B!

初めてのシムス

先日、リトラクターごとクリッパーやフロータントを無くしたのはお話しした通り。
リトラクターは購入したもののクリッパーが恐ろしく切れないため
クリッパーが欲しいものリストの最上位へと一気に躍り出ました。

IMG_7173.jpg

もう一度ティムコのを、とも思いましたが
そういえばぴょん吉さんと一緒に釣りしたときに
彼が使っていたシムスのニッパー、あれがカッコよかったなぁ。
そう思うと心は一気に動きます。
ぽちっとな(笑)



初めてのシムスはそう、ニッパー。
ガイドニッパーとして新モデルが出ているのは調査済み。
それでも旧モデルにしたのにはいくつか理由があります。

IMG_7169.jpg

新しいものは刃先が丈夫に、切れ味が良くなっているようだけど
替え刃の設定があるのかはっきりしないこと。

IMG_7170.jpg

新モデルは刃の固定方法がねじ留めから
リベット留めになってることから刃が変えられないのではないか・・・
シムスのカタログを見ても新しいニッパーは載っているのに
ニューモデルのニッパーの形状に合った替え刃の写真が見つからないのです。

それからちょっとした改造ができるんじゃないか、と思ったこと。
成功したら(笑)またこのブログで発表します。

IMG_7168.jpg

一番は心の満足。
ちょっと切りにくくても少しくらい高価でも、気に入った道具を使いたいじゃない。
趣味の世界なんだもん。
MADE IN THE USA
今でも舶来品って胸を張って言えるモノって少ないですもんね。
世界の工場と言われるあの国の製品でも
確かに舶来なんだけどいわゆる舶来品じゃないな。

IMG_7174.jpg

先日リトラクターをオレンジにした話をしました。
ボクの一番好きな色なのですがこのニッパーの色と揃えたかったのです。
シムスのリトラクターも考えましたがニッパーもフロータントも外に出しておきたい。
そうするとシムスやフィッシュポンドのあの大きなリトラクターを
ガチャガチャと2本もベストに付けておきたくない。
で、C&Fのツインリトラクターのオレンジにしたのですが
問題は外れやすい、あのベストへの取付用のピン。

IMG_7179.jpg

外れても落とさないようにベストにつなぐことにしました。
フライラインを結んでループにしようかとも思いましたが
見た目がすっきりするようにループを熱溶着で。
無くしたらいいモノを買ってベストにつなぐ。
いいモノを買うのは無くしちゃダメっていうプレッシャーを自分にかけるため(笑)

IMG_7180.jpg

さすがに通常の4倍近い値段のクリッパー、ニッパーを無くしたら悲しいもん。
副次的な効果としてリトラクター自体も無くさない(笑)
空のフロータントチューブを探すのにも苦労しない(爆)

試し切りをしてみると今まで感じたことのない
パチン!という感覚とともにティペットが切れます。
新しい道具が川に行けと話しかけてくるのですが
さすがに梅雨時、休みと天気が合わない。
日も長いし水が落ち着いた頃に夕方川に刺さろうかな。

モノを挟むよりモノを挟んでもらいたい、と思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
おっと、イントネーションに違いが・・・(笑)

  






C&F ツインリトラクター

少し前に釣りに行った時の事。
ロッドのガイドにラインを通しティペットをリーダーに結び
ティペットの余りを切ろうとクリッパーのあるはずの胸元を探るものの空振り。
男の胸だから空振りした、ということではもちろんなく
リトラクターごとどこかに落としたようです。

IMG_2123_20170621145544835.jpg

今までも何度か「あ、無くした!」と思ったことはあったのですが
いつもはクルマに落ちていることがほとんどだったのです。
今回はクルマにも、いつも使っているバッグの中にもありません。
んー、どうやら完全に無くしたな・・・

IMG_7083.jpg

今まではフライキャッチャー付きが便利かと思って
ネオジム磁石付きのCFA-70WFを使っていましたが
ほとんど使わないのでオレンジのカールコードの選択肢のあるCFA-70にしました。
オレンジ、ボクが一番好きな色(笑)

IMG_7084.jpg

何度も無くしかけているということはこのピンが
ボクの使い方に合っていないということだと思います。

IMG_7090.jpg

選択肢の一つとしてこのバッジのようにネジ式のピンがあればいいなぁ。
ベストのリトラクターの付くあたりは
引っ張られたときの力で穴だらけになるんだし・・・(笑)

IMG_7087.jpg

さて、早速装着。
メインで使うフロータントはリトラクターに付けておきたい。
ボクがリーダーにもフライにも、
今メインで使うフロータントはシマザキリーダーグリースなのですが
あのパッケージはメインリトラクターにぶら下げて使うにはちょっと使いづらいのです。
で、C&Fのパワーフロートのチューブに詰め替えて使っているのですが
新型のカラのチューブは品切れ。
とりあえず在庫がたくさんあるガーキーギンクを使うことにしました。

IMG_7088.jpg

クリッパーは予備のちょっと切れ味の悪くなったティムコのもの。
ティムコのクリッパーは刃先の角度がいいのかティペットをカットするのもですが
ハックルをVカットしたりするのに一番使いやすい、とボクは思っています。
んー、でもこの予備クリッパー、マジで切れない(笑)
これ、クリッパーについてはまた後日。

竿やリールに限らず新しいギアを買うと川が呼んでいるような気がして仕方がない(笑)
その声に素直に従って川に行ってこよっと。

伸び縮みするものが一つ増えたね、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  

リバーピーク ウッドフライボックス

少し前になりますが当ブログ公式スポンサーのにしきたトレーディングさんより
ウッドフライボックスが届きました。



プラスチックのフライボックスは軽量だし防水。
機能性で言ったらプラスチックの方が絶対イイと思うんだけど
お気に入りのフライを天然木のフライボックス並べて
それを川に持っていてながめるというのは気持ちのいいものです。

IMG_6823.jpg

前回は竹製、今回は木製を送っていただきました。
その紹介記事はこちら
どちらも雰囲気のいいフライボックスです。

IMG_6817.jpg

開閉は開けやすいようにくぼみ付きで
ネオジム磁石で固定される方式です。

IMG_6819.jpg

そして内側はバンブーフライボックスと一緒でスリット式。
このタイプはハックルがつぶれなくてボクの好みです。
ウッドなのに90度以上に開く蝶番もいい感じ。

プラスチックは落として傷が付いても気にも留めないけど
擦り傷や落とした時の傷が思い出になるのが木製のいいところ。
傷がいわゆる味になりどんどん自分のものになっていくのです。
購入はこちら、にしきたトレーディングさんよりどうぞ。

フライボックスだって控えめに、でもガバっと開く方がいいと思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  













にしきたトレーディング 水温計

当ブログの公式スポンサー、にしきたトレーディングさん。
今回は水温計を提供していただきました。



梅雨入りくらいまでは水温を測るようにしています。
今まで使っていたものは確かパズデザインのアルマイト水温計。

IMG_6635.jpg

物を無くしたらその時店にある一番いい物を購入してベストに結んじゃう。
ここ数年間水温計は絶対に無くさないもののひとつだったのですが
この春から久しぶりの新しい水温計です。
何も変わらないと思うけどいい気分転換です。

IMG_6636.jpg

この水温計、華氏で水温がわかります。
キャッツキルリバーやモンタナで釣りをするとき、
ガイドとこの水温計を同時にのぞき込んだ時にきっと役に立つはず。

IMG_6637.jpg

今まで使っていた水温計に比べて太いことがボクにとっての一番のメリット。
1.5mほどのフライラインを巻き付けておいて
ベストに付けたまま水温を測れるようにしているのですが
巻き付ける回数が少なくなるのでその分釣りをする時間が増える(爆)
しっかりとしたアルミのガードも頑丈そうで好印象です。
購入はこちらにしきたトレーディングさんのサイト、
もしくはアマゾンのリンクよりどうぞ。

太さは憧れではあるけれど
それが好きどうかは人によると感じたことがある方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!


にしきたトレーディング プラクティスロッド

当ブログ公式スポンサー、にしきたトレーディングさん。
先日はプラクティスロッドを送っていただきました。



4ft3in、130㎝ほどのロッド、
これがなかなか面白い。

変換 ~ IMG_6418

セットのWFラインをロッド先端から少しだけ出すだけで
室内でのショートレンジのキャストの練習になります。
ゴミ箱の中にライン先端を入れてみたり棚のすき間にねじ込んでみたり・・・

変換 ~ IMG_6417

ただ、見た目では8番くらいのこのライン、
このロッドにはやっぱり少し重い感じがするのです。
試しに手持ちのDT3ラインを乗せてみると
ラインスピードを上げてあげれば難なくターンします(笑)
いたずらにセットのラインの逆側、ランニングライン側を乗せてもターンする(爆)

変換 ~ IMG_6408

そういえばティムコのプラクティスロッドはヤーンだったなと思いダイソーへ。
ヤーンでも少し重いけどラインスピードを遅くしてあげるといい感じ。
ヤーンだとロッドの曲がる感じやラインがロッドに乗った重みを感じることが出来ます。
3種類買ってしまったけどどれでもそれほど変わりません(笑)

変換 ~ IMG_6415

問題はホールできないこと。
こんな風にシューティング側とヤーンをつないであげるといい感じです。

IMG_6420.jpg

上の方で少し書きましたがDT3Fが乗るのです。
といういことは超ショートロッドとして藪沢に持っていくことが出来るかも・・・
リールシート?

IMG_6421.jpg

手持ちのベルクロテープでとりあえず。
ロッドのグリップサイズに合わせて買ったわけじゃないので
精度はイマイチだけど(笑)
固定できればゴムでも紐でも、古ストッキングでもいいじゃんね。

普通に釣りに使うこともできそうだし家の中でも楽しく遊べるこのプラクティスロッド、
購入はこちら、にしきたトレーディングさんよりどうぞ。

ゴムも紐もストッキングも
このブログに出てくると使用目的が違うのかも、と思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

にしきたトレーディングさんはriver peakさんの小売店舗名です。
購入はこちらのアマゾンからもどうぞ。







プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック