B!

烏城から見る槍の穂先

運転手第三弾、松本城。
ボクの釣り中心だったはずのブログは
渓流オフシーズンになり旅行ブログになりました(笑)

松本という地名は近世になってつけられた地名で
松本城は以前は深志城と呼ばれていたそうな。

お堀の白鳥。

DSC08028.jpg

スワン、なんて呼ばないでおくれ、そんな風に呼ばれるとなんだか羽根をむしられそうだ、
という声が聞こえたような、聞こえないような・・・

現存五層の天守閣で比較されることの多い姫路城の白鷺に対し
松本城は烏、板張りの外壁は黒塗りでかっこいいです。
烏城のゆえん。

DSC08044.jpg

現在では国宝となり保護されていますが取り壊されるはずのお城でした。
実際上の写真でも一番上の階が奥に傾いているように見えます。
いや、気のせいか・・・

これは借り物の危険なくらいに傾いた写真。
明治末の修復前の写真でしょうか?

借り写真
掲載に問題があるようでしたらご連絡ください。

この状態から上の写真まで修復したのだからすごい。
実際引き戻した時の跡が柱に残っているそうです。

つねづね思うのですが、お城の天守閣で敵を迎え撃つ、
そんなことになったときには敗戦濃厚のときなのでしょう。
ですのでこんな高い建物が他になかった江戸時代、
太平の世の中では殿様たちが景色を楽しむためのもの、
という色合いが強かったのでは?と思っています。

そうして城主も見たと思われる北アルプス、常念岳方面。

DSC08037.jpg

槍ヶ岳もチラリと。
来年あたり、何とか時間を作って登るゾ!

しかし連休のなか日に行ったということもあり非常に込んでいました。
「殿ぉ、くせ者でござるぅ!」と言いながら人を掻き分け登って行きたい気分でした。

姫路城はヘロン、松本城はクロウか・・
なんだか羽根をむしりたくなってきたヒトはクリック!

当ブログより面白いブログを探すのにも便利です。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます。
皆様の一日が素敵な一日になりますように・・・

インドのカラスだったら間違いなくむしるなぁ。

宿場町 奈良井

運転手は諏訪湖周辺だけにとどまりません。
なんといっても義姉は長野県は初めて。
夏に来てくれたら簡単なのにナ・・・上高地とか、駒ケ岳ロープウェイとか。
霧ヶ峰、車山、美ヶ原にかけてドライブもいいなぁ。
夏だったら、ネ。

で、妻籠馬籠ももちろん良いんですが、諏訪湖周辺から近い
奈良井宿へブラブラと散策に出かけました。

DSC08068.jpg

戸口から家の中を覗くと平行四辺形なのがわかります。
懐かしいとかの感覚ではありません。
江戸時代にタイムスリップ、ですね。

奈良井はヒノキを曲げた曲物の「めんぱ」が有名。

DSC08065.jpg

沢から引いてきた水の出口にも曲物が。
こうした水場が奈良井宿にはたくさんあります。
ひと口飲んでみるとおいしい!
注意書きには必ず煮沸後、と書いてありますがネ。

柿の色が茶色い格子窓に映えています。

DSC08070.jpg

まさに晩秋の色です。
里にある柿の木、最近収穫しない木が沢山あるような気がします。
なんだかもったいないなぁ。

木組みの木曽の大橋。

DSC08063.jpg

観光で来た時にはこの橋から奈良井川を覗いてはいけません。
つい耐えられなくなります(笑)
この橋の19号線沿いの駐車場に停めるとお金が掛かりません。
久しぶりの役に立つ情報だw

このときのヤマメを釣った奈良井川のポイントはこの宿場町の近く。
観光をかねて釣り、という方にはうってつけではないでしょうか。


曲物は「まげもの」ですヨ。
「くせもの」は→曲者。
つい「くせもの」、と読んでしまっていた方はクリック!

当ブログより面白いブログを探すのにも便利です。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます。
皆様の一日が素敵な一日になりますように・・・

ま、わざと読み方を今まで書かなかったわけで・・・

ご近所観光

諏訪湖周辺は観光地。
連休に義姉が娘たちに会いに来たのでボクもついでに観光しました。
早い話が運転手w
そうはいってもなかなかいい所なんですよね、諏訪って。

足湯周辺からの諏訪湖。



行った日は風が強く、足をお湯に浸けていなければ
寒くて湖畔になんかいられません。
30分位浸けていると赤い靴下を履いたようになります。
足湯にゆっくり浸かりながら間欠泉の上がる時間を待ちます。
んん?上がる時間?
そうです。
残念ながらいまは地下に圧縮空気を送り込んで
人為的にお湯を吹き上げさせているとの事。
ボクが小学生の頃、この七ツ釜の間欠泉が出たのですが、
その頃は自噴、50mの高さまで上がっていました。
その後、市内各家庭やホテルなどに給湯するようになったのと
地震などの影響で自噴しなくなったのだとか。

5m、圧縮空気での間欠泉の図。

DSC07998.jpg

昔、出た当時はすごかったんです。
イエローストーンの間欠泉よりすごい、と言う話もありました。
まあ、この状況になるのに人為的なものを感じないでもないですが、
地震の影響もあると言うことなので自噴しなくなったことにも自然の力を感じますね。

諏訪大社下社秋宮。
右側の奥に御柱が見えます。
来年は賑やかくなることでしょう。

DSC08004.jpg

この神楽殿のしめ縄がすごい。
狛犬は青銅製としては日本で最大級なのだとか。
現在残念なことにこの写真の奥にある本殿は宝殿を作り変えるために工事中。
囲いに写真が張ってあります。

御柱。

DSC08006.jpg

もし見る機会がありましたら裏を見てみましょう。
引きずられてちょっと大げさに言うと蒲鉾のように形が変わっています。

この御柱、僕が知る限り本当は伊勢神宮のようにお社を建て替えたいのだけど
7年(6年)に1度四隅の柱だけでも、と言うことみたいです。

木落とし坂。

DSC08014.jpg

写真で坂を撮っても迫力が出ないんですよね。
斜度35度、と言うことなので、最上級者向きのスキーのゲレンデ、
と思うとわかりやすいでしょうか。
木落としの御柱には酒の勢いで乗るんじゃないの?
と思う方もいらっしゃるでしょうが、乗る方々は全員しらふ。
坂の下まで乗り切ればまさに「勇者」です。

御柱にさらに興味をもたれた方はこちら公式サイトへ。

最近、有名になった万治の石仏

DSC08019.jpg

大きな体に乗った不自然に小さい頭。
厳しいお顔と見るか、優しいお顔をしているな、と思うかあなたしだい。
なんとも個性的な石仏であります。
小学校以来の訪問となりました。

地元の住民として苦言を呈しておくと、世界三大ガッカリを5つに増やす時の選考会で
小便小僧、マーライオン、人魚姫像の次に諏訪の間欠泉が入ってしまうぞ、このままでは。
そんなの反対だ!と言う方はクリック。
当ブログより面白いブログを探すのにも便利です。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます。
皆様の一日が素敵な一日になりますように・・・

ホントに昔は自噴、50mだったんだっ!

ベストの洗濯

オフシーズン、ラインや道具の手入れをしたりフライを巻いたり。
しっかり時間が取れれば海にイカ釣り、そろそろメバル釣りににも行きたいんだけど。
そんなコト言っているうちに解禁日の2月16日になってしまうんですよネ。

そんなコトのひとつ、ベストの洗濯をしました。
思えば2シーズン着っぱなし。
倒木をくぐったり、転んだりしているうちにすっかり汚れていました。
色留めがうまくいっていなかったネットの小豆色も
ベストの背面に付いて赤くなっています。

洗濯前



洗濯後

DSC07967.jpg

洗濯前

DSC07900.jpg

洗濯後

DSC07970.jpg

すっかり綺麗になりました。
まだ汚れが染み付いていなかったのでしょう。
ヨゴレが目立つ部分はウタマロ石鹸でこすり洗い。
その後洗濯機で普通に洗いました。

やはりというか、タグ廻り、首周辺からかなりのヨゴレが・・・
目に見える表面のヨゴレはたいしたことなかったのかもしれません。

DSC07981.jpg

フェアリーグッドフィッシャー コンプリートリー1。
中身はこんな感じ

確かレネハロップ氏だったと思うんですが、
ベストを洗うと良くない事がおきるというジンクスをお持ちだとか。
まあ、ボクはあまり気にしません。
でも新品のウェア類や洗濯後のものを初めて使うときには
ほんのちょっと土や砂をつけたりします。
土と仲良くなってもらって2度目がないように、転ばないように。
まあ、きっちり転びますし、あまり効果ありません。
効果が無いなりに効果があって、転んでも大怪我をしないのかもしれませんネ。

ベスト洗濯後の洗濯機から草くず数本、使用済みテープインジケーター、
そして蜂が出てきました。蜂はどこに入っていたんだろう・・・

刺されてたらボクのエノキダケもマツタケに・・・
そんなこと言っててコウタケのようになったら大変だ!

当ブログより面白いブログを探すのにも便利です。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます。
皆様の一日が素敵な一日になりますように・・・

そろそろキノコも終わりですネ。
エノキダケはまだあるだろうしもう一度見に行ってこようかな・・・

リールの修理

上州屋さんにお願いしてダイワ、何でしたっけ?社名変わりましたが・・・に
スピニングリール2台を修理してもらい、それが戻ってきました。



1台はE-Gee2506。
去年の年末に購入しひと夏寝かして(笑)おいたのですが、
この前親不知漁港へ行った時の納竿寸前にハンドルが逆転するようになりました。
しかも派手に(笑)

そもそもE-Geeを買おうかと思ったきっかけが
長いことボクのエギ釣りの相棒だったトーナメントXのハンドルが
たまーに逆転してしまうようになったため。
一番高いイグジストはムリでもセルテート、ルビアスあたりと
フリームス、E-Geeの価格帯のリールで悩み、メインの釣りではないことや海まで遠く、
メバル、アオリイカ含め海に行く回数が渓流に比べ少ないだろうと思いE-Geeにしました。

エギ用のリールが2台ともに同じように壊れてしまうとさすがに不便。
E-Geeはクレーム処理ということで無償修理してもらいました。
購入からまだ1年たっていませんから~。

で、トーナメントX。

DSC07946.jpg

E-Geeの購入とともにイグニスやE-Geeを中心に使うようにして
本当はトーナメントには現役引退していただこうかとも思っていたんです。
しかし今回ついでに修理してもらい現役続行。

DSC07958.jpg

ワンウェイクラッチの故障ということでした。
エギング中心に使っていたリール2台が同じ症状で故障したということは
エギをしゃくるとこのワンウェイクラッチにすごく負担が掛かるんでしょうね。

DSC07948.jpg

修理代3465円。
修理依頼する時にもまず部品はないので、現行モデルや在庫の部品で
流用できるものがあればそれで修理します、とのことでした。
シビアな使い方をするリールではないのでそれで充分。
それよりも長く使えるように融通を利かせてくれるダイワに感謝!です。

重いし、傷だらけで最新の良いリールたちに比べればドラグだって、と思いますが
上を見ればキリがないし今のところメインの釣りではないのでこれでOK!
琵琶湖でバス釣りに夢中だった頃からの思い出深いリールが現役に復帰しました。

最近のリールってそういえば保証書がないんですね。
ウチ中をひっくり返して探してしまいました(笑)

枕カバーを洗濯に出す時、嫁さんいわく「股ぐらカバー洗濯に出すの?」と。
ボクが「え?股ぐらカバー?」と聞き返すと「そんなものあるかぁ!」
うーん、聞き間違いとはおそろしい・・・

当ブログより面白いブログを探すのにも便利です。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます。
皆様の一日が素敵な一日になりますように・・・

そんなものがもしも存在しても使い捨てだと言い放たれたいわなたろうです。
パンツと一緒だと思うんだけどなぁ。


ジムニーのブレーキフルード交換

そういえば・・・
ブレーキフルードをもう2年チョイ変えていないことに気がつきました。
さて、交換しようかとブリーダープラグを見てみるとちょっとナメっぽい。

DSC07903-1.jpg


この前の車検は自分で軽自動車検査協会に持ち込み、
板バネの長さを計られたり(笑)紆余曲折の末、無事合格したのですが
その前の車検は車屋さんにお願いしました。
どうやらその時にブレーキフルード交換してナメやがったな・・・

部品屋さんに発注、なんと305円w

DSC07902.jpg

この位、ナメたら交換しておいてくださいよ・・・

ナメているのでコレを外すのにはバイスプライヤーを使いました。
ジワーッとトルクをかけても緩みにくいです。
がっちり挟んでトンットンッとプライヤーを手で叩くようにすると緩んできます。
ここは自分で交換する人は少ないか。

DSC07907.jpg


緩んだ途端にブレーキフルードが垂れてきますので
下にウエスをあてがっておきます。
外れた瞬間に新しいプラグを取り付け、できるだけ漏らさないにします。
垂れたら水で流しておきます。
鉄の部品に垂れてそのままにしておくと錆びるんです。

やっと目的のブレーキフルード交換。
今回はガルフ製のDOT4を使います。

DSC07782.jpg

ジャケ買いならぬ缶買い(笑)
フォードGT40のガルフカラー、かっこいいんですよね。

まず、輪止めをしてサイドブレーキを解除しましょう。
スポイトなどでリザーブタンクのフルードを抜きます。
タンクの下に少し残るくらいまでにしないとエア噛みします。
フルードを切らさないように継ぎ足しながら、なんてぬるいことはしません。
指先で缶の口を押さえてひっくり返します。

DSC07915.jpg

おお、これぞプロの技w
以前友人の整備士に教えてもらった方法の受け売りです。

リザーブタンクから一番遠いブレーキから始めます。
ボクのJA11、1型のジムニーの場合リアは助手席側の1ヵ所だけ。
ホースはワンマンブリーダーホースですのでブリーダープラグを1/4ほど開いて
パカパカとふみ、ラインの古いフルードを抜いていきます。
ブレーキを踏んでスカスカ抜けるまで緩めてはいけません。
少し抵抗があるくらいの踏み加減になるようにプラグを緩めます。
開きすぎるとネジ山からエア噛みするようです。

DSC07914.jpg

見えている工具はコンビネーションレンチ、片目片口です。
ブレーキラインの交換にはフレアナットレンチ、
ブリーダープラグを緩めるにはメガネレンチを使いましょう。
今回はブレーキフルードだけでなくブリーダープラグも交換しましたので
念のためエア抜きをします。

しかしさすがにエア抜きは一人ではムリ。

DSC07916.jpg

娘にダブってもらいましたw
思った以上にうまくいくもんです。

ジムニーの場合、リアは1ヵ所、フロント2ヵ所と計3ヵ所同様に作業します。

DSC07922.jpg

交換した量は500cc弱。
やはり汚いですネ。
最後にフルードがこぼれた所を水で流しておきます。
試乗してみるとブレーキタッチが少し良くなった?ような気がします。

ブレーキフルード交換はさすがに自分で交換を、
なんてお勧めすることはできません。
きちんと作業しないと事故を起こす可能性の高い部分です。
自信のない方は”信頼できる”車屋さんに頼みましょう。
  

「ワンワンキタ、マンマチョウダイ」など2つの言葉を使いお話できる。
2歳児の成長の目安として母子手帳に書いてありました。
うーん、見間違いとはおそろしい・・・
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
3度見してようやく「キン○マ」、なんて書いてないことがわかったいわなたろうです。

リスとアカゲラ

ぽかぽかと暖かい陽気に誘われるように川に散歩へ行ってきました。
車止めから魚を探したり、キノコを見ながら軽ーく歩いて
適当な日の当たる川原へ。



フィルソンの小さなバッグに入るように自作のアルコールストーブと
エスビットのゴトク、アルミホイルの風防。
風防としてはペラペラですが、あるのとないのでは大違いなのです。

最近、松屋式ドリップという方法を参考にして淹れています。
アウトドア用ケトルではもちろん、ウチにあるヤカンではお湯を細くできないので
フィルターを円錐に折る、粉の真ん中をへこませる、蒸らしを長く、
お湯はひたひたで淹れ、半分の量を淹れたらそれをお湯で薄めるというかんじ。
うん、でもなんだか旨いような気がする・・・

こうして川原で遊んでいると背後でカサッと音がしました。
熊ってことはないよなぁ、と思い振り返ると2mほど後ろの木をリスが登っていくところ。
カメラカメラ、とかばんを探っているうちに対岸の木に移っていってしまいました。
遠くの木にはアカゲラ。
釣りをするのと同じ川なのですが、釣りをしている時にはまったく気がつきません。
ゆっくりとした時間が、あっという間に過ぎていきます。

CA390549_20091111114630.jpg

カラマツがすっかり裸になっていました。
もうすぐ冬ですね。

ボクが撮るのは裸のカラマツですが、屋外で篠山紀信さんが
写真を撮っているところに偶然通りかかりたいものだ、と思った方はクリック!
もちろん、ボクはあっさりクリックしておきますぞw
当ブログより面白いブログを探すのにも便利です。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます。
皆様の一日が素敵な一日になりますように・・・

枝笛の作り方

娘に笛を作って欲しいと言われ、ごそごそと道具を引っ張り出してきました。
電気ドリル・のこぎり・やすり、必要なものはこれくらい。
ドリルの刃は吹き口に入れる丸棒のサイズに合わせます。

メインの材料はもちろん「枝」

CA390547.jpg

指の太さほどのものが作りやすいです。
写真の枝は実家に転がっていた梅を剪定したものです。
生木は適度に乾かしてから使いましょう。

この枝のできるだけ中心に、垂直に深さ5cmほど穴を開けます。
※突き抜けません!※
この穴の深さで音が変わります。

浅いと高音に、深くすると低音になります。
竹のような中空のものにぴったりの丸棒をいれ、トロンボーンのように
調整できるように作ると子供に喜ばれますが、ホントは作った本人が一番楽しいw

CA390549.jpg

写真はすっかり中心からずれています(笑)
ボクは万力に固定して電気ドリルで開けました。
ボール盤や万力があれば簡単にできますが、なくても大丈夫。
手で持って穴を開ける時は自分の手にも穴を開けないように、怪我に注意です。

枝に穴が開いたら抜け口の加工です。
のこぎりで「レ」の字形に切込みをいれます。

CA390552.jpg

ドリルで開けた穴の直径の3分の1ほどのまでのこぎりで垂直の切込みをいれ、
さらに斜めに切り、やすりで形を整えます。
斜めに切るときにはナイフなどを使っても。
斜めに入れたのこぎりの刃の角度で抜け口の長さが変わってきますが、
5mm前後でしたら大丈夫。
この抜け口の場所、大きさでも音が変わります。
色々試すのも楽しいですよ。

丸棒を使って吹き口の加工です。
丸棒は手に入りやすい6~8mmがいいでしょう。
ボクは加工しやすいアルミの丸棒6mmを使いました。
安価なセットのドリルの刃に6mmの刃があるのと
アルミの丸棒も1mで350円ほどと安いためです。
もちろん、木の丸棒を使ってもかまいません。

やすりを使って丸棒を写真のような半円形、かまぼこ(笑)を作ります。

CA390551.jpg

一応、流速が・・・なんてコトを思い吹き口側が薄く
「レ」形の抜け口側を厚く作っていますが、
同じ厚みの、まさにかまぼこ型にしてもちゃんと音は鳴ります。
枝に開けた穴や抜け口によってが合う吹き口も違いますので
いくつか用意し好みの音の物を選ぶようにするのもいいでしょう。

吹き口に長めに作ったかまぼこを差し込みます。

CA390554.jpg

この状態でかまぼこを前後させながら音を出し、一番音のいいところを探します。
場所が決まったらかまぼこにマーキングし、吹き口から飛び出さないようにカットします。
これを瞬間接着剤で接着します。

CA390558.jpg

完成!
あとは鼻の脂でも塗って布で磨いておきましょう。
写真のように吹き口の切れ端を斜めにやすりで落とし
穴をあけ紐を通すのもいいですネ。

1mmほどの穴を開け、リコーダーのように穴を指で
閉じたり離したりするとピロピロと鳴るようになります。
長いのを作って音階をつけたら面白いかもしれません。
工具で怪我をしないように注意して作ってください。
いい加減に作ってもけっこう良い音で鳴りますよ!

音の鳴るものを子供にあげるとうるさいんだよね、と思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

鼻の脂じゃ、と思う方はリンシードオイル(亜麻仁油)や蜜蝋を塗っておきましょう。
 


ナイトキャップ

町に、といっても田舎なのですが、垂れ込めていると渓流のせせらぎ、
山のざわめきが恋しくなってきます。
特に今の時期は「がさ」っと背後で物音がすると獣がいるのでは?とふりかえります。
しかし音の主はただの落ち葉・・・

091106_2323~0002

ベッドサイドで角瓶の湯割り。
道具はもちろん、山へ持ち出す愛用品。
半分に折ったシナモンスティックを入れます。
これが昼間、コーヒーを飲みすぎて眠れない脳への鎮静剤。
火の青に水や空の青さを、壜の中身の琥珀色に落ち葉の色を重ね、
シューっと言うアルコールストーブの燃焼音を聞き、
がさ、っと言う落ち葉の音やざらざら流れる渓の音に思いを馳せます。

隣で寝ている長女の歯ぎしりを聞きながらですがネ(笑)
当ブログより面白いブログを探すのにも便利です。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます。
皆様の一日が素敵な一日になりますように・・・

冷え冷えのシグ

先日シグボトルのことを書いたのでそれに関したグッズをもうひとつ。

イノアック氷太クンペット



普通の保冷剤は0度程度ですがこれはマイナス16度と破格の冷え方。
これをモンベルのボトルホルダーの一番下に入れ、シグボトルを入れます。

今まで使っていた0.6リットルモデル

DSC07764.jpg

ボトルの肩が出てしまいます。

今回当たった0.4リットルモデル

DSC07765.jpg

ぴったりで口のゴムを閉めることができました。
これでヒエヒエのアイスコーヒやお茶を飲むことができます。

このサイズでも恩恵を受けることができるのですが、
やはりコレは大きいサイズのものを買って、
クーラーボックスの中に入れて使う、というのがお勧めです。
屋外にアイスクリームを持っていったり、釣魚を現地で凍らせたり。

しかし昨日、今日と寒いですネ。

これから寒くなるこんな時期より
夏場に紹介するべきだ、と思った方はクリック!
当ブログより面白いブログを探すのにも便利ですよ!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます。
皆様の一日が素敵な一日になりますように・・・
プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック