B!

縄文の湯

茅野市の縄文の湯

CA390703_20110310152322.jpg

縄文のビーナスを出土したことで有名な
尖石(とがりいし)遺跡から少し標高を下げたところにあります。

CA390702_20110310152323.jpg

このお風呂の前を通ると平日でもいつも駐車場は満車に近く
人気のある温泉なんだなぁ、と思っていました。
今回、ちゃぽーんと浸かって試してみることに。

CA390704_20110310152322.jpg

給湯口のお湯をなめてみるとほんのり塩味のある温泉です。
ただ、けっこう塩素くさい。
プールに入っているような気分に(笑)

内湯、露天風呂、サウナと言った構成。
最近サウナには下に敷くバスタオルがないところが多いですね。
アレがないとボクのかわいいお尻はやけどしそうになります・・・

ここのサウナ、温度計を見ると100度以上。
サウナ室にボクが入りその後1分ほど後にほかの方が入ってきました。
この方に対抗心を燃やし始めてしまったボク、
この人より少しでも長く我慢してやる・・・と心の中で競争を始めてしまいました。
7分、8分、9分・・・

11分後、ライバル退室!
直後ボクも退室・・・
5分ほど露天風呂がある外で冷たい空気に当たっていましたがめまいが(笑)
ちょっとのぼせたようです。

お年寄りが多いのもここの温泉の特徴。
ボクが行ったこの日だけ、その人だけだったと思いたいのですが、
透明なお湯の中でシレーっと足のシップを剥がし放流するおじいさん・・・
とはいえよく温まり、入浴後に肌もつるつるするいい温泉です。

ライバルに勝ったご褒美・・・(笑)

CA390705.jpg

やはり休日のコンペは最高!と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Everybody Tight Lines !























上諏訪温泉 湯の脇平温泉

上諏訪四湯のひとつ、湯の脇平温泉に行ってきました。

IMG_12901.jpg

上諏訪四湯とはこの湯の脇平湯、精進湯、虫湯、小和田の平湯のことです。
虫湯はすでにありませんがそれ以外の3つは現存しています。
しかし昔と違って独自源泉ではないので
小和田の平湯以外かつてのお湯は失われています。

そうそう、湯の脇の平温泉。

IMG_1291.jpg

上諏訪のジモ銭の中では珍しく地元の人じゃなくても入ることが出来ます。
入浴料金は一人200円、子供も同一料金とのことでした。
左隣りのきくちや商店さんで入浴券を購入して番台の方に渡します。
そのきくちやさんは確か日曜日定休、ご注意を。
お風呂の前には駐車場もあり、3台ほど停めることが出来ます。

建物自体は古くないのですがなんともレトロな雰囲気のロッカー。

IMG_1292.jpg

色合いがたまりません。
さて、お風呂は・・・

IMG_1298.jpg

こじんまりとしていますが明るく清潔です。
泉質はすわっこランドや片倉館と同じ
七ツ釜配湯センターの無色透明、無味無臭のお湯です。
しかしこのお湯、熱い!

IMG_1300.jpg

上諏訪、下諏訪ともにお湯の温度はどこに行っても高いのです。
すわっこランドですら42度くらい平気であるもんなぁ。
これくらいだったら、まあ、なんとか。

マイケロリン、いいでしょ。

IMG_1299.jpg



洗い場に椅子、洗面器はありますがシャンプーや石鹸などはありません。
ご持参を。

この湯の脇の平温泉はすわっこランドや片倉館と同じお湯ですが
かけ流しで上諏訪温泉の特有のジモ銭の雰囲気があり、
会員じゃないボク等が気軽に入りに行くことができる貴重なお風呂なのです。

女湯と上が繋がっている銭湯って隣からキャッキャと黄色い声が聞こえると
見えもしないのにドキドキするんだよね、という方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
「うわぁ、◯○ちゃん大きい~!」なんて聞こえると
男湯全員の動きが止まる・・・背かもしれないのにね(笑)




















下諏訪 みなみ温泉

寒い日が続くと恋しくなる温泉。
我が家も温泉を引いているのですが
七ツ釜源泉中心の混合泉、いわゆる「諏訪のアホ湯」と呼ばれる
匂い無し、色無し、味無しのあまり特徴のないお湯なので
たまにこうして共同浴場などに入りに行きます。
まあ、薬効の強いお湯だと毎日入ることが出来ないというので
諏訪のお湯はそういった意味ではいいお湯なのかもしれませんが・・・



今回行ったのは「シマネコマシーン」さんに教えて頂いた下諏訪のみなみ温泉。
下諏訪の共同浴場はだれでもお金を払えば入ることができます。
諏訪にもたくさん共同浴場があるのですが、市営の精進湯、平温泉、
そして衣温泉、大和温泉などを除き
鍵がないと入れない地区専用のお風呂ばかりです。
あとは片倉館やすわっこランド、そして湯小路いきいき元気館くらい。

地図だとわかりにくい場所にあるのですが、ジャスコ通りとも言われる
田中線(諏訪より岡谷へ向かう湖畔の道路をそのまま道なりの広い道)の
かっぱ寿司の裏手です。

R6022684.jpg

チケットを自動販売機で買って番台の方に渡します。
番台の暖簾の向こうに女湯が見えますが、
意識して見ないように気をつけないとえらい目に会います(笑)

R6022686.jpg

清掃は行き届いていて清潔。
体重計もなかなか年季が入っていて良い感じです。
ボクよりお兄さんなんじゃないだろうか・・・

R6022690.jpg

もちろん源泉かけ流し。
タイルも磨かれていて快適です。
この湯船、なかなか深くて下までおしりが付きません。
そして腰を掛けられるようになっているところは幅が狭く
腰を掛けてもなんだか落ち着きません。

お湯はやはり下諏訪のお湯らしく熱めです。
外が寒く、体が冷えていたため半身浴をしていたら赤と肌色のツートンに。
温泉の香りは少ないものの湯口のお湯を舐めてみると
ちょっとだけ塩味を感じました。

ところで上諏訪四湯のひとつ、諏訪市営の
精進湯」が廃止の方向だと先日の新聞に載っていました。
虫湯の後任とされていたまるみつのなごみ温泉もなくなり、
残るは湯の脇の平湯、そして湯小路のいきいき元気館だけになってしまいそうです。
廃止と決まったわけではないのですが、早めに行かれた方がいいかもしれませんね。

番台での恐怖の体験、気になる方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
そう、ご想像の通り。
年季の入った建物と同じ雰囲気のお姉さんの干しぶどうが・・・












ラドン温泉 すずむし荘

先日、国営アルプスあづみの公園へ行ったのですが
せっかくここまで来たのだから近くの温泉に入っていくことにしました。
iphoneで調べてみると松川のすずむし荘がいいとのこと。
では、そこだ!



全く関係ないのですが、先月の携帯電話の請求書を精査してみると
半月しかiphoneを使っていないのにパケット代が割引前で35万円って!
どんな計算だよ・・・
半日カーナビ代わりとして使ったからかな?

ホテルの風呂に日帰りで入浴できるこの施設、外観も館内もなかなか綺麗です。
見ての通り、かなりの雪が降っています。
あづみの公園からの道もいたるところがブラックアイスバーンになっていました。
山沿いを走る道はこの時期気をつけなければいけません。

大人500円、子供350円を支払い館内へ。

IMG_0559.jpg

白馬などから安曇野インターへ向かう途中にあるので
スキー場からのアクセスがいいのですね。
芋洗いとは言わないまでも浴場はかなり混んでいました。
ですので浴場の写真はナシ。
男風呂の写真なんて見ても嬉しくないでしょ?
浴室の雰囲気はすずむし荘の公式ホームページを見てね。
この時期、露天風呂は雪見風呂となり最高でした。

お湯はいわゆる塩素風呂。
ですがさすがラドン温泉、いつまでもポカポカと温かく、
そしてしばらくするとジワッと体がだるくなってきました。

ゆっくり風呂に入っていたところなんの弾みなのかさっと人がはけて行きました。
露天風呂は8畳くらいの広さかな?
まあ、それなりの広さの場所にボクだけ一人に。
雪見風呂で貸切状態、これはもう最高でしょ?
のんびりと入っているとそこに入ってくる方が一人。
まあ、そこまでは普通なのですが、
誰もいない8畳ほどもある湯船のボクの隣に座るのです。
その隙間50cm・・・
裸である風呂の中ではそこは完全にボクのパーソナルスペース。
混んでいればね、まあ、そんなもんかと思うのですが。

なんだよ、もう!
と思いつつ露天風呂からまだ人のいる屋内の湯船へ移動しました。
しかししばらくするとその人がまたボクの入っている湯船、そしてまた近くへ!
即座に別の湯船の奥の縁に座ることにしました。
そこには別の方が数人いらっしゃったのでヤツも隣には来ることができないはず。

すると・・・
ヤツはボクの目線の先にある風呂の椅子に座ってガバっと股を開きやがった!
もう寒気すら感じてそそくさと風呂を後にしたのでした。
40歳目前になってこんな思いをするとは思いもしませんでしたよ、ホント。
ま、これが混浴だったらね(笑)

自意識過剰だよ!と笑い飛ばしてくれる方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ
Everybody Tight Lines !
ボクもそうだと信じたいのです・・・

こんな心肺蘇生法をおまけに。

薔薇より百合でしょ、絶対にどちらかを選べって言われたら。

ああ、それから・・・
「淫乱テディベア」この言葉をグーグル先生に聞いてはいけません。
ボクは非常に悔しい思いをしました(笑)










草津と言えば群馬じゃないのか?

先日甲府の動物園に行った帰りに草津温泉「至福の湯」へ行ってきました。

R6022331.jpg

そう、草津温泉。
甲府市内には伊香保温泉まであるらしいのです。
この方から文句のコメントが入りそうだ・・・
マ、ボクのせいじゃないしね(笑)

入り口には水風呂に使っていると言う井戸水がこんこんと湧き出しています。

R6022330.jpg

脱衣場は清潔快適。

R6022324.jpg

話は変わりますが脱衣婆のうたって知っています?



駄洒落でした(笑)
永遠の、素敵なマンネリズム、
釣りバカも終わっちゃってつまんないですネ。

露天風呂。

R6022322.jpg

名前についてはパクリ疑惑のぬぐえない、なんともB級な雰囲気の漂う温泉ですが
ラドン含有の透明緑色のすばらしいお湯です。
内湯は2つ、熱湯とぬる湯、そして井戸からくみ上げたと言う水風呂があります。
ぬる湯は快適な温度で長湯できます。
浴室内の床は滑りやすいので注意!
娘が転んで頭を打ち、良い音をさせていました。
石鹸やシャンプーは持参しなくてはいけません。

この日は有線放送でオルゴールが流れていました。
その日によってこの音楽は違うみたいなのですが、
オルゴールの流れる中湯船に浸かるってのはなんとも癒しの時間・・・

しかし甲府市内には個性的でいい温泉が多いのです。
動物園、フィッシュランドイシハラから甲府市内の温泉と言うのは
ボクと娘達でのお出かけのゴールデンコースなのです。

脱衣婆・・・
今もゲームセンターに脱衣マージャンってあるの?と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ
Everybody Tight Lines !
ボクも気になって(笑)調べてみたら今はPCで無料でする時代なのね・・・













プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック