B!

釣りの後の食事って?

釣りで心地よいからだの疲れを感じているとき、食べたくなるもの。
「ラーメン」
こんなときはこってりとした味の物が最高。
キツイ登山から帰った後にもラーメンが食べたくなります。
で、金曜日の新潟に行った帰りに寄ったのが松本の「麺家 いわい」

CA390279.jpg

ここ1年ほど来ていませんでしたが食事時に松本を通ったので
混んでいる19号線を通り食べに行くことにしました。

ああ、腹回りに付くだけだ、というのにふた玉の大盛り・・・



モチモチした太目のまっすぐな麺。
白いスープに油を吸ったノリ。
忘れてはいけないチャーシューにほうれん草。
これを一気に、一気に口の中へ。
途中、コショウを、そしてにんにくを投入。
水を一口飲んでスープに馴れた舌を洗う。
先が見えてきたらおろししょうがをいれ、その後酢を入れ完食。

ところで皆さん、胃腸は強いほうですか?
ボクは弱くて、この手のラーメンを食べた後、必ずおなかを壊します。
油が体質に合わないのか、とんこつや鶏がらが向いていないのか・・・
次の日の昼過ぎまでトイレを出たり入ったり。
調子に乗って辛~い唐辛子を入れて食べたりしたらもう、それは悲惨なことに・・・
火事です(笑)

ふた玉、別の意味で男のラーメンだな、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !

ぬえの住む川へ

ご存知、ぴょん吉さんに案内していただき「ぬえの住む川」へ行ってきました。

金曜日ですが予定通り、おなかが痛くなりお休み(笑)
前日の晩、11時ころに寝ましたが1時、2時半、3時半と起きて時計を確認・・・
まさに遠足前のお子ちゃまのいわなたろうです。

結局4時半に目覚ましなしで起きて朝、5時に出発しました



道路は濡れていますがきれいな朝焼け。
釣り始めるころには雨が上がるといいなぁ、などと考えながら一路北へ。
空いている道を快調に飛ばし、2時間強で待ち合わせ場所へ到着。
一部高速を使ったとは言えこの時間で付くんだったら遠征のうちに入りませんね。
うちから似たような渓相の三峰川まで行くのも時間的にはそう変わりません。

夢にまで出そうだったこの時期、アブが守る、ぬえの出る川へ。

CA390271.jpg

この開放感!
この透明度!
我が家の近くにはないタイプの川です。

日ごろの行いがいい二人、このころには雨は止み、曇り空に。
広々としていて気持ちよくキャスティングができました。
いつも6.6ftなどを使っているので本当にスカッとラインを飛ばせます。
出して10mだけど(笑)
それだけでもう満足!
なんていってないでちゃんと釣りをします。

CA390272.jpg

が・・・

9時少し前に入渓し2時間ほどで5発も出て1バラシのみ、キャッチできず。
そうこうしている内に木の葉、枝まで流れてきてその後、絶望的な濁りが入りました。

CA390273.jpg

濁りとともに大幅に増水。
発電所の放流か、それとも上流に大雨が突然降ったのか・・・
ぬえの出る川にはリベンジを誓い、
危ないし魚の反応もないので別の川へ案内していただくことになりました。

CA390276.jpg

この川もすばらしい渓相。
いやぁ、新潟いいなぁ!
入渓後すぐに魚の反応。

CA390274.jpg

今度はバッチリ!
写真がバッチリじゃありませんが(泣)
この後もう1匹フライに出ますがあわせ抜け。
いまさらながらの反省ですが、イワナにはちょっとあわせのタイミングが早かったようです。

こんな岩盤を超え

CA390275.jpg

上流へ向かいますがいまいち反応がよろしくありません。
水が少ないとのこと、戻って下流へ。

CA390277.jpg

入渓してすぐに雨がぱらぱらと降り始めました。
そのタイミングで釣った魚。

CA390278_20100730221837.jpg

アマゴっぽい場所で釣れたので手元までアマゴだと思っていました。
頭まで模様が入っているイワナは地元の放流のない川では釣れません。
こうした個性のある魚を釣るのも地元から離れる楽しみですね。

3時ころに終了、温泉へ向かいました。
露天風呂に浸かっているとヒグラシの鳴き声、
向こうに見える山には風にそよぐ青竹・・・
なんて気持ちがいいんだろう!

ぴょん吉さんには本当にお世話になりました。
釣果は2匹のみでしたが満足の1日。
すばらしい日をすごせました。

ぴょん吉さんは右手でアレを握れなくなってしまいました。
アレって?と思った方はリンク先「渓で会いましょう」をクリック。
アレの正体がわかった方はにほんブログ村バナーをクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !

夕立が来ないので釣りへ

毎日、町を冷やしてくれる夕立を待っていますが
梅雨明けしてまだ1日しか降っていません。
しかもその夕立も降った後に後にお日様がでるという悲しさ。
とはいえそこは「さわやか信州」。
朝晩は涼しいですし、湿度が下がって昼間も過ごしやすくなってきました。

今日も夕立が来なかったのでちょっと釣りに。

CA390269_20100729001821.jpg

さすがに夕方、渓は涼しいのでウェットウェーディングというわけにはいきません。
ヒップウェーダーで川に下りました。

まだ少し水多めです。
さすがに水深が1mもあるような場所を渡渉することはないので
ヒップウェーダーでも問題ありませんでした。

駐車スペースから入渓すぐ、反応がありましたがあわせられす。
その後、20cm弱の魚が背掛かり。
スレ掛かりだと小さくてもよく引くんですよね。

そして完璧なタイミングでアマゴが。

CA390268_20100729001821.jpg

うーん、気持ちがいい。
今日もいつもは夏の釣り上がりではとらないストマックを取ってみました。
さすがに出てくるのはたくさんの黒。
マダラカゲロウらしきものが1匹入っているだけでした

以前、佐藤成史さんのブログだったと思うんですが、
『釣り上げた直後は魚は酸欠になっている。
だから写真を撮る前に一度水につけると本来の体色が戻る』
というような事が書かれていました。
今回フックをはずした後、水にアマゴを入れ、水を吸わせると
グゥッとあめ色になっていきました。
写真ではわからないですが、なかなか面白い試みでした。

クリックしていただくと皆さんが釣りに行く週末に水量がちょうどよくなります。(当社比)
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !

ブルースクリーン

先日の晩のこと。
PCを開いたらなんとブルースクリーン!



前日、バッテリ駆動で寝落ちしたのがいけなかったか?
ボクのPC、以前にもブルースクリーンになったことがあって、
その時は再起動で問題なく立ち上がりました。
今回はセーブモードにもならずあっさりと画面が青くなってしまいます。
うーん、これは重症だ・・・

リカバリディスクを作っていれば簡単に直ったのに、と思っても後の祭り。
帰省中の嫁ちゃんのPCでいろいろ調べてみると
マスタブートレコードを書き換えると直る、かも・・・

うーん、しかし困った。
とりあえずCDブートのKnoppixを作ってCドライブのデータを救助。

PA0_0029.jpg

メールアドレスの最新、ウェブブラウザのお気に入りは救助不可(泣)
でもこれが使えたことでウィンドウズがブートできないのが確かなことがわかりました。
とにかく回復コンソールを使えるようにしないと。
緊急ブートCD-Rを作り、コマンドプロンプトを使えるようにして何とか「FIXMBR」と入力!
何とかウィンドウズを再インストールできました。

PA0_0031_20100727204950.jpg

その後ウィンドウズアップデートを行ってから
すぐにリカバリディスクを作成したのはいうまでもありません。
同じ状況だったらやり方もわかったし今回の方法でリカバリしたほうが楽かな(笑)
ボクのようにリカバリディスク作っていない方、早く作ったほうが良いですよ~!

青い画面より青い空がいい、と思った方はクリック!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !

ボウズ逃れ

友人を川へ案内すると釣れない・・・
こんなジンクスを吹き飛ばすためてぃこまさんと
じゃぶじゃぶウェットウェーディングで夏の渓に。

10時過ぎに待ち合わせ、お気に入りの川に。
ウェットウェーディング用のソックスを片方忘れた!
と思ったらバックの底に入っていて、今日はもうこれで気持ちのいい釣りができることが決定。
助かったぁ!
ソックスと靴を履いたらもう川に浸かりたくて仕方がない。
すでに気温は高原のここでも30度近いのでしょう。



1000m付近の高原の空はどこまでも青く。
こんな日は川に浸かっているだけで気持ちいいのだ。
と言う言い訳(笑)

CA390257.jpg

じゃぶじゃぶのてぃこまさん。
まだまだ水は多めです。

入渓してしばらく、そこそこのサイズがフライに出ますが乗らず。
その後チビッ子もでて、やる気のある魚がいることはわかりました。
これでボクのやる気もUP!
しかしその後はまったく・・・
支流を溯り、イワナを狙いますが、まったく反応なし。。。
どうなっちゃったの?

木陰で昼ごはんを食べ、もう一度本流へ。
さて、そろそろタイムアップ、と言うところでヒット!
乗らず、その後もう1匹でますがこれもバラシ。

その直後ようやく・・・

CA390259.jpg

ぽってりとした貴重な1匹。

CA390260.jpg

不調の原因を教えてもらおうと
ストマックを採ってみますが何も出ませんでした。
この20mくらいの区間でてぃこまさんが掛けた1匹も含め5匹の反応が。
ここまでの区間がうそみたいにフライに出ました。
先行者がいたのか、それとも時間なのか・・・

本日の殊勲賞

CA390261.jpg

ライツロイヤル#14。
この時期のボクの定番です。

まだまだ水量が多く、パンツまでびしょぬれになってしまいました。
まあ、1発転んだと言うこともあるのですが。
平水になるにはまだ時間が掛かりそうです。

じゃぶじゃぶ、びしょ濡れ・・・
AVの長いタイトルのようだ、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !

山椒と紫蘇

毎日暑いですねぇ。
あ、言っちゃった、しょうがないから今晩、ボクにビールを1本プレゼント。

連休中の話ですが、娘を連れていつもの川へ。
この川、今年はよく入渓点に車が停まっています。
魚の反応もいまいちなんです。
きっと隣の川のゲートが閉まりっぱなしだからこっちに人が流れてくるのかな。

今回竿も持たずに川に行った目的はこれ。



山椒の実です。
釣りに行けない禁断症状か?手が震えてボケボケ(笑)
本当はもっと早く採りに行きたかったんですがちょっと遅かったかな。
これを両手一杯採ってきました。
採っている最中、なんだかアゲハの幼虫の臭い。
どこにいるのか分からないだけでどこかにいて刺激を与えてしまったようです。
その後ちょっとだけ娘と水遊び。
水を飲んでみたり顔を洗ったり。
明日も実を採りに行こう!と娘。
そんなに山椒ばかり食べたらアゲハになるゾ、ボクが。

洗いながら小枝を取ります。
これがめんどくさい!
両手一杯の小枝外しを嫁さんと二人、1時間ほど掛かりました。
娘も手伝ってくれますが早い話がお手伝いと言う名の邪魔(笑)

塩を入れたお湯で10分茹でて、その後流水に30分さらします。
そして佃煮に。

CA390249.jpg

よく水を切ってひたひたになるまで醤油を入れ、砂糖、酒、みりんを。
水分が飛んだら出来上がり。

CA390251.jpg

これだけあくを抜いたらそれほどビリビリしません。
そのままご飯に掛けても、出汁を取った後の昆布と煮ても。
ああ、じゃこと炊いてもいいなぁ。
採る時期が少し遅かったため七味の中の麻の実のように
中身の種がパリパリしますがそれもまたウマイ。

紫蘇はさすがに山では採れません。
近くのスーパーで1把208円で購入。
むしって、むしって、洗う。
何度水洗いしても芋虫さんが・・・
虫がいなくなったところで塩で揉んで梅干しの樽に投入。

CA390250.jpg

さて、これをいつ干そうか。
この赤い梅酢は梅を干したあと生姜を漬けよう。

残りは紫蘇ジュースに。

CA390252.jpg

沸騰したお湯に10分ほど煮立て、ざるで濾します。
そこへ酢を。
水1リットルに1カップくらい。
入れると綺麗な紫色に変わります。
砂糖も大さじ2つ。
これを薄めて水で飲んでも、ああ、これで焼酎を割ってもいいですね。
すぐになくなっちゃう(笑)

梅の剪定、ぶどう棚の袋掛け、そして縁日でビールを飲み、合間に釣り。
弟が帰ってきて急きょ庭でBBQと、忙しかったぁ!
全部オフシーズンに出来たらいいのにな(笑)


釣りに行けない禁断症状が出ている方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !



ウェットウェーディングで水遊び

暑い!
暑いと言ったヒト、ビールひと缶ボクにプレゼントというルールをさきほど作りました(笑)

梅雨明けしたとたんこれほど暑くなることもなかろうに・・・
こういうのも親の敵って言うの?
春先、寒かった分のあだ討ちだな、太平洋高気圧の。
でも、こういうのを江戸の敵を長崎で討つって言うんじゃない?
う~ん、違うか。

まあ、そんなことを言っていても涼しくならないので



海の日の2時頃に家を出て近くの川に
ウェットウェーディングで涼みに行ってきました。
川に入った瞬間にキーンと頭の先っぽまで冷たさが突き抜けます。
なんだか色といい、形といい旧日本軍の軍靴、ゲートルみたい。
モデルさんのように足をクロスさせて写真を撮ればよかった。
まだまだ水が多く、お股まで濡れそうです。
もちろん水深は80cmほど。

光の先にはどうやっていこうか・・・

CA390239.jpg

いつも入るのはこの写真のかなり上流。
上流は釣り易く、下流のほうが釣り難いんです。
川原がなく、川の脇がえぐれているというのが釣り難い原因かな。
そこに木が生えて川に覆いかぶさる。
ああ、魚が残る条件がそろっちゃった(笑)
とにかく効率は悪いけど拾い釣り。

CA390237_20100720225413.jpg

なんとかフライを流せる淵で手のひらサイズ。
ちなみに薬指の指輪のサイズは21号。

CA390245.jpg

うーん、ボケボケの写真。
10匹ほど釣れていたら禁断症状も治まりフォーカスなんて簡単に合うのに。
ここでしつこく数投目、白泡の流芯から少し外れた場所で出たのが下の魚。

CA390242.jpg

写真を撮る川原がなくひとつ下の瀬へ走る(笑)
22~3cm位かな。
竿が竿だけに十分引きを楽しめました。
ネットインしてフッキングしている場所を見てみると皮一枚。
うーん、危なかった。

CA390246.jpg

5匹くらい釣ってここで4時半。
ノボリを狙いに場所を移動しましたがチェイスが1回あったのみ。
梅雨明け寸前の大雨でかなり上流に上ったかなぁ。
6時半に終了としました。

それでも夏の暑さ、青い空、白い雲が好きな方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
以前も使ったけど蒼井そらじゃないですよ。
うーん、G!
Everybody Tight Lines !

朝練

何年かぶりの朝4時起きの釣り。
梅雨明けした夏の今日は釣り場へ向かう車を運転していても涼しくて最高!
さわやか信州ですゾ!
今日はてぃこまさんとご一緒しました。

1本目の川は先行者のクルマ。
直前に入ったと予想できたことと、それより水が多くてポイントがほぼ無さそうな流れ。
チラッと見てこれは水多すぎだし川を変えよう、と。

2本目の川・・・



ささにごりで水量もかなり多め。
土砂崩れのあともあり魚は全く反応しません。
この写真のあたりにあったはずの大きなプールも消失しています。
川の上にある流木の上に土砂が20cmほど乗っているのを見ると
崖が崩れたのは間違いなく、しかも流れが変わったか、土石流でも出たのか・・・

脱渓点まで半分くらい来た所でUターン。
川を下り入渓点まで戻り川を変える事に。

朝イチ、時間が限られているのに3本目。

DSC09924.jpg

ここは釣りになりそう。
でも、いつもだったら川通しで上流に行けるのに川通しが難しい。
いつもヒップウェーダーでお気楽釣行をする川なのに今日はさすがにムリだなぁ。
入渓点でピシッと手のひらサイズがフライにアタックしましたが乗りません。
流れが速いから食いきれないのか、合わせが早かったのか・・・
その後小指サイズのアタック。
虐待防止のため合わせず(笑)

木に化ける、森に溶け込むてぃこまさん。

DSC09922.jpg

暗い写真は決してカメラマンの腕が悪いわけではありません(笑)
もっと状況のいいときにまたご一緒しましょう。

DSC09927.jpg

8時には終了、まさに朝練です。
林道がまだ川のようです。
山の水がもう少し下流へ流れてからがチャンスでしょう。
これだけ雨が降れば今年は渇水で困ることはないかな。


さわやかな信州からさわやかなイワナたろうがお伝えしました。
クリックしていただくと毛ばり釣りに最適な水量が3分間、長続きするようになります(当社比)
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !



大雨警報の中の釣り

FC2のサーバーの具合が悪くて一回書いた記事が消えてしまった、
と思ったらブラウザの調子が悪かったみたい。
実際消えていなくて、再インストールし復活!
まあ、薄っぺらな記事だし、まあいいか、と思っていましたが良かった!

FC2担当の方に丁寧、詳しく対応方法を伺いました。
(追記2010 7/22)


大雨警報の出ている隙間に釣りをするとは、
まあ、やはりボクも頭の中のねじも1~2本ほど飛んでいるようです。
まあ、でも時間が出来たので川へ行こうかな、と。

でもいつもの川なんて歩くところがありません。
白いところ多すぎ。

CA390236_20100716100404.jpg

この状況でこの川に入るなんて自殺行為、
転んだらそのまま諏訪湖へ流されてしまいそうです。
そんなことにならないように、上流へ。

普段入らない上流も同じような状況。
もっと上かぁ・・・

細い流れのため、いつもは入らないような1500m付近の支流。
暑くて仕方がないようなときにウェットウェーディングで来る川ですが
この日はここなら水量も大丈夫!

CA390235.jpg

変化に富んでなかなか良い渓想です。
入渓点で早速イワナが走り期待が持てます。
やはりというかさすがにイワナの反応はよく、
サイズはたいしたことないもののあっという間につ抜け。
大きくても25cm弱までです。

こんな瀬から

CA390232.jpg

こんなイワナが。

CA390231_20100716100404.jpg

20cmほどですが流木に逃げ込もうと雨上がりの強い流れに乗ってよく引き、
十分楽しませてもらえました。
ここまでくるとイワナしかいません。
反転流やゆっくり目の筋の合流するところを流すと素直にイワナが反応します。
もう何日かするとこの本流、といっても十分細いけど、ちょうど良い水量になるのでは?

ポチッとしていただくとこの夏、フライフィッシング向きの水量が長く続きます(当社比)
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !

我が家の新しい仲間(泣)

カタツムリ4匹・・・
水槽掃除中に仮の巣から逃亡を計り、こんなことになってしまいました。



そもそも娘がボクの父と写真一番下の大きいのを含め2匹捕ってきたのが始まり。
その後普通サイズを追加し計4匹に。

何が頭にくるって娘はビニール手袋をしないと触れないこと。
じゃあ逃がしておいで、というと「嫌だ!」と。
嫁さんは絶対触りたくない、と言うし。
そうなるとボクが世話をしないと・・・
毎日水槽洗いとレタスを差し上げています。

やらせでこんな写真を。

DSC09905.jpg

カタツムリには良い季節が続きますが、
釣り人としてはそろそろ晴れて欲しいなぁ。
そして被害にあわれた方のいち早い復興をお祈りします。

ポチッとしていただくと明日からの晴天率が0.1%上がります(当社比)
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !

コッヘル+梅酢

梅を漬けると出来る副産物、梅酢。
もともとこの梅酢を取るのが目的で梅干しが副産物だったとか。

この梅酢を最近はサラダに掛けてみたり、焼き魚に掛けてみたりしていますがこれがウマイ!
利用法を調べてみると梅酢ご飯などというものが。
ナニナニ、梅干しのおにぎりと同じように保存性が高まるのかぁ。
そんなことよりあごの奥のほうがキーン、と痛くなり唾液腺が刺激されたボク。
コイツは試してみないと。

DSC09896.jpg

この蓋を開けるだけでボクの唾液腺はいつもノックアウト。
シソを入れたり、土用干しと梅干し作りの先が思いやられます。

ご飯125ccに水130cc。
それに梅酢を25cc。
今回はトランギアとスノーピークチタントレック900を使用しました。
アルミだと酸に侵されるのでしょうか・・・

DSC09897.jpg

トランギアでの炊飯は初めて。
このゴトクだと火から鍋までが少し近いかな。
米を研いで水を吸わせますが待ちきれなくて10分。
さて、火にかけよう。

DSC09900.jpg

バーナーパッドで熱を分散させます。
なくても大丈夫と思いますが、熱の集中による焦げ付きのリスクを下げるために。
沸騰させるまで強火、その後弱くします。
蓋の上には重しとして水の入ったマグカップを置いておきます。
いつもどおり一度蓋を開け、ひと混ぜ。
いかん、この胃を刺激する香りは何だ!
あえて言うなら熱々ご飯の上に梅干しを乗せたような香り。
そのままか。

今回、沸騰から香ばしい匂いがするまで少し早かったような・・・
10分蒸らし。

待ちに待った、期待と漂う香りの元を胃に収める時間。

DSC09904.jpg

少し芯が残ってしまいました、が、ウマイ!
あえて言うなら熱々の・・・
もういいか。
ほのかな梅の香りと微妙な塩加減、そして酸味、たまりません。

そして完食。
保存性?知るかっ!

芯の原因は給水時間が短かったこともありますが、それより弱火に調節したのですがまだ火が強く、
短時間で炊けてしまったのでしょう。
もっと水の量が多くても良かったかな。
少量炊飯は難しい・・・

梅酢ご飯、食欲の落ちる夏場にまた試してみよう。

ご自分の唾液でおぼれそうになった方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !


アマゴとイワナ

前回の反省もふまえ月並みなタイトルですが。。。

毛ばり釣りもチョコチョコ行っています。
昨日の土曜日も短時間ですが夕方、上川の上流を見に行っているんです。
回復が遅く、濁りはないんですが結構水が多いですね。
まあ梅雨時、こんなもんか。
ピシっとフライに反応する魚は小指サイズ。

良い釣りができたらその土曜日の釣りの分でエントリーしようと思ったんですが
先日、平日にチョイ釣り、回復が早いもっと水量の少ない川での話。

ここは緑のトンネルの中です。
水は多いですが、この川はまだマシ。
木がちゃんと吸うんだろうなぁ。



熊の糞を林道で見かける昼間でも暗い川。
気配を感じさせておけば熊が隠れてボクら人間の通り過ぎるのを待っていたり
逃げていく、という話を信じて鈴をチリンチリン言わせながら歩きます。

CA390209.jpg
この魚を釣ってふと思ったんですが、
アマゴの背びれの透明感って惹き込まれるものがあります。
昔のショーケースの奥側の、波々模様ののガラスの感じ、というのか・・・

胸ひれの薄い黄色も綺麗。

CA390214_20100711120522.jpg

2枚目の写真のアマゴに比べ朱点が控えめですね。
個性のようなものでしょうか。
この水系で隣の川はパーマークが丸い魚がいるので
写真を撮ってこようと思っているのですが
そんな風に思っていると会うことができません、なんでだろ?

意識して早い釣りでどんどん登ります。
上のほうまで遡行するとさすがに川が細くなってきました。

CA390219.jpg

この日は川が二股に分かれるところまでと決めて釣りをして行きます。
その二股の少し下流で良いサイズのイワナが出てくれました。

CA390222.jpg

ちょっと「のりこイワナ」?
のりこイワナの理由、詳細はぜひリンク先、この方のブログで。
笑っちゃいますよ~。
気にしてみてみると確かに紫なんですよね、まぶたが。
ひれの透明感や黄色など、色に気をつけて釣りをしてみるというのもまた楽しいですね。

のんびり釣りをして、そろそろキャンプしたいなぁ、なんて。
夕方4時頃からウィスキーの水割りでこんなことしたら気持ちイイぞ!

CA390224_20100711120522.jpg

今回の中身はもちろん水。
危ないのでこんなところにテントは張れませんが、水辺で晩酌なんてどうだろう。
小さな水槽を持っていって、釣った魚に少しだけ我慢してもらって
泳ぐ姿を眺めながら飲んだら。。。

釣りから帰って来て道具を片付けている時、
「釣り行きてぇなぁ・・・」とつぶやいてしまったいわなたろうが天竜川上流よりお伝えしました。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
ハイ、皆さんが思うとおりビョーキです。
お見舞い代わりにクリック。
Everybody Tight Lines !

ショ~ック!

アブソーバー交換をしました(笑)
ダンパですね、ハイ。
もちろんタイトルは釣り、だって釣り師だも~ん。

土曜日の午後、梅を採って漬けたあと雨が降ってきました。
その雨がふっとやんだ時、ショックアブソーバーを変えてみることにしました。
ボクのジムニーは2インチくらい上がっていて
ショックは購入後ボクが交換したモンローセンサトラック。
以前から気になっていたのですが、ジムニーの乗り心地が悪くどうしたものかと考えていました。
フロントのみストックしていた少し柔らかいショックに交換してみることにしました。

DSC09823.jpg

さびを落として塗装した、正体不明ではありますが、オイル式三段調整ショック。
ガス圧式が抜けているだけってことないよなぁ。
一番奥まで縮めてカチッと音がするようにまわすと調整できるみたい。
そこで調整するってことはオイル式で間違いないと思うけど・・・
とりあえず一番柔らかいところにあわせてみます。
上が運転席側モンローですが、何かおかしい・・・
まあ、気がつくのは助手席側を外した時でした。

DSC09824.jpg

1本交換したところで雨が降ってきました。
早くやっつけてしまわないと。
ショックのないのもなんだか変な感じ。
リジットサスなので交換自体はあっという間です。
まるで峠に行く前の走り屋のようですね

助手席側を外すとニュンニュンと伸びてきました。
新品の時はちゃんと伸びてきたことをここで思い出しました。
ということは抜けていた?

DSC09825.jpg

上運転席側、下助手席側。
3年ほど前に交換したんですがいつから抜けていたんだろう?

交換してみたところ乗り心地は改善しましたがフラフラする感じ。
林道では間違いなく調整式の交換したもののほうが足が良く動く。
硬いほうに調整して見ようかな。
問題はショックを外さないと調整できない、ということ。
ホント、ダイヤル調整式が良いなぁ!

釣られた方はクリック。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !


梅干作り

庭の梅が採りごろになりましたので土曜日の午前中に娘と梅をもぎました。



もう少し待ちたいんだけど、日程的にこの日しかないかなぁ、と。
娘が数えたところによると65個。
3キロ弱の収穫でした。

コイツを梅干にしてやろう・・・
ぶつぶつの部分が硬くなったってウチで食べるだけだし、いいんだ。
塩分は18%位にしてやろう。
すっぱく、そして嫁さんの口が曲がるほどしょっぱく。
娘の口もほおばった瞬間にひん曲がれ。
自称ダンディのボクは右曲がりになるように・・・
そんなことを考えながらもくもくと漬けて行きます。

CA390203_20100706203550.jpg

焼酎をまぶし・・・芋焼酎だ、吉兆宝山だ!
ホワイトリカーを買いに行くのが面倒だっただけですが、それで塩まみれに。
へたを下にして並べる、と書いてある、ふむふむ。
重しを乗せ、まる2日の今日・・・

DSC09860.jpg

上手に梅酢が上がりました。
ちょっとなめてみるとこれがもうすでに梅干の味。
すっぱくってショッパーイ
こうなれば塩分濃度も高いし一安心のようです。
ウチの中は梅の甘い良い匂い。
こうして記事を書いている今も梅酢の味を思い出し
ほっぺたがじわじわと酸っぱいような気がします。

右曲がりのダンディかよ!と思ってしまった方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !



逃げた魚の証人

所用を済ませていた日曜日の今日も昼前に雨がザッと降る。
強い雨はもうカンベンだなぁ・・・

ふと思いつき、てぃこまさんを誘って夕方ノボリを狙いに行ってみようかとメールをしてみました。
その後のお電話でOK!と。
なんだか釣りをする時にしゃべりたい、そんな衝動に駆られているのかも。

3時半頃より川に入ってしばらく。
全く反応がありません。
色々と尽きることのない話をしていると「ゴン!」アタリだけ・・・
集中していないのでショートバイトには反応できませんでした。

話をしているとき、何か考え事をしながら釣りをしているときなどに
魚からの反応が多い、皆さんはそんなことありません?
きっと集中している時は糸を伝って殺気がルアーやフライから発せられているんだ・・・
でもここで2人のやる気はドドーンとアップ。

釣れない・・・

でもそのバイトは突如やってきました。
ダウンクロスでしっかりルアーが水をかんでいることを感じて
軽いトゥイッチ、その後に大きくトゥイッチした直後しっかりと乗せることが出来ました。
フロントフックにフッキング、ぐいぐいと竿を曲げドラグはチリチリいいます。

P7040412.jpg
てぃこまさん撮影

ドジョウすくいではありません。
セルフポートレイトではないのでカッコつけられませんでした(泣)

P7040413.jpg
てぃこまさん撮影

尺は十分のノボリ、35cmはないなぁ。
さて、せっかくだからニコパチを・・・と思ってフックを外しているとひと暴れ。
フックはテイルフックがネットの網に、フロントフックは魚の口に。
良かった!と思いネットごと丘の上にあげようとするとボチャン!
意図せずリリースとなりました。
この1枚がなければ危なかったです。
結構大きいでしょ?

てぃこまさんとも川でそんな話をしたのですが、
ここで釣りをしていると魚の大きさの感覚がおかしくなり、
尺を越してもまだまだ、なんて思ってしまいます。
普通の川、特にフライフィッシングで尺が釣れたら
それはやはり自分の中で「今年1番の釣り!」になるはずなのに。
大事に釣りをしたいと思った一匹でした。

その後、アマゴ1匹。

CA390207.jpg

ここでこのサイズのアマゴが釣れるとなんだかびっくりしてしまいます。
まあ、1匹は1匹。
6時半に終わりにしました。

てぃこまさんの釣果?
こちらからどうぞ。
ビシッと竿を曲げていました・・・

さて帰り道はこんなやぶの中。

CA390208_20100704223146.jpg

ジムニーの横に細かいストライプが入りました。
マッドタイヤが泥を蹴ってヌルヌルと進みます。
まさにジムニー向きの道です。
フリーハブはロックしておいてもいいですが、最初から4駆にしてはいけません。
4駆で入っていって、停まったらもう抜けられません。
ですので2駆で、スタックしたら4駆に切り替えましょう。
電話で誰か呼べれば良いですが、深い森の中だったら・・・

集中していない時にアタリがある、
マーフィーの法則(古ぅ!)に入れて欲しいと思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !

お!36cm

もう、水多すぎ。

カラカラの川にシトシト降ってくれるんだったら
ニコニコしながらカッパ着て毛ばり釣りに行くんだけど・・・
毎日雷雨って、困るんだよなぁ。
今年は増水時には積極的にルアーでノボリを狙うことにしました。



昨日の昼頃はドロドロのカフェオレ色だったんだけど、
今朝には回復したらしくこの方から羨ましいんだか悔しいんだか
わかんなくなってしまうようなメールが届きました。
朝ノボリを2匹釣ったとのこと。
早い話が羨ましいんです。
小雨模様の中、夕方まで待ってウェーダーもカッパも着ずに4時過ぎに川に立ちました。

今回はランディングネットを広げてヒットしても慌てない様にしておきました。
入ってすぐ、数投目でヒット、しかし残念なことにばれてしまいました。
小ぶりなサイズに控えめな「あぁ!」という声が・・・
目の前には餌釣りさん、小心者のボクはちょっと恥ずかしい。

数投して上流に移動していきます。
長靴で行ける一番奥、ダウンクロスで向こう岸スレスレに投げたルアーを
ゆっくりトゥイッチしてくるとヒット。

CA390198_20100703212657.jpg

小ぶりですが銀ピカ、ピンピンのヒレに幅広の魚体。
歯も鋭く、ネットインした直後にひと暴れされて
口に掛かってしまったラインを切られました。
危なかったぁ。

そしてそのまま上流へ。
とはいっても長靴では10mほどしか上に行けません。
ルアーを交換して下流へ下ります。
1匹目を釣った、全くおんなじ場所でさらにヒット。

CA390202_20100703212656.jpg

さっきより引きが強い、なんて思ったら36cm。
今週末が遡上の一番のピークかな。

雨にはほとんど濡れなかったんですが、
ちょっと深いところに長靴で入ったため長靴はグズグズ。
葦についていた水滴でシャツもビショビショ。
まるで子供の釣りでした。
5時半には釣り終わり、正味1時間半ですが満足しました。

ワールドカップパラグアイ戦でピッチ脇の"Fly Emirates"が気になって仕方がなかった方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
エミレーツ航空です(笑)
Everybody Tight Lines !
プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック