B!

ボクの右手

古い15尺の渓流竿を持つ右手だけどんどん太くなっているような気がします。
ううむ、こんな経験、アレを毎日していた高校生の頃以来か・・・

CA390503.jpg

いつもの場所でいつものように。
娘を散歩に連れて行った後、2時頃からのわかさぎ釣り。
今回違うのは14本針にしたこと。
といっても特売品の3枚299円の仕掛けを2連結しただけ。
余計なトラブルを避けるためスイベルを外して結びました。

やはり、というか想像はしていましたが特に群れが回ってきた時の掛かる数が倍増、
とまでは行きませんが1.5倍くらいは掛かります。
10匹ほど付いて、しかも風が吹くと本当に竿が重くて持ち上がりません。

CA3905015.jpg

これで7匹。
十分重いです。
14本針にして分かったのですが、上の方にしか付かない時、
下の方にしか付かない時と時間によってまったく違うこと。
魚がうわずっているときは上の方の仕掛けにしか付きません。
そんな時にはもちろん上の仕掛けにに3~4匹掛かるので
釣果に違いが出るのは当たり前のことでした。
周りの常連さんたちの仕掛けを見てもっと早く気が付くべきだった・・・

CA390506.jpg

いつものはかりは500gまで、違うはかりを出してきました。
昼過ぎから夕方まででこの釣果、出来過ぎでしょう。
うーんさすがに釣果としては満足。
さすがにこの量をてんぷら、から揚げにするとお腹のお肉に心配なので甘露煮に。

CA390508.jpg

前回は醤油が多くしょっぱかったのですが
今回試した醤油0.7、酒1、みりん1、砂糖0.3の割合でちょうどいいみたい。
今度は塩分が心配?
いやいや、数日に分けて食べます。
しばらく我が家の食卓をにぎわしてくれることでしょう。

テニス部って右手だけ太くなるんだよね、と思った方クリック。
かつてのテニス少年のわかさぎたろうでした。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ

Everybody Tight Lines !



釣りばかりしているわけではないのだ

いつもの延べ竿写真を打開すべく。

IMG_1309.jpg

カメラをぶら下げ諏訪湖へ娘二人と散歩。
湖面を吹き抜ける風がすっかり冷たくなってきました。
もう木々の葉っぱがすっかり落ちました。

IMG_1318.jpg

そのまま石彫公園へ。
遊覧船2隻の向こうに間欠泉の湯気が見えました。
昔はこの写真のあたりに池が、そしてその向こうには林が。
そのまだ昔には水族館、そして動物園がありました。
鯉や亀、孔雀にサルなんかがいたと思うんだけど、忘れちゃった。

IMG_1320.jpg

D51のあることろまで歩いてきました。
上諏訪駅からここまでSLを運ぶため街中に線路を敷いた、ということです。
諏訪のSLは動態保存されている京都の梅小路のなまめかしい鉄の迫力とは違い、
なんとも物悲しい雰囲気があります。

いずれにしても諏訪湖か、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !

代わり映えしない写真たち

こういう構成を続けることを犬の卒倒と言います・・・



そう、ワンパターン。
川と違って変化を出しにくいんですよね。
ただ、ちょっと違うのが分かります?
そう、今回は浮き釣りを試してみました。
わかんないよね・・・

ほぼ無風の暖かな今日、相変わらずの諏訪湖の岸からのわかさぎ釣り。
でも今回、いつもと違うのはとなりにてぃこまさんがいたこと。
彼も年券をゲットしやる気満々です。
1時半ころより軽くおしゃべりしながら釣り始めると
群れがちょうど回ってきたころのようで鈴なりになります。

CA390498_20101127220006.jpg

群れさえ岸に近づけばこっちのもの、
あっという間にバッカンの底が見えなくなりました。

CA390499.jpg

竿がわかさぎのうろこで光っています。そろそろ洗わないといけないなぁ。

3時頃、てぃこまさんタイムアップ。
どうせ釣れるだろうと今まで釣った分をてぃこまさんに差し上げお別れ。
しかしなんという偶然でしょう!
てぃこまさんがいなくなるとともにぴたりとアタリが止まります(泣)

夕方、4時のオルゴールが鳴る頃、ようやく群れが岸に寄って来ました。
ノボリ予備軍のサツキマスに追われるのか
バスに追われているのかいたるところでナブラがたちます。
それでもいつもの釣れ方に比べたら圧倒的に少ない。
わかさぎが虫を追うライズが見えますが、ちょっと遠いんだよなぁ。
3時前の群れの回ってきた時のほうがマヅメ時より釣れる、とはちょっと悲しいじゃないか!
暗くなってきたためいつもどおりあと5匹、と思ってから15匹ほど釣って終了。

CA390500.jpg

もう少し釣果を伸ばすにはやはり10本以上の仕掛けと
それを遠くに入れる長い竿、とは分かっているんですが、
いまさらわかさぎ釣り用に6m以上の竿を買うのもちょっと、ねぇ。

今日は南蛮漬けに。

CA390502.jpg

夕飯を食べ、風呂へ入って目をつむるとピクピクと動く浮きの幻影が(笑)
今も試しにつむってみると拡大された浮きがピクピク動きます。
ああ、もうボクは釣り中毒患者なのかも知れません。
昔、テトリスをやりすぎた時にも同じようにブロックがまぶたに浮かんだなぁ・・・

幻が見える方、バナーをクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !

今日も今日とて

わかさぎを。
強風、そして日が差さないため寒い!
椅子に座ってのんびり釣ろうと思っていたのに・・・



今日も娘を誘ってみたのですが、「指を怪我しているので行かな~い」と、つれない答え。
しかし、ボクは心でニコニコしながら出かけてしまいました。
仕掛け解きがなくなり、釣りに集中できるなぁ、なんて。
今回、やわらかいだろうと古い鯉用の16尺の竿を使ってみましたが、
さすがに置き竿にする竿なので重たく、片手では扱いにくかったです。
やはり渓流竿か。


2時ころ到着、釣り始めて1時間ほどはこんな感じ

CA390491_20101123203943.jpg

どうもねぇ・・・
竿を置いてポケットに手を突っ込んだりして。
ボクのジャケットのポケット周りはきっと猫に襲われるぞ。
それより最近、車がなんだかわかさぎクサイ(泣)

3時半ころより釣れ始め、ようやく鈴なり。

CA390493.jpg

見難いけど5匹。
こうなると想像して釣れなくても夕方まで寒い中、つい耐えてしまいます。
寒かったら帰ればイイのにねぇ。
それにしても寒いのはやはり指先。
風があると濡れた指先が冷たくなっていきます。
右手には指なしの手袋をしますが、釣れ始めると針が手袋に刺さったりと
トラブルが多くなるのと「わかさぎ汁」でぬるぬるになるため外してしまいます。
夕方、暗くなるころからだんだん指先の感覚がなくなりはじめ、針外しがキツイ。
もっと手返しよくしたらもうちょっと釣ることができるんだろうけどナ。

あと1匹、と思ってから5匹ほど(笑)釣って、
そろそろ本当にあと1匹・・・と思ってからがまったく釣れない。
そうこうしている内にあたりは真っ暗、仕方なく終了としました。

CA390494.jpg

CA390495.jpg

荒天の日の方が釣れる、と言うことですが寒かっただけにもうちょっと釣りたかったです。
でもバッカンの底が見えなくなっていればボク的には満足。
500g以上あると4人家族の我が家では1日で消費できません。
理想はその日に自分たちで食べる分をその日に釣る、です。
でも、ですよ、釣り人ですもん、もっと、たくさん釣りたいってのが本音。
だから理想ですぞ!
そろそろちょうど良い量だからやめよう、なんて釣れてる時に考えることなんてできませんよね。
今日は誘いがてら軽くあわせを兼ねて2~3回しゃくると鈴なり、というパターンでした。

日曜日はてんぷらにしましたので、今日はから揚げに。

CA390496.jpg

水をちゃんと切らずに粉をまぶしたのでダマが・・・(笑)
揚げた小エビのような色になってしまった(爆)
しかし釣りたて、揚げたてのわかさぎはどうやって食っても旨い!のです。

ああ、次はいつ行こう。。。

わかさぎ臭い車、イカ臭い車よりマシだと思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Everybody Tight Lines !


子守フィッシング

年券も購入したことだし諏訪湖へ・・・
今日は暖かく微風と言う湖で過ごすには絶好の日和でした。

PA0_00317.jpg

ゆっくりめの朝ごはんを食べ、ぐずぐずと準備して10時ころの出発。
最近のお気に入りの場所へ着くと暖かく、微風でした。
もっと寒くて、北風が吹くような日のほうが釣れるんだけど
子供がいるとこのくらいのほうが楽ですネ。

とりあえず釣りをはじめてみますがさっぱり釣れない(笑)

PA0_00138.jpg

娘の仕掛けもセットしてあげてブルーギルの子供と遊ばせておくとこれが結構釣れる。
ボクが釣りをするためのちょうどいい遊び相手でした。

まったく釣れない時間を過ごして食事に行き、もう一度同じ場所へ。
戻ったころからようやくぼちぼち釣れ始め、太陽が山に隠れるころから爆釣タイムに入りました。
(12月1日よりワカサギ釣りのできる時間が7:00~15:30となります)
しかしそんな釣れている時に娘は仕掛けが絡んだ、針が服に刺さったと大騒ぎ。
そのたびにボクは手を止め娘の面倒を見てやらないといけません。
何度も、何度も仕掛けを解いている時間、長く感じたなぁ。
ワカサギを釣りなョ、といってもブルーギルを釣りたいと言うし・・・

PA0_0036.jpg

で、今回はこのくらい。
2年魚など大き目のワカサギが前回より少し多く混じりました。

油を使う料理に良く合うワカサギ、
いわなたろうの腹囲がまた増えそうだ、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !

わかさぎたろう

ツイッターでどうしような悩んでいるなんてつぶやきましたが、
1時間ほどのちょい釣りで釣り券の心配をしたくないので結局買ってしまいました。
諏訪湖漁協の年券。



買った日から1年間の有効期限ではなく、
来年3月31日までと言うことが悩んだ一番の理由。
いまさらもったいないような気がしてしまって・・・
でも、ですよ、管理釣り場1回分で何十回も釣りにいけると思えば、ネ。
なんと言っても諏訪湖はどの管釣り、いやどの渓流より近い(笑)

しかし近くのスーパーでワカサギの値段を見てきたら100g80円ほど・・・
6キロほど釣らないと元が取れない計算となります(笑)

毎年思っていることなんですが、今年こそ何とか氷の上で穴釣りをしたい!
この竿も無駄にならないように。。。
松原湖あたりに氷が張るまでの間は諏訪湖の岸から。
今年のオフシーズンの釣りはワカサギにアツくなってしまいそうです。
とにかく明日、娘を連れて行ってこようかな。

釣りに行く予定の前日は寝られなくなる方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !

冬の花火

諏訪湖といえば花火。
でもそれは夏の話ですよね。
冬でも、たまに、何の前触れもなく5分ほど・・・


機種 : Canon EOS 7D
レンズ:EF50mm F1.8 II
露出時間 : 1/80秒
レンズF値 : F1.8
ISO感度 : 320

コンデジの写真と変わらない、なんて言わない(笑)

我が家2階から手持ちにて撮影。
下側に電線が写っていたりして・・・
花火をあげる、と分かっていればもっと絞って三脚でバルブ撮影をしてみたかったのですが
ドーン、と言う音が聞こえてから大急ぎでカメラを持って2階へ。

花火をみるとなんだかボクはなんだか物悲しい気持ちになります。
今でこそ諏訪湖の花火は8月になると毎日あがりますが、
昔は8月15日の花火大会しかありませんでした。
長野県の学校の夏休みは8月18日で終わりなのですが
花火大会が終わると楽しかった夏休みがもうすぐ終わってしまうと言う幼少の記憶からでしょうか・・・

冬は空気が澄んでいるせいか冬の花火は綺麗に見えます。
また来年の夏、増税しないことに決まった第3のビールを飲みながら
虫に刺されつつ「らしい」写真を撮りたいものです。

花火大会には甘酸っぱい思い出がある方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !

ワカサギリベンジ

昨日の晩、娘が熱を出し・・・
熱は下がった今朝、ボクが病院に連れて行くことになりました。
思うところがあり(笑)できるだけ早い時間に病院に行くと特に問題ない、とのこと。
ではでは、とその後は保育園に行っていただく事にして。

そうすると向かうは川!
ではなく渓魚が禁漁期の今は湖か・・・

10時頃、先日の場所へ到着しました。
さて、と思いおもむろに準備を始めると道糸がない!
しょうがないからウチへ一旦帰って持ってこよう、
と思いましたがそれでも、と車の中をごそごそ探すとあった!
1年半前のフナ釣りの仕掛け。

その道糸部分を取って仕掛けをセットししゃくり始めますがアタリがありません。
1時間ほど探ってみてダメと判断し場所移動、対岸の漁港へ。



到着し釣り始めると反応があります。
ぽつぽつと釣れますがどうもイマイチ・・・
周りの常連さんたちのバケツにはかなりワカサギが入っています。
時間だよね、きっと。

1時ころかな?群れが回ってきたようです。
そうこうしている内に周りの方の竿に次々とかかります。
しかしそこでボクは餌切れ!
そして釣っているボクも燃料切れ・・・
食事と餌を購入しに行くことにしました。

戻ってくると皆さん釣れていません。
たいしたことなかったのかな?と思っていたらとなりの方が
「兄さん、餌買いに行ってたのか?俺の分けてやったのに、すごい勢いで釣れたぞ」
と内緒にしておいてほしかった一言(泣)
「4時くらいにもう1度群れが回ってくる」
との言葉を信じ、待っていると・・・

来ました!

CA390481_20101117223503.jpg

また!

CA390482_20101117223503.jpg

一番良いときは7本針の6本がワカサギ、といった感じでした。
白鵬風に言うと「これがワカサギ釣りか・・・」といったところ。
1時間ほどで今日の釣果のほとんどを釣ることができました。
こんな小さい魚でも1匹かかればちゃんと重くなるんですよね。
6匹かかったときなんか重くてなかなかあがらない、なんていったらさすがに大げさですネ。

CA390483_20101117223503.jpg

今日の目標はバッカンの底をワカサギで見えなくすること、でしたが
大幅に目標をオーバーすることができました。

CA390485.jpg

1匹2gとしても130匹ほど、もう少しあるかな?
ウチの家族で1日で食べきる量としては十分。
なーんて言い訳でしょうか?
でもほかの湖の下手なドーム船に乗るより釣れますよ。

早速。

CA390488.jpg

南蛮漬けに。
豆アジも、南蛮漬けはボクの好物のひとつ。
酢と醤油、酒と水に砂糖と鷹の爪を入れて煮切り、冷やします。
そこへ揚がりたてのワカサギをジュッと入れると中まで味がしみこんで・・・
ああ、これをつまみにビール、何杯でもいけます。
1日竿を持っていたおかげで今でも箸を持つ手が小刻みにプルプルと震えていますが
酒飲んでも震えは止まらなかったので大丈夫(爆)

ボクの竿はメチャクチャ古いグラスの4.5mの硬めの渓流竿ですが、
常連さんのを見ていると6m前後で竿先が柔らかいものを使っている方が多く、
そういう方はやはり数も伸びていました。
実際ボクの竿のように硬いと弾いてしまっているのでしょうか、
アタリだけで竿を上げてみると何も付いていない、ということが多数ありました。
それとアタリが遠いときは紅サシの半切り、この辺がコツのようです。
食いが立っているときには1匹大きいまま付けておいてもバンバン釣れます。
動かし方はその日によって違うのでしょうが、
今日の良く釣れているときは遠めに投げて底を取って大きく一度誘ってもう一度底を取る、
そのまま竿先を動かさないようにしていると
鈴なり・・・ということが多かったです。

何か掴んだかも、と言う岸からのワカサギ釣りでした。
寒さ対策をしっかりしてワカサギ釣り、どうでしょうか?楽しいですよ!

今でも弾けるほど硬いぞ、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !

トイレボーヤ、旅に出る

上越のぴょん吉さんがトイレボーヤを連れて諏訪湖にやってきました。
巨大なツーシーターカー、ぴょん吉号の愛すべきマスコットのトイレボーヤ。
ぴょん吉さんボーヤを連れて先週は豊科へ、今週もまた長野県。
行動派ですネ。



ぴょん吉さんは別の用事で近くにいらっしゃるとのことなので
夜は隠れ家に泊まって一緒に飲みましょう、と。
てぃこまさんもお誘いしてフライまで巻いちゃおう。
こんなことが今年のオフのひそかな楽しみになってきました。
ボクとてぃこまさんは娘連れ、総勢5人。

買い物を済ませ、近くの日帰り温泉に入りに行ったらあたりはもう真っ暗。

IMG_1247.jpg

山の木はすっかり葉を落としシルエットだけになっていました。
寒い夜のメニューはキノコの醤油煮を使ったお鍋、
ぴょん吉さんのお土産のイカ一夜干し、我が家の梅干、
そして朝早くからてぃこまさんが調達に行ってくれた釣りたてワカサギのから揚げ。
ビールから始まりぴょん吉さんのお土産の日本酒に・・・

IMG_1258.jpg

千代の光。
口当たりがよく旨い酒は次から次へと湯呑みを乾かします。

IMG_1257.jpg

一人で一升瓶を開けるには毎晩飲んでも数日かかりますが
酒好きの3人が飲めば一晩かかりません。
諏訪の地酒とはやはり違う、地酒って面白いものです。
甘口とは言っても辛目の諏訪の地酒に比べて口当たりがよく、
気をつけないと一気に酔っ払ってしまいそうなお酒でした。

飲みながら、話しながら・・・

IMG_1259.jpg

酔いどれタイイング。
手元が怪しく、指先にフックを刺してしまったり(笑)
白いCDCを血で染めてしまった・・・
酔ってクオリティとしては低めのフライの生産をしてしまいましたが、いやぁ、楽しい!
時間を忘れ、朝4時まで遊んでしまいました。
いい週末だったな。

トイレボーヤ、自分の車にも乗せておこうかな、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !

常にオン!



ネット上からお借りした画像ですが、センスを感じます・・・

三浦騎手、競争馬だけでなくほしのあきまで乗りこなしたのか、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !

三浦騎手はもちろん騎乗・・・ゲフンゲフンッ

Spin spin spin!

ボクはフライボックスの中身はいつもスカスカ。
タイイングは嫌いじゃないんですよ、
でもいつも釣りに行く前日に叩き上がり用のフライを巻いたり、
イブニングライズを狙いに毎晩同じ川に通って入るときは
夕方帰ってきてから当日のハッチからインスピレーションを受けて巻いてみたり・・・

だから秋の夜長にシーズン中に巻かない、面倒くさいフライを巻くことにしました。

IMG_11917.jpg

TMC100#12に巻いたスパンボディのCDCカディス。
みっちりとディアヘアをスピンさせ、刈り込んでいます。
刈り込んだディアヘアが短くなったらかみそりの刃を当てたほうが綺麗に仕上がります。
コイツにドライシェイクをすり込んで使ったら浮くだろうなぁ・・・

渓流用の小さいマドラーミノーも。

IMG_11911.jpg

これも同じくTMC100#12に。
TMC100はシャンクがあまり長くないのでバランスが取りにくいのなんの。
でもあまり大きなフックに巻いてしまうといつも使う3番ロッドで投げることが出来ません。
使う機会はそれほどないと思いますが、フライボックスの片隅に入れておくと安心、かな。

IMG_1187.jpg

とりあえず3本づつ。
6本で2時間もかかってしまいました。
腹立たしいのはマドラーミノーなどはこんなに面倒くさいのに300円程度で売っていると言うこと。
そしてこの手のフライはゴミがたくさん出てしまいます。
刈った後のゴミでもう何本か巻けるぞ・・・

こうして自分の作ったフライを写真に撮ると
「ああ、あそこのハックルを2本切っておけば良かった!」
とか、
「あの部分の下処理をもう少ししておけば・・・」
などつい思ってしまいます。
実物を見ていると「お、なかなかジャン」なんて思うのですが写真だとまだまだ・・・

そして、もっと寄れるレンズが欲しいぞ!

フライフィッシングの話題、久しぶりだな、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !

諏訪湖 冬の風物詩

釣れなかった海釣り以来、久しぶりの釣りに行って来ました。

冬の風物詩、ワカサギを釣りに諏訪湖へ。
今回もてぃこまさん、そして彼の会社の後輩とご一緒させていただきました。

ボクは朝からお酒を飲む気満々、歩いて現地に向かいます。



諏訪湖の遊歩道、気分良く歩けるので大好き。
子供を連れて散歩にも行く道。
朝もやの中、ナナカマドの紅葉を見ながら集合場所へ向かいました。

CA390464.jpg

到着そうそう日本酒の熱燗、そしてモツ鍋。
火遊びを始めてしまい、なかなか動けない状況となってしまいました。
それより酒で尻に根が生えてしまい・・・
まあ、竿を出した時点で目的の半分は達成、
あとの1/4はしゃべったり飲んだり、ストーブで火を見て遊んだり・・・
残りの1/4が釣果、といった感じ、負け惜しみじゃなく(笑)

まるで釣れないまま2時間。
偵察に行ってくれたてぃこまさんの後輩の情報でようやく移動。

CA390467.jpg

そこであっさりと1匹。
今までの時間は何だったんだ!の図。

CA390466.jpg

そこからはあたりは遠いもののだんだん釣れ始め、昼までで3人でようやくこの位釣れました。

CA390469_20101106173611.jpg

う~ん、貧果(泣)
前日までは調子が良かったんだ、と言う常連さんの話を聞き
週末釣行の難しさを噛み締めました。
実際、天候の荒れた日のほうワカサギが岸に寄り釣れるようです。
場所によってもアタリの数がまったく違うのでこまめに動いたほうがいいようです。

でもでも実際のところ、暖かく気持ちのいい日に竿を出せるだけで幸せなのです。
寒い日に震えながら釣りをする、これは一種の修行(笑)

真水で洗い、てぃこまさんがその場でから揚げにしてくれました。

CA390472_20101106173611.jpg

景色が最高の調味料です。
熱々をおいしく戴きました。
おととし乗ったドーム船は確かに一人で今回の数倍釣ることができます。
でも、現地でから揚げを食べる、こんなことができるのはおかっぱりならでは。
この味、暖かい陽気についビールが飲みたくなったのは言うまでもありません。

小さい魚を釣ると釣りキチ三平の葦の竿の話を思い出します。
ワカサギを含め小さい魚は小さいなりに繊細で楽しい釣りになりますネ。

ポチッとしていただくと次回は寒空での修行、しかしながら釣果に恵まれることになります。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !

今年最後の大物

そろそろ今年最後かなぁ、と思いながらいつものお山へ。
そう、キノコ採り。
日曜日の晩から月曜日にかけてかなりの量の雨が降ったので
それに刺激されて最後のキノコが出てるかなぁ、なんて。

CA390461.jpg

お、あった、まずはジコウボウ。
このキノコは9月はじめから場所を移しながら今ころまで採れます。
今年はいつもより遅くまであるような気がしますが・・・
でもシーズン末期、もう両手のひら一杯分を見つけるので精一杯。
でもこの時期は虫なんてまったくキノコに入らず、小さいながらもしっかりとしたキノコばかり。

そしてクリタケ。

CA390460_20101104102900.jpg

このキノコを醤油の澄まし汁にしたくてお山へ行きました。
このサイズの株が5個。
到着して30分くらいですが十分の収穫となりさて、帰ろうかと山を降り始めると
松の根元に大物がいました。

CA390459.jpg

一抱えもあるハナビラタケの老菌。
ああ、もう少し早く見つけたかった!
今シーズン何度も通っているところなのに見落としているとは・・・
先っぽがちょっとカビ初めていて少し遅い雰囲気を全身から出しまくっています。
貴重なキノコだけにしばし悩む。。。
でもちょっと大きくなりすぎ無理だ、残念!
場所をしっかり覚え、来年のために置いてくることにしました。

これで今年のキノコ狩りは最後、
きっと、たぶん。

キノコ、花びら・・・
なにやらスラングのようだ、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !

塩辛

先日、嫁さんからの電話。
夕飯何がいい?と聞かれ、なんでもいいよ、
と答えたらいろいろと買ってきてくれた物の中にイカが丸ごと1杯。
これを捌いて、と言われ刺身に。
ゲソは・・・そうだ、ワタと塩辛にしよう。

刺身の残りとゲソは日本酒に漬けて数時間冷蔵庫に、
その後キッチンペーパーでしっかり拭いてから風にあて軽く乾かしておきます。
ワタ袋は綺麗にしてから見えなくなるくらいまで塩をふりかけて同じく冷蔵庫へ、そのまま一晩。
これで生臭みが抜けます。この塩は洗ってしまいます。

ワタを袋から出し、イカとあわせボールへ。



塩は適当に味を見ながら。
ゲソと胴では塩の入り方が違います。
胴のほうが塩が入りやすく、同じ塩の量でも塩辛くなります。
今回、大さじ1杯くらい入れたらちょっと塩辛いくらいですが
酒の肴やご飯に乗せて食べるには問題ありません。
1日1回かき混ぜて空気に触れさせ、3日目くらいから食べごろです。
市販のものよりワタの味が濃厚で旨い塩辛になりますよ。

水分をしっかり抜くことが臭みのない、濃い味の塩辛を作るコツです。
ああ、ビールが旨い!

週末のたびに雨、降るなよと思った方はクリック。
実は昨日、日曜日も御柱でした。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !



プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック