B!

最終釣行は雨の中で、だった

どよーん(笑)



川は絶賛増水中、雨は今にも降り出しそう。
でも前日から決めていました。
雨が降っていてもこの日は絶対に釣りに行く。
この日を逃すと釣りに行けるのは5ヶ月半先なのです。

RIMG1760.jpg

最終日に行きたいと思っていた川はみっつ。
ひとつの川はたくさん歩かなきゃいけなくて
もうひとつは天気の悪い日にいい思いをしたことがない。
最後の候補の川で先日友人がなんと35㎝の大イワナを釣ったという。
そこは歩く距離は30分ほど、決めた!

RIMG1749.jpg

まあ、降ってくるんだよね・・・
クルマを運転しているときから。
準備をしている時なんて土砂降り(笑)
それでも歩きます、最終だからネ。

RIMG1750.jpg

水量は多いものの入渓したころには雨も上がりいい感じ。
ときおり日も差します。
あっさりと、しかしいつもだったら
絶対に魚が付かないような流れの真ん中だけど
緩いY字の小さな合流でとりあえずの1匹。

その後やっぱり同じような場所でそこそこのサイズの魚をバラしてしまいました。
この日はどうやら巻き返しには魚はいない。
狙うは緩い合流。
目についた本当にパッとしない場所に一投目、ガバっ!
雨でネットを濡らすと乾かないから使わないって決めていたんですが
手元で逃がすとオフシーズン中に夢に何度も見そうだとひと目で見て分かるサイズ。

RIMG1752.jpg

ネットですくったのは有終の美を飾る33㎝、最高の出来でした。
雨はまた降り始めたしこのままやめてもいいんだけど
まだ30分ほどしか釣っていない。
もう少し・・・
ドライに反応もなくニンフに交換。
しかし釣れたのは最初に釣ったチビと同サイズが数匹。
そのうち雨もさらに強くなり反応もなくなって終了としました。

帰り道、キノコ採りのおじさんと会い一緒に帰ることになりました。
比較的歩くのが早いボクを同じペースで下っていきます。
その方はなんと御年80歳。
健脚にびっくりしつついろんな話をしながら下っていくと
コウタケをいただくことになりました。

RIMG1765.jpg

干しておいしくいただく予定です。

今年は例年のように最終日に釣りに行きませんでした。
夕方時間はあったんですがもう満足だったんですよね。
これで来年まで毎日天気、川の水量や雨量を気にしたりしなくて済む。
釣行回数は27回と例年の半分程度ですがいい釣りができました。

さて、オフだ!

キノコを美味しく食べていただきたいという気持ちは
だれでも一緒、と思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  





ホントは晴れた日に釣りに行きたいんだ!

禁漁日までの日数を数えられるようになってしまった・・・



予定のある休日を抜くと釣りに行ける日は
雨さえ降らなければこの釣行を含めてあと3日。
ちょっとくらい天気が悪くても釣りに行きたいよね。

RIMG17134.jpg

この川は今までの経験上日差しが強くて
暑くてたまらないような日のほうがいい思いをしています。
しかし今年はそんな日にこの川に行くことができていません。

RIMG17121.jpg

渓の犬上家を見つついい場所にフライを落としていくのですが反応がイマイチ。
反応がないわけじゃないんだけどいる場所がセコイ場所だったり
しっかり距離を取っているはずなのにキャストすると魚が走ったり。

理由はすぐにわかりました。
岩の上の真新しい足跡、直後に先行されているフライマンが。
挨拶をし少し下流に下ろうか、なんて思っていると
そのまま上を釣っていい、とのこと。
そしてさらに先行されている方がいるとを教えてもらいました。
お礼を言いつつ上流へ向かうと直後に待望の1匹目が。

RIMG17120.jpg

お会いした方がおっしゃっていた前の方とは
少し時間が開いているのかな、なんて思いましたがその後もイマイチ(笑)

RIMG1735.jpg

ポツリポツリと神経質な反応がありなんとか飽きない程度には釣れてきます。

RIMG17129.jpg

一番反応が良かったのは堰堤と堰堤の間が短い場所。
みんな面倒だからこの区間には降りたくないのね(笑)

昼過ぎに渓に入り4時間ほど、釣れたイワナはここまでで9匹。
薄暗くなりはじめそろそろ渓から上がらないとまずい。
でもあと1匹釣りたいじゃない?

RIMG1740.jpg

大きな岩の影の巻き返し、深さも十分。
ここは間違いない。
綺麗に流れに乗った一投目、出た!

RIMG1736.jpg

淵へ潜ろうとした力強さから想像したイワナは
もう少し大きいかと思ったんだけどレギュラーサイズでした。
まあでもこれでつ抜け、気持ちよく帰れる。

RIMG1738.jpg

この堰堤を越すのはやめよう・・・

RIMG1741.jpg

この時期のお楽しみはそう、キノコ。
急いで帰らないと、と思っていたのですがキョロキョロしながら歩きます。
カラマツの林には長野県民のソウルフード、ジコウボウ(ハナイグチ)。
ぐるっとあたりを回るとさらに何本か収穫できました。
魚は持って帰らないけどキノコは、ネ。

RIMG1742.jpg

こんなことをしていたら車に帰り着くころには真っ暗になってしまいました。
こんな時間まで山の中にいてはいけませんね・・・

自分の分身のキノコを美味しく頂いてほしいと思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  












栃の実爆弾

今年はかなりの割合で休みの日に用事が入っているボク。
例年だと皆様に内緒で釣りに行った分を除き
そろそろ40回釣行に迫ろうかと言う頃なのですが
今年は例年の2/3ほどの釣行回数となっています。



忙しい上にこの天気。
ボクの休みの日を狙って降ってるだろ、と疑いたくなるほど。
この日だって前日までの予報が一日中雨でした。
当日の予報で午前中だけ晴れるとのこと。
降られることを覚悟の上ですが久しぶりの完全オフ、
釣りに行くしかないでしょ!

RIMG1710.jpg

時期的にアマゴの反応が悪くなるころなのですが
この日はそれほどは悪くなかったのです。
フライの下でギラっとひるがえったりピシャっと出てみたり。
乗らないけど(笑)

RIMG1659.jpg

でも反応がそこそこあれば間違えてかかる魚もいます。
この時期、予想通りの婚姻色の入ったアマゴ。

RIMG1670.jpg

2匹ほど釣り空を見上げるとアヤシイながらも青空が見える。
これは上まで登れるんじゃないの?
1時間半ほどで2匹、やっぱり満足できないもん。

RIMG1688.jpg

毎年この時期になると起きる勘違い。
パシャッと言う音に反応してその方向へキャスト。
もちろんライズだと思ってキャストするのですが
その音の主は栃の実が川に落ちる音なのです。

RIMG1656.jpg

やっぱり天気が心配。
いい場所だけを狙って面倒な場所は飛ばしてガンガン登ります。
やっぱり薄日でも日差しがあると安心してしまう。
どっちにしても脱渓点まで行かないとダメ、場所的にもう引き返せない(笑)

RIMG1681.jpg

空と川を交互に見ながら釣りあがり時折ある反応に竿を立てる。
フッと浮いてくるこの川の最大サイズ、
でもそんな奴らはこの時期フライに反応しません。
指サイズは反応も釣れるのもたくさん(笑)

RIMG1666.jpg

もうきっとアマゴ釣りの時期じゃないんだね。
次回はイワナを釣りに行こう。

RIMG1704.jpg

脱渓して車に戻り後片付けをしているとぽつり、と水滴が。
ウェーダーを払ったときに水滴が飛んだのか?と思ったのですがそうじゃない。
やっぱり雨だ!

IMG_5691.jpg

大急ぎで片付け車に乗ると本気で降り出す雨。
釣果としてはもう少し釣れてくれればよかったかな、と思いましたが
とにかく一日、釣りをしている間天気が持ってよかった。

RIMG16815.jpg

栃の実はお尻に見える、と言う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  



























夏アマゴ

仕事帰りに小一時間の愉悦。
禁漁も近く暗くなるのも早くなってきたので
そんなことをできる期間もあと少しになってきてしまいました。



6時半と言ったら暗くなってくるようになってしまいましたね。
実際仕事終わって川に着く時間だと小さめのエルクヘアカディス位だと何も見えない。
大きめのフライをティペットに結びキャスト・・・

IMG_5578.jpg

出ない(笑)
時折フライにでるのですが見難いフライに交換しても釣れないのです。
ニンフに交換してみますがマーカーに出る始末。

IMG_5584.jpg

マーカーに出たので一番見やすいフライにしますが釣れない。
もちろん百叩きの刑なのですが「いい」ところからも
ここはないだろうというところからも釣れない。
そもそも足元から走る魚が見えないのです。

IMG_5585.jpg

残り時間はあとわずか。
数ヵ所いい場所を残すのみとなってきました。
ヒラキの沈み岩、魚は見えないけど着くならあそこしかない。

キャスト一発目でようやく満足できる出方で出るアマゴ、
理想的なフッキング。

IMG_5579.jpg

この一匹だけになったけどゼロとイチでは大きな違いがあるのです、
と言って自分を慰めておこう・・・

IMG_5590.jpg

そういえばヒップウェーダーのソールがはがれちゃった。
接着するかそれもと新しいのにするか。
フェルト交換、なんて思っているうちにメインのウェーダーを履いてしまうので
修理前にきっとシーズンオフだ(笑)

IMG_5591.jpg

それにしても夏アマゴは一筋縄ではいかないですネ。

丈夫なブーツを選ばないとそれが人生を決めることになる、と思う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

   








ベストシーズンは夏から秋の渓

IMG_5525.jpg

今年もやってきました、この夏空。
仕事には暑くて鬱陶しいのですが楽しみもあります。
この時期にならないと行かない渓に行けること。
この渓もそんな夏の渓のひとつなのです。

IMG_5513.jpg

今年も汗をかきかき行ってきました。
クルマで1時間半、そのあと歩きで1時間と少し。
気合を入れないとなかなか行けないのです(笑)

入渓が10時半ころ、ちょうどいいかと思ったらまだ少し早い(笑)
標高が高いからネ。
朝から暑いのでとりあえず一杯(爆)

RIMG1627.jpg

それでも30分も釣ると反応が良くなってきました。
釣れ始めて、しかもほろ酔いでいい気持ち・・・

RIMG1641.jpg

いつものことなのですが時間が遅くなれば遅くなるほど
尻上がりに調子が良くなってきます。
反応は十分、出るけど乗らない(笑)

IMG_5517.jpg

ヒット率6割くらいかな。
この感じはスレているときのあの感じ。
こんな山奥なのに・・・
そういえばこの川の最近の状況を聞いたNOBUさんは2日前に、
健康のお二人も7月頃に行ってるもんなぁ。

RIMG1648.jpg

思わぬ場所が人気河川、と言うこともよくある話。
特にここのイワナは金のトラ模様でカッコいいからネ。

RIMG16417.jpg

高原は秋の気配が漂ってきました。
信州、特に諏訪湖のほとりの我が家のあたりは
お盆を過ぎると微妙に秋の気配が漂い始めます。

RIMG1626.jpg

もうすぐアサガオが咲く時間が遅くなりそのアサガオの葉には夜露が。
そろそろラストスパートですね。

夜露ですよ。
一瞬だけ「夜露死苦」に見えた世代の方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  

















プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック