B!

DIME付録のスマホレンズ

付録がスマホレンズなので絶対なくなると思っていたダイム2016年5月号。



書店で買おうかと思っていましたが念のためアマゾンで予約しておきました。
雑誌って付録が付くことで特別定価として数百円高くなることが多いですよね。
ダイムの普段の定価が600円、今回スマホレンズがついて750円。
アマゾンで2週間ほど前に予約したら普段の定価の600円で買うことができました。
これ、アマゾンの裏技のひとつ。

IMG_4781.jpg

広角・接写2in1クリップ式のこのスマホレンズ、
アウトドアブランドの「CHUMS」とのコラボです。

IMG_4775.jpg

作りも結構しっかりしています。
レンズの枠はおそらくアルマイト加工。
広角レンズとマクロレンズの切り替えはネジで切り離せます。

RIMG1213.jpg

広角レンズはこんな感じ。
手持ちですがほぼ同じ角度、同じ場所からの撮影です。

IMG_4779.jpg

IMG_4778.jpg

本来は内側のセルフィーレンズに取り付けます(笑)
ケラレが出ますがまあ、しょうがない。
室内で子供を撮ったりするのに広角レンズは便利ですね。
おじさんのセルフィーなんて、ね(笑)

さて、このレンズの本命のマクロ。

IMG_4777.jpg

あらが見えるほどにかなりしっかり寄れます。
相変わらず詰めが甘い・・・(笑)

この雑誌、予想通り売り切れ、アマゾンでは付録無しとか
付録があっても高値で取引されています。
実際のところスマホレンズにチャムスのプリントがなければとても安価。
楽しく遊べるおもちゃです。

大人と子供の違いは持ってる玩具の値段の差だと思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  













諏訪市統一法被

諏訪地方はお祭りの雰囲気が高まってきました。
天候の挨拶とともに御柱の話題が出ます、毎回(笑)

IMG_4726.jpg

先日の長野日報にかねさ呉服店さんが保管している
諏訪市統一法被の変遷が掲載されていました。
それを参考に我が家に伝わる法被を年を追って紹介します。

IMG_4710.jpg

まずはおそらく昭和49年、1974年のもの。
最近は復刻版が出たので着ている方が多くなりました。

IMG_47111.jpg

昭和55年、1980年のもの。
諏訪湖の波がデザインされ、祭の字と諏訪大社の紋の梶の葉は踏襲されています。
この年から本格的に統一法被が作られるようになったそうです。
なのでどのお宅にもこの法被からは保管されているようですね。

IMG_47112.jpg

昭和61年、1986年。
この年は紫に色が変更されました。
腰、腕には綱がデザインされています。

IMG_47114.jpg

平成4年、1992年。
腕の綱がなくなり諏訪市の市章に戻りましたがデザインはほぼ一緒、
そして色が青に戻りました。

IMG_4713.jpg

平成10年、1998年。
これはよく着たようで色が褪せています(笑)
冬季五輪が長野で開催された年でローマ字で「SUWA」と入っています。

IMG_4715.jpg

平成16年、2004年。
綱のデザインに変更されその中に「諏訪」の文字が入りました。
そして色も昔の黒に戻りました。
着丈と袖が少し長くなったこの法被、
かっこいいけどちょっと作業がしにくいんです。

IMG_4725.jpg

平成22年、2010年。
デザインはほぼ同じですが綱の巻き方が少し違います。
不景気だったため前回の法被を着ることができるようにと
ほぼ同じものになったと聞いています。

今回の法被はデザインはほぼ一緒で濃紺。
大人用の在庫はなく4/20頃に入荷するとのこと。
必要な方は諏訪市呉服商組合加盟店、
扇屋呉服店さんなどに問い合わせてみてください。
ボクは今回は買わなかったけど
これだけ揃っているんだしやっぱり買っておいた方がいいのかな・・・

IMG_4709.jpg

今回の本題。
この新聞記事の矢印の先の法被、昭和37年の法被を探しています。
もしお持ちでもう着ないよ、と言う方がいらっしゃったら譲ってください。
昭和42年・49年、その復刻版でも構いません。
よろしくお願いします。

これだけあるんだからもういらないじゃん、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
複数枚あるものもあり、さらにまだここで紹介しないものも・・・
お祭り本番では地区の法被や団体の法被を着る方もいるので
それを見るのも楽しみの一つですよ。

   



滑らない消しゴム 

20年ほど前のハナシ。
ボクの住む諏訪湖の近くでアドバンカラーのAE86が走っていました。
そのカッコよさときたら・・・

数か月前に何かで見かけたヨコハマタイヤの消しゴム。
カッコよさに一目ぼれしました。



在庫切れが続いていたので忘れていたのですが
先日見つけた時に消しゴムとしては
驚きの値段だったのですがついひとつ買っちゃった(笑)
何がカッコいいってタイヤのトレッドパターンの刻まれているところ。
まあ、消しゴムなんて最近ほとんど使わないんだけどね。

IMG_4662.jpg

片面は最強のセミスリックタイヤの名を欲しいままにしているADVAN A050。
そしてもう片面はハイグリップスポーツタイヤの代名詞、ADVAN NEOVA。

IMG_4664.jpg

そう、ハイグリップ=滑らない。
受験生や就活生にお守りとして人気のようですが
寒いおやじギャグを連発する方も
これをひとつ持っておくといいかもしれませんネ。

グリップしすぎて紙まで破けるんじゃないか、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  








地下足袋用インソール

かつては多ければ多いほどカッコいいとされていた
御柱の本支度の地下足袋のコハゼ。

IMG_4330.jpg

ボクのも御多分に漏れず15枚。
これが恐ろしく脱ぎ履きし難いのです。
そしてソールの薄さ。
薄いソールは足の裏の感覚をつかみやすいのですが
アスファルトの上を歩くと足の裏はあっという間に限界を迎えます。
土だったら薄いソールでも問題ないのかもしれませんが
薄いソールはアスファルトの上を歩くお祭り向きではないのかもしれません。

お祭りが近づいてきたので地下足袋を新調しました。

IMG_4329.jpg

力王の祭りたびクッションⅢ、
2日間履いてみましたがこれが全く疲れません。
しかしながら購入したのはお店で勧められた12枚コハゼ。
もちろんこの履き心地のよい力王の5枚コハゼもあります。

御柱の本支度もちょっとづつ変わってきて
昔は長いコハゼの地下足袋に赤やオレンジ、緑などのハイソックスを
股引のスネのあたりにチラリと出すというのが粋とされてきました。

IMG_4335.jpg

しかし最近は5枚位のコハゼの地下足袋を履き
股引を外に出すというのが流行りのようです。
粋な地下足袋を見つけたので購入したのですが
クッションなしのペラペラなソールでした。

IMG_4336.jpg

お祭り用の地下足袋なのにエアーが見えていたり
厚底なのはイマイチだと思いません?
で、ボクはインソール。

IMG_4320.jpg

ボクがインソール好きなことはご存知の方も多いと思います。
今回購入したのはソルボたび中敷。
地下足袋用のインソールがあるのには驚きました。

IMG_4321.jpg

なんと先が割れています。
そして土踏まずがきっちりサポートされます。
力王の祭りたびクッションⅢは土踏まずがサポートされずにちょっと不満だったのですが
これだったらその問題が解決されるはずです。

IMG_4322.jpg

人工筋肉と言われるソルボセインについてはこちらを見ていただくとして
かかととつま先の衝撃を受けやすい場所にはそのソルボセインが入っています。
薄いソールの地下足袋は間違いなくかかとが痛くなります。
土踏まずの積極的なサポート、そして衝撃吸収素材。
これだったら何日間か歩いても問題なさそうです。

ついで(爆)に刺子藍染の手甲を・・・

IMG_4334.jpg

購入したと同時に地下足袋とともに1時間ほど水洗い。
新品はかっこ悪いからネ。
上が今まで使っていたものなのですが
すでに持っているのに勢いで購入してみたりと
お祭りと言うのはなぜかお金がかかるものなのです。

おお、大変だ。
色が剥げ、ソールも傷んだので2足目をつい…(笑)

IMG_5339.jpg

真ん中の足の地下足袋は新品じゃないとダメだと気が付いた方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  







釣り人向けのiPhone6ケース

先日、iPhoneのガラスフィルムが割れました。
で、交換したのですがそのフィルムも3日後に・・・(泣)



割れたのはおそらく使い方の問題、
指の滑りもよく指の油も付きにくく、さらにホームボタン回りの造形が
丸だったのが気に入ったので再注文しました。

RIMG0907.jpg

最近はちょっと高品質をうたうものでも安くなってきましたね。
これも1000円弱、参考価格4000円ってのは眉唾だけどネ。
早速張り替えました。

RIMG0908.jpg

しかしこうしてフィルムなどを選ぶために通販サイトを見ていると
ケースも交換してみたくなってくるわけで・・・
値段はともかくデザインも最近は豊富になってきました。
iPhoneは「S」シリーズのほうが楽しいのかもね。

今回選んだのは釣り人らしいこんなデザインのもの。

IMG_4238.jpg

appleのリンゴマークを釣り上げるデザインが可愛いでしょ?
イラストは表面に印刷されているので擦れて取れてしまいそうですが
なかなか気に入っています。
表面にイラストがあるということは
イラストからiPhoneまで透明のケースの厚み分があるので
光の入り方で影のようになるところも良いのです。

IMG_4239.jpg

しかし問題はせっかく作ったストラップが取り付けられなくなってしまったこと。

RIMG0913.jpg

オマケについてきたタッチペンのイヤホンジャックを使って
ストラップを取り付けることにしました。
取り付けてはみたもののちょっとした衝撃ですぐに抜けてしまいます。
ちょっとだけ緩いんですよね。

RIMG0915.jpg

ネットで見つけた方法・・・
振り回さない限り抜けません。
シールテープだったら取れなくて困ると言ったこともないはずです。
ひとまずこれで。

ちょっとだけきつめのほうが実はちょうどいい、と感じている方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  







プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック