B!

そんなに早く水は引かないよなぁ

こんにちは。
みなさんの住んでいるあたりの天気は良いですか?
諏訪湖周辺は夏なのに毎日曇り、夏なのに楽しくないくらい涼しいです。
夜なんて窓を全部閉めて薄手の布団を掛けて寝ています
もちろん今年、クーラーなんか使うことなんかアリマセン。

そして山はたっぷり保水しているようです。

昼過ぎからちょっとだけ、
試作のニンフ、ウェットフライ用のノッテッドリーダーのテストを兼ねて、
今後のため昨日の状況からどれだけ回復しているか確認のため同じ川へ。

今、これを書いている今も雷雨、土曜、日曜日も雨のようなので
今日の雨の「やみま」を逃すとまた水が増える!

          

濁りはバッチリ取れています。
しかし水位はまだまだ高い。
何とか川を渡ることだけはできるようになっていました。

増水するとフライを流せる場所が少なくなってしまうため
魚の活性は高くても釣り自体が難しくなってしまいます。
ボクとしてはこの時期、渇水の源流域をショートロッド、ショートリーダーで
ストーキングしながら釣り上がるのが好きなんですよね。

昨日と同じようなフライで。

          CA390412.jpg

本当だったらこの川にいるはずのイワナは君じゃないはずなんだけどナ。
でも会えて嬉しいよ。

ホント、例年だったら天候も釣果も安定しているはずの頃に良く降るなぁ。
おかげで今年は水面直下の釣りをよくしているような気がします。

このままでは体からキノコが生えそうだ、と思う方は力強いクリックをお願いします。
イヤ待て、ボクにはエノキdrftgyhujiko・・・(自主規制)
当ブログより面白いブログを探すのにも便利ですよ!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

いつもクリックありがとうございます。
皆様の釣行、山行日が素敵な一日になりますように・・・

ムリヤリ釣行

今日の夜半に雨が降ったものの、ここ数日の雨が昨日の朝ようやく上がりました。
支流の上流だったら何とかなるかな、と思い天竜川水系の支流へ。

やはりその支流の下流域は絶望的な水量。
そのまま上流に向かいます。

          

笹濁り、とは言えいつもある川原がありません。
普段の1.5倍ほどの水量でしょうか?
水量も多かったのですが流れが速く
支流の上流なのに渡渉できない程の水量でした。
とにかく河畔林から様子を見ながら川に降り、拾い釣りをすることにしました。

          DSC06642.jpg

TMC100#14に巻いたボディはゼンマイの綿毛、
ハックルはコックデレオンのチカブーのウェットフライで探っていきます。
水量の多い今日はさすがにフライから5cmほどの場所にショットを取り付け、
鮎釣り用の目印をフライから30cmほどの場所に付けてアウトリガーで探っていきました。
反応はあるもののフッキングしません。

          DSC06632.jpg

なんとか6寸ほどの世間知らずのおチビちゃんを釣り
1時間ほどでこの修行のような釣りを終了としました。
あ~、釣れて良かった!なんて思う今年はやはり気候がおかしいですね。

蒼井そら いや、青い空が恋しいと思う方は力強いクリックをお願いします。
まあいいや、ランキングが上がれば蒼くてもどっちでも・・・
当ブログより面白いブログを探すのにも便利ですよ!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

いつもクリックありがとうございます。
皆様の釣行、山行日が素敵な一日になりますように・・・

バラバラ・・・

マランツCD-72F。

15年ほど前になんとなく入ったマニアックな個人経営のオーディオショップで
お店の人に薦められるがまま購入したオーディオ。

          

このCDプレイヤーのように日本製のモノはともかく購入当時は円高で
アンプやスピーカーなどは新品でも手が出るほどの値段だったと記憶しています。
なんで今回の円高でシムスやスコット、ハーディは安くならないんだろう。

このマランツといい、ネイムオーディオ、ロジャースと当時何もわからずに買った
オーディオなのですが調べてみると今でも人気が高くびっくりしました。

当然、ボクにとって今でも文句の出ないほどの物なのですが
最近CDプレイヤーのトレイの開閉の調子が悪く
カタカタと音がしてすっきり開かなくなっていました。

昨日、ついに指で引っ掛けて出さないと開閉できない状況に・・・
まあ、ゴムが滑って空回りしているんだろうと思い分解することにしました。

          DSC06605.jpg

ずっしりと重いサイドパネルはダイキャスト製と思われます。
すねの上に落ちてきて痛かった!
分解しないとわからないのですが、銅メッキのシャーシがカッコいい。

          DSC06611.jpg

分解した結果、駆動プーリーギアがバラバラになっていました。
欠片が他の回転部に引っかかる等の影響が出ないように全部取り出し、再組み立て。
ひとまず指などでトレイを引き出し、CDを入れることで対応できそうです。

このプーリーギア、オークションなどで3000円程度で出品されていますので
自分で分解できれば安価で修理できることがわかりひと安心。

どんなものでも作るときに多大な労力、エネルギーを使います。
ちょっと高価でも良い物を買って修理しながら10年単位で使う、
最近はこういう買い物がしにくくなってきましたね。

君にはマランツのオーディオなんかよりボクのマラDrftgyhujiko・・・(←自主規制)
「言わせねーよ!」と我が家風にツッコんでしまった方は力強いクリックをお願いします。
当ブログより面白いブログを探すのにも便利ですよ!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

いつもクリックありがとうございます。
皆様の釣行、山行日が素敵な一日になりますように・・・

カブトムシ捕り

川はどこへ行っても増水、濁流のため北杜市にカブトムシを捕りに行って来ました。
娘のために、と言う名目、本当はお父さんが一番楽しいw

わが娘はカブトムシなどは結構好きなため
くすぐったい、などといいながら腕を登らせて遊んだり、
ボクが「そのままわきの下の中にまで登ったらどう?くすぐったいかな?」と言うと
そのことを想像してくすぐったくなってクネクネしたり。

         

カブトムシ超有名スポットの北杜市へ。
みごとな台場クヌギですがここはカナブンとスズメバチ天国。
久しぶりにあんなデカイスズメバチを見た・・・

          CA390392.jpg

クヌギの木から樹液垂れまくりです。
カナブン同士がギシギシと場所の取り合いの喧嘩をしていました。
昼間だからなのか、なかなかカブトムシやクワガタにはあえません。

うれしかったのはこれ。

          CA390390.jpg

オオムラサキ。
僕は以前から見たい見たいと思っていた蝶だったのですが、
今回始めて見ることができました。
非常に存在感のある蝶です。
写真だけ撮らせてもらいリリース。

結局台場クヌギ周辺では捕れず、近くの林の中のまだ小さい木の根元の
樹液が出ている場所でカブトムシの雄3匹、雌1匹捕獲に成功しました。
クワガタはコクワガタの雌雄。
雄2匹と雌1匹を残しリリースし、夕立の中帰ることになりました。

          CA390395.jpg

見つけた瞬間に興奮のあまり、つい写真に収める前に捕ってしまい
樹液を舐めるカブトムシの写真を撮れませんでした。
うちに戻ると親子で10箇所近く蚊に食われていました

ホント、オヤジが子供に戻る瞬間です。

中身は子供、体だけ大きくなってしまったボクのような方は力強いクリックをお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

  




増水!

今日、昼にかけての1時間半ほど、間違いなく増水していると考えられる
天竜川最上流部へ花の写真を撮りに行ってきました(泣)

          

ワスレナグサとも言われるヤブカンゾウ。
朝まで降っていた雨が花弁に輝いています。

          PA0_0013.jpg

ヤマホタルブクロ。
山はもう夏の花でいっぱいです。

          PA0_0010_20090724161650.jpg

オニヤンマが川原でハッチしていました。
目の色はこれからグリーンになるのかな?

          PA0_0014.jpg

水は通常の3~4割増しくらい。
このまま雨が降らなければ日曜日くらいに丁度よくなるでしょう。

魚の反応はライツロイヤルに飛び掛ってきた小指のようなヤツと
ハードシェルアントに出たなかなか良いサイズの2つ。
両方ともフッキングしませんでした。

マ、ボクは釣果至上主義ではない、と言っておきましょうw

子供には「ウソツキは泥棒の始まり」って教えてるくせに!
と思ってしまった方は下のバナーをクリックしておいて下さい。
ランキングが上がるたびにいわなたろうは反省することでしょう。

当ブログより面白いブログを探すのにも便利ですよ!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

いつもクリックありがとうございます。
皆様の釣行、山行日が素敵な一日になりますように・・・

シマザキ・リールフィックス

何だかこう、ぱっとしない天気が続きますね。
釣りに行こうにも豪雨、そしてようやく水が引いた頃にまた雨・・・
今日は昼から台風のような強風。
東北地方では7月26日から低温に関する異常天候早期警戒情報が発表されましたね。
夏なんだからもっと暑くなってくださいナ!

ボクは37℃前後と先日娘をプールへ連れて行ったときに
日焼けし過ぎなのか微熱が続く毎日。
まあ、そんなわけで3連続の道具関係のオハナシ。

愛用のタックルの中にオービス スーパーファインシリーズティペットがあります。
里川に行く時は8割程の割合で登場していただいています。

          DSC06573.jpg

3番ロッドながら空気抵抗の大きいフライもターンさせ、
重いニンフにヤーンマーカーを付けても使いやすい名竿です。
短めのリーダー、ティペットで#14位のカディスなどを
使うとオーバーターンしてしまうくらい。

しかし最近グリップの方はまだ気にならないほどなのですがシートのコルクが痩せ、
リングがリールフットの付け根によってイマイチバランスがよくない状況に。
ボクのお腹周りは努力の甲斐もなくムッチリしていく一方なのに・・・

          

大事なのはブランク、ガイド配置などのデザインなのでグリップを含め
リールシートを交換してもいいのですが、どうにもならなくなるまでの
対処療法としてシマザキ・リールフィックスを購入してみました。
5枚で367円とつい買ってしまう微妙な値段。
このくらいの値段じゃなければ購入しなかったでしょうw

施工前

          DSC06574.jpg

施工後(2枚重ね貼り)

          DSC06578.jpg

このくらいじゃないと見た目のバランスがよくありません。

これでだんだん緩んできてリールがシートから外れ
悲しい落下、そして水没ということがなくなるはずです。
ウッドリールシートのキズ予防にもいいみたいですね。

          DSC06584.jpg

一番長いところで実測60mm。
ハーディ ライトウェイト3兄弟やオービスにはぴったりです。
合わないようでしたらカット、貼り合わせで簡単に対応できますね。
なんていっても両面テープつきのゴムですから・・・

しかしこの値段、リールシートのコルクが痩せて
リールのフィットがイマイチになってしまった方、お勧めですョ。

水を飲み、空気を吸っているだけなのにお腹周りがムッチリしてくると思っている方、
きっと空気や水にもカロリーがあります。
この意見に賛成の方はぜひ下のバナーで投票を!
当ブログより面白いブログを探すのにも便利ですよ!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

いつもクリックありがとうございます。
皆様の釣行、山行日が素敵な一日になりますように・・・

瞬間接着剤の硬化促進剤

目新しいものではないのですが、
こんなに良い物をなぜもっと早く使わなかったんだろう!
と思ってしまった、瞬間接着剤の硬化剤です。
瞬間接着剤とは言うもののコーティングなんかに使う場合
硬化時間は「瞬間」ではないんですよね。

          

アロンアルファのものは昔からセットになって売っていたのを
覚えていますので本当に目新しい物ではありません。

接着剤は100均のもので充分。
4gも入っています。固まる前に使いきれるかなぁ・・・

          DSC06555.jpg

僕の持っている硬化剤は刷毛で塗るタイプ。
塗る順番(瞬間接着剤→硬化剤の順)を間違えなければ
瞬間接着剤を塗布するニードルがフライにくっついたりすることはアリマセン(経験済みw)
フライの場合は上記の順なのですが、たとえば瞬間接着剤がしみ込む木材同士を
貼り付けるときは硬化剤を塗ってからでないと張る前に表面で硬化します。

          DSC06554.jpg

パラシュートのポスト、ハードシェルアントやピーコッククイルの
アブドメンのコーティングにと、非常に使い勝手が良くなりました。
一番困る白濁りもおきないし、一瞬で硬化するため硬化を待つために
バイスから作りかけのフライを外す必要もありません。

特にパラシュートフライの場合、瞬間接着剤を使うと最低限の巻き数でポストを
硬くできるためとても軽くフライを作ることができ、
しかもポスト部に水を吸い込みにくくすることができるので
丈夫で軽く、良く浮くフライを作ることができます。

いやあ、回し者並みの絶賛ぶりw

ちなみにこのパラシュートのポスト、フローセントオレンジの
カーフテイルで巻いてあるのですが低光量、
たとえばイブニング、昼でも薄暗い渓ではダントツの激見え。
ということはカーフテイルやエアロドライウィングの量を減らすこともできますネ。
さらに良く浮き、ローインパクトとなると釣果も伸びるハズ。
使ったことはないのですが、エアロドライウィングのFLオレンジでも良く見えるはずです。

白濁、瞬間ではない硬化時間と瞬間接着剤の悩みを解決してくれた硬化剤、
もし使ったことがないようでしたら一度使ってみてください。

この硬化剤を使えばボクのバットもDrftgyhujiko・・・(←自主規制)
「言わせねーよ!」と我が家風にツッコんでしまった方は力強いクリックをお願いします。
当ブログより面白いブログを探すのにも便利ですよ!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

いつもクリックありがとうございます。
皆様の釣行、山行日が素敵な一日になりますように・・・


愛用の水筒たち

こだわり、というほどではないのですが、
愛用している水筒、ウォーターキャリーたちです。

まずは定番シグのボトルです。
400ccのモデルです。
水場がある場所や水を現地調達できる場所で使っています。

          

最近マイボトルブームで復権の兆しがありますね。

          DSC05527.jpg

すでにボコボコ。
名前を書いておかなくても自分のだとわかりますw
かなり凹んでいても中のコーティングは剥がれないのだとか。

冷水から常温専用のようです。
経験上、熱湯を入れても持つ時の熱さにさえ気をつければ
大丈夫のようですが自己責任で。

コレに緑茶の葉を入れた市販のお茶パックを
茶葉がパックから出ないように2重にしてボトルに突っ込み、
水を入れずに持って行き、現地で湧き水、岩清水を入れ
下記のボトルホルダーに入れてウェーダーのベルトに
吊るして1時間ほど揺らしておけば天然水の水出し緑茶の出来上がり。
これ、お試しあれ。
ビックリするほど旨いゾ!

モンベルのボトルホルダー。

          DSC05532.jpg

このボトルホルダーにぴったりシグのボトルが入ります。
もちろん500ccのペットボトルにも丁度良いサイズです。
シグボトルに熱いものを入れるのは大丈夫なようなのですが、
熱い飲み物を入れたシグボトルをコレに入れると
中の保冷用の銀色の表面が取れてしまいます。

しかしこのモンベルのボトルホルダーにペットボトルを入れたほうが軽いです。
しかもペットボトルでしたら数度使い、汚れたら交換できます。
ただ、ボコボコに凹んだりして「自分のもの」という感覚が湧いてきません。

プラティパス3.5リットルと1リットル。

          DSC05536.jpg

3.5リットルは水場のない、山岳部でのテン泊や
オートキャンプでも荷物を少なくしたいときに使っています。

1リットルはハイドレーション用に。

          DSC05539.jpg

チョビチョビと水分を摂取するには前述のシグボトルだと
バックパックを下ろしてボトルを取るか、
同行者に取ってくれとお願いするか、
無理やり曲がらない方向に手を伸ばして取るか。
バックパックのベルトにボトルホルダーでつけておくのは案外鬱陶しいのです。

1リットルモデルにはスポーツドリンクを入れることが多いのですが、
ちょっと飲み物の匂いがボトルの方に移りますが問題となるほどではありません。

保冷袋はあったほうがいいですね。
結露してバックパックの中身を濡らさずに済むだけでなく、
体を動かしている時に冷たいものはおいしく感じます。
いずれ生ぬるくなって来るのですが、
ぬるくなるのを少しでも遅らせることができたほうがいいでしょう?

          DSC05543.jpg

こんな吸い口を噛む事によって開き、吸う事で中身が出てきます。
ボトルに圧力が掛かっていても余計な時には出てきません。

もちろんフィッシングベストの背中のポケットに入れて使うこともできます。

プラティパスのキャップしか開口部がないモデルは洗浄後、乾燥しないんじゃないか?
とお思いになる方もいらっしゃると思いますが大丈夫です。
ブラシなどで中を洗った後、よ~く水を切ってねじ口を上にして広げて天日干ししましょう。
天気が良くて空気が乾燥した日でしたら冬でもきっちり乾燥します。
部屋干し用の洗濯用除湿機の空気の出口にねじ口を向けておいても。
高価なジッパー付きの物を買わなくても乾きます。

ハイドレーション用の水筒の中身にお酒を・・・と思った同士、力強いクリックをお願いします。
当ブログより面白いブログを探すのにも便利ですよ!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

いつもクリックありがとうございます。
皆様の釣行、山行日が素敵な一日になりますように・・・

ウェットウェーディング

いやぁ、梅雨も明けて暑くなってきましたね!
諏訪湖周辺の最高気温が31℃と体温に近くなってきました。
それでも信州の夏は湿度がないので助かりますがネ。

          

サムイサムイ言いながらライズを取っていた頃が懐かしい・・・
いつもこの頃になるとあまりの暑さに脱ぎたくなるのがウェーダー。
今日は昼間、短い時間しか遊べなかったのですが
渓に水遊びに行って来ました。

          PA0_0005.jpg

うーん、快適。

これの何が良いってウェーダーに比べ
車から渓、そして脱渓点より車までが快適なところ。
ネオプレーンの靴下を履いていても気をつけないと真夏でもウェーディング中は
足首までしか浸からないとしても水の冷たさで足が冷えてきます。

ゲーターはひざまでのものを選びましょう。
速乾パンツ1枚だけで打つすねの痛みは想像以上のものとなることでしょう。

飲める位綺麗な水の流れる渓ですることをお勧めします。
いろいろ試しましたが完全防水にすることは難しいです。

良く知った渓ではTシャツにジャブジャブスタイルで
パンツのポケットにフライボックス1個だけに最低限必要なものをねじ込んで水遊び!

んん?水遊びですよ。
魚なんて釣れなくても楽しめるんじゃないの?なーんて。

今日の魚の反応はいいんだけど、水が多くてイワナはフラフラしながら
フライにアタックするためフッキングが甘くなってしまいがちでした。
貴重な2匹は写真を撮る準備をしている最中に逃走。

          PA0_0006_20090715222630.jpg

お詫びにカメラを近づけても逃げないコイツで勘弁していただきたく存じます。
昔、コイツをフライで釣ってしまい非常に困りましたw


変わった外道を釣らないためのおまじない代わりにワンクリック!
外道って言葉はあまり好きではないのですが、ボクはコウモリを釣ったこともあります(泣)
当ブログより面白いブログを探すのにも便利ですよ!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

いつもクリックありがとうございます。
皆様の釣行日が素敵な一日になりますように・・・

ヨンモク釣り

海釣りに行ったのか?と思いましたか?

夕方からパワーを有り余らせている娘をどこかに連れていけとの
奥方の特命を受け諏訪湖にテナガエビ釣りに行ってきました。
今日のタイトルをテナガエビ釣りにしないところからわかるように
マヅメ時、曇りと好条件でしたがテナガエビについてはボウズ・・・

しかしなかなか楽しむことができました。

          

仕掛けは300円から400円で完成品が売っていますが
玉浮き3個、浮きゴム、針で300円ほど。
道糸はルアー用のライン。
仕掛け巻きは25年ほど前のものでしょう。
そしておそらく同じ世代の竹の延べ竿3本を持っていきます。

まずヌマチチブ。

          DSC06503.jpg

ハゼ系の魚は顔が可愛いですよね。

          DSC06505.jpg

コイツは大量に釣れまして、観察後リリース。
小さめのヤツはモゾモゾ、ツンツン、ギューンというエビ風のあたりで紛らわしいです。

時期はずれのワカサギ。

          DSC06502.jpg

できたら冬にお会いしたい。
2匹ではテンプラにもなりませんので大きくなっていただこうとリリース。

ブルーギル。
写真には撮りませんでしたが竹の延べ竿だと
5cmほどの魚でも良く引き楽しめます。
必ず針を飲まれてしまい針外しの偉大さをかみ締めることができました。

置き竿を持っていきそうになったクチボソ。
写真がありませんが良く引いたなぁ!
あとエビさえ釣れれば五目だったのにぃ、と当初の目的を忘れる一瞬でした。

童心に帰ることができた夕マヅメのひと時でした。

いつもクリックありがとうございます。
ランキングに参加しています。
キリの良い五目にしろよぉ、と思わずにはいられなかった方は力強いクリックをお願いします。
当ブログより面白いブログを探すのにも便利ですよ!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

雨上がりの千曲川源流

今朝、天気予報を見てみるとなんと昼から晴れそうではないですか!
しかし上川の様子を見てみると泥にごり。
この様子だと夕方までは釣りにならないなぁ、と思い
ブラブラと車を走らせていると支流域は濁りがありません。
コレはいけるぞ、と思い先日皆様にはナイショで玉砕した千曲川の某支流へ。

          

草の様子から判断すると平水の5cm増しくらい。
今朝まで結構な量の雨が降っていたのに濁りなんて皆無でした。

到着するとすでに昼。
今日はコーヒーとチキンラーメンのリフィル。

          DSC06452.jpg

クッカーはスノーピークチタントレック900。
で、そのカップを風防としてトランギアの
アルコールストーブに十字のゴトクをセット。
風防に使ったカップとアルコールストーブの間に
平らな小石を1つ敷くと効率がよくなります。
本格的なストーブは大好きですがこんなストーブもかなり好きだったりします。

標高1300m以上の渓なのでもちろんイワナ。
天竜川水系にすむイワナとは色合いが違います。
日本海に注ぐ信濃川、千曲川水系はニッコウイワナ系だとか。

          DSC06456.jpg

顔つきも模様、というか白点があるせいなのか
ボクには馴染み深いヤマトイワナのかわいらしい顔に比べ
何だか猛々しいような気がします。
なかなか良い型のイワナもキャッチしたんですが写真がイマイチでした・・・

          DSC06458.jpg

入渓しやすそうな場所にさしかかるとあまり反応が薄くなってきました。
何とかしてもっと下流から入りたいのですが崖と急坂。
また国土地理院の白地図とにらめっこです。

久しぶりに見る夕焼け。

          DSC06494.jpg

梅雨前線は太平洋側に下がってしまったし梅雨明けはまだでしょうネ。
週末はどうやら梅雨の中休み、有効に使いましょう!

いつもクリックありがとうございます。
ランキングに参加しています。
梅雨明けが待ち遠しいヒトはおまじない代わりに力強いクリックをお願いします。
当ブログより面白いブログを探すのにも便利ですよ!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村



酔い巻き毛ばり

補充と釣り上がり用フライボックス内のバージョンアップのために
ちょっと飲みながらフライを巻きました。

          

小学校の頃、祖父と一緒に作ると言って買ってもらった
戦艦大和のプラモデルはあっという間に飽きて投げ出してしまったのですが
フライを巻くのは結構好きなんです。

まずはハードシェルアントTMC100#14。

          DSC06428.jpg

ファンデーション後、細めのレッドワイヤを巻きそれをモノコードで隠すように成型。
瞬間接着剤硬化剤をしみ込ませ瞬間接着剤でコーティング。
真ん中の細い部分に赤いフロスを巻きムネアカオオアリをイメージしたり、
黒いハックルをあっさりと1周程度巻いて足を表現しますが
このあたりは好みであり、なくても釣果には影響ありません。

ライツロイヤルTMC100#14。
          DSC06424.jpg

夏のパイロットフライのひとつ。
注意点はハックルを巻く部分にもグリフィスナットのように
ピーコックハールを巻いておくコトくらいでしょうか?
回転したりフッキングが悪かったりアイが下を向いて落ちるようでしたら
ハックルの下側を状況に合わせVカットすると良いでしょう。

オリジナルのスノーシューカディスTMC102Y#13。

          DSC06425.jpg

ウィングはスノーシュー、アンダーウィングにコックデレオンを巻き、
ボディにはぜんまいの毛。
ハックルは厚めにゴールデンバジャーを巻きます。
そしてハックルは下側をVカット。
ボディのぜんまいの毛は水を含みムッチリとしたイメージになりますが
スノーシューのウィングにフロータントを塗ることで浮力は落ちません。
そして厚く巻いたハックルにより枝に引っかかっても
ハックルがフックポイントのガードとなり回収しやすいのです。

各サイズを巻きシーズン終盤に向けフライボックスをちょっと充実させることにします。

ランキングに参加しています。
タイイング中、フライフックを指先に刺して痛い方以外は力強いクリックをお願いします。
当ブログより面白いブログを探すのにも便利ですよ!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

ク、クマが出たぞぉ!

増水中の先日、里川はあきらめ天竜川水系某支流へ行ってきました。
親にもどこなのか口を割らないという自信がある僕のお気に入りの渓。
遭難した時のために嫁には言って出かけますがネw

          

急流駆け下る、今回入った上流域ではイワナの渓。
滝は無いのに一気に標高をあげる釣り上がりにはキツ~い川です。
脱渓時には結構ヘトヘトになってしまいます。

大きめ、#13ほどのバルキーな白っぽい
スティミュレーター風フライで釣り上がって行きます。
フックポイントをガードするためハックルもたっぷり巻いてあるので
枝に掛かってもするりと抜けてきます。
フッキングを良くする為、ハックルの下側をVカットしてあります。
ボクの夏のフライの定番です。

          asasdlk;l
今回釣った度の魚もお腹が不自然なほどふくらみ、
触ってみるとなんだかゴツゴツしていました。
カメムシやコガネムシなんかを食っているのかな?

今回、フィッシングベストを数年ぶりにフィルソンストラップベストにしていきました。
軽量化のためアレもコレもおいていったのがまずかった。
いつもでしたら熊鈴をチリンチリン鳴らし、
岩や笹で見通しが悪いところでは笛を吹くのですが
それを全部家においてきてしまいました。
そこでたまに「ホオゥ!」、「アォ!」(←故M・ジャクソン風w)などと叫びながら
帰り道を歩いて行ったのですが、
「アァゥ!」と叫んだ時に5m程先の笹薮でガサガサ!
その場で足が止まりました。もう一度叫んでみるとまたしてもガサガサ!
鹿などでしたら頭が見えるほどの丈の笹のため
どうやら四つんばいの月の輪熊のようだな、と判断。
月の輪熊は積極的に人間を襲わない、という話を信じ
コソッとその場を離れました。
もしかしたら他の、この川であったことのあるカモシカなどの
動物だったかもしれませんがガサゴソ音から考えると
狸などの小動物でないことは確かです。
とにかく熊などだとしたら鉢合わせにならなくて良かったです。

皆様も深い山の中に入る時にはくれぐれも気をつけてくださいネ。

          DSC06412.jpg


ランキングに参加しています。
熊など野生生物の気配が濃い川が好きな同士の方は力強いクリックをお願いします。
当ブログより面白いブログを探すのにも便利ですよ!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

MSR ウィスパーライトの弱火

弱火が使えるようになった、と評判のわりに弱火を使えないという方の多い
MSR、ウィスパーライトインターナショナルの弱火の使い方です。

コトコト長時間煮込みたいというときに弱火が使えないと結構困るものです。
バーナーパットなどで擬似弱火にして調理するのも簡単でいいのですが、
燃料の消費量を抑えたい時などはそうも言っていられません。

使っているうちにふと弱火の使い方がわかるものではありますがコツを少し。

          DSC06362.jpg

どうです?かなり小さな火でしょ?
このくらい弱火でしたらどんな料理を作るのも問題ありません。
最大のコツはポンピングの回数。
下の赤文字クリックで拙ブログの該当記事にリンクしますが
プレヒートで5回ほど、追加で3回程度でしょうか?
燃料の量によって加圧の回数を変えてみてください。

          DSC06363.jpg

ウィスパーライトインターナショナルの説明書には
プレヒート前に20~30回ポンピング、その後追加、とありますが
中華料理を作るような強火が必要なのでなければちょっと多いかもしれませんね。

空気の量が多くなればジェットより気化する燃料の量は
比例して多くなるはずですのでたくさんポンピングすると燃料も多くなる。
するとちょっと燃料調節つまみを開けるだけで
たくさんの燃料が出てしまうのです。

お湯を沸かすのにしか使わないよ、とか
弱火はドラゴンフライで、というなら問題ありません。
でも、限られた道具を使いこなす、ということはそれはそれで楽しいものです。
 


ランキングに参加しています。
散らかったテーブルの上だな、と思ったアナタ、力強いクリックをお願いします。
ランキングが上がれば次からは片付けてから写真を撮るようにします。
当ブログより面白いブログを探すのにも便利ですよ!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック