B!

当たったぁ・・・!

長らく懸賞になんか応募することもなく当たったことがなかったのですが、
気が向いて久しぶりに応募した
「富士山からはじめよう 2009」のキャンペーンに応募し、当選しました。

DSC07729.jpg

ホントは第一希望のスキンズのロングタイツが欲しかったことはナイショです。



富士山に登りたいと思い、アウトドア用品店でもらってきた冊子です。
モノが当たったから言うわけ(笑)ではないのですが、なかなか参考になる冊子です。
登山コース、コースタイムがしっかり載っているのが嬉しい。
来年のためと思い、プレゼントも外れたと思っても(←オイ)、シーズンが終わった今でも
この冊子をボクが保管してあることでもこの冊子のよさが想像できるでしょう。
来年もキャンペーンをするようなので2010年度版も探さないと。
というより来年こそ富士山に登るぞ!

さて、何が当たったかというとシグボトル。

DSC07730.jpg

あれ?持っていなかったっけ?と思った方は→コチラ
これでボコボコのボトルを引退させてあげることが出来そうです。

おととい届いたのですが、すっかり懸賞には外れたものと思っていました。
色を選ぶことが出来たので当落を決めた後に印刷したのでしょう。
それで時間が掛かったのかもしれません。
しかしどんなものでもやはり当たると嬉しいですネ。
ああ、壁や他の車に自分の車を当てるのは嬉しくありません、安全運転を・・・

今回いただいたのは0.4リットルのモデル。

DSC07733.jpg

隣のボコボコのものが今まで使っていた0.6リットル。
ちょっと小さくなりますが、たくさん水分が必要な時には
プラティパスをもっていけばいいかなと思っています。

最後にこの場を借りて
「富士山からはじめよう」キャンペーン実行委員会さんにお礼をしたいと思います。
来年も応募しますのでその時は是非ともスキンズのタイツをお願いします!

この勢いに乗って宝くじも・・・
そりゃ無茶だ!と思った方は下のバナーをクリック!
当ブログより面白いブログを探すのにも便利ですよ!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます。
皆様の一日が素敵な一日になりますように・・・

愛飲のフレンチロースト

先日むつみ屋さんへのレスでちょこっと書きましたが
愛飲のコーヒーはもうこの10年ほどスターバックスのフレンチロースト。
諏訪湖周辺にスターバックスがないため他のダークローストへ浮気をしたこともありますが
結局、僕の好みはこのフレンチローストだと確認するだけでした。
以前京都に住んでいた時には何かのついでに買ってくることができたのですが、
今はこれ、車で1時間ほどの町のお店にしかないのです。
そこじゃなければ一番近いところは高速道路のサービスエリア(笑)
250gで1300円という値段はともかく、とにかく不便なんです。

先日、近くの雑貨屋さんの広告にスターバックスのフレンチローストが
本日限り、2袋限定販売1.13kgで2500円という広告が入っていました。

購入してきたのがこれ。



いやぁ、想像以上に大きい!
保存用のガラス壜に入れても半分以上は入りません。
壜に入らない分は袋ごとジップロックにいれ冷凍庫へ。
しばらくコーヒーの心配はいりそうにありません。

これ、調べてみるとコストコに売っているようですね。
そしていろんなことを商売にされている方がいらっしゃるようで、
コストコの商品を代理購入するお仕事をされている方も。
3000円+送料ほどで送っていただけるみたいです。
少量パックの新鮮さをを取るか、通販の便利さと値段を選ぶか悩むところ。
こんなものを発見すると近くにコストコがある方がうらやましいです。

時間を見つけて野良喫茶店にでも行って来ようっと。

右手人差し指の爪が割れない程度の力強いクリックをお願いします。
当ブログより面白いブログを探すのにも便利ですよ!

当ブログより面白いブログを探すのにも便利ですよ!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます。
皆様の一日が素敵な一日になりますように・・・

リバーウォッチングとキノコ

竿を持たずにいつもの渓へ。
ボクのお気に入りの小渓流は恋の季節でした。



携帯のカメラで撮ったのでイマイチわかりにくいですが
写真の真ん中、2匹ペアリングしているのがわかります?
婚姻色をまとったイワナでした。
くるぶしほどの流れで小さい魚を追い払いイチャイチャw
ある程度ストーキングしていますが、
カメラを持った腕を1mほどの近さまで近づけてもまったく逃げる様子がありません。
産卵期になるとそれほど警戒心が薄れるんでしょうか?
それとも釣り人のプレッシャーはそこまで高いのかなぁ、と。
いずれにしても盛期では考えられませんね。

こうして秋にいつもの渓流を歩くとビックリするほどの魚と会うことができます。
盛期でもイブニングを狙っていけばいいのでしょうが、
この薄暗い渓に一人で夕方から入りたくないんですよね。
熊もいるし。

こうして川を見ながらのんびりと上がっていったのですが、
フェルトソールのウェーダーと違い長靴のためさすがに滑ります。
岩の上でダンスを踊り、デニムがびしょぬれに。

CA390534.jpg

ああ、冷たい!
イバラなどの引き裂きには強くガンガン歩けるんですが
一度濡れると乾きにくいんですよね。
全身コットン素材の服を着ていたのでずぶ濡れになったら
「本日終了~」、とになるところでした。
この程度の濡れ方でよかった。
みなさま、外遊びウェアにはウールか化繊デスゾ!

キノコはエノキダケに

CA390533.jpg

ムキタケに

CA390527_20091022120029.jpg

チャツムナメタケ。

CA390545.jpg

それに写真にはないですがハナイグチ。
おなじみのメンバーです。

そして休憩時には野良喫茶店を開きました。

CA390526_20091022120029.jpg

ストーブはお湯を沸かすのに時間は掛かりますが軽く静かなトランギア。
それにあわせてヘコヘコに曲がったトランギアのケトル。
松の木の根元でコーヒを淹れて一休みです。
まあ、ゆっくりいきましょう。

びしょ濡れ・・・えらい違いです。
濡れた自分の足元を見て言うのとベッドの中で言うのでは。
そのとおりだと思った方はクリックを。
当ブログより面白いブログを探すのにも便利ですよ!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます。
皆様の一日が素敵な一日になりますように・・・

もちろん、言うまでもなくベッドの方は娘のおねしょですゾ。


雨飾高原露天風呂

温泉カテゴリ作成のため
アオリイカ釣り記事と分離しました。
20110215追記

雨飾高原露天風呂へ。
トンネルとトンネルの隙間に小谷温泉へ向かう道があります。
長野から新潟に向かう時には「小谷温泉」とわかりやすい看板がありますが、
新潟から長野へ向かうと曲がる場所がわかりにくいです。
ボクも一度通り過ぎました。

雨飾荘という看板を目安にみちなりに登っていきます。

CA390532.jpg

その雨飾荘のちょっと下に目的の露天風呂があります。
この看板を通り過ぎたあたりに駐車場があり、
ブナの林の中へ登っていく遊歩道の先に目的の脱衣場と露天風呂がありました。

タイミングよく貸切。

CA390526_20091015001405.jpg

透明で少しだけヌルヌルする感じのお湯。
口に含んでみると微妙にしょっぱいお湯です。
写真左上のミズナラの根元から源泉が出ています。
そしてその木にはムキタケが。
しかしさすがに採ることはできません。
すぐ上に女風呂もあるし、裸で木になんか登って見つかったら・・・(笑)

暗かったら困るなあ、と思いヘッドライトも持って行きましたが電気はありました。
ちゃんと管理されていますので不快な思いをすることもありません。
料金は寸志ということですが、標準的な立ち寄り湯の料金分くらい入れておきましょう。

次回はセルフポートレイトでのボクの露天風呂ヌードを予定しています。
下のバナーのクリックが多く、ランキングが上がるようでしたら
皆さんの反対意見と厳粛に受け取り中止とします。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます。
皆様の一日が素敵な一日になりますように・・・

アオリ

この方の縄張りと思われるあたりを荒らしに行ってきました。
親不知漁港へアオリイカ釣り。



14日はぽっかりと予定が空いてしまったのと、
嫁さんが娘の遠足用にお弁当を作るのに乗っかって
ボクの分のお弁当も作ってもらいました。
それを持って釣りに。

片道160km程なんですが、岡谷を抜けて豊科までが長い。
そこだけ高速に乗ってしまえば自宅から3時間ほどの道のりです。
娘を送ってから向かったため結局到着は12時半、
お弁当を食べてから早速しゃくり始めました。
半袖でもいいくらいの暑さ、出掛け諏訪湖周辺でボクはフリース着ていたぞ。

こんにちは、と挨拶したおじさんは塩尻から来た、と。
なんか困ったことがあったら声掛けてナ、と優しい方。

漁港の中にも見えるんです。
白くなったり黒くなったり、やる気のあるそうなイカが・・・
2杯のイカがエギに触ってきたんですが、海中に墨を残して立ち去りました。
港内で少し遊んだ後、堤防に乗り外海に向けて小さめのエギをキャスト。
しばらくしてフグゲット(泣)
みなさん、フグは堤防の上では生きていけません。
キープしない魚はどんな魚でもすべて水の中にリリースしましょう。

足元ですごい勢いでイカが沸いてきます。
パタパタッっとコロッケサイズを2杯ゲット。

ひとまず釣ることができたのでサイズアップを狙い3.5号へとエギを大きくします。
ワンキャストで大き目のイカが2杯エギの近くで白黒して付いて来ます。
見える場所でパンパンッとしゃくってフォール中に大きい方がエギを抱きました。

CA390521.jpg

今秋最大の胴長18cm。
これだけ大きければ良く引きます。
堤防の上に引っこ抜くのもひと苦労です。
次はギャフを持っていかないとダメかな。

サイズは上がりませんでしたがその後数杯釣ったあたりで
風が出てきてイカが見えなくなってきました。
家族で刺身にする分くらいは釣れていたので終了としました。

窓を開けて走るとボクの大好きなキンモクセイの香りが漂ってきました。
諏訪湖周辺では寒いためにキンモクセイの木が育ちにくいのか
あまりキンモクセイの香りがしないのです。
さて、トイレにでも行くかw

温泉カテゴリ作成のためこの後の雨飾高原露天風呂はこちらへ移動します
20110215


ヘミングウェイも愛したブーツ

ボクは自分で言うのもなんなのですが比較的、物持ちがいい。
モデルチェンジしないもの、丈夫なものを使うということで
結果としてそうなるのかもしれません。

このLLビーンのガムシューとかビーンブーツ等と言われる
メインハンティングシューはかれこれ18年間履いています。
ヘミングウェイがハンティングのお供に、と推薦したとか。

DSC07591.jpg

ぼろぼろになったタグ。
もちろん、いまでは毎日は履きません。
夏の暑い日の雨には足が非常に蒸れ、
保温材が入っていないので真冬の雪の日には足が冷えるため履けません。
まあ、買った頃はそんなの関係なく履いていたんですが・・・
それぞれに快適なブーツが増えたというのが一番の理由でしょうか。
そんなことで秋と初夏の雨の日用となっています。

常々思うのですが、このブーツのイメージはなんとなく「豆」なんです。

DSC07594.jpg

形はソラマメっぽいし甲の部分のデコボコがなんだかそう感じてしまうんです。
別名「ビーンブーツ」だから豆っぽくて当然?

チェーンソールがそろそろ・・・

DSC07592.jpg

このソール、新品の時からですがデパートなどの
つるつるの床に濡れたままで乗るとものすごく滑ります。
実際、そんな環境で使われることなど想像もしなかったのでしょう。
真価は湿地や沼地、大自然の中で発揮されます、というかされるのでしょうね。
管理釣り場に履いていくくらいでハンティングになんか行かないですもんw

まあ、この写真で見るとおりそろそろ張替えですネ。
新品が買えるほど張替え代が掛かると聞いていますが、
まあ愛着のあるブーツですので仕方がないかな、と思っています。
ゴム部分にはハンターのUVテック、皮にはミンクオイルで手入れをします。

DSC07583.jpg

気が向いたときに手入れするくらいでほとんど履きっぱなしですが
皮はもちろん、ゴムもひび割れひとつしていません。
素材、作り方が良いんでしょう。

防水のトレッキングシューズ緑の長靴中心で外遊びをしていますが、
古くからの友人、メインハンティングシューをもっと履いて遊びに行こうかと思っています。

ギャッツビーの岩尾がキムタクになるCMを見て
嫁さんに「今すぐ買ってきてくれ!」と頼んだいわなたろうです。
同じ気持ちの方、クリックを!
まあ、自分の顔が一番好きではありますが、1日くらいキムタクになるのも悪くないな・・・
当ブログより面白いブログを探すのにも便利ですよ!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます。
皆様の一日が素敵な一日になりますように・・・

  



洗浄剤ってスゴイ!

先日分解してほとんどの部品を捨てたジムニーのエンジン。
ピストン、コンロッドとバルブだけは記念(笑)として残しておきました。
8万キロほどで中古で購入しボクが2万キロほど乗った車のエンジンのピストンだけあって
そのままではあまりにもカーボンとスラッジで汚れているためまずは灯油漬けに。

CA390519.jpg

灯油攻撃1週間後。
まるで変化がありません。

埒が明かないので工具屋さんに行ったついでにこれを買ってきました。



サンエスK-1
なんと運よく3割引の500円チョイ。

これをお湯にといて使いました。
溶かす比率もちゃんとありますが、再利用しないものばかりなので適当です。
お湯に溶かすというか、まどろっこしいことがあまり好きではない性格なので
廃材のミルク缶を利用しこんな感じに・・・

CA390522.jpg

トランギア大活躍です。
60度から80度で、ということだったのですが、
アルコールの量が多く沸騰させてしまいましたw

CA390523_20091010225934.jpg

部品の再利用を考えている方はもちろん沸騰させない方がいいでしょう。
液につかっている部分は5分ほどで銀色に。
カーボンもほとんど落ちています。
3時間ほど置いて歯ブラシでこすると
あれだけピストンについていたカーボンも落ちピカピカ。

水洗いし、乾燥。

CA390526_20091010225934.jpg

コンロッドのあめ色もすっかり綺麗になりました。

CA390527.jpg

中古で購入した車で前オーナーのオイル管理が悪かったのと
ボクがオイル下がりでしばらく乗り続けたこともあって
コテコテにカーボンが付いていたのですが、それが見事に落ちました。
金属用の洗浄剤なのですが説明文にも載っているとおり
軍手などの油汚れにもの洗濯にも、床の油落しにも使えます。
間違えて洗浄剤を直接触ってしまったのですが、
確かに皮脂が落ちて少しカサカサしましたが
苛性ソーダを触った時のようにヒリヒリはしません。

これだけ簡単にカーボンが落ちるとなると
ヘッドだけでもオーバーホールをしたくなりますね。
しかしきっと何事も起こらなければこの冬はこのままです。
そう祈っていてください(泣)

オイル漏れはオイルが入っている証拠、なんて思った方はクリックをお願いします。
当ブログより面白いブログを探すのにも便利ですよ!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます。
皆様の一日が素敵な一日になりますように・・・

キノコ狩りで拾った嬉しいツノ

台風が近づいて来ているんでしょうか、夕方になって雨が強くなってきました。

雨の止み間を狙いキノコを採りに行ってきました。
先日釣りに行った時に見つけた倒木にムキタケがたくさん。



下から見てムシの食っていないものだけを選んで収穫します。
このキノコ、選んで採らないとムシが卵を産んでいたりしてうちへ帰ってびっくりします。
今年、よく採っていますがおいしいきのこです。

ヌメリイグチ

CA390526.jpg

今年はハナイグチやヌメリイグチは出来が悪いのですが、こんな雨模様の中
キノコを採りに来る方はあまりいないと見え、まあ、そこそこ。

チャナメツムタケ

CA390523.jpg

ジナメコとも言われますね。
くりっとした可愛らしいきのこです。
もう少し開いた方が土臭さがなくなりキノコ汁にはおいしくなります。
今日は汁物にしたのですが、串に刺して直火で焼いて
こんがりとしたところにポン酢をかけて食べるとまたおいしいです。

勝手に採って来たキノコを検索できるサイトを張らせてもらいました。
ここ、非常に便利です。
採る時にハンディ図鑑でみて、うちに帰ってきてからもう一度ここで確認。
自分でひと口食べ、あたらないことを確認してから家族に振舞いましょう。

今回キノコを探して草を足で分けていたら固いものにあたりました。
ん?と思い探ってみると鹿の角!

CA390515.jpg

鹿って山でよく見かけるのに角を見つけることが少ないような気がするんですよね。
頭蓋骨つきでちょっと拾いたくないなぁ、と思ったり。
みんな拾って帰るんでしょうか?
しかし嬉しいなぁ、何に使おうか。
ランディングネットの柄にしようか、ナイフのグリップに使おうか・・・
しばらく帽子掛けとかにして飾っておこうかな。

上の娘が最近カタカナまできっちり読めるようになったのですが
某歯磨き粉を読み間違えて「そこの『クソ○カ』取って~」
ヤメロ!
白いだけで出した時のあの形・・・まあ、確かに。
口に入れるものでの意図しないシモネタにすっかり笑ってしまったいわなたろうでした。

一緒に笑ってしまった方、クリック!
今日は人(娘)のふんどしで相撲をとることにしたいわなたろうでした。
当ブログより面白いブログを探すのにも便利ですよ!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます。
皆様の一日が素敵な一日になりますように・・・

おウチでスベア

天津甘栗を買ってきました。



結果としてそうなったのですが、1000円で8袋って安いですよね?
毎日食べないと食べ切れない量なんです。
冷たくてもおいしいんですがオーブントースターでほんの少し温めるとまたおいしい。

んん、トースター?ということで・・・

CA390481_20091002153645.jpg

プリムスのトースターを出してきました。
このまま外に持っていくにはあきらかにピカピカ過ぎw
まあ、表面のコーティングを剥がすのが目的でしたので。

栗を温めるには火力が強く、このトースターの真ん中にはおくことができません。
しかも気をつけていないと黒焦げに・・・
ナカナカこれが難しい。
しかも熱くて触れなくなってしまいます。

嫁さんいわくニヤニヤしながら道具を出してきて余熱して火をつけるあたりで
オーブントースターだったらもう出来上がってる、と。
ごもっともw

CA390482_20091002153645.jpg

スベア、ハンター用の別売りポンプ、これすごく便利なんですが最近見かけません。
どうしたんだろう?カタログ落ちしてしまったんでしょうか?
構造もそんなに難しいものではなさそうなので
旋盤を扱える方でしたら作れそうなんですが。

ああ、卓上旋盤欲しいナ。

買ってきたり拾ってきたり栗を大量消費しています。
ガス製造機となっているいわなたろうのためプスッとクリックをお願いします。
当ブログより面白いブログを探すのにも便利ですよ!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます。
皆様の一日が素敵な一日になりますように・・・

今シーズンの思い出

まず最初に。

写真のハナシでボクの予想に反してランキングが上がりましたので
ノミ並みの脳で猿並みの反省をすることにします(泣)

ボクが夜中にお酒を飲むための肴として、今シーズンの思い出をここに。

4月後半、地元の川ながらも今季始めて訪れた細~い谷で。



どピーカンの昼間に釣れた1匹。
幅の広い綺麗なアマゴでした。

尺には遠く及ばなかったのですが、記憶に残るアマゴでした。
初めての川での結果というのが良かった。
この写真、実は携帯電話のカメラで撮ったものです。
ボクが奇跡の一枚と呼ぶ写真のひとつ。
腕でも、カメラが良いわけでもありません。

4月頭に釣ったイワナ

DSC05631_20091002105630.jpg

オオクママダラカゲロウのハッチに絡む釣りで
予想がバッチリはまり、しかも運も味方につけ釣ることができた1匹。
アレは気持ちよかったぁ!

あめ色のヤマトイワナ

DSC05931_20091002105630.jpg

4月中旬に大釣りした日に釣れた内の1匹です
なんとも艶やかでたまらない魚でした。
イワナの個性が際立つ1匹でした。

盛期の天竜川水系のアマゴ

DSC06318_20091002105630.jpg

盛期の魚らしく、幅の広いむっちりとしたアマゴでした。
鼻先から背びれに、またそこから尾びれに向かう直線に近いラインがきれいですね。
ここのラインがゆるいとなんとなくまだ幼さを感じます。
かっこいいなぁと思うアマゴの写真はオスの鮭の顔つきに近いような気がします。
成熟するとこんな顔になるんでしょうか。

こうしてみると結構たくさんの写真を撮っているもんだなと思います。
「一投入魂!」みたいな撮り方をしなくなったという弊害はありますが
後からいらない写真を消すことができるデジカメはやはりありがたいですよね。

マクドナルドのCMの平日ランチタイム11時~14時の矢印を見て
フライキャスティングの振り幅と一緒だ、と思ったアナタ、ボクと一緒で病気です。
患者数の調査をしていますのでバナーをクリックしてください。
当ブログより面白いブログを探すのにも便利ですよ!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます。
皆様の一日が素敵な一日になりますように・・・
プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック