B!

てぃこまさんと

夕方の1時間ほど、てぃこまさんと釣りをしてきました。
たぶん、コメントを頂く方のなかでは一番のご近所さんです。
モチロン狙うのは先日写真撮影前に逃亡されたノボリ。



ちょっと寒いけど水量もいい感じ。
ウグイがノボリに(たぶん)追われボイルしています。
ウグイを追いかけているのはニゴイじゃないよな・・・
結果からいうとかすりもしないボウズ。
まあ、運に左右される釣りだし今日はこんなもんか、とあきらめます。

2台のカーディナル。

CA390137.jpg

おお、これは自分の名前を書いておかないとわからなくなりそうだ。
こんな風に並べるとなかなかカッコいいですネ。
今度はゆっくり、お茶でも飲みながらまたこんな風に並べましょう。
雨も降り出し、暗くなり始め最後の1投をつつがなく終え、終了にしました。

いまごろカーディナルを分解している頃かな・・・

クリックしていただくとリールの糸ヨレが20%軽減されます。(当社比)
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !

アブカーディナル33の平行巻き

てぃこまさんのこの記事に触発され、カーディナル33を平行巻きに調整しました。

まず施工前。



見事に後ろ側が太い、最近のリールとは全く逆の巻き方。
この巻き方だとキャストするとモアモアっとバックラッシュします。
ベイトリールじゃないんだから・・・

いろいろ調べてみると根本的な解決にはやはりローターと
たった一つしかないベアリングの間にスペーサーを入れるしかないみたい。
このスペーサー、買うと結構高いんです。

で、自作。

DSC09606.jpg


外径12mmのM5のワッシャーの内径5mmの穴を8mmに広げました。
カタログ値では厚みは0.8mmですが、結構誤差があるようです。
このスペーサーは仕上げ前ですがここから現物にあわせリューターで広げ、回転砥石で仕上げます。

ついでに工具も作りました。
センターのナットをはずすスパナ、ラインローラーを外すドライバー。
スパナは何かを組み立てるために付いてきたペラペラの14mmのもの。
万力ではさみ、ハンマーで叩きを曲げました。
センターのナットをボクは14mmのディープソケットで外しました。
ラインローラーを外すドライバーはマイナスビットをサンダーで真ん中を削ってあります。
これが無いとラインローラーは外れません。

分解。

DSC09608.jpg

ついでに古い油を落とし、新油にしておきます。



軽くオーバーホール。
スペーサーはここに入れます。

DSC09614.jpg

ここにもグリスをたっぷり。
ラインローラーも外します。

DSC09611.jpg

今までもサイドカバーくらいは外し、油を足した事はありますが、
ここはこのドライバーを持っていなかったので外したことはありませんでした。
外してみると油が切れてカラカラ。
バッチリ給油しておきました。
このローターが回らないと糸ヨレがひどくなるとか。

施工後

DSC09615.jpg

バッチリです。
写真は平行巻きより少しティップ側が厚いですが、使ってみるともう少し平行になりました。

実は使ったのは今日の夕方・・・
リールは全くのトラブルフリー、完全に実用域です。
で、狙ったのはノボリ、諏訪マスともいわれますが、サツキマスを。
なんと5投目くらいでヒット!
ランディングし、さあ、カメラカメラと探していたらバシャバシャッ!
なんとそこで逃げられました(泣)
ぎらぎらした太い魚体に綺麗な朱点、アレは40cm以上あったなぁ。
ああ、写真が無いと釣行記はたいしたことないですねぇ。

簡単な平行巻きはスプールを変えること(笑)
タコ糸を下巻きにして逆巻きにしてラインを巻く方法もあります。
そしてバックラッシュの原因はベイルとラインローラーです。
交換するかよく回るように調整すると
ラインがまったくよれず、バックラッシュもしないトラブルフリーのカーディナルとなります。
  

サツキの写真、見たかったなぁと思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !







もりだくさん

今日の晴れ間の半日間で釣り、山菜採り、そしてキノコまで採ってきました。
まずコシアブラ採り。



今回は去年見つけた木をチェック。
コシアブラは大きい木を見つけておけば短時間でたくさん採れます。
タラの芽と違い、杉林などで木漏れ日が漏れてくるようなキツイ斜面に生えています。
コシアブラ採りのコツは斜面を登り、立ち止まって振り返る。
そこで平行に見た目線の先に運がよければ特徴的な芽を発見することが出来ます。
坂を登りながら探すと見つけにくいんです。

1本の木からこのくらい。
食べることが出来るギリギリの大きさでした。

CA390122.jpg

脇から出た芽は出来るだけ採らず、先端中心で採って行きます。
丸ごと採ってしまうと木が死んでしまいますのでほどほどに。
5mほどの大きな木を5本ほど見つけるともう十分。

もう少し早く見に来ればよかったんですが、
天候と用事との兼ね合いでちょっと大きくなってしまいました。
ここで標高1300mほど、1000mほどの場所では芽ではなく「葉っぱ」になっていました。

そしてぜんまいの綿毛取り。

CA390120.jpg

今回は色の濃い綿毛の部分のみを集めてきました。
コゴミもありましたが、「巻いた芽」は嫁さんに不人気なので
ゼンマイもコゴミも今回は採ってきませんでした。

タラの芽はもうない・・・

CA390129.jpg

ごっそり残っているコシアブラと違い、タラの芽はびっくりするほど皆さん良く採ってあります。
この2番芽をとってしまうとこの木は死んでしまいます。
コシアブラは諏訪地方の標高1500mほどの場所でしたらまだまだベストシーズンです。

その後は釣り。
今日は流速がゆっくりな場所をニンフでの拾い釣りです。

CA390131.jpg

水は昨日、おとといの大雨10cmほど増えています。
この大石の向こう側の緩流帯に重めの
#10ケースドカディスニンフを入れると出た出た、アマゴさん。

CA390130.jpg

このくらいのサイズを3匹釣って終了。
いやぁ、水が多かった!

そして入渓点で見つけておいたキノコ。

CA390133.jpg

エノキかなと思ったんですが近寄って、しっかり見てみるとなんとナラタケ。
帽子の中に入れて持ち帰り、季節はずれのキノコ汁にしました。
ナラタケ、歯ごたえもいいし旨いキノコですよね。
食欲は秋のはずなのに、食べ過ぎに注意しないと・・・

あなたのクリックでいわなたろうのBMIが0.1下がります。(当社比)
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !

分杭峠で癒される

最近パワースポットとしてとみに有名になった
長谷村の分杭峠に数日前に行ってきました。



訪れたのは3年ぶりくらいでしょうか。
ボクも最近、TVでよく見るのでまた行ってみようかな、と。

一番驚いたことはシャトルバスでしか行けなくなっていたこと!
片道400円、往復600円でした。
確かに車でしかいけない場所でしたし、道は細いし、駐車場は狭い。
でもシャトルバス、片道5キロほどしかないのに高すぎないか?

ボクも2年ほど前に椎間板ヘルニアから坐骨神経痛を患い、
一時は立っていられないほどになってしまいました。
誰だ、腰痛なんていうと奥さんと仲が・・・何て言うヤツは!
そんな台詞、この2年間に何度聞いたことか。

医者へ行って痛み止めのクスリを貰い、飲んでいるうちに
ヘルニア部分が引っ込んできたらしく、だいぶマシになりました。
股関節の動きがよくないのと、まだ腰痛もお尻の神経痛も軽く残っているので
分杭峠の効果はどんなモンだろ、と。

有名な気場。

CA390107.jpg

ここで1時間ほど本を読んだり、目を閉じてみたり。
ちなみに読んだ本は開高健著の私の釣魚大全。
この手の本は心を静めることが出来ません(笑)
でも確かに、手のひらがピリピリと、例えるなら濡れた手で乾電池を持った感じ。
何か感じるような気がします。

そのあと、水を汲む場所へ。
そこでも少し体を伸ばしたり、水を飲んだり。
こっちのほうが気が強い、という方もいたり、でもボクにはわかんない。

劇的な効果、といえば水を飲んだとたんに強烈にう○こがしたくなったくらい。
トイレまでの道のりの遠いこと!
腰は、なんだか少し楽?
肩の張った感じも少しなくなったかなぁ・・・

藁にしかすがることができない方はともかく、
効果あるかもしれないなぁ、くらいで行った方がいいと思います。
標高も高い場所ですし、森林浴の効果プラスαがあるかな、位で訪れましょう。
それで劇的な効果があれば儲けもの、そうでしょ?
小麦粉を医者に渡されると万病の薬に、
鰯の頭も信心から、ってヤツです。
治るんだ!って思っていくと体の自然治癒力が高まるのかな。

数日経った今日、いつも神経痛っぽかったお尻の痛みが打ち身の痛みのように変わってきました。
うーん、気場の効能?信じていなかったんだけどなぁ・・・

クスリはやはり渓に立つことだ、と思った方はクリック。
そんな風に思うことがすでにビョーキです(笑)
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
でもボクの坐骨神経痛も釣りをしている間は痛くないんですよね・・・
Everybody Tight Lines !

  


雨上がり

おとといも昨日も書きながらまた寝てしまった・・・

朝のうちに雨の上がった木曜日、
たいして降っていないしコリャ釣れるなぁ、と思いゴソゴソと釣りの準備。
とはいえ所用を済ませ川へ着いたのは2時頃でした。



雨上がりで活性が上がっているだろうと思い里川へ。
ようやく茶色とベージュの川が緑に覆われてきました。
ほとんど増えていないと思った水は15%増。
山のほうは降ったのネ。

CA390101_20100521220051.jpg

誰もいないと思っていたのに考えることは一緒、
少なくても数人入った様子でした。
短時間で20匹ほど釣れるはずの区間、数匹とは寂しいなぁ。

場所換えして

CA390106.jpg

ちょっと山のほうに。

CA390114.jpg

ここでも釣れるものの数が出ません。

ここ数回の釣行で感じているのですが、今年は魚は多いのですが、
サイズが小さいような気がします。

DSC09467.jpg

このイワナが最大。
ちょっと寂しいなぁ、なーんて贅沢?

おまけ

CA390112.jpg

流れのない場所にイモリがいました。
哺乳類、魚類以外の生き物を触ったのは久しぶり。
指を上ってくる感触とか、体のくねらせ方とかがどうも苦手・・・
でも愛嬌があってかわいいんですよね。
飼ってみようかな、世話は娘に任せて(笑)

イモリの黒焼き・・・
千と千尋の神隠しの油屋、娼婦の館だって知っていました?
知らなかった方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Everybody Tight Lines !

フライドライヤー

先日の下社御柱の里曳きでたまたま曳いていた綱の近くで宝投げがありました。
で、拾ったのがコレ。



豆腐屋さんの宝投げだったため、
薄さと色合いから「油揚げなんじゃないの?」なんて周りの人に言われました。
もちろんそんなわけはなく、拾ったのはセルローススポンジ。

コレ、とにかくよく水を吸うことはいつもの炊事、洗濯、掃除で実証済み(笑)
これをカットしてフライドライヤーとして使ってみました。

DSC09499.jpg

ちょうど良いサイズに切ってダブルクリップで挟み、チェーンでつなぐだけ。
こんな簡単なものなのですが、効果はバッチリ、フライの水分がきっちり切れます。
いままでもティッシュペーパーを折って同様にして使っていましたが
アレはあっという間にぼろぼろになってしまいます。
その点、コレは丈夫。
ぼろぼろになったら台所でまた調達できます。

今まで「ふらい乾」など粉末の乾燥剤を使っていましたが、
アレは粉がフライにまとわりついて、それを吹き飛ばしたり、指で落としたり。
乾燥剤と同じくらいまで水が切れるのでもう持ち歩かなくてもいいかなぁ・・・


ボクのエルクヘアカディスはよく沈んでいます。
じゃあフライドライヤーなんて要らないんじゃないの?と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
エルクヘアカディスを沈めて水面直下を流すと良く釣れますよ!
Everybody Tight Lines !

心を捕まえる

今日は娘を連れてハートキャッチプリキュアショー。



行く前に娘に「今日見るプリキュアが本物、
TVで見るのはそれをモデルに描いた、ただの絵なんだよ」と教えてからいきます(笑)
嫁さんはそれを聞いて隣で苦笑い。
それを信じる娘の期待感は嫌が応にも高まると言うものです。
これ、アンパンマンショーの時もやったなぁ。

ボクもつい一緒にプリキュアを見てしまうので
知らず知らず主題歌を口ずさんでいる時があります。
川で釣りをしているとき、エンドレスで頭の中を流れる曲が
ハートキャッチプリキュアの主題歌のサビだったり(笑)
人前で口ずさまないよう注意しないと・・・

本物は膝が汚れていたり、アニメより足が短かったり
全体的に人間臭さが漂い、ほほえましいですね。
娘は写真を一緒に撮って貰ってご満悦。
その後食事、買い物と家族サービスの一日でした。


中の人などいない!と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Jedermann petri heil!

コケ沈・・・

最近ちょっと疲れ気味なのか、毎日ブログをアップしようとPCをいじりながら寝てしまいます。
疲れの原因はわかっています、御柱。
夜中にブーン、というPCのファンが耳元でうなり、深夜に起きて電源オフ。
ああ、夜中はもっと違ううなり声を聞きたいっ!
それはともかく、眠いといつもの汲めど尽きぬ、
溢れる才能から来るいい加減な文章が出てこないんですよね。
↑こういう文章ネ(笑)

水曜日の午後からお気に入りの渓へ行って来ました。



このくらいの規模の川が一番好きです。
DT3の半切りの一番奥はリールから出ることがありません。
木が覆い茂っているところに無理やりフライを入れてみたり。
あわせると後ろの木に引っかかるんですよね。
そのまま覆い茂っている川のほうの木に引っかかったほうが外すの楽なのに・・・

CA390101.jpg

あめ色の綺麗なアマゴ。
サビもほぼ全部の魚から消えてきました。

CA390105.jpg

あめ色と言えばコイツ。
ようやく写真を撮るまでおとなしくしていてくれました。

CA390110.jpg

この写真を撮って帰りがけ、たまには川通しで帰ろうと下流へ向かって歩いていたら
川底に沈む斜めになった石に足を乗せてしまい、そのままツルっと滑りました。
右手はもう水の中、堪えようとしてもずぶずぶと水に沈む腰・・・
ようやく立ち上がった時にはもう右半身ずぶぬれでした。
冷たかった!

夜中にうなるのは子供たちだな、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

Everybody Tight Lines !

下社里曳き2日目

この記事はブロとものみ閲覧できます

下社里曳き1日目

この記事はブロとものみ閲覧できます

山菜採り

今年初めてのタラの芽、コシアブラ採りに行ってきました。
行ってきたと言っても朝、2時間ほど。
1000m前後の里山に通る林道沿いに
生える場所をチェックしてありますので
クルマに乗ったままそこを探していきます。

途中、カモシカがこちらを見ていました。



足が短くて、もこもこしていて愛嬌があるんですよね。
かなり近づいても人間を怖がりません。
なぜだか今年はよく見かけます。

CA390096.jpg

ちょっと小さいけど御柱をはさむので次はいついけるか・・・
今回はコシアブラとタラの芽だけ。
タラの芽は人気が高く、採りにくい場所中心で残っています。
コシアブラは道沿いでもごっそり残っていました。
わかりにくいからかなぁ。

今年は2週間以上遅くまだ固そうなものもたくさんありました。
てんぷらにして春の味覚をおいしくいただきました。
山菜の苦味は冬に溜めてしまった
毒素を排出してくれる「デトックス効果」があるそうです。
山歩きで心のデトックスを、そして山菜を食べて
からだの中からデトックスなんていいんじゃぁねえの?

明日から下社の御柱、気をつけて行ってきます!

きっと自分の前世はカモシカだ、と思った方はクリック。
きっとボクと一緒、30cmくらい土の中に脚が埋まってるんだな(笑)
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

Everybody Tight Lines !

進めないよぉ

休みの最後の日。

今日はなんだか体がちょっと疲れています。
御柱の日、親戚のおばちゃんが途中2時頃に万歩計で10000歩を
超していたって言っていたけどあの調子だと3万歩以上歩いたか?

でもでも。。。
いろいろ用事を済ませて昼から釣りに。



まず下流側に入ってみますがこれが反応があまりにも少ない。
この淵で魚が出なかったら場所を変えよう、と思っていたらイワナが釣れました。

CA390087.jpg

うーん、もう少し進んでみよう。
5投、10投・・・これは場所変えだな。
クルマに乗って上流へ。

CA390088.jpg

さっそく1匹。
このあと、一番大きいアマゴとヤマトイワナを釣ったのですが
カメラの用意をしている間に逃げちゃった。

CA390091.jpg

細かいポイントにも魚が入っています。
掛けて、フックをはずし、またキャスト。
今年は御柱で釣り人が入っていないのか?
解禁してから天候不順で餌さんに抜かれなかったのもよかったのかも。

CA390092.jpg

いつも尺以上の魚は釣れないのですが、裏切られない川です。
今日は入渓点からちょっとしか釣りをしませんでしたが
この分だと上流も期待できそうです。

この川、脱渓点が限られていて、ここまで釣ったら終わりってしないと
がけをよじ登らないといけなくなります。
そのやめる場所の寸前でガラゴロ・・・と遠くから岩の落ちるような音。
どこか崩れたか?と思ったら雷!
まあ、大丈夫だろ、と思い林道を歩いているとなんだか近い・・・
山が開けている場所でピカ、ドッシャーン!近くに落ちたみたい。
まあ、そんなに運が悪いって事は無いだろ、と思い走って森の中に逃げ込むと大粒の雨。
ずぶぬれになって車に到着しました。

雷で怖い目にあったのは3回目のいわなたろうでした。
一回目、踏切待ちで停車中目の前の架線に落雷、
二回目、地面に刺した鉄棒から落雷と同時に手に放電。
今回のはたいしたこと無いなぁ・・・
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

Jedermann petri heil!

上社御柱祭最終日

酔っ払いのいわなたろうです(笑)



昼から出かけてまず信金さんの樽酒。
長丁場なのはわかっているのでマイカップは出しません。
こんな感じでどこに行っても樽酒の振る舞いがあります。

とはいえマイカップとシグの水筒。

DSC09279.jpg

もちろん中身はお酒。
自宅から持参の水割りのウィスキーを飲みながら建て御柱見物です。

DSC09278.jpg

この頃はまだおとなしく見ていました。
その後、誘われるままにお宿に・・・

DSC09297.jpg

複写だと言うことですが、見事本一の柱を引き当てた籤が飾ってありました。
ここでビールやお料理をたくさん頂き、また見物に。

長持ちも出ています。

DSC09293_20100504210550.jpg

この長持ちはそんなことありませんが、長持ち歌ってしっかり聞くと
お下品なことを言っている地区もあってつい笑っちゃいます。

そんなことをしているうちに本一の建て御柱が終わりました。

DSC09301.jpg

だんだん前へ・・・

DSC09307.jpg

車地(しゃち)と言います。
これでロープを巻いて御柱を建てます。

本二の根元。

DSC09315.jpg

本三の裏。

DSC09309.jpg

それにしてもハッピの威力は恐ろしい・・・

今日は酔っ払いの散文ですね。
明日あたり釣り&山菜取りにいけるといいな。

「こんなに飲むと俺の本一が立たなくなっちまう」
「何言ってるだぁ!おめえのは前四じゃねえか」
と言うのはこの時期のお下品な決まり文句・・・

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
前四でも十分太く立派ですよ。

Everybody Tight Lines !

上社里曳き

御柱祭上社里曳きに行ってきました。

本一



本二

DSC09195.jpg

山出しと違い、華やかなお祭りの雰囲気に包まれる里曳き。
ボクも一杯飲みながら参加させていただきました。
ボクらは来週、下社が本番です。

DSC09173.jpg

マイカップ持参(笑)
飲む気満々で行きました。
樽酒の振る舞いがあるのですが、マイカップを出したら
「おお、ずうずうしい(笑)」といいながらボクの手をつかみ離してくれません。
ボクは困って「いや、そんなには・・・」と言うと
「御柱だからいいの、いいの!」と言いながらなみなみと注いでくれました。
断ってはいけないのです。
昔は制服の警備の方も赤い顔をしながら仕事をしていたとのこと。
横笛さん、ありがとう!おいしかったです。

大人の水筒(笑)

DSC09194.jpg

そりゃ酔っ払うわけです。
これ、輪にした手綱で簡単に出来ます。

踊り、太鼓、花笠などが時折披露されます。

DSC09218.jpg

そろいの衣装も華やかでとってもお上手でした。
こうして見ていても楽しいですね。

湖東、北山、米沢の皆さんの三友会。

DSC09205.jpg

そろいの青がかっこいいですね。
法被も桜吹雪でどこにいてもひと目でわかります。

今回、親戚に誘われて前一の柱を引っ張ったのですが、
前にいる本四の三友会の皆様がなかなか進まない。
で、前一の梃子衆の方々が「突っかける」と言って、
早く進め!とけしかけに行きました。
昔は大喧嘩だったらしいのですが、最近は儀式のようなもの、と言うことだったのに
本格的に小競り合いがあったような感じでした。

最後、前一の柱が前宮の鳥居をくぐり、坂を上がっていくところを見て帰ってきました。

DSC09232.jpg

ゴッゴゴという音を立て、90度の方向転換をします。
見事に向きを変え、一気に坂を上っていきました。
初夏の風が気持ちいい、よいお祭り日よりでした。

気持ちよかったのはお酒のせいだと思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

Jedermann petri heil!
プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック