B!

初夏キャンプ2017

初夏キャンプ、なんてタイトルを付けましたが今年の季節の進みは遅く
まだ春を引きずったままのゴールデンウィーク突入となりました。



釣りをご一緒したヤスさん、飛島さんに加え、
タケさん、けばりさん、NOBUさん、SHIGEさん、タケさん、ヤスさん、そしてMckeeさん。
夜になり自営業FFさんも加わりました。

チーズ、生ハムから始まり煮卵、そして馬刺し。

IMG_6908.jpg

そして今回は山菜のてんぷらをいただきました。

IMG_6905.jpg

タラの芽、コシアブラ、こごみ、ウドと春の味覚は絶品。
これは日本酒だな、と瓶が開きます
毎回作っていただいてばかりではアレなのでwボクも放っておける料理を一つ・・・

IMG_6899.jpg

オリーブオイルでニンニクを炒め、
レンコダイにを入れた鍋にアサリ、エビを放り込みトマト缶を一つ。
水を入れてコンソメと塩コショウを味を見ながら入れます。

IMG_6904.jpg

そう、ブイヤベース。
ワインによく合う、うまいうまいと言っていただきながら鍋は空に。
褒められて伸びるタイプだからネ、ボクは(笑)

IMG_6911.jpg

けばりさんの持ってきてくださった
猪肉と和牛を頂いてそろそろお腹いっぱい。

IMG_6903.jpg

気温も下がり焚火の近くが恋しくなります
今回初体験だったのはけばりさんが持ってきてくださったスウェーデントーチ。

IMG_6910.jpg

皆さんもCMで見たことあるでしょ?
割れ目が重要なんだ、なんてハナシに大きく反応し、
濡れてちゃダメなんてハナシにも大きく反応して着火(笑)

IMG_6912.jpg

スウェーデントーチ、これはいい!
まさに火を見るための焚火なのです。
安定して燃え続け、炎はちらちらと揺れ続ける。
ダッチオーブンを乗せていいですね。
いや、ブイヤベースをこれで作ればよかった(笑)

焚火のそばに椅子を動かすと襲ってくる睡魔。
うとうとし始めたらかなりの時間が経っていたようで
ボクの他2人を残して皆さんテントの中に移動したようでした。
次の日も釣り、さあ寝よう!

スウェーデントーチも割れ目が重要なんだ、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  












初夏キャンプ2016

初めてお会いしたのが2年前のちょうど今頃。
今回も楽しいキャンプをご一緒させていただいたのは
けばりさん、NOBUさん、SHIGEさん、タケさん、ヤスさん、そしてMckeeさん。
用事を済ませて高速道路を一路、皆さんの待つ川の際のサイトへ
出来たら乗り遅れたくないの・・・(笑)



皆さんはうらやましいことに昼間は釣り。
そして申し訳ないことにサイトは設営されていました。
嬉しいことに到着間際のボクの話をしていた、と。

IMG_4974.jpg

何はともあれ始めます(笑)
まずはワイン、そして自営業FFさんが持ってきてくれた生ビールを。
お酒もですがキャンプの楽しみは料理なのです。

IMG_4975.jpg

レバーの燻製とイワシの南蛮漬け。

IMG_4976.jpg

タコとホタテのアヒージョにしょっぱい味噌漬け。
そうだ、この頃はまだ明るかった・・・
気を付けて飲まないと先はまだ長い(笑)

IMG_4981.jpg

完全に酔っぱらう前にテントを設営、そしてランタンに火を入れます。

IMG_4980.jpg

浜松風餃子、馬刺しに猪肉とジンギスカンの焼き肉・・・

IMG_4987.jpg

この写真、まるで飯テロだ(笑)

IMG_4988.jpg

暖かい日だったとはいえまだ5月初旬の信州、
まだまだ夜は冷え込みます。
防寒対策はみんなしっかりしてきていますが
一人、二人と火の周りに集まってきます。

IMG_4982.jpg

火のはぜる音を聞きつつ次の日に釣りに行く川の話をしたり竿の話をしたり・・・
まだ時間は10時半、それなのに眠くなってきてしまいました。
皆さんにお休みを言ってテントの中のシュラフに潜り込むと瞬殺でした。
次の日はしっかりと釣りをします!

竿のハナシ、字的に「話」と「ハナシ」で意味が変わるなぁ、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!








車山高原スキー場

先日はスノーシューで訪れた車山。
前回は下側の湿原の方でしたが今回は山頂側、スキー場です。



ボクも長野県民の端くれ、スキーは学生時代にそれなりに夢中になりました。
その後、黎明期のスノーボードへシフトしたためスキーは20年以上ぶりです。
まあ、スノーボードだって子供ができて以来もう10年ほど滑っていません。
とにかく久しぶりのゲレンデ。

どちらかと言うと雪国と言うより氷の国と言われる諏訪地方。
それでも山に行くと雪があるのです。
ボクの頃もそうでしたが娘の小学校ではスキー教室として
学校でスキーに連れて行ってくれて教えてくれます。
上達ぶりを見てやろうじゃないか、と。

IMG_4588.jpg

今回車山高原スキー場にしたのは地元一日券として
大人リフト料金とレンタル代が半額、
子供はリフト、レンタル料が無料になる券があったため。
エコーバレースキー場も大人リフト券の無料券があったのですが
総額で考えるとここが一番安いのです。

RIMG0998.jpg

しかし何に驚いたってスキー板の短さ、幅の広さ。
ボクが昔持っていた板は身長プラス20cmほどが基本だったはずなのに
今の板は身長よりマイナスが基本なのです。
そりゃみんなスキー板をキャリアで車外に出して走らないはずだ。

RIMG1004.jpg

早速、と言っても10時ころですがリフトで登ります。
何十年ぶりの1本目ですがやはり体に感覚は残っています。
それでも慎重に滑りだし、娘の様子を見てみるとそれなりに滑ってきます。
スキー教室様々、です(笑)

RIMG1002.jpg

ボクもだんだん感覚が戻ってきてきました。
カービングで降りて雪の跡をチェックしていると
上から娘がボーゲンでまっすぐ降りてきます。
いや、スキーの楽しさはそこじゃないよ、と。
曲がるのが一番の楽しみだと思うので
プルークボーゲン、外足荷重の基本を教えました。
斜滑降も足がしっかり閉じてきたので
もう一回行ったらパラレルターンができるかな・・・

感覚が戻ったとはいえやはり若いころとは違います。
ブーツのせいで延々と前傾姿勢になる足、
太ももがつりそう(爆)
早速ご飯です。

RIMG1000.jpg

山もり天丼、これがやばい。
昔のゲレ食の高いわりに量が少ないというイメージで注文したのですが
最近はご飯の量もこのてんぷらの量も半端じゃない。
豚汁の肉も驚くほどの量。
そして味も悪くないのです。
いやしかしちょっと多かったな。

RIMG1008.jpg

ゆっくり休んで午後の部。
娘もこれだったら大丈夫、と山頂まで行ってみることにしました。
もちろん緩斜面のロングコースを選択します。
アイスバーンになっているところもありましたが
それなりに滑ってくる娘、なかなか上手です。
長野県民として地元を離れ友達とスキーに行ったときに
それなりに滑ることができれば、と思っていましたが
あと数回で何とかなりそうな、そんな感じがしました。
合計で20本弱、そろそろボクのもも、ひざが持ちません(爆)
4時少し過ぎに上がりました。

RIMG1011.jpg

そうそう、スノーシューのレンタルもありました。
トレッキングポールセットで1700円。
ボクは買ってしまいましたが試しに借りて
ちゃんと整備された場所で遊んでみるというのもいいかもしれませんね。

車山高原スキー場の難点は駐車場のシステム。

IMG_4586_20160207222907cfd.jpg

遠いところは歩いて10分くらいかかります。
早くクルマに戻りたいのに目の前でバスが満員になり
なかなか来ないのです。
それもなのですがちょっと車に戻りたいときに戻れません。
持ってきた手荷物は有料のコインロッカーに、と思うのですが全部使用中・・・
ロッカーに入れたとしても例えば持ってきた水筒を出そうと思っても
そのロッカーを開けるだけでお茶が買えるのです(笑)

かつて岐阜のスキー場に行ったときに
思うように滑ることができなくて何故だろうと悩んだことがありました。
滑りにくかったのはハイシーズンにもかかわらず
岐阜のスキー場はザラメ雪だったため。
ボクはあまり遠くのスキー場に行ったことがなかったので
雪質の違いを知らなかったのです。
駐車場のことを差し引いてもこの雪質は体験するべきです。

高高度の青い空がまぶしい、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
字が違う、と思った方(笑)もクリック

  


大見山 スノーシューイング

ボクの住む街の近くには車山や霧ヶ峰など
スキーやスノボなどウィンタースポーツの場がたくさんあります。
もちろん、スノーシューイングも含めてなのですが
その中でもお気楽なのが大見山。



ここは街からも近く、道も整備されていてちょっとしたお散歩にちょうどいいのです。
その大見山の一番簡単な登山口は蓼の海です。

RIMG0967_20160202160121f07.jpg

一面の雪原、もちろんこの雪の下は厚い氷なのですが
ボクには乗る勇気はありません・・・
駐車スペースから池を半周し登山道入り口に到着。

お散歩、と言ってもそこそこの登り坂です。

RIMG0970.jpg

今回は北峰から南峰の展望台を目指し北側の登山口から登り始めました。
もちろんいきなりのヒールリフター先生の登場です。
アトラス アスペクト24のヒールリフターは
慣れればトレッキングポールの柄の部分を使って
立ったまま上げることができます。
もちろん、しまうときも。

RIMG0990.jpg

積雪深は約30㎝、この日は雪が降って何日か経っていましたが
踏みあとのない新雪。
冷え込みも厳しくパウダースノーのままでした。

RIMG0979.jpg

そのパウダースノーに気持ちよく足跡をつけながら進むこと
ゆっくり20分ほどでひとつめのピーク、北峰に到着です。

IMG_4511165.jpg

蓼の海から高低差100mほど、
なんとここにはしっかりとした、素敵な避難小屋があるのです。

RIMG0981.jpg

次回はお昼をまたぐように来てここでゆっくりとご飯を食べよう。
しかしここからの眺望はあまりよくありません。
南峰へ向かうために緩やかな坂をくだります。
そして緩やかな坂を登ると一気に眺めがよくなるのです。

RIMG0982.jpg

もうひとつのピークには展望台があります。
ここで展望台とスノーシュー、お互いのために一度装備を外します。

RIMG0989.jpg

眺めの良さは立石公園に引けを取りません。
天気が良ければ北・南・中央アルプスが一望できます。
残念なことに富士山は木に隠れてしまいます。

RIMG0986.jpg

しかしここは風が吹き抜けて寒い・・・

RIMG0984.jpg

しばらく眺めを楽しみ写真を数枚撮ってあとは下ります。
フカフカの新雪は歩幅を大きくしたり
少し滑るようにして降りるとこれもまた楽しいですネ。

RIMG0980.jpg

いつもだったらスノーシューなんているかどうかわからないような山ですが
タイミングさえ合えば楽しく遊べる素敵な里山です。
雪が降ったらまた行こうっと♪

山はどんな低山でもふたつ山頂があるのがいい、と思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  























○○おろし

○○はもちろん「ふで」ではありません。
11月中旬に購入したATLAS Aspect24、スノーシューをおろしてきました。
こうやって書くとほら、ちょっと長いから○○に(爆)

RIMG0967.jpg

暖冬と言われつつもやっぱり寒くなった信州。
今年は降らないんじゃないか、雪かきをしなくても済むかもと
淡い期待を抱いていましたがやっぱり降るんだよね、冬だから(笑)

RIMG0925.jpg

それでも今年はこの雪を心の奥底で、
少しだけ待ち望んでいた部分もあるのです。
新しいアイテムは早く使いたいじゃない?

で、今回は車山に。
ほんの少し前まで山は茶色かったのに真っ白になっていました。

RIMG0966.jpg

新雪が歩ける場所、あまり傾斜のない場所を選んで
今回はこの車山湿原を一周するコースにしました。

車山湿原

車山肩の駐車スペースに車を停め
ヒュッテこっろぼっくるのあたりから眺めてみると
湿原の向こう側にしっかりとした遊歩道が整備されています。

RIMG0962.jpg

下調べでは一周3㎞ほど、夏の道で1時間半くらい。
そんな短時間で一周できるとは思っていませんが
とりあえずなんとなく踏みあとのある道へ入っていきます。

RIMG0939.jpg

まずは下り。
足取りは軽くなんでこんなに楽しいものを早く買わなかったんだろう、
この頃はまだ天気も良く、新雪の気持ちの良さを味わっていました。
あっという間に今回のトレッキングで標高が一番低いヒュッテジャヴェルへ。

RIMG0964.jpg

いわなたろう ヒールリフター先生 出番です お願いします♪
ヒールリフター先生 うむ

RIMG0933.jpg

ヒールリフターは本当にすごい。
強制アキレス腱伸ばしをしながら坂を登らなくても済むんだもん。

急な登りが終わるとここから完全なバックカントリーとなりました。
林の脇をゆるゆると登るルートなのですが踏みあとは薄くなり
さらには青空が見えなくなってしまったために不安になってきます。
完全に踏みあとがなくなると積雪深は深いところで80㎝ほどとなりました。

IMG_4540.png

スマホの地図でルートを何度も確認しながら
50m進みちょっと休憩を繰り返しながら進んでいきます。

RIMG0946.jpg

それでもスノーシューのすごいところは80㎝の新雪、
パウダーでも30㎝ほどしか沈まないところ。
しかしそれだけ沈むと一気に体力を奪われ汗だくになります。

RIMG0935.jpg

これはちょっとやっちまったかな、と思い始めたころに
ようやく整備された道に。
そしてさらに木道の上を歩くルートに出ました。

IMG_4549.jpg

木道の上は本当に快適。
踏みあとはやはりありませんが雪の深さは30㎝ほどになり
なんといってもロストルートの心配がありません。

RIMG0951.jpg

蝶々深山との分岐でようやくしっかりと踏まれた道になり
天気も回復しここからは楽しく歩くことができました。
まあ、総じて楽しかったのですがバックカントリーはちょっときつかったからネ。

RIMG0959.jpg

皆さんご存知の通り足元は30cmほど雪に埋まっています(笑)

せっかくなのでアトラスアスペクト24のインプレッションを。
前述のようにスノーバスケット付きのトレッキングポールを
引き抜くのが大変なくらいの新雪、80㎝ほどでもしっかりと浮きます。
新雪だったのでほとんどなかったのですが
アイスバーンの下りのグリップ感は特筆するものがあり
フレームの歯のおかげで不安なく下れます。

RIMG0944.jpg

冬の車山、霧ヶ峰は毎年ではないものの
ここ数十年で何度も遭難事故が起きています。
かつては八甲田山と並び軍隊の寒中訓練に使われた場所でもあります。
そして天候が悪化すると霧ヶ峰の名の通り
夏でも冬でも一気にホワイトアウトになります。
昨年は大規模な雪崩も起きていますのでお互い十分注意して
冬の信州を遊びまくりましょう。
ボクが言うことではないけど冬のバックカントリーはできたら複数人行動で、ネ。

たくさんの白いものは時と場合による、と思っている方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
釣りのために始めた冬場の体力作りのはずが
スノーシューで遊ぶために夏に体力をつけなければいけなそうだ(笑)

   





















プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック