B!

ペツル ジプカ

先日のキャンプの準備をしているときに見つからないものがふたつありました。
ひとつめはテントのフットプリント。
これはアルミ蒸着シートで代用しました。
もう一つはヘッデン、青い色のペツルジプカ、
旧式の丸いLEDが3つ付いた可愛いやつです。
ヘッデン、あれがないと結構困る・・・



出てきてもいいや、一個買っておこう。
今時のヘッデンは明るいのです。
乾電池3本でなんと200ルーメン。

IMG_7955.jpg

おお、いいねぇ。
電池はそんなに高い物じゃないけど封を開けてすぐに使えるって好き。
ヘッデンを高頻度で使うことのないボクは買うつもりはないけど
リチャージャブルバッテリー「コア」が使えます。
コアを使用した場合、最強の200ルーメンで2時間が3時間に、
1時間使用時間が伸びます。
詳しくはこちら
電池とコアでは使用目的が違うんですね。

さて、試点灯。
普通にスイッチを押すとオン、連続して押すと照度の変更。
長押しで赤色灯へと変わります。

IMG_7961.jpg

弱の5ルーメンでも結構明るいなあ。
さて、100ルーメン。

IMG_7962.jpg

おお、目がくらむ(笑)
200ルーメンの点灯写真は周りが暗くなるだけ。
なのでアップしませんが暗闇でまったく不安なく歩ける照度です。
歩くのには実際のところ100ルーメンでも十分。

IMG_7964.jpg

目がくらまない赤いライトは連続点灯と点滅。
赤ライトの点滅は緊急信号として使っても構わないようですが
本来の緊急信号、エマージェンシーシグナルは白い方のライトで
10秒に1回点灯を1分間、その後の1分間は消すのを繰り返します。

そして暗闇でも探しやすいように蓄光のリングがセットされています。
テントの中でごそごそと手探りでヘッデンを探さなくてもいい、素敵な装備。

IMG_7960.jpg

んー、しかしなんだな、
こうしてみるとズコックのようにも見える・・・(笑)

IMG_7965.jpg

ランタン屋のランタンは好きだけどランタン屋のテントはあまり好きじゃない。
テントはテント屋、ヘッデンはヘッデン屋のモノが好き。
そうすると選べるメーカーは数社になります。
その中でもペツルは10年ほど使ってきて
故障しなかった信頼のメーカーなので
今回更新するヘッデンもペツル一択です。
そしてジプカ一択なのです。

IMG_7975.jpg

ベルトがないため軽くてコンパクト。
それもありますが便利なのは腕に巻き付けたり
こうして身近なものに巻き付けて電気スタンド代わりにできる。
アイディア次第では自転車のハンドルに巻いてヘッドライトに、
サドルの下に巻き付け赤点滅にすればテールランプに・・・
おっと、ふたつ必要だ(笑)

ヘッドバンド式が良ければティカ。
ティカもジプカも性能は一緒です。

さて、これで何を照らそうかな。

ベッドの中では暗闇に目が慣れれば何でも見えると言う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
それにしてもフットプリント、あんなでかいものがなんでなくなったんだろう・・・

  






プリンストン(PRINCETON)スマホ防水ケース

愛用のシールラインEケースに穴が開いてしまいました。



お風呂で音楽を聴いたりしているのですが
赤矢印部分がはがれてきたので空気を入れて
水の中で押してみるとプクプクとエアーが漏れてきました。
まあ、防水ケースとしての寿命は終わり。

同じものを購入とも思いましたが
2年間の使用でクリア部分が黄ばんでくるのは・・・
使用するには問題ない程度なのですけどね。

今回はプリンストンの防水ケースにしてみることにしました。

IMG_611154.jpg

まあ、iPhone 7だったら必要のない悩み・・・(笑)
それでもやっぱりお風呂では心配になるかもネ。

IPX8とは潜水状態での使用で保護するというもの。
お風呂や水辺、釣りでの使用位だったら十分です。
入り口がジッパー型のものが
携帯電話をざっくりと入れることができて使いやすいのです。

IMG_611155.jpg

サイズは写真の通り。

IMG_6159.jpg

iPhone 6、7でもサイズには余裕があります。
今まで使っていたシールラインと比べて少し大きいくらいです。

RIMG1771.jpg

大きめのストラップを取り付けた状態で
バンパーケースに入れて使っても問題ない大きさです。

IMG_6158.jpg

便利だと思うのがこのポケット。
釣りやアウトドアスポーツに使うのにお金などを入れておける。
余り荷物を増やしたくないときは財布も持ち歩きたくないもんね。
釣りに、一番はお風呂だと思いますが
このケースをしばらく使ってみたいと思います。

そんなに開いちゃダメ!と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  











トンボレックス 手袋

ボクの相棒、トンボレックスの手袋。
柔らかく手にフィットし手のひらの皮膚の代わりとなってくれていました。
指先の余るものや脱げやすい手袋はそれだけで危ないのです。



これはR-330R、羊革のしなやかなモデルです。
もちろん丈夫なのですがしなやかで柔らかいということは
やはり穴も空きやすいわけで・・・
ハードな使用についに穴が開いてしまいました。

IMG_5844.jpg

本当にハードな使い方をしていたので
羊革といえども丈夫なのは間違いがないのです。
それでも牛革はもっと丈夫、らしい・・・

IMG_5845.jpg

新調したのは牛革のC-308R。
固さが気になるかと思いきやこれもとても柔らかく手にフィットします。

IMG_5848.jpg

少しだけ厚みがあるので細かい作業は
やはりR-330Rのほうが向いていると思いますが
そんな作業をするときは手袋を外しちゃうもんね(笑)
それでも細かい作業のしやすいフィット感。
1000円程度の革手と比べると圧倒的にフィットします。

IMG_5847.jpg

で、この手袋をおろしてガッツリ使ってきました。

IMG_6048.jpg

手がふやけるほどに水に濡れたり手に豆ができるほど綱を引いたり
恐ろしい勢いでこすりつけたり洗濯を繰り返したり・・・
なんと小傷がいくつかついただけでした。
濡れたり乾燥を繰り返しているのにしなやかさは変わらずフィット感もそのまま。

繊細な作業には羊革のR-330、ハードな使用には牛革のC-308とも思いましたが
それほど差がないので少しだけ安くて丈夫な牛革のC-308をお勧めします(笑)
軍手と違って絶対に脱げないので
渓流でのヤブ漕ぎなんかにもいいと思いますよ。

指でもなんでも入れるとフィットする感じが好きだという方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  
 








ラバーブーツ、ハンターギャロウェイのメンテナンス

購入してすでに9年、いや10年か?
年に何度も履くようなブーツではないのでソールも減らず長持ちしています。
ソールはともかくちゃんと手入れをしている、と言うことも
長持ちする一つの理由かもしれません。



ボクのはとうの昔にカタログ落ちしたハンターのギャロウェイ。
雨や雪の日、それから山へ遊びに行くようなときに半日。
このくらいしか履かないのですが足首のあたりは曲がるので負担がかかります。

IMG_5638.jpg

その足首のあたりが粉を噴いたようになって来たら手入れをしています。
いやその前に手入れをした方がいいと思うのですが・・・

IMG_5639.jpg

以前も書きましたがボクが使うのは純正のハンターUVテック。
使い方も難しいことなんてひとつもなくて
まんべんなくたっぷりとスプレーしたらふき取るだけです。

IMG_5640.jpg

テカテカになることもなく軽くふき取るだけで
水洗いでは取れない梨地のくぼみの中の汚れもきれいに。

IMG_5641.jpg

ゴムの敵はオゾンと紫外線です。
クルマのワックスと一緒で表面を保護しておけば本体が痛むことは少ない。
手入れをして大事に使えばハンターのブーツは一生ものなのです。

たまにはブーツの中身のメンテナンスをしたい、と思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
3本目の足、ネ。

  









mont-bell クリマエア ベスト

長年愛用していたモンベルのベスト。



ボクの記憶が正しければもうすでに17年ほど着ています。
軽くて腕が自由で楽なのでとても重宝しよく着ていたので
ボクがこのベストを着ているのを見たことがある方もいるはずです。
秋から春までホントによく着ていたのです。

先日のこと、左裾を薪ストーブに当てて溶かしてしまいました。
フリースは気を付けないと一瞬で溶けてしまいます(泣)

IMG_4697.jpg

これと言って目立たないので着れないわけではないんですが
せっかくなので新調することにしました。
で、選んだのがモンベルのクリマエアベスト。

IMG_4691.jpg

見た目一番暖かそうだったので(笑)
実際のところ秋口と春には暑いくらいかもしれません。

IMG_4695.jpg

しかしまだまだ朝晩は冷えます。
そんなときにこの毛足の長いベストは抜群の保温力、
肌触りもよく見た目にも暖かそうです。

IMG_4702.jpg

少し細身なこのベスト、165㎝・70㎏のボクにはLでちょうどいいです。
この手の素材は少し細身のほうがカッコよく見えますネ。
これから17年もこのベストは着れるかな?
もう暖かくなってしまいますが先代のベスト以上に愛用したいと思っています。

溶ける素材は女性にこそ着てほしいと思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
水鉄砲で溶ける水着・・・
昔の地上波はよかったなぁ(爆)

  





プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック