

CA390833.jpg

ここも反応はいいもののなかなかフックが口に刺さらない。
頭上の木や岸の葦にはばっちりフッキングするのになぁ(笑)
川の中の肥料袋、あれはなんでなのか知らないけどフッキング率100%だぞ!

CA390839.jpg

イワナのいそうな場所にいたアマゴ。
芽吹き始めたこの時期、もうちょっといい場所に入っていないとね。

盛りだくさんのこの日、3本目の川へ。

CA390842.jpg

山岳渓流っぽいけど道沿いのため、常に誰かが入っている川。
今日も何人目なのか・・・
ボクが好きな区間、いかにも竿抜けになりそうな竿を振りにくい場所に入渓しまず。
ここもピンスポットの巻き返しなどにアマゴが入っています。
うーん、結構スレている感じ、反応はいいけどフッキングしません。

CA390834.jpg

ボクの手?広げると30cmあるんです。
しかもフッキングすると飛んでくるほど、体を鍛えているんです・・・
な~んて昔もこのネタ、使ったなぁ(笑)
いい魚は写真を撮る前に逃げちゃった。

てぃこまさんにもヒット。

CA390841.jpg

他に岩魚含め数匹をここで釣り、本日終了。
てぃこまさんはタイムアップ。

そして隠れ家へ。

IMG_2328.jpg

ゆっくり飲みながら釣りのハナシ、いろんなハナシ・・・
帰らなくてもいい、というのは安心感がありお酒も進みます。
飲みながらタイイング、なんて思っていたらすっかり酔っちゃって・・・
この写真は朝、起きてから。

IMG_2335.jpg

マルトd31#12 スルーウィングダン。
テールとハックルはぴょん吉さん提供のクートです。
ストマックの内容に合わせて巻く、というのはボクの好きなパターンなのですが、
前日のライズしていた魚のストマック取り忘れちゃった。
だから、この日の「気分」のフライ。

数本巻いて昨日と同じライズポイントへ。

IMG_2337.jpg

おちょぼ口のニジマス。
フライへの反応は今日も良かった、反応は・・・
上流でウェットフライを流したり、瀬をたたきあがったり。
ウェットフライで1回あたりがあっただけでした。
ここでぴょん吉さんタイムアップ。

その後、入ったことのない区間へ行ったりしましたが5時まででこの魚を釣っただけ。

CA390844.jpg

釣り人が多かったためなのか、陽気のせいなのか分かりませんが
アマゴが岩のすぐ下流の小さな巻き返しに入っていたり
この時期、もっといい場所に入っていてくれないとねぇ。

でもこの釣りって魚がフライに出るだけでも楽しい、と思いません?
いや、負け惜しみじゃなく。
自分のフライに出てそれがフッキングしなくても、そして
人の釣っているのを見ていても流れているフライに予想した場所から魚がでる、
そんなのを見るだけでも楽しい釣りだな、と。
負け惜しみじゃないですよ。

30cmの手のひら・・・いわなたろうの人物像が想像できない方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
こんな感じです(笑)




祝!ライズ

このゴールデンウィーク、嫁さんは子供たちを連れ帰省。
ボク?この数日間、プチ独身♪
午前中洗濯、炊事を済ませ(笑)もちろん向かうは川・・・

CA390821.jpg

ボクの計画ではこのいつもの場所でウェットフライを流し支流へ移動、
なんて思ってライズポイントを通り過ぎようとしたらなんとライズを発見!
うーん、今年はライズが無いものと思っていたのに嬉しい誤算。
準備しながら眺めてみると安定してライズします。
これはもらった!

CA390824.jpg

数投目、シロハラコカゲロウスペントでまず1匹。
まだライズはいたるところで安定して続いています。
思えば今年、上川でこんな安定したライズは始めてです。
とりあえずストマックを取って、オオクマがあることを確認、すぐに瓶に。
オオクマを意識したCDCスペントやバックファイヤーダンで
数匹追加するもののなんだか見切られてしまいます。

ううむ・・・

それでも40分ほどで5匹。
上の瀬でウェットも流しますが反応がないので計画通り支流へ。

標高をあげるとまだ桜が満開でした。

CA390825.jpg

予定していた渓流渓流へ向かう途中、
いつもは葦が生えていて面倒くさそうなところが葦が焼かれ釣りやすそう。
では、と入ると2匹追加。

その後、予定していたところへ。

CA390828.jpg

入った途端に雨。
カッパを着ていつもの竿の振りにくそうなところへ入るとめちゃくちゃ反応がいい!
ライスしている魚をアダムス#14で。

CA390826.jpg

これはいいぞ、と釣りあがるとあっという間に4匹。
しかし上が開けて釣りやすそうなところへくるとフライへの出方が早い!
そのうちまったく反応もなくなってしまいました。
そりゃそうだ、連休初日だもの。
5時に納竿しました。

で、うちに帰ってきて上川のライズしていた魚からとった
ストマックの内容を液浸標本にしようとシャーレにあけてみると。。。

CA390829.jpg

ううむ、アカマダラカゲロウのダンばかり。
オオクマなんて2つだけ。
見切られるはずだ。
現地でシャーレに出してしっかり確認するんだった!

プチ独身がうらやましくてたまらない方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
ボクはこのGW、釣り三昧の予定です。


セントニック

久しぶりのショットバー。
ボクのお気に入りは諏訪の並木通りから少し中ほどに入った「パリテキサス」

CA390820.jpg

酔っ払っていたけど飲んだものは覚えているんだ。
なんていってもみんなプレミアムバーボン。
ジャックダニエル125周年記念ボトルを1杯、そしてベリーオールドセントニック。

CA390819.jpg

今回飲んだセントニックは確か56%だったか58%だったか・・・
と言うことは112°もしくは116°もあるバーボン。
お店のマスターにどこかで見つけたら即買いですよ、と言われた名品。
こんなお酒もたまには、ネ。

桝で酒を飲むより鱒や鮭を釣りたい方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック