B!

ライズライズライズ!

ここ上川ではフライフィッシング向きのライズが数多く確認されています。
時間的には昼過ぎから2時と言う短い間なのですが
流下してくる虫をかなり捕食しています。
エサ釣りの方は苦労されていますね。
目印にライズされてしまったり。

          アマゴ

ランディングネットに魚のニオイを付けることができました。
このネットを持って行って、あまりにも釣れないようだったら
鮭の切り身のニオイでも擦り付けようかと思ってましたw
♯15のフェザントテイルを水面直下で流してまず1匹。

ストマックを確認するとやはり大き目のユスリカアダルトを捕食しています。
そこでユスリカアダルトにフライを交換し追加の1匹。

そしてもう1匹。

          アマゴ2

サイズは22cmくらいなのですがかなり幅広のアマゴでした。
ちょっと流れに乗られたため6.5Xのハリス(←オイ)が心配になるほどの引き。

上の写真を撮ったりストマックポンプを使っているうちにライズは無くなっていました。
それより水を触った手が引きつれて動かなくなるほどの寒さ。
2時に満足な3匹で強制終了となりました。

ストマックの一部。

          ストマック

比較のためにおいてあるフックがTMC102Y♯15。
オオユキユスリカのラーバとアダルトです。
偏食気味ですので週末諏訪に来られる方は参考にしてください。

自作ランディングネット完成

解禁のころの完成を目指し製作してきたランディングネットが完成しました。
自作ヒートンの記事はこちら



グリップ以外は数年前に購入し、曲げるのを失敗し短くなった材を使い製作。
確か左のグリップがブビンガ杢、タモ玉杢、
マホガニー・・・だったか?、忘れてしまいました。
そして一番右がローズウッド。
ローズウッドがくせ者で、油分が多く接着しにくい。
油抜きしたんですがいつまでもいいニオイの油がじわじわ出てきます。

          ネット材

湯もみとヒ-トベンドを併用します。
こうしないと曲げにくい材は軽ーい「ペキッ」と言う音とともに折れます。
型はいつも使いません。グリップに合わせてフリーハンドで曲げていきます。

          張り合わせ

養生テープで養生し、びっしりと隙間無くクリップをフレームに付けていきます。
このクリップ、15個くらいで100円。これをフレーム上下からはさみます。
こうして接着するようにしたらフレームに隙間が開かなくなりました。
グリップ部はかなり強力なクリップ。

          冶具

溝堀り。
養生テープで余計な所を傷付けないようにしてから
ルーターで彫って、紙やすりで仕上げるのですが、
表面のタモフレーム材の厚みが1mm程度なのでどうしても浅溝に。
2506、と言うトコロでしょうかw
          
          溝堀

ヒートン周辺仕上げ前。
フレームのデザインのアクセントになっているグラデーションがよくわかります。
短いフレーム材でネットを作るための苦肉の策なのですが。
グリップのお尻は徐々に丸くしました。


          仕上げ前

今回はオイルフィニッシュにしました。
シルクライン用のリンシードオイルです。
もともとは画材用なんですが、なんでも一緒。
今回、よーくしみ込むようにと浴びせかけるように塗ってみたところ
接着材と材の間にしみ込んでいってしまい、
接着した材が数箇所はがれてしまいました。
接着剤との相性、と言うこともあるのでしょうが
薄ーく何度も塗り重ねるほうが接着してあるものには良いですね。
いい勉強になりました。

オイルフィニッシュ前

          前

オイルフィニッシュ後

          後

オイルの乾燥待ちの間に数年ぶりにネットも手編みにしました。
なれてきたらだんだん面白くなってしまい、
調子に乗って編んでいたらフレームの大きさの割りに
かなり深くなってしまいました。
後日、あまりの使いにくさに編みなおし、浅くしました。

          ネット

まあ、なんとか完成。

          完成

竿を必要以上に立ててはいけない竹竿を使っているのでなければ
魚をただキャッチ&リリースするのであれば
ネットはそれほど必要ではありません。
かなり大きな魚でもハンドランディングできます。
じゃあ何だろう?

自分が釣った魚をうっとり、
じっくりと見つめるためのもの、それがランディングネット。
田渕義雄氏が以前フライロッダーズに
こんな様なことを寄稿されていたと思います。
渓魚が絵でネットが額縁ってところでしょうか。
ボクのネットにその価値があるかどうか判りませんが・・・

早く青い小判にルビーの点々のあるアイツとか
背中に白い斑点の無いアイツをすくいたい!

クレモナ糸はランディングネット用として
売られているものの太さは3号、これです。
ホームセンターに売っているTシャツなどを染めるダイロン、
ベストカラーなどで染まります。

   
















スノーピーク チタンシェラカップ

先日アウトドアショップに買い物に行ったときに
いまさらなのですが、スノーピークのシェラカップを購入してきました。
本当は値上げ前に買う予定だったのですが、
どのショップにも在庫なし。

そうは言っても126円の値上げ、缶コーヒー1本分と気にならない値上げ幅・・・
ええい、買っちゃえ!

          SPシェラ2

元祖シェラカップよりシェラカップは鍋、食器、カップとなんにでも使えると言うコンセプト。
確かに一つ持っていると便利なんですよね。

          SPシェラ1

39.5gと軽量なのでバックパック等にぶら下げておいても気にならなそうです。
熊よけにガシャガシャ鳴らすためにも良いかも。
しかもチタン製のため熱伝導率が小さく、
熱い物をカップに入れても縁まで熱くならず唇を火傷しません。
だけどこの熱伝導率の小ささのためチタンクッカーでは炊飯がムズカシイ。

ボクはそんなスペックよりこのチタンの独特の色、質感が好きだったりします

          SPシェラ3

この自作のアルコールストーブでは満タンで7分程度燃焼し、
このシェラカップの200ccの水を沸騰させます。
効率で考えたら圧倒的にチタンケトル(←当ブログ記事へ)の方が良いのですが、
まあ、良いじゃないですか・・・

アルミホイルで蓋をすればもう少し早く沸騰すると思います。
釣り用のベストに入れておこうかな。

  









スノーピーク 雪峰H300と蓋

スタッキングマグ雪峰H300用に
チタンダブルマグ300ml用 フタ(←スノーピークサイトにジャンプします)を
キャンプ地での虫対策、保温のために購入しました。

          雪峰蓋2

チタンダブルマグ300mlフォールディングハンドル用と
チタンダブルマグ300mlとのことだったのですが
お店に雪峰H300があったのでビニールの上からではあったものの
ためしに軽くはめてみると雪峰でも大丈夫そう。

うちへ帰ってはめてみるとこれがびっくりするほどピッタリ。

          雪峰蓋1


オンラインカタログでサイズを調べるとφ76と雪峰も同サイズ。
なーんだ、雪峰にも使えるよってラベルに書いておいて欲しいですナ。

          雪峰蓋3

ですんでこんな風に逆さにしても落ちません。
そりゃサイズ一緒だからネ。

雪峰にしてからコーヒーなど飲み物が冷めにくくなりましたが
これでさらに保温力UPです。



今朝、起きて自宅の窓から外を見てみると・・・

          幻日

縦の虹が出ていました。

幻日(げんじつ)と言う自然現象のようです。
なんだか良いことがおきそうなので当ブログを見ている皆さんにもおすそ分け。

皆さんにもいいことがありますように。
川面一面に広がる雨のようなライズとかw

水生昆虫占い

水生昆虫占い←リンク先に飛びます。

水生昆虫のことを調べていたらこんなの見つけました。

ちなみにボクはアカマダラカゲロウ。
本当の父親は「加藤茶」だそうな・・・

解禁!

諏訪東部漁協管轄の上川が解禁しました。
長野県内の千曲川など、早い河川は本日解禁ですね。
皆さんいかがでした?

          20090216①

ボクも11時ころより上川に。
風が強く、車の中よりライズ待ち・・・

          20090216③

昼ころで気温8度、水温9度。
この時期では水温が高くびっくりしました。

12時ころより結構な量のライズ。
しかしお昼ご飯を食べていたのですぐには釣りを開始することができず、
えさ釣りのおじさんが目の前に・・・
見ているとやはりライズはしているものの釣れる様子は無く
目印に向かってライズをしていましたw

おじさんが川から上がってきたので様子を聞いてみると
まったく駄目だったとのこと。

ボクも川原より長靴も履かずにライズに向かって♯18ユスリカパターンのフライなどを
キャストして見ますがまったく反応がありません。
そこで熱帯魚用の網で刈田敏三さんのようにドリフターチェック。
オオユキユスリカと思われるドリフターがあったので
クリップルダン♯15の茶色をキャスト。

すると・・・

          20090216②

祝2009解禁!

その後2匹追加し、2時半に納竿しました。

♯14~♯16程度の茶色いCDCダンなどにも反応が良かったですよ。
今日は風がかなり強く、釣りにくかったものの
釣れた魚以外もフライへの反応も良く、ボクにとっては良い解禁日となりました。

到着!ハクキンカイロ

2週間くらい前に注文しておいたハクキンカイロが到着しました。

先日復活したマルカイのハンディーウォーマーもよかったのですが、
友人と話をしているうちにツイ欲しくなってしまって注文。
現在、薬局などで手に入らず、ウェブショップ販売のみとのことです。
ホームセンターから薬局まで探したのに無いはずだ・・・

          カイロ1

孔雀のシンボルマークの入った封筒。
孔雀、ピーコックはフライフィッシングをする方でしたら馴染み深いですね。
ピーコックアイ、ピーコックハール、ナドナド。

請求書のおじさんのシンボルマーク。
最近の通信販売では珍しい、商品と一緒にコンビニ決済用の
請求書が入っている商品到着後の代金後払い方式。
会社と顧客の信頼関係で成り立っていますね。

送料など含め2500円ほどです。

          カイロ2

しかし歴史のあるシンボルマークを持つ会社と言うのはうらやましい。
たとえばハーディの城マークやフルーガーのブルドックマーク。

ああっ、つい書いている事と釣りのことが結びついてしまう!
家内はこういうのを「末期症状」と言いますw

こんなかわいい箱に入ってきました。
下のイラストはなんだか新聞の四コマ漫画で見たような顔。

          カイロ3

届いたもの全部。
ベンジンの量に関する注意書きがこのほかにありました。

          カイロ4

孔雀の模様に穴あけがされた本体。
もちろんピカピカです。

          カイロ5

ハクキンカイロのウェブショップのアウトレットに出ている
ハクキンカイロBMにしようかと思ったのですが、
この穴の孔雀のデザインを見てこちらに決めました。
いや、実際秀逸なデザインだと思います。
BMについているライター機能はボクには必要ないですしね。

デニムパンツの尻ポケットに入れておいても、
フリースの上着のポケットに入れても非常に暖かい。
カバーから出すとそのままでは熱くて触れないほどです。

マルカイ、ジッポなど含め、ベンジンなどを使うこれらのカイロは
使い捨てカイロとは暖かさがまったく違います。
手軽さ、コスト面ではさすがにホームセンターで山積みにされている
使い捨てカイロにはかなわないですが、比べることがそもそも間違っています。
両方カイロと言う名前ではありますがまったくの「別物」です。

  












フライタイイングと水生昆虫の液浸標本

長野県内の早い方の渓流解禁日の2/16まであと1週間。
ようやくミッジやオナシカワゲラなどを巻き始めました。

          サンプル1

これは五月のサンプルですが、毎年の傾向を見るために観察・・・
近隣河川では3、4月中はユスリカラーバなどを中心に食べていますね。
さすがに色は飛んでしまいますが、大きさや太さなど参考にします。

フライフィッシングのプロショップで買うと保存液は高いですよね。
ですので保存液は独自のレシピでエタノール70%、水30%。
サンプル管、コレクションバイアルやねじ口瓶、メーカによって違うのかな?
これは僕はツイていることに妻のお父さんのかつての商売で仕入れた、
新品で残してあった在庫があと200本ほどあります。
同じ川ばかり通うんだったら数年で入れ替えても良いかな、と思います。
水生昆虫液浸標本の整理保管および利用要領
管理などはここを参考に。

瓶の中に入れるラベルやペンも気をつけないとアルコールで字が消えますよ・・・

大学などで保存するのは大変でしょうが、ボクらが釣りに使うのは簡単。
河川名、日付、大体の時間、気温、水温、天候、ヒットフライ、魚の種類など・・・
小さなラベル入りのが入った小さな瓶ですが、
これひとつで釣行日記よりも膨大なデータが入っています。

          サンプル2

結構な量になりました。

ストマックポンプを使い、その日の傾向が同じになるのを確認すると
サンプル管を5本しか持ちあるかない、と言うのもありますけど、
サンプルとしては取らなくなります。
しかしストマックポンプはほぼすべての魚に使います。
たくさん釣れる時では朝昼夕と時間で入れ替えていきます。
ただ、ライズしている魚は別、必ず残します。

6月から黒っぽいものしか食べていないことが多いので
ストマックは川では見ますがサンプルとしては取らなくなります。
まあ、忍野、湯川などではきっと話が変わってくるはずです。

ポンプを使ったら大きな蛾が出てきてびっくりしたこともあります。
カワゲラのニンフやツツトビケラなど、朝にサンプリングしたものが
夕方、家に帰ってきても生きていて驚いたこともあります。
シャックしかサンプリングできないこともあり、これには悩みます。
刈田敏三さんみたいにネットまで仕掛けることは少ないですね。

このサンプリングの問題点はイブニングライズなど時間に限りがあるとき。
バンバンライズしているのにストマックポンプ使って、瓶に移して・・・
早くキャストしたい!というジレンマが襲ってきます。

          実弾

今年は近隣の河川で今からライズを観察して解禁を迎えようか、
それとも千曲川などに遠征しライズを狙うか・・・

悩むところです。


※盛大に(笑)加筆しました。

真空管到着!

Eiの真空管、本日到着しました。
2本で2,100円なのですが送料、代引手数料ナドナド込みで3,655円ナリ。
うーん、田舎は釣りや遊びには良いんだけどねぇ。

こんな感じの管です。

          真空管1

まあこのアンプに付けるとこの文字は横をむいてしまうため
見えないんですけどね。
せっかくなので正面向くようになってたら良かったな。

          真空管3

完全復活!
まず聞いたのは娘の読み聞かせの本に付いていた
久保純子さんのお声でした・・・

その後、CDを変えて聞いてみたところ
Eiの真空管にしてみるとやっぱり音は違いますね。
音の輪郭が少ししっかりした、と言うか太くなった、と言うか・・・

やわらかく光る真空管。

          真空管2

左右同じ明るさです・・・ん?
いままで片方の真空管、暗かったなぁ。
ちょっと調べてみたらポーランプはとっくに寿命だったということ。
真空管のストックは持っていましょう、と言う教訓でした。

ですので音のイメージはこれでようやく元に戻った、ってことですか・・・

冬の寒さに暖かペンドルトンウールシャツ

今年は例年より暖かく、諏訪湖の氷も1月中旬には張っていましたが
今はすっかり解けて明けの海となっています。
そうはいってもまだ2月、暦の上では春なんだけどまだ寒いですよね。

寒い日はコレ。
永遠の定番のアウトドアシャツ、ペンドルトンのウールシャツ。

          ペンドルトン1

風合いがやわらかく、着ていて疲れないうえ、
汗や雨で多少濡れても保温性が落ちないという特徴があるため
最近、ウール製品が見直されていますね。
ウール混紡のフリース、特殊な加工をしたメリノウールの下着などなど。

伝統の青いラベル。

          ペンドルトン2

襟と前立ての裏側にはつるつるした緑色の裏地が付いています。
擦れるボタンまわり、襟元の保護のためと思われます。
ボクはクルーネックのセーターを襟なしのシャツと着ると
チクチクして着ていられないのですがこの裏地のおかげで首周りもチクチクしません。

洗濯に関する注意書き。

          ペンドルトン3

お手入れですが脱いだあとにブラシをかければそれでOK。

汚れてきたら洗濯機で洗ってもまったく問題ありません。
ほかのものと一緒に普通に洗っても大丈夫ですが
やはりネットに入れてウール用の洗剤、
洗濯機はドライコースで洗った方が良いですね。
あとは普通にハンガー干しで大丈夫。
しわも付きません。

フリース全盛の現代ですが、やっぱり天然素材のウールシャツ。
暖かいですよ!

 

真空管アンプ

春日無線変圧器さんよりキットとして発売されていた
PCL86シングルステレオを2年ほど前に完成品を弟からもらい、
その音の柔らかさ、点灯させたときのぬくもりのある光などにすっかり魅了され
仕組みや真空管のことなどまったくわからないのですが
隣の某イギリス製アンプを使わずにコレばかり使っていました。

ボリュームつまみをアルミ製に交換しただけなのですが
コレだけでカッコよくなりますでしょ?

          アンプ

うちの娘がいたずらしていたので駄目だよ、とは言っていたのですが、
真空管が傾いていたり・・・

          真空管

ふと先日アンプを見たら先端が白い!
やったなぁ!と思いましたが後の祭りです。
電源を入れてもオレンジ色に光らなくなってしまい、ハカマの部分にヒビが入っていました。

          ポーランプ

ポーランプ製PCL86、14GW8と言う真空管のようですが、
ネット販売しているところでは2本2000円位。
メーカー違いで秋葉原の店頭販売だとセールなら同じ金額で10本買える、
などというホームページなんかを見つけ非常に悩みます。

松本に㈱松本電子部品商会さんと言うお店を見つけ早速行って来ました。
お店の方に非常に丁寧に探していただいたのですが在庫なしとのこと。
6V球で東芝製のは結構たくさんあったのですが。

しかし長野県からそう簡単に秋葉原に行くわけにもいかず注文するつもり。
秋葉原は行ける時に、またオークションでも探すつもりです。

この真空管、差し替えることによって音の特性が変わると言うじゃないですか!
いろいろ試してみたくなるんだよなぁ、マニアでもないのに。
深みにはまりそうでコワイ・・・

現代版火打石 ファイヤースターター

ボクも昔タバコを吸っていたのですが、今は禁煙しました。
禁煙して外で遊ぶ時に困るのが火種。
ライターを忘れたことも何度かあり、ストーブに火を点けられず
お茶を諦める、何てこともたびたび・・・

今では100円ライターをバックパックやフライのベスト、
とにかくありとあらゆるところに入れています。

それでも忘れた時はコレ。


ボクのはLIGHT MY FIREのファイヤースターターです。
ファイヤースターター1

コレはキーホルダーに付けて持ち歩いています。
こんな風に。

ファイヤースターター2

車のキーさえ持っていれば1晩くらいは何とかなるかな、と。
真っ暗になったらマグソリテールで手元を照らしながら
ビクトリノクスとこのファイヤースターターで火をおこす、なんてね。
絶対そんなことになりたくない!

もうひとつ。
マグネシュウムファイヤースターター。



ボクのはコフランのものですが、まったく一緒ですね。
ファイヤースターター3

これはレザーマンチャージや細引き、ろうそくなどとともに
緊急用の、できたら使いたくないものを入れるための
袋に入れバックパックの一番底に入れています。 

コフランはこんなサバイバル用品やアウトドア用品の中でもかゆいところに手が届く、
と言った商品が多く面白いですね。

どちらもナイフのようなもので削り取った粉状のものにすばやく削ることで出る
火の粉を飛ばし、点火する、というもの。
LIGHT MY FIREは削るためのステンレスの板を外していますので
ビクトリノクスなどのナイフとセットで持ち歩いています。
ティッシュペーパー等にアルコールを染み込ませて使うと一発で火がつきますよ。

何事も無いよういつも気を付けてはいるのですが、
もし何か起きたら何とかなるようにしておかないといけない、のか?

寺門ジモンさんのようだ・・・
プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック