B!

あと何度行けるかな・・・

今シーズンの渓流釣りも残り日数が少なくなってきました。
長い禁漁期間に悔いを残さないようにあの川にも、あっちの川にも行きたい。
休み予定の日と週間天気予報が気になる時期でもあります。



今年の釣行予定回数はこの日を入れて、多く見積もってあと5日。
出来たら数も出て大きい魚が釣れた実績のある所へ行きたい。
そんな川のひとつへジムニーに自転車を積んで行ってきました。

RIMG2646.jpg

この日はウェットウェーディング。
薄着でショートパンツなのに自転車に乗ると暑いこと!
でも水の中に入るとびっくりするほどに冷たい。

RIMG2648.jpg

今年は水温が下がるのが早いなぁ。

RIMG2668.jpg

通いなれた渓だとここで反応がないと
その日はイマイチ、という場所があると思います。

RIMG2652.jpg

この日はそんないわゆる一級ポイントからの反応が全くないのです。
かと思うと時折瀬から、淵からの反応がある。

RIMG2654.jpg

大物を、と思うのですが釣れてくる魚は手のひらサイズのみ・・・
んー、とりあえず昼ご飯だな。

RIMG2657.jpg

尺モノを釣ったらお祝いで、と思って
最近いつもコンビニで買うお赤飯のおにぎり。
毎回空振りで食べるこの悲しさ(笑)

RIMG2662.jpg

お祝いできないほどの貧果ではないのですが
出来たらお赤飯は尺を越す魚を釣ってから食べたいよね。

RIMG2659.jpg

コピペしてもわかんないくらいのサイズの魚が4時間ほどで9匹。
林道を歩いて下って行く人達を見たけど
もしかしたらその人たちの直後を釣っていたのかもしれません。
まあ、悪くなかったんだけどもう少し大きいのが釣りたいな。

RIMG2681.jpg

今年も行けてあと4日間。
そのうち2日間は遠征です。
(9/25現在、その2回は済ませてきました♪)
地元でも遠征でも、いい魚が釣れるといいなぁ。

何度もイけたのは遠い昔の話、という方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!











図らずもリベンジを果たす

後輩のT君と今年3回目の釣行。
本当は伊那谷へ行こうと思っていました。
しかし折しも台風直撃の日、天気予報を見ると北へ行くほど天気が持つ・・・

天気予報の当たる確率が上がってきた前日にかんりさんに相談し
前回、2日前に行った川へ行こうと思っていました。
しかし先日も書いたように魅力的な渓とは言えないのです。
そしてT君はルアーマン、ちょっと狭いんだよね。



川へ曲がる道の寸前まで迷い、川の入脱渓点をぴょん吉さんに聞き突入したのは
7年前にぴょん吉さんに案内していただきボウズに終わったあの渓
アーカイブを調べてびっくりしました。
ついこの間のような気がしていたのに・・・
そんなわけで台風の影響で7年前の雪辱を晴らすこととなりました。

RIMG2628.jpg

前回はもっと下流だったけど取水されている区間だから
もっと水量が少なくて釣りやすかったのか・・・
釣れない水量ってわけじゃないけどボクはもっと水が少ない方が好き。
ルアーの彼は釣りやすいとニコニコしながら釣っていますが反応がよくないらしい。

RIMG2626.jpg

ボクはルアーじゃ手が出ないようなしょぼい(笑)流れをピチピチと叩いていきます。
時折反応があり竿を曲げてくれますが大きいのは釣れません。

IMG_7851.jpg

この日、いいやつはきっと淵の底。
でもフライにもルアーにも反応しない・・・
小さいのはそれなりに反応があるのにネ。

RIMG2636.jpg

もしかしたら最初に行こうと思っていた渓は
もっと反応が良かったかもしれない。
大物も出たかもしれない。

IMG_7846.jpg

でも、それなりに魚は釣れてくるしなんといってもこの渓相が最高。
半日も釣るとそれなりに水量も減ってきて
ボク好みのいい感じのポイントも増えてきました。

IMG_7850.jpg

釣りくだるテンカラ師、そこかしこに残る足跡、
入渓しやすい場所に停めてある自転車。
これだけいい渓相だからたくさんの釣り人が入っているんだね。

RIMG2642.jpg

時折さす日差しに蒸し暑い空気。
きっと今ごろ地元も行こうと思っていた伊那谷も雨降りだろう。

IMG_7847.jpg

予報通り雨にも降られずいい渓でいい釣りができました。
片道100㎞の道のり、そこから歩きが40分ほど、
岩は大きくて遡行もきついけどこんな渓だったらまた来たいな。

RIMG2637.jpg

ふと腰を下ろした大きな岩に羽アリがいました。
気にしてみると大小、たくさん・・・
この日ボクが使っていたのは#14の四畳半アント。
もう少し小さいフライがあればもっと反応が良かったかもしれません。
とはいえつ抜け寸前の9匹、リベンジは何とか成功しました。

小さいのがいい、と言われることもあると思いたい方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  






年に一度は行きたいね

いつ来てもうっすらと茶色に濁る水、
すごーく魅力のある川じゃないのです。



ヤブはこがないといけないし崖も登る。
でも行く度に大物を釣っているので
今年も一回くらいは行きたいなと思っていたのです。
そんな時にてぃこまさんと一緒に行こうかと言う話になりました。
ボクの住む諏訪湖のほとりからは地味に遠いから
あまり一人で行きたくない・・・

RIMG2608.jpg

長い道のりだったから安着のお祝いをしてから釣り始めます。
大物が釣れるよりたくさん釣れた時よりこの瞬間が一番幸せかも(爆)。

RIMG2611.jpg

なぜかすごく反応のいい区間でとりあえずの一匹を釣りますが
写真を撮る前に逃亡、そして初めての堰堤まで
反応はあるものの釣れなくなってしまいました。
それでも少し離れて釣ると少しだけ反応が良いのです。
ここは北信のギャング団と言われる方たちの縄張り。
その人たちが通るとそのあとはぺんぺん草すら生えないという恐ろしさ。
まあこんなもんかな、なんててぃこまさんと話をしながら遡行します。

RIMG2614.jpg

去年はお祭りで忙しく来ることが出来なかったのですが
記憶では初めての堰堤がドカンと大きな淵になっていて
この区間では一番いい場所だったはず。

IMG_7814.jpg

記憶というのはあいまいなもので初めての堰堤は越していたのでした。
すっかり忘れていたその堰堤をヒーヒー言いながら越します。

RIMG2617.jpg

釣れないわけじゃないけど期待していたほどの釣果じゃない。
そうこうしているうちにお目当ての堰堤についてしまいました。
そして前回に引き続き今回もこの堰堤は不発・・・
またヒーヒー言いながら堰堤を下り沢通して入渓点に戻ります。

IMG_7825.jpg

ちょうど3時のお茶の時間。
てぃこまさんがコーヒーを淹れてくれました。
美味しく頂き上流の区間へ再入渓。

IMG_7827.jpg

堰堤で区切られた区間を釣り始めるとなかなか反応が良い。
時間もそろそろイブニングのいい時間ということもあり
一匹、また一匹と釣れてきます。

IMG_7829.jpg

これだけ反応が良ければ狙いの尺イワナも、と思っていましたが
大物はフライにも出ませんでした。
実績のある場所でもそんな時だってあるよね。

IMG_7815.jpg

昼少し前から5時頃までで8匹ほどかな。
しかし釣果以上に楽しい一日でした。

年に一度どころか毎晩イキタイ、と言う方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  










コーカーズ レッドサイド

先日ウェーダーとともに購入したウェーディングシューズ、
コーカーズ レッドサイド。
普段25.5㎝のボクが厚めの靴下とウェーダーを履いて
ちょうどいいサイズがUS8でした。

IMG_7574.jpg

衝動買いに近かったのですがなかなかいいウェーディングシューズでした。
ショップに在庫として置いてあったのは3種類、
BOAシステムを採用しているデビルズキャニオンとたぶんダークホースと
このクイックシンチのレッドサイド。
なぜBOAシステムにしなかったか、それは靴の重さと硬さ。

RIMG2495.jpg

レッドサイドはソールが曲がるのですが
他2種類はかなり力を入れても曲がりませんでした。

ソールの硬いウェーディングシューズは滑る。
ボクの歩き方の問題かもしれませんが
硬いシューズは岩盤の上などを歩いているときに
シューズのソールの接点と岩の頂点を中心に
ズリッと体が半周してしまうような滑り方をするので怖いんです。

RIMG2378.jpg

ボクだってBOAシステムに興味がないわけじゃないんです。
なんて言ってもズボッ、カリカリ!で準備完了。
でもレッドサイドだってクイックシンチレースシステムという
脱ぎ履きしやすい靴紐を採用しています。

RIMG2370.jpg

開口部をガバっと開いて足をズボッと入れる。
そして2、3歩歩いてシューズとウェーダーのソックスをなじませてから
おもむろにギュッと紐を引っ張ればOK。
以前2足履きつぶしたチョータもこのシステムでしたが
これでも十分早く履けるのです。

ボクは足首がギュッと締まっているのが好き。
もちろん3本目の足のハナシではなく、ウェーディングシューズ。
濡れてからまた締め直すのですが・・・
シューレースを、ですよ。
しばらくすると結構緩んでくるような気がするのです。
ぎゅっと締め直すと少し緩くていい足の甲あたりも締まってしまう。
海外のガイドはウェーディングシューズは紐のタイプを選ぶと聞きます。
本末転倒なのですが平紐に変えてしまおうか、なんて(笑)

RIMG2392.jpg

グラベルガードのフックをかけるリング、これはなかなかいい装備でした。
どのグラベルガードでも割とフックがあるのですが
シューレースに掛けると結構痛むような気がするんです。
シムスのウェーダーのフックは開口部が少し広く何度か外れてしまったので
少しだけペンチで閉じておくことにしました。

RIMG2379.jpg

さて、大事なグリップ力。
伊那谷の西山側に代表される花崗岩の大岩だと
正直言ってモンベルのアクアグリッパーのようなラバーソールの方が効きます。
しかしフェルトは万能、どこへ行ってもそこそこの実力を発揮します。
花崗岩も薄くコケの乗った岩も濡れた流木もまず滑りません。

RIMG2413.jpg

レッドサイドもそれなりに硬いソールですがこれだけソールが曲がれば
ある程度岩を包み込んで驚くような滑り方はしませんでした。
あとは歩き方。
サワートレッカーのように跳ねるような歩き方をすると滑りそうで怖い(笑)
母指球のあたりを意識するようにソールのフェルトの真ん中あたりを
ゆっくり岩に乗せるようにすれば安心して歩けます。

IMG_7596.jpg

クルマの運転は・・・
しにくいネ(爆)

後日クリングオンラバーソールを購入しました。
そう、レッドサイドはラバーソールは付属品じゃないのです。
ここが悩ましいところで別モデル、バックスキンだと
レッドサイドにラバーソールを別に買うとすると総額では安いのですが
少し重くなったりクイックシンチレースじゃなかったり・・・

おそらく軽さ、柔らかさは耐久性と引き換え。
耐久性はまだ全然分かんないけど
シューズの柔らかさも重視するボクにとっては
レッドサイドはすごくいい買い物でした。

開口部をガバっと開いて足をズボッと入れる・・・
3本目の足のハナシかと思った方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!
ウェーダーも履くわけだし、ネ。

  

















ん、入れる場所が・・・違う?

後悔先に立たず。
やらずに後悔するよりやって後悔する方がいい。

そう、疲れていても出かける時間が遅くなっても
釣りに行く一日の方が家で疲れを癒すよりいいのです。
ここ最近釣れてないからと言って行かずに「行けばよかった」
と思うより「ああ、釣れなかったな」と思う方が何十倍もいい。

残り3週間・・・
さあ、釣りに行こう!



この川のこの区間には今年来たっけ?と思いアーカイブを調べてみると
忘れているだけで4/23にちゃんと訪れていました。
お昼ご飯を食べてから出発したので
いつも釣り始める車止めからじゃなく少し歩いて奥へ入ろう。

RIMG2569.jpg

奥まで、と言ってもボクが思っている入渓点までは15分ほど。
入渓してしばらく経った頃に足元から走る魚を一匹だけ見ただけで堰堤へ到着してしまいました。
その堰堤の一段下の巻き返しへフライをキャストするとこの日一匹目の反応がありました。

RIMG2550.jpg

イワナポイントなんだよね、そこは。
この魚を釣って一度脱渓、さらに少し歩いて
一番のお気に入りの区間へ再入渓します。

RIMG2553.jpg

ん?
邪魔だった木がなくなって釣りやすくなってる。
どうやっても釣りにならなかった場所なのに、
それだけじゃなくて川通しで歩けなかった場所なのに。

RIMG2558.jpg

でもこれだけ川が動くと魚が一時的に付かなくなるワケで・・・
ひと区画歩いて岩の巻き返しからチビアマゴ。
そして瀬からイワナ(笑)

RIMG2566.jpg

川がカクンと曲がる場所の淵でいいサイズの魚をバラして
またまた瀬からそこそこのサイズのイワナが・・・
今日はどうなってんだ?

そろそろ帰らないといけない時間になりました。
次の林道に出やすい場所でやめよう。

RIMG2605.jpg

そう思ってフライを入れた岩のきわ。
上の写真の中心少し右側の岩です。
ようやくイワナっぽい場所からイワナが出ました。

RIMG2591.jpg

行って後悔、どころじゃない。
すごく釣れたわけじゃないけど、
大きな魚に会えたわけじゃないけどすごくすっきりしました。
川の中では釣りのことしか考えないからネ。

川以外では邪念が渦巻くという方はクリック。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
Keep tip high!

  









プロフィール

いわなたろう

Author:いわなたろう
諏訪湖のほとりからフライフィッシング中心に駄文を・・・

アマゾンアソシエイトプログラム参加中
無駄使いはひとまずこちらから検索を
 
おすすめのフライ用品ショップ
いわなたろうのツイッター
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
内緒話はこちらへ・・・
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるようです。数日して返信がない時はコメント欄へご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック